【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 11-29のトレーニング | メイン | 夢バトン »


2005年11月29日

映画バトン

草仏教ブログ」さんから「映画バトン」を(強引に)いただいてきました。


1.初めて映画館でみた映画

記憶に残っているうちで一番古いのは『ターザン三つの挑戦』ロバート・デイ監督(1963)です。
クライマックスの決闘場面だけうっすらと覚えています。
ターザン(ジョック・マホニー)と黒人戦士(ウディ・ストロード)が複数の大釜で油を煮立てた上に網を張り、その網の上で剣をもって戦うという非常に印象的な決闘でした。

2.最後に映画館でみた映画

8 Mile』カーティス・ハンソン監督(2002)。
白人ラッパーのエミネムが自分自身を演じる半自伝的作品。
貧しい母子家庭に育ったエミネムのヒリヒリとするような孤独感が如実に伝わってくる映画です。
恋人役のブリタニー・マーフィーも印象的でした。

3.心に残りつづける映画

ワイルドバンチ』サム・ペキンパー監督(1969) 。
ウエスタン(西部劇)です。
1913年、時代に取り残されたアウトローたちがメキシコ革命の混乱の中で凄惨な戦いを繰り広げます。
中学3年生のときテレビ放送で初鑑賞。20代のころ東京都内の名画座で数回鑑賞。さらにビデオやDVDでも数回ずつ観ています。
オールタイム・マイ・ベスト1の作品です。

4.愛する人とみたい映画

最後に観たのは『タイタニック』ジェームズ・キャメロン監督(1997)ですね。
もうずいぶん前のことになります・・・。
残念ながらその後は1人でしか映画を観ていません。

今後「愛する人とみたい映画」は?
まず最初に思い浮かんだのは『地下水道』アンジェイ・ワイダ監督(1957)でした。
第二次大戦時ポーランドのワルシャワ蜂起を題材とした映画です。
ドイツ軍占領下のワルシャワで市民が一斉蜂起します。けれども、友軍であるはずのソ連に見捨てられ、ワルシャワ市民軍は地下水道に逃げ込みます。彼らレジスタンスたちがドイツ兵により鎮圧され殲滅されてゆく過程を描いた暗い映画です。が、ラストに一抹の希望が宿っています。

5.ホラー

ゾンビ』ジョージ・A・ロメロ監督(1978)。
ゾンビ映画の金字塔!
1979年日本公開時に鑑賞。その後も名画座・ビデオ・DVDで何度も鑑賞してきました
スプラッタ映画というのは傑作が生まれにくいジャンルだと思います。
ロメロ監督作品も結構「当たり外れ」があるようです。
が、『ゾンビ』は間違いなくマイ・ホラー・ベスト1です。

6.バトンまわす人

いつものようにこれから「押し売り」の行商にでかけます!


投稿者 kihachin : 2005年11月29日 21:09

« 11-29のトレーニング | メイン | 夢バトン »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/575

このリストは、次のエントリーを参照しています: 映画バトン:

» 映画バトン! from 日常&読んだ本log
喜八さんから、「映画バトン 」を頂きました。早速、いってみます。 1.初めて映画館でみた映画 母に連れられて行った、ディズニーの「ファンタジア」か、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月30日 18:05

» 映画バトン from 海外見聞日記(東南アジア編)
喜八さん→つなさん から「映画バトン 」を頂きました。早速、いってみます。 1.初めて映画館でみた映画 「敦煌」という映画です。 佐藤浩市 主演... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月02日 22:11

» 映画バトン from 悠雅的生活
喜八ログの喜八さんから『映画バトン』を受け取りました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月03日 07:53

» 映画と本のホットな関係~映画バトン from 手当たり次第の本棚
映画が好き。 でもって、本も好き。 ゆえに、小説が映画化された時、 あるいは見た映画のノヴェライズを見かけた時、 本の方も読みたくなるのだ。 たと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月04日 16:53

» 映画バトン! これもつなさんから from 物語三昧
1.初めて映画館でみた映画 記憶にあるのは、『南極物語』か『敦煌』。どちらか時期は定かではないが、早い方が一番のはず。いやまてよ・・・ガンダムを札幌で見た... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月11日 02:53

» 映画バトン from love peace
喜八さんとこでまたまたバトンをやってるので便乗。 というか押し売りを待ってたのに一向にこないので勝手に取っちゃいました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年12月18日 11:11

» DVDラベル 映画【ニューヨーク1997知ってます?】 from 映画DVD鑑賞、ラベルも作っちゃおう!
さあ、マニアックなみなさん!(違うか)『ニューヨーク1997』という映画を知っていますか?知っているという人はマニアック指数80です(´∀`)カートラッセル主演... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月10日 13:13

コメント

映画バトン、受け継いでくださってありがとうございます。
特に、3番目の質問に『ワイルドバンチ』と、間髪入れず
お応えになっている点、興味をひかれました。私はまだ
観たことがないのですが、
「オールタイム・マイ・ベスト1の作品です」と紹介されると
是が非でも観たくなってきます。

投稿者 マーヒー : 2005年11月30日 01:58

マーヒーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 「オールタイム・マイ・ベスト1の作品です」と紹介されると
> 是が非でも観たくなってきます。

『ワイルドバンチ』は非常にクセのある映画です。劇中で何百人殺されるか分からないほど、暴力描写に満ちています。そのためカルト映画として多くの信仰者を集めるとともに、嫌いな人にとっては「まったくダメ」な作品だと思います。

いまはディレクターズ・カット版(DVDおよびビデオ)がたいていのレンタル店にありますので、気が向いたら鑑賞してみてください~。

投稿者 喜八 : 2005年11月30日 12:22

喜八さん、こんにちは~。
バトン、頂きましたので、トラバ致しました♪

ホラーは苦手なんですが、喜八さんの記事を見ていると、「ゾンビ」は見るべきなの?と思います。笑
図書館にもゾンビ関係の本がありまして、気になりつつも借りてきておりません・・・。
(表紙からして、怖そうなのです)

投稿者 つな : 2005年11月30日 18:14

つなさん、こんにちは~。
素敵なトラックバックをありがとうございました。
つなさんとは本の趣味だけでなく映画の好みも近そうです!

> ホラーは苦手なんですが、喜八さんの記事を見ていると、「ゾンビ」は見るべきなの?と思います。笑

それではお勧めできないかもしれません。(^_^;)
『ゾンビ』には本当にグロテスクなシーンも多々あるからです。
ホラーが苦手な人のために残酷場面をカットした『ゾンビ(マイルド版)』があればいいのですが(笑)。

投稿者 喜八 : 2005年12月01日 13:31

映画バトン、記事ができたらTB致します。
海外に出てから、映画館で良く映画観るようになりました。
本当に安いですよ、こちらの映画館!

投稿者 abroaddiary : 2005年12月01日 21:43

喜八師匠!
このバトン、いただきます!勝手に!

山に行ったばかりなので、いつアップするかはわかりませんが…
マニアではないものの、愛する映画に寄せる想いを、じっくりと書き込んでみたいと思います~

投稿者 かむかむわんわん : 2005年12月02日 00:08

喜八さん
こんばんは。バトンへのご招待ありがとうございます。
喜んで受け取ります。

記事ができ次第、数日うちにTBさせていただきますね。
ありがとうございました!!

投稿者 悠雅 : 2005年12月02日 01:12

abroaddiary さん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
トラックバックを楽しみにしてます!

> 本当に安いですよ、こちらの映画館!

それは羨ましい・・・。
日本の映画館入場料金はなぜあんなに高いのでしょうか?
アメリカですら日本の半額くらいですからね!

投稿者 喜八 : 2005年12月02日 14:07

かむかむわんわんさん、こんにちは~。
こちらにもコメントをいただきまして、ありがとうございます。

> マニアではないものの、愛する映画に寄せる想いを、じっくりと書き込んでみたいと思います~

それは楽しみです!
かむかむ流映画術の真髄(!)を楽しみにしています!

投稿者 喜八 : 2005年12月02日 14:08

悠雅さん、こんにちは!
バトンを受け取っていただきまして有難うございます。
映画への造詣が深い悠雅さんの記事ですから、大いに楽しみです!
このバトンは誰がつくったのか、設問もよくできていますね。
特に「1.初めて映画館でみた映画」というのが秀逸だと思います。

投稿者 喜八 : 2005年12月02日 14:08

映画バトン、つなさん経由で受け取ってみました。
TBしますので、よろしければ、見に来てください。
懐かしの映画もあれこれ思い出せて、
楽しかったです!!

投稿者 abroaddiary : 2005年12月02日 22:13

喜八さん
こんにちは。
映画バトン、何とか完成。
喜八さんは、ちょっとわたしを誤解されていて、
いい意味で期待していただいているようで心苦しいです。
最近、ちょっと多めに映画を観てるだけ。
それも、ほとんど主演男優で作品を選んでいるだけ(^^ゞ
本当に申し訳ないくらい平凡な結果になりました。ごめんなさい。
TBさせていただきます。

投稿者 悠雅 : 2005年12月03日 07:55

abroaddiary さん、こんにちは。
トラックバック&コメントを有難うございます!
夜になったら abroaddiary さんのブログにノンビリとお邪魔します!

投稿者 喜八 : 2005年12月03日 14:06

悠雅さん、こんにちは。
バトンを受け取っていただいた上にトラックバックもいただきまして、ありがとうございます!

> それも、ほとんど主演男優で作品を選んでいるだけ(^^ゞ

じつは私も鑑賞する作品を選ぶにあたっては主演女優さんをもっとも重視しています。(^_^;)
というわけで「お仲間」ですので、どうぞくつろがれてください。

後ほど、悠雅さんのブログにお邪魔します~。

投稿者 喜八 : 2005年12月03日 14:07