【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 木曽馬 | メイン | 大学初年度は難しい »


2005年03月02日

Google 利用法

英語(外国語)を読む際に検索エンジン 「Google」 を利用すると便利です。特に慣用句ことわざの意味を調べる際は有効です。以下はすでに常識となっているテクニックなのでしょうけれど、自分のための覚え書きとして記しておきます。

実際の例を挙げてみます。私(喜八)はインターネットで以下のような英文(ウエイトトレーニング関連記事)を読んでいました(「Weight Training 101」というページ内の記事です)。

If you want to lose fat or change your body, one of the most important things you can do is lift weights. Diet and cardio are equally important, but when it comes to changing how your body looks, weight training wins hands down.
もし「体脂肪を落としたい」あるいは「体型を変化させたい」というのであれば、ウエイトトレーニング(筋力トレーニング)はもっとも重要な方策のひとつとなり得るでしょう。栄養管理や有酸素運動も同様に重要なことではあります。けれども「身体をいかに見栄えのするものに変えるか」ということを問題にするのなら、ウエイトトレーニングに軍配が上がるのは明らかです(喜八訳)。

上の英文の中で wins hands down の意味が分かりませんでした(その程度の英語力なのです)。そこで Google でフレーズ検索をしてみました。具体的な方法を以下に列記します。

  • 最初に wins という三人称単数形を win と原形に戻しました。解説記事の例文では原形が使われていることが一般的だからです。
  • さらに二重引用符「"」を文頭と文末に加え "win hands down" として検索窓へ記入します。二重引用符で囲むのは Google のフレーズ検索の際の決まりごとです。
  • 最後に検索窓下の「日本語のページを検索」という文の前のチェックボックスにチェックをいれて「Google 検索」をクリック。

以下はその検索結果です。

結果を見てゆくと「YOMIURI ON-LINE / ヘザーの映画館」というページに、そのものずばりの解説がありましたので、以下に引用させていただきます(執筆者のヘザー・ハワードさん、ありがとうございます)。

辞書によると、このフレーズの由来は競馬にあるそうです。騎手は勝利を確信した時、手を下にぶら下げ握りを緩めます。そういったイメージで、win hands down は「簡単に/大きな差で勝利する」という意味で使われています。

このように Google を使って英語慣用句の意味を調べることができました。辞書(旧来の紙製辞書および電子辞書)を使うより手軽だろうと思います。ただし、インターネットの情報は信頼性に欠けることがありますから、その点は注意しなければなりません。


投稿者 kihachin : 2005年03月02日 20:29

« 木曽馬 | メイン | 大学初年度は難しい »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/362

コメント

博学の喜八さんに、今更と言われるのを覚悟で、googleでgoogleを検索すると、飛躍的にgoogleの使い道が、増えますよね。大変失礼しやした。<ゆうじ>

投稿者 鈴木裕司 : 2005年08月27日 02:54

鈴木さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

「博学」とはとんでもありません・・・(汗)。
実生活でもインターネットでも、大変な知識と教養をもつ人が多くて、「それに比べると自分は・・・」と落ち込むことばかりです。
↑これは決して謙遜ではなく、非常に強い「実感」です。

> googleでgoogleを検索すると、飛躍的にgoogleの使い道が、増えますよね。

なるほど! その手がありますね。
さっそく試してみましたら・・・。
英語版の Google には、日本版にはないサービスがたくさんありそうですね!

貴重なアドバイスをありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2005年08月27日 19:26