【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 02-19~02-25の有酸素運動 | メイン | 木曽馬 »


2005年02月26日

ダイエット(その4)

スーパーマーケットに買い物に行った際、他のお客さんたちの買い物カゴの中身をウォッチングするのは興味深いものです。肉・野菜・魚・牛乳などの食材が中心の人、その逆にインスタントやレトルトなど加工食品が多い人。人によってかなりはっきりと傾向が別れます。

そうやって観察を続けるうちに、なんとなく気づいてきたことがあります。元気のよさそうな人、生き生きしている人は「肉・野菜・魚・牛乳などの食材」を買っていることが多いのです。それは肌の色艶、姿勢のよさ、声の張りといった部分に如実に現れます。

スーパーを離れて身のまわりの方たちのことを考えても、年齢を重ねて更に元気な方は本人が料理好きだったり、料理好きな家族がいることがほとんどです。さらにいうなら「歩く」人が多い。山歩きを楽しまれていたり、毎日のウォーキングを欠かさなかったり。

「歩く」つまり運動に関しては次回以降に取り上げます。今回は「食べる」に的を絞って考えてみることにします。

毎日を健康で楽しく生きることを考えたら「食べる」をなおざりにはできません。よく言われるように「食べることは生きること」なのですから。そして食生活でもっとも大切なのは「家庭料理」だろうと私(喜八)は考えています。

現代型の食生活、とくに外食が多い場合は野菜・海藻類・豆類などが不足しがちです。その結果ビタミン・ミネラル・食物繊維といった必須栄養素が足りなくなってきます。

外食が中心の食生活では余程注意深くしていない限り(そして恵まれた環境にいないかぎり)身体に必要とされる栄養素をバランスよく摂るのは困難でしょう。さらには食塩・砂糖・脂肪などの摂り過ぎがおこりやすい。これでは健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

以上に述べた理由から家庭料理が健康な生活のための重要なポイントとなってくることが理解できると思います。そして家庭料理の中でも「野菜(海藻・豆類を含む)を美味しく食べる」というのが特に必要とされる技術だということも分かっていただけるでしょう。

ところで、ご自分で料理をされる方なら良くご存知かと思いますが、野菜を美味しく食べるためには料理の腕が必要です。料理ではを使えばある程度「ごまかしが効く」という部分はあります。さらに肉類を油を使って揚げ物にすると、それほどの腕はなくても「それらしい」ものができあがります。外食・中食のメニューに肉の揚げ物が多い理由はここにあります・・・。

などとエラソーに書いてきましたが、私自身は特に料理が得意というわけではありません(肩透かしのようでスミマセン)。とはいえ情報社会ですから、その気になれば必用な情報はいくらでも手に入ります。たとえば以下の料理研究家の方たちは家庭料理についてきわめて有益な情報を発信され続けています。

奥薗壽子(おくぞのとしこ)さん」
ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家」を名乗る奥薗壽子さんは多くの女性から絶大な支持を受けています。「ナマクラ」「ズボラ」というのは「無駄な手間をはぶく」くらいの意味です。適当でいい加減な料理の意味では断じてありません。
奥薗さんの本のうち私のお勧めは『もっと使える乾物の本』農山漁村文化協会(1998)です。

魚柄仁之助(うおつかじんのすけ)さん」
台所術研究家」として活躍されています。魚柄式「台所術」は伝統的な日本食を基本として「1.身体にいい。2.おカネがかからない。3.時間も節約できる」というもの。高カロリー・高たんぱく・高脂肪・低食物繊維という現代型食生活の危険性には警鐘を鳴らし続けています。
魚柄さんの著書のうち私のお勧めは『元気食 実践マニュアル155』文春文庫PLUS(2001)です。

丸元淑生(まるもとよしお)さん」
現代型の高脂肪・高たんぱく食の危険性、外食の問題点について最初に教えてくれたのは丸元さんの著書でした。健康な生活のための家庭料理研究家の草分け的な方です。
丸元さんの著書のうちでは『システム自炊法・シングルライフの健康はこう守る』中公文庫(1990)を推薦します。男性の単身赴任者など、料理をあまりしたことのない方に最適の一冊です。

上で書名を挙げた以外にも奥薗さん・魚柄さん・丸元さんには多数の著書があります。そのどれをとってもきわめて有益な情報が多量に含まれています。ぜひ手にとってみてください。

料理を楽しみ美味しく食べて、心身ともに健康な生活、生きがいを感じる毎日を手に入れましょう!(この項続く


参考ページ


投稿者 kihachin : 2005年02月26日 09:33

« 02-19~02-25の有酸素運動 | メイン | 木曽馬 »



コメント

私も奥薗壽子さん、大好きです。

最近、体がいつも疲れ気味です。生活をちょっと
考え直して、どんなに急ぎの仕事を抱えている時も、
体を動かすための時間をつくり、もうちょっと
丁寧に料理をしてみよう、と
思っていたところです。

こちらは、デンマークのコペンハーゲン郊外。
まだまだマイナス10度の天気予報です。

デンマークでは、生まれたての赤ちゃんのうちから、
ベビーカー(こちらのは、とっても暖かくて防寒完璧です)
に乗せて、顔だけ出せるようにして、
外で昼寝をさせます。こんな時期もです。
治安の良さも必要ですね。

生まれたてから数年間の乳幼児を 体は温かく、口から入る空気だけ冷たくして、こうして寝かせてきたことは、デンマークの昔からの習慣だそうですが、寒さの中でも、体温を高く保てる体質を作るのに役立つということが 最近科学的にも確認されたとテレビでやっていました。

小さい頃に、そういう体質を作っていない私は、、、それなりの努力と工夫をしなくては、なかなか元気でいられない寒さです。。。。

投稿者 まこ : 2005年02月26日 13:06

まこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

まこさんはデンマークにお住まいでしたか!
そういえば前回の書き込みで「大雪でバスはルートを変える」と書かれていましたから、カンのいい人間だったら「国内の話ではないな」気づくところなのかもしれませんが・・・(鈍いものですから)。

奥薗さんは女性に人気があるようですね。奥薗さんの記事を書いたおかげで私も恩恵にあずかっているのかもしれません(?)。上にも書いたように料理は得意というわけではないので、今後も奥薗さんの本を参考に実践練習を重ねたいと思います。

> 生まれたてから数年間の乳幼児を 体は温かく、口から入る空気だけ冷たくして、こうして寝かせてきたことは、デンマークの昔からの習慣だそうですが、寒さの中でも、体温を高く保てる体質を作るのに役立つということが 最近科学的にも確認されたとテレビでやっていました。

昔から受け継がれてきた「智慧」なのでしょうか。たしかにそうでもしないと世代を経るごとに寒さに弱くなってしまいそうです。

> 小さい頃に、そういう体質を作っていない私は、、、それなりの努力と工夫をしなくては、なかなか元気でいられない寒さです。。。。

それは大変そうです。(^_^;)
お疲れ気味ということですが、やはり寒さがストレスとなって、徐々に疲労をためてゆくのではないでしょうか。お仕事と育児の両立も大変だと思います。
どうぞ体調を崩さないように、お気をつけください!

投稿者 喜八 : 2005年02月26日 20:02

喜八様

ご無沙汰しています。トラックバック有り難うございました。
こんな有益なブログを作成されていることを知らず、失礼しました。

先日SATOさんにブログとの相互リンクをお願いしていましたが、喜八ログ様の方で相互していただけないでしょうか?
よろしくご検討をお願いします。

サイト名:::: ダイエットの達人になろう!:::

サイトURL:http://rose.ameblo.jp/

バナーURL:http://ameblo.jp/user_images/16/4e/b7d182fb470a9c325f9cb92e38d03786.gif

コメント:健康食品やダイエットサプリメントの解説と管理人自らモニターしたレポート。正しいダイエットとフィットネスの解説も充実のブログ。

投稿者 rose : 2005年03月09日 20:32

喜八さん、すみません!変換間違いました!

このスーパーマーケットのカゴの中身ウォッチングは、大分前に自分とこの掲示板にも書きましたが、私の得意ネタですよ(笑。

高度肥満の方(失礼)のカゴの中身の特徴として、

1)青い野菜がはいっていない(せいぜいもやし1袋)

2)やたらインスタントやレトルト食品が多い

3)ドーナツや饅頭など甘いものの箱入りが必ず入っている

これからもトラックバックさせていただきますので、よろしくお願いします。

投稿者 rose : 2005年03月09日 20:36

rose さん、こんばんは。
それでは「ウエイトトレーニングを楽しむ」と「喜八ログ」の両方からリンクを張っておきますね。
ちょうど我々(SATO さんと私)もダイエット関係の記事を増やして「激戦区」ダイエット戦線に打って出ようとたくらんでいるのです。

> このスーパーマーケットのカゴの中身ウォッチングは、大分前に自分とこの掲示板にも書きましたが、私の得意ネタですよ(笑。

そういえば rose さんの文章を読んだことがあるのかもしれません(笑)。
かなりの割合のアメリカ人は rose さんが挙げた3条件を満たしているかもしれませんね・・・。

投稿者 喜八 : 2005年03月09日 21:21

はじめまして。
ALL Aboutのダイエットコーナーに紹介があってこのHPにたどりつきました。
私も奥薗さん、魚柄さん、丸元さんの3人が大好きです!
巷にはおいしそうな料理本がいっぱいあるけれど、そこはぐっとがまんして、私はこの3人の本以外は買わないようにしています。
それは調理や栄養学に対する理論がしっかりしていてとても共感できるし、実際作ってみると食材の味が生かされていておいしく、心から満足できるからです。
健康&シェイプアップのためにジムにも通っていて、「対談」も楽しく読ませていただきました!
最近ジムもサボりがちで料理も全然していなかったけれど、今日はすごく刺激を受けたので、久しぶりに再開したいと思います。

投稿者 きょこ : 2005年03月13日 23:40

> きょこさん

きょこさん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

きょこさんも、奥薗さん、魚柄さん、丸元さんのファンですか!
それは奇遇ですね。
3人とも料理の知識が豊富なだけでなく、人間的にも魅力的な方たちだと思います。

> 健康&シェイプアップのためにジムにも通っていて、「対談」も楽しく読ませていただきました!

ありがとうございます。m(__)m
きょこさんはどのようなトレーニングをされているのでしょうか?
もし差し支えなかったら、おおよそのところを教えていただけないでしょうか?

投稿者 喜八 : 2005年03月14日 21:24

喜八さん、こんにちは。トラバありがとうございました。
スーパーのカゴの中身って、確かに生活があらわれてますよねえ。お菓子ばかり、インスタントばかりでは、お恥ずかしい(でも、時々恥ずかしいカゴなことも。とほほ)。
奥薗さんってどなたかなー、と思ったら、テレビでお見かけしたことがありました。理屈ぬきで「こうだ」と決められていた所を、「破る所は破ってよし」「これでやっても理屈は同じ」と小気味良く料理をなさってたと思います。料理も頭使わなきゃ、駄目なんですね~。
丸元さんは魚柄さんの本にも出てくるし、他の本でも引用されているのを見掛けるのですが、おおもとにあたったことがないのです。今度見つけたら読んでみますね。
トレーニングも食生活も、密接に関わっているし、一日にしてならず!な所も同じでしょうか。

投稿者 つな : 2005年07月19日 13:32

つなさん、こんばんは。
トラックバックとコメントの返信ありがとうございます。m(__)m
奥薗壽子さんの『ズボラ人間の料理術』という本を最近読み直してみたら、徹頭徹尾主張しているのが「常識を疑え!」という主張でした。
結構、反発もあるのだろうな、と思っています。
人間は自分の「常識」を脅かす主張に対しては感情的に反応しがちですからね。

> トレーニングも食生活も、密接に関わっているし、一日にしてならず!な所も同じでしょうか。

つなさんも筋力トレーニングを始めますか?
それとも既にされているとか? (^_^)v

投稿者 喜八 : 2005年07月19日 20:10