【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 似顔絵イラスト(その2) | メイン | ガッツ石松さんのサイト »


2004年07月27日

プロ野球の話

近鉄とオリックスは「合併」と言っていますが、これは実質的には球団をひとつ消滅させるという話です。
歴史ある球団を勝手に消滅させる権利が一介の経営者にあるのでしょうか?
大いに疑問です。

赤字経営を理由に球団を消滅させるよりは売却すればいい」というのはもっとも常識的な意見です。そして多くのプロ野球ファンの意見でもあります。

けれども買収に名乗りを上げたライブドアの堀江貴文社長は、はっきりとした理由も告げられずに頭から拒否されています。近鉄側の関係者からは「不愉快だ」というような感情論しか聞こえてきません。

感情論で会社経営を行なうというのは、ビジネスとして非常に不思議なやり方ですね。
正直なところ資本主義世界の話とも思えません・・・。


投稿者 kihachin : 2004年07月27日 21:15

« 似顔絵イラスト(その2) | メイン | ガッツ石松さんのサイト »



コメント