【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『魔術師』 | メイン | トラックバック »


2005年01月08日

「2ちゃんねる」の匿名性

新聞・雑誌などのメディアでは「2ちゃんねる」は、あたかも「悪の巣窟」のように描かれることが多いようです。それで私は長いあいだ「2ちゃんねる」には近寄らないようにしてきました。

ところが自分のホームページ「ウエイトトレーニングを楽しむ」を始めてみると、ごく稀に「2ちゃんねる」からリンクを張られるようになりました。恐々とリンク元記事を覗いてみると・・・、だいたいが好意的な文脈の中での紹介でした(ホッ)。

試しにトレーニング系のいくつかの「2ちゃんねる」掲示板を覗いてみると、ごく普通の話題が普通の調子で語られています。マス・メディアの描写するような「悪の巣窟」という雰囲気ではありません。

けれども少数ですが、ひどい内容の書き込みもありますね。あることないこと継ぎ合わせて個人を中傷するような書き込み。差別感情を丸出しにした書き込み。もし本名であったら絶対にできないような発言・・・。これらは「2ちゃんねる」の匿名性の産物であると言えそうです。

が、私は大いに疑問に思う点があるのです。

将来にわたって「2ちゃんねる」の匿名性は堅持されるのか?
いまは「匿名掲示板」とされているが、今後数十年のあいだずっとそのままであり続けるのか?
「そんな保障はどこにもない」というのが実際のところでしょう。

「2ちゃんねる」の「総合案内」を見ると「2ちゃんねるは、現在、全てのIPアドレスまたはホスト情報を記録しています」と書かれています。つまり、人を中傷・誹謗するなど問題のある書き込みも「IPアドレスまたはホスト情報」とともにアーカイブとして保存されているということです。

結局のところ「2ちゃんねる」の匿名性は管理人Hさんの個人的な判断によって保持されているに過ぎません。またHさんはあくまで私人であって、公務員のような守秘義務もありません。だから「いままでの書き込みのIPアドレスとホスト情報を全部公開しますよ。悪しからず」なんていう日がきても不思議ではありません。あるいは何らかの事情により管理人が替わり「匿名という方針は変更」ということもあり得えます。

そうなったら日本中はパンドラの函が開いたような大騒ぎになるのは間違いないところです。でも、その行為によって「2ちゃんねる」管理人が法的に罰せられるということはないのです。個人で運営している掲示板の書き込みのIPアドレスやホスト情報を公開するどうかは管理人にゆだねられている、と判断されるでしょうから。

そういえば「2ちゃんねる」の「総合案内」には「書き込みボタンを押す時に、「ネット上で公開するべきか?」を自己責任で判断してください」と明記されています。言い換えれば「自分の発言の責任は自分でとってくれ」ということです。このごろでは掲示板への書き込みが原因で会社をクビになった人、さらには法的処罰を受けた人なども複数でているようですから、この「自己責任」という言葉には重みがあると思います。


投稿者 kihachin : 2005年01月08日 21:03

« 『魔術師』 | メイン | トラックバック »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/309

コメント

私の尊敬する複数の方たちも2チャンネルではボロボロにこき下ろされたことがあるようですよ。
ひがみ、ねたみ、でしょうねえ。
有名な人、お金を儲けた人は、その対象になるようです。
2チャンネルで悪口を書かれるというのは、或る意味で名誉なのでは?

2チャンネルなんか見ないことです。
そして、親切に?「こんなことを2チャンネルに書かれているよ!」と知らせてくれる友人?に「ありがとう。でも、余計な雑音は聞きたくないので、2度と知らせないでくれ!」と言う事だと思います。

投稿者 T : 2005年01月10日 21:03

> 親切に?「こんなことを2チャンネルに書かれているよ!」と知らせてくれる友人?に「ありがとう。でも、余計な雑音は聞きたくないので、2度と知らせないでくれ!」と言う事だと思います。

そういえばTさんは以前メールでおなじことを書いていましたね。よほど悪質なもの以外は「無視」が一番の対策だろうと私も思います。匿名の相手と戦うのは難しいですからね。ただ、上の記事にも書いたように「2ちゃんねる」がいつまでも匿名であり続ける可能性は低いようにも思います・・・。

投稿者 喜八 : 2005年01月11日 11:59

ぷっ 

投稿者 ねらー : 2006年03月30日 09:52

ぷげら

投稿者 ねらー : 2006年03月30日 09:53

ねらーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

投稿者 喜八 : 2006年03月30日 10:49