【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 12-07のトレーニング | メイン | 12-08のトレーニング »


2004年12月07日

『失はれる物語』乙一

失はれる物語乙一(おついち)、角川書店(2003)。

短編小説集です。
収録されている6つの短編は総て読み応え充分でした。
なかでも感銘を受けたのがつぎの3作品です。

「Calling You」は、携帯電話をもたず、カラオケにも行かず、プリクラにも縁のない、人付き合いの下手な女子高生を主人公にしたタイムパラドックス・ストーリー。

「傷」は特殊学級に所属する2人の少年の友情を描いています。

「しあわせは子猫のかたち」はミステリ風味の幽霊譚。

どれもクラクラするほどの読後感がありました。素直な言葉に言い換えれば「感動しました」。
この乙一さんという方は相当な筆力の持ち主だと思います。


投稿者 kihachin : 2004年12月07日 21:02

« 12-07のトレーニング | メイン | 12-08のトレーニング »



コメント