【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ホリエモンの衝撃 | メイン | 02-19~02-25の有酸素運動 »


2005年02月24日

新株予約権

昨日(02-23)夕方のニュースでフジテレビが第三者割当によりニッポン放送の新株予約権を取得して、ライブドアの M&A(merger and acquisition、企業の合併・買収) に対抗するということを知りました。第一印象は「筋が悪そうな手だな」というものでした。

当然のようにライブドア側は「商法280条ノ10」の規定に従って新株予約権発行の差止めを求める仮処分申請を行なうこととなりました。これは「定跡」といったところのようです。

以下はドロナワ式に調べてみて分かったことですが・・・。

裁判の争点はフジテレビ=ニッポン放送側の手法が「280条ノ10」にある「著シク不公正ナル方法ニ依リテ株式ヲ発行」といえるかどうかになるでしょう。つまり大量の新株発行を正当化できるだけの合理的な理由があるかどうか? です。

判例では現経営者の支配権維持を主目的とする新株発行は差止めの対象となるようです。つまりそれは「著シク不公正ナル方法」と見なされるのです。実際に事業資金調達の必要性があるかどうかが問題となりそうです。たとえば新たな事業をおこすための新株発行である、というような。

今回の件では新株発行により調達された資金は新しいスタジオセンターをつくるために使われるとされているようです。が、いまの時代にラジオ放送局が巨額の資金を投じて「ハコモノ」を建設するというのは相当に無理がありそうです。ライブドアを退けるのに成功したとしても、そのような投資を実行できるものでしょうか?

現在の窮状をしのいでも問題解決とはいかないような手を打つようでは・・・。
「フジテレビ=ニッポン放送側はかなり追い詰められているな」という印象を抱きました。


参考ページ


投稿者 kihachin : 2005年02月24日 21:19

« ホリエモンの衝撃 | メイン | 02-19~02-25の有酸素運動 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/359

このリストは、次のエントリーを参照しています: 新株予約権:

» フジテレビの新株予約権発行 from 猫の法学教室
前回のエントリーは、堀江氏がニッポン放送を子会社にした後の新株発行について書いた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月24日 22:02

» フジに動きが! from Blog de 司法試験
フジ、ニッポン放送を子会社に…新株予約権を引き受け (読売新聞) ニッポン放送: フジに大量の新株予約権 ライブドアは提訴 (毎日新聞) 現在、ライブド... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月24日 22:11

» 司法の判断へ! from 微熱日記
LFによるCXに対する大量の新株予約権の発行は、巷間言われている 「ポイズン・ピル」そのものではありませんが、同等の効果を狙った ものと言えます。 今... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月25日 01:18

» ライブドアの本気度 from 株ってトレンド
ライブドアが子会社バリュークリックジャパン株式を47億で売却。 ただ1回目の売却は、100分割中に利益出しのためでしょう 2回目は、今回の資金集めでしょうか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月25日 11:36

» こんなのありなのかぁ? from 英国から日本を見る
ニッポン放送、フジテレビに大量の新株割り当て発表:朝日新聞 フジはライブドアの東京証券取引所の立ち会い外取引について違法性があると言っているが、今回のほう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年02月25日 12:54

» 『 新・ニッポン放送設立!? 』 from 株ってトレンド
記事は、早見雄二郎の特ダネ株式ニュースより 何を考えているのでしょうか? このような行為に出れば いくらなんでも企業のあり方を 覆し会社と言う物がただの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年03月06日 10:10

» ネットに事故死の児童写真無断掲載 from 子供の視力@子供の視力を守ろう
今朝特ダネをつけたら、小倉さんがエライ怒った様子で、何か訴えていたので、何が起こったのかとよーく聞いてみると、全くとんでもない事件だった。 ひどすぎるネットに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月04日 17:26

コメント

TB どもでした!
少なくとも仮処分では差止が認められる可能性が高そうです。
裁判は長期化しかねませんが・・・。
フジ、ニッポン放送の一般株主にも迷惑をかけて、かなりヒンシュクものの奇策だと思います。
せこいぞ、フジ!

投稿者 Wolfgang_A : 2005年02月24日 22:15

喜八さん、こんばんは。
トラックバック、有難うございます。

私もこれは「かなり筋の悪い手」だと思います。
他のニッポン放送株主の権利が希釈化されてしまい、
フジサンケイグループの地位保全以外の目的では
考え難い一手です。随分と大人げないことをする、と
いう印象です。それだけフジも追い詰められている
ということなのでしょうか。ライブドアの差し止めの
仮処分申請は通る公算が高いのではないかと思って
います。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年02月25日 01:04

Wolfgang_A さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> フジ、ニッポン放送の一般株主にも迷惑をかけて、かなりヒンシュクものの奇策だと思います。

本当にそうですね。フジ側の記者会見を観た限りでは、一般株主・個人投資家の存在など彼らの頭には一切なさそうです。フジサンケイ・グループの印象を極悪にするための逆宣伝を行なったともいえるのではないでしょうか?

投稿者 喜八 : 2005年02月25日 12:08

tropical_dandy さん、こんにちは。

> 随分と大人げないことをする、という印象です。
> それだけフジも追い詰められているということなのでしょうか。

他に打つ手がないということなのでしょうね。
現在、不気味な(?)沈黙を守っている村上ファンドとの交渉において良い感触を得られなかったのかな? なんて勝手な想像をしています。

マスメディアの報道もそれぞれバイアスがかかっていて面白いですね。以前ナベツネ氏を痛烈に批判されたことへの報復か、読売新聞は「公正中立」を装いながらもライブドア側に不利になるような報道を狙っているようです。それに対して東京新聞は比較的公正な記事を掲載しています。

投稿者 喜八 : 2005年02月25日 12:16