【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 10-08~10-14の有酸素運動 | メイン | 堀江・村上・三木谷 »


2005年10月16日

巣鴨地蔵通り商店街

高岩寺
© Copyright - Akira O. - All rights reserved.
  客の大変がお年寄りのこの商店街では「お年寄りに優しい店」がコンセプトだ。印刷物や看板には英語、ローマ字は入れず、漢字とひらがなだけ。194の店舗を束ねる地蔵通り商店街振興組合の木崎茂雄理事長は言う。
「売れない商店街ほど、先進商店街に見せかけて横文字を使いたがる。ウチは地域性を考えて江戸文字を使ったりしています。目に入るものでホッとする部分があるんですよ」
  視線が下に向きがちなお年寄りのために、売り場表示を通路に書いている店があれば、店頭にイスを置いている店もある。お客さんにトイレを貸してくれる店が全店舗の60%あるのもこの商店街の特徴だ。

上の文章は「スポーツ報知」2005年10月13日号掲載の「東京百万歩」より引用させていただきました。「おばあちゃんの原宿」として知られる東京巣鴨とげぬき地蔵尊(高岩寺)と巣鴨地蔵通り商店街を紹介するルポルタージュ記事です。

心ある方なら「巣鴨地蔵通り商店街」式の方法論など先刻ご存知なのでしょうけれど、ボンクラの私(喜八)には耳新しく響きましたので、メモ代わりにブログ記事としてアップしておきます。

ところで、この「東京百万歩」の記事中に以下のような記者の発言があります。

「それよりあの婆(ばあ)さん、赤いパンテーを買ってどうするんでしょう。爺(じい)さんを興奮させるんですかね」

「赤いパンテーだろうが黒いパンテーだろうが、そんなことは余計なお世話だ!」
と反発しつつ、私も不思議に思いました(笑)。
そこで WEB で調べてみると以下のような記事を発見しました。
青山亮子さんという方のサイト内の記事です。

なんと! 赤い下着には深い意味があったのです!
申年に子どもから母親に赤パンツをプレゼントすると、下の病気や世話にならないと言われている」のでした。
まったく知りませんでした・・・。一般に「介護は女性の仕事」と考えられやすいので、(私自身を含めた)男性陣は有名な赤い下着の意味にも気づきにくいボンクラになりがちなのですね(深く反省)。


投稿者 kihachin : 2005年10月16日 11:03

« 10-08~10-14の有酸素運動 | メイン | 堀江・村上・三木谷 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/537

コメント

巣鴨の高岩寺さんは曹洞宗であったと思いますが、「心身のとげを抜く」と言い伝えられていますが、すごい昔からそう言われているわけでなく、私の聞いた話ではある僧侶の方が「心のトゲも抜きます」と言ったひと言で、全国から急に人が多く集まるようになったといいます。この、「心のトゲも抜きます」という名句は、何というか、教典の名訳というよりも(そういう意味もあるのでしょうが・・・)今でいう、コピーライターのヒット作的な名コピーという感じがします。もちろん、商売気というよりも、結果的にものすごく人が集まるようになったのだと思いますが・・・ブティックの代りにシニアの方々のための衣料品屋さんが並び、シシケバブ(トルコ料理)やホットドックの屋台の代りにイカ焼きの屋台が並び、クレープ屋さんの代りに団子屋さんや今川焼き屋さんが並ぶ、シニアの原宿という印象が私には強い巣鴨です。しかし、5月上旬頃、ツツジの咲く季節には美しい街です。

投稿者 マーヒー : 2005年10月16日 23:25

マーヒーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> この、「心のトゲも抜きます」という名句は、何というか、教典の名訳というよりも(そういう意味もあるのでしょうが・・・)今でいう、コピーライターのヒット作的な名コピーという感じがします。

なるほど! そうですね!
たしかに凄い経済効果です。とはいえ、そこにばかり注目するのも罰当たりかもしれませんが・・・。

巣鴨には何度か行ったことがあります。でも、記事で引用した特徴には気づきませんでした(ニブイ)。ただ、物価の安い商店街だなあとばかり思っていました。

巣鴨は東京の商店街としては江東区の「砂町銀座」と並んで東西の横綱といっていい存在ですね。モノが売れない時代に繁盛する秘訣はいかに? といういたって生臭い興味を私は抱いています。(^_^;)

> しかし、5月上旬頃、ツツジの咲く季節には美しい街です。

ツツジに関してはまったく知りませんでした。
いいことを教えていただきました。来年の春に巣鴨を訪れてみようと思います。

投稿者 喜八 : 2005年10月17日 15:23

親愛なる喜八さん。今晩は。
 
 私の「チャングムの誓い」へのコメントありがとうございました。

 私も韓国ドラマをまともに視たのはこれ一作だけです。「冬ソナ」など冒頭のシーンだけできってしまいます。

 話は代わりますが、上掲の巣鴨の記事おもしろいですね。特に「赤いパンツ」は私も初耳で、おもわず(笑い)がこみあげてきました。まるで自分がその場に立っているような気がしました。

 いや、ブログとはおもしろいものですね。

 こうやって直に話しているような感じがうれしいですね。

 また、暇をみて私のブログも覗いてみて下さい。

 今日は、小泉首相の靖国参拝の格好が気になって(挑発されて?か)思わず少しハイ気味になってしまい、長文を書いてしまいました。

 ではまた、おやすみなさい。これから寝酒に乾杯です。

投稿者 蛾遊庵徒然草 : 2005年10月18日 00:34

蛾遊庵徒然草さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 私も韓国ドラマをまともに視たのはこれ一作だけです。「冬ソナ」など冒頭のシーンだけできってしまいます。

じつは私もいまのところ『チャングム』以外の韓国ドラマ・映画は観たことがありません。ホラー映画などは評判がいい作品が多いようなのでボチボチ鑑賞していきたいと考えています。これも一種の日韓交流ですね。

> また、暇をみて私のブログも覗いてみて下さい。

不思議なことにまた「goo ブログ」のトップページに飛ばされてしまいます。もしかしたら、こちらのブログ・ソフト「Movable Type」の設定に原因があるのかもしれません。とりあえず URL を書き換えておきますね。いろいろと試してみたところ以下の URL だと大丈夫なようです。

http://blog.goo.ne.jp/gayuuan239

> ではまた、おやすみなさい。これから寝酒に乾杯です。

それでは私もこれから「昼酒」を・・・、というのはあくまで冗談です!(笑)

投稿者 喜八 : 2005年10月18日 12:20