【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 11-19のトレーニング | メイン | 11-24のトレーニング »


2005年11月22日

鈴木宗男さん

NAHAマラソンを走る鈴木宗男さん(中央)

衆議院議員鈴木宗男さんのことを知ったのは2002年のいわゆる「ムネオ疑惑」によってでした。それ以前の私は、権力中枢に近い有力議員であったはずの鈴木さんのことをまったく知らなかったのです。つまり完全な「政治オンチ」でした。

週刊新潮」「週刊文春」などの雑誌や民放テレビ各局によるスコールのような「ムネオ疑惑」報道。政治オンチの私はこれらの報道を頭から信じ込みました。「鈴木宗男って悪いやつなんだな。そんな政治家は早くとっ捕まえほしいものだ」と単純に考えていました。

そんな私が「まてよ?」と思い始めたのは、2002年06月19日の鈴木宗男逮捕直前の時期のある写真がきっかけでした。大挙押し寄せた報道陣のため、宿泊するホテルにカンヅメ状態となっていた鈴木議員。彼がホテルの非常階段を走ってトレーニングする姿が某写真誌により隠し撮りされ公開されたのです。

記事の調子は階段を上り下りするという奇行(?)を演じる落ち目の政治家を嘲笑するというものでした。が、私は「宗男さんは凄い体力・気力の持ち主だなあ」と素直に感嘆しました。実際にやってみれば分かります。数十分ものあいだ階段を走って昇降するなどは余程の体力の持ち主でなければ不可能です。しかも当時の鈴木氏は50代の半ばに達する中年男でした。

同時に「鈴木宗男はあくまで戦うつもりだ。ファイトを失っていない」とつくづく感じました。鈴木事務所の公設第一秘書M氏と「実質的個人秘書」とまで噂された外務省職員佐藤優氏がすでに逮捕され、鈴木議員本人に司法の手が伸びるのは時間の問題と誰もが考えていた時期です。同じような状況で多くの政治家が見る影もなく萎れてしまって病院等に避難する姿をいままで何回も目撃してきました。しかるに鈴木宗男は階段をランニングして身体を鍛えている!

その後、鈴木宗男さんや佐藤優さんについての私の認識が変わっていったことは以前にも書いたことがあります。

「鈴木宗男は強烈な人間的魅力の持ち主に違いない」。現在の私はこう確信しています。逮捕・拘留・有罪判決の後も以前と変わらず鈴木宗男支持を公言する人はけっして少なくない。この事実をもってしても上の判断がそれほど間違っていないということはできるでしょう。が、私には鈴木さんに興味を抱かざるを得ない個人的事情もありました。

あるとき突然に気づいたのです。「鈴木宗男さんは叔父たちに似ている!」と。父の弟である2人の叔父と鈴木さんの雰囲気は驚くほど似ているのです。父側の祖父(故人)は鳶(とび)の頭(かしら)でした。そのため叔父たちは若いころから鳶職を生業とし、現在も建築関連の会社を営んでいます。

以下は(推測も混じえた)叔父たちと鈴木宗男さんの共通点です。

そもそも私の父と鈴木さんもまた似ているのです。先の衆議院選挙が終了した後、某民放テレビ局が選挙期間中の鈴木氏が宿舎であるワンルーム・マンションでくつろぐ姿を映し出していました。昼間の選挙活動に疲れた鈴木候補がパジャマで登場します。その姿はときに「そっくり」といえるほど私の父に似ていました。

だとすると・・・。もしかしたら私自身も鈴木宗男氏を彷彿させる容貌なのではないか? 論理的にいえばそうなりますね。でも私自身は「違う」と思っています(この判断に自信はありません(笑))。

「鈴木宗男って悪いやつなんだな」と思っていたときも、じつのところをいうと鈴木さんを心から憎むことはできませんでした。我が血族との相似に気づいてからはなおさらです。とはいえ、そればかりではありません。なんだかんだいっても彼が「凄まじいばかりのガッツの持ち主・やる気満々の人」であるのは間違いない。そのような人材を活かさないのは私たちの社会にとって大きな損失であると思っているのです。


スポンサードリンク


関連ページ

Amazon : 佐藤優


投稿者 kihachin : 2005年11月22日 20:18

« 11-19のトレーニング | メイン | 11-24のトレーニング »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/571

このリストは、次のエントリーを参照しています: 鈴木宗男さん:

» 鈴木宗男研究 from 星空を眺めて
タイトルが「鈴木宗男研究」というなんか凄いタイトルにしてしまった。内容とタイトル [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月22日 20:37

» 『国家の罠』を読み返しながら、世に倦む日日を読みました。 from とくらBlog
 昨日、あまりにも疲れていたので(本当の理由は違うけど・・笑)、中途半端になった『国家の罠』の話を続けます。昔から社会が苦手だった私は、地理も世界史もまったく苦... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 07:00

» 歴史の重みと感動はどこへ?-自民党結党50年 from とくらBlog
 朝おきて最初に読んだ、とりあえずさんの民にできることは民に?----建築より国家のデザインを語れにTBしたかったので、以前、山崎養世さんが参議院国土交通委員会... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 07:01

» 北方領土問題にもっとご理解をいただけないですか from 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
[日露首脳会談]北方領土問題で具体的な進展得られず日露首脳会談が行われ、小泉首相とロシアのプーチン大統領が北方領土について意見を交わした。 しかし、ロシアは相... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 13:51

» 北方領土 返してもらう気なんてないくせに from 非国際人養成講座
北方領土問題は解決しない。それは、北方領土問題はアメリカが日露間に打ち込んだ楔であるからだ。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月24日 23:01

» 私の北方領土返還戦略 - 国際包囲のムチと経済振興のアメ from 世に倦む日日
今朝の朝日新聞の一面記事は北方領土問題だが、その中にこのような記載があった。「日本外務省によると、大統領は会談で領土問題は第2次世界大戦の結果を受けたものだと主... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月25日 22:41

» BS朝日 ザ・スーパーシート 「田原総一朗のライブフォーラム2時間スペシャル」 from 「おれ雑」exclusive
先日、収録に参加した、BS朝日 “ザ・スーパーシート 「田原総一朗のライブフォーラム2時間スペシャル」”が10月2日に放映されました。 携帯でテレビ画面を接写し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月11日 19:06

» 第19回毎日新聞編集綱領制定記念のつどい(メモ) from 「おれ雑」exclusive
12月9日、毎日新聞東京本社地下の毎日ホール(毎日受験者にはおなじみの会場です)で開かれた毎日新聞労働組合と「ジャーナリズムを語る会」主催の公開シンポジウム「戦... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月11日 19:07

» 山崎拓の主張 北朝鮮とどう向き合うか? from 現役雑誌記者による、ブログ日記!
  山崎拓さんの訪朝。  安倍総理は、不快感を表明したという。不快を表明するぐらいなら阻止したらいいのに。そこでみたい、山拓さんの主張。結構一環していたりする。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 00:14

コメント

喜八さん、こんばんは。
TB有難うございました。
私もやはり鈴木宗男さんには好意的なようです。
先日、テレビを見ていた時に何の番組かは忘れてしまいましたが鈴木氏が出演されていました。
そこで仰っていたことは
「うーん・・・。どっかの本で読んだ事のあるような内容だな・・・。」
言わずもがなではありますが・・・。(笑)
そこに宗男さんのお嬢さんがインタビューで出てこられた時に彼の目に薄っすらと光るものがありました。
02年の疑惑から逮捕、そして先日の選挙戦・・・。
様々な思いが駆け巡られたことと推察しました・・・。
私も逮捕以前から宗男さんについて批判的な新聞、雑誌の記事やメディアの報道を見てきましたが最終的にこの方はやはり「信用に足る人物」であると感じます。
・・・勝手な直感ではありますが・・・。

投稿者 田舎の神主 : 2005年11月22日 23:06

疑惑やこれまでの言動を見る限りでは、あまり好きにはなれないのですが、彼のバイタリティはスゴイなぁと思うかな(^ ^;

これは宗男さんだけでなく、どんな人にもいえる事なのですが、人間誰でも良い所と悪い所があると思いますので、パッと見ただけで「コイツは悪いヤツだ!」と決め付けるのではなく、その人のいろいろな面から良い所を探し出してあげるように一人ひとりが努力していけば、政治だけでなく世の中全体が良くなっていくのかもしれませんね(*^_^*)

投稿者 ぞう : 2005年11月23日 11:37

最近 鈴木宗男さんが外務省と敵対関係??でややこやしく
なっているテレビを見ましたが・・
どんな人間関係もイザ自分達に降りかかる火の粉は
凄い屁理屈を平然と通すものかと感じています

投稿者 わびすけ : 2005年11月23日 18:19

鈴木宗男選手、フルマラソンのベストタイムは
1994年の沖縄NAHAマラソンでの3時間44分40秒。
本格的ですね。いわゆるサブ・フォー(4時間以内で
フルマラソンを完走できる)ランナーです。

ブログの写真でも「ゼッケン1」が光っていますが、
鈴木議員には、北方領土問題や漁業権の問題など
(それがひいては外交問題へのきっかけだったと思うのですが)いろいろな課題を背負っていると思うのですが、
私は個人的に鈴木議員にこそ、日本が世界に誇れるような
マラソン大会を設立して欲しいと思っています。

投稿者 マーヒー : 2005年11月23日 20:50

ハイ、恥ずかしながらカミングアウト。
私もムネオ氏が排除されることを願っていた一人です。
今考えたら、全く見事に雰囲気に流されていたとしか
言いようがありません・・・

ムネオ氏といえば、当時私の頭の中では、
抵抗勢力の象徴だった野中広務氏とツーカーで、
改革の旗手小泉首相を妨害する悪役の代表格でした。
もうむちゃくちゃ騙されていましたね。

同じ時期にスキャンダルにあった人。
加藤紘一氏とか、田中真紀子氏とか、辻元清美氏とか・・・
今考えたら、全部「国策捜査」だったんじゃないでしょうか?

ちなみに私は、山崎拓さんのスキャンダルさえ、
テーマは全然違いますが、怪しいと思っています。

ところで宗男氏はスポーツマンなんですね!
こんなバイタリティーのある、
勉強熱心な人を有効に使えないなんて、
国家にとって非常に大きな損失だと思います。
加藤さん以下、みんな国のために、働いて欲しいです。

投稿者 非国際人 : 2005年11月24日 01:11

田舎の神主さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 「うーん・・・。どっかの本で読んだ事のあるような内容だな・・・。」
> 言わずもがなではありますが・・・。(笑)

佐藤優さんが鈴木宗男さんの「軍師」的な働きをしているのは、まず間違いないと思います。
このお2人が現在行なっている「戦闘」は非常に危険なものですから、以前にも増して「同志」としての絆は深まっているでしょう(私の勝手な想像ですが)。

> ・・・勝手な直感ではありますが・・・。

私も最後は「勘」です。
人生は短いから、ときには自分の勘を信じて賭けにでる必要もあると思っています!

ところで鈴木さんは涙もろい方のようです。
映画監督の森達也さんが書いていましたが、1時間半のインタビューのあいだに3回涙ぐんだそうです。

投稿者 喜八 : 2005年11月24日 15:27

ぞうさん、こんにちは~。

> パッと見ただけで「コイツは悪いヤツだ!」と決め付けるのではなく、その人のいろいろな面から良い所を探し出してあげるように一人ひとりが努力していけば、政治だけでなく世の中全体が良くなっていくのかもしれませんね(*^_^*)

冷静に考えてみると、私自身も綺麗な女性を見ると「きっといい人に違いない!」というような(安易な)判断をしているかもしれません。やはり、こういうのはダメでしょうね(汗)。

というわけでお互いに気をつけましょう!
・・・なんて、ぞうさんを勝手に仲間にしてしまってスミマセン。m(__)m

投稿者 喜八 : 2005年11月24日 15:27

わびすけさん、こんにちは~。

> どんな人間関係もイザ自分達に降りかかる火の粉は
> 凄い屁理屈を平然と通すものかと感じています

たしかにその通りです。
何十年も生きていると、常識では考えられないような「凄い屁理屈を平然と通す」人にも遭遇します(あるいは自分自身が同じことを行なっているかもしれません)。
ときによっては理屈もなにもなしに「戦う」ことも必要なのでしょうね・・・。

投稿者 喜八 : 2005年11月24日 15:28

マーヒーさん、こんにちは。
ふと思うと「マーヒー」というお名前はアルフレッド・ヒッチコック監督の名作『マーニー』を連想させますね。意味のない発言ですが・・・(笑)。

この記事の写真は「1994年の沖縄NAHAマラソン」のようです。鈴木宗男さんのホームページのものを無断借用しています。写真から元ページにリンクを張ることで出典を明らかにしていますが、著作権侵害で訴えられることもないだろうという確信犯です。

> 私は個人的に鈴木議員にこそ、日本が世界に誇れるようなマラソン大会を設立して欲しいと思っています。

それはいいですね!
いつも戦ってばかりでは鈴木さんも大変だと思いますので、ときにはマラソン大会設立のような平和な仕事もしていただきたいと私も思います。

ところで「映画バトン」をいただきます。
これからノロノロと記事を作製します~。

投稿者 喜八 : 2005年11月24日 15:29

非国際人さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
非国際人さんのブログは折々に拝読してます。
フジモリ元大統領の記事にコメントさせていただこうと思いながら、ついつい先延ばしにしています(汗)。

> 抵抗勢力の象徴だった野中広務氏とツーカーで、
> 改革の旗手小泉首相を妨害する悪役の代表格でした。

私はかなり以前から野中広務さんを支持しています。
鈴木宗男さんに対する考え方が変わったのも、鈴木さんが野中さんのいわゆる「番頭」さん的な存在であることを思い出したのも一因となっています。

> 加藤紘一氏とか、田中真紀子氏とか、辻元清美氏とか・・・
> 今考えたら、全部「国策捜査」だったんじゃないでしょうか?

そういう印象は非常に強いですね。
アメリカがアフガニスタンやイラクを侵略したとき、鈴木さんを含めた上記の人たちが「現役」であったら、世論が大きく変わった可能性もあると思っています。
また佐藤優さんも政策的にはこれらの人たちにはあまり違いがないと発言しています。

> 加藤さん以下、みんな国のために、働いて欲しいです。

同感です!
今後、私は鈴木さんと辻元さんに的を絞って、ブログで応援していこうと考えています。

投稿者 喜八 : 2005年11月24日 15:30

コメントありがとうございました。
http://toitaiki.at.webry.info/200511/article_38.html
にも書きましたが、佐藤優さんが北朝鮮問題を解決するのを書いてます。よろしかったらおいでください。

投稿者 戸井大貴 : 2005年12月02日 16:55

戸井さん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。
御記事の件、了解しました。
近いうちにお邪魔させていただきます~。

投稿者 喜八 : 2005年12月03日 14:01

鈴木宗男かぁ。なんか白髪増えたな。暇なんで2chのフラッシュみて宗男のフラッシュがたくさん増えたな。それにしてもどれもホント笑えるな(^∀^)#"#" 特に「宗男ハウス」や「再起動3」や「ムネルマン」、「それでも政治家ですか」や「お魚天国 宗男版」や「さよなら宗男」や「ムルアカ氏」は。本人に失礼ですが、ホンッと笑えます。前にTVタックルで宗男さんがどっかの
クラブハウスで実際にDJしているシーンがありますから顔みると笑えます。

投稿者 たけひろ : 2005年12月24日 20:46

たけひろさん、はじめまして・・・。
ではなくて、こちらもバブさんですね(笑)。

> 前にTVタックルで宗男さんがどっかのクラブハウスで実際にDJしているシーンがありますから顔みると笑えます。

鈴木宗男さんはキャラが立っていますからね(笑)。
でも、凄いド根性の持ち主ですよ。
「国策捜査」にあってブタ箱に400日以上ブチ込まれる。
進行性の胃癌が見つかって手術。
母親の逝去(父親は宗男氏が20代のころに他界)。
普通の人なら、もうすっかり縮み上がって「負け犬」となり、もう一生浮かび上がれないだろうと思います。
それなのに日本やアメリカ政府の方針(新自由主義)とは違った政策(社会民主主義)を実行しようとしていますからね。
私はムネオの大将を支持します!

投稿者 喜八 : 2005年12月26日 12:28

小生へのコメンントありがとうございました。

鈴木さんはHPがありますが、佐藤さんはないのでいろいろWEB上アンテナを張り巡らし、佐藤さん以外はあまり読みたくもない雑誌も買わないとしょうがないんですよね。
佐藤情報あればよろしくお願いします。
喜八さんは写真がすばらしいですね。私も勉強して幅を広げたいと思います。

今、しょうもないみのもんたの政治バライティに鈴木さんが出ているので見ながら書いてますが、まじめなのは鈴木さんだけじゃないですか。

投稿者 日暮れて途遠し : 2005年12月27日 22:03

日暮れて途遠しさん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

佐藤優さんと鈴木宗男さんのことは今後も応援していきたいと考えています。
以後よろしくお願いします。

> 喜八さんは写真がすばらしいですね。

いえいえ、とんでもありません。
このブログにある写真はほぼすべてが「もらい物」か「無断使用」です。
この記事の冒頭の鈴木宗男さんの写真も、鈴木さんのサイトから無断借用したものなのです。
法律上はとんでもない話です(汗)。

投稿者 喜八 : 2005年12月28日 17:16