【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

2015年01月17日

【直前情報/イベント紹介】労働と暮らしのセミナー「よくわかる貧困問題-女性と子ども:住いの問題を中心にして-」(大坂、2015年01月18日)

労働と暮らしのセミナー「よくわかる貧困問題-女性と子ども:住いの問題を中心にして-」が、2015年01月18日(日)15時〜18時、討論Bar’シチズン’(大阪市浪速区日本橋5-14-20 越前ビル1F/06-6537-7672/アクセス)で開催されます。
講師は徳武聡子さん(司法書士/生活保護問題対策全国会議STOP!生活保護基準引き下げ反貧困ネットワーク大阪など)
参加費500円(ワンドリンク付き/懇親会参加はさらに500円)。
なお「定員24名」のため、満席の場合は、予約の方が優先となります。
予約方法は主催「NPO法人近畿地域活性ネットワーク」のブログを参照ください。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

よくわかる貧困問題〜女性と子ども・住いの問題を中心にして

よくわかる貧困問題〜女性と子ども・住いの問題を中心にして

1/18(日)15:30~
労働と暮らしのセミナー
「よくわかる貧困問題 ~女性と子ども・住いの問題を中心にして-」

●出演
徳武聡子(とくたけ さとこ)さん
司法書士/反貧困ネットワーク大阪事務局長

●主催
山中鹿次さん NPO法人近畿地域活性ネットワーク

●後援
道州制と地域文化社会研究学会

【主催者より】
 最近の格差拡大の中で、とくにに女性と子どもの貧困は深刻です。また貧困問題で住居の問題は見逃せません。
 今回は反貧困フェスタなどで精力的に活動されてる、司法書士の徳武聡子さんを講師にお招きし、上記問題を中心に貧困問題を考えます。
詳細ページ

●日時
2015年1月18日(日)15:30~

●場所
討論Bar“シチズン”(→アクセス
大阪市浪速区日本橋5-14-20越前ビル1階
地下鉄堺筋線・恵美須町駅1-B西出口より1分

●タイムスケジュール
15:00  開場
15:30~ 徳武聡子さん
    「貧困問題の現状、女性と子ども。住い問題を中心にして」
16:35~ 山中鹿次さん
    「雇用と労働:過労と失業のミスマッチ」
17:10~ 質疑応答参加者とパネラーの意見交換、質疑応答
18:00~ 自由参加懇親会

●参加費
講演&質疑応答/500円(1ドリンク付)
懇親会/500円(1ドリンク付)

●お問い合わせ・お申し込み
yamashikaransapo@occn.zaq.ne.jp
NPO法人近畿地域活性ネットワーク代表:山中鹿次まで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
たくさんのご参加お待ちしてますニコニコ


☆討論Bar“シチズン” はお店を使ってくれる人を募集しています☆
http://bar-citizen.jimdo.com/
スタジオ設備&ネット配信&カフェバーを備えた、様々な用途に使えるレンタルスペース

大阪市浪速区日本橋5丁目14-20越前ビル1F
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B 西出口より南へ徒歩1分。
堺筋からだと「すき屋の牛丼」の角を曲がってすぐ。
TEL.06-6537-7672/090-9875-7157 MAIL.barcitizen@ybb.ne.jp
営業時間
カフェバー 15時~22時(木曜定休)
レンタルスペース 9時~22時(無休)

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2015年01月13日

【団体賛同募集/転載】大阪市のプリペイドカードによる生活保護費支給のモデル事業撤回を求める要望に賛同をお願いします(2015年01月31日〆切)

大阪市のプリペイドカードによる生活保護費支給のモデル事業撤回を求める団体賛同募集中です(※今回は「団体」のみが対象で「個人」賛同は募っていません)。
申し込みの締切日は2015年01月31日。
呼びかけ団体は「生活保護問題対策全国会議」です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《団体賛同募集》大阪市のプリペイドカードによる生活保護費支給のモデル事業撤回を求める要望に賛同をお願いします(1月末まで)

 大阪市が、昨年末にプリペイドカードによる生活保護費支給のモデル事業を、今年4月から実施する旨発表しました。
 しかし、このモデル事業は、生活扶助費の金銭給付の原則に反し、生活保護利用者のプライバシー権等を侵害するなど、様々な問題点があります。

 生活保護問題対策全国会議では、以下のとおり、大阪市に対してモデル事業の撤回を求める旨の要望書を提出する予定です。この要望書に賛同していただける団体を1月末を目処にとりまとめます。
 ぜひ多くの団体の賛同をお願いします。
 ※なお、要望書案は原案であり、提出までに若干の加筆修正をすることもありますので、ご了承下さい。

 賛同は、下記フォームからしていただきますよう、お願いいたします。
 →賛同フォームへジャンプ

プリペイドカードによる生活保護費支給のモデル事業撤回を求める要望書(案)

大阪市長 橋 下  徹 殿

第1 要望の趣旨
 貴市は,2014年12月26日,全国で初めてプリペイドカードによる生活保護費の支給をモデル事業(以下「本モデル事業」という。)として2015年4月から実施する旨発表した。しかし,本モデル事業には,以下指摘する様々な問題点があり,到底容認できないので,速やかに撤回し,実施することのないよう要望する。

第2 要望の理由
1 金銭給付の原則(生活保護法31条1項)に違反する
 救護法(施行令7条)が金銭給付と現物給付の併用を規定していたのに対して,現行生活保護法31条1項が「生活扶助は,金銭給付によって行うものとする」と規定して,特に金銭給付主義を原則的に採用したのは,経済統制が大幅に解除された今日においては,金銭給付により各人の自由購入に任せることが適当であるが故とされている(小山進次郎「改訂増補・生活保護法の解釈と運用」442頁)。
 しかし,プリペイドカード(いわゆる電子マネー)は,「その金額に応ずる対価を得て電磁的に記録された情報であって,その記録者との契約関係に基づき一定の範囲で金銭債務の弁済としての効力を有するもの」であって ,金銭(貨幣)そのものではないから,プリペイドカードによる支給が「金銭給付」にあたらないことは明らかである。
 また,生活保護法31条1項但し書は,「これによることができないとき」(施設等において寝具等の物品を貸与する場合等),「これによることが適当でないとき」(物品を一括大量購入することが非常に有利である場合とか,一般には入手し難い物品を給与する場合等),「その他保護の目的を達するために必要があるとき」(被保護者の性状,給付するものの性質等からみて現物給付でないと保護の目的を達しがたい場合)には現物給付によることができる旨規定しているが,一般的に生活扶助費をプリペイドカードによって給付する本モデル事業は,これらの例外的場合にあたらない。そもそも「現物給付」とは,「衣料,食糧その他生活必需品の給貸与及び移送,理髪,入浴又は被服修理等を行うこと,介護等の役務の提供」(前掲小山444頁)など,特定の物品の給貸与又は特定のサービスの提供であるとされている。プリペイドカードの提供は,このいずれにも該当しないから,「現物給付」としても許されないことが明らかである。
 そうすると,プリペイドカードによる生活扶助費の支給は,金銭給付の原則を定めた生活保護法31条1項に真っ向から違反することが明らかである。これはプリペイドカードが「金銭給付」にも「現物給付」にもあたり得ないことから一義的に導かれる結論であって,被保護者の承諾を得られたからといって,その違法性が治癒されるという性格のものではない。
 自民党などは,生活扶助・住宅扶助等の現物給付化の法改正案を提案しているが ,本モデル事業は,本来法改正をしなければなし得ないことを,法改正を行うことのないまま強行しようとするものであって,法令遵守精神の欠如もはなはだしいものと言わざるを得ない。

2 プライバシー権・自己決定権(憲法13条)の侵害である
 中嶋訴訟・福岡高等裁判所平成10年10月19日判決は,「憲法25条の生存権保障を具体化するものとしての生活保護制度は,被保護者に人間の尊厳にふさわしい生活を保障することを目的としているものであるところ,人間の尊厳にふさわしい生活の根本は,人が自らの生き方ないし生活を自ら決するところにあるのであるから,被保護者は収入認定された収入はもとより,支給された保護費についても,最低限度の生活保障及び自立助長といった生活保護法の目的から逸脱しない限り,これを自由に使用することができるものというべきである。」としている 。
 ところが,保護費がプリペイドカードによって支給されることになると,被保護者がいつ,どこで,何を購入したのか,食生活から趣味嗜好に至る日常生活のすべてが福祉事務所に把握され,生活全般を管理・支配され得ることにつながる。これは,上記の判例に反するのみならず,被保護者のプライバシー権・自己決定権(憲法13条)に対する著しい侵害である。
 なお,本モデル事業は,被保護者の「申し出」を得て行うものとされていることから,貴市は,プライバシー権等の放棄がなされていると主張するかもしれない。しかし,後述のとおり,プリペイドカードによる保護費の支給は被保護者にとって不便不利益なだけであって何らの利益にもつながらない以上,任意かつ真摯な「申し出」が被保護者の側から自発的に行われることは想定し難い。異論をはさまない被保護者をケースワーカーが選別して,その圧倒的な力関係の差を利用し,「申し出」に名を借りた事実上の強制が行われることが容易に想定されるところである。
 
3 被保護者の日常生活に著しい不便・危険が生じる
 プリペイドカードは,通貨とは異なり,当該カードの加盟店でしか利用できない。被保護者それぞれの地域で利用している馴染みの小規模な商店や食堂などでは利用できない事態が多々起こりえる。特に,アレルギー,糖尿病,腎臓病などのために特定の専門店にしか食べられる食料がない人々にとっては,こうした食料が入手できないことは直ちに健康や生命の安全を脅かすことにつながる。このように本モデル事業は,被保護者の日常生活に著しい不便や危険を生じさせるものである。
 この点,貴市自身が,2013年9月4日の時点においては,「本市におきましても保護費の電子マネー化やクレジットカード払いが可能かどうかの検討を行いましたが,購入先が限定され,近隣の小規模店舗では使用できない可能性があることなどの課題があると考えています。」としていたにもかかわらず ,わずか1年で認識を180度転換させ本モデル事業の実施に踏み切ったことは不可解というほかない。

4 巨大企業による国家的貧困ビジネスの始まりである
 本モデル事業は,三井住友カードと富士通総研が提案してきた事業を貴市が採用したものである。モデル事業の協定先である上記2社とVisa,NTTデータは,「米国では既に児童手当や災害手当といった各種給付がVisaプリペイドによって給付」されており,「2012年には年間100億ドル以上がプリペイドカードにより給付」されているとして,「今回のモデル事業を通じ,大阪市同様に全国の自治体への展開を進め,(略)政府の日本再興戦略における具体策の一つである,公的分野での電子決済の利用拡大を含むキャッシュレス決済の普及を目指」すとしている。上記4社は,200万人の生活保護利用者を新たな巨大市場として獲得することを皮切りとして,さらにはアメリカのように児童手当その他の公的給付についてもプリペイドカードによる支給を実現することによって,爆発的に市場を拡大していくことを目論んでいるのである。その目的は,もちろん巨額の手数料収入を得ることによる利潤の追求である。アメリカでのSNAP(旧フードスタンプ。補足的栄養支援プログラム)が助けているのは,困窮したワーキングプアでも失業者でも,零細農家でもなく,売上げが入る大手食品業界と,偏った食事が生む病気が需要を押し上げる製薬業界,カード事業を請け負う金融業界の三者であるという報告もある(堤未果「㈱貧困大国アメリカ」11頁)。
 本モデル事業によって,既に述べたとおり,生活保護利用者が利益を得ることがないだけでなく,貴市をはじめとする自治体も何ら支出を減らすことはできず,むしろ委託手数料等の支出を増やすことになる。利益を得るのは大手カード会社だけであり,まさに国家的規模で福祉給付を利潤の源として食い物にする貧困ビジネスの始まりである。

5 プリペイドカードの支給はアルコールやギャンブル依存症の対策にはならない
 貴市は,本モデル事業実施の理由として,「ギャンブルや過度な飲酒等に生活費を費消し,自立に向けた生活設計を立てることが困難な方等への支援」をあげている。
 しかし,プリペイドカードを支給して使途を把握し,不適切な使途があれば問い質して叱責したからといって,アルコールやギャンブルの問題が解消・解決するというような簡単な話ではない。依存症は病気なのであるから,当事者に寄り添った支援を通じて信頼関係をつくり,専門クリニックへの通院や自助グループへの通所などにつなげ,当事者自身が自分で自分の生活を日々コントロールしていく力を身に着けていくための,地道で息の長い援助がなければ,却って逆効果となることが目に見えている。
 また,そもそも本モデル事業は,単身者で約8万円の保護費のうち一部(3万円)のみをプリペイドカード支給するというものであり,残りの現金5万円で飲酒やギャンブルをすれば把握のしようがないのであるから,保護費の使途を把握してギャンブルなどを抑止すること自体が不可能である。
 本モデル事業の本質は,当事者に対する支援を名目・隠れ蓑にしながら,真の目的は,生活保護利用者を管理支配して生活保護から締め出すことによって自治体の保護費を減らすことにあることが明らかだ。

6 生活保護利用者だけでなく地域の小規模商店や児童手当・年金等の公的給付受給者にとっても死活問題である
 3で述べたとおり,プリペイドカードが加盟店でしか使えないということは,加盟店契約をしていない地域の小規模な商店や食堂等の側から見れば,大切な顧客を大規模チェーン店等に奪われ,経営の基盤を脅かされることを意味している。特に,生活保護利用者が多く住む地域では,顧客を奪われて廃業を迫られる小規模店も少なからず出てくる一方,大手のコンビニやスーパーのチェーン店が出店数や規模を拡大することが予想される。これは地域の衰退にも,つながる問題である。
 また,橋下市長は,会見で,「本来ならば全員,一定額についてはカード利用にしたほうがよい」旨述べており,将来的には希望者だけではなく生活保護利用者全員についてプリペイドカードによる支給を行うことを示唆している。また,同市長は,「生活保護制度の財源が税であることから,支出について適正さが求められることの一環として,受給者にこれくらいの負担を負ってもらっても然るべきである」旨も述べている。その理屈からすれば,生活保護に限らず,児童手当,児童扶養手当,老齢年金,障害年金などの税を財源とする公的給付については,すべてプリペイドカードによる支給とする方がむしろ一貫していることになる。実際,4で述べたとおり,三井住友カード等の発案企業は,そのようなアメリカ型の社会の実現を望んでいるのであり,これは決して杞憂とは言えない。
 したがって,本モデル事業は,この国で暮らすすべての人にとって対岸の火事ではありえないのであり,その意味からも現段階において撤回されることが強く求められる。

以 上

この要望(案)への賛同を、賛同フォームからお願いします。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2015年01月07日

【お知らせ/転載】生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動き等に関する記者会見(東京・霞ヶ関、2015年01月08日)

生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動き等に関する記者会見が、2015年01月08日(木)11時〜、厚生労働記者会(東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F/アクセス)で行なわれます。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の
動き等に関する記者会見のお知らせ

マスコミ 各位

 ご承知のとおり、1月9日の生活扶助基準部会において住宅扶助と冬季加算のあり方について報告書が取りまとめられる予定ですが、既にこれらの引き下げは既定路線であるとの報道がなされています。史上最大規模の予算編成を行う一方、最も弱い立場から情け容赦なく剥ぎ取るやり方は許されません。

 また、大阪市は、生活扶助費をプリペイドカードで支給するモデル事業を来年4月から行うことを発表しましたが、これは権利としての生活保護のあり方を根本から転換させる危険のある事業です。これは、自民党なども生活保護の現物給付化を政策として掲げていること、大手カード会社が全国実施を目指して提言してきた事業であることからすれば、一地方だけの問題ではありません。

 これらの問題についての当会議の見解を発表いたしますので、是非多数ご参集ください。
 
【日時】1月8日(木)午前11時~
【場所】厚生労働記者会 《アクセス

【内容】
 (1) 平成27年度予算編成にあたっての住宅扶助基準・冬季加算の削減について
 (2) 平成27年度より大阪市が実施する生活扶助費のプリぺイドカード支給のモデル事業について

【発言者】
 ● 尾藤廣喜(弁護士、生活保護問題対策全国会議代表幹事)
 ● 稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事)
 ● 常数英昭(全国公的扶助研究会副会長)
 ● 武澤次郎(上記事務局次長)
 ● 田川英信(元生活保護ケースワーカー)
 
(★転載終了★)
 
Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2015年01月06日

【お知らせ/転載】いっぽいっぽの会「生活保護勉強会」(沖縄・那覇、2015年01月14日・02月18日・03月18日)

沖縄で活動する特定非営利活動法人いっぽいっぽの会主催の《生活保護勉強会》第1回が、2015年01月14日(水)15時〜、いっぽいっぽの会法人事務所(沖縄県那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F/地図)で開催されます。この勉強会は全3回の予定で、いずれの日も15時開始です。
・01回目 2015年1月14日(水)
・02回目 2015年2月18日(水)
・03回目 2015年3月18日(水)

スポンサードリンク

(★転載開始★)

「生活保護勉強会」を開催します!

生活保護勉強会

いっぽいっぽの会には多くの相談者の方がいらっしゃいますが、すでに生活保護を受給していらっしゃる方もおられます。

しかし、生活保護制度は、複雑でわかりにくい部分も多く、また、無理解から差別や偏見の眼にさらされていることも少なくありません。

そこで、当事者の方を中心に、制度に関する疑問や生活保護に対する思いや不安をスタッフと一緒に考える取り組みをスタートさせることにしました。

勉強会は3回を予定しており、

1回目 2015年1月14日(水) 15:00
2回目 2015年2月18日(水) 15:00
3回目 2015年3月18日(水) 15:00

場所:那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F いっぽいっぽの会法人事務所 《地図

にて行います。

お茶やお菓子を囲みながら気軽な雰囲気を作っていけたらいいなと思っています。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2015年01月04日

【お知らせ/活動紹介】「寛(くつろぎ)の会」(東京・池袋、2015年01月08日)

お茶会コミュニケーション「寛(くつろぎ)の会」が、2015年01月08日(金)13時30分~17時、東京都豊島区勤労福祉会舘・5階和室地図)で開催されます。カンパ100円~。
STOP!生活保護基準引き下げ」メンバーの「T」さんが主催する月例の集いです。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

寛(くつろぎ)の会

日時: 2015年01月08日(金)13時30分~17時
場所: 東京都豊島区勤労福祉会舘・5階和室
(池袋駅西口南寄りから徒歩10分。劇場通りの池袋警察署前を目指して歩いて、消防署の隣り/地図
趣旨: お茶会コミュニケーションで、寛ぐ場所です。中途入退室はご自由に。
参加費: カンパ100円~をお願いします。

寛(くつろぎ)の会

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2015年01月02日

【お知らせ/転載】日弁連「全国一斉生活保護ホットライン」(2015年01月19日)

日弁連「全国一斉生活保護ホットライン
2015年01月19日(月)10時〜22時
【0120-158-794(ひんこんはなくす)】
※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。
主催: 日本弁護士連合会

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》

「全国一斉生活保護ホットライン」を実施します

昨年12月に改正生活保護法が成立し、本年7月から本格施行されています。また、生活保護基準については、昨年8月から引下げが段階的に実施され、来年度にも予定されています。改正が現実のものとなり、最後のセーフティネットである生活保護制度の現場で違法・不当な運用が増加していないか、その実態を把握し、仮に、そのような運用が増加しているのであれば、その内容を社会的に明らかにして是正を求めていくため、「全国一斉生活保護ホットライン」を実施します。

全国の弁護士会において2015年1月19日(月)を中心とした日程で、全国統一フリーダイヤル【0120-158-794】(ひんこんは なくす) で実施いたします。お気軽にお電話ください。

全国一斉生活保護ホットライン(フリーダイヤル)
2015年1月19日(月)10:00~22:00
0120-158-794(ひんこんはなくす)

※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。

※弁護士会によっては、独自の開催日程や直通番号を設けておりますので、必ず添付の「実施案内」をご確認の上、おかけください。

※回線混雑等の事情によりつながりにくい場合もございますのであらかじめご了承ください。また、上記フリーダイヤルを始め、各地のホットライン専用電話番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。

チラシ・実施案内(PDFファイル;86KB)

問い合わせ先
日本弁護士連合会人権部人権第一課
TEL:03-3580-9500 / FAX:03-3580-2896 
各地の実施内容につきましては、「実施案内」をご参照の上、各弁護士会にお問い合わせください。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月30日

【お知らせ/転載】「フリーターズフリー」第3号(最終号)が発行されました!

フリーターズフリー Vol.3」が2014年12月に刊行されました。
2008年の Vol.2 から6年ぶりの第3号は最終巻でもあります。
わたし(中村順)の知人には「フリーターズフリー Vol.2」でお名前を初めて知り、その後面識を得た方が何人もいらっしゃいます。
そういう意味でも「フリーターズフリー」には縁(えにし)を感じます。
もちろん Vol.3 も購入して読ませていただきます!

スポンサードリンク

(★転載開始★)

フリーターズフリー3号を発行しました!

フリーターズフリー Vol.3

 フリーターズフリー3号の編集・発行責任の生田武志・栗田隆子です。

 2014年12月、フリーターズフリー3号を発行しました。

 2008年に02号を発行してから6年ぶり、そして最後の「フリーターズフリー」です。

 フリーターズフリーは、不安定就労や若年労働問題について当事者から声を上げるということを目的に、有限責任事業組合「フリーターズフリー」として編集発行しました。

 2007年の創刊号は「生を切り崩さない仕事を考える」、2号は非正規雇用と貧困の原点としての「女性の貧困」がテーマです。

 有限責任事業組合「フリーターズフリー」は解散し、今回は生田武志+栗田隆子の任意団体「フリーターズフリー」として3号を編集・発行します。

 3号のテーマは「反貧困運動と自立支援」です。

 反貧困運動は2007年から全国で広がりましたが、現在、それは明らかに以前のような明確な方向を示せなくなっています。

 そして、この10年、様々な現場で「自立支援」という言葉が流行し、完全に定着していきました。障がい者や野宿の現場では、かつて「自立」の概念や「自立支援法」をめぐって激しい論争が繰り広げられ様々な問題が浮き彫りにされましたが、現在、それが「なかったこと」であるかのように、「自立支援」という言葉が普通に使われています。この「反貧困運動」と「自立支援」の意味をあらためて根底から問い直してみよう、というのが、この3号のテーマとなっています。(詳しい内容については、以下の「前書き」と「目次」をごらんください)。

 今回、フリーターズフリー3号は、ISBNを取らず、書店などでの流通はしない、という形を取っています。手売り、あるいはサイトでの注文のみ、という形です。

今回の部数は1000部、どこまでこの形で売れるか、やってみたいと思っています。

ネット注文については、数量・ご氏名(ふりがな付きでお願いします)・ご送付先・希望の書名(フリーターズフリー3号・フリーターズフリー1号+2号+3号等) お電話番号、 emailを明記のうえ、postmaster@freetersfree.org からお願いします。

 フリーターズフリー3号は税抜き1400円、税は不要、送料無料です。

また、1号(1500円)、2号(1300円)も販売しています。「1号+2号」のセット販売は2500円、「1号+2号+3号」のセット販売は3900円となります。いずれも、雑誌に添付した振り込み用紙からの振り込みとなります。

 みなさん、フリーターズフリー3号を手に取って読んでくださることを心から期待しています。

▼フリーターズフリー3号前書き

 フリーターズフリー3号へようこそ わたしたちの現在地

 フリーターズフリー3号のテーマは「反貧困運動と自立支援」です。

 フリーターズフリーが創刊号を刊行した2007年は、反貧困ネットワークが結成され、2号を刊行した2008年の年末には「年越し派遣村」が作られ、特に「派遣村」については大きく報道されました。こうして、フリーターズフリーは「反貧困」運動の展開とちょうど同時に活動してきたのです。

 確かに、反貧困運動は「この豊かな(?)日本にも貧困があった!」という問題を突きつけ、社会に様々なインパクトを与えました。けれども、いまあらためてまわりを見てみると、事態はむしろ大きく悪化してしまいました。まず、フリーターをはじめとする非正規雇用の労働者は増え、生活保護利用者も増え、ブラック企業まで激増し…。一部の、もともとお金持ちだったり、個人的に能力がある人たちはなんとかなってますが、それ以外の人には「普通に生きていく」ことがさらに困難な「息苦しい=生き苦しい」社会になってしまいました。

 貧困は「経済」的なものであると同時に社会「関係」的なものでもあります。震災後は特に、「絆」という言葉が「2011年の漢字」に選ばれたりして、ブームのように使われました。しかし、「もやい」の稲葉剛さんが「絆原理主義」と批判してましたが、最近の動きを見ていると、貧困や震災などの問題を「(社会を変えるとかじゃなく)個人どうしの助け合いで何とかしろ!」という意図でこの言葉が伝われているのではないかとさえ感じます。実際、わたしたちがこの数年見てきたのは、経済的な「格差」の激化とともに、さまざまな「つながり」の崩壊でした。

 反貧困運動では「反貧困でつながろう!」と言われました。確かに、それまでつながりのなかった様々な団体、個人が運動の中でつながったことには大きな意味がありました。しかしその後、わりしたちは活動の中でのさまざまな分裂を否応なしに見ることになりました。フリーターズフリーも例外でなく、意見の相違などの結果、有限責任事業組合としては解散し、任意団体(法人でない団体、いわばただのグループ)としてこの3号を発行しています。「活動ってなんだろう?」「なぜこうした不幸な軋轢が避けられないんだろう?」ということを、わたしたち自身、問い続けることになっています。

 そしてそれと同時に、貧困者、障害者、母子家庭など様々な現場で「自立支援」という言葉が「業界」で大流行しました。「自立」支援、言い換えれば「自立できない弱い人たちを周囲が支援して助けてあげる」という「上から目線」な話ですが、それがすっかり定着してしまっています。それは「絆」の流行とリンクしていて、いわば「国と企業は侵すべからざるもの」だけど、個々人やNPOとかによる「社会的弱者の自立支援」については多少の補助は出さなくもないよ、という発想ではないかと思います。

 わたしたちは、こうした「バックラッシュ」というか、不吉な事態が進行している中で、あらためて、この「息苦しい=生き苦しい」社会をどう変えていくべきか、そしてそこにどう闘っていくべきかを問おうとしました。これが、巻頭の「共同討議」の内容であり、この3号のコンセプトとなっています。読者のみなさんには、ぜひともこの討議を読んでいただきたいと思います。ここには、自らの身から絞り出すような痛切な言葉がいくつも語られています。

 そして、現在の労働問題の一つの焦点として介護労働があります。この問題を遙矢当さんの「未払い賃金を取り戻せ 介護事業所 編」が自らの体験を通して語っていただいたいます。また、大学の非正規問題も、ここ数年、大きくクローズアップされました。この問題を、渡邊太さんの「非正規の自立―大学労働の経験から考える―」で語っていただいています。

 そして、貧困や非正規の問題を語るとき、日本だけを考えて海外の貧困問題を無視することはできません。この問題を、嶋田ミカさんの「労働破壊という「津波」にのまれて―ジャワから日本への襲来―」、綱島洋之さんの「自律への希望 後編」(前編は2号に掲載)が扱っています。

 「国と企業は侵すべからざる」と言いましたが、もう一つフリーターズフリーが問おうとしたのは「家族」です。この点について、保育と学校について1960年代から70年代にかけて行なわれた貴重な試みとして、中野冬美さんへのインタビュー「共同保育という試み」、そして小柳伸顕さん、岡繁樹さんへのインタビュー「教育と福祉の間で――「あいりん小中学校」の子どもたちとケースワーカー」で様々なことを伺いました。それぞれについて、類例のない貴重な記録になっていると思います。

 生田武志の「反貧困運動と自立支援―それは何からの自立なのか?」は、この3号のテーマをめぐる論考で、同時にフリーターズフリー創刊号の「フリーター≒ニート≒ホームレス――ポスト工業化日本社会の若年労働・家族・ジェンダー」の再検討と批判を行なうものにもなっています。

 そして、イラストは、創刊号で表紙を書いていただいた前田ポケットさん、2号で表紙を書いていただいた壱花花さんに再度登場していただきました。ありがとうございます!

 最後は、生田武志と栗田隆子の往復書簡による後書きです。ご覧の通り、フリーターズフリー結末に至る苦しみがテーマになっています。

 さて、なんと言うか、この3号の発行のためにわたしたちは本当に力を振り絞りました。それはこの「後書き」を見ていただければおわかりだと思います。もう、これ以上は本当に無理です。

 読者のみなさん、協力していただいたみなさん、執筆者のみなさん、数えげられませんが、多くのみなさん、本当にフリーターズフリーのためにありがとうございました。わたしたちの最後の仕事をご覧下さい。

フリーターズフリー3号目次

○前書き

○共同討議―「自立」そして「支援」とは何か―反貧困運動と自立支援をかえりみる

ケアそして不安定労働

○遙矢当「未払い賃金を取り戻せ 介護事業所 編」

○4コママンガ 前田ポケット

大学の非正規・海外の貧困

○渡邊太「非正規の自立―大学労働の経験から考える―」

○嶋田ミカ「労働破壊という「津波」にのまれて―ジャワから日本への襲来―」

○綱島洋之「自律への希望 後編」

○イラスト 壱花花

家族とは?―保育・教育

○中野インタビュー「共同保育という試み」

○小柳・岡インタビュー「教育と福祉の間で――「あいりん小中学校」の子どもたちとケースワーカー」

○イラスト 壱花花

○生田武志「反貧困運動と自立支援―それは何からの自立なのか?」

後記としての往復書簡

(★転載終了★)

Amazon : フリーターズフリー

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月26日

生活保護関連のイベント・集会情報(2015年01月)

生活保護制度に関する集会・アクションなどの情報まとめ(2015年01月)です。
新たなイベント等が判明しましたら加筆・修正いたします。ご一報いただければ幸いです。

スポンサードリンク


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
2015年01月07日(水)18時30分~20時
首相官邸前(東京メトロ千代田線・丸の内線・日比谷線 国会議事堂前駅3番出口すぐ)
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動き等に関する記者会見
01月08日(木)11時〜
厚生労働記者会(東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F/アクセス
【内容】
(1) 平成27年度予算編成にあたっての住宅扶助基準・冬季加算の削減について
(2) 平成27年度より大阪市が実施する生活扶助費のプリぺイドカード支給のモデル事業について
【発言者】
● 尾藤廣喜(弁護士、生活保護問題対策全国会議代表幹事)
● 稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事)
● 常数英昭(全国公的扶助研究会副会長)
● 武澤次郎(上記事務局次長)
● 田川英信(元生活保護ケースワーカー)

寛(くつろぎ)の会
01月08日(金)13時30分~17時
東京都豊島区勤労福祉会舘・5階和室
(池袋駅西口南寄りから徒歩10分。劇場通りの池袋警察署前を目指して歩いて、消防署の隣り/地図
お茶会コミュニケーションで、寛ぐ場所です。
カンパ100円~をお願いします。


厚生労働省「第22回社会保障審議会生活保護基準部会
01月09日(金)15時〜17時
中央合同庁舎第5号館12階・専用14会議室(国会側)
(東京都千代田区霞が関1-2-2/地図
傍聴を希望される方はあらかじめFAXまたは電子メールによる申込みが必要です。厚労省のウェブページを参照ください(申込締切: 01月07日(水)15時必着)


希望のまち東京in東部「生活保護切り下げ問題勉強会
01月11日(日)13時~16時
希望のまち東京in東部事務所(東京都江東区東陽3丁目21番5号松葉ビル202号室/1階がお寿司屋さんの建物の2階/東京メトロ東西線木場駅徒歩4分、東陽町駅徒歩6分、東陽三丁目バス停留所徒歩1分)
講師: 秋津那美子さん
文献: 秋津那美子「生活扶助費切り下げと特殊消費者物価指数――「生活扶助相当CPI」の批判的分析
参加費(資料代): 300円
主催: 希望のまち東京in東部


いっぽいっぽの会《生活保護勉強会》第1回
01月14日(水)15時〜
いっぽいっぽの会法人事務所(沖縄県那覇市松川2-16-1 シオンハウス2F/地図
《生活保護制度は、複雑でわかりにくい部分も多く、また、無理解から差別や偏見の眼にさらされていることも少なくありません。そこで、当事者の方を中心に、制度に関する疑問や生活保護に対する思いや不安をスタッフと一緒に考える取り組みをスタートさせることにしました。お茶やお菓子を囲みながら気軽な雰囲気を作っていけたらいいなと思っています。》
※勉強会は全3回予定。いずれの日も15時開始です。
1回目 2015年1月14日(水)
2回目 2015年2月18日(水)
3回目 2015年3月18日(水)


労働と暮らしのセミナー「よくわかる貧困問題-女性と子ども:住いの問題を中心にして-
01月18日(日)15時〜18時
討論Bar’シチズン’(大阪市浪速区日本橋5-14-20 越前ビル1F/06-6537-7672)
講師: 徳武聡子さん(司法書士/生活保護問題対策全国会議)
参加費: 500円(ワンドリンク付き/懇親会参加はさらに500円)
定員24名ですので満席の場合、予約の方が優先となります。予約はこちらのページの要項で。
主催: NPO法人近畿地域活性ネットワーク


日弁連「全国一斉生活保護ホットライン
01月19日(月)10時〜22時
【0120-158-794(ひんこんはなくす)】
※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。
主催: 日本弁護士連合会


反貧困ネットワーク大阪・連続学習会《生活困窮者自立支援法を知ろう》第1回
01月22日(木)18時30分~
エルおおさか(大阪府立労働センター)701号室(大阪市中央区北浜東3-14/交通アクセス
講師: 谷口伊三美さん(東淀川区生活困窮者自立支援担当)
資料代: 500円(経済的困窮者無料)
事前予約不要
主催: 反貧困ネットワーク大阪
事務局: 柏原市清州1丁目2番3号豊永ビル4階 とくたけ司法書士事務所


なんでも総合相談会(月例)
01月27日(火)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月23日

【直前情報/転載】「年末拡大なんでも総合相談会相談会」(東京・四谷、2014年12月24日・25日)

年末拡大なんでも総合相談会」が、2014年12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)、日司連ホール(東京・四谷、司法書士会館地下/アクセス)で開催されます。なんでも無料で相談できます。主催はつながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク

なんでも総合相談会

なんでも総合相談会(年末拡大相談会)

日時: 2014年12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)
場所: 日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
【無料】
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回の相談日: 2014年01月27日(火)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月19日

【本日/活動紹介】インターネットTV『ボトムアップチャンネル~越年支援生放送』第2回(2014年12月19日20時〜)

インターネットTV『ボトムアップチャンネル~越年支援生放送』第2回が、2014年12月19日(金)20時〜、放送されます。
司会は稲葉剛さん(つくろい東京ファンドSTOP!生活保護基準引き下げ)、
遠藤大輔さん(ビデオジャーナリストユニオン)のお2人。
第2回放送は宇都宮健児さん、松本春野さん、ソケリッサ!が出演、ゲストにアーティストの武盾一郎さん、編集者の原島康晴さんを迎えます。
ボトムアップチャンネル~越年支援生放送』は2014年12月12日から2015年01月23日まで全6回放送予定です。

スポンサードリンク

稲葉剛さんの公式ウェブサイトから関連情報を転載させていただきます。

(★転載開始★)

越年チャリティ生配信「ボトムアップチャンネル」、放送開始しました! 第一回無料公開中!

私《稲葉剛》が遠藤大輔さん(ビデオジャーナリストユニオン)とともに司会を務めます、越年チャリティ生配信「ボトムアップチャンネル」。
全6回を予定している内、その第1回が昨日(12月12日 金曜 20時~21時)配信されました。
現在、その第1回放送を特別無料公開中です!(第2回以降を視聴するのは無料の会員登録が必要です)

●第一回放送 主なプログラム
・00:00~ 司会 稲葉剛 遠藤大輔
・05:00~ VJUレポート「ハウジンプア」
・20:00~ VJUレポート「つくろい東京ファンドとは」
・28:00~ 宇都宮健児さんのコーナー「人生相談・宇都宮さんに訊こう」
・35:00~ 松本春野さんのコーナー「はるののにわ」
・45:00~ 「ストリート! 一曲入魂」
・50:00~ ゲスト登場! 「新人Hソケリッサ」
・55:00~ ソケリッサが新宿の町で舞う! 「ソケリッサオンライン」

第二回以降の配信をご覧になるには、会員登録(無料)が必要です。

以下のリンクからサイトへ飛び、

Bottom up Channel 会員登録

「Choose a Username」欄に半角英数字であなたのニックネームを、
「Email」欄にEメールアドレスを入力下さい。
すぐに「wordpress@bottom-up-channel.net」から、パスワードが下記のように送られて来ます。

username: ????(あなたのニックネーム)
password: ????(あなたのパスワード)

上記を使い、Bottom Up Channel @ STREAMよりログイン下さい。放送開始されましたらご視聴いただけます。

放送スケジュールは、

第2回放送 12月19日(金)
第3回放送 12月26日(金)
第4回放送 1月2日 (金)
第5回放送 1月16日(金)
第6回放送 1月23日(金)

放送時間帯はいずれも 午後8:00-9:00

です。
次回放送も、どうかお楽しみに!

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月17日

【お知らせ/転載】「年末拡大 なんでも総合相談会相談会」(東京・四谷、2014年12月24日・25日)

年末拡大 なんでも総合相談会」が、2014年12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)、日司連ホール(東京・四谷、司法書士会館地下/アクセス)で開催されます。なんでも無料で相談できます。主催はつながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク

なんでも総合相談会
なんでも総合相談会(年末拡大相談会)

日時: 2014年12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)
場所: 日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
【無料】
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回の相談日: 2014年01月27日(火)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月16日

【お知らせ/活動紹介】《つくろい東京ファンド》公式ウェブサイト&FBページが開設されました

東京都内で生活困窮者の支援活動を行なう《つくろい東京ファンド》の公式ウェブサイトとFBページが開設されました。

つくろい東京ファンド公式サイト
FBページ

スポンサードリンク

つくろい東京ファンド」は稲葉剛さん(いなば つよし/「NPOもやい」前理事長・「STOP!生活保護基準引き下げ」呼びかけ人)たちによる新たな挑戦であり、新事業体の名称です。
つくろい東京ファンド
つくろい東京ファンド」は、2013年11月に出版された稲葉剛著『生活保護から考える』(岩波新書)印税を原資として、クラウドファンディングなどで幅広く市民から寄付金を集めて基金を設立されました。
第1号プロジェクトの個室シェルター「あわやハウス」はすでに都内某所で稼働しています。
今後も「市民の力でセーフティネットの穴を修繕する」を合言葉に、生活困窮者をサポートする様々なプロジェクトを次々と立ち上げていくそうです。
なお、つくろい猫の「ぬい」ちゃんは松本春野さん(まつもと はるの/イラストレーター・絵本作家)により描かれています。可愛いですね。

つくろい東京ファンド公式サイト
FBページ

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月14日

【本日】第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査(2014年12月14日)

さてと、これから投票に行ってきます(わたしは当日投票派です)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査

第47回
衆議院議員総選挙
最高裁判所裁判官国民審査

選挙の主役は、私たち。
投票日 12月14日(日)

私たちの代表を、私たちが選ぶのですから。

(★転載終了★)


人生を変えたい? ならば投票に行こう
(「喜八ログ」2014年12月11日)

たいした理由もなく選挙投票の「棄権」をする人は、自分の人生を捨てている
そう思えてならないのです。

もし、「人生を変えたい」「今よりよくしたい」と思うなら(ほとんど全ての人は「思う」のではないでしょうか)。
選挙投票の「棄権」はやめておいたほういいでしょう。
もちろん、断固たる信念・思想のもとに「自分は選挙投票は絶対にしない!」という方は、ご自分の信念・思想に従えばよいと思います。
でも、「面倒くさい」「誰に投票してもおなじ」みたいな理由で棄権するのはやめたほうがいい。
そんなことを続けていたら、決定的にツキを失います。

歴史を俯瞰(ふかん)するならば「普通選挙」というのは無数の人々が必至の努力を続けた上にようやく成立した制度です。
普通選挙実現の運動に関わったがゆえに、弾圧され、逮捕・投獄され、拷問され、殺害された人もけして少なくないのです。
いわば人々の「汗と涙と血」を代償にして実現した制度です。
わたしたち1人ひとりはそんな「人類の遺産」の相続人なのです。

その貴重な遺産を軽んじて、選挙投票の権利を自ら放棄してしまう。
たいした理由もなしに。
こんなことをして、ツキが落ちないわけはありませんね。
無知で傲慢なふるまい、人として最大級の愚行。
そう言われてもしかたがないでしょう。

しばらく前に「選挙投票をしないオトコと付き合ってはいけない」という記事を目にしました。
なるほど、その通りです。
と同時に「オトコだけでなく、オンナおよび『そのほかの性の人』にも当て嵌まる」と思いました。
どんなに外面をつくろった、いわゆる世間で「美人」「美形」と称されるような人物であっても。
たいした理由なく、選挙投票「棄権」をするような人の近くには行きたくない。
人と人とのお付き合いは遠慮します。

生活、人生を変えていきたかったら、選挙投票に行こう。
自分なりにしっかり考えて、信頼できる候補・政党に投票しよう。
それは即効性は少ないかもしれないけれど、自分の生活や人生をより良くしていくための確実な方法ですよ。
衷心(ちゅうしん)より、そう申し上げたい。

Amazon : テッサ・モーリス-スズキ

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月10日

【転載】《千円ぜいたくも我慢 衆院選 生活保護、最大の削減幅》「東京新聞」埼玉県版から

癌に肺・胃をむしばまれ、医師からは「余命半年」と宣告された中村敬さん(なかむら たかし/51歳)。生活保護制度を利用しつつ、「少しでも困っている人を助けたい」と、貧困に苦しむ人たちの相談に乗っています。埼玉県生活保護基準引下げ違憲処分取消等請求訴訟の原告の1人でもあります。中村さんは、11月19日に行なわれた集団訴訟第1回期日で、先の見えない暮らしを続ける窮状を証言席から訴えました。

千円ぜいたくも我慢 衆院選 生活保護、最大の削減幅
「東京新聞」埼玉県版(2014年12月9日)

スポンサードリンク

(★転載開始★)

千円ぜいたくも我慢 衆院選 生活保護、最大の削減幅
「東京新聞」埼玉県版(2014年12月9日)

 「近所の中華料理店で月一回、ラーメンと中瓶のビール一本を注文するのが楽しみ。千円ちょっとのぜいたくかな」
 七年前から生活保護を受けている中村敬(たかし)さん(51)が、人懐っこい笑顔を見せた。さいたま市西区のアパートで一人暮らしだ。
 高校卒業後、旧国鉄に入ったが民営化で解雇され、職を転々とした。三十五歳でがんが見つかった。二千万円の治療費のための多額の借金を払えず、四十四歳の時、自己破産に追い込まれた。
 「アパートに住めるだけいいけど、ぎりぎりだ」。ただでさえ切り詰めている暮らしは昨年八月、さらに厳しくなった。厚生労働省が物価下落を理由に段階的に生活扶助を引き下げ始めたのだ。
 二回目の今年四月の減額では消費税増税の開始と重なり、物価上昇分が加算されたが、来年四月の三回目の引き下げを合わせ、削減額は計六百七十億円。削減幅は過去に例のない平均6・5%。子どもが複数いる家庭では最大10%にもなる。
 中村さんの場合、昨年八月に千円減った。月に一度のささやかなぜいたくをする分に当たる。現在、毎月の生活費に充てる生活扶助が約八万一千円、家賃に充てる住宅扶助が約四万七千円支給されている。十一月から冬季加算として約三千円が上乗せされたが、灯油代を節約してストーブは寝る前の一時間しか使わない。
 中村さんは「少しでも困っている人を助けたい」と、貧困に苦しむ人たちの相談に乗っており、携帯電話代がかさむ。光熱費と水道代を払えば、生活扶助の半分を超える。このため、食費は月三万円と決めている。自炊でも一日一食か二食しか取れない。毎月、手元に残るのは五千円ほど。来年四月以降、それすらも難しくなる恐れがある。
 「憲法が保障する生存権に違反していないか」。八月、中村さんら埼玉県内の三十~七十代の生活保護受給者二十五人が、国とさいたま市に引き下げの取り消しなどを求めて提訴した。同様の集団訴訟は他に千葉、愛知県などでも起こされている。
 十一月十九日、傍聴席が全て埋まったさいたま地裁の法廷に中村さんは立った。がんは今も肺、胃をむしばみ、医師からは「余命半年」と宣告された。治療は、病院側が国の未承認の新薬を使う条件で無料だが、先の見えない暮らしを続ける窮状を証言席から訴えた。
 「この裁判に勝つことができ、それまで生きられたのであれば、私は他の原告や支援者の方々と一緒に、趣味の映画観賞をしたい。それが今の私の願いです」
 中村さんのテレビは今年の夏の落雷で壊れ、修理できないままだ。 (菊谷隆文)

<生活保護> 憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」を保障するため、1950年に生活保護法が制定された。受給者は95年に過去最低の約88万人だったが、近年はリーマン・ショックなどの影響で増え続け、今年9月現在、約216万5000人。保護費の本年度予算は過去最高の3・8兆円。国が75%、自治体が25%負担する。事実上、受給者の増加に予算が追いつかず、1世帯当たりの受給額は減る格好となっている。
(東京新聞)

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月09日

【お知らせ/転載】埼玉障害者市民ネットワーク主催「夜の勉強会」《『アルジャーノンに花束を』と同時代に見る施設とノーマライゼーション》(埼玉県浦和市、2014年12月12日)

埼玉障害者市民ネットワーク主催の「夜の勉強会」が、2014年12月12日(金)18時30分〜20時、浦和コミニティーセンター第14集会室(パルコ10階/アクセス)で開催されます。
講師は松永千惠子さん(国際医療福祉大学准教授/埼玉県障害者旋策推進協議会委員)。
テーマは《ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と同時代に見る施設とノーマライゼーション》。
参加費無料です。
講座終了後に懇親会(会費3000円)も行なわれるそうです。

埼玉障害者市民ネットワークは『障害のある人も、障害のない人も地域で共に』を合言葉に活動しています。参加条件はありません。》

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
埼玉障害者市民ネットワーク主催「夜の勉強会」《『アルジャーノンに花束を』と同時代に見る施設とノーマライゼーション》

夜の勉強会

ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』と同時代に見る施設とノーマライゼーション

講師:国際医療福祉大学 准教授 松永千惠子先生
(埼玉県障害者旋策推進協議会委員)

日時:12月12日(金)6時30分〜8時(予定)
会場:浦和コミニティーセンター(パルコ10階)第14集会室《アクセス

※講座終了後に、松永千惠子先生を囲んでパルコ5階の沖縄料理店で、懇親会を持ちます。こちらは会費3000円です。

埼玉障害者市民ネットワーク

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月05日

【お知らせ】グリーンネックレス展示@こもれび、残り2日(東京・飯田橋、12月06日・13日)

女性たちの居場所「グリーンネックレス~7年の軌跡~」展示@「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/飯田橋駅より徒歩10分/地図)は残り2日となりました。
2014年12月06日(土)・13日(土)11時〜17時。
入場無料。余裕のある方はカフェで1オーダー(100円〜)お願いします。

(※「グリーンネックレス」は「認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい」の交流事業のひとつです)

スポンサードリンク

(★転載開始★)

10-12月の展示のご案内
グリーンネックレス~7年の軌跡~

もやいの交流事業のひとつである、
女性たちの居場所『グリーンネックレス』の展示が始まります!

展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
10月4・11・18日、11月1・8・15日、12月6・13日
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階《地図

* * *

あなたとわたしが
いろんなカタチでつながる。
この場所は「グリーンネックレス」。

違う色
それぞれの気持ち
一人のココロにさえ
いろんなカタチがある。

どれも消さない
失くしたくないから。

おんなじ色で
一つの絵が描けなくても
べつべつの色とカタチが
この場所でつながって
誰も見たことのない絵ができました。

わたしたちの作品を
自由に感じてもらえたらと思います。
是非、足を運んでみてください。

(やまざき・やまぐち)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催:認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい
女性のスペース グリーンネックレス
協力:企業組合 あうん

(★転載終了★)

※「グリーンネックレス~7年の軌跡~」情報は、山崎まどかさんの了承を得て、転載させていただいています。

Amazon : 猫の写真集

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年12月03日

【お知らせ/転載】年末拡大相談会(東京・四谷、2014年12月24日・25日)

年末拡大相談会」が、2014年12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)、日司連ホール(東京・四谷「司法書士会館」地下/アクセス)で開催されます。【無料】。主催はつながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)
年末拡大相談会
法律・生活・労働・住まい・震災分野の総合相談会
年末『拡大』相談会(2日連続/無料)

あったかいへやで安心して年を越そう!

【来所相談】年末の2日間、法律・生活・労働・住まい・震災分野のワンストップ総合相談会を開催いたします。
どなたでもお気軽にお越しください。
日時:平成26年12月24日(水)・24日(木)10:00~20:00(受付終了19:00)
場所:日本司法書士会館地下1階ホール(新宿区本塩町9-3/アクセスアクセス)
内容:法律・労働・生活等総合相談
証明写真撮影・履歴書提供(いずれも無料)あります。
主催:つながる総合相談ネットワーク東京(代表:宇都宮健児)
【独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業】

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 23:00 | トラックバック

2014年12月02日

【直前情報】第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない」(東京・町屋、2014年12月03日)

第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない」が、2014年12月03日(水)18時30分〜20時30分(開場18時)、東京・町屋「ムーブ町屋」3Fホール(地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅下車1分)で開催されます。
中野晃一さん(上智大学国際教養学部教授/政治学)の講演、久米小百合さん(教会音楽家)のミニライブ、菅野眞子さん指揮「シルベスタークワイヤー」のトーンチャイムなど。
集会協力券2000円。
主催は「ほしのいえの集い」実行委員会です。
わたし(中村順)も当日スタッフ(写真記録係)として参加します。

☆「ほしのいえ」は東京・山谷(さんや)地区での炊き出し・作業場・生活相談・福祉活動などを20年以上にわたって実践されています。キリスト教カトリックのシスター、プロテスタントの牧師、キリスト者、非キリスト者が協働するエキュメニカルな(教派を超えた)集いです。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

☆星にみちびかれて 遠い道を歩き続ける

第21回 ほしのいえ 講演とミニライブ
わたしたちはあきらめない

講演 中野晃一
ミニライブ 久米小百合
トーンチャイム
(菅野眞子指揮 シルベスタークワイヤー)

2014年12月3日(水)18:30〜20:30(開場18:00)
ムーブ町屋3Fホール(地下鉄千代田線・京成線 町屋駅下車1分)
集会協力券 2000円
主催:「ほしのいえの集い」実行委員会
問い合わせ先
「ほしのいえ」TEL/FAX:03-3805-6237(火・木・土 13時~16時)
携帯:090-4396-7446(三上)
振替口座
番号:00170-2-556971 口座名:ほしのいえ
ホームページ http://hosinoie.net/
メールアドレス info@hosinoie.net

第21回 ほしのいえ 講演とミニライブ
わたしたちはあきらめない

いのちを結ぶ社会をめざす

 7月の集団的自衛権の閣議決定、武器輸出三原則撤廃などの政策が次々と私たちの前に示されました。「原発なくせ」の官邸前集会が続き、福島第一原発の廃炉処理が有効策を見いだせないでいる最中、安倍首相は死の商人のように原発、武器を売り込んでいます。特定秘密保護法の制定を機に「戦争する国」へと億面もなく私たちを駆り立てます。
 1945年8月から来年2015年8月は70年。平和憲法下での69年間は戦争で人を殺すことも、殺されることもありませんでした。これは世界的にも評価されています。
 平和とは戦争がないことで良しとするのではないと、差別をなくすること、ひとつひとつのいのちが大切にされるためにと、人と人とのつながりを広げながら生き抜いて来ました。私たちの70年に亘る生き方は、時代を越えてすべての人が、平和で安らかな生活を続けるためのささやかな営みだったと言えます。
 私たちは差別体験や人権抑圧の闘いから見えない巨悪があることを訴え続けてきましたが、今は誰の目にも明らかになったと思います。その特徴は民主主義の否定、暴力の肯定です。しかし、よく見れば権力者だけでなく、こうした動きを支持する人たちが増えていることも事実です。
 今回の私たちの試みは、なぜこのような時代風潮になってしまったのかを考え、これまで培ってきた私たちの手法「一人ひとりのいのちを信じて、いのちを結ぶ社会をめざす」をもう一度確認することにあります。
 慌ただしかったこの1年。共にひと時を過ごしませんか。ご参加をお待ちしております。

出演者紹介

中野晃一
なかの・こういち 1970年東京生まれ。比較政治、日本政治が専門。93年、東京大文学部哲学科を卒業。英オックスフォード大などで学び、2003年には米プリンストン大で博士号を取得。現在、上智大学国際教養学部教授(政治学)。96条の会、憲法デモクラシーの会などの呼びかけ人の一人。

久米小百合
くめ・さゆり 東京生まれ。共立女子短期大学文科卒業。東京バプテスト神学校神学科修了。1979~84年、久保田早紀として音楽活動。自ら作詞作曲したデビュー曲『異邦人』が大ヒット。1985年音楽家・久米大作氏と結婚。 久保田早紀としての音楽活動を引退。以後は主にキリスト教会やミッションスクールを中心に、教会音楽家として、音・言葉・絵画を組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートを行っており、賛美の世界に奥行きと創造性を持たせるものとして高い評価を得ている。2007年から2010年まで日本聖書協会の親善大使を務める。ワールドビジョン・アソシエイトアーティスト。ワーシップ・ジャパン。

2014年12月3日(水)
18:30〜20:30(開場18:00)
ムーブ町屋3Fホール
(地下鉄千代田線・京成線 町屋駅下車1分)

ほしのいえ

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない

第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない
《ビラ画像はクリックすると大きくなります》

(★転載終了★)

Amazon : 中野晃一

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年11月30日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年12月)

生活保護制度に関する集会・アクションなどの情報まとめ(2014年12月)です。
新たなイベント等が判明しましたら加筆・修正いたします。ご一報いただければ幸いです。

スポンサードリンク


埼玉県・本人訴訟「生活保護変更決定取消請求事件」第3回口頭弁論
2014年12月03日(水)13時30分〜
さいたま地裁105号法廷(浦和駅西口約10分/地図
誰でも傍聴可(傍聴者は地裁玄関ロビーに13時集合)。
裁判後に近くのスタ−バックスで経過説明会が行なわれます。


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
12月03日(水)18時30分~20時
首相官邸前(東京メトロ千代田線・丸の内線・日比谷線 国会議事堂前駅3番出口すぐ)
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


寛(くつろぎ)の会
12月05日(金)13時30分~17時
東京都豊島区勤労福祉会舘・5階和室
(池袋駅西口南寄りから徒歩10分。劇場通りの池袋警察署前を目指して歩いて、消防署の隣り/地図
お茶会コミュニケーションで、寛ぐ場所です。
カンパ100円~をお願いします。


反・貧困ネットワークとやま第2回全体会議&公開講演会「生活保護バッシングとこれからの生活保護」
12月06日(土)13時30分〜16時
富山県民共生センターサンフォルテ3階304号室(富山県富山市湊入船町6-7/富山駅北口より徒歩約10分/アクセス
講師: 大友信勝さん(中部学院大学人間福祉各部教授)
参加費無料
主催: 反・貧困ネットワークとやま


学習会《いのちのセーフティネット 生活保護を理解する
12月20日(土)14時〜17時
石川県女性センター・2階大会議室(金沢市三社町1-44/金沢駅より徒歩約15分/アクセス
講師: 圓山晃一郎さん(石川県司法書士会)/白井康彦さん(中日新聞編集委員)
参加費無料
主催: NPO法人ささえる絆ネットワーク北陸


なんでも総合相談会(年末拡大相談会)
12月24日(水)・25日(木)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
【無料】
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回の相談日: 2014年01月27日(火)


厚生労働省「第21回社会保障審議会生活保護基準部会
12月26日(金)16時〜18時
中央合同庁舎第5号館12階・専用14会議室(国会側)
(東京都千代田区霞が関1-2-2/地図
傍聴を希望される方は、厚労省のウェブページを参考に、あらかじめFAXまたは電子メールによる申込みが必要です(申込締切: 12月24日(水)15時必着)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年11月29日

【本日】生活保護関連のイベントが高知と東京で開催されます(2014年11月29日)

2014年11月29日(土)、生活保護関連のイベントが高知と東京で開催されます。

スポンサードリンク


シンポジウム「~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして
2014年11月29日(土)13時30分〜16時30分
東京都立川市「たましんRISURUホール」(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
●「生活保護『改正』で利用者の生活はどうなったのか」
講師: 徳武聡子さん (生活保護問題対策全国会議事務局次長、司法書士)
●「生活困窮者の対人支援のあり方とは」
講師: 佐久間裕章さん (「ふるさとの会」代表理事。東京・山谷地域でホームレス支援のボランティアグループとして、1990 年に「ボランティアサークルふるさとの会」を立ち上げ。1999 年から特定非営利活動法人として活動)
資料代700円(生活困窮者は無料)
主催: NPO法人さんきゅうハウス


講演会「ホームレス状態からの脱却を支援して
11月29日(土)14:00~(受付13:30~)
高知市立自由民権記念館(民権ホール)《交通アクセス
講師: 稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事)
講演: 『ホームレス状態からの脱却を支援して』
開催協力費(参加費)500円
事前予約・不要
主催: こうちネットホップ(ホームレス支援と貧困問題を考えるこうちの会)
こうちネットホップは、県内のホームレス(路上生活者)支援を中心に、夜回り活動など貧困問題解決のための取り組みを行っている団体です。
【お問合せ先】 ★田中きよむ(こうちネットホップ代表 高知県立大学教授)
高知県立大学研究室 088-847-8741 mobile:090-7144-4394
★下元 博司(こうちネットホップ事務局)mobile:090-3789-3474

講演会のチラシです↓↓
稲葉剛講演会20141129チラシ《PDF》


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月27日

【お知らせ】稲葉剛さん講演会「ホームレス状態からの脱却を支援して」(高知市立自由民権記念館、2014年11月29日)

講演会「ホームレス状態からの脱却を支援して」が、2014年11月29日(土)14時〜、高知市立自由民権記念館・民権ホール(交通アクセス)で開催されます。講師は稲葉剛さん(いなば つよし/つくろい東京ファンド、NPOもやいなど)。事前予約不要、参加費500円。主催はこうちネットホップです。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
稲葉剛さん講演会「ホームレス状態からの脱却を支援して」

こうちネットホップ主催講演会

日時:2014年11月29日(土)14:00~(受付13:30~)
会場:高知市立自由民権記念館(民権ホール)《交通アクセス
講師:稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事)
講演:『ホームレス状態からの脱却を支援して』
開催協力費(参加費):500円
事前予約:不要
主催:こうちネットホップ(ホームレス支援と貧困問題を考えるこうちの会)
こうちネットホップは、県内のホームレス(路上生活者)支援を中心に、夜回り活動など貧困問題解決のための取り組みを行っている団体です。
【お問合せ先】 ★田中きよむ(こうちネットホップ代表 高知県立大学教授)
高知県立大学研究室 088-847-8741 mobile:090-7144-4394
★下元 博司(こうちネットホップ事務局)mobile:090-3789-3474

講演会のチラシです↓↓
稲葉剛講演会20141129チラシ《PDF》

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月25日

【本日】「なんでも総合相談会」(東京・四谷、2014年11月25日)

月例の「なんでも総合相談会」が、2014年11月25日(火)10時〜20時(受付は19時まで)、日司連ホール(東京・四谷「司法書士会館」地下/アクセス)で開催されます。誰でもなんでも無料で相談できる総合相談会。主催は「つながる総合相談ネットワーク東京」(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
なんでも相談会

なんでも総合相談会(月例)
11月25日(火)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※今後の相談日: 12月24日(水)・25日(木)、2014年01月27日(火)

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月23日

【お知らせ】深尾葉子さん講演会「日本のタガメ女と、カエル男」(京都キャンパスプラザ、2014年12月13日)

深尾葉子さん(ふかお ようこ/大阪大学大学院経済学研究科準教授)の講演会「日本のタガメ女と、カエル男」が、2014年12月13日(土)13時30分〜、京都キャンパスプラザ5階・第3,4演習室(アクセス)で開催されます。会費はカンパ制だそうです。主催はe未来の会

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
深尾葉子さん講演会「日本のタガメ女と、カエル男」

e未来の会・12月例会(第2回)
講演会深尾葉子さんをお招きして
「日本のタガメ女と、カエル男」

専業主婦(タガメ女)とサラリーマン(カエル男)カップルに象徴される一見平凡な幸せ家族の意識せざる不幸の共依存関係を鋭くえぐり出し、そんな女男関係を再生産することで成り立つ日本社会の病根に迫ります。
モヤモヤした生きづらさを感じるすべての人、必聴の講演会です。

深尾葉子さん1963年大阪府生まれ。大阪大学大学院経済学研究科経営学系専攻グローバル・マネジメントコース準教授。『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』、『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』『魂の脱植民地化とは何か』など著書多数。

2014年12月13日(土)13時30分〜
キャンパスプラザ5階 第3,4演習室
(地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分/アクセス

託児は用意できていませんが、お子様連れ可能な会を考えていますので、ご家族連れでご参加ください。

主催: e未来の会

(★転載終了★)

深尾葉子さんの「タガメ女・カエル男」論の詳細は『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』 講談社プラスアルファ新書(2013.4)および続編の『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』(2013.11)をお読みください。

深尾さんの「タガメ女・カエル男」論はウェブでも読めます(無料のユーザ登録が必要です)。

タガメとカエルの男女関係学

以下は「喜八ログ」の紹介記事です。

深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了!

また「魂の脱植民地化」についてご興味のある方には、深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社・叢書魂の脱植民地化1(2012)をぜひお読みください。

Amazon : 深尾葉子

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月22日

【本日】自死問題シンポジウム「むきあう・ささえる・つながる~依存症の問題から自死問題を考える~」(東京・中野、2014年11月22日)

自死問題シンポジウム「むきあう・ささえる・つながる~依存症の問題から自死問題を考える~」が、2014年11月22日(土)13時30分〜16時50分、明治大学中野キャンパス5Fホールで開催されます。
(東京都中野区中野4-21-1/JR中野駅北口より徒歩約8分/交通アクセス
森川すいめいさん(もりかわ すいめい/精神科医、世界の医療団)の基調講演、パネルディスカッションなど。
事前申込不要・入場無料
主催は東京司法書士会です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
自死問題シンポジウム「むきあう・ささえる・つながる~依存症の問題から自死問題を考える~」

東京司法書士会 自死問題シンポジウム
「むきあう・ささえる・つながる~依存症の問題から自死問題を考える~」

1 主 催  東京司法書士会
 
2 日 時 平成26年11月22日(土曜日)
      13時30分~16時50分
      (開場・受付開始13時00分)

3 場 所  明治大学中野キャンパス5Fホール
      (東京都中野区中野4-21-1、JR中央線・総武線、
       東京メトロ東西線中野駅北口徒歩約8分/交通アクセス

4 テーマ  「むきあう・ささえる・つながる~依存症の問題から自死問題を考える~」
 
5 対 象  どなたでも参加可
 
6 参加費  無料
 
7 開催趣旨   
 現代日本は、内閣府平成20年版国民生活白書によると、その調査回答者の過半数以上が「ストレスを感じる」と回答しており、まさに「ストレス社会」といえる。  
 ストレスの要因には職場や家庭の人間関係・仕事の重圧・経済的な事情など様々な要因があり、これらのストレスを解消するために何かに頼ってしまうことは誰もが経験することではないだろうか。しかし、過度にその対象に執着し、ついには止めたくても止めることができない状態になったときに、依存症の問題となる。その対象は、アルコール、ギャンブル、買い物、ネットゲーム、人間関係、薬物など多様である。依存症が、緩やかに自らを傷つけ、最悪の場合には、死に至ることすらある問題であるということは、対象に関わらず共通する。しかし、依存症に対する誤解も大きく、依存症に囚われた方の家族が、イネーブリング(本人に同情し手助けをし、不始末の尻拭いをするなど助力をすること)でむしろ本人の依存を強めていることもある。
 私たち司法書士は、依存症の方、そしてその家族が多重債務、家庭不和、解雇、生活苦などの問題を抱えていることを実務の中で経験してきた。しかしながら、表層的な問題の解決にとどまり、依存症のために悩まれている方の根本的な問題の解決に必ずしもつなげてくることができなかった。そこで、私たち司法書士、そして、依存症の悩みを抱える方の周りにいる市民の方一人一人が自死に至ることを防ぐゲートキーパーとなることができるように、依存症の問題の実態を知り、どのような役割を果たすことができるのかを考えるために本シンポジウムを開催する。
 
8 共 催  東京都
 
9 後 援  日本司法支援センター東京地方事務所
       東京都民生児童委員連合会、
       一般社団法人東京精神保健福祉士協会
       一般社団法人東京臨床心理士会
       公益社団法人東京社会福祉士会
       日本司法書士会連合会

10 プログラム
第1部  基調講演
   「どうして依存症(アルコール、薬物、その他)になるのか?
    ―「依存症」からの回復援助のために知っておきたい7つの考え方―」
講師 森川 すいめい 氏(世界の医療団理事、精神科医)        

第2部  パネルディスカッション
     「~依存症の問題から自死問題を考える~」      
パネリスト
 森川 すいめい 氏
 武澤 次郎 氏(NPO法人ジャパンマックGM)
 河西 有奈 氏(臨床心理士、白峰クリニック)
 植松 育子 氏(司法書士、神奈川県司法書士会人権委員会委員長)
コーディネーター
 中村 貴寿
 (司法書士、東京司法書士会多重債務・自死問題対策委員会委員) 

(★転載終了★)

Amazon : 森川すいめい

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月21日

【お知らせ】第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない」(東京・町屋、2014年12月03日)

第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない」が、2014年12月03日(水)18時30分〜20時30分(開場18時)、東京・町屋のムーブ町屋3Fホール(地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅下車1分)で開催されます。
中野晃一さん(上智大学国際教養学部教授/政治学)の講演、久米小百合さん(教会音楽家)のミニライブ、菅野眞子さん指揮「シルベスタークワイヤー」のトーンチャイムなど。
集会協力券2000円。
主催は「ほしのいえの集い」実行委員会です。
わたし(中村)も参加させていただきます。

(※「ほしのいえ」は東京・山谷(さんや)地区での炊き出し・作業場・生活相談・福祉活動などを20年以上にわたって実践されています。キリスト教カトリックのシスターとプロテスタントの牧師、キリスト者と非キリスト者の方たちが協働するエキュメニカルな(教派を超えた)集いです)

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない

☆星にみちびかれて 遠い道を歩き続ける

第21回 ほしのいえ 講演とミニライブ
わたしたちはあきらめない

講演 中野晃一
ミニライブ 久米小百合
トーンチャイム
(菅野眞子指揮 シルベスタークワイヤー)

2014年12月3日(水)18:30〜20:30(開場18:00)
ムーブ町屋3Fホール(地下鉄千代田線・京成線 町屋駅下車1分)
集会協力券 2000円
主催:「ほしのいえの集い」実行委員会
問い合わせ先
「ほしのいえ」TEL/FAX:03-3805-6237(火・木・土 13時~16時)
携帯:090-4396-7446(三上)
振替口座
番号:00170-2-556971 口座名:ほしのいえ
ホームページ http://hosinoie.net/
メールアドレス info@hosinoie.net

第21回 ほしのいえ 講演とミニライブ
わたしたちはあきらめない

いのちを結ぶ社会をめざす

 7月の集団的自衛権の閣議決定、武器輸出三原則撤廃などの政策が次々と私たちの前に示されました。「原発なくせ」の官邸前集会が続き、福島第一原発の廃炉処理が有効策を見いだせないでいる最中、安倍首相は死の商人のように原発、武器を売り込んでいます。特定秘密保護法の制定を機に「戦争する国」へと億面もなく私たちを駆り立てます。
 1945年8月から来年2015年8月は70年。平和憲法下での69年間は戦争で人を殺すことも、殺されることもありませんでした。これは世界的にも評価されています。
 平和とは戦争がないことで良しとするのではないと、差別をなくすること、ひとつひとつのいのちが大切にされるためにと、人と人とのつながりを広げながら生き抜いて来ました。私たちの70年に亘る生き方は、時代を越えてすべての人が、平和で安らかな生活を続けるためのささやかな営みだったと言えます。
 私たちは差別体験や人権抑圧の闘いから見えない巨悪があることを訴え続けてきましたが、今は誰の目にも明らかになったと思います。その特徴は民主主義の否定、暴力の肯定です。しかし、よく見れば権力者だけでなく、こうした動きを支持する人たちが増えていることも事実です。
 今回の私たちの試みは、なぜこのような時代風潮になってしまったのかを考え、これまで培ってきた私たちの手法「一人ひとりのいのちを信じて、いのちを結ぶ社会をめざす」をもう一度確認することにあります。
 慌ただしかったこの1年。共にひと時を過ごしませんか。ご参加をお待ちしております。

出演者紹介

中野晃一
なかの・こういち 1970年東京生まれ。比較政治、日本政治が専門。93年、東京大文学部哲学科を卒業。英オックスフォード大などで学び、2003年には米プリンストン大で博士号を取得。現在、上智大学国際教養学部教授(政治学)。96条の会、憲法デモクラシーの会などの呼びかけ人の一人。

久米小百合
くめ・さゆり 東京生まれ。共立女子短期大学文科卒業。東京バプテスト神学校神学科修了。1979~84年、久保田早紀として音楽活動。自ら作詞作曲したデビュー曲『異邦人』が大ヒット。1985年音楽家・久米大作氏と結婚。 久保田早紀としての音楽活動を引退。以後は主にキリスト教会やミッションスクールを中心に、教会音楽家として、音・言葉・絵画を組み合わせた新しいスタイルのチャペルコンサートを行っており、賛美の世界に奥行きと創造性を持たせるものとして高い評価を得ている。2007年から2010年まで日本聖書協会の親善大使を務める。ワールドビジョン・アソシエイトアーティスト。ワーシップ・ジャパン。

2014年12月3日(水)
18:30〜20:30(開場18:00)
ムーブ町屋3Fホール
(地下鉄千代田線・京成線 町屋駅下車1分)

ほしのいえ

第21回ほしのいえ講演とミニライブ「わたしたちはあきらめない
《ビラ画像はクリックすると大きくなります》

(★転載終了★)

Amazon : 中野晃一

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月20日

【直前情報】学習会「生活保護と住まいの貧困」(東京都文京区、2014年11月21日)

学習会「生活保護と住まいの貧困」が、2014年11月21日(金)19時〜21時、東京都文京区民センター3C会議室(文京区本郷4-15-14/地図)で行なわれます。
講師は稲葉剛さん(いなばつよし/つくろい東京ファンド、NPOもやい、STOP!生活保護基準引き下げなど)です。
参加費800円(会員300円)。
東京都内の福祉事務所ケースワーカーが中心となって作っている「東京生活保護福祉研究会」主催です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

生活保護と住まいの貧困

東京生活保護福祉研究会主催 ―学習会企画― 
 生活保護と住まいの貧困

 当会では、住宅扶助基準引下げ(案)が国から示される中、その問題点も含め、広く生活困窮者が抱える住宅問題について、この分野の第一人者である稲葉氏に熱く語ってもらうことにしました。
 事前の参加申込みは必要ありませんので、御関心のある方は、気軽にお越しください。

日時  平成26年11月21日(金) 19時~21時位まで
場所  文京区民センター  3C会議室
    文京区本郷4-15-14
最寄駅:都営三田線・大江戸線「春日駅」A2出口徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」4b出口徒歩5分、東京メトロ南北線「後楽園駅」6番出口徒歩5分、JR「水道橋駅」東口徒歩15分 《地図
講師  NPO法人 自立生活サポートセンター もやい 理事
    稲葉 剛 氏
参加費  800円(当会の会員は300円)
※当日、当会に入会される方は300円。なお、入会費は3,000円です。

連絡先   東京生活保護福祉研究会事務局(担当:原田)
 080-5873-7354 又は 至急でなければ
  「東京生活保護福祉研究会」で検索のホームページ中
のメールボックスからのメールでお願いします。

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 20:00

2014年11月15日

【本日】連続学習会第3回「どう守る? 野宿者の医療と健康」(東京・三鷹、2014年11月15日)

連続学習会第3回「どう守る? 野宿者の医療と健康」が、2014年11月15日(土)15時〜17時30分、東京都三鷹市民協働センター第1会議室(アクセス)で開催されます。
講師は大脇甲哉さん(おおわき かつや/整形外科医/新宿連絡会医療班代表、神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所)。
資料代200円(支払い困難な方は無料)。
主催はびよんどネットです。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

連続学習会第3回<どう守る? 野宿者の医療と健康>
──先進的な取り組みに学ぶ

来る11月15日、「連続学習会“健康で文化的な最低限度の生活”とは?」の第3回として、<どう守る?野宿者の医療と健康>--先進的な取り組みに学ぶを開きます。

講師として、新宿連絡会医療班代表・神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所 整形外科医の大脇 甲哉さんをお招きします。びよんどネットの“医療・健康支援活動”の経験も紹介します。ぜひともご参加ください。

日時:11月15日(土)午後3時から5時半
会場:三鷹市民協働センター第1会議室《アクセス
資料代:200円(支払い困難な方は無料)

主催: びよんどネット
0422-46-5240
090-6511-7471

どう守る?野宿者の医療と健康

(★転載終了★)

Amazon : 野宿者

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年11月12日

【増補版】生活保護関連のイベント・集会情報(2014年11月)

生活保護制度に関する集会・アクションなどの情報(2014年11月)です。新たに得た情報を追加しました。
さらに新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します。お知らせいただければ幸いです。

スポンサードリンク


緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準
2014年11月05日(水)12時45分~14時30分頃
衆議院第1議員会館・多目的ホール (国会周辺図
12時30分から同会館1階ロビーで通行証を配布
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)
主催:「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
11月05日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


寛(くつろぎ)の会
11月05日(水)13時30分~17時
東京都豊島区勤労福祉会館5階和室(地図
カンパ100円~をお願いします。
お茶会かコミュニケーションで、寛ぐ場所です。


連続学習会第3回「どう守る? 野宿者の医療と健康
東京都三鷹市民協働センター第1会議室(アクセス
11月15日(土)15時〜17時30分
講師: 大脇甲哉さん(整形外科医/新宿連絡会医療班代表、神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所)
資料代: 200円(支払い困難な方は無料)
主催: びよんどネット


第20回社会保障審議会生活保護基準部会
11月18日(火)15時30分~17時30分
中央合同庁舎第5号館12階・専用12会議室(東京都千代田区霞が関1丁目2番2号/地図
傍聴を希望される方は、11月14日(金)15時までに厚労省ウェブページの要項に従って申し込んでください。


埼玉県・生活保護基準引下げ違憲処分取消等請求訴訟・第1回期日
11月19日(水)14時30分〜15時30分
さいたま地方裁判所C棟105号法廷(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45/地図
内容: 原告の主張内容の陳述、原告本人による意見陳述等(予定)
《当日、傍聴の抽選が14時ころ行われると思いますので、14時少し前にさいたま地方裁判所までお越しください。》
《傍聴希望者多数で抽選にもれた場合でも、下記のとおり、同時刻から、裁判所近くの会場で、「裁判応援・報告集会」を開催いたしますので、是非、こちらにご参加ください。》
ビラ画像(PDF)


講演会「朝日訴訟から生存権裁判へ」+定例会議
11月21日(金)18時30分〜19時30分
さいたま共済会館(埼玉県さいたま市浦和区岸町7丁目5番14号/アクセス
内容: 寺久保光良+高藤登喜恵 コラボ講演会「朝日訴訟から生存権裁判へ」
講演会後、19時30分より反貧困ネットワーク埼玉定例会議が開催されます。
予約不要・参加費無料。
主催: 反貧困ネットワーク埼玉


学習会「生活保護と住まいの貧困」
11月21日(金)19時〜21時
文京区民センター3C会議室
講師: 稲葉剛さん(つくろい東京ファンド、NPOもやい、STOP!生活保護基準引き下げなど)
参加費800円/会員300円
主催: 東京生活保護福祉研究会


学習会《誤解と虚偽の拡散で固められた 貧困すぎる日本の生活保護》
11月23日(日)9時30分〜11時30分(開場9時15分)
東京都大田区民消費者生活センター(大田区蒲田五丁目13-26-101/地図
講師: 白井康彦さん(中日新聞本社生活部編集委員)
参加費: 一般参加者500円(当日支払い)/全国公的扶助研究会会員無料
主催: 全国公的扶助研究会会


なんでも総合相談会(月例)
11月25日(火)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
《誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」》
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp


シンポジウム《~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして
11月29日(土)13時30分〜16時30分
東京都立川市「たましんRISURUホール」(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
●「生活保護『改正』で利用者の生活はどうなったのか」
講師: 徳武聡子さん (生活保護問題対策全国会議事務局次長、司法書士)
●「生活困窮者の対人支援のあり方とは」
講師: 佐久間裕章さん (「ふるさとの会」代表理事。東京・山谷地域でホームレス支援のボランティアグループとして、1990 年に「ボランティアサークルふるさとの会」を立ち上げ。1999 年から特定非営利活動法人として活動)
資料代700円(生活困窮者は無料)
主催: NPO法人さんきゅうハウス


講演会「ホームレス状態からの脱却を支援して
11月29日(土)14時〜
高知市立自由民権記念館・民権ホール(交通アクセス
講師: 稲葉剛さん(いなば つよし/つくろい東京ファンド、NPOもやいなど)
事前予約不要、参加費500円
主催: こうちネットホップ


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月10日

【転載】《宛先:Julien Blanc/ ジュリアン・ブランク Respect: You are not welcome here or anywhere/ 権利を尊重してください》

署名運動《宛先:Julien Blanc/ ジュリアン・ブランク Respect: You are not welcome here or anywhere/ 権利を尊重してください》が行なわれています。

スポンサードリンク

ジュリアン・ブランク」と名乗る米国籍男性(白人)が「デートコーチ(dating coach)」と称して、女性の顔をつかんで自分の股に持っていくなどの性暴力を繰り返しています。それを高額のセミナー・講習会・ビデオ販売などの金儲けの手段としているのです。
わたし(中村)が尊敬している松元千枝さん(まつもと ちえ/レイバーネット)たちが、ブランク氏の暴力性・犯罪性を指摘し、反対運動を起こしました。
オーストラリアのメルボルンでも市民による激しい抗議アクションが行なわれた結果、ブランク氏の入国ビザが取り消されたそうです(関連記事: WATCH MELBURNIAN PROTESTORS TAKE DOWN JULIEN BLANC
こんなヤカラには日本にも来てほしくありません!
わたしも《Julien Blanc/ ジュリアン・ブランク: Respect: You are not welcome here or anywhere/ 権利を尊重してください》に署名しました。

(★転載開始★)

宛先:Julien Blanc/ ジュリアン・ブランク
Respect: You are not welcome here or anywhere/ 権利を尊重してください


発信者
Matsumoto Chie
kamakura, 日本


Dear Mr. Julien Blanc,

ジュリアン・ブランク様


We have been hearing about your successful “pick-up artistry” business and your plan to hold seminars here in Japan.

あなたが教示する「ナンパ術」事業が大成功していることと、日本でこれについてのセミナーを開催される予定だとお聞きしています。


If you think your “expertise” will actually help men pick up Japanese women, you are wrong. Your “expertise” is a crime, and you are instigating violence against women. You are not welcome in Japan or anywhere else if you are bringing this outrageous seminar.

あなたが「特技」にしているこのナンパ術で、日本人女性をナンパできると思っていたら、それは大きな間違いです。あなたの「特技」は犯罪であり、女性に対する暴力を助長しているだけです。このセミナーを開催する目的なら、日本でもどこでも歓迎はできません。


Contrary to your belief that Japanese women are submissive and will not react to your actions, we prove you wrong. We are launching a protest. You have seen the anger and the protest in Melbourne, Australia. We will do the same.

日本人女性が従順で無抵抗であるとあなたは信じているようですが、ここにそれが勘違いであることをご指摘します。私たちは反対運動を起こしています。メルボルンでの怒りや反対運動をご経験されたと思いますが、日本でも起こします。


"Pikachu” may be the only Japanese word you may know, but mumbling utter nonsense is not a pick-up line. Grabbing women by the neck and putting their face between your legs is a sexual assault. Your “pick-up artistry” is a sheer physical intimidation. If you think that women are enjoying this, you must be out of your mind. If you are or want to be a successful businessman, we urge you to learn or re-learn basic communication skills and catch up with the modern-day equal rights movement.

あなたは「ピカチュウ」という日本語しかご存じないようですが、無意味な言葉を発するのはナンパする言葉ではありませんね。女性の首をつかんで股に顔を持っていく行為は性暴力です。あなたが言うところの「ナンパ術」は単なる身体的暴力でしかありません。女性がこれを喜んでいると思っているようですが、まったく的が外れています。もしビジネスマンとして成功したいのであれば、基本的コミュニケーションスキルを学び、または学び直し、平等の権利運動について情報収集するべきです。


Of course, if you come to Japan only to enjoy the country’s natural environment, traditional and modern culture and people, you will always be welcome in Japan. If you don’t understand or don’t want to accept why your expertise draws protest, we will kindly explain it to you.

もちろん、日本の自然や、伝統・現代文化、そして日本人との交流を楽しむためにいらっしゃるのでしたら、大歓迎です。

もしご自分の「特技」が反対される理由がご理解できないようでしたら、ご説明してさしあげます。


Sincerely,

以上


宛先:Julien Blanc/ ジュリアン・ブランク Respect: You are not welcome here or anywhere/ 権利を尊重してください

(★転載終了★)


Amazon : テッサ・モーリス-スズキ

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月08日

【お知らせ】シンポジウム《~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして》(東京・立川、2014年11月29日)

シンポジウム《~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして》が、2014年11月29日(土)13時30分〜16時30分、東京都立川市の「たましんRISURUホール」(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス)で開催されます。資料代700円(生活困窮者は無料)。主催はNPO法人さんきゅうハウスです。

スポンサードリンク

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして

~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?!~
だれもが生きやすい社会をめざして

 生活困窮者をとりまく現状はどうなっているでしょうか。
立川駅周辺ではネットカフェにすら泊まれないような荷物をもった若者を最近でも見かけます。さんきゅうハウスの利用者のみなさんは高齢の人も多く、知的、精神的、身体的にさまざまにハンディを負っています。頼れる家族がいる人はまずいません。そんな人にこそ福祉のセーフティネットが必要です。
 ところが、政府は昨年生活保護費を大幅に引き下げたうえ、扶養義務の強化や就労圧力を強めるなど、生活保護利用者を少なくすることを最優先にした政策を自治体にやらせています。生活困窮者はアベノミクスや成長戦略の負のしわ寄せを最も強く受けています。賃金は上がらす、円高と消費増税の直撃で水光熱費、食料などの生活必需品が値上がりし、冬にむかうこれから生活保護者の冬季加算や住宅扶助費まで減額されようとしているのです。
 生活保護制度の大幅な「改正」は何をもたらしているのか、生活困窮者自立支援法は生活に困った人の自立を助ける制度なのか、自治体にやる気がなかったら?こうした問題を考えていきましょう。

11月29日(土)午後1時30分~4時30分
場所:たましんRISURUホール《JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
●「生活保護『改正』で利用者の生活はどうなったのか」
講師:徳武聡子さん (生活保護問題対策全国会議事務局次長、司法書士)
●「生活困窮者の対人支援のあり方とは」
講師:佐久間裕章さん (「ふるさとの会」代表理事。東京・山谷地域でホームレス支援のボランティアグループとして、1990 年に「ボランティアサークルふるさとの会」を立ち上げ。
1999 年から特定非営利活動法人として活動)
●資料代700円 生活困窮者は無料

【連絡先】
NPO法人さんきゅうハウス
〒190-0021 東京都立川市羽衣町3-14-13
sankyuuhausu@tbz.t-com.ne.jp
080-5088-3897(吉田)
電話・Fax 042-512-7541


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

2014年11月04日

【直前情報】生活保護の院内集会と首相官邸前アクション(東京・永田町、2014年11月05日)

11月05日(水)、東京・永田町の国会周辺で次の2つの催しが行なわれます。

スポンサードリンク


緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準
2014年11月05日(水)12時45分~14時30分頃
衆議院第1議員会館・多目的ホール (国会周辺図
12時30分から同会館1階ロビーで通行証を配布
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)
【プログラム】
司会: 稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
講演: 「低所得者の生活を直撃する物価上昇」上原紀美子さん(久留米大学教授)
報告: 「生活保護利用者の暮らし緊急アンケートの分析」田中武士さん(社会福祉士)
当事者の声、声、声!
北海道など寒冷地の当事者、障がいをもつ当事者、元ケースワーカー、貧困ビジネスの被害者(いずれも予定) etc…
主催:「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション

《※衆議院第1議員会館へのアクセス/1.東京メトロ丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅3番出口より徒歩5分  2.東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅1番出口より5分 3.東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王」駅8番出口より8分/国会周辺図


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
11月05日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《総理、いい加減にしてください!! 毎月第1水曜日 再び官邸前で声をあげよう いのちとくらしを守るスタンディングアクション 消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪・・・それだけじゃない!! 暮らしは改悪三昧のうえ、政治はカネまみれ。ウチワや下仁田ネギを配った大臣たちの辞任後に入閣したのは、いかがわしいバーの領収書野郎です。私たちは総理にバカにされています。私たちをまったく大切にしない総理、いい加減にしてください!! 毎月第1水曜日、官邸前でいっしょに声をあげませんか。》
※雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします。
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月02日

さいきまこさんの漫画『神様の背中〜貧困の中のこどもたち〜』連載開始!(秋田書店「フォアミセス」2014年12月号)

さいきまこさんの新作漫画『神様の背中〜貧困の中のこどもたち〜』が秋田書店「フォアミセス」2014年12月号(11月01日発売)から連載開始されました。
昨年(2013)刊行された『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』に続き「生活保護」をテーマに描く意欲作です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

秋田書店「フォアミセス」2014年12月号

大反響「陽のあたる家」に続く意欲作!
生活保護をテーマに描くシリーズ連載!!

神様の背中〜貧困の中のこどもたち〜
さいきまこ

1人娘の出産を機に辞めてしまった小学校教師に復職した涼子。
しかし、担任するクラスの生徒の万引きを目撃したことから、生徒のおかれている、思いもよらぬ現状を知ってしまい…!?

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年11月01日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年11月)

生活保護制度に関する集会・アクションなどの情報(2014年11月)です。
わたし(中村順)が把握している件を時系列順にまとめました。
新たなイベント等が判明しましたら加筆・修正しますので、お知らせいただければ幸いです。

スポンサードリンク


緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準
2014年11月05日(水)12時45分~14時30分頃
衆議院第1議員会館・多目的ホール (国会周辺図
12時30分から同会館1階ロビーで通行証を配布
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)
主催:「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
11月05日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


寛(くつろぎ)の会
11月05日(水)13時30分~17時
東京都豊島区勤労福祉会館5階和室(地図
カンパ100円~をお願いします。
お茶会かコミュニケーションで、寛ぐ場所です。


連続学習会第3回「どう守る? 野宿者の医療と健康
東京都三鷹市民協働センター第1会議室(アクセス
11月15日(土)15時〜17時30分
講師: 大脇甲哉さん(整形外科医/新宿連絡会医療班代表、神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所)
資料代: 200円(支払い困難な方は無料)
主催: びよんどネット


なんでも総合相談会(月例)
11月25日(火)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」
生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。
履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp


シンポジウム《~生活保護法「改正」、消費税増、次は住宅扶助費の削減?! ~ だれもが生きやすい社会をめざして
11月29日(土)13時30分〜16時30分
東京都立川市「たましんRISURUホール」(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
●「生活保護『改正』で利用者の生活はどうなったのか」
講師: 徳武聡子さん (生活保護問題対策全国会議事務局次長、司法書士)
●「生活困窮者の対人支援のあり方とは」
講師: 佐久間裕章さん (「ふるさとの会」代表理事。東京・山谷地域でホームレス支援のボランティアグループとして、1990 年に「ボランティアサークルふるさとの会」を立ち上げ。1999 年から特定非営利活動法人として活動)
資料代700円(生活困窮者は無料)
主催: NPO法人さんきゅうハウス


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月28日

【お知らせ】緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」(衆議院第1議員会館、2014年11月05日)

緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」を、2014年11月05日(水)12時45分~14時30分頃、衆議院第1議員会館・多目的ホールで開催します。12時30分から同会館1階ロビーで通行証を配布。事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)。わたし(中村順)も参加します。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》

チラシ(PDF)のダウンロードはこちらから click!

緊急院内集会
下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算
上げろ!生活扶助基準

 国は史上最大の生活扶助基準引き下げを決めて段階的に実行中です。
 しかし、アベノミクスと消費増税で低所得者の暮らしは厳しさを増す一方。引き下げの根拠として厚労省がでっちあげた「生活扶助相当CPI」の考え方からは、物価上昇局面で来年の生活扶助基準は上げないと一貫しません。
 それなのに、厚労省は、今度は、国交省が一生懸命実現しようとしている「最低居住面積水準」について、「どうせ達成率が低いんだから守る必要なし」として住宅扶助基準を引き下げようとしています。
 また、寒冷地の暖房代としての「冬季加算」についても得意のデータ操作で引き下げようとしています。

 国会議員の方々に生活保護利用者の声を届け、実態を知っていただくために院内集会を開催します。

 ぜひ多数ご参加ください。

日時:2014年11月5日(水)12時45分~14時30分頃

場所:衆議院第1議員会館 多目的ホール

《※衆議院第1議員会館へのアクセス/1.東京メトロ丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅3番出口より徒歩5分  2.東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅1番出口より5分 3.東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王」駅8番出口より8分/国会周辺図

受付開始:12時30分から同会館ロビーで通行証を配布します。
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)

【プログラム】
司会:稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

講演「低所得者の生活を直撃する物価上昇」
      上原紀美子さん(久留米大学教授)

報告「生活保護利用者の暮らし緊急アンケートの分析」
      田中武士さん(社会福祉士)

当事者の声、声、声!
北海道など寒冷地の当事者、障がいをもつ当事者、元ケースワーカー、貧困ビジネスの被害者(いずれも予定) etc….

主催:「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

【本日】「生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動きに関する記者会見」(厚生労働記者会、2014年10月28日)

生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動きに関する記者会見」が、2014年10月28日(火)14時~、厚生労働記者会(東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F)で行なわれます。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

生活保護問題対策全国会議 -生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動きに関する記者会見のお知らせ(10/28、厚労記者会にて)

マスコミ 各位
                            
 ご承知のとおり、現在、デフレを理由に史上最大の生活扶助基準の大幅引き下げが進行中で、来年4月に最後の引き下げが予定されています。しかし、この度、私たちが厚労省と同じやり方で試算したところ、2011年と2014年8月では物価は5.1%上昇しており、来年度はむしろ基準を引き上げなければ一貫しないことが明らかになりました。
 そんな中、厚生労働省の社会保障審議会生活保護基準部会では、年末の予算編成を念頭に住宅扶助基準と冬季加算をめぐる議論が急ピッチで進められています。そこでも検討されているデータは議論を引き下げに誘導するための極めて恣意的な内容であり、物価上昇局面でさらなる削減がされると生活保護利用者の生活の打撃は計り知れません。
 そこで、私たちは、10月28日、厚生労働大臣と基準部会委員の方々に対して、生活扶助・住宅扶助・冬季加算の削減をしないよう求める要望書を提出するとともに、11月5日(水)12時30分から院内集会を開催すべく準備中です。
 要望書では、複数の研究者の協力を得ながら、基準部会で検討されているデータの欺瞞性を具体的に明らかにするとともに、院内集会では、当事者アンケート分析を含め多くの当事者の方々の生の声を政治に届けたいと思っています。会見で、その概要について詳しく説明させていただきますので、是非多数ご参加ください。
 
【日時】10月28日(火)14時~
【場所】厚生労働記者会《東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F》
【内容】
①住宅扶助基準と冬季加算見直しに対する要望書(同日執行予定)の説明
11月5日(水)開催予定の院内集会の内容 など
【発言者】
 ○ 稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
 ○ 小池直人(名古屋市ケースワーカー)
 ○ 小久保哲郎(弁護士、生活保護問題対策全国会議事務局長) ほか

(★転載終了★)


「喜八ログ」の生活保護制度に関する記事(の一部)です。

デモ出発直後
いのちをつなぐ生活保護は恥じゃない!デモ」 2012年08月08日

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 06:00

2014年10月26日

【お知らせ】緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算」(11/5)開催のお知らせと議員へのポスティング(10/28)協力のお願い

緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算」を2014年11月05日(水)12時45分~14時30分頃に、また10月28日(火)に各議員室へのポスティング(ビラ入れ)を行なう予定です(※10/28ポスティングは衆議院第1議員会館1階ロビーに10時30分集合)。わたし(中村順)も参加します。

緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算」(11/5)開催のお知らせと議員へのポスティング(10/28)協力のお願い

スポンサードリンク

(★転載開始★)

緊急院内集会
下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算(仮)

 アベノミクスと消費増税で低所得者の暮らしは厳しさを増す中、国は史上最大の生活扶助基準引き下げを決めて段階的に実行中です。そして、厚労省は、国交省が一生懸命実現しようとしている「最低居住面積水準」について、「どうせ達成率が低いんだから守る必要なし」として住宅扶助基準を引き下げようとしています。
 また、寒冷地の暖房代としての「冬季加算」についても得意のデータ操作で引き下げようとしています。

 国会議員の方々に生活保護利用者の声を届け、実態を知っていただくために院内集会を開催します。
 ぜひ多数ご参加ください。

日時:2014年11月5日(水)12時45分~14時30分頃
場所:衆議院第1議員会館 多目的ホール

受付開始:12時30分から 同会館ロビーで通行証を配布します。
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)


【ポスティングご協力のお願い】
全国会議員の方々に上記院内集会の周知を図るため、下記次第で全議員の部屋に院内集会チラシのポスティングを行います。
お手伝いいただける方を大募集しますので、是非立候補・ご連絡をお願いします。

日時:2014年10月28日(火)10時30分
場所:衆議院第1議員会館ロビー集合

《※衆議院第1議員会館へのアクセス/1.東京メトロ丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前」駅3番出口より徒歩5分  2.東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町」駅1番出口より5分 3.東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王」駅8番出口より8分/国会周辺図

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月22日

【お知らせ】《稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護》(東京・下北沢、2014年10月25日)

稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護》が、2014年10月25日(土)14時〜16時、北沢タウンホール2F 第1・第2集会室(東京都世田谷区北沢2-8-18/アクセス)で開催されます。
稲葉剛さん(いなば つよし/つくろい東京ファンドNPOもやい)が講師を務めます。
対象は、新人・若手ソーシャルワーカー、社会福祉を学ぶ学生など、生活困窮者支援に携わっている・将来携わろうと考えている方(初めて参加の方も大歓迎)。
参加費500円(学生は無料)、予約不要。
主催はブラック企業対策プロジェクト福祉ユニットです。

スポンサードリンク

稲葉剛さん
稲葉剛さん、生活保護改悪に反対するシンポジウムで司会(2014-09-15)

(★転載開始★)

稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護

【概要】
日時  2014年10月25日(土) 14時〜16時00分(開場13時30分)
場所  北沢タウンホール2F 第一・第二集会室
    東京都世田谷区北沢2-8-18 《アクセス
対象  新人・若手ソーシャルワーカー、社会福祉を学ぶ学生など生活困窮者支援に携わっている・将来携わろうと考えている方(初めて参加の方も大歓迎です)
参加費 資料代500円(学生は無料です)
予約 不要

【今後のスケジュール】
第3回 バッシングと差別(2015年1月)
第4回 自立支援(2015年4月)
第5回 未定(2015年7月)
第6回 貧困ビジネス、ソーシャルアクション(2015年7月)

【プログラム】
稲葉剛講義 90分
休憩    10分
質疑応答  20分

【講師】
稲葉剛(いなば・つよし)
1969年生まれ。学生時代から平和運動、外国人労働者支援活動にかかわり、1994年からは新宿での路上生活者支援活動に取り組む。
2001年にはNPO法人自立生活サポートセンター・もやいを立ち上げ、ホームレスや生活困窮状態にある方への連帯保証人提供等アパート入居支援、生活相談支援事業、アパート入居後の孤立を防ぐための交流事業などの活動に従事。現在、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事。一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事。住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人を務める。
主著に『生活保護から考える』(岩波新書、2014年)、『ハウジングプア』(山吹書店、2009年)など。

主催:ブラック企業対策プロジェクト 福祉ユニット
お問い合わせ 03-6673-2261 admin @bktp.org

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月18日

【直前情報】生存権がみえる会《「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会》(三重県津市、2014年10月19日)

「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会》が、2014年10月19日(日)13時~16時、アスト津3階イベント情報コーナー(三重県津市羽所町700/津駅より徒歩1分/アクセス)で開催されます。
徳丸ゆき子さん(とくまる ゆきこ/大阪子どもの貧困アクショングループ代表)の講演「子どもの貧困〜みつける、つながる〜」、シンポジウム、弁護士による相談会もあります。
参加費無料・事前申し込み不要。
主催・お問い合わせ先は「生存権がみえる会」です(電話: 059-225-8845 三重民医連内)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会

生存権がみえる会(三重)|「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会

[開催エリア] 東海
[ジャンル] 講演・セミナー
[開催日時] 2014年10月19日13: 00
[開催場所] アスト津3階イベント情報コーナー《アクセス
[主催] 生存権がみえる会
[連絡先] 生存権がみえる会(三重民医連内059-225-8845)

三重県にある「生存権がみえる会」主催で、「子どもの貧困」ってなに?をテーマにシンポジウムと相談会が開催されます。

講演は大阪子どもの貧困アクショングループ代表の徳丸ゆき子さん
「子どもの貧困~みつける、つなげる~」
長年国際NGOなどで子ども支援に取り組まれてきた方です
NHKテレビ「福祉ネットワーク」などにも出演されています

ミニシンポとして、三重民医連の藤井伸一氏(医療費窓口無料化に向けて)、三重短期大学の三宅裕一郎氏(憲法学から見た子どもの貧困」、コメンテーターとして徳丸ゆき子さんも加わります。

当日は、シンポジウムと並行しながら、生活保護制度をはじめ、生活のお困り事に関する相談会を別室でおこなっています。

参加費無料、事前申込みも不要です

医学生のみなさんも、ぜひ子どもの問題に関心のある方はどうぞ

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月16日

【お知らせ】《シンポジウム 「性奴隷」とは何か》(東京・水道橋、2014年10月26日)

「慰安婦」専門サイトFight for Justice開設1周年&ブックレット出版記念シンポジウム「性奴隷」とは何か》が、2014年10月26日(日)14時~17時30分、在日本韓国YMCAの9階ホール(東京都千代田区猿楽町2-5-5/アクセス)で開催されます。
参加費1000円(学生、非正規500円)。
主催は日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会です。

スポンサードリンク

  (★転載開始★)

―――――転送・拡散希望!------------------

「慰安婦」専門サイトFight for Justice開設1周年&ブックレット出版記念
10.26 シンポジウム 「性奴隷」とは何か

 来る10月26日、「慰安婦」専門サイトFight for Justice開設1周年&ブックレット出版記念として、下記のとおり、シンポジウム 「性奴隷」とは何か を開催いたします。

 「慰安婦の実態は性奴隷である」とは、1990年代にはじまったアジア各国の元「慰安婦」被害女性の証言、軍の強制を示す公文書等の発掘、国際的な女性運動を通じて、国際社会の共通認識となりました。
 しかし、安倍政権下の日本では、国際社会の認識とは真逆の、歴史修正主義的な「慰安婦」ヘイトスピーチが席巻して、解決を阻んでいます。昨年はじまった吉見裁判でも「性奴隷」が争点となり、今年7月には「慰安婦は性奴隷ではない」と主張する保守系 女性団体が国連活動をはじめました。
 Fight for Justiceは、サイト開設一周年&ブックレット『「慰安婦」・強制・性奴隷ーQ&Aあなたの疑問に答えます』(仮題)の出版を記念して、“そもそも「性奴隷」とは何か”を共通テーマに、①戦前日本、②1990年代以降の国際社会、③現在における「性奴隷」認識や実態に関して、各分野の専門家を招き、認識と議論を深め、解決への途をさぐります。

●日時:2014年10月26日(日)14:00~17:30(開場13:30) 
●参加費:1,000円(学生、非正規500円
●会場:在日本韓国YMCA9階ホール《アクセス
●主催:日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会 ffjianfusite@gmail.com
(構成団体:日本の戦争責任資料センター、「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC))
●賛同団体:YOSHIMI裁判いっしょにアクション!、アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)、アジア女性資料センター、教えて!ニコンさん!~ニコン 「慰安婦」写真展中止事件裁判支援の会、御茶の水書房、日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク、日本軍「慰安婦」問題解決全国行動、週刊金曜日(2014.9月現在)

問題提起:吉見義明
発言者とテーマ:
●「戦前日本の公娼制度と性奴隷認識」小野沢あかね(日本近代史・女性史/立教大学教授)
●「国際法における軍の性奴隷制度」前田朗(刑法と国際人道法/東京造形大学教授)
●「現代日本における人身取引問題―性的搾取を中心に」大野聖良(ジェンダー研究/日本学術振興会特別研究員) 

========================

Fight for Justiceブックレット第一弾
『「慰安婦」・強制・性奴隷 Q&Aあなたの疑問に答えます』
◉『朝日新聞』の誤報で日本軍「慰安婦」問題がねつ造されたの?
◉日本軍「慰安婦」は「公娼」だったの?
◉軍慰安所はどこの国にもあったの?
23の問いについて、根拠を示しながら、明確に、わかりやすく解説します!

当日特別価格で販売します!

日本軍「慰安婦」問題webサイト制作委員会編
吉見義明・西野瑠美子・林博史・金富子 責任編集
A5判152頁 本体1,200円+税
2014年10月26日刊
発行 御茶の水書房
TEL:03-5684-0751 FAX:03-5684-0753
ohiraishi@ochanomizushobo.com
※お求めは書店または御茶の水書房まで。担当・平石

(★転載終了★)

Amazon : 女たちの戦争と平和資料館(wam)

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月11日

【直前情報】反貧困イベントが大阪と東京で開催されます!(2014年10月12日)

2014年10月12日(日)、大阪と東京で反貧困イベントが開催されます。

スポンサードリンク


反貧困フェスタやねん!2014
10月12日(日)11時~15時
長居公園自由広場(大阪市東住吉区/アクセス園内マップ
参加費: 無料
小雨決行(雨天中止)
主催: 反貧困フェスタ2014実行委員会
連絡先: 大阪府柏原市清州1-2-3-4 とくたけ司法書士事務所 電話 072-970-2232

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
反貧困フェスタやねん!2014


反貧困全国集会2014 ~生きぬくために つながろう!~
10月12日(日)11時~19時30分
東京都生協連会館(東京都中野区中央5-41-18/アクセス
参加費無料・カンパ歓迎
主催: 反貧困全国集会2014実行委員会
問い合わせ: 反貧困ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティー・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX 03-3812-3724 E-mail:office@antipoverty-network.org

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
反貧困全国集会2014 ~生きぬくために つながろう!

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月10日

【先行告知】《緊急院内集会 下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算(仮)》(東京・永田町、2014年11月05日)

緊急院内集会 下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算(仮)》を、2014年11月05日(水)12時45分~14時30分、衆議院第1議員会館・多目的ホールで開催します。事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順/12時30分から同会館ロビーで通行証を配布します/国会周辺図)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

【緊急院内集会の開催のお知らせ】

緊急院内集会
下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算(仮)

 アベノミクスと消費増税で低所得者の暮らしは厳しさを増す中、国は史上最大の生活扶助基準引き下げを決めて段階的に実行中です。そして、厚労省は、国交省が一生懸命実現しようとしている「最低居住面積水準」について、「どうせ達成率が低いんだから守る必要なし」として住宅扶助基準を引き下げようとしています。また、寒冷地の暖房代としての「冬季加算」についても得意のデータ操作で引き下げようとしています。
 国会議員の方々に生活保護利用者の声を届け、実態を知っていただくために院内集会を開催します。是非多数ご参加ください。

日時:2014年11月5日(水)12時45分~14時30分ころ
場所:衆議院第1議員会館 多目的ホール 《国会周辺図
受付開始:12時30分から 同会館ロビーで通行証を配布します。
事前申込不要・入場無料・定員200名(先着順)

【ポスティングご協力のお願い】

全国会議員の方々に上記院内集会の周知を図るため、下記次第で全議員の部屋に院内集会チラシのポスティングを行います。
お手伝いいただける方を大募集しますので、是非立候補・ご連絡をお願いします。

日時:2014年10月28日(火)10時30分
場所:衆議院第1議員会館ロビー集合

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月08日

【増補版】生活保護関連のイベント・集会情報(2014年10月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年10月)です。新たな情報を追加しました。
さらに新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します。お知らせいただければ幸いです。

スポンサードリンク


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
2014年10月01日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


学習講演会「生活保護費削減の嘘を糾す!」
10月11日(土)14時~
あいトピア・娯楽室(愛知県豊橋市前畑町115番地)
講師: 白井康彦さん(中日新聞編集委員/『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』著者)
主催: 豊橋の生活と健康を守る会


反貧困フェスタやねん!2014
10月12日(日)11時~15時
長居公園自由広場(大阪市東住吉区/アクセス園内マップ
参加費: 無料
小雨決行(雨天中止)
主催: 反貧困フェスタ2014実行委員会
連絡先: 大阪府柏原市清州1-2-3-4 とくたけ司法書士事務所 電話 072-970-2232


反貧困全国集会2014 ~生きぬくために つながろう!~
10月12日(日)11時~19時30分
東京都生協連会館(東京都中野区中央5-41-18/アクセス
参加費無料・カンパ歓迎
主催: 反貧困全国集会2014実行委員会
問い合わせ: 反貧困ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティー・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX 03-3812-3724 E-mail:office@antipoverty-network.org


生存権がみえる会 シンポジウム&相談会
10月19日(日)13時~16時
アスト津3階イベント情報コーナー(三重県津市羽所町700/津駅より徒歩1分/アクセス
講演: 徳丸ゆき子さん「子どもの貧困〜みつける、つながる〜」
シンポジウム
弁護士による相談会もあります!
参加費無料・事前申し込み不要
主催・お問い合わせ先: 生存権がみえる会(電話: 059-225-8845 三重民医連内)


稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護
10月25日(土)14時〜16時
北沢タウンホール2F 第1・第2集会室(東京都世田谷区北沢2-8-18/アクセス
講師: 稲葉剛(いなば つよし/つくろい東京ファンド、NPOもやい)
対象: 新人・若手ソーシャルワーカー、社会福祉を学ぶ学生など生活困窮者支援に携わっている・将来携わろうと考えている方(初めて参加の方も大歓迎です)
参加費: 資料代500円(学生は無料)
予約不要
主催: ブラック企業対策プロジェクト 福祉ユニット
お問い合わせ: 03-6673-2261 admin@bktp.org


生活保護の住宅扶助・冬季加算削減の動きに関する記者会見
10月28日(火)14時~
厚生労働記者会(東京都千代田区霞ヶ関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F)
【内容】
1. 住宅扶助基準と冬季加算見直しに対する要望書(同日執行予定)の説明
2. 11月5日(水)開催予定の院内集会の内容 など
【発言者】
○ 稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
○ 小池直人(名古屋市ケースワーカー)
○ 小久保哲郎(弁護士、当会事務局長) ほか


なんでも総合相談会(月例)
10月29日(水)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」
生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。
履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影
相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回は11月25日(火)、同じ場所・同じ時間帯で開催されます。


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年10月03日

【直前情報】白井康彦(中日新聞編集委員)『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』出版記念コラボセミナー(東京・銀座、2014年10月04日)

白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』(あけび書房)出版記念コラボセミナーが、2014年10月04日(土)13時〜15時30分、東京・銀座(地図)で開催されます。参加費2000円(会場代・資料代込み・著者サイン本付き)です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
社会保障給付の削減と修正ライフプランの提案

※ご参加の皆さまにはもれなく、白井康彦新刊著書「生活保護削減のための物価偽装を糾す!」を無料サイン付きで差し上げます♫

☆日時:2014年10月4日(土) 12:45~ 開場

東京都中央区八丁堀4-11-7アライビル3階(東京メトロ日比谷線、JR線八丁堀駅A2出口徒歩1分/地図

☆第1部 13:00~15:00
「社会保障給付の削減」
中日新聞名古屋本社生活部編集委員 白井康彦

☆第2部 15:00~15:30
「修正ライフプランの提案」
Endeavour Fp Office 代表
NPO法人 いきがいプロジェクト協会 理事
ファイナンシャル・プランナー(AFP認定者) 高山和仁

☆任意で同ビル1階喫茶店にて、懇親会&相談会

☆参加費:2,000円(会場代、資料代込み)
(当日、受付でお支払下さい!領収書あります!)

☆事務局、主催:NPO法人 いきがいプロジェクト協会
東京都中央区銀座1-15-7マック銀座ビル3階303
(緊急連絡先:080--6937-4032(高山))

☆会場協力:有限会社サンプロダクション
東京都中央区八丁堀4-11-7アライビル3階
03-6222-8288
東京メトロ日比谷線、JR線八丁堀駅A2出口徒歩1分

(★転載終了★)

Amazon : 白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』

投稿者 kihachin : 23:00

2014年10月02日

【お知らせ】「グリーンネックレス~7年の軌跡~」展示@サロン・ド・カフェ こもれび(東京・飯田橋、10月04日〜12月13日)

女性たちの居場所「グリーンネックレス~7年の軌跡~」展示が「サロン・ド・カフェ こもれび」(東京都新宿区新小川町8-20/飯田橋駅より徒歩10分/地図)で開催されます。
展示の日時は2014年10月04日・11日・18日、11月01日・08日・15日、12月06日・13日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料。余裕のある方はカフェで1オーダー(100円〜)お願いします。

(※「グリーンネックレス」は「認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい」の交流事業のひとつです)

スポンサードリンク

(★転載開始★)

10-12月の展示のご案内
グリーンネックレス~7年の軌跡~

もやいの交流事業のひとつである、
女性たちの居場所『グリーンネックレス』の展示が始まります!

展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
10月4・11・18日、11月1・8・15日、12月6・13日
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階《地図

* * *

あなたとわたしが
いろんなカタチでつながる。
この場所は「グリーンネックレス」。

違う色
それぞれの気持ち
一人のココロにさえ
いろんなカタチがある。

どれも消さない
失くしたくないから。

おんなじ色で
一つの絵が描けなくても
べつべつの色とカタチが
この場所でつながって
誰も見たことのない絵ができました。

わたしたちの作品を
自由に感じてもらえたらと思います。
是非、足を運んでみてください。

(やまざき・やまぐち)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催:認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい
女性のスペース グリーンネックレス
協力:企業組合 あうん

(★転載終了★)

※「グリーンネックレス~7年の軌跡~」情報は、山崎まどかさんの了承を得て、転載させていただいています。

Amazon : 猫の写真集

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月29日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年10月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年10月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します。情報をお知らせいただければ幸いです。

スポンサードリンク


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション NEO
2014年10月01日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


反貧困全国集会2014 ~生きぬくために つながろう!~
10月12日(日)11時~19時30分
東京都生協連会館(東京都中野区中央5-41-18/アクセス
主催: 反貧困全国集会2014実行委員会
問い合わせ: 反貧困ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティー・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX 03-3812-3724 E-mail:office@antipoverty-network.org


稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護
10月25日(土)14時〜16時
北沢タウンホール2F 第1・第2集会室(東京都世田谷区北沢2-8-18/アクセス
講師: 稲葉剛(いなば つよし/つくろい東京ファンド、NPOもやい)
対象: 新人・若手ソーシャルワーカー、社会福祉を学ぶ学生など生活困窮者支援に携わっている・将来携わろうと考えている方(初めて参加の方も大歓迎です)
参加費: 資料代500円(学生は無料)
予約不要
主催: ブラック企業対策プロジェクト 福祉ユニット
お問い合わせ: 03-6673-2261 admin@bktp.org


なんでも総合相談会(月例)
10月29日(水)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四谷 司法書士会館地下/アクセス
誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」
生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。
履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影
相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回は11月25日(火)、同じ場所・同じ時間帯で開催されます。


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

【本日開催】「なんでも総合相談会」、「白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会」(東京・四谷、2014年09月29日)

2014年09月29日(月)、次の2つの催しが開催されます。会場はともに日司連ホール(東京・四ッ谷/司法書士会館地下/アクセス)です。

スポンサードリンク


なんでも総合相談会(月例)
09月29日(月)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四ッ谷 司法書士会館地下/アクセス
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京


白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会
白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員・STOP!生活保護基準引き下げ)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会です。
2014年09月29日(月)18時〜20時
日司連ホール(新宿区本塩町9-3 司法書士会館地下1階/アクセス
入場無料
《今回、白井さんの講義を聴いていただいた方には、『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)を無料で進呈します。》
参加希望の方は、以下のメールもしくはFAXに「ご氏名・ご所属等」をご連絡ください。
メール:office.noienoie@gmail.com FAX:03-3598-0445 電話:03-3598-0444(マザーシップ司法書士法人 後閑・桑原)
主催: ホームレス総合相談ネットワーク


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月27日

【お知らせ】シンポジウム「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」(大阪弁護士会館、2014年10月04日)

シンポジウム「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」が、2014年10月04日(土)13時〜16時、大阪弁護士会館10階1001・1002会議室(大阪市北区西天満1-12-5/アクセス)で開催されます。参加費無料。主催「大阪弁護士会」/共催「日本弁護士連合会」です。

※「カジノ解禁推進法案」は極めつきの悪法だとわたし(中村順)は思います。こんなものを堂々と推進する国会議員らは腐りきっている!

スポンサードリンク

(★転載開始★)

カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて
《※ビラ画像の印刷用PDFファイルはこちらで》

大阪弁護士会 シンポジウム「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」

2014年10月4日(土)午後1時~午後4時
大阪弁護士会館10階1001・1002会議室《大阪市北区西天満1-12-5/アクセス
参加費無料

過日、通常国会に「特定複合観光施設区域の整備に関する法律案」(以下「カジノ解禁推進法案」といいます。)が提出されました。
カジノを解禁することにより、
❶暴力団員その他不適当な者のカジノ施設に対する関与、
❷犯罪の発生、
❸風俗環境の悪化、
❹青少年の健全育成への悪影響及び、
❺カジノ施設利用による利用者への悪影響
などが懸念されます。
しかし、カジノ解禁推進法案は、これらの懸念への対策が示されていないなど、問題点が多いものです。
このため、日弁連は、本年5月9日、本法案に反対する意見書を発しており、また、当会も、本年6月17日、本法案に反対する会長声明を出しております。
カジノ解禁推進法案については、衆議院において趣旨説明と審議入りまでなされた時点で通常国会が終了し、現在、継続審議という扱いになっています。しかし、報道等によれば、今秋の臨時国会で成立する可能性があるともいわれています。
また、大阪府と大阪市は、カジノ施設を積極的に誘致しており、カジノ解禁推進法案が成立した場合、大阪府内への設置が最有力と目される状況にあります。
本シンポジウムでは、他国のカジノ施設における現状を報告するとともに、カジノ誘致に関する問題点について皆様と一緒に考えていこうと思いますので、奮って多数ご参加下さい。

主催/大阪弁護士会
共催/日本弁護士連合会

❶ 報告
カジノ解禁推進法案の問題点及び
日弁連での対応等について
新里 宏二氏(弁護士・日弁連多重債務問題検討ワーキンググループ座長)
❷ 講演
カジノ誘致に関する問題点について
桜田 照雄氏(阪南大学教授)
❸ 報告
シンガポール現地調査について
鳥畑 與一氏(静岡大学教授)
❹ 報告
韓国の現地調査について

【日時】2014年(平成26年)10月4日(土)
午後1時~午後4時
【会場】大阪弁護士会館10階1001・1002会議室
〒530−0047 大阪市北区西天満1-12-5
【交通手段】
●京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
●地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
●地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
●JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

(★転載終了★)

Amazon : 宇都宮健児

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月23日

【再掲】白井康彦(中日新聞編集委員)『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日)

白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員・STOP!生活保護基準引き下げ)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会が、2014年09月29日(月)18時〜20時、東京・四谷の「日司連ホール」(アクセス)で行なわれます。
入場無料
主催は「ホームレス総合相談ネットワーク」です。
※参加希望者はこちらのページの要項にしたがって申し込んでください。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会

《白井康彦 講演会》のご案内

『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念
 9/29(月)18:00~20:00(開場17:30)
 日司連ホール(新宿区本塩町9―3司法書士会館地下1階/アクセス
講師:白井康彦さん(中日新聞名古屋本社編集局生活部編集委員)
参加無料です。

今回、白井さんの講義を聴いていただいた方には、『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)を無料で進呈します。

主催:ホームレス総合相談ネットワーク

☆参加希望の方は、以下のメールもしくはFAXに「ご氏名・ご所属等」をご連絡ください。
【お申込み・お問い合わせ】
メール:office.noienoie@gmail.com FAX:03-3598-0445 電話:03-3598-0444(マザーシップ司法書士法人 後閑・桑原)

2013年8月から段階的に実施されている生活扶助基準大幅切り下げの根拠にされた物価指数「生活扶助相当CPI」はデタラメ、との批判が強まっています。
今年に入ってから佐賀県、熊本県、愛知県、三重県、埼玉県で提起された生活扶助基準切り下げ処分の取り消しなどを求める訴訟でも、厚労省による物価偽装問題が大きな焦点になる見込みです。
今は物価高。数年前の物価下落率を過大に見積もられ、それを理由にされて生活扶助費を過大にカットされた生活保護受給者は悲惨です。受給者や支援者は「物価偽装はどういうカラクリなのか」をしっかり勉強して、政府・与党へ怒りの声を上げていかねばなりません。

「筆者はあきらめが悪い人間です。「生活扶助相当CPI問題を勉強したい」と考える人を7、8人集めていただければ、日程が許す限り、全国どこへでも講師役を務めに行きたいと考えています。分かってもらえるまで説明したいのです。」
「政府・与党は、生活保護についての誤解が広がっていたのを利用しました。物価を偽装しました。生活保護費を過大カットしました。こうした事実を多くの国民に知ってほしいと願ってやみません。」
『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)あとがきより

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

2014年09月20日

【お知らせ】「なんでも総合相談会」(東京・四谷、2014年09月29日)

なんでも総合相談会》が、2014年09月29日(月)10時〜20時(受付は19時まで)、東京四谷の日司連ホール(アクセス)で開催されます。
【無料】
主催は「つながる総合相談ネットワーク東京」(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》

なんでも総合相談会

なんでも総合相談会》(月例)

日時: 2014年09月29日(月)10時〜20時(受付は19時まで)
場所: 日司連ホール(東京・四ッ谷 司法書士会館地下/アクセス
誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」
生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。
履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影
相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。
費用: 【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回は10月29日(水)、次々会は11月25日(火)、同じ場所・同じ時間帯で開催されます。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

【本日最終日】フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』(東京・飯田橋、2014年09月20日)

わたし(中村順)が撮影した猫のフォトストーリー『二階堂さんたちの物語NPOもやいこもれび荘/東京都新宿区新小川町8-20/地図)。
本日──2014年09月20日(土)11時〜17時──最終日となります。
けれども! 中村はよんどころない用事が生じまして、会場のこもれび荘に行くことができません。
わたしは会場にいない、ということをご了承ください(すみません…汗)。

スポンサードリンク

NPOもやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で、猫フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示開催中です。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、09月20日(最終日)の各土曜日11時〜17時。
入場無料
余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。

(★「もやいサロンにっき」より転載開始★)

喜八さん路上の猫写真展【二階堂さんたちの物語】を開催します!

猫の二階堂さん親子

7月19日から、サロンのお客さんでもある喜八さんの、路上の猫写真展第3弾【二階堂さんたちの物語】を開催します!
喜八さんならではの、表情豊かな猫たちの写真&ストーリーが広がります。
皆様のお越しをお待ちしております♪

【展示日程】

日時:7月19日、8月2日、9日、16日、30日、9月6日、13日、20日
11:00~17:00
場所:こもれび荘1階

【喜八さんより】

相も変わらずのネコ写真ですが、「NPOもやい」こもれび荘での展示も3回めになります。
今回はテーマを絞り、野良猫の二階堂さん・レオさん親子が中心となります。
タイトルは【二階堂さんたちの物語】です。
とある公園に住みついた二階堂さんがレオさんを出産し、共に仲睦まじく暮らし、日々は淡々と過ぎて…。
さて、その後いかがなりましたか、というストーリーを写真と文章で語ろうと思います。今回もどうぞよろしくお願いします。

(★転載終了★)

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : 鐸木能光(たくき よしみつ)

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月15日

【本日】生活保護に関する集会が2つ開催されます(首都圏)

今日(2014年09月15日)生活保護制度に関する集会が2つ、東京都内で開催されます。

スポンサードリンク


シンポジウム「“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~
09月15日(月)13時〜17時
ハロー貸会議室東京駅前ビル9階(東京駅徒歩3分/アクセス
入場無料(カンパをお願いします!)
IWJ (Independent Web Journal) によるインターネット生中継も予定されています。
主催: 「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション住まいの貧困に取り組むネットワーク


生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう」集会
09月15日(月)14時〜
「たましんRISURUホール」5階第1会議室(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
会場費500円(貧困者割引あり)
主催: 生活保護費大幅引き下げ反対!三多摩アクション
連絡先:さんきゅうハウス (立川:080-5088-3897吉田) 府中緊急派遣村 (府中:090-3085-7557松野) びよんどネット (三鷹:0422-46-5240)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 07:00

2014年09月14日

【直前情報】シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》(東京、2014年09月15日)

シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》を、2014年09月15日(月)13時〜17時、ハロー貸会議室東京駅前ビル9階(東京駅徒歩3分/アクセス)にて開催します。
主催は「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」です。
入場無料(カンパをお願いします!)。
IWJ (Independent Web Journal) によるインターネット生中継も予定されています。

※わたし(中村順)も参加します。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります/印刷用チラシ(PDF)のダウンロード


“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか?
~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~

 2013年8月から、史上最大幅(平均6.5%、最大10%)の生活保護基準の引き下げが、3回に分けて進行中です。国はそれだけにとどまらず、2014年末にかけて、社会保障審議会・生活保護基準部会の議論を住宅扶助(家賃)基準と冬季加算の引き下げに誘導し、来年度から実施しようとしています。 
  「最下層の生活水準に合わせてナショナル・ミニマム(国家的最低保障)である生活保護基準を引き下げる」という手法は、一貫しています。このようなやり方がまかり通れば、この国の生存権保障(憲法25条)は絵に描いた餅となってしまいます。

 生活扶助基準本体に比べると、少しわかりにくい問題かもしれませんが、何が問題か実態を踏まえて解き明かしていきたいと考えております。
ぜひ多数ご参集ください。


【日時】日時 2014年9月15日 13:00~17:00
    (受付開始12:30)

【場所】ハロー貸会議室東京駅前ビル9F アクセス
(東京駅 徒歩3分・八重洲地下街26番出口直結)

● 申込不要(先着150名)
● 入場無料(カンパをお願いします)

【プログラム】
基調報告
住宅扶助基準と冬季加算削減に向けた国の策略と問題点
 吉永純さん(花園大学教授)

基調講演
住宅扶助基準引き下げに見る住宅政策の貧困
 平山洋介さん(神戸大学教授)

ビデオレター
家賃高騰に悩む被災地からの声
 太田伸二さん(弁護士・仙台弁護士会)
 山脇武治さん(宮城県生活と健康を守る会連合会事務局長)

特別報告
車イス利用者の住宅事情
 川西浩之さん
寒冷地における冬季加算の役割
 沼田崇子さん
 (岩手県二戸保健福祉環境センター福祉課長・全国公的扶助研究会 副会長)

他、当事者の声

生活保護基準引き下げにNO!訴訟の最新情報
  徳武聡子さん(生活保護基準引き下げにNO! 全国争訟ネット事務局)

年金切り下げに12万件超の不服申立て
  全日本年金者組合の方

まとめ
   尾藤廣喜さん(弁護士、生活保護問題対策全国会議代表幹事)

〈司会進行〉稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

【主催】STOP!生活保護基準引き下げ」アクション
   住まいの貧困に取り組むネットワーク

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00

2014年09月11日

【お知らせ】白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日)

白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員・STOP!生活保護基準引き下げ)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会が、2014年09月29日(月)18時〜20時、東京・四谷の「日司連ホール」(アクセス)で行なわれます。
入場無料
主催は「ホームレス総合相談ネットワーク」です。
※参加希望者はこちらのページの要項にしたがって申し込んでください。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会

《白井康彦 講演会》のご案内

『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念
 9/29(月)18:00~20:00(開場17:30)
 日司連ホール(新宿区本塩町9―3司法書士会館地下1階/アクセス
講師:白井康彦さん(中日新聞名古屋本社編集局生活部編集委員)
参加無料です。

今回、白井さんの講義を聴いていただいた方には、『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)を無料で進呈します。

主催:ホームレス総合相談ネットワーク

☆参加希望の方は、以下のメールもしくはFAXに「ご氏名・ご所属等」をご連絡ください。
【お申込み・お問い合わせ】
メール:office.noienoie@gmail.com FAX:03-3598-0445 電話:03-3598-0444(マザーシップ司法書士法人 後閑・桑原)

2013年8月から段階的に実施されている生活扶助基準大幅切り下げの根拠にされた物価指数「生活扶助相当CPI」はデタラメ、との批判が強まっています。
今年に入ってから佐賀県、熊本県、愛知県、三重県、埼玉県で提起された生活扶助基準切り下げ処分の取り消しなどを求める訴訟でも、厚労省による物価偽装問題が大きな焦点になる見込みです。
今は物価高。数年前の物価下落率を過大に見積もられ、それを理由にされて生活扶助費を過大にカットされた生活保護受給者は悲惨です。受給者や支援者は「物価偽装はどういうカラクリなのか」をしっかり勉強して、政府・与党へ怒りの声を上げていかねばなりません。

「筆者はあきらめが悪い人間です。「生活扶助相当CPI問題を勉強したい」と考える人を7、8人集めていただければ、日程が許す限り、全国どこへでも講師役を務めに行きたいと考えています。分かってもらえるまで説明したいのです。」
「政府・与党は、生活保護についての誤解が広がっていたのを利用しました。物価を偽装しました。生活保護費を過大カットしました。こうした事実を多くの国民に知ってほしいと願ってやみません。」
『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)あとがきより

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月07日

【本日開催】(1)全国一斉生活保護110番 (2)もやい生活相談データ分析報告会

2014年09月07日(日)、次の2件が開催されます。

  1. 全国一斉生活保護110番 【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
  2. もやい生活相談データ分析報告会(飯田橋「東京しごとセンター」講堂)

スポンサードリンク


全国一斉生活保護110番 ~あきらめないで相談しよう。改正生活保護法~
09月07日(日)10時~16時
【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
群馬・山梨・京都・沖縄の4会場では面談相談もあります(当日のみ)。
全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談を開催し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行等の支援を行います。
主催: 全国青年司法書士協議会


もやい生活相談データ分析報告会
09月07日(日)13時30分〜16時15分
東京しごとセンター講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3 地下2F/JR中央・総武線飯田橋駅「東口」より徒歩7分/アクセス
《もやいにこれまで相談に訪れた約2000人の方のデータ分析結果について、報告会をおこないます。岡部卓さん、川口加奈さん、赤石千衣子さんにもお話しいただきます。》
参加費無料/申込不要
主催: NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、もやい生活相談データ分析プロジェクト


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月05日

【拡散希望】シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》(東京、2014年09月15日)

シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》を、2014年09月15日(月)13時〜17時、ハロー貸会議室東京駅前ビル9階(東京駅徒歩3分/アクセス)で開催します。
主催は「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」です。
入場無料(カンパをお願いします!)。

シンポジウムの Facebook イベントページです。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります/印刷用チラシ(PDF)のダウンロード


【拡散希望】下記シンポを開催します!ぜひご参集を。

“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか?
~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~

【日時】日時 2014年9月15日 13:00~17:00
【場所】ハロー貸会議室東京駅前ビル9F(東京駅徒歩3分/アクセス

【プログラム】
★基調報告 住宅扶助基準と冬季加算削減に向けた国の策略と問題点/吉永純さん(花園大学教授)
★基調講演 住宅扶助基準引き下げに見る住宅政策の貧困/平山洋介さん(神戸大学教授)
★ビデオレター 家賃高騰に悩む被災地からの声
★特別報告/車イス利用者の住宅事事情/寒冷地における冬季加算の役割
▲ 他、当事者の声
▲ 生活保護基準引き下げにNO!訴訟の最新情報
▲ 年金切り下げに12万件超の不服申立て
〈司会進行〉稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

詳しくは生活保護問題対策全国会議のブログをお読みください。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月03日

【お知らせ】「全国一斉生活保護110番 ~あきらめないで相談しよう。改正生活保護法~」(2014年09月07日)

全国一斉生活保護110番 ~あきらめないで相談しよう。改正生活保護法~」が、2014年09月07日(日)10時~16時、開催されます。
【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
群馬・山梨・京都・沖縄の4会場では面談相談もあります(当日のみ)。
全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談を開催し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行等の支援を行います。
主催は全国青年司法書士協議会です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

全国一斉生活保護110番
~あきらめないで相談しよう。改正生活保護法~

【開催概要】
日  時:平成26年9月7日(日)午前10時~午後4時
電話番号:0120-052-088 (通話料無料・全国共通)
相談方法:電話及び面談(面談による相談は下記の4会場のみとなります)

○電話会場
全国21カ所(釧路、福島、群馬、埼玉、千葉、東京(2か所)、山梨、長野、岐阜、石川、京都、奈良、大阪、和歌山、兵庫、岡山、広島、福岡、鹿児島、沖縄)
総電話回線は50回線で電話相談を承ります。
○面談相談会場(当日のみ)
*群馬相談会場 群馬司法書士会館  別館2階相談室(群馬県前橋市本町1丁目5-4)
*山梨相談会場 山梨県司法書士会館 2階会議室(山梨県甲府市北口1丁目6-7)
*京都相談会場 京都司法書士会館 3F大会議室(京都市中京区柳馬場通夷川上る5丁目232-1)
*沖縄相談会場 沖縄県司法書士会館 3階会議室(沖縄県那覇市おもろまち4丁目16-33)

【開催趣旨】
 政府は、デフレによる物価下落などを理由として、昨年8月、今年4月と2度にわたり生活保護基準の引下げを実際に強行し、さらに、来年の4月にも生活保護基準の再度の引き下げを予定しています。
政府の経済政策により、物価の全面的な上昇が見られ、さらに消費税率の8%へのアップが本年4月に行われた中、再度の生活保護基準の引き下げにより、生活保護利用者の実質的な家計状況はさらに苦しくなり、受給者だけではなく、多くの市民からも不安の声があがっています。このような状況の中、本年4月27日(日)に生活保護緊急110番を全国11会場、31回線で開催したところ、電話が鳴りやまない状況が続き、全国から385件の相談を受けました。相談の中には、各地の福祉事務所において、相変わらず水際作戦などの申請権の侵害行為がなされているという内容もありました。
そうした状況の中、本年7月に改正された生活保護法が施行されました。改正された内容の中には、申請書類や親族紹介の厳格化も見受けられ、これまで以上に生活保護の利用が困難になりかねません。
そこで、全青司では改正生活保護法施行後の現場運用が見えてくる時期に、本年2回目の全国一斉生活保護110番を開催することとなりました。
本年で11回を迎える本事業ですが、相談や同行支援などの場面で一定の成果を出し続けてきており、多くの不安を抱えている市民の声に応えるため、安心して法律専門職能に相談できる窓口を設けることにより、憲法で保障された市民の生存権を守りつつ、最後のセーフティネットである生活保護制度の劣化を食い止めていきたいと考えています。
私たちは、「生活保護緊急110番」を通じ、貧困に陥り、困窮する市民への支援を行うとともに、生活保護などの福祉諸施策が市民の中で広く正しく認知され、利用しやすいものに改善されるまで、声を挙げ続けていきます。また、生活保護法の改正に関し、現場から声を拾い上げ、行政や社会に届けていきたいと考えています。
本110番においては、全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談を開催し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行等の支援を行います。

全国青年司法書士協議会

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00

2014年09月01日

【お知らせ】水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション(最終回/2014年09月03日)

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年09月03日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
次回9月3日(水)が最後のアクションになります。是非、ご参加ください。長い間ありがとうございました。
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会

スポンサードリンク


(★転載開始★)

水曜夕暮れ官邸前アクション(このまますすむと困っちゃう!!)

9月3日(水)官邸前アクションをおこないます!総理、いい加減にしてください!!(雨天中止)

※次回9月3日(水)が最後のアクションになります。是非、ご参加ください。長い間ありがとうございました。

毎月第1水曜日 官邸前で声をあげよう いのちとくらしを守るスタンディングアクション
消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪・・・それだけじゃない!!
なんでも改悪三昧の、私たちをまったく大切にしない総理、いい加減にしてください!!

毎月第1水曜日、官邸前でいっしょに声をあげませんか。
「このまますすむと困っちゃう人びとの会」は、2012年7月以来、水曜日に官邸前でスタンディングアクションをおこなってきました。
消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪を進めようとしていた民主党の野田政権に対し「このまま私たちの社会がすすんでいくと困る!」「くらしが悪くなっていくと困る!」という多くの人、普段はなかなか声をあげにくい立場にあるさまざまな分野の人びとが小さな声をあげながらつながってきました。
そして自公政権に代わり安倍総理が就任してからというもの、私たちのくらしと世の中はますます悪い方へ、暮らしづらく生きづらい方へと転がり始めているように思います。

私たちは今どんなことに困っているのか。くらしの中でどんなことが悪くなってきているのか。
このまま私たちは私たちのいのちとくらしを守れるのか。
不安や心配ばかりが増えていく今の世の中に生きている者としていっしょに声をあげてつながりませんか。
楽しげな音楽や歌声、力強いコール、ラブリーなメッセージ、告知や報告、飛び入り参加など、歓迎です。
ハートフルなアクションをつくって行きましょう。みなさまのご参加お待ちしています。

●日程
9月3日(水)18時30分~20時
時間が18:30からに変更になっています。お間違えなく。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月30日

【お知らせ】「宮下公園に設置された防犯カメラの撤去を求める賛同署名」募集中(第一次集約2014年08月31日)

東京都渋谷区立「宮下公園に設置された防犯カメラの撤去を求める賛同署名」が募集されています。
署名の第一次集約は【2014年08月31日】です。

スポンサードリンク

宮下公園に設置された防犯カメラの撤去を求める賛同署名

(★転載開始★)

宮下公園に設置された防犯カメラの撤去を求める賛同署名

● 賛同署名の第一次集約は 2014 年 8 月 31 日迄です。
●2014年9月16日火曜日(昼12 時 渋谷区総合庁舎時計塔 集合)、抗議文及び賛同署名を渋谷区の担当部署に提出する行動に取り組みます。こちらにもご参加いただければ幸いです。

以下、抗議文
****************

渋谷区区長 宛
渋谷区土木清掃部緑と水・公園課長 宛


渋谷区宮下公園の防犯カメラ設置に対して抗議し、ただちに撤去することを求めます。

 渋谷区は、2014年7月、区立宮下公園の広場などに防犯カメラを設置しました。緑と水・公園課は、地域住民から「安心・安全」な公園管理の要望があったため、防犯カメラ設置の対策を行ったと説明しています。しかし、すでに今回の防犯カメラ設置が公園利用への不信感を募らせており、公園管理委託会社フィード職員は、公園で段ボールを敷いて休んでいた利用者に対して「防犯カメラで見ているぞ」と発言し、承諾を得ずにみだりに写真撮影するなど、抑圧的な態度で過剰な管理を行っています。緑と水・公園課は防犯カメラの記録データを外部に出さない、警察にわたさないと言っていますが、まったく信用することはできません。
 わたしたちには、公園でプライバシーを侵害されずに過ごせ、監視されない権利があります。宮下公園は、これまで集会場やデモの発着所として多くの団体によって利用されてきました。防犯カメラの設置は表現活動を抑圧し、継続的な監視は園内での行為を委縮させ、表現の自由を損ないます。
 また、渋谷区は「安心・安全」を口実に夜間施錠することで公園利用者を排除しています。公園は地域住人やさまざまな立場の利用者のコミュニケーションの場としても機能します。渋谷区がなすべきことは、公園利用者に「犯罪」の容疑をかけ監視するのではなく様々なコミュニケーションができる場を開いていくこと、それについて近隣住人へ理解を求めることです。
 渋谷区はこれまで、野宿生活者を公園から強制排除し、寝場所を突然封鎖するなど、多くの貧困者の生存を脅かしています。2011年のナイキジャパン社と渋谷区による宮下公園のリニューアルは、野宿生活者を排除し、園内に有料のスポーツ施設を建設し、広場など無料で利用できる空間は狭くなりました。さらに、2020年オリンピック・パラリンピックや2019年ラグビーW杯に向けた宮下公園の再改修工事や、商業スペースを含む区役所庁舎の改修工事、などが予定され、渋谷区は、民間活用と商業主義に基づいた公共空間の再開発を押し進めています。誰でもいられるはずの公共空間が、お金を使わなければいられなくなるような場にかえられようとしています。また、宮下公園近隣の美竹公園も夜間閉鎖をし、交番を設置し、区役所仮庁舎を設置しようとしています。そのような公園に対する渋谷区の姿勢は、多様な公園利用者の利用を制限し公園の機能を軽視するものです。 安心や安全は、監視や排除を伴う再開発によって得られるものではありません。むしろ、このような監視は、公園利用者や近隣住人の暮らしを大きく脅かすものです。
 私たちは、渋谷区に宮下公園の防犯カメラ設置をただちに撤去することを強く求めます。

2014年 8月 10日

野宿生活者有志
みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会
渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合
ちかちゅう給食
〒150-0011東京都渋谷区東1-27-8-202 TEL03-3409-5525

(★転載終了★)

東京都渋谷区による野宿者排除・公共の侵害」に関する「喜八ログ」過去記事(の一部)です。

Amazon : 野宿者

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月29日

【お知らせ】「もやい生活相談データ分析報告会」(東京・飯田橋、2014年09月07日)

もやい生活相談データ分析報告会」が、2014年09月07日(日)13時30分〜16時15分、東京しごとセンター講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3 地下2F/JR中央・総武線飯田橋駅「東口」より徒歩7分/アクセス)で行なわれます。
もやいにこれまで相談に訪れた約2000人の方のデータ分析結果について、報告会をおこないます。
参加費無料/申込不要
情報保障/託児等必要な方は8月中にお問い合わせください。
主催: NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、もやい生活相談データ分析プロジェクト

スポンサードリンク

以下のビラ画像はクリックすると大きくなります。

(★転載開始★)

もやい生活相談データ分析報告会
※チラシのダウンロードはこちらから(pdf・別ウィンドウで開きます)


もやい生活相談データ分析報告会

もやいでは、生活相談支援事業として、生活にお困りの方からのSOSを年間で約3000件、面談や電話等で受けつけ、必要なアドバイスや公的支援につながるためのお手伝いをしています。
生活に困窮する事情や背景は人それぞれです。貧困におちいる要因はどこにあるのか、相談者が抱えている課題や状況はどこにあるのか、そして、どのような施策が必要なのか。
私たちは、2004年~2011年に生活相談に訪れた方、約2000件のデータを分析し、このたび報告書をまとめました。
以下に報告会を開催し、データ分析の報告とパネルディスカッションを通して、見えてきた実態と必要な支援について考えたいと思います。

日時 9/7(日)13:30~16:15(開場予定13:00)

場所 東京しごとセンター講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3 地下2F)
JR中央・総武線飯田橋駅「東口」より徒歩7分
都営地下鉄/東京メトロ飯田橋駅「A2出口」徒歩7分、「A5出口」より徒歩3分/アクセス

プログラム
【分析報告】もやいデータチームメンバー(丸山里美、上間愛、柏崎彩花、加藤茜、後藤広史)
【パネルディスカッション】 岡部卓(首都大学東京教授)、川口加奈(NPO法人Homedoor理事長)
【特別報告】赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざぁず・ふぉーらむ理事長)
コーディネーター:大西連(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長)

主催 NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、もやい生活相談データ分析プロジェクト

協力 科学研究費補助金若手研究(B)「女性の貧困の実証研究にもとづく女性福祉の構想――セクシュアリティ概念の再定義を通じて」(代表:丸山里美)

問い合わせ NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
電話:03-3266-5744 (火曜日12:00~18:00 金曜日11:00~17:00 祝日は休み)
メール:info@npomoyai.or.jp

※参加費無料/申込不要
※情報保障/託児等必要な方は8月中にお問い合わせください。

ご参加、お待ちしています!

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月28日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年09月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年09月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します。情報をお知らせいただければ幸いです。

スポンサードリンク


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年09月03日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
次回9月3日(水)が最後のアクションになります。是非、ご参加ください。長い間ありがとうございました。
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


全国一斉生活保護110番 ~あきらめないで相談しよう。改正生活保護法~
09月07日(日)10時~16時
【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
群馬・山梨・京都・沖縄の4会場では面談相談もあります(当日のみ)。
全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談を開催し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行等の支援を行います。
主催: 全国青年司法書士協議会


もやい生活相談データ分析報告会
09月07日(日)13時30分〜16時15分
東京しごとセンター講堂(東京都千代田区飯田橋3-10-3 地下2F/JR中央・総武線飯田橋駅「東口」より徒歩7分/アクセス
《もやいにこれまで相談に訪れた約2000人の方のデータ分析結果について、報告会をおこないます。岡部卓さん、川口加奈さん、赤石千衣子さんにもお話しいただきます。》
参加費無料/申込不要
情報保障/託児等必要な方は8月中にお問い合わせください。
主催: NPO法人自立生活サポートセンター・もやい、もやい生活相談データ分析プロジェクト


シンポジウム「“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~
09月15日(月)13時〜17時
ハロー貸会議室東京駅前ビル9階(東京駅徒歩3分/アクセス
入場無料(カンパをお願いします!)
主催: 「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション住まいの貧困に取り組むネットワーク


生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう」集会
09月15日(月)14時〜
「たましんRISURUホール」5階第1会議室(JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス
会場費500円(貧困者割引あり)
主催: 生活保護費大幅引き下げ反対!三多摩アクション
連絡先:さんきゅうハウス (立川:080-5088-3897吉田) 府中緊急派遣村 (府中:090-3085-7557松野) びよんどネット (三鷹:0422-46-5240)


生活保護変更決定取消請求事件・本人訴訟、第2回口頭弁論
09月17日(水)11時30分〜
さいたま地方裁判所105号法廷(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45/アクセス
最低生活費を厚労省は「物価偽装」していることを争点に闘う》《だれでも傍聴可


なんでも総合相談会(月例)
09月29日(月)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四ッ谷 司法書士会館地下/アクセス
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京


白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会
白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員・STOP!生活保護基準引き下げ)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会です。
2014年09月29日(月)18時〜20時
日司連ホール(新宿区本塩町9-3 司法書士会館地下1階/アクセス
入場無料
《今回、白井さんの講義を聴いていただいた方には、『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)を無料で進呈します。》
参加希望の方は、以下のメールもしくはFAXに「ご氏名・ご所属等」をご連絡ください。
メール:office.noienoie@gmail.com FAX:03-3598-0445 電話:03-3598-0444(マザーシップ司法書士法人 後閑・桑原)
主催: ホームレス総合相談ネットワーク


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月23日

【直前情報】「2014 渋谷夏まつり」(東京都渋谷区宮下公園、08月24日)

2014 渋谷夏まつり」が、2014年08月24日(日)17時〜20時、東京都渋谷区立宮下公園で開催されます。
野宿生活者と支援者が一緒につくるおまつりの開会に先立って、共同炊事(16時〜)・ハヤシライスの配食(16時30分〜)も行なわれます。
入場無料です(※現金が不足気味な方も、アルミ缶30個を潰して持参すると、金券4枚〈4ミャア〉と交換できます)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

2014 渋谷夏まつり
《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》

〈拡散歓迎〉
直前のご案内になってしまいますが、
8月24日(日)17時より、渋谷・宮下公園で開催される渋谷夏まつりをご案内します。
渋谷周辺の野宿生活者と支援者が一緒につくるおまつりです。

渋谷は、オリンピックに向けて、怒濤の再開発が予定されています。
駅前は新しいビルが次々と建ち並び、現在、支援団体の「のじれん」が、共同炊事(野宿生活者と支援者が一緒に食事を作って食べる炊き出し)を行っている美竹公園は、渋谷区の仮区庁舎を建てるためにつぶされそうです。
ナイキ公園化された宮下公園は、現在防犯カメラが設置され、さらに今後、周辺とあわせて大規模改修、もしかしたら商業ビルになってしまうのかもしれません。

そんな逆境をはね返して、渋谷を貧乏人でにぎわう街にしてしまえ!
というおまつりにするつもりです。

当日は、焼きそば、チジミ、宮下名物ぎょうざの屋台に加え、かき氷、フルーツポンチ、果実酒、古本を販売するブース、アルミ缶古紙組合、反五輪の会の展示、茶話会、休憩所ブースなど出る予定です。
缶つぶし競争などのゲーム、カラオケ、盆踊りもあります。

どなたでも参加できます。
当日は現金ではなく、受付で金券を購入していただいて屋台やブースで買物していただく仕組みです。
アルミ缶30個潰して持参すると、金券4枚<4ミャア>と交換できます。
20時くらいまでやっている予定ですので、ぜひ顔を出してください。
よろしくお願いします。

2014渋谷夏まつり実行委員会

(★転載終了★)

東京都渋谷区による野宿者排除・公共の侵害」に関する「喜八ログ」過去記事(の一部)です。

Amazon : 原子力発電

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月22日

【お知らせ】「生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう」(東京・立川、2014年09月15日)

生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう」集会が、2014年09月15日(月)14時〜、東京・立川の「たましんRISURUホール」5階第1会議室(交通アクセス)で開催されます。
会場費500円(貧困者割引あり)。
主催は「生活保護費大幅引き下げ反対!三多摩アクション」です。

スポンサードリンク

《※下のビラ画像はクリックすると大きくなります》
生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう

生きづらいと思うあなたに 〜生活保護への差別・偏見をなくそう

◎生きづらい世の中をさらに生きづらくする生活保護法「改悪」と生活保護費引き下げに反対しましょう。
◎三多摩の各グループや保護利用者、弁護士、議員の人たちと一緒に、 生活保護への差別・偏見をなくす声を上げましょう。

◆講演:山岸倫子さん 〔法政大学非常勤講師、元生活保護相談員〕

◆アピール:行光誠治さん 〔ハローワーク立川雇い止め裁判原告〕

◆報告: ・東京都下各自治体での生活困窮者自立支援法の取り組み状況 ・釧路など自治体・団体での取り組み

と き: 9月15日(月) 13時半開場 14時開会

ところ: たましんRISURUホール 5階第1会議室 (JR立川駅南口徒歩13分/交通アクセス)

◆会場費:500円(貧困者割引あり)

主催: 生活保護費大幅引き下げ反対!三多摩アクション

連絡先:さんきゅうハウス (立川:080-5088-3897吉田) 府中緊急派遣村 (府中:090-3085-7557松野) びよんどネット (三鷹:0422-46-5240)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月20日

【本日】《障害のある人も、障害のない人も地域で共に!ちんどんパレード》(埼玉県浦和市、2014年08月20日)

障害のある人も、障害のない人も地域で共に!ちんどんパレード》が、2014年08月20日(水)13時(集合)・14時(スタート)、さいたま市役所東広場(市役所のご案内)から行なわれます。
主催は「埼玉障害者市民ネットワーク」です(※ビラ画像2枚はクリックすると大きくなります)。

障害のある人も、障害のない人も地域で共に!ちんどんパレード

障害のある人も、障害のない人も地域で共に!ちんどんパレード 2014

・8月20日(水)午後1時集合、2時スタート
・集合場所:さいたま市役所東広場 《市役所のご案内
・旧中山道を通って、浦和駅西口、県庁緑の広場横のコースを歩きます。
・参加自由、暑さ対策を充分に!
・問合せ:090-4938-8689(大坂)

障害のある人も、障害のない人も地域で共に!ちんどんパレード

(※以下は中村順による)
埼玉障害者市民ネットワーク」の皆さまとは、生活保護改悪に反対する運動を通じて、デモ、首相官邸前アクション、集会などでよくご一緒させていただいています。
「埼玉障害者市民ネットワーク」はその名前の通り、いわゆる「傷害」を持つ人たちの当事者運動のようです。
その上で「『傷害』のない人も、誰でも、ご自由に参加ください」というスタンスをとられているのではないかと思います。
また、上のチラシに「要望項目」がいろいろと並んでいますが、これらは全て魂の叫びなんですね。
いわゆる「障害」のある人たち、その家族の人たちから直接お聞して、わたし(中村)はそのことを実感しました。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月19日

【お知らせ】シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》(東京、2014年09月15日)

シンポジウム《“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか? ~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~》を、2014年09月15日(月)13時〜17時、ハロー貸会議室東京駅前ビル9階(東京駅徒歩3分/アクセス)で開催します。
主催は「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション、「住まいの貧困に取り組むネットワーク」です。
入場無料(カンパをお願いします!)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります/印刷用チラシ(PDF)のダウンロード


【拡散希望】下記シンポを開催します!ぜひご参集を。

“低きに合わせる”のが、この国の生存権保障なのか?
~次に狙われる住宅扶助基準と冬季加算の削減~

【日時】日時 2014年9月15日 13:00~17:00
【場所】ハロー貸会議室東京駅前ビル9F(東京駅徒歩3分/アクセス

【プログラム】
★基調報告 住宅扶助基準と冬季加算削減に向けた国の策略と問題点/吉永純さん(花園大学教授)
★基調講演 住宅扶助基準引き下げに見る住宅政策の貧困/平山洋介さん(神戸大学教授)
★ビデオレター 家賃高騰に悩む被災地からの声
★特別報告/車イス利用者の住宅事事情/寒冷地における冬季加算の役割
▲ 他、当事者の声
▲ 生活保護基準引き下げにNO!訴訟の最新情報
▲ 年金切り下げに12万件超の不服申立て
〈司会進行〉稲葉剛さん(住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)

詳しくは生活保護問題対策全国会議のブログをお読みください。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月18日

【本日】《なんでも総合相談会》(東京・四ツ谷、2014年08月18日)

なんでも総合相談会》(月例・第70回)が、2014年08月18日(月)10時〜20時(受付は19時まで)、東京・四ッ谷の日司連ホール(司法書士会館地下/アクセス)で開催されます。
法律家や専門家が、生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護、相続、家事事件、震災の被災者など幅広いご相談をお聞きします。
【相談無料】
主催はつながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)です。

スポンサードリンク


なんでも総合相談会》(月例・第70回)

日時: 2014年08月18日(月)10時〜20時(受付は19時まで)
場所: 日司連ホール(東京・四ッ谷 司法書士会館地下/アクセス
誰でもなんでも無料で相談できる「なんでも総合相談会」
生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。
履歴書を無料で配布したり、証明写真を無料で撮影
相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。
相談料: 【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京(代表: 宇都宮健児弁護士)
問い合わせ: メール tsunasone@yashoo.co.jp
※次回は09月29日(月)に同じ場所・同じ時間帯で開催されます。

Amazon : 宇都宮健児

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月15日

【直前情報】「憲法!崖っぷち!Part2 私たちはおそれない~1969~2014」(東京・新宿、2014年08月16日)

憲法!崖っぷち!Part2 私たちはおそれない~1969~2014」が、2014年08月16日(土)13時〜16時、東京・新宿のネイキッドロフト地図)で開催されます。
参加費: 予約1500円・学割1000円・当日1700円(飲食代は別・1ドリンク以上の注文が必要)。
主催は大木晴子さん(おおき せいこ/明日も晴れ)。
協力: 西口反戦意思表示参加者有志。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

憲法!崖っぷち!Part2 私たちはおそれない~1969~2014

憲法!崖っぷち!Part2
私たちはおそれない~1969~2014

☆ 2014年8月16日(土曜日)
☆ ネイキッドロフト 13:00~16:00(開場12:30)
・東京都新宿区百人町1-5-1百人町ビル1F
☆ 予約:ロフトのWEBまたは電話でお願いいたします。
・電話03-3205-1556
地図

《出演》(敬称略)
大木晴子
三上智恵 (ジャーナリスト/元琉球朝日放送
アナウンサー/映画「標的の村」の監督)
志村建世 (元NHKディレクター)
吉川勇一 (元ベ平連事務局長)
ほか

☆ 参加費:予約1500円・学割1000円・当日1700円
(飲食代は別・1drinkの注文必要)
☆ 予約:ロフトのWEBまたは電話でお願いいたします。
☆ 主催:大木晴子 (明日も晴れ)
☆ 協力:西口反戦意思表示参加者有志

(★転載終了★)

「喜八ログ」の大木晴子さんに関する記事(の一部)です。

Amazon : 『1969―新宿西口地下広場』

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月11日

【お知らせ】緊急国際シンポ「沖縄のジュゴンに未来はあるのか?!」(沖縄・名護市、2014年08月23日)

緊急国際シンポ「沖縄のジュゴンに未来はあるのか?!」が、2014年08月23日(土)18時〜21時、沖縄県名護市の名桜大学110号教室(アクセス)で開催されます。
参加費無料。
主催は「北限のジュゴン調査チーム・ザン」「日本自然保護協会」です。

スポンサードリンク

北限のジュゴン調査チーム・ザン」ブログからシンポジウムの情報を転載させていただきます。

(★転載開始★)

緊急国際シンポジウム=沖縄のジュゴンに未来はあるのか?!
〜危機に直面する沖縄のジュゴンを守るために
 アジアのジュゴン保護の現場から学ぶ〜

私たちのかけがえのない宝、辺野古・大浦湾の海が埋め立てら
れようとしています。この海には豊かな生物がいのちを育み、
北限のジュゴンも暮らしています。
アジアには沖縄と同じように各地で孤立化し、絶滅の危機に瀕
するジュゴンたちがいます。そのジュゴンたちを守るためにア
ジアの保護ネットワークに取り組むエレン博士と、沖縄ともっ
とも近いジュゴンの生息地フィリピンにおいて環境保全に尽力
されているレム博士をお招きして、アジアでのジュゴン保護の
現状や沖縄ジュゴンの位置づけをお話頂き、危機に直面する沖
縄のジュゴンの未来を守るために私たち市民に何ができるのか
を共に考えたいと思います。

日時:8月23日(土)午後5時半開場 6時開演〜9時閉会
場所: 名桜大学110号教室(名護市字為又1220-1/アクセス

*海外専門家にはシンポの前日に辺野古・大浦湾のジュゴンの海を
見て頂いた報告も含めてお話して頂きます。
*逐次通訳付き、参加無料

プログラム
 開会挨拶:東恩納琢磨(じゅごんの里主宰)
第1部
報告1 沖縄のジュゴンの現状:安部真理子
講演① アジアのジュゴンの保護事情とこれからの保護に向けて
   :エレン・ハインズ(サンフランシスコ州立大学)
講演② フィリピンの浅海域の状況およびジュゴンの現状
   :レム・アラゴネス(フィリピン大学)
報告2 米国ジュゴン訴訟の進捗
   :吉川秀樹(沖縄生物多様性市民ネットワーク)
ビデオメッセージ :オーストラリア「南限のジュゴン」から
休憩:10分
第2部
パネルディスカッション「沖縄のジュゴンの未来」
  コーデイネーター:安部真理子パネリスト
  講演者・報告者全員+チーム・ザン
質疑応答
決議(辺野古およびアジアのジュゴンの保全に向けて)

連絡先:090−8032−2564 
n-hokugen.19@kjd.biglobe.ne.jp(鈴木)
abe@nacsj.or.jp(安部)
主催:北限のジュゴン調査チーム・ザン、日本自然保護協会
共催:北限のジュゴンを見守る会、沖縄生物多様性市民ネットワーク
後援: 名護博物館、名護市教育委員会、
    沖縄県サンゴ礁保全推進協議会、日本サンゴ礁学会保全委員会

(★転載終了★)

Amazon : ジュゴン

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年08月09日

【お知らせ】パンフレット『生活保護法「改正」Q&A』の印刷依頼を募集中

パンフレット『生活保護法「改正」Q&A』を「生活保護問題対策全国会議」が制作しました。
このパンフの印刷依頼を募集中です。

普及にご協力下さい!→パンフ:生活保護法「改正」Q&Aの印刷依頼を受け付けています。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

生活保護法「改正」Q&A

このパンフレットの増刷にあたって、各団体・個人の方からの印刷依頼をお請けしてまとめて印刷することになりました。
ぜひ、団体内や生活保護利用者への周知、相談活動などにお役立て下さい。
なお、団体でなく、個人からの申込みも可能です。

【拡散希望】パンフレットの普及に、ご協力下さい!
生活保護法「改正」Q&Aパンフを、申込みを取り纏めて印刷します。
★団体内や生活保護利用者への周知、相談活動などにお役立て下さい。個人の申込みも可能です。
★恐縮ですが、印刷協力金として費用のご負担(1口50部:1500円)をお願いしております。
改正法を口実にした水際作戦などを防止・対抗するためにも、なるべく多く印刷して、広げていきたいと思いますので、ご協力の程、よろしくお願いします!

生活保護問題対策全国会議

(★転載終了★)

生活保護制度」に関する「喜八ログ」の記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:30 | トラックバック

2014年08月06日

【お知らせ】大阪市生活保護行政問題調査団報告集会(エルおおさか、2014年08月11日)

大阪市生活保護行政問題調査団報告集会」が、2014年08月11日(月)18時30分〜20時30分、「エルおおさか」南館ホール(大阪市中央区北浜東3-14/交通アクセス)で開催されます。参加費は「無料」です。

スポンサードリンク

「大阪市生活保護行政問題調査団報告集会
《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》

★大阪市生活保護行政問題調査団報告集会のご案内★

 日 時:8月11日(月)18時30分
 会 場:エルおおさか 南館 ホール 《交通アクセス
 参加費:無料

5月28・29日の2日間、全国からのべ900人のみなさんにご参加いただき大阪市役所及び西成区、生野区、淀川区、住之江区、大正区、浪速区の各区役所に対して調査・交渉を行いました。調査団では、監査資料分析や4月9日と5月9日の「生活保護ホットライン」などにもとりくんできました。
大阪市民のみなさん、調査に参加者してくださったみなさんをはじめとする多くの方に調査結果や課題・副次的成果、そして今後のとりくみについてもご報告するため集会を企画しました。ぜひご参加ください。

連絡先: 普門法律事務所(大阪府大阪市北区天神橋3-3-3 南森町イシカワビル7F/電話 06-6354-1616 FAX 06-6354-1617)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00 | トラックバック

【本日】水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション(東京・永田町、2014年08月06日)

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクションが、2014年08月06日(水)18時30分~20時、首相官邸前で開催されます。

スポンサードリンク


(★転載開始★)

8月6日(水)官邸前アクションをおこないます!

総理、いい加減にしてください!!

毎月第1水曜日 官邸前で声をあげよう いのちとくらしを守るスタンディングアクション
消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪・・・それだけじゃない!!
なんでも改悪三昧の、私たちをまったく大切にしない総理、いい加減にしてください!!

毎月第1水曜日、官邸前でいっしょに声をあげませんか。
「このまますすむと困っちゃう人びとの会」は、2012年7月以来、水曜日に官邸前でスタンディングアクションをおこなってきました。
消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪を進めようとしていた民主党の野田政権に対し「このまま私たちの社会がすすんでいくと困る!」「くらしが悪くなっていくと困る!」という多くの人、普段はなかなか声をあげにくい立場にあるさまざまな分野の人びとが小さな声をあげながらつながってきました。
そして自公政権に代わり安倍総理が就任してからというもの、私たちのくらしと世の中はますます悪い方へ、暮らしづらく生きづらい方へと転がり始めているように思います。

私たちは今どんなことに困っているのか。くらしの中でどんなことが悪くなってきているのか。
このまま私たちは私たちのいのちとくらしを守れるのか。
不安や心配ばかりが増えていく今の世の中に生きている者としていっしょに声をあげてつながりませんか。
楽しげな音楽や歌声、力強いコール、ラブリーなメッセージ、告知や報告、飛び入り参加など、歓迎です。
ハートフルなアクションをつくって行きましょう。みなさまのご参加お待ちしています。

●日程
8月6日(水)18時30分~20時
時間が18:30からに変更になっています。お間違えなく。

●場所
首相官邸前(東京メトロ千代田線・丸の内線・日比谷線 国会議事堂前駅3番出口すぐ)

●雨天の場合
雨天中止です。当日12時の時点で、ブログやTwitterなどでお知らせします。
雨模様の日、夕方に天気が急変しそうな日などは、各自気をつけてチェックしてください。

twitter:@komacchauhito
Facebook:www.facebook.com/komacchauhitobito

(★転載終了★)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 20:00 | トラックバック

2014年07月31日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年08月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年08月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します(※情報をお知らせください!)。

スポンサードリンク


記者会見「生活保護裁判(さいたま地方裁判所へ集団提訴)原告と弁護団による裁判の趣旨説明」
2014年08月01日(金)11時〜
埼玉弁護士会館3階
主催: 生活保護基準引き下げ反対連絡会


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
08月06日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《総理、いい加減にしてください!!》
《時間が18:30からに変更になっています。お間違えなく。》
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


大阪市生活保護行政問題調査団報告集会
08月11日(月)18時30分〜20時30分
「エルおおさか」南館ホール(大阪市中央区北浜東3-14/交通アクセス
参加費: 無料
《5月28・29日の2日間、全国からのべ900人のみなさんにご参加いただき大阪市役所及び西成区、生野区、淀川区、住之江区、大正区、浪速区の各区役所に対して調査・交渉を行いました。調査団では、監査資料分析や4月9日と5月9日の「生活保護ホットライン」などにもとりくんできました。
大阪市民のみなさん、調査に参加者してくださったみなさんをはじめとする多くの方に調査結果や課題・副次的成果、そして今後のとりくみについてもご報告するため集会を企画しました。ぜひご参加ください。》
連絡先: 普門法律事務所(大阪府大阪市北区天神橋3-3-3 南森町イシカワビル7F/電話 06-6354-1616 FAX 06-6354-1617)


なんでも総合相談会(月例)
08月18日(月)10時〜20時(受付は19時まで)
日司連ホール(東京・四ッ谷 司法書士会館地下/アクセス
《生活困窮、DV被害、年金、借金、生活保護制度の利用、相続、家事事件、労働問題、追い出しや排除の問題、震災の被災者・原発事故の被害者の相談、アパート入居について、その他幅広いご相談をお聞きしています。》
《相談員も随時募集しております。弁護士、司法書士、社会福祉士、精神保健福祉士、社会保険労務士、医師、保健師、労働相談・女性支援などの専門家の方など歓迎です。初めての方は、一度見学がてら会場に足を運んでください。》
【無料】
主催: つながる総合相談ネットワーク東京


第6回生活保護問題議員研修会 現場から考える、生活保護「改革」と生活困窮者支援
08月22日(金)~08月23日(土)
 22日/石川県女性センター1階ホール アクセス
    (JR金沢駅東口より徒歩約15分)
 23日/金沢勤労者プラザ 会議室 アクセス
    (JR金沢駅西口より徒歩約10分)
【対象者】地方議会議員
【参加費】1万5000円
 ※1日目交流会(自由参加)1000円
 ※2日目お弁当 900円
参加申し込み: こちらのページの要領でお申し込みください。
主催: 生活保護問題対策全国会議全国公的扶助研究会


学習会 / 「改正」生活保護法&生活困窮者自立支援法
08月31日(日)13時30分〜15時30分
栃木県労働者福祉センター1F 第3会議室(宇都宮市中戸祭町821 TEL 028‐621‐4040/アクセス
講 師: 稲葉剛(いなば・つよし/つくろい東京ファンド・もやい)
《貧困の現場から先駆的な取り組みを続けてきた稲葉剛氏をお招きして学習会を開催し、「改正」生活保護法と生活困窮者自立支援法について考えます。》
主催: 反貧困ネットワーク栃木


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月28日

【本日】雨宮処凛×安田浩一「ニコ生」対談(2014年07月28日21時〜)

雨宮処凛さん(あまみや かりん/作家)と安田浩一さん(やすだ こういち/ジャーナリスト)の「ニコ生」対談が、2014年07月28日(月)21時〜、行なわれます。
STOP!生活保護基準引き下げ」のなかま村田悠輔さん(むらた ゆうすけ/東京自治問題研究所研究員)も解説者として出演します。

「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」

スポンサードリンク


「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」
2014/07/28(月) 開場:20:57 開演:21:00

日本で生まれ、日本で育ったいわゆる「永住外国人」は、
生活保護法の対象となるのか。
大分市の中国籍の女性が起こした訴えに対し、
最高裁は18日、「外国人は生活保護法の対象ではなく
受給権もない」とする判断を示しました。
この問題について、作家の雨宮処凛さんと
ジャーナリストの安田浩一さんでトークしていただきます。

<出演>

雨宮処凛さん(あまみや かりん)
「反貧困ネットワーク」副代表。
近著に『右翼と左翼はどうちがう?』 (河出文庫)
『生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです』
(あけび書房・共著)、
『「ポスト戦後」を生きる─繁栄のその先に 』(講談社)
命が踏みにじられる国で、声を上げ続けるということ (創出版)
ツイッター:https://twitter.com/karin_amamiya

雨宮処凛
雨宮処凛さん(撮影: 中村順)


安田浩一さん(やすだ・こういち)
ジャーナリスト
1964年静岡県生まれ。週刊誌記者を経て、フリーライターに。
外国人労働者問題などを取材。
代表作、『ネットと愛国』(講談社)では、
2012年度の講談社ノンフィクション賞と
日本ジャーナリスト会議賞をW受賞。
近著に『ヘイトスピーチとネット右翼』(共著・オークラ出版)、
『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(共著・三一書房 )がある。

安田浩一
安田浩一さん(撮影: 野神健次郎さん)


村田悠輔さん(むらた・ゆうすけ)
生活保護問題対策全国会議幹事、東京自治問題研究所研究員。


「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」
2014/07/28(月) 開場:20:57 開演:21:00

Amazon : 雨宮処凛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月20日

「男組」8人逮捕は明らかに「やり過ぎ」、わたしも即時釈放を求める署名をしました

差別・憎悪扇動者たちと直接対峙した「男組」メンバーなど8人が逮捕されました。

抗議署名募集ページ: 男組メンバーほか計8名の即時釈放を求めます

スポンサードリンク

産経ニュース」2014年07月16日の報道(一部引用)です。

反ヘイト名乗る「男組」幹部ら8人逮捕 右派系男性への暴行容疑
 大阪市内で昨年10月に行われた韓国人の排除を掲げるデモをめぐり、参加しようとした男性を集団で取り囲み暴行を加えたとして、大阪府警警備部などは16日、暴力行為処罰法違反容疑で、反レイシズム(人種差別主義)をうたう市民グループ「男組」の組長、添田充啓(あつひろ)容疑者(41)=川崎市多摩区=と、同組元本部長の木本拓史容疑者(43)=同=らメンバー8人を逮捕した。

ちょっと威勢が良すぎた衆らを、8人も持っていく(逮捕する)のは明らかに「官僚」さんたちのやり過ぎだろう。
そもそも「男組」の主張は差別への反対──社会正義の実現──だ。
彼らの手法には(もしかしたら)いささか乱暴な点はあったのかもしれない。
けれども、だからと言って──しかも9ヵ月近くも経ってから──8人を逮捕するとは、あまりに異様な司法の在り方だと言わざるを得ない。
こういった「官僚組織の暴走」が社会にとっては最も悪い影響があるとわたし(中村順)は思っている。

わたしは male feminist(男性フェミニスト)で、座り小便派、にゃんこ愛! あくまで軟弱路線を邁進(まいしん)するオトコだが…(笑)。
陋劣(ろうれつ)な差別・憎悪扇動者たちと断固対峙する「男組」の皆さんには、この際おおいにエールを送らせていただく。
8人の即時釈放を求める署名運動にも参加しました。

男組メンバーほか計8名の即時釈放を求めます

男組メンバーほか計8名の即時釈放を求めます

辛淑玉さん(しん すご/「のりこえねっと」共同代表)のツイートを紹介させていただきます。

あなたは知っていますか。「男組が「ヘイトを潰しにいきます」と、TWとすると、今日も生きていいんだと思う」語った人がいることを。彼らは、希望です。8人の逮捕は、見せしめです。署名を求めます。
今回の逮捕は、ヘイトを犯罪だとした国際社会に対する挑戦だと思っています。ヘイト側は野放しで、ヘイトを止めようとした側が、集団で逮捕される。そばに居ただけでも逮捕された。まさに権力の暴走です。お前ら調子にのるなよ、と言わんばかりです。8名を家族のもとに返してください。
政府はダブルスタンダードではないでしょうか。谷垣法相は、ヘイトに対して政府として向き合うといいながら、足元では、反ヘイトの人たちを捕まえていく。言っていることとやっていることが、あまりにも違いすぎます。抗議の声を。署名をお願いします。
中学生の頃、新宿南口で木刀をもった人たちに囲まれた。チマチョゴリを着ていたから。そのとき、助けてくれる人はいなかった。いま、「在日を殺せ」と叫ぶ人たちの前に、立ちはだかってくれたカウンターの8名は留置所の中だ。検事はなにをさばくのか。
カウンター8名の逮捕は、治安維持法のようだ。ヘイトは政権の別働隊と言われるほど現政権の方向とリンクしている。彼らは酷い映像を流しても、暴力を振るっても捕まらない。証拠があっても警察は捕まえない。そこに国家の意思を感じる。署名を。
逮捕されたカウンターは、仲パレに着物姿で出る予定だったと聞いた。一緒に、出て、一緒にこの日本で生きていると、笑いながらパレードがしたかった。ごく普通の思いを奪い壊していくのが、現政権の方向性なのだろう。二枚舌を支えてはいけない。署名を。http://chn.ge/WmZmzo

Amazon : 辛淑玉

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月18日

【直前情報】フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示が始まります(東京・飯田橋「NPOもやい」こもれび荘、2014年07月19日〜09月20日)

猫のフォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示が「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で、2014年07月19日(土)から開催されます。
全日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の8日間、各土曜日の11時〜17時です。

スポンサードリンク

NPOもやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で、わたし(中村)の撮影した猫フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示をさせていただきます。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時です。
(※07月19日11時〜12時はこれまでに亡くなったなかまの法要がこもれび荘で行なわれる予定です)
入場無料。
もし余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。
どうぞ、お気軽にお越しください。

二階堂さん親子

二階堂さんたちの物語
相も変わらずのネコ写真ですが、「NPOもやい」こもれび荘での展示も3回めになります。今回はテーマを絞り、野良猫の二階堂さん・レオさん親子が中心となります。タイトルは【二階堂さんたちの物語】です。とある公園に住みついた二階堂さんがレオさんを出産し、共に仲睦まじく暮らし、日々は淡々と過ぎて…。さて、その後いかがなりましたか、というストーリーを写真と文章で語ろうと思います。今回もどうぞよろしくお願いします。

今回は写真10枚(六つ切りサイズ[203mm × 254mm])と文章の組み合わせで展示します。
写真プリントは「どんどんプリント」を、文章部分の印刷はセブンイレブンの「文書印刷」サービスを利用しました。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

「喜八ログ」の二階堂さんたちに関連する記事です。

Amazon : Nikon

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月17日

【お知らせ】《いま、「生きる」が危ない! 生活保護と憲法を考える》(東京・四ツ谷、2014年07月26日)

講演と歌、パフォーマンスのつどい《いま、「生きる」が危ない! 生活保護と憲法を考える》が、2014年07月26日(土)13時30分〜16時30分、聖イグナチオ教会ヨセフホール(東京都千代田区麹町6-5-1/JR中央線・東京メトロ丸の内線・南北線「四ツ谷」駅下車徒歩1分/上智大学手前/アクセス)で行なわれます。【参加費】自由献金制。どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。
主催は「聖イグナチオ生活相談室」/「ベグライテン」/「ミシュカの森」、共催「自立生活サポートセンター・もやい」/「上智大学哲学科」、協力「カトリック野宿者支援ネットワーク」です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
いま、「生きる」が危ない! 生活保護と憲法を考える

講演と歌、パフォーマンスのつどい
いま、「生きる」が危ない!~生活保護と憲法を考える

安倍政権のもとで進められる生活保護基準の引き下げや生活保護法の改悪、そして秘密保護法や集団的自衛権の行使容認・・・。

社会保障の分野でも、安全保障の分野でも、憲法が保障する「平和に生きる権利」が脅かされつつあります。

「生きる」ことが無条件に肯定される社会を私たちはつくることができるのか。

講演と歌、そしてパフォーマンスを通して、ともに考え、感じたいと思います。

【日 時】2014年7月26日(土)13:30~16:30(13:00開場)

【場 所】聖イグナチオ教会ヨセフホール

〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1
JR 中央線/東京メトロ 丸の内線・南北線  四ツ谷駅下車 (徒歩1分 上智大学手前)
アクセスマップ

【参加費】自由献金制

どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。

【講演】稲葉 剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事)

[プロフィール]
1969年広島県生まれ。1994年より東京・新宿を中心に路上生活者の支援活動に関わる。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者への相談・支援活動に取り組む。
著書に『ハウジングプア』(山吹書店)、『生活保護から考える』(岩波新書)など。

【 歌 】寺尾紗穂さん(シンガーソングライター)

[プロフィール]
大学時代から、弾き語りの活動を始める。
2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らからも賛辞が寄せられる。
大林信彦監督作品「転校生さよならあなた」の主題歌を担当した他、
CM、エッセイの分野でも活躍中。

【ダンスパフォーマンス】ソケリッサ!

「ソケリッサ!」は、ホームレスの人、又、ホームレス経験者の踊りを主体とした肉体表現です。
この言葉は造語であり「それ行け!、前に進む」というイメージです。 この作品に関わる周囲環境の未来展開への想いも含まれています。

【主 催】
聖イグナチオ生活相談室/ベグライテン/ミシュカの森

【共 催】
自立生活サポートセンター・もやい/上智大学哲学科

【協 力】
カトリック野宿者支援ネットワーク

【問合せ】
ANA71805★nifty.com(入江) ★を@に変えてください。

(★転載終了★)

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月15日

【再掲】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日)

生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」》が、2014年07月20日(日)13時〜16時、日司連ホール(東京・四谷/アクセス)で開催されます。
事前申し込み不要・入場無料(カンパ大歓迎!)。

スポンサードリンク

生活保護問題対策全国会議からのお知らせを転載させていただきます。
ビラ画像はクリックすると大きくなります(印刷用のPDFファイルはこちらで)。

(★転載開始★)

生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」

生活保護問題対策全国会議 設立7周年記念集会
「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」

 2012年春、人気タレントの母親が生活保護を利用していたことを契機に激しい“生活保護バッシング”が起きました。
 そして、2013年、史上最大の生活保護基準の引き下げと生活保護法の「改正」が決められ、今、それが順次実行されつつあります。

 一部の政治家に扇動されたバッシングは、バッシングに加担した人々の生活をも脅かし始めています。

 あの”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか。
 現場の第一線で活動する皆さんのリレートークで考えたいと思います。

【日時】7月20日(日)13時~16時40分
    (受付開始12時30分)
【場所】日司連ホール(司法書士会館地下1階) 
     東京都新宿区元塩町9-3 アクセス
 
事前申込不要・入場無料(但しカンパ大歓迎です)

【プログラム】
● 基調講演「生活保護バッシングは何をもたらしたのか」
   安田浩一さん(ジャーナリスト)

● 特別報告「シングルマザー調査から見えるもの」
  徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ代表)

● 特別報告「就学援助制度と子どもの貧困対策を考える」
  青砥恭さん(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)

● リレー報告
 「基準引き下げ・法「改正」はDV被害者に何をもたらすか」
    吉祥眞佐緒さん(エープラス代表)
 「ハウジングプアと『住宅扶助基準の引き下げ』」
    稲葉剛さん(自立生活サポートセンター・もやい代表)
 「大阪で今、何が起きているか」
    普門大輔さん(弁護士・大阪市生活保護行政問題調査団事務局長)
 「生活保護基準引き下げにどう対抗するか」
    安形義弘さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)
    徳武聡子さん
   (司法書士・生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット事務局)

● まとめ
  尾藤廣喜さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議代表)

【主催】生活保護問題対策全国会議

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月12日

【猫の写真展示】フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』(東京・飯田橋「NPOもやい」こもれび荘、2014年07月19日〜09月20日)

猫のフォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示を「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で開催します。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時です。

スポンサードリンク

NPOもやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で、わたし(中村)の撮影した猫フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示をさせていただきます。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料。
もし余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。
どうぞ、お気軽にお越しください〜。

(★「もやいサロンにっき」より転載開始★)

喜八さん路上の猫写真展【二階堂さんたちの物語】を開催します!

猫の二階堂さん親子

7月19日から、サロンのお客さんでもある喜八さんの、路上の猫写真展第3弾【二階堂さんたちの物語】を開催します!
喜八さんならではの、表情豊かな猫たちの写真&ストーリーが広がります。
皆様のお越しをお待ちしております♪

【展示日程】

日時:7月19日、8月2日、9日、16日、30日、9月6日、13日、20日
11:00~17:00
場所:こもれび荘1階

【喜八さんより】

相も変わらずのネコ写真ですが、「NPOもやい」こもれび荘での展示も3回めになります。
今回はテーマを絞り、野良猫の二階堂さん・レオさん親子が中心となります。
タイトルは【二階堂さんたちの物語】です。
とある公園に住みついた二階堂さんがレオさんを出産し、共に仲睦まじく暮らし、日々は淡々と過ぎて…。
さて、その後いかがなりましたか、というストーリーを写真と文章で語ろうと思います。今回もどうぞよろしくお願いします。

(★転載終了★)

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月11日

【お知らせ】集会「生きる権利 働く権利」(東京・吉祥寺、2014年07月13日)

集会「生きる権利 働く権利」が、2014年07月13日(日)13時30分〜、東京武蔵野市の吉祥寺南コミュニティセンターで開催されます。参加費100円。主催は「生きる権利・働く権利を実現する会」です。

スポンサードリンク

夜まわり三鷹 活動日記」から集会の情報を転載させていただきます。

(★転載開始★)

★----------------------------------------------------★
       集会「生きる権利 働く権利」
★----------------------------------------------------★

■日 時 :7月13日(日)13:30~
■場 所 : 吉祥寺南コミュニティセンター
             吉祥寺駅徒歩10分、駅前マルイ前の井の頭通り沿い、歩道橋横
               武蔵野市吉祥寺南町3-13-1、電話:0422-43-6372
■参加費 :100円

■プログラム
1、憲法から考えよう…笹沼弘志(静岡大学教授)
さん
    憲法で保障された生きる権利・働く権利・自分ら
    しく生きる権利について、わかりやすく話してもらい
    ます。考え方を知ると、生きる勇気が湧いてくるかも。
      著書:『ホームレスと自立/排除』(大月書店)
       『えほん 日本国憲法』(明石書店)
       『リアル憲法学』(法律文化社)

2、労働現場から考えよう…山口素明(フリーター全般労働組合)さん
    最低賃金以下、契約打ち切り、有給休暇をとれ
    ない…。事例をもとに、労働法について解説し
    ます。知識と知恵を知って、武器にしよう。
3、体験から考えよう…武蔵野市の工場で、最低賃金以下で働いている人
4、労働・生活保護相談あり

■主  催 :生きる権利・働く権利を実現する会
         夜まわり三鷹(070-5451-7010 arasi(あっとまーく)mva.biglobe.ne.jp)
         フリーター全般労働組合(03-3373-01802 UNION(あっとまーく)FREETER-UNION.ORG)

       ………‥‥・‥‥………
有給休暇がとりにくい。時給が安くて、生活が苦しい。
仕事がみつからない。履歴書を送ってもだめ。正社員になれない。
仕事がなくて、飯を食えない。電気代も家賃も払えない。
生活保護を申請に行っても、「実家に戻りなさい」と追い返された…。
お金がないと、仕事がないと、休みがないと、自分らしく暮らせない。
「自分は生きてちゃいけないの?」って思ってしまう。
どうしてこんなに辛いの? どうしたらいいの?
おいしいご飯を食べたい。安心して眠りたい。友だちと遊びたい。
人らしく暮らすために。
この社会で、どうやって生きていくのかを考える一歩にしよう。
  ………‥‥・‥‥………
※ちらし(A4版)とポスター(A3版)があります。
 お店に置ける、ポスターを貼れるなど、お知らせいただけたら幸いです。

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月08日

【お知らせ】《中学生のための「慰安婦」展+》(東京・西早稲田、2014年07月03日〜11月30日)

中学生のための「慰安婦」展+(プラス)》が東京・西早稲田の「アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)」(アクセス)で、2014年07月03日(木)〜11月30日(日)、開催されています。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

中学生のための「慰安婦」展+

◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇

  wam緊急特別展 アンコール企画!
  あなたの知りたい!に応える

  中学生のための「慰安婦」展+(プラス)

◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇ー◇◆◇

会期:2014年7月3日(木)~2014年11月30日(日)

――「慰安婦」って何? 証拠はあるの? 日本政府は何もしてこなかったの?
お金儲けに行ったのでは? 軍は関与していなかったって本当? そんな疑問に答えます!

2007年、安倍首相は軍や官憲による「慰安婦」の強制はなかったと妄言を発し、国際社会から大きな非難を浴びました。wamではその時、「中学生のための『慰安婦』展」と題した第5回特別展示を開催。中学生にも、安倍首相にもわかるように、日本軍「慰安婦」制度という性奴隷制度のシステムや、植民地支配の構造をQ&Aでわかりやすく伝え、アジア太平洋各地に広がった慰安所設置とその被害を展示しました。

2012年12月に返り咲いた安倍首相は、いま再び妄言を繰り返して「河野談話」の見直しをもくろんでいます。そこで、wamでは「わかりやすい!」と大好評だった「中学生のための『慰安婦』展」を再度展示します。もちろん、この6年間の国際社会の動きや教科書の変遷などもアップデイト! 初めての方も、二度目の方も、ご来館をお待ちしています。

【主な展示内容】
●日本軍「慰安婦」制度とは?
「誰が、どんな目的で慰安所を作ったの?」
「誰が管理・運営をしていたの?」 基本のキを伝えます。

●「慰安婦」にさせられた女性たちの証言
「女性たちはどのように連れて行かれたの?」
「慰安所での生活は?」
アジア各地の被害女性の生々しい証言です。

●教科書攻撃とバックラッシュ
「中学生に教えるのは早い?」
被害者にはたくさんの10代半ばの少女たちがいました。
教科書記述が削除された政治的背景も伝えます。

●NHK、安倍首相と「慰安婦」問題
2000年の女性国際戦犯法廷を伝えるNHK番組が
改変させられたのは、安倍晋三議員らの介入があったからです。
今の籾井NHK会長に連なる背景を伝えます。

●加害証言と「河野談話以降に発見された公文書コーナー」設置
「元日本兵はどんな証言をしているの?」加害の証言パネルとともに、
「河野談話」以降に発見された公文書が閲覧できる新コーナーを設置します。

☆゜:・*.:。.☆*゜・*.:。☆*
 夏休み★特別展示ガイド!
☆゜:・*.:。.☆*゜・*.:。☆*

1時間のガイドの後は、カフェ・タイム(+100円)。
日頃の疑問をすっきりさせるチャンスです。

7月6日(日)14:00~15:00
モーレツ・トーク、素人から玄人まで!
館長・池田はNHK問題も得意です。

7月27日(日)14:00~15:00
学生ならまかせて!
スタッフ・山下は自分に引き付けて考えます。

8月17日(日)14:00~15:00
おじさんも大歓迎!
事務局長・渡辺は国際社会や政府の対応も話します。

9月7日(日)14:00~15:00
初心者に大人気!
運営委員・有村の熱血ガイドに圧倒されましょう。

ご来館お待ちしています!


アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam)
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F 《アクセス
電話:03-3202-4633 FAX:03-3202-4634

(★転載終了★)

Amazon : VAWW-NETジャパン

投稿者 kihachin : 08:00

2014年07月06日

【お知らせ】写真と文章の展示《二階堂さんたちの物語》(東京・飯田橋、2014年07月19日から)

写真と文章の展示「二階堂さんたちの物語」を、2014年07月19日(土)より、「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)でさせていただきます。

スポンサードリンク

二階堂さんたちの物語
相も変わらずのネコ写真ですが、「NPOもやい」こもれび荘での展示も3回めになります。今回はテーマを絞り、野良猫の二階堂さん・レオさん親子が中心となります。タイトルは【二階堂さんたちの物語】です。とある公園に住みついた二階堂さんがレオさんを出産し、共に仲睦まじく暮らし、日々は淡々と過ぎて…。さて、その後いかがなりましたか、というストーリーを写真と文章で語ろうと思います。今回もどうぞよろしくお願いします。

※詳細は追ってお知らせします。

猫の二階堂さん親子
二階堂さん(向かって右/キジトラ)とレオさん親子。写真はクリックすると大きくなります。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年07月03日

【お知らせ】「生活保護の住宅扶助基準引き下げの動きに関する記者会見」(東京・霞ヶ関、2014年07月09日)

生活保護の住宅扶助基準引き下げの動きに関する記者会見」が、2014年07月09日(水)13時〜、厚生労働記者会(千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎第5号館9F/地図)で行なわれます。

および「生活保護の住宅扶助引き下げ反対賛同」募集中です(※今回は「団体」のみの募集/07月08日迄)。

スポンサードリンク

生活保護の住宅扶助基準引き下げの動きに関する記者会見
日時: 2014年07月09日(水)13時〜
場所: 厚生労働記者会(千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館9F/地図
発言者:
・稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
・尾藤廣喜(弁護士)
・田川英信(元生活保護ケースワーカー)
・安形義弘(全国生活と健康を守る会連合会会長)
・川西浩之(身体障がいをもつ生活保護利用当事者)
・桑島知己(不動産仲介業者)

また前日(7/9)まで「生活保護の住宅扶助引き下げ反対賛同」を募集しています。今回は「団体」のみの募集ということです。

生活保護制度の改悪は自民党・安倍政権の「目玉」政策のひとつです。
とはいえ、「生活保護なんて自分には関係ない」と思われる方も少なくないと思いますが…。
じつは集団的自衛権・武器輸出解禁・原子力発電・労働環境破壊・経済特区・サラ金自由化・カジノ解禁・憲法改悪などの問題と生活保護の問題は根底で深くつながっているのです。
現政権の勧める政策は──ほとんど全てと言って良いほど──「いのちと尊厳を軽視する」という点で共通しています。
その首尾一貫振りは真に恐るべきものです。
「一人の人間が平和のうちに生存できる権利(平和的生存権)」を否定する政治権力は、遅かれ早かれ、全ての人々の平和的生存権を脅かすことになるでしょう。
そのような社会・国家が行き着く先は、弾圧・拷問・人殺し・虐殺・戦争…?
ふざけるな! まっぴらご免だ!
というのが、最低限の常識であり、倫理だとわたし(中村順)は思います。

以下は生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年07月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します(※情報をお知らせください!)。

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年07月)


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月28日

【直前情報】「アベいやね!激おこぷんぷんマーチ!!!」(東京・新宿、2014年06月29日)

アベいやね!激おこぷんぷんマーチ!!!」が、2014年06月29日(日)14時30分〜、東京・新宿で行なわれます(集合: 柏木公園/地図)。小雨決行・荒天中止です。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

アベいやね!激おこぷんぷんマーチ!!!

アベいやね!激おこぷんぷんマーチ!!!

アベじみんの悪政のかずかずに「いやね!」というデモです。集団的自衛権、武器輸出の解禁、消費税増税、原発の再稼動、原発の輸出、秘密保護法、生活保護の切り下げ、残業代ゼロ、TPP、沖縄に基地のおしつけ、東京オリンピック、朝鮮学校無償化排除、日本軍慰安婦問題、、、まだまだたくさん、ありえな~~い!!!

日時→2014年6月29日(日)14:30 (スタート 15:00)

集合→東京・新宿柏木公園 (新宿区西新宿7-14/JR新宿駅より徒歩約6分/地図

小雨決行。荒天中止。
中止のときは当日12:30までにお知らせします。
サイトツイッターフェイスブックで確認して下さい。

当日は見守り弁護士さんが来られます。 また、最後尾に、ビギナーコーナー&撮影禁止コーナーをもうけます。
ただ、写真や動画に、うつってしまうこともあるので、うつりたくないかたは、お面、着ぐるみ、サングラス、プラカードなど、工夫をお願いします。

アベいやね!激おこぷんぷんマーチ!!!

(★転載終了★)

Amazon : 原子力発電

投稿者 kihachin : 20:00 | トラックバック

2014年06月27日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年07月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年07月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、加筆・修正します(※情報をお知らせください!)。

スポンサードリンク

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年07月02日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《総理、いい加減にしてください!!》
《時間が18:30からに変更になっています。お間違えなく。》
《8月は6日(水)におこないます。》
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


生活保護問題対策全国会議「生活保護の住宅扶助基準引き下げの動きに関する記者会見
07月09日(水)13時〜
厚生労働記者会(千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館9F/地図
【発言者】
稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
尾藤廣喜(弁護士)
田川英信(元生活保護ケースワーカー)
安形義弘(全国生活と健康を守る会連合会会長)
川西浩之(身体障がいをもつ生活保護利用当事者)
桑島知己(不動産仲介業者)
※前日(7/8)まで「生活保護の住宅扶助引き下げ反対賛同」を募集しています。なお今回は「団体」に限らせていただいています。


近畿弁護士会連合会人権擁護委員会夏期研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~
07月12日(土)13時30分~17時
クリスタルホール(兵庫県・神戸クリスタルタワー3階/アクセス
定員: 200名(先着順・事前予約不要)
参加費無料
問い合わせ先 : 近畿弁護士会連合会人権擁護委員会担当事務局 林
(TEL 06-6364-1227 FAX 06-6364-7477)


集会「生きる権利 働く権利」
2014年7月13日(日)13時30分〜
東京都三鷹市吉祥寺南コミュニティセンター(武蔵野市吉祥寺南町3-13-1/吉祥寺駅徒歩10分、駅前マルイ前の井の頭通り沿い、歩道橋横/地図
プログラム
1、憲法から考えよう…笹沼弘志(静岡大学教授)さん
2、労働現場から考えよう…山口素明(フリーター全般労働組合)さん
3、体験から考えよう…武蔵野市の工場で、最低賃金以下で働いている人
4、労働・生活保護相談あり
参加費: 100円
主催: 生きる権利・働く権利を実現する会


生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」
07月20日(日)13時〜16時
日司連ホール(東京・四ツ谷/アクセス
☆登壇者
安田浩一さん(ジャーナリスト)
徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ代表)
青砥恭さん(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)
吉祥眞佐緒さん(エープラス代表)
稲葉剛さん(自立生活サポートセンター・もやい代表)
普門大輔さん(弁護士・大阪市生活保護行政問題調査団事務局長)
安形義弘さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)
徳武聡子(司法書士・生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット事務局)
尾藤廣喜さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議代表)
事前申し込み不要・入場無料(カンパ歓迎)
主催: 生活保護問題対策全国会議


講演と歌、パフォーマンスのつどい いま、「生きる」が危ない!~生活保護と憲法を考える
07月26日(土)13時半~16時半
聖イグナチオ教会ヨセフホール(東京・四谷/アクセス
講演: 稲葉剛(NPOもやい)
歌: 寺尾紗穂
ダンスパフォーマンス: ソケリッサ!
参加費: 自由献金制
どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。
主催: 聖イグナチオ生活相談室/ベグライテン/ミシュカの森
共催: 自立生活サポートセンター・もやい/上智大学哲学科
協力: カトリック野宿者支援ネットワーク


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月21日

【お知らせ】研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~」(兵庫県・神戸クリスタルタワー、2014年07月12日)

近畿弁護士会連合会人権擁護委員会が主催する夏期研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~」が、
2014年07月12日(土)13時30分~17時、兵庫県・神戸クリスタルタワー3階で行なわれます。
定員200名(先着順・事前予約不要)、参加費無料です。

スポンサードリンク

ビラ画像はクリックすると大きくなります(PDF ファイルはこちらで)。

(★転載開始★)

今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~

平成26年度近弁連人権擁護委員会夏期研修会
「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~」のご案内

人気タレントの母親が生活保護を利用していたことに端を発した「生活保護バッシング」。その帰結として、2013年12月、「改正」生活保護法が成立しました。同法は扶養義務者に対する調査権限の強化等を内容としていますが、大阪市が「仕送り額のめやす」を定めるなど、法の施行を待たずに扶養義務者への圧力を強める動きも見られます。

そもそも扶養義務とは何なのでしょうか。

先進諸外国は、扶養義務と生活保護の関係について、どのような制度を採用しているのでしょうか。

本年7月からの「改正」法の施行を機会に、「扶養義務と生活保護の関係」を徹底的に深堀りし、あるべき道筋を探りたいと考えています。是非多数ご参加ください。

日 時 平成26年7月12日(土)
13時30分~17時(12時30分受付開始)

場 所 クリスタルホール(神戸クリスタルタワー3階)

定 員 200名(先着順 事前予約不要)

問い合わせ先  近畿弁護士会連合会人権擁護委員会担当事務局 林
(TEL 06-6364-1227 FAX 06-6364-7477)

参加費 無料

詳細はこちら(PDF 書類)

(★転載終了★)

「喜八ログ」の生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月15日

【お知らせ】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日)

生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」》が、2014年07月20日(日)13時〜16時、日司連ホール(東京・四ツ谷/アクセス)で開催されます。《豪華登壇陣のリレー報告》だそうです。事前申し込み不要・入場無料(カンパ歓迎)。

スポンサードリンク

生活保護問題対策全国会議からのお知らせを転載させていただきます。
ビラ画像はクリックすると大きくなります(印刷用のPDFファイルはこちらで)。

(★転載開始★)

生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」

生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会
「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」

日時:2014年7月20日(日)13:00 - 16:00
場所:日司連ホール(東京・四ツ谷/アクセス

 2012年春、人気タレントの母親が生活保護を利用していたことを契機に激しい“生活保護バッシング”が起きました。そして、2013年、史上最大の生活保護基準の引き下げと生活保護法の「改正」が決められ、今、それが順次実行されつつあります。
 一部の政治家に扇動されたバッシングは、バッシングに加担した人々の生活をも脅かし始めています。
 あの”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか。
 現場の第一線で活動する皆さんのリレートークから、一緒に考えたいと思います。

★登壇者★
安田浩一さん(ジャーナリスト)
徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ代表)
青砥恭さん(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)
吉祥眞佐緒さん(エープラス代表)
稲葉剛さん(自立生活サポートセンター・もやい代表)
普門大輔さん(弁護士・大阪市生活保護行政問題調査団事務局長)
安形義弘さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)
徳武聡子(司法書士・生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット事務局)
尾藤廣喜さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議代表)

【主催】生活保護問題対策全国会議

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月14日

【再掲】【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年14日・21日)

写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ/詩:めげぞう》が、東京・飯田橋の「サロン・ド・カフェこもれび(※)」で開催されています。
残りの展示日時は、2014年06月14日(土)11時〜17時、06月21日(土)13時〜17時(パーティー)・18時〜(キャンドルナイト)です。
入場無料(※14日は可能ならばカフェでのオーダー[100円〜]をお願いします)。
なお、21日は『もやい13周年&こもれび荘10周年記念パーティー』です。

(※「サロン・ド・カフェこもれび」は「NPOもやい」が運営するコミュニティカフェです/東京都新宿区新小川町8-20/地図

スポンサードリンク

写真展「けせらん ぱさらん」

写真展「けせらん ぱさらん
写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう
展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
6/7、6/14、6/21
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階 《東京都新宿区新小川町8-20/地図

【うてつあきこさんより】
山形の郷土資料館で見た、ケセランパサラン。
空から降ってくるふわふわした綿毛のような、伝説の生き物で、幸せを運ぶと言われています。
うてつが東京の片隅でケセランパサランを探すように、毎日少しずつ撮り続けた写真たち。
今回、豊かで繊細な感性を持つ、めげぞうさんの詩とともに展示させていただくことになりました。

【めげぞうさんの詩】

『ひねくれもののうた』

後ろを向いてあるこう
背後からせまる
悲しみの色を
見失わぬように

下を向いてあるこう
崩れ落ちたそこが
私の底だから
何度でも 何度でも
底に沈もう

目を閉じてあるこう
こころの中の私は
同じ気持ちだろうか

横を向いてあるこう
大切なあの人は
笑顔の下で 
何を想うのだろう

上を向いてあるこう
あちらの人も私も
いつかは同じなのだから

前を向いてあるこう
目に映る景色を
愛しいものたちを
忘れぬように

以下は「NPOもやい」ウェブサイトの関連記事です。

Amazon : 猫の写真集

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月11日

【お知らせ】「つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!」

つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!」が始動しました。

スポンサードリンク

つくろい東京ファンド」は稲葉剛さん(いなば つよし/「NPOもやい」理事長・「STOP!生活保護基準引き下げ」呼びかけ人など)による新たな挑戦であり、新事業体の名称です。
2013年11月に出版された稲葉剛『生活保護から考える』(岩波新書)の印税を原資として、クラウドファンディングなどで幅広く市民から寄付金を集めて基金を設立。
市民の力でセーフティネットの穴を修繕する」を合言葉に、生活困窮者をサポートする様々なプロジェクトを次々と立ち上げていくそうです。
つくろい東京ファンド
つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!

※つくろい猫の「ぬいちゃん」は松本春野さん(まつもと はるの/イラストレーター・絵本作家)により描かれています。

つくろい東京ファンド」の第一弾企画は個室シェルタープロジェクトです。
個室シェルターは「ホームレス」状態にある人(野宿者)、「ネットカフェ難民」など、住まいのない人たちのための応急的な住居として利用されます。
ただいま、東京都中野区内のビルを改装して、個室シェルター(8部屋を予定)が準備されています。
都内には生活困窮者対象の施設が100軒近く存在しますが、「個室」の施設は数えるほどしかありません。
「すぐに入居できる個室のシェルターがない」という問題は、「東京のセーフティネットの穴」であり、そのことがホームレス問題の解決を妨げています。

Q 相部屋の方が多くの人を支援できるのに、なぜ個室にこだわっているのですか?
 さまざまな背景を抱えた人々が相部屋で集団生活を営むことは非常なストレスを伴います。精神科医らによる調査では、路上生活者の約3割が知的障がい、4割以上が何らかの精神疾患を抱えていることが明らかになっており、集団生活になじめずに施設を飛び出した経験のある人も少なくありません。しかし、福祉事務所の中には路上生活者に対して相部屋の施設への入所を事実上、強要するところも多く、このことが制度からこぼれ落ちる人々を生み出しています。個室の居住環境を用意することは決して「ぜいたく」ではなく、様々な困難を抱えた人々を支援するために必要な条件なのです。 (※稲葉剛公式サイトから転載)

次のページで「つくろい東京ファンド」について懇切丁寧な説明がされています。
ぜひ覗いてみてください!

つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!

稲葉剛さんに関する「喜八ログ」記事の一部です。

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年06月03日

【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年06月07日・14日・21日)

写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ/詩:めげぞう》が、東京・飯田橋の「サロン・ド・カフェこもれび(※)」で開催されています。
残りの展示日時は、2014年06月07日・06月14日・06月21日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料(※可能ならばカフェでのオーダー[100円〜]をお願いします)。
なお、21日は『もやい13周年&こもれび荘10周年記念パーティー』だそうです。

(※「サロン・ド・カフェこもれび」は「NPOもやい」が運営するコミュニティカフェです/東京都新宿区新小川町8-20/地図

スポンサードリンク

写真展「けせらん ぱさらん」

写真展「けせらん ぱさらん
写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう
展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
6/7、6/14、6/21
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階 《東京都新宿区新小川町8-20/地図

【うてつあきこさんより】
山形の郷土資料館で見た、ケセランパサラン。
空から降ってくるふわふわした綿毛のような、伝説の生き物で、幸せを運ぶと言われています。
うてつが東京の片隅でケセランパサランを探すように、毎日少しずつ撮り続けた写真たち。
今回、豊かで繊細な感性を持つ、めげぞうさんの詩とともに展示させていただくことになりました。

【めげぞうさんの詩】

『ひねくれもののうた』

後ろを向いてあるこう
背後からせまる
悲しみの色を
見失わぬように

下を向いてあるこう
崩れ落ちたそこが
私の底だから
何度でも 何度でも
底に沈もう

目を閉じてあるこう
こころの中の私は
同じ気持ちだろうか

横を向いてあるこう
大切なあの人は
笑顔の下で 
何を想うのだろう

上を向いてあるこう
あちらの人も私も
いつかは同じなのだから

前を向いてあるこう
目に映る景色を
愛しいものたちを
忘れぬように

以下は「NPOもやい」ウェブサイトの関連記事です。

Amazon : 猫の写真集

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月31日

生活保護関連のイベント・集会情報(2014年06月・07月)

生活保護制度に関するイベント・集会などの情報(2014年06月・07月)です。
わたし(中村)が個人的に把握している件を時系列順にまとめています。
新たなイベント等が判明しましたら、どんどん加筆・修正します(※情報をお知らせください!)。

スポンサードリンク

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年06月04日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《総理、いい加減にしてください!!
消費税増税、社会保障削減、生活保護改悪・・・それだけじゃない!!
なんでも改悪三昧の、私たちをまったく大切にしない総理、いい加減にしてください!!》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


第29回生活保護勉強会
06月06日(金)18時30分~20時30分
京都府山城広域振興局〈宇治総合庁舎〉3階第3会議室(アクセス
題名: 「相談援助のきほん」
講師: 中野加奈子さん(大谷大学講師)
参加費: 500円
※20時45分より講師を囲んで懇親会を行います(参加費2,000円程度)
主催: 生活保護勉強会


本人訴訟「生活保護変更決定取消請求事件」第1回口頭弁論
06月18日(水)午前10時30分〜
さいたま地裁105法廷(C棟1階/浦和駅西口徒歩約10分)
傍聴席は50人くらいです。
【原告より】原告が意見陳述をしたいと言ったら、書記官から事前検閲を要求されたが、あまりに不当なので、当日まで書面は出さない構えで臨んでいます。
弁護人なしの本人訴訟こそ、当事者主権にふさわしいと、考えるものです。


首都圏生活保護支援法律家ネットワーク「改正生活保護法」実務研修会
06月21日(土)13時~16時30分
日司連ホール(新宿区本塩町9-3 司法書士会館地下1階/JR四ツ谷駅徒歩5分/地図
資料代: 1000円
内容:
寸劇(生活保護法改正と新たな水際作戦)
初心者向け講座、改正生活保護法の要点
生活保護法改正後の実務の見通し
相談申込み状況、配てん状況、相談概要など引下げ問題の現状
主催: 首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
共催: つながる総合相談ネットワーク東京ホームレス総合相談ネットワーク


水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年07月02日(水)18時30分~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
《総理、いい加減にしてください!!》
《時間が18:30からに変更になっています。お間違えなく。》
《8月は6日(水)におこないます。》
《雨天中止です。当日12時の時点で、ブログやTwitterなどでお知らせします》
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会


生活保護問題対策全国会議「生活保護の住宅扶助基準引き下げの動きに関する記者会見
07月09日(水)13時〜
厚生労働記者会(千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館9F/地図
【発言者】
稲葉剛(自立生活サポートセンターもやい理事、住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人)
尾藤廣喜(弁護士)
田川英信(元生活保護ケースワーカー)
安形義弘(全国生活と健康を守る会連合会会長)
川西浩之(身体障がいをもつ生活保護利用当事者)
桑島知己(不動産仲介業者)
※前日(7/8)まで「生活保護の住宅扶助引き下げ反対賛同」を募集しています。なお今回は「団体」に限らせていただいています。


近畿弁護士会連合会人権擁護委員会夏期研修会「今、改めて生活保護と扶養義務のあり方を考える~生存権保障が空洞化する前に~
07月12日(土)13時30分~17時
クリスタルホール(兵庫県・神戸クリスタルタワー3階/アクセス
定員: 200名(先着順・事前予約不要)
参加費無料
問い合わせ先 : 近畿弁護士会連合会人権擁護委員会担当事務局 林
(TEL 06-6364-1227 FAX 06-6364-7477)


集会「生きる権利 働く権利」
2014年7月13日(日)13時30分〜
東京都三鷹市吉祥寺南コミュニティセンター(武蔵野市吉祥寺南町3-13-1/吉祥寺駅徒歩10分、駅前マルイ前の井の頭通り沿い、歩道橋横/地図
プログラム
1、憲法から考えよう…笹沼弘志(静岡大学教授)さん
2、労働現場から考えよう…山口素明(フリーター全般労働組合)さん
3、体験から考えよう…武蔵野市の工場で、最低賃金以下で働いている人
4、労働・生活保護相談あり
参加費: 100円
主催: 生きる権利・働く権利を実現する会


生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」
07月20日(日)13時〜16時
日司連ホール(東京・四ツ谷/アクセス
☆登壇者
安田浩一さん(ジャーナリスト)
徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ代表)
青砥恭さん(NPO法人さいたまユースサポートネット代表)
吉祥眞佐緒さん(エープラス代表)
稲葉剛さん(自立生活サポートセンター・もやい代表)
普門大輔さん(弁護士・大阪市生活保護行政問題調査団事務局長)
安形義弘さん(全国生活と健康を守る会連合会会長)
徳武聡子(司法書士・生活保護基準引き下げにNO!全国争訟ネット事務局)
尾藤廣喜さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議代表)
事前申し込み不要・入場無料(カンパ歓迎)
主催: 生活保護問題対策全国会議


講演と歌、パフォーマンスのつどい いま、「生きる」が危ない!~生活保護と憲法を考える
07月26日(土)13時半~16時半
聖イグナチオ教会ヨセフホール(東京・四谷/アクセス
講演: 稲葉剛(NPOもやい)
歌: 寺尾紗穂
ダンスパフォーマンス: ソケリッサ!
参加費: 自由献金制
どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。
主催: 聖イグナチオ生活相談室/ベグライテン/ミシュカの森
共催: 自立生活サポートセンター・もやい/上智大学哲学科
協力: カトリック野宿者支援ネットワーク


Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月29日

【お知らせ】《第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》(東京・日比谷、2014年06月12日)

第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》が、2014年06月12日(木)18時45分〜20時15分、東京・日比谷コンベンションホール・大ホール(東京都千代田区日比谷公園1-4〈旧・都立日比谷図書館〉/アクセス)で行なわれます。入場無料です。

日隅一雄・情報流通促進賞2014大賞決定!

スポンサードリンク

日隅一雄さん(ひずみ かずお/弁護士/1963-2012)は産経新聞記者を経て弁護士となり、インターネット新聞「News for the People in Japan」編集長などの活動を通じて、市民社会に多大な貢献をされました。
特に2011年03月12日の東京電力原発過酷事故発生以降は、東京電力・政府・「原子力ムラ」の責任を厳しく追求。末期がんで「余命半年」と宣告された後も、日隅一雄さんは前にも増して精力的な活動を展開されました。
わたしは2008年頃、知人から「日隅さんの働きぶり──弁護士として、市民活動家として──は誰にも真似できないほど猛烈なので、周囲の人たちは彼が早死するのではないかと、かなり本気で心配している」とお聞きしたことがあります。
残念ながら、その危惧は当たってしまいました。
日隅一雄さんは2012年06月12日逝去され(享年49歳)、その2周年の日に《第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式》が行なわれます。

(★転載開始★)

第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式
2014年6月12日 於日比谷コンベンションホール(大ホール)

(転送、転載大歓迎)

日隅一雄・情報流通促進賞は、表現の自由、情報公開、国民主権の促進に生涯を捧げた日隅さんの理念を基に、日隅一雄・情報流通促進基金によって2012年に設立されました。公正な情報の流通の促進をし、真の国民主権の実現に貢献している個人や団体を顕彰し、支援を行うことを目的としています。
このたび、選考委員による選考を経て本年度の受賞者を決定し、下記のとおり、日隅さんの二周忌である6月12日に表彰式と選考委員のミニ講演会を開催いたします。

多彩な受賞者のみなさまからスピーチをいただくとともに、今後の日本社会のあり方をみなさまとともに考えたいと思います。
みなさまのご参加をお待ちしております。

●プログラム

<選考委員による講演>
「壊す、拾う、創る」 落合恵子(作家)
「秘密保護を越えて開かれた政府へ」 三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)

<表彰式(かっこ内は贈賞項目・理由等)>
・大賞
満田夏花・阪上武
(フクロウ・FoEチャンネルによる福島原発事故の被害者支援や情報発信活動等)

・奨励賞
日野行介
(書籍「福島原発事故 県民健康管理調査の闇」)
海上ヘリ基地建設反対・平和と名護市政民主化を求める協議会
(米軍基地建設に反対する運動)

・特別賞
福島原発事故記録チーム
(書籍「東電テレビ会議 49時間の記録」)
秘密保全法に反対する愛知の会
(秘密保護法成立反対及び成立後の廃止のための活動)

●日時
2014年 6月12日(木)午後6時45分~8時15分(開場 午後6時15分)

●会場
日比谷コンベンションホール(大ホール)
東京都千代田区日比谷公園1-4(旧・都立日比谷図書館)
東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」C3(※C4出口工事中)・B2出口より徒歩約5分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」 A14出口より徒歩約7分《アクセス

●参加費
無料

●主催
日隅一雄・情報流通促進基金

●共催
NPJ(News for the People in Japan)

【問い合わせ先】東京千代田法律事務所 03−3255−8877

(★転載終了★)

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります/PDFファイル〈表・裏〉はこちらです)
第2回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式

Amazon : 日隅一雄

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月25日

【お知らせ】「大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)」(大阪市エルおおさか、2014年05月28日)

大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)」が、2014年05月28日(水)18時30分〜、大阪市エルおおさか南館ホール(大阪市中央区北浜東3-14/アクセス)で開催されます。
また、05月28日(水)・29日(木)の両日にわたって大阪市内各所で学習会・区役所との交渉・集会・記者会見が行なわれます。
これらの集会・交渉行動には、関心のある方ならどなたでもご参加いただけます(特に資格は必要ありません/調査団の交渉行動に参加してみようと思う方はこちらの要領で FAX にてお申し込み下さい)。

スポンサードリンク

関連情報を「生活保護問題対策全国会議」ブログから転載させていただきます。

大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)

大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮称)

保護率が日本一高いといわれる大阪市。
その大阪市での生活保護の運用は、一体どうなっているのでしょうか。
区役所での交渉結果をご報告しながら、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

日時: 2014年05月28日(水)18時30分〜
場所: 大阪市エルおおさか(大阪府立労働センター)南館ホール(大阪市中央区北浜東3-14/アクセス
主催: 大阪市生活保護行政問題全国調査団実行委員会
連絡先: 普門法律事務所 大阪市北区天神橋3丁目3番3号南森町イシカワビル7階 電話06-6354-1616 FAX06-6354-1617


大阪市及び区役所との交渉行動

【大阪市生活保護行政問題全国調査団】~大阪市及び区役所との交渉行動

大阪市内各所で学習会・区役所との交渉・集会・記者会見
日時: 05月28日(水)・29日(木)
主催: 大阪市生活保護行政問題全国調査団実行委員会
連絡先: 普門法律事務所 大阪市北区天神橋3丁目3番3号南森町イシカワビル7階 電話06-6354-1616 FAX06-6354-1617

調査団の交渉行動には、関心のある方ならどなたでもご参加いただけます(特に資格は必要ありません)。
参加してみようと思う方はリンク先の要領で FAX にてお申し込み下さい。
募集チラシ(PDF)

以下は生活保護や社会保障制度に関するわたし(中村順)個人の意見を述べたブログ記事です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月23日

【お知らせ】生活保護制度を考える集会情報(2014年05月下旬)

生活保護「改悪」に反対する集会が05月下旬に集中しています。安倍政権の「戦争」に傾斜する姿勢と、生活保護を始めとする社会保障制度への敵視は、同じカードの裏表です。一人のいのちと尊厳を軽んじる政府は──遅かれ早かれ──99%の人々に対して圧政を行なうようになるでしょう。

スポンサードリンク

《7月から何が変わるのか? ここが知りたい、生活保護「改正」法》集会
05月24日(土)13時半〜
大阪グリーン会館2階ホール(大阪府大阪市北区天神橋1-13-15/地図
講師: 小久保哲郎さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議・STOP!生活保護基準引き下げ)
参加費・資料代: 1000 円(学生と生活保護利用者は無料)
主催: 大生連/大阪自治労連/大阪社保協
問合わせ: 大阪社保協 Tel 06-6354-8662 Fax 06-6357-0846
ビラ画像(PDF ファイル


研究発表×シンポジウム 「生活保護利用者・生活困窮者への就労支援を考える」
05月25日(日)13時~16時30分
東京都・南部労政会館(東京都品川区大崎1-11-1/アクセス
研究発表・報告:
布川日佐史さん(法政大学)
仲野浩司郎さん(大阪市羽曳野市役所)
平田智子さん(社会福祉法人生活クラブ風の村)
シンポジウム:
コーディネーター 吉永純さん(全国公的扶助研究会会長・花園大学)
参加費: 800円
↓詳しくはこちらをダウンロードしてください。
チラシ(PDF)
主催: 全国公的扶助研究会


大阪市の生活保護行政を考える市民集会~区役所交渉でなにがわかったのか~(仮)
05月28日(水)18時30分〜
大阪市エルおおさか(大阪府立労働センター)南館ホール(大阪市中央区北浜東3-14/アクセス
保護率が日本一高いといわれる大阪市。
その大阪市での生活保護の運用は、一体どうなっているのでしょうか。
区役所での交渉結果をご報告しながら、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
主催: 大阪市生活保護行政問題全国調査団実行委員会
連絡先: 普門法律事務所 大阪市北区天神橋3丁目3番3号南森町イシカワビル7階 電話06-6354-1616 FAX06-6354-1617


【大阪市生活保護行政問題全国調査団】~大阪市及び区役所との交渉行動
05月28日(水)・29日(木)
大阪市内各所で学習会・区役所との交渉・集会・記者会見
主催: 大阪市生活保護行政問題全国調査団実行委員会
連絡先: 普門法律事務所 大阪市北区天神橋3丁目3番3号南森町イシカワビル7階 電話06-6354-1616 FAX06-6354-1617
調査団の交渉行動には、関心のある方ならどなたでもご参加いただけます(特に資格は必要ありません)。
参加してみようと思う方はリンク先の要領で FAX にてお申し込み下さい。
募集チラシ(PDF)

「喜八ログ」の生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月22日

【お知らせ】稲葉剛さん(NPOもやい)の公式サイトが開設されました

稲葉剛さん(いなば つよし/「NPOもやい」代表・「STOP!生活保護基準引き下げ」呼びかけ人)の公式ウェブサイトが公開されました。

稲葉剛公式サイト いのち・すまい・けんり - 貧困の現場から社会を変える

スポンサードリンク

稲葉剛公式サイト
稲葉剛公式サイト/写真撮影は迫川尚子さん(新宿ベルク

稲葉 剛(いなば つよし)

略歴
1969年、広島県広島市生まれ。両親は原爆投下直後の広島に疎開先から入った「入市被爆者」であり、被爆二世として戦争や平和の問題に敏感な子どもとして育つ。
東京大学教養学部教養学科卒(専門は東南アジアの地域研究)。在学中から平和運動、外国人労働者支援活動に関わり、1994年より東京・新宿を中心に路上生活者支援活動に取り組む。
2001年、湯浅誠らと共に自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者の相談・支援活動を開始。学習塾講師として生計を立てながら活動を続けるが、2008~09年の派遣切り問題を機に退職し、活動に専念することに。
2009年、住まいの貧困に取り組むネットワークを設立し、住宅政策の転換を求める活動を始める。また、2011年より生活保護制度の改悪に反対するキャンペーンに本格的に取り組んでいる。

現職
特定非営利活動法人自立生活サポートセンター・もやい理事長
住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人
生活保護問題対策全国会議幹事
一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット理事
一般社団法人自由と生存の家理事
埼玉大学非常勤講師

(※以上は公式サイトプロフィールページから)

稲葉剛さんからは、その行動・発言・著作を通じて、2008年以降きわめて多くのことを教えていただいています。
ある意味で稲葉さんはわたし(中村順)にとって「教師」のような存在でしょう。
と言いつつ、かなり態度の悪い「生徒」ではありますが…(汗)。
以下は「喜八ログ」の稲葉さんに関する記事です。
今回まとめてみて、その数の多さにわたしも驚きました!
これでも「一部」でして、全てではありません。
こうして見ると、近年わたしが最も強く影響を受けた人のひとりが稲葉剛さんである、と確実に言えそうです。
稲葉さん、改めまして、ありがとうございます。

Amazon : 稲葉剛

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月20日

【お知らせ】《Against性暴力:性暴力加害者東京行動宣言》集会(東京・千歳烏山、2014年06月01日)

以下の集いは中止となりました

第1回Against性暴力:性暴力加害者東京行動集会》が、2014年06月01日(日)13時30分〜16時45分、烏山区民センター第2会議室(東京都世田谷区南烏山6-2-19/京王線千歳烏山駅徒歩1分/地図)で開催されます。入場無料・カンパ歓迎です。

スポンサードリンク

Against性暴力:性暴力加害者東京行動」ブログから集会案内を転載させていただきます。

(★転載開始★)

Against性暴力:性暴力加害者東京行動宣言

          =集会のご案内=

=======================================================  
集会名  第1回Against性暴力:性暴力加害者東京行動集会
テーマ  日本社会に性暴力加害を放置しないために私たちが今するべきこと
日 時  2014年6月1日(日)午後1時開場、1時半~4時45分
場 所  烏山区民センター第2会議室(入場無料、カンパ歓迎)
住所・交通 東京都世田谷区南烏山6-2-19 京王線千歳烏山駅徒歩1分 《地図
主 催  Against性暴力:性暴力加害者東京行動
連絡先  nsvtofmtokyo@gmail.com 090-8409-2315(加藤)
=======================================================

私たちは、性暴力加害者である。
キャバクラでセクハラ(注1)をし、風俗産業等で買春(注2)をし、あるいは別の方法で性暴力を行使し、
他者の安全や尊厳を犠牲とすることそのもので、自らの性・支配・安全・承認の欲求を満たしてきた。

性暴力とは、性における力の乱用を伴うすべての行動や言動である。
それが法の規制の対象であるのかどうか、「代価」を「支払った」 (だが本当に「代価」を支払うことなど可能なのだろうか?) かどうかだけが問題なのではない。
当然であるが、それが暴力であることが問題なのである。

このことを抜きにしたまま、私たちは自由も生存も、語ることはできない。
その性暴力加害が、いつ、誰に対して、どのような形で行われたものであっても。
他者への人権侵害を放置したまま、自らの人権を主張することは許されない。
 
今までも、今も、ここででも、別のところでも、性暴力加害は続いている。
労働で、職場で、家庭で、学校で、施設で、街頭で、ネットで、より「弱い」者を追い、求め、造り出しながら。
対等な関係を、合意を得ることなく、金銭や様々な力を乱用し、時には直接的に、時には別の形態で。

労働としても、個別的にも、私人の間でも、制度的にも、社会的にも、国家的にも、市場的にも、軍事的にも、行われ、放置・正当化され続けている。
性暴力放置が前提とされて、近代国家や今の私たちの社会があるのではないか。

性暴力加害、性暴力加害者は、それを放置する個人は、市場は、社会は、国家は、国際社会は、被害者から自由を尊厳を、時に生存をも奪い続けている。

のみならず、性暴力を正当化する政治家を含めた性差別者達の言説が一層勢いを増している。それらは、経済格差、レイシズムを始めとするあらゆる差別・不平等と結託しながら、加害を加害と認めない否認という性暴力の特徴を狡猾に利用する。そして、性暴力を性暴力とみなさない空気を、社会に人々に(人々が性暴力の否認に自覚的であれ無自覚的であれ)増殖・定着させている。

私たちは、それらを許さない。性暴力を、その放置を、その正当化を許さない。
そのための議論を、行動を起こす。

私たちは自らの行動に、加担に、放置に、責任を果たすために行動を起こす。

そのための集会を上記の通り提起する。
多数の関心ある人々の参加を、議論を、待ち望んでいる。

2014年5月4日 Against性暴力:性暴力加害者東京行動

(注1)「…。給与の未払いとともに、某サンデージャポンという番組で某テリー伊藤は言った。『キャバクラってセクハラされるのが仕事でしょ?』 私たちは怒りくるった。今でも某テリー伊藤には怒っている。…」(キャバクラユニオン「業界改善から撲滅へ 業界撲滅宣言」布施えり子、地球公論RELOADEDNo.22、2014年3月31日発行)  
(注2)「売春防止法第三条 」では、「何人も、売春・・・の相手方となつてはならない。」と買春を禁じている。しかし同法での刑事処分対象は、売春の一定の方法での勧誘、周旋、困惑等をさせて売春させること等であり、買春は刑事処分の対象となっていない。

(★転載終了★)

Amazon : テッサ・モーリス-スズキ

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月12日

【お知らせ】《7月から何が変わるのか? ここが知りたい、生活保護「改正」法》集会(大阪グリーン会館、2014年05月24日)

7月から何が変わるのか? ここが知りたい、生活保護「改正」法》集会が、2014年05月24日(土)13時半〜、大阪グリーン会館2階ホール(大阪府大阪市北区天神橋1-13-15/地図)で開催されます。
講師は小久保哲郎さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議STOP!生活保護基準引き下げ)。
参加費・資料代は1000円です(※生活保護利用当時者と学生は無料)。

スポンサードリンク

集会のビラ画像はクリックすると大きくなります。
(※印刷用の PDF ファイルはこちら

7月から何が変わるのか? ここが知りたい、生活保護「改正」法

7月から何が変わるのか?
ここが知りたい、生活保護「改正」法」

 7月から生活保護法が「改正」されます。何が変わり、何が変わらないのか? 扶養のこと、手続きのこと、どうなるのか? あなたは正しく答えることができますか?
 まずは法の変更点などを正しく学んだ上で、各分野での対応を考えていこうとの趣旨の学習会を企画しました。福祉事務所で働くケースワーカーのみなさん、医療・福祉・介護現場で働くみなさん、どなたでもご参加いただけます。なお、資料準備の関係上、事前に参加申し込みをお願いします。

2014年5月24日(土)13時半~
大阪グリーン会館2階ホール
(南森町徒歩5分/地図

☆講師 小久保哲郎弁護士(生活保護問題対策全国会議事務局長)
☆参加費・資料代 1000 円(学生と生活保護利用者は無料)
☆主催 大生連/大阪自治労連/大阪社保協
☆問合わせ 大阪社保協 Tel 06-6354-8662 Fax 06-6357-0846

以下は「喜八ログ」の生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月09日

【お知らせ】写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう》(東京・飯田橋、2014年05月・06月)

写真展「けせらん ぱさらん」《写真:うてつ あきこ/詩:めげぞう》が、東京・飯田橋の「サロン・ド・カフェこもれび(※)」で開催されます。
展示日時は、2014年05月10日・05月17日・05月24日・06月07日・06月14日・06月21日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料(※可能ならばカフェでのオーダー[100円〜]をお願いします)。

(※「サロン・ド・カフェこもれび」は「NPOもやい」が運営するコミュニティカフェです/東京都新宿区新小川町8-20/地図

スポンサードリンク

写真展「けせらん ぱさらん」

写真展「けせらん ぱさらん
写真:うてつ あきこ 詩:めげぞう
展示日時:サロン・ド・カフェこもれび開店日
5/10、5/17、5/24、6/7、6/14、6/21
午前11時~午後5時
展示場所:こもれび荘1階 《東京都新宿区新小川町8-20/地図

【うてつあきこさんより】
山形の郷土資料館で見た、ケセランパサラン。
空から降ってくるふわふわした綿毛のような、伝説の生き物で、幸せを運ぶと言われています。
うてつが東京の片隅でケセランパサランを探すように、毎日少しずつ撮り続けた写真たち。
今回、豊かで繊細な感性を持つ、めげぞうさんの詩とともに展示させていただくことになりました。

うてつあきこさんに関する弊ブログの記事(の一部)です。

Amazon : 猫の写真集

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月07日

【お知らせ】「オンナが語る派遣労働 派遣労働者抜きで派遣労働法の改悪をするな!!」(東京・大崎、2014年05月11日)

オンナが語る派遣労働 派遣労働者抜きで派遣労働法の改悪をするな!!》集会が、2014年05月11日(日)13時~16時、東京・大崎の南部労政会館(大崎労働情報センター)第2会議室で開催されます(地図)。資料代500円です。

スポンサードリンク

宇山洋美さんからのお知らせを転載させていただきます。

(★転載開始★)

~転載歓迎~

オンナが語る派遣労働

派遣労働者抜きで派遣労働法の改悪をするな!! 

「3年で雇い止め」「生涯派遣」こんな文字が新聞に踊った今回の「改正」法案。
でも、実際は私たち派遣労働者はどうなるんだろう。
どうすれば生き延びられるんだろう。
非正規の7割は女性であり、派遣労働者も女性のほうが多い。
ということは派遣労働問題は働く女性の問題でもあります。
女性の派遣労働者が自分たちの働き方を訴えます。

女性の派遣労働者による女性の派遣労働者のための集会です。
生の声をお聞き下さい。

日時:5月11日(日) 13時~16時
場所:大崎 南部労政会館(大崎労働情報センター)第2会議室     
JR大崎駅 新南口下車 (地図
内容 資料代 300円

主催;派遣労働者小グループ
賛同 働く女性の全国センター(ACW2)
   全国一般労働組合東京南部
   女性ユニオン東京

(★転載終了★)

Amazon : アジア女性資料センター

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年05月03日

【お知らせ】水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション(2014年05月07日、東京・永田町)

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクションが、2014年05月07日(水)18時~20時、首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)で行なわれます(雨天中止)。
呼びかけ団体はこのまますすむと困っちゃう人々の会です。

スポンサードリンク


首相官邸前

えっ!?このまますすんじゃっていいの?  消費税増税? 生活保護改悪? 社会保障切り捨て? そんなあれこれ・・・
 ~総理!私たちの声をきいてください!~
皆さんのおいでを、おまちしています!
雨天など悪天候時は中止になりますのでご注意ください。

水曜夕暮れ官邸前。 《このまますすむと困っちゃう!!》アクション
2014年05月07日(水)18時~20時
首相官邸前(地下鉄丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)
呼びかけ団体: このまますすむと困っちゃう人々の会

以下は弊ブログの生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年04月25日

【お知らせ】《生活保護緊急110番 ~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~》(電話相談および神奈川会場での面談相談、2014年04月27日)

生活保護緊急110番 ~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~》が、2014年04月27日(日)10時〜16時、実施されます。主催は全国青年司法書士協議会(全青司)です。

電話相談」および「面談相談
電話番号: 【0120-052-088】 (通話料無料・全国共通)
面談相談(神奈川会場のみ/予約不要): 神奈川県司法書士会館1階(〒231-0024 横浜市中区吉浜町1番地/JR根岸線「石川町」駅北口下車徒歩1分/アクセス


スポンサードリンク

全国青年司法書士協議会」のウェブサイトから転載させていただきます。

(★転載開始★)

生活保護緊急110番
~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~

【開催概要】
  日  時  平成26年4月27日(日)午前10時~午後4時
  電話番号  0120-052-088 (通話料無料・全国共通)
  相談方法  電話相談 及び 面談相談(下記会場のみ)
  面談会場  神奈川県司法書士会館1階
        〒231-0024 横浜市中区吉浜町1番地(予約不要)《アクセス

【開催趣旨】
 生活保護制度は、憲法25条に規定されている「生存権」を具体化し、すべての市民に対し、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する、文字通り「最後のセーフティネット」です。
 しかしながら、昨今の情勢を鑑みると、政府は、デフレによる物価下落などを理由として、昨年8月、生活保護基準の引下げを実際に強行し、さらに、今年の4月・来年の4月と2度にわたり、生活保護基準の再度の引き下げを予定しています。また、各地の福祉事務所において、相変わらず、いわゆる水際作戦などの申請権の侵害行為が見らます。
 政府の経済政策により、物価の全面的な上昇が見られ、さらに消費税率の8%へのアップがこの4月に実施され、再度の生活保護基準の引き下げにより、生活保護受給者の実質的な家計状況はさらに苦しくなり、受給者の不安が高まっています。

 当協議会においては、このような状況の中、毎年行っている全国一斉生活保護110番に加え、今回、「生活保護緊急110番~生活保護基準引き下げ、消費税増税、生活苦SOS~」の開催を企画いたしました。
 本110番においては、全国に住む生活困窮者(生活保護受給中の人を含む)を対象に、電話相談(一部地域は面談あり)を開設し、その後、要対応ケースについては、福祉事務所等への同行、審査請求・再審査請求などの諸手続の情報提供・申請サポート等の支援を行います。

 これまで当協議会が実施する全国一斉生活保護110番は、昨年で10回を迎えましたが、相談支援や同行支援などの場面で一定の成果を出し続けてきております。
 今回の生活保護基準の引き下げと受給者・困窮者の生活への生活不安に対し、安心して法律専門職能に相談できる窓口を設けることにより、憲法で保障された市民の生存権を守りつつ、生活保護制度の改悪を食い止めていきたいと思っています。

(★転載終了★)

以下は弊ブログの生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年04月22日

【お知らせ】《生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会(埼玉県浦和市、2014年04月25日)

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会が、2014年04月25日(金)18時30分〜21時、埼玉県・浦和コミュニティセンター第14集会室で開催されます(アクセス)。
講師は白井康彦さん(「中日新聞」編集委員)。
どなたでも参加可》。資料代500円。
主催は「生活保護制度を考える会」です。

スポンサードリンク

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?》集会講師の白井康彦さんは貧困問題に真摯なまなざしを向けるジャーナリストです。
STOP!生活保護基準引き下げ」アクションのなかまでもあります。
白井さんは生活保護基準引き下げにおける「生活扶助相当CPI(生活扶助相当消費者物価指数)」の《デタラメさ》を追求されています。

論文: 白井康彦「Q&A 絶対におかしい生活扶助相当CPI」『間違いだらけの生活保護「改革」』生活保護問題対策全国会議編、明石書店(2013)75-85頁

(※ビラ画像はクリックすると大きくなります)
生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?

(★転載開始★)

生活保護制度を考える 基準引き下げは厚労省のブラック指標!?

と き 4月25日(金)午後6時30分〜9時

ところ 浦和コミュニティセンター第14集会室 (浦和駅東口前パルコ10F/アクセス)

お 話 白井康彦さん(中日新聞編集委員)  資料代 500円

 7月から「改正」生活保護法が施行されるが、生活保護法成立以来、初めて条文に手を入れるという「大改革」だ。生活保護法は憲法25条の生存権に基づき、すべての国民に健康で文化的な生活を保障する法律。国民のナショナルミニマム(最低生活基準)であり、医療・介護保険、最低賃金、就学援助などの基準として、社会保障を支える岩盤の役割を果たしている。

 自民党の「生活保護に関するプロジェクトチーム」は2012年4月に「生活保護費一律10%カットや調査権限の強化」などの政策を発表し、参議院議員片山さつきらが「不正受給が蔓延、生活保護費は高すぎる」と、バッシングの論客として活躍、マスコミはそれを増幅させた。

 こうしたなか、生活保護費の大幅基準引き下げが、昨年8月から3段階に渡って実施されている。中日新聞編集委員の白井康彦さんは、基準引き下げについて「命を削る厚労省のブラック指標であり、前代未聞の算出式である」と指摘する。3年間かけて約670億円の削減がされるが、生活保護利用者の家計を直撃している。生活扶助費とは食費や水光熱費などの生活費を指す。

今回の基準引き下げは、厚労省が恣意的に創作した「生活扶助相当物価指数」というブラック指標で、物価下落が通常の物価指数の2倍以上になるというインチキなデフレ論。総務省の消費者物価指数では2.26%しか下落していないのに、厚労省方式では、生活保護世帯ではなんと4.78%も下落していることになった。早くから厚労省のデタラメを指摘し、中日新聞・東京新聞に記事を発表してきた中日新聞編集委員の白井康彦さんを招いて学習会を行う。ぜひ、ご参加を!

主催 生活保護制度を考える会

E:mail 25jeunokai@gmail.com TEL 070-5430-9958


(★転載終了★)

以下は弊ブログの生活保護関連記事(の一部)です。

Amazon : 生活保護

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック

2014年04月19日

【お知らせ】「イラク・ファルージャ虐殺10年企画 ーイラク戦争がもたらしたもの、日本のこれからー」(東京・御茶ノ水、2014年04月20日)

イラク・ファルージャ虐殺10年企画 ーイラク戦争がもたらしたもの、日本のこれからー」が、2014年04月20日(日)12時〜19時半、東京・御茶ノ水の明治大学リバティータワー1階1011号室で開催されます(東京都千代田区神田駿河台1-1/アクセス)。
資料代500円(カンパ歓迎)。
主催は「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」・「社会思想史研究会」です。

スポンサードリンク

ビラ画像はクリックすると大きくなります。

イラク・ファルージャ虐殺10年企画 ーイラク戦争がもたらしたもの、日本のこれからー

◇・・・◇・・・◇・・・◇

イラク・ファルージャ虐殺10年企画

ファルージャ10

― イラク戦争がもたらしたもの、日本のこれからー

◇・・・◇・・・◇・・・◇

米軍によるイラク占領の中でも、 最悪の戦争犯罪と言えるイラク西部 ファルージャでの無差別虐殺から10年。その最前線に立ったのは、 沖縄を拠点とする海兵隊だった。

「対テロ」の名の下の虐殺は、米軍 からイラク政府に引き継がれ、反イラク政府派への猛攻撃が市民を 巻き込むかたちで繰り返されている。たった今も進行中の人道危機に 目を向け、改めてイラク戦争がもたらした災厄を検証すると同時に、 私達日本の市民がすべきことを模索する。

また、安倍政権の元、急速 に進められる「戦争できる国」の危うさを、ファルージャという具体的 視点から考えていく。

○イベント日時
2014年4月20日12時から19時半
12:00~15:50 映画「ファルージャ」ほか、関連映像の上映
16:00~16:30 高遠菜穂子ファルージャ支援報告
16:45~19:30 トークセッション「ファルージャと“戦争できる国”」(仮題)

○会場
明治大学リバティータワー 1階1011号室 《東京都千代田区神田駿河台1-1/アクセス

○資料代
500円(*カンパ大歓迎)

○主催団体
イラク戦争の検証を求めるネットワーク
社会思想史研究会

○お問い合わせ
Email:office@iraqwar-inquiry.net
電話:090-9328-9861

Amazon : 志葉玲

投稿者 kihachin : 09:00 | トラックバック

2014年04月17日

【緊急お知らせ】『ブラック企業を許さない! 立ち上がった若者から学ぶ闘い方マニュアル』出版記念シンポジウム(東京・御茶ノ水、2014年04月17日)

ブラック企業を許さない! 立ち上がった若者から学ぶ闘い方マニュアルブラック企業被害対策弁護団編・清水直子(プレカリアートユニオン)著/かもがわ出版(2014.4)の出版記念シンポジウムが、2014年04月17日(木)18時30分~20時、東京・御茶ノ水「連合会館(旧総評会館)」4階401会議室(東京メトロ新御茶ノ水駅B3出口徒歩0分/アクセス)で開催されます。参加費無料です。

☆☆出版記念シンポジウムのご案内☆☆
(レイバーネット)

スポンサードリンク

レイバーネットからお知らせを転載させていただきます。

ブラック企業を許さない! 立ち上がった若者から学ぶ闘い方マニュアル
ブラック企業を許さない! 立ち上がった若者から学ぶ闘い方マニュアル
ブラック企業被害対策弁護団:編 清水直子:著
かもがわ出版(2014年4月15日) 定価 本体価格1,400円+税

☆☆出版記念シンポジウムのご案内☆☆

本書出版を記念して、下記のとおり、シンポジウムを行います。
みなさま、ふるってご参加ください!!

日時:2014年4月17日(木)18:30~20:00
場所:連合会館(旧総評会館)4階 401会議室
   東京メトロ新御茶ノ水駅B3出口徒歩0分/アクセス

【内容】
●ブラック企業の何が問題か(戸舘圭之弁護士)
●新入社員におくる「ブラック企業」対策
●本書に登場した当事者が語る「あのときこうしておけば」と「これができ
てよかった」
●弁護士が語る「なぜ労働組合が頼りになるのか」(嶋崎量弁護士)
●労働組合には何ができる?(清水直子)
●ブラック企業を許さない社会とは
参加費:無料
※当日は、弁護団編、清水直子著『ブラック企業を許さない!
(定価1400円+税)を販売いたしますのでぜひお買い求めください。
==主催==
ブラック企業被害対策弁護団(代表:佐々木亮弁護士)
連絡先  ブラック企業被害対策弁護団
事務局長 弁護士 戸舘 圭之
TEL03-3288─0112/FAX03-3288-0113

弊ブログの清水直子さん(しみず なおこ/フリーライター・プレカリアートユニオン書記長)に関する記事(の一部)です。
清水直子さん、いつもお世話になっています。ありがとうございます!

弊ブログのかもがわ出版に関する記事(の一部)です。
かもがわ出版編集長松竹伸幸さん(まつたけ のぶゆき/ジャーナリスト・日本平和学会会員[外交・安全保障])にはこれまで多くのことを教えていただきました。ありがとうございます。

Amazon : 清水直子

投稿者 kihachin : 08:00 | トラックバック