【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 傘が「おちょこ」 | メイン | 10-11のトレーニング »


2004年10月11日

丹沢ブナ党シンポジウム

↓ 以下、知人が主催している自然保護団体「丹沢ブナ党」のイベントのお知らせです(喜八)。

------------------------------------------------------------

神奈川県厚木市の地域再生計画が国の認定を受けましたが、その計画の中には、厚木市側の不動尻から大山山頂にロープウェイを架けるという、とんでもない内容が盛り込まれています。

地域再生計画自体は大切なことであり、この度始まった神奈川県の新丹沢大山総合調査の大きな課題の一つに掲げられていますし、私達もそのこと自体には、ぜひ叡智を集めていきたいと考えております。

しかし、厚木市の計画にはバリアフリーやエコツーリズムといった表現が記載されていますが、丹沢大山国定公園の第三種特別地域であるエリアにロープウェイを架けるとは、本来のバリアフリー、エコツーリズムとは全く相反する事業内容と言わざるをえません。

大山は、言うまでもなく、単に厚木市のものではなく、厚木市民、神奈川県民、ひいては国民の共有財産であり、未来に子供たちからの預かりものであることを決して忘れてはならないと思います。
 
このロープウェイ計画は色々な制約から、まず実現は難しかろうという声も一部にはありますが、小泉内閣の構造改革特区、地域再生事業であり、既存の規制措置を撤廃して押し進めようとする可能性を無視できません。こうした暴挙を芽のうちに摘むために、多くの方たちが集まって、声をあげていかなければならないと思います。ぜひ、ぜひ、ご参加下さい。


日時 2004年11月14日(日) 12:30~16:45

会場 横浜市従会館 大ホール
横浜市西区宮崎町25 TEL 045-241-5866
(伊勢山皇大神宮前)

記念講演 『私が見た日本も公共事業』 岩佐恵美(前参議院議員)

パネル討論 
『山は誰のものか?-暮らしと自然の関わり方を考える』
        
松田宏也(予定) 登山家『ミニヤコンカ奇跡の生還』著者
金子博文 山岳ジャーナリスト
岡進 丹沢ドン会

資料代 1000円

主催 丹沢ブナ党 共催 生命の環、むすびの衆

協賛 日本野鳥の会、神奈川支部 / NPO法人、自然塾丹沢ドン会 / 厚木、西山を守る会 / 神奈川オオタカ保護連絡会
NPO法人、丹沢自然保護協会(予定) / 神奈川県勤労者山岳連盟(予定)

お問い合わせ 丹沢ブナ党 梶谷敏夫 TEL&FAX 045-563-3953 
E-mail bunato-kazitani@mub.biglobe.ne.jp


投稿者 kihachin : 2004年10月11日 17:30

« 傘が「おちょこ」 | メイン | 10-11のトレーニング »



コメント