【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« マユダマ | メイン | 11-09のトレーニング »


2005年11月08日

野田敬生さん

ふと気づくとノンフィクション作家野田敬生(のだひろなり)さんのブログ「ESPIO」から私(喜八)の記事「佐藤優さん講演会(1)」へのリンクが張られ、幣記事の一部が引用されていました。

以下は野田さんのブログの該当ページです。

記事の中ほど「公開の講演」の部分からリンクが張られています。またその下の「<鈴木宗男さんは知的好奇心が非常に強い「地アタマ」のいい人。 ~(中略)~ 課税も行なわれていないはずだ。>」の部分は私の記事からの引用です。

野田敬生さん、幣記事の引用とリンクありがとうございました。
野田さんのご本とブログは折々に拝読させていただいております。
佐藤優さんのことを調べているときに野田さんの「佐藤優──外務省の”ラスプーチン”逮捕劇、そのさらなる闇!」(『疑惑だらけの外務省 (別冊宝島Real)』に収録)に巡り合ったのが最初でした。非常に興味深い記事であると感じました。

野田敬生さんをご存じない方のために、その略歴をご本人のサイトから以下に引用します。

1970年生れ。東大文学部言語学科中退後、94年公安調査庁に国家Ⅰ種職で入庁。98年夏、米国中央情報局情報分析研修に派遣。現在執筆活動を行う。

端的にいえば「私(喜八)のような素ッ堅気がウカツに近づくと大火傷しそうな」方であります(笑)。

ところで野田敬生さんのサイトとメールマガジンには住所・電話番号が明記されています。
これは鈴木邦男さんが著書の奥付(おくづき)に住所を掲載しているのと同じスタイルです。
おそらく自分の発言に責任をとるという強固な意思表示なのでしょう。それと同時に、権力と対峙しているお2人にとって住所を明らかにしていたほうが却って安全なのかも、というのはドシロートの深読みです・・・。

野田さん、今後ともよろしくお願いします。


投稿者 kihachin : 2005年11月08日 20:19

« マユダマ | メイン | 11-09のトレーニング »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/557

このリストは、次のエントリーを参照しています: 野田敬生さん:

» 怒りを忘れるところだった。 from とくらBlog
 昨日は、前日の寝不足がたたり、早くから寝てしまったので、いただいているTBやコメントにお返事していなくて申し訳ないです。特に同じ県にお住まいの方には、岩国の基... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月10日 11:07

» 駐スイス公使を「在外勤務手当」問題で直撃 from ESPIO
●(((((((((((((((((((((( ESPIO! )))))))) [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月17日 09:44

» 小選挙区化するマスコミ、うっとうしい「功名が辻」 from Make Your Peace
テレビで放映されている連続ドラマの人気が落ちているそうです。そう言えば、我が家でも全く観なくなりました。今何をやっているのかも知りません。年齢のせいかと思ったの... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月10日 17:12

コメント