【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 10-29~11-04の有酸素運動 | メイン | マユダマ »


2005年11月04日

男のたしなみ

私が長年ご指導いただいている猫野腹蔵先生(仮名)から「男のたしなみ」についてアドバイス(お叱り)をいただきました。先生のお許しを得て以下に引用します。

*********************************************
(以下、猫野腹蔵先生の発言より引用)

喜八は最近「ぶろぐ」なるものを始めたようじゃな。
結構なことだ。
談論風発、これに勝るものなし。
学問の道に先輩・後輩・貴賎の別などない。
憚ることなく大いに議論するのがよかろう。
ただし議論の相手に対する敬意を忘れてはいかんぞ。
尊敬できない者と論争するのはまったくの時間の無駄である。避けるべし。
ところで先の内閣改造の認証式と記者会見ではI先生のイブニングドレスが話題となったと聞き及んだ。
喜八はまさかI先生をからかう「ぶろぐ」記事を書いたりしないであろうな?
何! これから書くつもりだと! 痴れ者め!
・・・なんと冗談か。悪い冗談だ。
貴様は昔から冗談が過ぎる。ワシも既に老骨じゃ。勘弁せい。
I先生には何度かお目にかかったことがある。
頭脳明晰のうえに優しい心をもった女性であった。
そのような方を不要にからかうなどはもってのほか。
そもそも女性の容姿・服装を悪しざまにいうなどは「男のたしなみ」に欠ける行為である。
男子たるもの口が裂けてもイブニングドレスがどうのこうのなど(悪口を)言ってはならんのだ!
もちろん、学問上の論争なら構わん。
I先生が女性だからといって何の遠慮もいらない。
学問の道には女・男という区別もない。
とはいえ喜八程度の学識ではI先生に一撃の下に論破されてしまうであろう。
「鎧袖一触」というやつじゃな(笑)。
もしも喜八がイブニングドレスのI先生に直接お目にかかったとしよう。
そのときはにっこりと笑って「綺麗ですね」と只一言感想を述べればそれでいい。
貴様のような朴念仁に女性のファッションなど分かるはずもない(ワシにも分からん(笑))。
だから一言で簡潔に賞賛する。
それが現代の「男のたしなみ」というものだ。
更に述べておこう。
・強い立場にある男性にはペコペコするのに、弱い女性には居丈高に振舞う。
・若い女性はチヤホヤして、年配の女性には邪険な態度をとる。
・別れた妻や恋人の悪口をいう。2人の間にあった私的なことを他人に話してしまう。
・女性に暴力を振るう。
これらは総て「男のたしなみ」に欠ける行為である。
じつに情けなく無様な行為である。
斯くのごとき男になってはならん!
喜八がそうであるとは努々(ゆめゆめ)思わんが、今後も心するように。

(引用ここまで)
*********************************************

(ふたたび喜八)
先生、有難いお言葉を有難うございます。
猫野一門の末席を汚す不出来な弟子ではありますが、倦まず弛まず精進したいと思っております。
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いします。


投稿者 kihachin : 2005年11月04日 21:08

« 10-29~11-04の有酸素運動 | メイン | マユダマ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/554

このリストは、次のエントリーを参照しています: 男のたしなみ:

» 都合のいい女は卒業したいけど・・。 from とくらBlog
 都合のいい女というドラマがありましたが、どんなストーリーだったか覚えていません。(見ていなかったのかも?それさえ、思い出せません。) 浅野ゆう子さんが主演だっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月08日 00:17

» [ゴーログ] 「週刊!木村剛」の価値は4100万円なのか?! from 週刊!木村剛 powered by ココログ
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「ブログを書き始めたはいいけれど書くことが無い [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年11月11日 09:02

コメント

典型的なネコ型の自分としては…

>・強い立場にある男性にはペコペコするのに、弱い女性には居丈高に振舞う。

これはあり得ない、というか、どちらかといえば逆のタイプですが(1年前にエアロのスクールとジムを辞めた時も、トップの男性イントラさんに意見した事でしたので…冷汗)

>・若い女性はチヤホヤして、年配の女性には邪険な態度をとる。

後半はそうでもないと思うのですが(たぶん…)前半は当たっているのかも(^ ^;

>・別れた妻や恋人の悪口をいう。2人の間にあった私的なことを他人に話してしまう。

こちらは、そもそも女性にモテなくて経験すらしていないですので、コメント自体ができなかったりして(;_;)

>・女性に暴力を振るう。

あっ、これは大丈夫です~(*^_^*)

いずれにしても、こちらの記事を読んでいると男としての修行はまだ足りないのかもしれませんので、これからも頑張ってさらに男に磨きをかけたいと思いますp(^ ^)q

投稿者 ぞう : 2005年11月05日 13:18

ぞうさん、こんにちは~。
コメントありがとうございました。

>> ・若い女性はチヤホヤして、年配の女性には邪険な態度をとる。

> 後半はそうでもないと思うのですが(たぶん…)前半は当たっているのかも(^ ^;

おそらく私も同じでしょう。「若い女性はチヤホヤして」いるつもりは毛頭ないのですが、無意識のうちに鼻の下を伸ばしてしまっているということはあるかもしれません(汗)。

> ・別れた妻や恋人の悪口をいう。2人の間にあった私的なことを他人に話してしまう。

これは「モテル」ためには重要な条件かもしれません。
口の軽い男は女性に嫌われますからね。
若い頃からモテモテで有名な男性歌手のFさんなどは口の堅さでも有名です。
もっとも口が堅いだけではダメでしょうけれど・・・(自分のことです(大汗))。

> これからも頑張ってさらに男に磨きをかけたいと思いますp(^ ^)q

同じく男に磨きをかけたいと思います!
ジジイになっても良い意味での「男の見栄」を持ちたいですね。(^_^)v


投稿者 喜八 : 2005年11月05日 15:04

こんにちはo(*⌒―⌒*)o

素敵なお話ですね!

でも
仮名の「猫野腹蔵」に
爆笑でした (笑)

投稿者 MACO : 2005年11月08日 17:36

MACO さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

> 仮名の「猫野腹蔵」に
> 爆笑でした (笑)

最初は「A先生」だったんです。
それに実際には喋り方も普通なのです。
でも「ユーモアに欠ける! 面白くない!」という先生の叱責があったので、全面的に書き換えたのです(笑)。

投稿者 喜八 : 2005年11月08日 19:59