【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 可愛い子を採れ | メイン | 10-08~10-14の有酸素運動 »


2005年10月13日

羅漢果

羅漢果

わびすけさん(注:女性)から羅漢果の画像を送っていただきました。
ありがとうございます!

以下はわびすけさんの文章です。

今日は羅漢果(ラカンカ)の写真をお持ちしました。
砂糖の300倍と言う甘さを持つと言われています。
大きさは直径7-8センチ位でした。

(以下ふたたび喜八)
わびすけさんの記事「大動脈動脈弁狭窄症」を読んで驚きました。
でも、手術の必要がないということで一安心しました。
わびすけさんの旦那さんの「ああっ・・良かった」というお気持ちはよぉ~く分かります。
なんと言っても家族の病気が一番苦しいことですから・・・。

夏の疲れも影響しているのかもしれませんね。
わびすけさんは猛暑にもかかわらず随分ご活躍のようでしたので(笑)。
なにはともあれ今後もお互いボチボチ行きましょう~!
ブログのコラボレーション記事は今後何十年も続けましょう!

ところで羅漢果(ラカンカ)はダイエット用甘味料として注目を集めているのですね。
じつはこれも知りませんでした。
ここのところ次から次へと自分の無知が明らかになるので、我ながら驚いています(汗)。
以下は検索エンジン「Google」で「羅漢果」のキーワード検索をした結果です。

でるわでるわ「約 235,000 件」もの結果がでました。
上位に表示されるページはほとんど総てが羅漢果を原材料にした健康食品(サプリメント)の販売ページです。
羅漢果はいまや「旬」の商品なのでしょうか?

ただ、羅漢果がどういう果物なのかを大きな画像で見ることのできるページは意外に数が少ないようです。
そのため上の写真は多くの方の参考になる可能性は高いだろうと思います。
そうなるとブログのアクセスも伸びるかも・・・(捕らぬタヌキの皮算用)。

わびすけさん、あらためてお礼を申し上げます~。


投稿者 kihachin : 2005年10月13日 20:25

« 可愛い子を採れ | メイン | 10-08~10-14の有酸素運動 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/536

コメント

喜八さんお疲れ様でした今回はご心配をかけました
検査の後遺症(皮下出血でぞうの足みたいになりました)
今は80%元へもどりつつあります
(捕らぬタヌキの皮算用)そしたら私の新しいデジカメ代
喜八さんに回しておきます

イキナリ壊れて修理代が新品を買える値段迷うことなく
今までのデジカメより一段上で値段はすごく安くなっていました
ラカンカ実際に目にしましたのが製薬会社の受付でした
会社でも何かに使っているのかも知れませんね

投稿者 わびすけ : 2005年10月13日 23:21

 こんばんは。またおじゃましました。佐藤優氏の記事とても興味深く読みましたので、他にも同様の硬派(?)な記事書かれているかと思ったのですが。

 ダイエットについて、ご研究の様子ちょっと意外でした。しかし人とはそれで面白いのだとおもいます。

 私も今ウエスト93センチ、医者に85センチ以下にしなくてはといわれています。そのためには1日5キロ以上歩くようにいわれていますが、さっぱり実行していません。

 羅漢果とは初耳です。世の中には珍しいものが一杯あることを改めて知りました。いつか機会があったら眼にしたいものです。
 砂糖の300倍も甘いなんてちょっとおそろしいですね。

 余談になりますがプロフィル欄のネコ、可愛いですね。私も先年、家内が子猫(アメリカンショートヘアーの子とか)貰ってきて飼っていたのですが、ある日遊びに出たっきりいまだに帰ってきません。なんとなく心残りの気持ちです。

投稿者 蛾遊庵徒然草 : 2005年10月14日 01:18

わびすけさん、こんにちは~。
「検査の後遺症」がそんなにキツイとは・・・。
なにはともあれその後の経過が順調のようで安心しました。

(捕らぬタヌキの皮算用)とは単に「アクセスが伸びる」ということで、おカネが儲かるということではありません(笑)。インターネットで収入を得るというのは大変なようです。

この「喜八」ログではアフィリエイトをまったく行なっていません。サイトの人気度を考えると現金収入を得るのは事実上「不可能」だと判断してのことです。ただし、本館の「ウエイトトレーニングを楽しむ」では平均して「月に1000円」くらいの収入があります。

しばらく前に中古のデジカメを購入しましたが、あまり使っていません。どんどん写真を撮って練習しなければいけませんね・・・。

投稿者 喜八 : 2005年10月15日 13:25

蛾遊庵徒然草さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> ダイエットについて、ご研究の様子ちょっと意外でした。しかし人とはそれで面白いのだとおもいます。

「本館」のホームページはウエイトトレーニング(筋力トレーニング)と有酸素運動がテーマです。そして、最近ではダイエット分野の記事も意図的に増やしています。ダイエットといっても単に「痩身」ということでなく、適切な運動と食事を通じて「人生を楽しむ」ことを主眼としています。

・・・なんて、サイト宣伝のようになってしまいました(汗)。

> 私も先年、家内が子猫(アメリカンショートヘアーの子とか)貰ってきて飼っていたのですが、ある日遊びに出たっきりいまだに帰ってきません。なんとなく心残りの気持ちです。

おそらく迷子になってしまったのでしょうね。たぶん、今頃は他所の家で可愛がられているだろうと思います。そう思うと少しは気が楽にならないでしょうか?

投稿者 喜八 : 2005年10月15日 13:27

うわー、わびすけさんだいじょうぶですかー。
手術の要がないとしてもご自愛下さい。

それにしてもでけーっ。羅漢果。
もうちょっと小さいと思っていた。

ダイエットだ健康食品だ、と注目され始めたのは、5年くらい前からじゃないでしょうか。
羅漢果の砂糖(?)なんてのもたまに目にします。高いです。
冬、風邪の季節になると、生姜湯が出回り始めますが、あれの羅漢果バージョンも見た事があります。
のど飴などでも「羅漢果いり」があったりとか。

個人的に、健康的かどうかは、どーでもいいのですが、
名前が面白いので、一度食べてみたい果物(なのか?)です。

投稿者 とら : 2005年10月15日 17:44

とらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> のど飴などでも「羅漢果いり」があったりとか。

そういえば、そういう商品もあったような・・・。
ボンヤリ者ですので、おぼろ気に思い出す程度ですが(汗)。
「羅漢果」。たしかに名前が面白いですね。
少林寺拳法は羅漢と関係が深いようです。「五百羅漢」で有名な埼玉県寄居町の寺院も「少林寺」ですし。
調べてみたら面白そうです。

投稿者 喜八 : 2005年10月16日 12:21

そうそう、そういえば、『阿羅漢』なんていうカンフー映画(?)もありました!
香港じゃなく、中国で作られたやつだったかなあ。
寄居の少林寺が五百羅漢で有名とは知りませんでした。
やはりそういう関係なのかな。
こういうところも面白いですねえ。

投稿者 とら : 2005年10月16日 15:01

> とらさん

> そうそう、そういえば、『阿羅漢』なんていうカンフー映画(?)もありました!

ありましたね!
『阿羅漢』は観たことはないのですが、「少林寺シリーズ」の最初の2本は、かつての「名画座」で鑑賞したことがあります。
現在は「ジェット・リー」としてハリウッドで活躍しているリー・リンチェイ主演のカンフー映画です。
暴虐な権力により苦しめられている民衆を助けるために少林寺の修行僧たちが立ち上がるというストーリーには結構感動しました。

投稿者 喜八 : 2005年10月17日 15:15

えーと……「阿羅漢」もおおむね似たようなストーリーです。
リー・リンチェイ、この時期は、映画の中でも「カンフーしか」してないイメージが……(笑)。
「少林寺」もこれも、私はなぜか全てロードショーで見てしまいました(汗)。探せばパンフレットも残ってそう(笑)。

投稿者 とら : 2005年10月17日 22:39

> とらさん

「少林寺シリーズ」の最初の2本を鑑賞した映画館は「テアトル新宿」です。新宿伊勢丹の裏、靖国通りに面したテアトルビル内のこの映画館は以前は名画座だったのです。『ルパン三世カリオストロの城』も「テアトル新宿」で観ました。同じビルには大音響で有名なディスコ「ツバキハウス」もありました。映画鑑賞中にディスコからベース音がかすかに聴こえてきたのを覚えています。

> 探せばパンフレットも残ってそう(笑)。

たしか「少林寺」のパンフレットは購入しなかったと記憶しています・・・。当時はあまりお金がなかったですからね(いまでも同じですけれど(笑))。

投稿者 喜八 : 2005年10月18日 12:19

> お金がなかったですからね
うわは(笑)。思えば、映画のパンフレットは、相対的に当時の方が安かった気がします。
400円くらい。気に入った映画のものは、買ってしまってました。
今は、どんな安くても500円。むしろそれ以上の事の方が、多いみたいで、到底買う気になれません。

投稿者 とら : 2005年10月18日 14:26

映画のパンフレットを集めていたこともあります。
が、名画座がほとんど消滅してビデオで映画を観るようになってからはパンフレットと縁もなくなってしまいました。

> 今は、どんな安くても500円。むしろそれ以上の事の方が、多いみたいで、到底買う気になれません。

とらさんが指摘されているように今のパンフレットは高いですね。そのわりには写真以外の情報が乏しい。全体の売り上げも大幅に落ちているのではないでしょうか。

投稿者 喜八 : 2005年10月18日 19:46

そうなんですよ、写真ばかりじゃなあ、と。
最近で、出色の出来だと思ったのは、映画『クロマティ高校』の、メカ沢というキャラの形をした小さなパンフレットでした。これは内容もけっこう面白く、500円出しても損した気にはなりませんでした。

投稿者 とら : 2005年10月20日 00:40

> とらさん

以前はパンフレットというよりはミニコミ誌のようなものをだしていた映画館もありました。そういうことをやるのは「やる気のある!」名画座に多かったと思います。たとえば三鷹にあった・・・名前は忘れましたが(汗)、上映予定を記した小さなパンフレット(無料)に「映画愛」に満ちたとても面白い文章が掲載されていました。

いま「おばあちゃんの原宿」として有名な巣鴨地蔵通り商店街の店でも、ミニコミ風のパンフレットをだしているところがあるようです(以下はその一例です)

「マルジ新聞」
http://www.sugamo-maruji.jp/news/index.htm

いまはメール・マガジンが全盛ですが、上のようなアナクロのミニコミ風チラシもいいですね。

投稿者 喜八 : 2005年10月21日 12:31