【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 08-28のトレーニング | メイン | 1票の格差 »


2005年08月29日

郵政民営化反対

いきなりですが・・・。

軍隊(自衛隊)の民営化に私は反対します。

警察の民営化にも反対します。

刑務所の民営化も反対です。

国民健康保険民営化反対!

国民年金民営化反対!

三権(立法・行政・司法)の民営化には断固として反対します!

ついでと言ってはなんですけれど・・・。

郵政民営化にも反対です。

ちなみに「軍隊の民営化」と「刑務所の民営化」はアメリカ合州国ではすでに実施されており、多くのトラブルが発生していると聞き及んでいます。イラク・アブグレイブ刑務所におけるイラク人虐待(すでに話題にもならないようですが)などは「民営化」の成果のひとつと言うこともできそうです。

またアメリカには公的な健康保険というものが基本的に存在しません。各人は高額な(民営の)医療保険に加入しなければなりません。そのため低収入の人は健康保険に加盟できず、いざ病気となっても治療を受けることができない、というケースが非常に多いのです。一説には合州国内の医療保険未加入者は4300万人(!)を超えているとされています(参考ページ→「無視してはいけない問題」)。

「民営化さえしたらバラ色の未来がひらける」「官は悪、民は善」というのは、きわめて粗雑な考え方ではないでしょうか。現在アメリカ合州国と我が祖国日本で主流となっている新自由主義の経済学者たちが「民営化」を礼賛する有様には一種の宗教的熱狂さえ感じさせます。

振り返ってみると日本では経営破綻状態となった銀行に税金が大量につぎ込まれています。これは実質的な銀行の国有化です。銀行を国有化しておいて郵貯を民営化とは整合性をまったく欠いた無茶苦茶な政策ではありませんか?

ただし「構造改革」そのものは必要だと思っています(それも絶対的に!)。郵政だけでなく日本の官民のシステムは相当に傷んでいますから、全面的に見直していくことは喫緊の課題でしょう。「官」で行なう部分と「民」で行なう部分をよくよく吟味して、日本という国民国家を再構成してゆく必要があると考えています。

最後にお断りしておきます。
郵政民営化に反対しているからといっても、私は郵政公社関係者ではありませんし、公務員でもありません。
蛇足ながら付け加えておきますと、おカネと市場が大好きなバリバリの(ボチボチの?)資本主義者であります(笑)。


投稿者 kihachin : 2005年08月29日 21:27

« 08-28のトレーニング | メイン | 1票の格差 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/498

このリストは、次のエントリーを参照しています: 郵政民営化反対:

» 「ふつうの20代30代40代、またこれからの人たちのための政治」(構造改革/郵政民営化などについて) from 0 1/2
2005/08/30更新 小泉さんが本丸とうたう郵政民営化(つまり [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年08月30日 11:24

» 国民は小泉の嘘を信じるのか from スローライフ日記
小泉の支持率が60%だとかマスコミは報じているが、これに私は驚くばかりだ。 何をみて支持しているのか甚だ疑問である。 この4年間、彼が何をやっと言うのか。 や... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月06日 21:04

» 茶番劇に思えて仕方ない。 from :: 日記 ::
書くの躊躇っていたんですけど……これ。だって政治的な話やし。批判的な話やし。 もう自棄になって書いてしまおう。 あのー、今回の国会解散・総選挙なんですけど。あ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 03:26

» 行政改革のあり方 from 微熱日記
公務員の人員削減、待遇切り下げを例に挙げてみます。それも一つの政治の在り方でしょ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月20日 12:19

» 野田聖子さんにメールを送ろう ~ 私たち市民にできることは? from とくらBlog
 子どもの運動会だったので、ずっと外に出ていて疲れたけれど、ちょっと気分転換になりました。すっかり秋らしくなり、空気が気持ちいいです。なぜか、紅白リレーで一生懸... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月25日 18:53

» 郵政民営化について from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
郵政民営化法案が、衆院本会議では僅差で可決し、参院本会議では反対多数で否決された [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月12日 02:23

» 日本人はおかしくなったんじゃないか?-メール問題は、はっきりさせて! from とくらBlog
 ここのところ、お天気に気分が左右されてしまいます。すっかり春!っていう日には、るんるんで、やらなければいけなかったことも一気にかたずくのに、雨が降るとブルーに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月19日 17:42

コメント

ほぼ賛成です。すべての民営化がいけないとは思いませんが、「民営化」がすべての解決だというのはおっしゃるように宗教だと思います。
民営のメカニズムを生かすためには、それなりの制度設計が必要だと思っています。民営化はあくまで手段に過ぎません。

投稿者 大西宏 : 2005年08月29日 22:32

郵政の民営化そのものについては、私は、賛成でも反対でもありません。
どちらをとっても、それなりのメリットとデメリットがあると思うからです。
ただ、今の時期このような形で実施するというのは、もう純粋に、「郵政の民営化」が政治カードとして使われているわけで、郵便業務や郵便貯金の業務にとって良いのかどうかは、二の次になっているように思われる。
その点には、好感が持てません。
まあ、それも「政治」というのは、理解はできるんですけどね(^^;

投稿者 とら : 2005年08月29日 22:57

喜八さん、こんばんは~。
確かに「官から民へ」は絶対的イデオロギーではないですね。
私の見解(現時点)では…郵便事業は公社形態存知で良いと思います。むしろ、そうでないと、ユニバーサル・サービスは堅持できないと思います。それこそ、パブリックが担うタスクだと思います。

一方で、郵政マネー(郵貯・簡保)に関しては段階的に民に託しても良いかと思っています。但し、いわゆる窓口業務は一括して、現行の郵便局が担うこともできるようにする。もちろん、巷間言われている「特定郵便局」の問題もあるのでしょうが、これは公社の枠内で改革が可能ではないかと思います。

小泉さんは郵政マネーには関心があっても、郵便事業そのものには関心がないように見受けられます。郵便局ネットワークは国民の重要なライフライン。これは維持した方が良いと、私は思っています。(うつろいやすい性格ゆえ、また意見が変わるかもしれませんが、今の段階では、そう思っています。)

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年08月29日 23:09

大西さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 民営のメカニズムを生かすためには、それなりの制度設計が必要だと思っています。民営化はあくまで手段に過ぎません。

「市場メカニズム」や「民間の活力」を利用することは絶対的に必要だと思います。
が、小泉さん・竹中さんの主導する「郵政民営化」はちょっと乱暴ではないかという印象がぬぐえません。
今回の選挙がどうなるか? おおいに注目しています。

投稿者 喜八 : 2005年08月31日 12:10

とらさん、こんにちは~。

実際に経済政策というのは難しいですからね。
ノーベル経済学賞を受賞した経済学者でも国家や会社を破産させたりしていますから(笑)。

> ただ、今の時期このような形で実施するというのは、もう純粋に、「郵政の民営化」が政治カードとして使われているわけで、郵便業務や郵便貯金の業務にとって良いのかどうかは、二の次になっているように思われる。

そこが一番の問題だと思います。小泉さんにとって「郵政民営化」は政局の手段にしか過ぎないような印象です。あるいは昔、郵政大臣だったころに官僚からイジメられたことへの報復か?(笑)。

(破綻寸前の)財政、憲法、外交、税制、イラクの自衛隊などなど重要な問題が山積みなのにメディアが「くのいち」とか「刺客」なんて報道をしているのは能天気すぎます!

投稿者 喜八 : 2005年08月31日 12:11

> tropical_dandy さん

> 一方で、郵政マネー(郵貯・簡保)に関しては段階的に民に託しても良いかと思っています。

同感です。そもそも郵便業務と郵貯・簡保は切り離して考える必要があるのに、改革推進派の人たちは、その点を曖昧にしているような印象がありますね。

> もちろん、巷間言われている「特定郵便局」の問題もあるのでしょうが、これは公社の枠内で改革が可能ではないかと思います。

「特定郵便局」という制度にも問題はあるのでしょうけれど、それよりは「世襲政治家」のほうが遥に深刻な影響を社会に与えているのではないかと思います。「世襲ボンボンタカ派」というのが世の中で一番アブナイやつらじゃないかと(ボンボンでハト派は気持ちいい人たちなので大好きですが(笑))。

> 郵便局ネットワークは国民の重要なライフライン。これは維持した方が良いと、私は思っています。

これまた同感です。コンビニで代替できるという意見もありますが、私は賛成しません。
最近増えている郵便局の隣にコンビニがあるというスタイルは便利ですけれど・・・。

投稿者 喜八 : 2005年08月31日 12:12

喜八さん、こんにちは~。

>それよりは「世襲政治家」のほうが遥に深刻な影響を社会に与えているのではないかと思います。「世襲ボンボンタカ派」というのが世の中で一番アブナイやつらじゃないかと(ボンボンでハト派は気持ちいい人たちなので大好きですが(笑))。

まさに同感です。「世襲の君主は先祖伝来の統治形態を等閑にしないだけでよく、あとは予測できない事態に対してはただ適当に時を稼いでいればよい」(『君主論』岩波版)
中世フィレンツェでも現代の日本でも、恐らくそれは当てはまるのだと思います。財政問題など、本当に「時を稼いで」いるだけのように思います。

それから…自民党の「次の総裁」は典型的な「ボンボンタカ派」の人になるのではないでしょうか。人気もあるようですし。ポピュリストのタカ派というのは危険ですね。そういうことも考えて投票しようかと思います…。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年08月31日 15:03

「刺客」に「くのいち」!!
ああ~(笑)。
小泉氏、今そのカード使わなくてもいいんじゃないか、と問題が発生した頃から思ってはいましたが、マスコミの騒ぎ方も問題ですよね。
なんだか、ひとつ騒げる事件がおこると、日本のマスコミは全員右へ倣え、思考停止してしまうようで、毎度苦々しく感じます。

郵政民営化についても、どうもマスコミの報道は、感情に流れ、自民小泉憎しで書いているようなところもあり、判断材料として使えません(汗)。

投稿者 とら : 2005年08月31日 20:05

tropical_dandy さん、こんにちは。

誤解があるといけませんので、お断りしておきますが、私は「ボンボンは総てイケナイ!」と言っているのではありません(笑)。
実際にはボンボンには気持ちの優しい人、教養のある人、遊び上手な人が多く、好意をもてるケースが多いのです。

私が激しく憎むのは以下のようなヤカラです。
自分や自分の家族はあくまで安全地帯に置いておいて、よそ様の息子さん娘さんたちを戦場に送り込むことを「当たり前」と考えている者たち。
自分たちは生まれながらにエライのだと勘違いしている「思い込みエリート族」たち。

> それから…自民党の「次の総裁」は典型的な「ボンボンタカ派」の人になるのではないでしょうか。

じつは私も「あの人」を念頭においています(もちろん総理になって欲しいという意味ではありません(笑))。
それにしても・・・。日本人は1億2千万人以上いて、その中には優秀な人も少なくないのに「何故あの人が総理候補なの?」と不思議でなりません。

投稿者 喜八 : 2005年09月01日 12:28

とらさん、こんにちは~。

> なんだか、ひとつ騒げる事件がおこると、日本のマスコミは全員右へ倣え、思考停止してしまうようで、毎度苦々しく感じます。

冷静に考えると、マスメディアも商売でやっているわけですし、そこに勤める人たちはサラリーマンですから、「思考停止」も仕方がないかもしれませんね(笑)。
とはいえ、個人個人をみたら使命感に燃える誠実な方も少なくはないのでしょうけれど・・・。
そういう人たちの力が生かされないようなシステムになっていることが問題だと思います(マスメディアだけでなく、多くの組織はそんなものでしょうけれど)。

結局、これからの時代は「自分だけが頼り」という覚悟をきめておいたほうがいいような気がします。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年09月01日 12:29

それは言えますね。
資本主義社会ですし、商売でやってる分、売れるようにしなくてはいけませんが、そのために記事を捏造したり恣意的に編集したりする事件が相次ぎ、本末転倒な事にもなっています(^^;
これからますます、個人が選択眼を磨かなくてはいけなくなっていきますね。

投稿者 とら : 2005年09月01日 22:11

とらさん、こんにちは~。

> 資本主義社会ですし、商売でやってる分、売れるようにしなくてはいけませんが、そのために記事を捏造したり恣意的に編集したりする事件が相次ぎ、本末転倒な事にもなっています(^^;

テレビは特に酷いみたいですね。
編集の仕方によっては発言が180度逆に捻じ曲げられたりするそうです。

たとえば私が「人のものは俺のもの、法律なんかどうにでもなる、というようなことでは困ります」と発言したとします。これを前半の「人のものは俺のもの、法律なんかどうにでもなる」の部分だけテレビで何度も放送すると、「喜八というのは極悪人だな」と多くの人が思ってしまう(笑)。

「テレビ・カメラの前では腕を肩より上に上げてはいけない」ともいうそうです。編集の仕方によってはカメラマンに暴力を振るっているようにされてしまうからだそうです。

一般市民でもテレビや新聞の「暴力」から身を守ることを考えないといけないのでしょうね。

投稿者 喜八 : 2005年09月02日 12:09

喜八さん、こんにちは。

>実際にはボンボンには気持ちの優しい人、教養のある人、遊び上手な人が多く、好意をもてるケースが多いのです。

私もそうした方々には好感を持っています。仕事柄、なかなか洒脱で、品格も気風のいい方にお会いすることもありまして…。やはり、環境が良い意味で影響して人柄に反映しているんだろうなぁとボンボンではない私はちょっと羨ましく思ったりもします(苦笑)。

>自分や自分の家族はあくまで安全地帯に置いておいて、よそ様の息子さん娘さんたちを戦場に送り込むことを「当たり前」と考えている者たち。

これはいけませんね。一見彼らの主張は「勇ましく」見える(こともあるらしい)のですが…実際は自分を安全サイドに置いている時点で実は全然勇ましくはないのですね。

>自分たちは生まれながらにエライのだと勘違いしている「思い込みエリート族」たち。

これも確かに鼻持ちならないですね…。

>じつは私も「あの人」を念頭においています(もちろん総理になって欲しいという意味ではありません(笑))。
それにしても・・・。日本人は1億2千万人以上いて、その中には優秀な人も少なくないのに「何故あの人が総理候補なの?」と不思議でなりません。

「あの人」に関しては、私も何故だかよく分かりません。一見勇ましげなことを(しかも同じようなことを)語っているだけで、特に政策政治家として何か優れたものがあるとは思われませんし。ポピュリストには注意が必要と思っています。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年09月02日 15:46

tropical_dandy さん、こんにちは。

> ポピュリストには注意が必要と思っています。

そうですね。ポピュリストというと一段低い存在のように考えてしまいがちです。
けれども有能なポピュリストというのは大変に危険だと思います。
故レーガン大統領などはその一例として挙げられるでしょう。
また、かのヒトラー総統も歴史上最大のポピュリスト政治家です。
シーザーも・・・なんて言っているとキリがないので、やめておきます(笑)。

小泉さんと竹中さんもポピュリスト政治家としては優秀です。批判される余地はたくさんあるでしょうけれど、あの人たちにとって住みやすいような社会をつくるのには成功しつつありますからね。

ただ、小泉さんたちの目指すアメリカ型社会は私には住みにくそうです。日本に住む大部分の人たちにとっても住みにくいのではないでしょうか?

ここまで書いてきて気づいたのですが、tropical_dandy さんにとっては住みやすい世界であるかもしれません!(笑)

投稿者 喜八 : 2005年09月02日 20:50

喜八さん、こんばんはー。

>ここまで書いてきて気づいたのですが、tropical_dandy さんにとっては住みやすい世界であるかもしれません!(笑)

いえいえいえ(苦笑)。アウトサイダーと言いいますか、吹けば飛ぶような存在ですから…。一般論からは、何かを仕掛けたい人にはチャンスかも知れないのですが、ちょっと私の商売の話になってしまいますと、(一部で誤解を招いているのですが…)原価率が高い商品を扱っているので、薄利多売でやっていけないと首が回らなくなってしまいます。貧富の差が増大して全体的には消費が冷え込むのは私にとって最悪のシナリオでして…。

消費を担っている大多数の国民にとって益にならないことは、結局のところ、私にとっても必然的に益にならない、と言うことになります。もっとも、私もいつまでこの稼業続けているのか分かりませんので(苦笑)、小泉さん・竹中さんの考えているであろう方向とは別の方向を模索した方が良いのではと何れにしても思っています。

気持ちだけは、お上が何を決めても自分なりやり方でやっていくだけとも思っていますが、なかなか現実は厳しいものです…。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年09月02日 21:32

> tropical_dandy さん

> 気持ちだけは、お上が何を決めても自分なりやり方でやっていくだけとも思っていますが、なかなか現実は厳しいものです…。

たしかにそうですね。マクロが悪化してくると、自分以外の人たち、家族、友人、取引先などに悪影響がありますから、自分だけ無傷というわけにはいかないでしょう。

日本の現状をタイタニック号になぞらえる人もいます。氷山に追突する寸前のタイタニック号とそっくりだというのです。沈没寸前の日本経済と危機感の乏しい日本人をよく言い表していると思います。

結局、ネオ・リベラリズム(新自由主義)の人たちは「自分たちだけ沈む船から逃げられればいい。溺れ死ぬヤツラに財産は不要だから、オレたちがもらっておくよ」というのが本音なのかもしれません。人間がそこまで酷薄になれるかどうか? なんて疑問を抱いている時点で「負け犬」となるのでしょうか・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月04日 13:04

 喜八さん、皆さん、はじめまして。
私は郵政民営化について勉強をしているうちにここにたどり着きました。そして個人の私見としては今回の法案には反対です。ただ、民営化ではなく郵政の構造改革というのは早急に必要だと考えております。然しながら私自身が不勉強なので理路整然とはお伝えできないのですが・・・。
それと今回の解散、及び小泉首相の政治手法には大変な憤りを感じております。 私自身は自民党の党員なのですがどうしても今回の選挙では支持できないし、今後も総裁になりそうな「あの方」をしじできないですね・・・。

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月07日 14:53

田舎の神主さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

小泉さんと竹中さんは日本の経済システムを自分たちの都合のよいものにしようとしているのでしょう。その意味では首尾一貫しているのだと思います。ただ、日本に住む大部分の人たちにとって、その世界はより住みにくいものになるのではないかと私は恐れています。

また田舎の神主さんも指摘されているように、今回の小泉さんの政治手法には私も大いに疑問を抱いています。「郵政民営化」法案が「参院」で否決されたからという理由で「衆院」を解散するというのも無茶苦茶ですし、「刺客」「くのいち」に及んではもう言葉もありません・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月07日 19:59

 喜八さん、こんにちは。

> 小泉さんと竹中さんは日本の経済システムを自分たちの都合のよいものにしようとしているのでしょう。その意味では首尾一貫しているのだと思います。ただ、日本に住む大部分の人たちにとって、その世界はより住みにくいものになるのではないかと私は恐れています。

私もほぼ同意見です。今回の法案自体がかなり未熟なものだと思いますし所謂「強者の論理」だと感じています。地方にお住まいの方やお年寄りの方々等、犠牲になる方は社会的弱者だと思います。

> 小泉さんの政治手法には私も大いに疑問を抱いています。「郵政民営化」法案が「参院」で否決されたからという理由で「衆院」を解散するというのも無茶苦茶ですし、「刺客」「くのいち」に及んではもう言葉もありません・・・。

これについても同意見です。日本の議会制民主主義の根幹を揺るがしかねない事ではないかとの危惧を抱いております。荒井参議院議員も仰っていたけれども法案の中身についてもっと慎重に議論すべきだと思っていますし、国民もしっかり判断すべき「材料」を見極めなければならない、と感じております。

「先人が木を植え、後人はその木陰で憩う」という格言があります。単純に我々の世代がイメージや雰囲気に流されるのではなく、自分の子供や孫の世代になってもこの日本が良い国で在る為に「良い木」を植えたいものです。

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月08日 10:50

田舎の神主さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

> 地方にお住まいの方やお年寄りの方々等、犠牲になる方は社会的弱者だと思います。

「市場原理」を活用するのは大事だと思います。
けれども、この「市場原理」を生活全般に無原則に適用してゆこうというのはきわめて危険な行為です。
小泉さん・竹中さんの経済政策はまさに「市場原理を生活全般に無原則に適用してゆく」ことだと私は思っています。

たとえば、企業であれば「仕事のできない人・やる気のない人」を人員整理の対象にするのも「資本の論理」からやむを得ないでしょう。
でも、国家ではそれはできません。
「あなたは日本国に貢献していないから、よそへ行ってください」ということはできないのです。
つまり我々(日本国の国制下にある者たち)は「運命共同体」なのですね(古めかしい言い方ですが)。

> 「先人が木を植え、後人はその木陰で憩う」という格言があります。単純に我々の世代がイメージや雰囲気に流されるのではなく、自分の子供や孫の世代になってもこの日本が良い国で在る為に「良い木」を植えたいものです。

まさにそうですね。いまは政治家も有権者もなんだか刹那的になっている印象があります。「とにかくいま自分がよければそれでいい」という「本音」がむき出しになっている人が多いようです。大人たちがそれでは子供も将来に希望をもつことなどできないでしょうし、そもそも「未来」抜きには人間社会というものは成り立たないと思うのです・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月08日 15:23

喜八さん、こんにちは。
ご返答ありがとうございます。
今回の法案について勉強をしたつもりではあるのですがここで皆さんのコメントやTBを観てまたさらに勉強になりました。

>小泉さん・竹中さんの経済政策はまさに「市場原理を生活全般に無原則に適用してゆく」ことだと私は思っています。

>つまり我々(日本国の国制下にある者たち)は「運命共同体」なのですね(古めかしい言い方ですが)。

全くその通りだと思います。
だからこそ一部の方々が住みやすい世界などにしてはならないと心から思います。

>いまは政治家も有権者もなんだか刹那的になっている印象があります。「とにかくいま自分がよければそれでいい」という「本音」がむき出しになっている人が多いようです。大人たちがそれでは子供も将来に希望をもつことなどできないでしょうし、そもそも「未来」抜きには人間社会というものは成り立たないと思うのです・・・。

この言葉には心の底から賛同いたします!

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月09日 15:27

田舎の神主さん、こんにちは。

投票日がいよいよ明日となりました。
新聞・テレビでは小泉さんの優勢が伝えられています。
けれども、週刊誌では反対の意見が書かれています。
スキャンダル報道中心の週刊誌は嫌いですが、今回ばかりは週刊誌勢が正しいことを祈っています。

自民党が勝てば「国民から郵政民営化を支持された」として、小泉さん・竹中さんは日本経済を弱肉強食のアメリカ型に変えることに全力を尽くすでしょう。
その結果、膨大な数の「負け組」が生まれることになるわけですが、私は日本社会がそうなって欲しくはありません・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月10日 13:05

喜八さん、こんにちは。
私も同様に祈っています。仕事柄祈ることは多いのですが・・・。(笑)
明日の選挙はテレビや新聞の報道がいかに曖昧で抽象的であったか、それが証明される日であることを祈りたいと思います。それと私達自身の手でもちゃんとその一端を担い、一票という僅かな力かも知れませんがしっかりとした意思を国政の場に伝えたいと思います!
 弱者は弱者として切り捨てられるような国にしないためにも国民の皆さんに良識あるご判断を望みたいものです。

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月10日 16:46

喜八さん、こんにちは。
本当にいよいよ明日ですね。私も喜八さん同様、この国を弱者を弱者として切り捨てるような国にしないために祈りたいと思います。まぁ仕事柄祈ることは多いのですが・・・。(笑)

私も普段は週刊誌のゴシップのような記事は嫌いですが今回だけは希望的な観測も含めて正しい報道であったと信じたいですね。

明日は私も力を込めて投票に行ってきます!

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月10日 16:53

ごめんなさい!間違って2回コメント登録してしまいました。
なんかゴチャゴチャしててすいません。パソコン調子悪くて・・・。(m_m)

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月10日 16:56

田舎の神主さん、こんばんは。
まったく同じコメントが2つあったら片方は削除させていただいていますが、今回の2つのコメントは微妙に内容が異なりますので、そのままにしておきますね(笑)。

> 私も同様に祈っています。仕事柄祈ることは多いのですが・・・。(笑)

本物の神主さんですか!
もっともコメントの内容から、そうだろうと思っていました。

> 明日の選挙はテレビや新聞の報道がいかに曖昧で抽象的であったか、それが証明される日であることを祈りたいと思います。

私も祈るような心境でいます。小泉さん・竹中さんの「勝ち組優遇政策」は本当に危ないと思います。日本のように色々な意味で豊かな国で、あえて貧富の差を激しくするような政策をとる必要があるとは思えません。

明日は朝から一票を投じる予定です!

投稿者 喜八 : 2005年09月10日 20:25

私も投票当日に同じような意見を探していてここのサイトに行き当たりました。私も他のサイトにも書いたが本当に諦めていました。本当に小泉竹中のIQの低い人作戦にhttp://ameblo.jp/fpiwatsubo/entry-10003997192.html日本人がこんなに情けなく誘導されるなんてほんとに呆れていておりました。又刺客を送り意見違うから
除名なんて、政党ではないし会社で意見違うからそこまでするかな?そんな人にだれもついていかないと思うしスゴイ違和感があったのですが、報道で支持率が上がるので本当に諦めていました。喜八さんの言うとおり貧富の差が本当に拡大しています貧困率は、アメリカの次で世界で5位ぐらいです
{そのはけ口を郵政職員に当てていると思うてんもある
税金使っていないし、外務省や警察と比べてもな?仕事内容も
違うし彼らは給料も税金でしているから。そこなら財政再建も分かるが・・・}
アメリカのタイフーンでの被害の人は、将来の日本人の貧困層と思うとほんと恐く思います
神戸の震災のような助け合う精神はなくなってしまうのかな?
又、それにボランティアに行っている白人の姿に私は、偽善者に思えると供に竹中に見えました。彼らは、SAFETYNET作ると言ったが全く作らない
もう4年も経つのに・・・雇用500万も言ったが全くです
挙句にトヨタの奥田さん改革に賛成!!ほんの昔企業献金止めると言いませんでしたか?まさに勝ち組は、何でもあり
企業もいろいろか?発言もいろいろ?か
竹中さん格差のある社会は良い社会といっていたな
私、選挙あきらめていたけれども同じ気持ちの人がいるので
私も朝投票にいきます。
ありがとうございます


投稿者 のり : 2005年09月11日 00:51

のりさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
私は投票をさきほど済ませてきました。

> 本当に小泉竹中のIQの低い人作戦にhttp://ameblo.jp/fpiwatsubo/entry-10003997192.html日本人がこんなに情けなく誘導されるなんてほんとに呆れていておりました。

ご紹介いただいたページを覗いてきました。

> そのターゲットとは、「小泉内閣支持基盤である主婦層&子供層、そしてシルバー層。具体的なことは良くわからないが、小泉首相のキャラクターを支持する層、内閣閣僚を支持する層」とされています。

> 注目してほしいのはグラフの軸、郵政民営化に対してはやや積極的な考え方。IQは低い層とされています。

有権者を徹底的に舐めているんですね。
そういう印象は以前からありましたが・・・。

> アメリカのタイフーンでの被害の人は、将来の日本人の貧困層と思うとほんと恐く思います

私も同じ印象を受けました。極端な民営化政策がすすめられたら、日本にも膨大な数の貧困層が生まれるでしょう。それは結局のところ社会を不安定にするだけだし、警察官やロボット監視装置の数を増やすことになり、社会全体のコストは上昇せざろう得ません。第一、そのような監視社会で暮らす人たち(私たち)が幸せだとも思えません。

> 竹中さん格差のある社会は良い社会といっていたな

これは「自分(竹中)にとっては良い社会」という意味なのでしょうね(笑)。
小泉さん・竹中さんは自分たちにとって「良い社会」をつくろうと邁進しています。でも、大部分の人にとって「良い社会」にはならないだろうと私は思っています。

投稿者 喜八 : 2005年09月11日 10:45

格差のある社会が確定してしまいました。
我ら勝ち組のコラムのようになりますよ。
信任した人たちは、これから増税や不当な格差がおきても
文句を言うなよと言いたいです。
私少し、人間不信になりそうです
ほんとにIQ低かったの。。。{笑}

投稿者 のり : 2005年09月11日 21:26

 のりさん、こんばんは。はじめまして。
 田舎の神主と申します。
全く本当ですね。このような政治が信任されるような国になってしまっていたのですね。これが戦後教育の成果なのでしょうね。私も心から落胆しています。

然しながら私たちはこの国でこれからも生きていかなくてはなりません。ですから人間不信などと仰らずにもっと前向きに物事を考えてください。今回の選挙で全てが終わってしまったわけではありません。確かに今回の選挙は政策よりもイメージ、
パフォーマンスが勝った結果になってしまいそうです。ただ私が思うに、今回、当選した方々が果たして次の選挙でどういった状況で望むか、当選できるのか、甚だ疑問に思います。「刺客」、「くの一」と呼ばれる方々にどれほどの政治的手腕、裁量があるというのですか?そういう意味では本当に恐ろしい結果になってしまいそうではありますが今回は・・・。
 
のりさんの仰る通り恐らくは、格差のある社会、不当な増税や憲法の改定などが行われ、結果、二極化が進むでしょう。私たちはそれを甘んじて受けなくてはならない状況になるでしょう。然しそれが現状での「民意」であるということです。ですからこれから私たちが為すべきことは次の世代に正しい民主主義の在り方を示していく事だと思うのです。自分の子供や孫の世代に「この国はいい国だ」「色々な事があったが今は幸せだ」「今の幸せは先達たちの苦労があったからだ」と思って貰える様な国に私たちが戻して行かなくてはならない、と考えます。

草の根のような活動しかできませんが私達がしっかりとした考えを持ち続けなくてはならないと思います。

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月11日 22:51

のりさん、田舎の神主さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

正直にいって私もガックリしています。
まさかこれほど小泉自民党が圧勝するとは・・・。
こういう激変がおこるのが小選挙区制選挙の怖さなんですね。

> 私少し、人間不信になりそうです

そのお気持ちはよく分かります。
けれども 今回”小泉改革”に「ノー」の声をあげた人も少なくありませんでした。
長い目で見れば、国内に大きな経済格差を人為的につくる経済政策がうまくゆくとは思えません。意外に近い時期に「ゆり戻し」が来るかもしれませんよ!

> 草の根のような活動しかできませんが私達がしっかりとした考えを持ち続けなくてはならないと思います。

まったく同感です。たしかに状況は厳しくなってきましたが、諦めることなくシツコク生き抜いていきましょう! 諦めて「投げて」しまったら世の中はいよいよ悪くなりますからね。本来、政治にはあまり係わりたくないというノンポリの私も今回はブログでいろいろと書かせてもらいました。世の中を(ほんの少しだけでも)よくしたいと考えてのことでした。今後も細々ながらも意見を述べていきたいと思っています。

投稿者 喜八 : 2005年09月12日 17:24

郵政民営化反対を検索して、こちらのプログに辿り着きました。
始めまして、神奈川県藤沢市在住の湘南人です。
最初は郵政民営化に賛成していた人間ですが、
この度、よくよく考えて賛成出来なくなってきたのです。
理由はとても簡単な事からなのです。
現在、ゆうパックや郵便物回収を某コンビニで行っているのですが、大きなゆうパックは気にならないのですが、小さな郵便物はとても気になるのです。
それから、特定郵便局は貯金などでも4時まで利用が出来ます。
しかしこれらはコンビニには任せられないと思います。
現在問題視されている、特定郵便局の制度を改善していけば、
郵便局は公の機関のままで良いと思います。
最近の特定郵便局はかなり丁寧な対応になってきています。
どうして、民営化にしないといけないのでしょうか?
独立採算制なわけだし、水道局と同じなのでしょう。
それに、民営化にしても税金使って替えるわけですし、
リスクが大きいと思います。
郵便局は公のままで居て欲しいです。
 
一番民営化にして欲しいのは、日本国営放送ですね。
善良なスポンサーを少し見つけるだけで運営可能なのでは?

ちなみに私は郵便局関係者でも家族でもありません。

いきなりレスして失礼致しました。
郵便局がこのままであるように切に祈ります。

投稿者 湘南人 : 2005年09月14日 05:40

湘南人さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

> 郵便局は公のままで居て欲しいです。

財務官僚が小泉首相をたきつけているという説もあるようですね。財務官僚から見ると「郵貯」という巨大マネーが自分たちのコントロール下にないのが何とも悔しい。それで小泉さんにアレコレ吹き込んでいるというのです。また小泉さん自身ももともと「大蔵族」でしたからね。
「郵政民営化」を昔から主張している小泉さんが郵政大臣になったとき、郵政省の官僚は小泉大臣を徹底的に無視したという話もあります。そのため両者の関係は決定的に悪化したのだとか。
まあ、これらは「風説」に過ぎませんが、まったくありえない話ではないと思います。

> 郵便局は公のままで居て欲しいです。

私もそう思います。「なんで郵政を民営化しなくてはいけないのか、ちっとも分からない」というのが正直な感想です。郵政に手をつけるより先に「官僚の天下り」とか「ファミリー企業」なんていう部分を改革するのが先ではないかと感じています。

小泉さんの政治手法は常に「敵」をつくって、その敵を殲滅してゆくというやり方です。郵政の次はどこが「敵」にされるのでしょうか・・・。


投稿者 喜八 : 2005年09月14日 12:29

早速のお返事ありがとうございます。管理人様!
私達一般人に出来る、郵便局存続活動は無いのでしょうか?
改善して郵便局は公のままで行こう。という署名は無いのかなと思います。
http://www.jpu.or.jp/index.htm
に一般の人の署名やってませんか?とメール出しました。
返事待ちです。

郵便局が民営化されると、貯金保険の類が米国キャリアに流れるようですね。
郵便局民営化=米国企業の利益の為。
というのも、まんざら嘘ではないようです。

小泉首相は郵政民営化を反対した議員を締め出し、
政治に興味のないと思われる著名人を選挙に出させました。
これだけでも、彼は私怨の為に生きる絶対主義者と考えられる事でしょう。
この刺客騒動がなければ、私も郵政民営化には疑問を持たなかったはずです。
理不尽な対応をする首相の推し進める法案は、賛成出来かねます。

民営化を何となく賛成している人達は、中身をよく理解しようとしていないのだと思います。

郵便局そのもののシステムは、良いと思いますので、
一部の欠点は改善していけば問題ないのです。

民営化運動で税金を使って、実際の民営化で更に税金を使おうとしている小泉首相は、アメリカ企業の手先としか思えなくなってきました。

余談ですが、郵政民営化反対議員が作った新党が合同になるような報道もありますね。
未来永劫同じ政党が日本を司るのは不可能です。
しかし、今は新しい力に期待しています。

長々と失礼致しました。
またお邪魔しますね。

投稿者 湘南人 : 2005年09月14日 16:11

湘南人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> http://www.jpu.or.jp/index.htm
> に一般の人の署名やってませんか?とメール出しました。
> 返事待ちです。

行動的ですね! 私はいつもモタモタしているので見習わなければなりません・・・。

> 民営化を何となく賛成している人達は、中身をよく理解しようとしていないのだと思います。

他の方からご指摘を受けて改めて気づいたのですが、経済の階層化というのは現時点でもすでにかなり進んでいます(特に地方では)。サービス残業をさんざんやらされた上に少しばかりの給料しか貰えないというような人も多く、「現状をどうにかして欲しい」という願望は強くなっていると思います。あるいはその段階を通り越して憤懣が爆発寸前という人も少なくないでしょう。小泉さんの「敵をつくって、その敵を殲滅する」という政治手法は多くの人に訴えるだけの力があるのでしょう(といっても私は支持しませんが)。

> 郵便局が民営化されると、貯金保険の類が米国キャリアに流れるようですね。
> 郵便局民営化=米国企業の利益の為。
> というのも、まんざら嘘ではないようです。

これは否定できない要素ですね。
結局、ものすごい額のおカネのかかっていることですから、取り扱いたい人たちにしてみれば「なんでもあり」でしょう。日本にもアメリカにも「命がけで食い込む!」という業者は少なくないと思います・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月14日 17:29

こんにちは。
晴れて郵政が民営化された暁にはお次はどれにお鉢が回ってくるんでしょうか?
保育園の民営化?学校給食の完全民間委託?
そういえば道路公団の民営化?(解体?)はどこいっちゃったんでしょうね~。
とはいっても山陽自動車道が無料になったところでうれしくないですが(なんたって市街地から離れすぎですし)
コンビニに従事するものにとって仕事が増えるのは勘弁です。
それと東京ってなんであんなに郵便局多いんでしょうね。
岡山も地方都市とはいえ、少ないですよ。(めちゃくちゃ田舎ってわけでもないのに)
一つ一つの郵便局が離れすぎです。「郵便局どこですか?」ってよく聞かれますけど教えるのにいつも苦労してます。

投稿者 ハル : 2005年09月14日 17:54

ハルさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。m(__)m

> そういえば道路公団の民営化?(解体?)はどこいっちゃったんでしょうね~。

たしかに道路公団の民営化というのは「看板を換えただけ」といわれています。特殊法人の民営化も実質的な変化はありませんでした。もしかしたら郵政の場合も同じ結果になるのかもしれません(大いなる謎です?)。

> コンビニに従事するものにとって仕事が増えるのは勘弁です。

コンビニ業界は競争が激しくて大変だそうですね。知り合いがコンビニ・チェーンに加盟して何年か頑張っていましたが、さきごろついに閉店しました。深夜にアルバイトを雇うと人件費がかさむので、深夜はほとんど自分1人で店にでているといっていましたが・・・。

> 一つ一つの郵便局が離れすぎです。「郵便局どこですか?」ってよく聞かれますけど教えるのにいつも苦労してます。

郵便局の展開の具合も地方によって大きな差がありそうです。
考えてみると私は郵便局という身近な存在のこともあまりよくは知りません・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月14日 20:48

喜八さん、こんにちは。湘南人さんはじめまして、こんにちは。

> 郵便局が民営化されると、貯金保険の類が米国キャリアに流れるようですね。
郵便局民営化=米国企業の利益の為。
というのも、まんざら嘘ではないようです。

このことについては当に危機的な状況だと私は感じています。今現在の国債の買い支えは郵貯、簡保資金で行われています。ですから民営化されれば国債の購入というのは他の銀行などと同じように数ある選択肢の一つになってしまいます。すると、先日のアメリカの「カトリーナ」のような天災、日本国内に於いては特に大地震などが発生した場合、国家は海外からの援助に頼らなければならない状況に陥る危険性があると思います。
また、外資の利益という面に関しては第2の「新生銀行」を生んでしまう危険性を孕んでいます。
このような状況になれば日本国債の価値は大暴落ですから、この国は「あの」アルゼンチンのように国家が経済破綻してしまう可能性があると思っています。

>余談ですが、郵政民営化反対議員が作った新党が合同になるような報道もありますね。
未来永劫同じ政党が日本を司るのは不可能です。
しかし、今は新しい力に期待しています。

同感です。私はもともと自民党員ですが、今回もこれからも支持できなくなってしまいました。新しい力の台頭を望みたいものです。

>たしかに道路公団の民営化というのは「看板を換えただけ」といわれています。特殊法人の民営化も実質的な変化はありませんでした。もしかしたら郵政の場合も同じ結果になるのかもしれません(大いなる謎です?)。

そうなってくれることを祈りたいものです。然し、郵政と道路公団はあまりにも形態が異質ですから期待は出来ないのではないでしょうか・・・。

投稿者 田舎の神主 : 2005年09月16日 10:07

田舎の神主さん、的確な分析をしていただきまして有難うございます。

> 今現在の国債の買い支えは郵貯、簡保資金で行われています。ですから民営化されれば国債の購入というのは他の銀行などと同じように数ある選択肢の一つになってしまいます。

強硬な「郵政民営化論者」で知られる某経済評論家氏も最近になって「郵貯、簡保資金による国債の購入は続けるべき」というようなことを言い出しているようです。そんな縛りをかけなくてはならないとしたら「民営化」の意味はあまりないのでは? と思います。「公社のままでいいじゃないか」と。

> このような状況になれば日本国債の価値は大暴落ですから、この国は「あの」アルゼンチンのように国家が経済破綻してしまう可能性があると思っています。

『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』ですね? 国債がパンクしてキャピタル・フライトが生じたら日本発の世界的大恐慌を引き起こしかねませんし、日本列島に暮らす人たちの生活は地に落ちるでしょう(ただし、一部の金持ちはうまく立ち回って助かるでしょう)。「そんなことはありえない」というエコノミストもいるようですが、充分にありえることですし、そんな事態にならないよう注意を払うべきだと思います。

> 然し、郵政と道路公団はあまりにも形態が異質ですから期待は出来ないのではないでしょうか・・・。

そうですね! この辺はあまり考えていませんでした。高速道路の建設と維持を管理するのが主な業務の道路公団と、大勢の職員を抱えて毎日膨大な量の作業をこなさなければならない郵政公社ではその性格がまったく異なります。たしかに期待はできないかもしれません・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月16日 12:13

皆様方、こんにちわ。
郵政の組合から、まだメールは来ませんが、
民営化に関連したサイトを見つけました。
もうご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

新生銀行ですが振込み手数料が無料というので、
最近口座を作りました。
しかし、ネットで入金の際、名前が変更出来ないので、
かなり不便です。
不正防止なんでしょうが、入金にまで必要ない気がします。
それと、電話の問い合わせした時に会話を録音しますと言われました。
係員の言葉は丁寧ですが、顧客の正確な個人情報を集めているようで薄気味が悪かったです。
金持ちの方は気を付けた方が良いかもしれません。

アメリカ流のサービスと日本のサービスは根本的に違います。
郵便局も同じ事です。
何でもかんでもアメリカの言いなりにすると、
日本らしさが消えていくと思います。

リンク先のサイトですが、結構なる程なと思う事が書かれてます。
書いた記者がどんな思想の持ち主かは判りませんが、
この内容に関しては、興味深いです。

投稿者 湘南人 : 2005年09月18日 18:04

湘南人さん、こんにちは。
興味深い情報をありがとうございました。

「施設の“投げ売り”で露見した「改名」特殊法人のデタラメぶり」
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_02_19/content.html

↑ こういう官僚の所業を見ていると「民営化」の掛け声が魅力的に思えるのも不思議はないですね(ただし、官営のままでも悪いことは悪いのだから、きちんと取り締まればいいという話だと思いますが)。

慶應義塾大学の金子勝教授(財政学)も現在の「民営化」は一種の粉飾手段となっているという意味の発言をしていました。
また、エコノミストの森永卓郎さんは小泉政権の ”特殊法人改革”で実際には官僚は焼け太ったと指摘していました。
とにかく日本国という巨大なシステムのいたるところが痛んできているという印象です。

結局、これも半世紀以上もの間、実質的にほとんど政権交代が行われなかったことにも原因があるのではないかと考えるようになりました。先進国中で日本のように政権交代がない国というのはきわめて珍しいのではないでしょうか。外国から見ると政権交代のない日本は「民主主義が機能していない国」と映るのではないかと思います・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月19日 17:30

喜八さん、こんにちはー。

遅きに失した感はありますが(苦笑)、私の行革論をトラックバックさせて頂きました。どの記事にトラックバックさせて頂こうか迷いましたが、結局、こちらにさせて頂きました。ご一読下さい。

投稿者 tropical_dandy : 2005年09月20日 12:21

tropical_dandy さん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます。
早速トラックバック返しを送らせていただきますね~。

投稿者 喜八 : 2005年09月20日 20:29