【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 竹槍蓆旗 | メイン | 07-09~07-15の有酸素運動 »


2005年07月14日

音楽バトン

ホラー映画フリーク(かつ超多忙な企業経営者)の yohko さん、
ジュエリー・デザイナー(かつ超多忙な企業経営者)の Ree さん、
のお2人から音楽バトン(Musical Baton)の御指名をいただきましたので、参加させていただくことにします。

Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

「ゼロ」です。少なくとも意識して音楽ファイルをダウンロードしたことは一度もありません。・・・私はパソコンを使いこなしていませんね(汗)。

Song playing right now(今聞いている曲)

仕事中、読書中、および WEB コンテンツ制作中は音楽を聴かないのです。「ひとつのことに集中すべし!」という主義をもっているわけではありません。いっぺんに2つのことができないドン臭い体質なのです(大汗)。

The last CD I bought(最後に購入した CD)

美空ひばりオリジナルベスト50
これは祖母(91歳)へのプレゼントに買ったのでした。私自身もひばりファンです。

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

美空ひばりリンゴ追分
一番好きな歌。

小椋佳暇つぶし以上に
暇つぶし以上に何をしていますか?」という歌詞を初めて聴いたときは大きな衝撃がありました。その後も気持ちを引き締めたいときに聴くようにしています。

PANIC IN THE ZÜ A Butterfly In The Darkness
PANIC IN THE ZÜ は1990年代に東京で活動していたインディーズのガールズ・ロックバンド。ブルースを基調とした最高に格好いいバンドでした。三軒茶屋のライブハウス「HEAVEN'S DOOR」によく聴きに行きました。

THE NEWSそれで自由になったのかい
THE NEWS も1990年代に東京で活動していた女性3人組のインディーズ・ロックバンド。
PANIC IN THE ZÜ とはまったくタイプが違いますが、これまた格好いいバンドでした。原宿ホコ天(歩行者天国)、神楽坂のライブハウス「Explosion」などに聴きに行きました。曲は岡林信康のカバー。

エミネムルーズ・ユアセルフ
ウエイトトレーニングで自分の限界に近い重量を扱う前に聴いています。エミネムを聴くと日常を超える力がでる、ような気がします。

Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5人)

これは難しいですね。(^_^;)
多くの人がすでにバトンを受け取っているようですから。
そこで私からはあえて指名を避けさせていただくこととします・・・。
「バトンを受け取ってもいい」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ名乗りを上げてください~。m(__)m


投稿者 kihachin : 2005年07月14日 20:47

« 竹槍蓆旗 | メイン | 07-09~07-15の有酸素運動 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/468

このリストは、次のエントリーを参照しています: 音楽バトン:

» 音楽バトンですって from 映画がワタシをダメにする
ご無沙汰しております。 なかなか映画も観られず、修羅場の中をぐるぐるしてます。 そんな中。 おトモダチの [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月15日 16:13

» Musical Baton from 日常&読んだ本log
ぐるぐる さんから、Musical Batonが回ってきました。 Musical Batonとは、こういうものらしい です(ぐぐってヒットした、はてな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月18日 09:00

» Musical Baton from とらのいる木陰
Musical Baton って知ってるか? 私はつい最近、友人、ぐるぐるさんの [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年07月18日 12:08

» 音楽バトン from 悠雅的生活
arudenteな米さん から 「音楽の天使」が送られて・・・   来たのではなくて、送られて来たのは、音楽バトン。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月02日 19:20

» 自衛隊音楽祭りに行ってきました from 人生日記
イヤーそれにしてもだいぶサボってしまいました。また始めるゾ!っと11月18日土曜日、偶然手に入ったチケットで、日本武道館で開催された自衛隊音楽祭りに三男を連れて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月19日 17:13

コメント

喜八さん、ご無沙汰してます。
バトン受け取ってくださって、ありがとうございます~!

投稿者 yohko : 2005年07月15日 16:11

喜八さん
バトン受け取ってくださってありがとうございます。
タイミングよかったですね、ちょっと遅れたら、門前払いくうところでした。滑り込みセーフ!

ひばりさんから小椋桂、ロックバンドまでジャンルの広さにびっくりです!

投稿者 Ree : 2005年07月15日 19:45

yohko さん、こんばんは。
バトンをまわしていただきまして、ありがとうございます。
また、時間ができたら映画レビューをどんどんアップしてください~。

投稿者 喜八 : 2005年07月15日 21:09

Ree さん、こんばんは。
バトンをありがとうございました。
本当にグッド・タイミングでした(笑)。
音楽に関してはジャンルが「広い」のではなくて、「バラバラ」なのだと思います。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年07月15日 21:10

音楽の嗜好の傾向が違うかしら、と遠慮していたのですが、岡村氏の所にコメント頂きましたので、トラバしてしまいました。思い入れのある5曲に、まさに「カルアミルク」を選んでいたのです。やはりあまり幸せではなかったのかなぁ。
喜八さんの音楽ジャンルはとても幅広いのですね(「バラバラ」ではなく、やっぱり幅広いと思いますよ)。インディーズバンドなんて、私はほとんど聞いたことがないです。美空ひばりも、亡くなってからのテレビ番組で、いい歌だなぁと思いました。

投稿者 つな : 2005年07月18日 09:04

つなさんの記事の「カルアミルク」は見逃していました!(スミマセン)。
音楽の世界で生きる人たちを見ていると、「難しい世界だな~」と思います。
相当な才能がある人でも、時が経つと何時の間にか時流に取り残されてしまっていたりします。
インディーズの人たちなどは、能力があれば、ある程度までは行くのですね。
でも、そこから先に行ける人はほとんどいない・・・。
かつて大ファンだったバンドの人たちは、いま何をしているのか知りたいような知りたくないような気持ちです。

投稿者 喜八 : 2005年07月18日 09:27

せっかくなので、前に書いたバトン記事をTB。
ブログは同一テーマでTBがやはり醍醐味です(笑)。

投稿者 とら : 2005年07月18日 12:08

とらさん、トラックバックをありがとうございます。
コメントは、とらさんのブログでさせていただきます~。

投稿者 喜八 : 2005年07月18日 17:23

せっかく、こちらのバトンで答えてらっしゃるのに、
また別の「音楽バトン」を渡してしまった悠雅でございます。

違う内容だから、と快くお引き受けいただいて、
さらにTB,コメントも、本当にいつもありがとう&申し訳ないです。

何と幅広い、喜八さんの音楽の趣味!
「新・音楽バトン」も楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

投稿者 悠雅 : 2006年03月02日 19:24

悠雅さん、こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。m(__)m

今回の「音楽バトン」は新趣向で、楽しみながら答えることができました。
今夜にでも記事をアップしようと思います。
またTBを送らせていただきますね~。

趣味は幅広くないような・・・。
「バラバラ」といったほうが正解でしょう(汗)。

投稿者 喜八 : 2006年03月03日 12:41