【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 名探偵で行こう! | メイン | 09-15のトレーニング »


2005年09月14日

ボチボチ行こう

衆議院選挙での小泉自民大勝という結果を目の当たりにして、すっかり元気をなくしていました。「ノーテンキにボチボチ生きる」を信条にしている私にとって、小泉さん・竹中さんの目指す「市場原理主義社会(またの名を「弱肉強食社会」)はまったく魅力のないものだからです。

市場原理がすべてダメと考えているわけではありません。旧社会主義諸国の「計画経済」が悲惨な結果を招いたことを考えれば、経済政策において市場原理を利用していくことは不可欠です。けれども、市場原理を生活の隅々にまで無原則に適用していくようなやりかたは乱暴きわまりません(竹中さんの考え方はこれに近いでしょう)。

平たくいえば「オレは市場でバリバリ戦う」という人(例:ホリエモン)と「仕事とはそこそこにつきあう。スローライフでいく」という人(例:多くの人)がともに充実した人生を送り共存してゆけるような社会が望ましいと考えています。

自民大勝の結果、小泉さん・竹中さんはもう怖いものなし。「抵抗勢力」は一掃されたかのように見えます。「日本はこれから市場原理主義社会へ突入していくしかないのか・・・」と落ち込んでいるときに次のようなブログ記事に巡り合いました。

得票数においては、
自公の与党が3488万票をとり、
その他野党が3294万票をとった。
これが事実です。
これだけが事実です(上記のページより引用)。

そうか! 得票数から判断するなら日本の世論はほぼ二分されている! 小泉政治に「ノー」といった投票者は全体の半分近いのだ! テレビや新聞で「小泉圧勝」なんて喧伝しているのは事実の半面でしかない!

民意に従う」として小泉首相に恭順を示す自民党議員が増えてきました。今後も増え続けるでしょう。民主党からの転向組も現れるでしょう。でも、投票者の半分近くは小泉政治に「ノー」を突きつけているのです。これらの批判的意見は「民意」ではないのでしょうか?(民意に決まっています)

また、半数近くの人の意見を無にするような選挙制度に問題はないのか? 個人的には「おおいに問題あり」と考えます。衆議院選挙で小選挙区比例代表並立制を採用するにはそれなりの論理的裏づけがあったのでしょうけれど・・・、「もしかしてこれってインチキ?」という気持ちは抑えきれません。”改革者”小泉首相にはまず選挙制度改革からやってもらいましょう!(笑)

なにはともあれ、生活は続きます。落ち込んでばかりもいられません。
今後もボチボチしぶとく生きていこうと思っています(私はいつも「ボチボチ」ばっかりですが、総理の戦術を真似てワンフレーズで行くこととします)。


投稿者 kihachin : 2005年09月14日 21:06

« 名探偵で行こう! | メイン | 09-15のトレーニング »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/515

このリストは、次のエントリーを参照しています: ボチボチ行こう:

» 聖子ちゃんの扱いと田中真紀子氏 from 小泉純一郎のつぶやきブログ (^_^;)
 聖子ちゃんは切ることに決めた。 やっぱり一度、裏切った者は生かしておくわけにはいかない。(命まで取ろうというんじゃないから、(^_^;) それに飽くまでも... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月15日 23:27

» 改正版:投票日翌日の三大紙 from PUBLICITY──「自由な言論」は何処にある?
  改正版:投票日翌日の三大紙 No.1223(2005/09/16/金)から   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月17日 00:00

» 対岸の火事ではないこと from 微熱日記
9月26日付けのフィナンシャル・タイムズの社説(“Sharing the bur [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月30日 15:26

» 我先にと、勝ち馬に・・・ from 非国際人養成講座
選挙が終わった。しかしあらかた予想していたことだが、これほどとは思わなかった。日本を離れて6年、これほど日本が遠く思えたことはなかった。テレビに流れる、地球の裏... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月07日 04:56

» 小さいこと大きいこと、どっちが○か from てーげーな私、海、空、さんごといいつたえ+あがっ
小さい政府はそれだけで○なのだろうか。大きい政府は×なのか。 自分の国が住み易いと感じている国民の割合が最も多いのは、ノルウェー、フィンランドやスウェーデン等... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月16日 22:47

» そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 掲示板で見つけた言葉で実にうまいことを言うと思った。 反小泉3450万人が、ワ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月13日 07:45

» 人頭税論者竹中平蔵は、な、なんと、フリーター礼賛=ほったらかし論者でもあるらしい。 from 雑談日記(徒然なるままに、。)
 「大津留公彦のブログ」の「フリーターは今のままでよい。私たちは手を打たない」エ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月13日 07:45

» 小選挙区比例代表併用制の問題点 from 平和への結集ブログ
 ドイツ下院の小選挙区比例代表<併用>制は、小選挙区制に反対する人の中でもかなり人気があります。確かに日本の現行制度である小選挙区比例代表<並立>制に比べれば、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年07月14日 17:07

コメント

イヤー!これってすごいことですね!こんなことに我々は気づかなかった。このブログ記事を紹介してくれた喜八さんに感謝です!!なんだ日本の国民はそこそこちゃんと判断しているんだ!うれしい!うれしい!それにしても小選挙区制の弊害、凄いですね。有権者の意向とは大きく異なる結果を出しちまう。こちらの是正が必要ですね。

投稿者 yuri : 2005年09月15日 01:07

yuri さん、おはようございます。

私もこのブログ記事「選挙は終わりました。(B層罵りは、独裁者への側面支援)」を見つけたときは驚きました。
新聞・テレビでは小泉自民圧勝ばかり言っていますが、実際には選挙制度で無理やりに差をつけているという要素が大きいのですね。

ともかくも小選挙区制度というのが問題だと思います。
「二大政党制を確立するために」といって導入された制度ですが、二大政党制を実施しているアメリカやイギリスでも「問題の多い制度なので見直すべきでは」という声がでているそうですから!

投稿者 喜八 : 2005年09月15日 05:41

喜八さん、こんばんはー。

死票の問題、小選挙区比例並立制の問題はご指摘の通りと思います。更に言えば、一人2票投票できる(比例区と小選挙区)ことも民主制をゆがめている原因かとも思います。自公の選挙協力で「比例区は○○党へ!」と候補者が自分の所属政党以外への投票を呼びかける動きは、どこか違和感を感じます。

いわゆる中選挙区制では死票は出にくくなりますし、制度設計を上手くやれば「一票の格差」も少なくなります。これはこの制度のメリットですね。ただ、政権交代が起きにくい(政権交代を必ずしも目標としないそれなりの規模の野党が出てきてしまう)のはデメリットかな、とも思います。

ドイツの比例代表併用性は、良く考えられた制度設計だと思います。民意を反映した小政党にも議席獲得は可能ですし、比例と小選挙区のミスマッチも起きません。独裁を起こし難い、と言う点も「買い」だと思います。この件では、ドイツの歴史的経験に学ぶのも良いかと…。

しかし、選挙制度の話となると難しいですね(^^;。私も良く知らずに書き連ねている可能性大(苦笑)ですので、あくまでご参考までと言うことで…。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年09月22日 02:33

tropical_dandy さん、こんにちは。
T.D. さんがコメントを書いてくれると、私の薄っぺらい記事が補強される結果となるので大変に助かります(ホンネです)。

> 自公の選挙協力で「比例区は○○党へ!」と候補者が自分の所属政党以外への投票を呼びかける動きは、どこか違和感を感じます。

これは「限りなく反則に近い」という印象です。「それくらいだったら合流してひとつの党になればいいのでは?」と思ってしまうのです。

単純に考えて、もし公明党が自民党を袖にして民主党に乗り換えたら、あっさりと政権交代が行なわれることになるのではないでしょうか? そうなると日本国の未来は公明党(創価学会)が握っていることになります。創価学会のことはあまりよく知らないのですが、若い世代には非常に知的で真摯な層があるようです。この人たちに期待したいと私は思っています。

> ドイツの比例代表併用性は、良く考えられた制度設計だと思います。民意を反映した小政党にも議席獲得は可能ですし、比例と小選挙区のミスマッチも起きません。独裁を起こし難い、と言う点も「買い」だと思います。この件では、ドイツの歴史的経験に学ぶのも良いかと…。

小選挙区制度に日本が採用している「小選挙区比例代表並立制」とドイツが採用している「小選挙区比例代表併用制」があるのは、最近になってようやく知りました。どう考えてもドイツ式のほうがよさそうですね。次の選挙はぜひとも「小選挙区比例代表併用制」にしたいものです・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月22日 12:10

反側と言っても公明党(創価学会)も、国民ですからね。
期待ではなくて実行していると信じたいですね
せめてそれなら、宗教法人法改正して子育てのほうに
予算回してもらいたいが、しないよね。
選挙終わってから言っても聞くわけないよ、
今でもテレビ小泉礼賛だもの。みんな勝ち組か?
勝者が制度決めるから、制度改正は難しいと思うが、この事を
忘れず投票するべきだろうな。でも、またすぐ敵を作り逃げるぞ。森元首相が言ってたでしょう。今回はマスコミ統制の勝利だと。。。。うん。正直な人だ{苦笑}

投稿者 のり : 2005年09月22日 17:16

のりさん、こんばんは~。

創価学会は巨大なだけあって優秀な人が多いそうですよ。正義感が強くて真面目な人も少なくないでしょう。若い世代は改革の必要性も強く感じているようです。私はそういう方たちに期待しています。なお、念のために書いておきますと、私は創価学会とはまったく関係がありませんし、知人から選挙の際に投票依頼をされてもハッキリお断りしています。

> 森元首相が言ってたでしょう。今回はマスコミ統制の勝利だと。。。。うん。正直な人だ{苦笑}

そんなこと言っていたんですか!
本当に正直な人ですね(笑)。
黙っていればいいのに、と思いますが・・・。(^_^;)

ところで今回の衆院選ではマス・メディアが露骨に「小泉・自民」を応援していましたね。
何故なのでしょう? 本当に不思議です。

投稿者 喜八 : 2005年09月22日 19:29

喜八さんこんばんは。
いえいえ、私公明党非難していませんよ。{苦笑}
ただ、野党の時福祉の党で言っていて確かに聞くべき点も多かったと思うのですが今は、なんか強い方ばかりで弱い方見ていないようでね。創価学会でもいろんな人がいるから、それなりのバランスがあると思うので、私もそこはとても期待しています。
 
正直な人ですが、あの人の政治信条が全く分からないです。
私だけでしょうか。総理大臣だったのですが{笑}

マスコミも所詮利潤追求の権化ですからね。
人の事は言っても自分の時は棚に上げますから
マスコミ法の時の反対の仕方異常でしたよ。
又、フジも朝日もNHKもいろいろあって裏で何かあったかも
知れませんね。けれどもこのようなプログがあるから大丈夫ですよ。
 


投稿者 のり : 2005年09月26日 20:45

のりさん、こんにちは~。
コメントありがとうございました。

公明党(創価学会)と連立することで自民党がトクをしているのはよく分かります。
今回の選挙でも各小選挙区で公明党の協力が得られなかったとしたら当選の覚束なかった自民党候補は相当数に上るでしょう。
ところが、自民党と組むことで公明党にどういう利益があるかと考えると・・・、あまりないような気がするのです。
どちらかというと公明党(創価学会)のイメージを悪くする「ソン」の部分が大きいのではないでしょうか?
創価学会員の中にも「なんで自民と組まなくてはいけないのか?」という疑問の声は少なくないと聞きます。

> マスコミも所詮利潤追求の権化ですからね。

大手のマスメディアというのも不思議な存在です。
営利企業には違いないのですが、様々な法律によって縛られている面と保護されている面があります。
社員の給料は高くエリート意識の高い人も多いようです。
一種の特権階級になってしまっていることは否定できないでしょう。
そういう ”エリート”の人たちにとっては、小泉さん・竹中さんの「カネ持ち優遇政策」は魅力的に映るのかもしれないなあ、と思っています。

投稿者 喜八 : 2005年09月27日 12:18

喜八さん、こんにちはー。

F.T.紙の社説にUSのハリケーン被害に関する論説がありましたので、ご参考までにトラックバックさせて頂きました。思いますに、US流の新自由主義を信奉している政府は国際的には少ないように思います。

役所にも「民間の基準」を適用してコトが上手く行く場合もあるでしょうが、そもそも民間では行わないことだからパブリックが行っている訳で、「官から民へ」が何か耳障りの良いスローガンとして捉えられることには違和感を感じます。

マスコミが特権階級的であるのは確かだと思います。もっとも、私の仕事は、アーティストをマスメディアに採り上げて頂かないといけないので、この程度にしておきますね(^^;。

それから、創価学会も公明党も、私もネガティヴには捉えていません。実際、私の友人・知人にも創価学会員はいますが、バランス感覚のある人々ですし。特に折伏されたりとか、そんなことはないです(笑)。大組織だけにマスコミで指摘される問題点も抱えているのかもしれないとは思うものの、信教・思想信条の自由は、それが何らかの違法行為に結びつかない限りは、あくまで許容されるべきだと思っています。

一般に、その団体・個人について知らない人の方が、先鋭的批判者になり易いということは言えるかと思います。カトリーナをめぐる悲劇でも明らかですが、どのような立場の人であれ、いざとなれば「一蓮托生」ですから。その意味で、「勝ち組」「負け組」の二極分化も好ましいことではないと思っています。もっとも、その「勝ち組」なる言葉自体が私が好むところではないのですが…。

T.D.

投稿者 tropical_dandy : 2005年09月30日 15:44

tropical dandyさん、喜八さんこんばんは

> どちらかというと公明党(創価学会)のイメージを悪くする「ソン」の部分が大きいのではないでしょうか?

これは、あまり好きではない人ですが田原氏が言っていました宗教法人法を守るためと言っていました。確かにかつて一度叩かれてから、与党にずっといますからまんざら嘘ともいえませんね。但し何度も言いますが、私は信教・思想信条の自由を守るべきだし、ドイツでもキリスト同盟が与党にいましたし私は
そのような事には先鋭的ではないのですし、知り合いにもいますのであしからず。。。流れ的に私かなり非難しているよう感じなので。全くそんな事はありませんので・・・{苦笑}

マスコミの人もある面競争ですからね。意外と公平な報道はNHKと思うのですが、今の他のマスコミの叩き方もおかしかった。緊急報道はしっかりすべきだ。国営だから・・・とそれはあんたたちもやろ。その経費浮かして会社の利益にしているしおかしな。その疑問がないのもおかしいしフジも合併されそうになると労働組合の味方?普段足引っ張っていると言っているのに。。。そのような欺瞞を見るたびにホント情けなくなります。

投稿者 のり : 2005年10月01日 03:12

tropical_dandy さん、こんにちは。
トラックバックをありがとうございました。
こちらからも送らせていただきました。

> US流の新自由主義を信奉している政府は国際的には少ないように思います。

そうなのです! 西ヨーロッパの多くの国では「新自由主義=アメリカ流の(きわめて)粗雑なイデオロギー」として捉えられているのではないでしょうか。
たとえばフランスではマクドナルドにトラクターで突入した農民のジョゼ・ボヴェ氏は国民的英雄です。「新自由主義の優等生」日本とはえらい違いです(笑)。

> もっとも、その「勝ち組」なる言葉自体が私が好むところではないのですが…。

たしかに・・・。
便利なのでつい「勝ち組」「負け組」という分類法を使用してしまいますが、本来は忌避されるべき言葉でしょうね。(^_^;)

ところで、このごろは「起業者」の発言が重んじられる傾向が強いようです。そして新自由主義的な経済政策について起業者社長の多くが熱いエールを送っています。これはまあ分からないでもありません。

が、正直なところガッカリもさせられています。「底の浅い人たちだったんだなあ」と思わされてしまうのです。世間の誰からも「成功者」として見られるような経営者が「新自由主義は社会を破壊するから反対だ」というような発言をするなら、「おぉ! この人は凄い!」と私も思うのですけれどね。

tropical_dandy さんが以前指摘されていましたように、消費者の多くがビンボーになってしまったら、財・サービスの売れ行きも落ちて、大部分の企業も売り上げを落としてしまいます(大金持ちだけを相手にするプライベートバンクやヘッジファンドなら話は違いますが)。結局、長い目で見ると新自由主義は企業にとっても「悪しきもの」ではないでしょうか。

投稿者 喜八 : 2005年10月01日 11:20

のりさん、こんにちは~。

> 流れ的に私かなり非難しているよう感じなので。全くそんな事はありませんので・・・{苦笑}

のりさんが「かなり非難している」とは私も考えませんので安心してください(笑)。

ただ、インターネットでのやりとりは、のりさん、tropical_dandy さん、私の3人だけで行なっているわけではなく、他の方たちも読んでいます(私のささやかなブログでも1日におそらく数十人の方が訪問されています)。したがってブログでのやりとりは「公開の場で聴衆を前にしてシンポジウムを行なっている」とイメージするといいのではないかと思います。

さらにはインターネットには「検索」という機能がありますから、話題となっている事柄に興味を持っている人が積極的に情報にアクセスしてきます。誤解を招くような発言は極力避けたほうがよいだろうと考えています(「愚直にして老獪、老獪にして愚直」が私の座右の銘です(笑))。ちなみにこの「喜八ログ」ではコメント欄の書き込みも検索エンジンの検索の対象となる設定をしています。

現実問題に話を戻しますと、公明党が自民党といつまでも連立を組んでいるとは思えません。案外、近い将来に「手切れ」があるのではないでしょうか?(希望的観測ですが・・・)

> 国営だから・・・

NHKは「国営」ではないんですよ。多くの人が誤解されているようですが、あれは「特殊法人(いまは「独立行政法人」?)なのです。
私はいっそのことNHKは国営にしてしまったほうがいいと考えています。イギリスのBBCやオーストラリアのABCなどは国営放送で、比較的公正な報道機関といえますからね。
「NHKを民営に」という意見には反対です。民間放送局をあと1つ増やすことには何の意義も見出せないからです。

投稿者 喜八 : 2005年10月01日 11:24