【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 徳川園の庭園 | メイン | 盗作・剽窃対策 »


2004年11月14日

大学の公開講座

昨日(2004-11-13)近隣の大学で行なわれた公開講座を聴講してきました。 タイトルは「ジーコ型、トルシエ型リーダーシップの違いを考える」。 講師は工学部助教授の菅田圭次先生。専門は社会心理学。 東海大学ラグビー部で長年コーチをつとめた経験をもつ方です。 一見して「鍛えているな」という印象がありました。ウエイトトレーニングをしていそうな体型です。
講義の中身は「リーダーシップ特性論」「リーダーシップ・スタイル研究」「PM 理論(Performance Maintenance Theory)」「状況即応理論」「状況対応理論」「カリスマ的リーダーシップ」などの簡単な紹介でした。興味深く拝聴しました。 個人的には久し振り(20数年振り)に大学の教室で講義を受けるというのが新鮮な感じでした。社会人のための公開講座ですが、教室の半分以上は学生が占めていました。この講義のレポートを提出することで単位が取得できるようです。短大も併設されているためか女子学生も少なくありませんでした。 講義の前に配布されたレジュメの中に「あなたはリーダーシップを発揮できるか」という設問がありました。以下の8つの設問のうち「Yes」の回答が多い人ほどリーダーシップを発揮できる人だそうです。
  1. 知能が優れている
  2. 自信をもっている
  3. 支配性が強い
  4. 社交性に富み、優れた対人的技能をもっている
  5. 活動性が高く、エネルギッシュである
  6. 多くの社会活動に参加している
  7. 学業成績がよい
  8. 責任感が強い
私(喜八)の自己採点では「Yes」はゼロでした。つまりリーダーシップがまったくないことになります。ただし内なる良心の声に従うと「自信をもっている」「支配性が強い」は「Yes」となるような気もします。 それもまた嫌な人間像ですね・・・(反省)。

投稿者 kihachin : 2004年11月14日 09:22

« 徳川園の庭園 | メイン | 盗作・剽窃対策 »



コメント