【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 09-02のトレーニング | メイン | 宇宙ステーション »


2005年09月02日

調味料バトン

「とらのいる木陰」さん、「日常&読んだ本log」さん、「日々是げんじつ」さんの3人から(強引に)バトンをいただいてきました。

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

目玉焼き
 醤油、ときどきケチャップ。
納豆
 醤油、納豆ピザトーストをつくるときはケチャップ。
餃子
 醤油・ラー油・酢を混ぜたもの。
カレーライス
 ときどきタバスコ・豆板醤など。
ナポリタン
 タバスコと粉チーズ。
ピザ
 タバスコ、またはレッドペッパー(粉末)。
生キャベツ
 市販のドレッシング(ノンオイル)、または中濃ソース。
トマト
 なにもかけない。または市販のドレッシング(ノンオイル)。
サラダ
 市販のドレッシング(ノンオイル)。
カキフライ
 中濃ソースとレモン。
メンチカツ
 中濃ソース、またはマヨネーズ、ごくまれに醤油。
コロッケ
 中濃ソース、またはマヨネーズ、ごくまれに醤油。
天ぷら
 醤油、または天つゆ。
とんかつ
 とんかつソース、または中濃ソース。
ご飯(おかず無しの時)
 なにもかけない。
 
【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

 メンチカツにマヨネーズ。私の食生活は貧しい上に健康に悪そうですね(汗)。

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

 蕎麦・ウドンに七味唐辛子。一味唐辛子のほうが美味しく感じます。

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?

 強奪してきたバトンなので、まわす人がいません。誰か受け取ってください~!


投稿者 kihachin : 2005年09月02日 21:04

« 09-02のトレーニング | メイン | 宇宙ステーション »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/502

このリストは、次のエントリーを参照しています: 調味料バトン:

» 調味料バトン from とらのいる木陰
明るい空さんから調味料バトンがまわってきました! 【Q1】次のメニューにどんな [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月02日 21:40

» 調味料バトン! from 日常&読んだ本log
とらさんの木陰の方 から、「調味料バトン」を頂きました(とらさんの記事にリンク )。まず「調味料」の定義からして、えーと、どの辺りまで?と思うのですが、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月03日 09:03

» 今度は「調味料バトン」 from ジュエリーに関係ないかも
色々な種類の“なんたらバトン”がブログ界隈で目にするようになりましたね。 もしかして、誰かが勝手に作って回してるんじゃない?・・・と思っていたら 喜八さんから... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月04日 19:00

» 調味料バトン from love peace
喜八さんとこで調味料バトンというおもしろそうな記事があったので乗っかってみました。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月05日 03:29

» 第1回 調味料チェック from 草仏教ブログ
日本の歴史を大きくかえるかもしれな衆議院議員選挙の前日になんですが、 akimaruさんところの「京都人チェック」に続いて、喜八さんとこのブログの 調味料チ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年09月10日 20:52

コメント

喜八さん、バトン受けて下さって、ありがとうございます!
いやあ、なんか、醤油の香が漂ってくる気がします(笑)。
で、全体にあっさり系でしょうか。
そして、そのわりに、辛いものがお好きなのですね(笑)。
私も辛いものが好きなので、その点、親近感大です。

投稿者 とら : 2005年09月02日 21:39

喜八さん、バトンありがとうございました。
さっそくトラ返しようとしたのですが、なんか上手くいきません(; ;) しばらくしたら、またチャレンジしてみますね!

温ったかい蕎麦には一味でしょう、当然(笑)。
あと、ワタクシ的には、みそラーメンにも一味。ラーメン屋に一味が置いてなかったら、みそラーメン頼みません(笑)。

投稿者 主婦いちみ : 2005年09月02日 23:02

うわっ。おもろ~!
このバトン、いただいても良いですか?
…って、ダメでも強奪してしまいますが(笑)

投稿者 かむかむわんわん : 2005年09月03日 01:20

喜八さん、おはようございます。
トラバ遅れまして、すみません。遅れて参上です。
おお、こちらでもバトンが拡がってますね。
やっぱり、みなさん一家言あるのでしょうか。笑
喜八さんの記事を読んでちょっと衝撃だったのが、「カレーライスにタバスコ、豆板醤」。
初めて聞きました。人の食べ方って、面白いですね~。

投稿者 つな : 2005年09月03日 09:09

> とらさん

面白いバトンをまわしていただいて、ありがとうございます(実際には勝手に持ってきたのですが)。
醤油と辛いもので至ってありきたりの好みです・・・(汗)。
いいわけをしておきますと、どの調味料も「量」はあまり使わないのです。
また醤油が好きだからといって、つけものに醤油をかけるようなこともしません!

投稿者 喜八 : 2005年09月04日 13:04

> 主婦いちみさん

蕎麦・ウドン・みそラーメンには「豆板醤」も合いますよ!
ウドンにキムチというのもいいですね(キムチは調味料ではありませんが・・・)。
一味唐辛子は私の場合、すべての調味料の中の「キング」の位置にあります。でも、それほど量は使いません~。

投稿者 喜八 : 2005年09月04日 13:05

> かむかむわんわんさん

バトンを持っていっていただきまして、ありがとうございます。
このバトンは各人の私生活を如実に現してしまいますね。
私の回答が一番「貧困」です!

投稿者 喜八 : 2005年09月04日 13:06

> つなさん

> 喜八さんの記事を読んでちょっと衝撃だったのが、「カレーライスにタバスコ、豆板醤」。

自宅でカレーを食べるときは、辛さはレッドペッパーで調整します(正統的)。外食時(ファミリー・レストランや洋食屋)にカレーにタバスコをかけてみたら意外にいけました(?)。そこから応用して、自宅でも豆板醤をかけたら、やはりいけました(?)。
でも人にはお勧めしません・・・。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年09月04日 13:06

あれれれ。
漬物に醤油ってやらないですか?
私は、今はやらないですけど、子供の頃はぬか漬け(ただし浅漬けのもの)のきゅうりや茄子に、醤油をかけるってわりに見た気がするのですが。これまたローカルなものなのかな。

>いちみさん
キムチって、調味料的にも使う気がします。
うどんとかラーメンに入れたり、あと、豚キムチみたく、炒め物に入れたり。
私自身は、ラーメンまたはうどんにぶちこんだことしかありませんが(笑)。

投稿者 とら : 2005年09月04日 14:48

私の田舎(秋田)ではたくあんにお砂糖をかけてお茶うけにました。
それから、昔はなんにでも味の素をふりかけていたような記憶があります。
お浸しなどには母が必ずかけてましたね。そういう時代がありましたよね。
たくあんも、味の素も昔むかしのお話です。
喜八さんは納豆ピザトーストですか~・・うひゃー

投稿者 Ree : 2005年09月04日 19:59

うう、喜八さん!何度やってもトラ返がうまくいきません。
堀江社長!選挙やってる場合ぢゃない。自分ちのブログ何とかしろーい!(怒)

>豆板醤
昔はスキだったんですが、結婚後は相方の好みを考慮せざるを得ず妥協してます(笑)。
一味唐辛子も使うのですが、料理に入れるときは、泣きながら鷹の爪を刻む方が香がよくてスキです。←眼に染みるんですよ、、、。
>つけものに醤油
う。私的には、ぬかづけには醤油が欲しいです、、、。
>キムチ
私は、雑炊にするのがイチバン好き~! (あ、鍋と変わらんですね ^^;)

投稿者 主婦いちみ : 2005年09月05日 01:05

私も乱入させてください
唐辛子(自家製なので辛さは3種類作っています)
漬物 南蛮漬け キンビラ等に
キムチも自家製ですので汁をチャーハンに

Reeさんの味の素・・私の母が大量使ってました
(母は料理が苦手でした)
私は科学調味料をほとんど使いません
おだしも昆布シイタケ カッオ節が基本です
醤油は普通の醤油とタマリを使い分けています
ソーメンを食べる時つゆに少し柚子の皮をこそいで香り漬け
にすると食が進みます

投稿者 わびすけ : 2005年09月05日 09:59

>わびすけさん
(いつも喜八さんのおかげでわびすけさんの写真を楽しませてもらっています)
自家製のからしが3種類って、
キムチも自家製って、
なんかすごすぎます。
手料理、すごく凝っていそうですね。

投稿者 とら : 2005年09月05日 19:49

毎日新聞の、今はかなり定着した毎週月曜日の
「日本のスイッチ」という二者択一アンケートの
記念すべき第1問目が「目玉焼きにかけるとしたら
醤油かソースか」でした。

このバトンの質問、全部同じ調味料で通すとしたら、
これは「しょうゆ」か「塩」かのどちらかしかないと
思います。そんなコアなしょうゆファン、塩ファンに
会ってみたいと思います。いっしょに食事をするのは
でもちょっと嫌かなぁ。

と、書きながらだんだんと自信がなくなってきました。
完全無欠のマヨラーは、全部にマヨネーズでいけるので
はないか。全部に味噌という人もいるのではないか?

何を隠そう、私は納豆に味噌を投入します。(大量の
薬味も一緒ですが)味噌納豆は美味しいですよ。
最後のごはんも、薬味でなくて調味料なら味噌でしょうね。
しかし「ゆずこしょう」あたりは調味料なのか薬味なのか?

私も勝手にバトンを受け取ってしまうかもしれません。

投稿者 マーヒー : 2005年09月06日 01:36

> とらさん

> 漬物に醤油ってやらないですか?

正直なところ、以前はやっていました。
その後、大学生のときにお付き合いしていた女性に「そんなことやめなさい!」と注意され、素直にやめました(笑)。

Ree さんもコメントで書かれていますように、漬物に味の素をかける人は高齢者に多かったように思います。「味の素を食べると頭がよくなる」という宣伝が大々的に行なわれていた時代があったようなのですね・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月06日 12:46

> Ree さん

「たくあんにお砂糖をかけてお茶うけ」ですか!
これは意外にいけそうです。(^_^)v
今度試してみることにしましょう! 食べずにいて「不味そう」なんていっているとソンをすることが多いように思います。

> それから、昔はなんにでも味の素をふりかけていたような記憶があります。

私の祖母(92歳)はいまだにそうです。
お浸しにもかけようとするので「やめてくれ~」と言って止めると不思議そうな顔をします(笑)。

投稿者 喜八 : 2005年09月06日 12:50

> 主婦いちみさん

> 堀江社長!選挙やってる場合ぢゃない。自分ちのブログ何とかしろーい!(怒)

そういえば前回の「ニッポン放送 M&A」事件のときも、ライブドアの各種サービスに多くの不備がでたそうですね。やはりライブドアのような若い会社は経営者自らが陣頭指揮を執らないとダメなのかもしれません。ライブドアの一株主として私も「会社経営に専念しろ~」と意見をいいたいところです!

> >キムチ
> 私は、雑炊にするのがイチバン好き~! (あ、鍋と変わらんですね ^^;)

キムチ雑炊やキムチ鍋もよくつくりますよ。寒い時期には最高ですね(つくるのもそれほど難しくないですし)。

投稿者 喜八 : 2005年09月06日 12:54

> わびすけさん

3種類の唐辛子を自分でつくられているのですか!
それは凄いですね。プロの料理家のようです。
さらにはキムチも自作・・・、凄すぎます。
私の知り合いにもキムチを自作するグループの人たちがいます。凝りだすと大変に面白いと聞きます。

> 私は科学調味料をほとんど使いません
> おだしも昆布シイタケ カッオ節が基本です。

う~む、さすがです。私も以前はだしをとって料理をしていたのですが、その後、どんどんズボラになって現在はインスタントだしの素を使っています。やはり食べさせる相手がいないとダメなんですね・・・。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年09月06日 12:58

> マーヒーさん

どうぞ「調味料バトン」の仲間になってください~!

醤油かソースか? というのは重要ですね。
西日本では天麩羅にソースをかける方も少なくありません。
大学生のときにその事実を知ったときは驚きました。
が、真似してみたら意外に美味しく食べることができました。
なんでも「試しにやってみる」のは大切だと思います(笑)。

> 何を隠そう、私は納豆に味噌を投入します。(大量の
> 薬味も一緒ですが)味噌納豆は美味しいですよ。

なるほど! これは絶対に美味しいでしょう!
早速、今夜にでも試してみます。
味噌納豆を肴にビール・・・。夜が楽しみです!

投稿者 喜八 : 2005年09月06日 13:03

ああ、思い出しました、私の祖父の代、あと、一部叔父叔母も、なすの漬物などに、味の素と醤油をかけていました。
今は、漬物に限らず、味の素をかける人が少なくなった気がします。

投稿者 とら : 2005年09月06日 21:30

3種類の唐辛子・・説明不足でした
トンガラシ3種類は(自宅で赤唐辛子を収穫出来ますので
皮の赤い部分と種の部分と両方合わせた物の3種類で
用途に合わせて使います
キムチも自宅の菜園で収穫する物ばかりです
白菜 キューリ 大根等・・キムチにセリや切り干し大根
等を入れます この時は韓国製の「青唐辛子」を使います
味噌納豆・・今度試して見ます
私は今の時期は納豆にオクラです

投稿者 わびすけ : 2005年09月06日 23:34

今、わびすけさんの「3種類の唐辛子」が話題沸騰(おおげさ)。
なるほど、皮だけ、種だけ、混合。
私だったら収穫できたとして、そのまま干して使うだけかと(汗)。野菜もそのまま、生とかで食べるだけかと……(笑)。
↑だめだめ

投稿者 とら : 2005年09月07日 11:49

わびすけさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

> トンガラシ3種類は(自宅で赤唐辛子を収穫出来ますので
> 皮の赤い部分と種の部分と両方合わせた物の3種類で
> 用途に合わせて使います

なるほど! そうでしたか!
私も料理にタカのつめをよく使いますが、タネの部分は捨てていました。タネも使えるんですね。料理の本を調べて研究してみます。

> 白菜 キューリ 大根等・・キムチにセリや切り干し大根
> 等を入れます

「セリや切り干し大根」とは美味しそうなキムチです。
栄養もバッチリですね。
「納豆にオクラ」もイケそうです。
今度試してみます!

投稿者 喜八 : 2005年09月07日 19:45

とらさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

家庭での化学調味料の消費量は減少しているのかもしれませんね。
でも、加工食品・外食・中食などでは大量に使われていると思います。
外食をあまりしない時期に、たま~に外で食事をすると舌が化学調味料を強く感じることがあります。

> 私だったら収穫できたとして、そのまま干して使うだけかと(汗)。

とらさんも唐辛子のタネの使い方を研究しましょう!

投稿者 喜八 : 2005年09月07日 19:50

喜八さん、わびすけさん、とらさん、こんばんはー。
『「3種類の唐辛子」が話題沸騰(?)』の、片棒を担いでいたと思われるつなです。
今更ですが、乱入させてくださいませ。
唐辛子のタネの部分が使えるとは知りませんで、喜八さんと同じく捨てていました。
私も研究仲間に入れてくださーい。笑

わびすけさん、いつも写真を楽しませて頂いておりましたが、料理も凄いですねえ。
HPの「簡単レシピ」も拝見しました。
身体に良さそうなところが、また良いですね。

投稿者 つな : 2005年09月07日 20:14

話題沸騰(?)』・・・沸騰しすぎて台風になったようです
皆様被害はありませんか?
つなさん「簡単レシピ」見ていただいて有難う御座います
化学調味料が体の中で長年かかって科学反応を起こし副作用を併発するのではと考えて自家菜園を始めたのです
3年まえに我が家に来た嫁二人がキューリや人参の取立ての味を知り最近では虫食いの物でも曲がったキューリでも
美味しいからと持って行きます
孫にも自然の味を教えてやりたいと思っています

投稿者 わびすけ : 2005年09月07日 21:27

つなさん、こんにちは。(^_^)/

鷹のつめを使うときは手でちぎって中のタネをポロポロと捨てて、赤い皮(?)の部分をクチャクチャと揉んでから使っています(辛味がよく出るように)。

タネの部分というのはどう使うのか?
「ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家」奥薗壽子さんの本にでていただろうか?
はたまた「台所術研究家」魚柄仁之助さんが紹介していただろうか?
頭を絞って思い出そうとしてみましたが、まったく分かりませんでした(笑)。
次の週末にでも調べてみることにします~。

投稿者 喜八 : 2005年09月08日 15:21

わびすけさん、こんにちは! (^_^)v

おかげさまで神奈川では台風の被害はそれほどではありませんでした(我が家はゼロでした)。

> 化学調味料が体の中で長年かかって科学反応を起こし副作用を併発するのではと考えて自家菜園を始めたのです

たしかにその通りです。ここのところ私はその辺がいい加減ですが・・・。
父が家庭菜園をやっているので、ときどき野菜を貰います。
ニラなどは一族郎党中で好きなのは私だけなので、かなりの量を食べる結果となります(笑)。
ただ、使い方は単純でラーメンかウドンに入れるか、ニラレバ炒め(ニラ肉炒め)にするくらいですね~。
芸がありません・・・。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年09月08日 15:21

わびすけさん、喜八さん、つなさんこんばんは~。
台風。ええと……うちは高台(山の上)で、水害の心配がないため(おまけに土砂崩れの心配もない部分なので)、強い雨と風を、楽しんでいました<こら
唐辛子の種。
あああ、みんな、とるのかあ……(汗)。
私はガサツな、野生のとらなので、てきとーにぶったぎって炒め物などに放り込んでいました(汗)。その極意は
「食えるから大丈夫!」(極意でもなんでもない?)

喜八さん、そういや外食だと化学調味料を食べる確率はかなり高いですね。
世界中の中華料理店で、味の素が使われすぎて問題になっているという話も、そういえば昔聞いた事があります。
私がまずく感じる、べっとりした味は、そういうものが理由なのかも。<ぺっとやってもう食べない(獣)

体内で蓄積された化学調味料の問題。
最近、日本でも言われ始めているそうですね。
昭和30~40年生まれなどは、もしかすると危ないのかなあ。
取れたての胡瓜やトマト、茄子などが懐かしいです。
菜園を作っていた祖母が亡くなって以来、こういったものとはご無沙汰です。

投稿者 とら : 2005年09月08日 21:08

とらさん、こんにちは~。

博覧強記のとらさんも「唐辛子の種」の利用法は知らなかったんですね。ちょっと安心しました(笑)。
といいつつ、私のほうも利用法をまだ調査しておりませんが・・・。(^_^;)

科学調味料に関しては欧米人に神経質な人がいます。
以前、知り合いのアメリカ人男性といっしょに中華料理屋に行ったとき、彼は店の人に「化学調味料を使わないでください」とオーダーしていました(店の人も困っているようでした)。
「どんなものがでてくるのか?」。興味津々(戦々恐々?)でしたが、実際にでてきた料理にはちゃんと化学調味料が使われていました。
アメリカ人の彼は何も気づかずに美味しそうに食べていましたので、私は何も言いませんでした(笑)。

> 昭和30~40年生まれなどは、もしかすると危ないのかなあ。

一説によると日本では1960年(昭和35)を境に食品添加物の消費量が爆発的に伸びたそうです。我々はこれ以上の食品添加物をなるべく摂らないように注意する必要があるかもしれませんね・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月10日 12:58

1960年を境に、というと、まさしくどんぴしゃで、該当してしまいますね(^^;
農薬の問題もありますし、都会で(自分ちの菜園や畑のない家で)暮らしてきた人ほど、気をつけないとやばそうですね。
やはり、プランターでも良いから、自前で胡瓜やトマトを育てるべきか、悩みます<たくさん食べるので経済的にその方が良さそうな気がする

それにしても、話題のアメリカ人は、面白いです(笑)。
化学調味料を使わないでくれ、と言う気持ちはわかりますが、お店の方は困るでしょうねえ。
そういえば、ヴァクスの「探偵バーク」シリーズにも、そんな雰囲気のちょっとスノッブなアメリカ人カップルを店から追い出すため、根城となってる小さな中華料理店のマダムが、
「うちの料理は化学調味料いっぱいよっ」
と強調していたシーンがありました(笑)。意外に、この手のアメリカ人は、増えているのでしょうか。

ところで、リクエストのありました、企画。
1つ立ててみました!
「手当たり次第の本棚 http://ameblo.jp/kotora/ 」の方へ、よろしい時においでください。

投稿者 とら : 2005年09月10日 13:09

> とらさん

アンドリュー・ヴァクスのバーク・シリーズは何冊か読んだことがありますが、ご紹介のエピソードのある巻は読んだことがありません。

私が先のコメントで紹介したアメリカ人男性の話は20年近く前のことでした。そのころアメリカで「化学調味料の恐怖!」というような報道が行なわれていたのかもしれません(笑)。

でも、有名な某ハンバーガー店などは現在でも化学調味料と食品添加物が大量に使われているのではないかと私は思っています。かのバーガーを私は「数年に1度」くらいしか食べませんが、口にするたびに「なんだか不自然な味だな~」と感じます。

> やはり、プランターでも良いから、自前で胡瓜やトマトを育てるべきか、悩みます<たくさん食べるので経済的にその方が良さそうな気がする

自分でつくるのが一番安心できるでしょうね。野菜の生産農家では「自家消費用」と「販売用」は別につくるようですよ。前者は農薬の使用量がずっと少ないようです。ただ、一概に農家を責めることはできないと思います・・・。

投稿者 喜八 : 2005年09月11日 10:46

農家はせめられないですよね。
大きさ、形、色合いがふぞろいだと出荷できないわけですから。
祖母が作ってくれた、まがったり、異様に肥大していたきゅうりが、最近では非常に懐かしいです(笑)。
バークに登場する前述のエピソード、文庫の方で出ている中でカウントして、まんなかあたりだったんじゃないかと思います。さすがに、「どのタイトル」とはすぐに指し示す事ができません(^^;

投稿者 とら : 2005年09月11日 16:30

野菜の生産農家では「自家消費用」と「販売用」は別につくるようですよ。前者は農薬の使用量がずっと少ないようです
↑ 喜八さんそのとおりですょいまでもキャベツ畑等
自家用は蝶がとんで虫食いですが販売用は蝶も虫もほとんど
いません(消毒してあるからです)
大根のハッバでさえ虫食いは出荷できないのです
私達とハッパも全部食べます

ニラは卵とじや餃子などにも使ってくださいね

投稿者 わびすけ : 2005年09月11日 22:02

わびすけさん、とらさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。m(__)m

> 祖母が作ってくれた、まがったり、異様に肥大していたきゅうりが、最近では非常に懐かしいです(笑)。

キュウリは収穫のタイミングが1日遅れただけでも巨大化してしまうみたいです。うちでも(家庭菜園をしている)父がたびたびキュウリを大きくし過ぎて母に怒られているようです(笑)。

> 自家用は蝶がとんで虫食いですが販売用は蝶も虫もほとんど
> いません(消毒してあるからです)

野菜がピカピカで「綺麗」でないと売れないというのは困ったことですね。
若い人だけなく高齢の消費者でも「虫食いは嫌」な方が多いそうです。
いつのまにか「綺麗な野菜」に慣らされてしまったんですね。

人間の場合でも「中身は空疎だけれど外見がピカピカ」な人がもてはやされる時代です(昔からそうなのかもしれませんが)。
「虫食いがあるけれど栄養満点」タイプは人間でも野菜でもあまり評価されないようです・・・。

> ニラは卵とじや餃子などにも使ってくださいね

餃子ですか! (大好きです)
近いうちに挑戦してみたいと思います!

投稿者 喜八 : 2005年09月12日 17:21