【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 10-08のトレーニング | メイン | 羅漢果 »


2005年10月11日

可愛い子を採れ

当ブログでダイエットの記事を書くため、「女性美」について深遠なる(?)考察を重ねているところです。その際、関連して思い出したエピソードがあります。興味深い問題を含むと思いますので簡単に記しておきます。

知人(40代男性)から聞いた話です。彼はある会社で人事関連の仕事をしています。大変に仕事のできる人で、近い将来の役員昇格も確実視されています。会社は従業員が数千人規模ですが、近年大ヒット商品をだしたため、経営状態は悪くないようです。

学生の就職活動の時期、知人の彼は就職試験の最終面接を担当しています。つまり、ある学生を実際に採用するかどうかは彼の胸先三寸にかかっているのです。採用する学生を選別して彼ら・彼女らの履歴書や評価に関する書類を担当役員に上げると・・・。それが女子学生の場合、必ずといっていいほど言われることがあるのだそうです。「もっと可愛い子を採れ」と。

彼としては能力が高くてやる気のありそうな女子学生を採用する方針なのだと一応そうは言っています。が、役員に上がった段階で「もっと可愛い子を採れ」とダメをだされてしまう。そこで今では、役員が気に入るような容貌の女子学生を選ぶ、と割り切るようにしているのだとか。

最終的な面接には彼以外にもある女子社員(きわめて有能)がかかわっているのですが、彼が「可愛い子」ばかりを採るのに激しい怒りを表明しています。けれども担当役員が「可愛い子を採れ」と口をだしてくるという真実を告げることもできないのです。小心な私なら大いに懊悩しそうな場面ですが、彼は至ってクールに対応しているようです。

こういうことは他所の会社でもいくらでもあるのでしょうね。彼の会社が特別だとはとても思えない。でも、正直なところ「そんな悠長なことをしていてもいいのかな?」という気持ちはあります。

いまは個人にとっても企業にとっても困難な時代です。信念のない者は市場(マーケット)で粉々に挽きつぶされてしまうことを誰もが覚悟していなければなりません。そのような状況下では、女子社員を戦力化できる会社とできない会社では大きな差がつくでしょう。「女性を容貌で差別してはいけない」と道徳的なことをいう前に、プラグマティックな視点からも「可愛い子を採れ」という姿勢には大いなる疑問符がつきます。はっきり言って「ぬるすぎる」のです。

もし私が人事担当の役員であるなら、能力が高くて根性があって人間的に信頼できる女性を採用するように務めるでしょう。また日本にはそういう女性が非常にたくさんいるのですね(これは実感です)。そして、それらの女性が自分の能力を生かせる場所はまだ多いとはいえない。能力の高い人材をリーズナブルな価格で雇用できる絶好の機会! と私の目には映っているのですが、さてどうでしょうか?


投稿者 kihachin : 2005年10月11日 20:25

« 10-08のトレーニング | メイン | 羅漢果 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/535

このリストは、次のエントリーを参照しています: 可愛い子を採れ:

» おかしくないですか? from とくらBlog
 昨日の参議院での郵政民営化に関する特別委員会をちょっとだけ見ましたが、竹中大臣が提案理由及び6法案の概要について説明していました。その時だったか、衆議院での特... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月13日 15:37

コメント

 こんばんは、私のブログにコメントありがとうございました。
 ご教示の”世界”等早速目を通してみたいと思っています。

 さて、上記の「可愛い子をとれ」の記事、今頃こんなことを言ってる重役さんがいるような会社、あの米国三菱?のように早晩セクハラ問題でも起こして業績悪化となるのではないでしょうか。

 もっとも、「もっと可愛い子」の意味が頭脳が良いだけではなく人間的に温かみのある人、或いは周囲の人間を明るくするようなどこか華の感じられる人柄の意味でなら違ってくるとおもいます。

 おそらくそんな大会社の重役にまでなられる方ならこちらの意味ではないでしょうか。
 いささか表現力の乏しい方で、単純に「可愛い子」と言ってしまったのを「知人」のかたは言葉どおりにかいしゃくされたのではないでしょうか?

 少し、善意に解釈しすぎでしょうか?

投稿者 蛾遊庵徒然草 : 2005年10月12日 00:19

激しく賛同しますっ!涙が出るほど…
オーナーは、「男でもいい、女でもいい、年取ってたっていいんだ!」…と言ってくれるのですが、、、、、、
B店の女店長。
超超超ド級の激オツボネ。
こいつの「好み」に翻弄される日々です…(泣)

とってもいい子なのに…「う~ん、なんか、老けてるわね」
とっても頭が切れるのに…「う~ん、生意気そう」(そりゃオメーだろ!)
とっても美人なのに…「う~ん……」→自分より美しいだけでダメ。

はー。
言えるもんなら言ってみたい……「あんた、ぬるいよっ!」……って……

投稿者 かむかむわんわん : 2005年10月12日 00:25

上司の言う通りに容姿のいい子を取る人事担当は、会社に対する重大な背任行為をしているのではないのかと訝ってしまいます。また女性の能力ではなくその容姿しか見えないとは、その上司も人事担当もきっとまだ@@なんでしょう。

自分で自分の首を絞めてる・・・

投稿者 タナカカズヒコ : 2005年10月12日 07:15

蛾遊庵徒然草さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

> おそらくそんな大会社の重役にまでなられる方ならこちらの意味ではないでしょうか。
> いささか表現力の乏しい方で、単純に「可愛い子」と言ってしまったのを「知人」のかたは言葉どおりにかいしゃくされたのではないでしょうか?

その可能性はありますね(笑)。また、私が勘違いをしている可能性もあります。

知人はなかなか本心を見せない人ですから、彼自身はこの件についてどう考えているか明らかにしていません。「女子学生を容貌で選別するのはけしからん!」と思っているのか、はたまた「世の中そういうものだ」と割り切っているのか、分からないのです。

いまは男子学生も就職のために「プチ整形」をするということを聞いたことがあります。が、そういう学生を一概に批判することもできないと感じています・・・。

投稿者 喜八 : 2005年10月12日 17:43

かむかむわんわんさん、こんばんは~。

> こいつの「好み」に翻弄される日々です…(泣)

その店長さんがワガママをいえるのも、そこそこに売り上げがでているからのことなのでしょうけれど・・・(あるいは他に重大な理由があるのか(笑))。
でも、個人的な「好き・嫌い」を仕事に持ち込まれては、下で働く者はたまりませんね。(^_^;)
そういう方は「上」には受けがいいことが多いので、なおさら厄介です。

日本の経済政策の中心人物、竹中平蔵さんと木村剛さんは常々「非効率的な企業は市場から退場してもらう」と公言しています。「ぬるい」企業は早急に体質改善を図らないと危ない、というのは目の前にある現実だと思うのですが・・・。

投稿者 喜八 : 2005年10月12日 17:44

タナカカズヒコさん、こんばんは。

容貌の問題はけっして単純ではないと思うのです。
たとえば以下のような考え方も充分に成立します。

・容貌の優れた女性は営業成績を上げやすい。
・外部の人との交渉の際も有利である。
・美人の存在は社内の士気を高める効果がある。

これらは男性の場合も成立します。
また、次のような意見もあるかもしれません。

・どうせ「女の子」は戦力としてはみていない。アシスタント的な業務だけをやらせるのだから、どうせなら「若くて」「可愛い」子のほうがいい。

念のためにお断りしておきますが、最後のものは私個人の意見ではありません(笑)。
女性社員の能力を充分に活用していない(するつもりもない)企業はまだ結構存在すると思います。でも、そういう会社が今後の新自由主義的な市場システムの中で生き延びるのは難しいでしょうね。

投稿者 喜八 : 2005年10月12日 17:48

自分もチョット前にエアロの競技会に参加して散々な結果で落ち込んだのですが、1人の審査員が一度に大勢やっている中から予選通過させる人をピックアップしていくようですので、可愛い子や目立つ人が通りやすいのかも…

というワケで、その会社のやり方は納得いかない部分もありながら、理解できるような気もしますので、この記事を見るとチョット複雑な気持ちだったりして(^ ^;

投稿者 ぞう : 2005年10月17日 16:26

> ぞうさん

> というワケで、その会社のやり方は納得いかない部分もありながら、理解できるような気もしますので、この記事を見るとチョット複雑な気持ちだったりして(^ ^;

実際問題として「容貌」は市場価値をもちますからね。映画やテレビの俳優・女優さんなどの場合はもちろんですが、一般人でもやっぱり容貌に優れているほうがトクをします。就職の際は女性だけでなく、男性でも容貌が結構モノをいいます。いわゆる「男らしくサッパリとしているスポーツマン・タイプ」などは受けがよいでしょう。もっとも、そういう人が実際に仕事ができるかどうかはまた別の話だと思いますが・・・。

というわけで、私も複雑な気持ちなのです。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2005年10月18日 12:16

そうですね。なんだかんだいっても第一印象大事って言いますものね。でも、長い目でみればそればかりでないようにしたいものですね{微笑}
ですが私も少し複雑な気持ちになります

投稿者 のり : 2005年10月24日 21:25

のりさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます。

本当に複雑な気持ちです。(^_^;)
たとえば恋愛においては相手(恋人)が「美女・美男」であったほうがいいと考える人が大多数でしょう。
でも、よくよく「美女・美男ってなんだろう?」と考えると分からなくなってしまうのです。
いったい何なんでしょうね???

投稿者 喜八 : 2005年10月25日 15:22