【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 06-05のトレーニング | メイン | 写真素材サイト »


2005年06月05日

反日感情

フィリピンミンダナオ島で元日本兵2名が発見されたというニュースは、どうやら不確実なものだったようです。詳細は知らないので、この件そのものについての言及は避けますが、一連の報道の中で「あれ?」と思わされる表現がありました。

現地における「反日感情」についての解説の中で、近年フィリピン人女性が日本で酷い目に遭うことが多く、そのため「日本は嫌い」という人が激増しているというのです。

もともと太平洋戦争で旧日本軍はフィリピンを戦場としてしまったのですから、現地で根強い反感があっても仕方ありません。それは自分の身に置き換えて考えれば分かります。もし外国の軍隊が日本で大戦争をやらかしたら、私(喜八)なら孫子の代まで恨みを伝えますね。「やつらを絶対信用するな!」と。

それはそれとしても・・・。フィリピン人女性に売春を強制するなどは、なんともミットモナイ話であると感じます。そういえば会社の同僚が「フィリピン・パブ」とか「フィリピンの女の子」と口にするとき、隠微な雰囲気が漂うのを覚えた経験が何度もあります(具体的な話を聞いたこともありますが、ここには書きません)。

私自身はいたって朴念仁なので、女性が接待するような店でお酒を飲むことは皆無といっていい状態です。したがってフィリピン人女性のいる店に行ったこともありません。道を歩いていたらフィリピン出身の女性(現在は日本人)に漢字(人名)の読み方を質問されたことはありますが(!)。

ところで、この頃は「反日感情」という言葉を聞く機会が増えてきた、いや激増してきたというべきでしょう。中国韓国での苛烈な反日デモの報道に接したのも、つい先日のことです。常識的に考えて北朝鮮も「親日」ではありえないでしょう。前述のフィリピンもしかり。冷静に考えると日本は東洋人同胞の中で孤立しているというべきでは?

また「親日」国といわれてきたイラクでは、強烈な反日感情が短期間のうちに形成されたと聞きます。以前は日本人というだけで、見知らぬ人が「うちでメシを食っていけ、お茶を飲んでいけ」と誘ってくれるなどは珍しくなかったそうです。が、現在は日本人というだけで虐殺の対象になりかねないのです。イラク以外のイスラム諸国における日本の評判もガタ落ちのようです。

少し古い話になると、青森県住宅供給公社横領事件被告である経理担当者のチリ人妻アニータ・アルバラードさんは現地では英雄視されているのだと聞いたことがあります。理由は「外国人女性を性の奴隷として虐待する日本人」を出し抜いて巨額の富を奪ったからだそうです。つまり日本人はチリでも嫌われているということです。それも至って不名誉な理由で(トホホ)。

どこを向いても「反日」の嵐が吹き荒れているような状況です。これは相当にマズイのではないでしょうか。個人が日本国籍を有しているというだけで、国際社会からマイナス・イメージを貼り付けられかねないのですから。また、感情の問題であるがゆえに、この危機的状況を脱するのは簡単なことではないだろうとも思います。

けれども多くの日本人は「危機」とは感じていないように見えます。新聞・テレビでニュースとなるのも「内向き」の話題ばかりです(郵政民営化などはその最たるものでしょう)。もともとがノンビリ者に生まれついている私でも「これで大丈夫なのか?」という危惧を覚えているというのに・・・。

あるいは日本はまた「鎖国」でもするつもりなのか、なんて思うこともあります。と、これは冗談として書いたのですが、よくよく考えたら全然冗談になっていませんね。


投稿者 kihachin : 2005年06月05日 15:51

« 06-05のトレーニング | メイン | 写真素材サイト »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/435

このリストは、次のエントリーを参照しています: 反日感情:

» ミンダナオの旧日本兵 from blog::TIAO
 数日前、確か日本海海戦戦勝百周年の日だったか、産経新聞のニュースサイトでフィリピンのミンダナオ島で旧日本軍の兵士が今も山にこもっているのが発見されたというニュ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月01日 17:45

コメント

喜八さん、こんにちは。

難しい問題ですね…。私としては韓国人の友人も多いもので、「結局のところ、人それぞれ」だとも思いますが…。
総体として各国に反日感情が存在しているとしても、解としては個々人が他国籍の人々との間で信頼関係を構築していくことしかないと思います。

ただ、国内の議論が「どこまでも内向きの話であって国際的影響を考慮していない」ものが多く見受けられるように思われることも確かですね。「国際的影響(二国間・多国間含む)を考慮した高度な政治的判断」を日本のリーダーが行うとは過去の歴史などから期待できなさそうですし。そのリーダーを選出しているのは国民だと言われればそれまでですが…。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年06月06日 14:21

中国や韓国がなぜ反日運動をしているのか
その理由が歴史の捏造のもと行われている事
歴史の捏造を大義名分に反日を煽っている国家に
問題があるように思います。

投稿者 通りすがり : 2005年06月06日 16:05

tropical_dandy さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 総体として各国に反日感情が存在しているとしても、解としては個々人が他国籍の人々との間で信頼関係を構築していくことしかないと思います。

まさにその通りですね。
実は上のような意見がでるのではないかと思っていました。
いわば「想定内」です(笑)。
私も、何処の国、どんな人種でも「常識人」のほうが多いという希望は持っています。

> 「国際的影響(二国間・多国間含む)を考慮した高度な政治的判断」を日本のリーダーが行うとは過去の歴史などから期待できなさそうですし。

政治、特に国際政治は単純な「正義」の場ではないですからね。
それこそ煮ても焼いても食えないような老獪さと、逆に理想を追求する志の高さを併せ持たなければ、プレイヤーとしては失格なのだと思います。
T.D. さんのいわれるように期待はできなさそうですし、そういうリーダーを選んでいるのは我々自身ですからね・・・。


投稿者 喜八 : 2005年06月06日 17:19

通りすがりさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

たしかにご指摘する要素は否定できないでしょう。
が、日本側がこれを主張するだけでは、結局、日本の利益にはならないのではないかと、私個人は考えています。
早い話、国際社会に訴えてみても「なるほど、中国と韓国だけが悪い! 日本は正しい!」と言ってくれる人は少数ではないかと思うのです。

こういうことをいうと「単純!」だと馬鹿にされそうですが(笑)、中国や韓国の人たち(およびフィリピンの人たち)は東洋の同胞ですから、誠心誠意取り組めば必ず道は開けると思っています。

投稿者 喜八 : 2005年06月06日 17:25

こんにちは。
最近、呉善花という韓国人の方が書いた「日本が嫌いな日本人へ」という著者を読んだのですが、どうやら韓国人の反日感情の根本的原因は私が思っているものとは違うようでした。

下は引用です。
”韓国の反日教育とは、「植民地支配にまで至った、日本人の野蛮で暴力的な資質は容易なことでは直らない、それを日本人に自覚させ、直させなくてはならない」という意識を、国民のあいだに生み出させるものだった。つまり問題は、植民地支配そのものにあるのではなく、日本人という民族の資質の問題として出されているのである。そこに予断の根があった。そのために、日本が繰り返し謝罪を行っても、韓国側には常に「不信」が留保され続けることになってしまうのである。”

なるほど反日感情とは私達が思っている以上に根が深いのかもしれませんね。

投稿者 ハル : 2005年06月08日 11:53

要するに韓国人自体がいつまでも根に持つ国民性であると言うことでしょうね。先週サイパンへ行ってきました、現地のガイドさんに連れられて旧日本軍の慰霊碑を見てきました。
慰霊碑がガムまみれでした、中国・韓国の観光客が慰霊碑にガムを付けて帰るそうです。サイパンの方が言っておられました、サイパンも中国・韓国と同じような境遇にあった国ですが、サイパンの人はみんな日本人が好きです。でも中国・韓国はいつまでも過去の事にこだわり続けている、心が狭いねって言ってました。

投稿者 通りすがり : 2005年06月08日 13:57

ハルさん、こんにちは。
呉善花さんの文章は何度か読んだことがあります。関東大震災のときに朝鮮の人を守った東京下町の警察署長さんのことを書いた文章が有名ですね。
呉善花さんは日本のどちらかといえば保守的なオジサン層に呼びかける文章が多いように思います。
それはそれでシンドイことなのでしょうね(笑)。

投稿者 喜八 : 2005年06月08日 14:20

> 通りすがりさん

まあ、世の中いろいろな人がいますからね。何処に行っても心の広い人・狭い人はいます。
日本人が皆「いい人」ではないのは、通りすがりさんも私も先刻承知の事実ですね(笑)。
通りすがりさんが指摘している事実は、インターネットでいえば「煽り」と考えてみたらいかがでしょうか?
「煽り」や「釣り」を無視するのはインターネット心得の「いろはのい」ですね。

投稿者 喜八 : 2005年06月08日 14:24

こんばんわ。「反日運動」は凄いですね。物を投げられているのを見たのはサッカーが一番強烈的だったように思います。北朝鮮では、日本との対戦の時、日本にボールがまわると決してブーンイングすることもなく、黙っているそうです。何かのTV番組でその様に言ってたのを聞いたことがあります。無言の圧力をかけてますよね。日本のプレイヤーは不気味だと言ってました。確かにこれまで日本は悪い事をしてきたかもしれない。でも、悪い事をしただけなのでしょうか。やはりそこは日本だけではなく、お互いの国の歴史を見つめ直した上で、反日運動すべきですね。日本だけが悪いわけではないはずです。実際、太平洋戦争に関して読んだことがありますが、長崎に中国人大虐殺について写真とかがあったりしたらしいんですが、実際は嘘という説もあります。一体、何が真実なのか全然わかりません。教科書問題についても、お互い、どこまでを子供達に教えて教育していくべきか、お互いの国の悪いところばかり書いて教えたって、世界平和を目指すなんて無理でしょう。(笑)悪いところもあったはず。でも、良いところもあったはず。日本だって貧しい人達の為に支援しているところもある。それを貧しい人達に食べ物を与えず、核兵器に使うという点においては日本を馬鹿にしているようにも思えます。どっちもどっちですね・・・。この問題に関しては難しいところです。歴史がある限り、靖国神社参拝と同じように言われ続けるのでしょうね。だけど、戦後に産まれた私達もその罪を償わなければならないのでしょうか。きりがないです・・・。過去にこだわる限り、日本は悪い国のひとつとして、悪いイメージを抱かれるのでしょうね。何が良くて何が駄目なのかわからなくなってきました。長くなり、申し訳ありませんでした。

投稿者 ありす : 2005年06月09日 22:34

ありすさん、こんにちは。
私が恐れているのは、日本・韓国・北朝鮮・中国などの東洋諸国のあいだで反感が高まってゆき、各国のナショナリズムが燃え上がってしまうことです。
これはインターネット掲示板のやりとりで、激しい言葉のやりとりになってしまう「フレーミング」と似ているようです。
インターネットの「フレーミング」でも、往々にして結果は悲惨なものになります(訴訟沙汰、自殺など)。
が、国同士の「フレーミング」の行き着く先は遙かに悲惨なものになるでしょう。つまり「戦争」です。
戦争になれば、どの国でも庶民ばかりが酷いめに遭うことになるのですね。
また、東洋人同士がいがみあっていれば、結局は余所の国(白人諸国)のトクになるだろうとも思っています。

投稿者 喜八 : 2005年06月10日 08:47

喜八さん、おはようございます!

蒸し返すようで恐縮なのですが・・・その後もこの問題については考えていまして・・・私なりに考えたことを追加させて頂きます。

喜八さんが憂慮されている事態-戦争-は、「平和ボケ」と言われればそれまでなのですが、私はそれほど心配していなくて、むしろ首都圏に大規模な天然災害(例えば大地震)が発生したときに、件の朝鮮人虐殺のような問題が起こらないだろうか?と不安になります。

この前、韓国に行った際、韓国人の友人たちからは「それは杞憂、情報化社会で、今は時代が違う」と言われましたが、本当にそうなのか・・・極限状況になって変な感情が頭をもたげるのでは?とちょっと不安になります。

それは、ひとつには日本の人々が、韓国の人々との友好体験なしに「韓国人は・・・」というようなステロタイプな「印象」を持ってしまっているのではないかという不安です。

それは「現実の韓国人」と接していれば「単なる誤解」だったと分かる程度の問題がほとんどですが、多くの場合、国内のニュース報道は「韓国にはこれだけ反日感情がある!」という方向性しかないようにも思います。

私はdiscriminationとかprejudiceは何ら生産的な感情を生み出すことはないとほぼ確信しています。私の不安も本当に単なる杞憂であることを願っています。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年06月26日 04:33

tropical_dandy さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

> それは「現実の韓国人」と接していれば「単なる誤解」だったと分かる程度の問題がほとんどですが、多くの場合、国内のニュース報道は「韓国にはこれだけ反日感情がある!」という方向性しかないようにも思います。

それは確かにありますね。
韓国・中国に批判的な人が現実の韓国人・中国人と交際したことがない、というのは私の身の回りでもよくあることだと経験しています。

それとマスメディアの問題も大きいように思います。彼我のマスコミはお互いに相手のことを悪く書くと「売れる」という構図があります。日本のマスコミは中韓の悪口を書けば商売になるということを知っている。中国や韓国のマスコミは日本の悪口が定石になっている。

いわばお互いに煽りあっているようなものです。これはいま世間を騒がせている「若・貴兄弟喧嘩」に似ている図式です(笑)。

東洋諸国では「日本 vs. そのほかの国」という構図ができあがっていて、お互いに悪口をいうことがポピュリズム(人気取り)の非常に有効な手段となっています。インターネットでもそれはいえて、個人のホームページで人気を取ろうと思ったら、中国や韓国のことを悪く書けばいいのですね。もちろん、私は「誇り高い日本人」なので、そういうことはしません(笑)。

投稿者 喜八 : 2005年06月26日 05:27

みんなこのサイトしってるかな?
韓国・中国の歴史捏造問題は相当重大だと思います。
本当のことを知ってこそ前へ進めます。
日本人であることの誇りをもって行動しましょう。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

投稿者 目覚めよ日本人 : 2005年12月02日 18:18

目覚めよ日本人さん、はじめまして。
インターネット情報をありがとうございました。
あとで覗いてみますね~。

投稿者 喜八 : 2005年12月03日 14:01

 反日について「なぜ?」と考えているなら、言い知れぬ恐怖を感じているなら、不安に思っているなら、調べるべきです。

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

 

投稿者 国際人なら : 2006年03月27日 00:11

国際人ならさん、はじめまして、
WEB 情報をありがとうございます。
のちほど読ませていただきます。

(追伸)
ご紹介のページは読んだことがありますね。
よくよく見たら、このコメント欄でも「目覚めよ日本人」さんという方が紹介してくれていました。
いずれにせよ、ありがとうございます。

投稿者 喜八 : 2006年03月27日 08:58