【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« コサギと紅葉 | メイン | 12-03のトレーニング »


2004年12月02日

警察を呼んでください

「警察を呼んでください」
「お願いです。助けてください」

夕方の繁華街で少年が叫び続けていました。制服姿の男子高校生です。彼のまわりを体格がよくて目つきが鋭い3人の男が囲んでいます。その脇には少年のガールフレンドらしい女子高生が泣きそうになりながら立っています。

たまたま現場を通りかかった私(喜八)は一瞬「気づかない振りをして立ち去ろうかな」という誘惑にかられました。しかし、もともとがおっちょこちょいでおせっかいな性格です。遠巻きにした野次馬から抜け出て騒ぎの中心へと進みました。手にしていたオートバイのヘルメットをわざわざかぶって(この意味、分かる人には分かりますよね?)。

携帯を手にした女子高生に「警察に電話しているの?」と尋ねました。彼女はうなずくのがやっとというありさまです。すると少年を取り囲んだ男たちのうちリーダー格らしい雰囲気の男性が私に話しかけてきました・・・。

なんと驚いたことに彼は県警機動隊所属の警察官だったのです。警察バッチと身分証明書をじっくりと見せてもらいましたから間違いありません。彼の説明によると制服姿の男子高校生が煙草を吸っていたので部下の1人が声をかけたところ、逆上してしまったということらしいのです。つまりその少年は3人の警官と対峙しながら周囲の人たちに「警察を呼んでください」と叫び続けているという摩訶不思議な状況なのでした。

となると私のおせっかいは公務員の職務の邪魔でしかありません。「これは失礼しました。ご苦労さまです」と頭を下げて引っ込むことにしました。事情を教えてくれた警官は遠巻きに眺める野次馬たちに「われわれは県警のものです。この彼をどうにかするということではありません」と大きな声で説明しました。そうこうするうちにパトカーに乗った制服警官も現場に到着して・・・、これはもう立派な「事件」になってしまいました。

騒ぎの原因となった男子高校生はあとできつく絞られたことでしょう。「タバコ1本」がもとで学校を退学処分などにならなければいいなと思っています。


投稿者 kihachin : 2004年12月02日 12:25

« コサギと紅葉 | メイン | 12-03のトレーニング »



コメント

そんな現場に出会ったらビックリですね。
「警察を呼んでください!!」と叫んでしまった彼女も
喜八さんも恥ずかしかったコトでしょう。
でも見ないフリして通り過ぎない点はエライですね。

投稿者 ふぅ。 : 2004年12月02日 18:18

ふぅさん、コメントありがとうございます。
「恥ずかしい」と感じているヒマはありませんでした。
「あれよあれよ」と驚いているうちに事態が急展開していったものですから(笑)。

おっちょこちょいでおせっかいは喜八家の家風なんですね。(^_^;)
父や叔父たちや弟もおなじような選択をしたと思います。

投稿者 喜八 : 2004年12月02日 20:37

ホント 喜八さん立派な行動です・・尊敬に値します
私もそんな時は捨てて置けない性格なので
良く分かります
しかし面食らったのは警察とその少年だった事でしょう

投稿者 わびすけ : 2004年12月04日 18:04

わびすけさん、こんにちは。

> 喜八さん立派な行動です・・尊敬に値します

いえいえ、ぜんぜん役に立っていないのですから、単なるおせっかいでした。(^_^;)

わびすけさんも年末は町内の防犯パトロールですか?
大変ですね。
どうぞお気をつけください。

投稿者 喜八 : 2004年12月06日 09:24

ぼくも、とびこんでいってしまったことがあります。

投稿者 警察をたく : 2005年12月18日 08:35

警察をたくさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> ぼくも、とびこんでいってしまったことがあります。

こういうのは性格なんですね。
私も年齢のわりには「おっちょこちょい」なので、ついでしゃばってしまいます。
この性格は死ぬまで治らないでしょう(汗)。

投稿者 喜八 : 2005年12月19日 12:33