【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 09-10のトレーニング | メイン | 09-11のトレーニング »


2004年09月10日

『サヨナラ、学校化社会』上野千鶴子より引用

オヤジは年齢・性別カテゴリーではありません。若くてもオヤジはいますし、女でもオヤジになります。つまりオヤジとは、この社会で既得権をもった人びとの別名です。

『サヨナラ、学校化社会』上野千鶴子、太郎次郎社(2002)より引用。

上野千鶴子。社会学者。日本における「マルクス主義フェミニスト」の第一人者。きわめて戦闘的な論客(凡庸な「知識人」などは木っ端微塵に吹っ飛ばされる)であり、草の根のネットワークに足を運び続けてきた現場主義者でもある。『女性学年報』を編集して日本の女性学を手弁当で育て上げた一人。

参考ページ


投稿者 kihachin : 2004年09月10日 21:45

« 09-10のトレーニング | メイン | 09-11のトレーニング »



コメント

トラバありがとうございます~。
上野千鶴子を読んだのは、もうずいぶん前のことでしたが、これを機会にまた読み直そうかなぁと思っております。
こちらのブログ、面白そうなので、またよらせていただきますね~。
ではご挨拶までm(_ _)m。

投稿者 点子 : 2004年12月16日 18:59

点子さんはじめまして。
ハンドルネームがいいですね。
やはりエーリヒ・ケストナーの「点子ちゃんとアントン」からきているのでしょうか?

点子さんのブログも面白そうです。とくに猫関係が(笑)。
また、お邪魔します~。

投稿者 喜八 : 2004年12月16日 20:32

喜八さん、おはようございます!(と言うにはまだ早い時間ですが…)

上野千鶴子さんについては、いろいろ書評のようなものを書かせて頂こうかと思いながら、なかなか書けずにいました。ようやくエントリー書かせて頂きましたので(書評と言いますか紹介文にもなっていないのですが)、恥ずかしながらTBさせて頂きます。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年08月20日 02:53

tropical_dandy さん、コメントありがとうございました。
上野千鶴子教授については新たに書いてみようと思いつつ、ついつい怠けてしまっています。(^_^;)
後ほど T.D. さんのブログにもお邪魔します~。

投稿者 喜八 : 2005年08月21日 12:52