【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« My Funny Valentine | メイン | 『バイオハザード』 »


2005年02月15日

アンモナイト

アンモナイト1

わびすけさんからアンモナイト化石の写真を送っていただきました。
画像はクリックすると大きくなります。
以下はわびすけさんの文章です。

今日はアンモナイトの写真をお届けします。 何処で撮ったのか忘れてしまいましたが・・どこかの山と思います・・(ああっこんな山も昔は海だったのだ)と思いつつシャツターを切った覚えが・・。

(以下ふたたび喜八)
アンモナイトなどの化石を大都会東京の真ん中で見る、という話を読んだことがあります。それは某ミステリ作家の短編ですが、謎解きの部分を明かしてしまうことになるので、どの作家のどの作品かは伏せておくこととします。

たとえば「大型のアンモナイトが縦の断面を見せている」のを三越デパート新宿店4号階段の花崗岩の壁の中に見ることができます。標本として展示してあるわけではありません。壁石として使われている石材の中に化石が埋まっているのです。石を切り出し磨き上げ壁に貼り付けた職人さんたちは意識していなかったのでしょうけれど、結果として我々は数億年前の貴重な化石標本を観察することができるのです。

以下は小説の登場人物の言葉です。

こういう風に立ちあがって断面を見せているアンモナイトは珍しい。というのも、こういう平たい貝は、ぺたんと横倒しになってしまうのが普通だからです。

同様に銀座の「とらや帽子店」では「ウミユリの化石」を見ることができます。
また西武百貨店池袋店11階では「コレニア石灰岩」を観察できます(コレニアは海藻の仲間)。
このように都会の真中であってもデパート・店舗・地下道などの壁石の中に化石を見出すことができるというわけです。

なんてトクトクと薀蓄(うんちく)を傾けてきましたが、じつは上に挙げた化石を自分の目で確認したわけではありません(なにしろ不精なので(汗))。そのうち新宿・銀座・池袋に行く機会があったら、しっかり見ておくつもりでおります・・・。

アンモナイト2

(2005-02-16 付記)
わびすけさんから以下のような連絡がありました。
アンモナイトを撮影したのは「どこかの山」ではなかったようです・・・(笑)。

私のHPを検索してみましたら何と「アクア トト」に有りました。
あれっ記憶違いでこんな所で写したようです。
http://homepage3.nifty.com/wabisuke-tei/akua.htm

投稿者 kihachin : 2005年02月15日 21:16

« My Funny Valentine | メイン | 『バイオハザード』 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/347

このリストは、次のエントリーを参照しています: アンモナイト:

» アンモナイト from 366日の誕生日
アンモナイトの化石です! 昔々の大昔の恐竜がいた頃に、海にいた貝殻を背負ったタコみたいな生物の化石なんだけど、見つけたのは、オパールみたいな光沢のある赤斑が浮... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月03日 04:09

コメント

喜八さん 今晩は。
TBありがとうございます。
三越の壁にあるというのはいつかテレビで紹介していたことがあって知っていました。
他にも都内のどこか数箇所の壁も紹介していましたが残念ながら思い出せません。
西武百貨店には「コレニア石灰石」銀座の「とらや帽子店」に「ウミユリの化石」ですか。
それは知りませんでした。
都内化石巡りツアーなんてしたら楽しいかも知れませんね。

投稿者 Ree : 2005年04月05日 00:14

Ree さん、コメントありがとうございます。m(__)m

> 都内化石巡りツアーなんてしたら楽しいかも知れませんね。

Ree さんの場合は本業の宣伝効果もありそうですね(笑)。
ツアーとまではいかなくても、デジカメで写真を撮ってブログにアップするのも楽しそうです。

じつはこれはそのうち自分でやろうと思っているのですが、アイデア(というほどのものではありませんが)を使っていただいてもいいですよ~。

投稿者 喜八 : 2005年04月05日 12:15