【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ありがとうございました | メイン | ライブドア・ショック2 »


2006年01月25日

おっさんを恫喝する

猫の喜八
写真はうちの猫の「喜八」です(1992年05月撮影)

先日、近所のおっさんを「恫喝」しました。彼が仔猫(野良猫)に大きな氷の塊を何度も投げつけているのを見つけたからです。

我が家の近くの藪に野良猫の一家が住み着いています。天気のいい日は陽だまりの中で母猫と仔猫2匹の一家がのんびりとくつろいでいます。今年の厳冬は野良猫たちには大変厳しい条件のようで、仔猫たちの目はくしゃくしゃ、鼻水ずるずる。「可哀想だがこの冬を越すのは難しいだろうな」と思っていました。

そんな仔猫たちに当たればただではすまないような氷の塊を投げつけているオヤジがいるのです。一体全体どういう人間なのでしょうか。親猫と仔猫のうちの1匹はすばやく逃げました。が、もう1匹の仔猫はちょっとトロいようで、自分の近くに氷の塊が着弾しているのに構わず、ちょこんと丸まっています。

私(喜八)は氷を投げ続けているおっさんの後ろから近寄り腎臓の辺りを平手で軽く叩きました。そして「なにやってんの?」と問いただすと、「大丈夫だよ。当たるわけがないじゃない」なんてとぼけたことを抜かします。そこで「おまえ、フザケるんじゃないぞ」と決めつけてやりました。

以上を文章で読むと私が「怒鳴っている」ような印象を受けるかもしれません。でも違います。意識的に静かな声をだしています。人を恫喝するときは静かな声に限ります(笑)。蛇足ながら付け加えておきますと、こういうことは「言葉のやりとりだけではすまなくなる」可能性も想定しておく必要もあります。

普段は「のんびりほこほこ」モードで生きている私です。人様と争うのは苦手です。けれども子供や動物を虐待するような輩(やから)を前にすると、一瞬にして「悪鬼羅刹」モードに切り替わります。意識せずとも自動的に切り替わるスイッチが内臓されているようなのです。


投稿者 kihachin : 2006年01月25日 20:20

« ありがとうございました | メイン | ライブドア・ショック2 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/624

コメント

自動スイッチの切り替えはスムーズに作動しているようですね。どうしても動物を見下げた感覚でしか見れない人が多すぎまね。何がしかのペットを何年も飼っている人の中にもたくさんいます。低俗なエゴだけで動物と接する事しかできない輩も。広い範囲を移動している私のスイッチもちゃんと作動していますよ~♪

投稿者 小西 修 : 2006年01月26日 01:12

小西さん、こんにちは~。
今日も「のんびりほこほこ」モードの喜八です(笑)。

> 広い範囲を移動している私のスイッチもちゃんと作動していますよ~♪

お互いに内臓スイッチを大事にしましょう~!

ところで先にHPのことでご相談があるとおっしゃっていましたね。
どうぞ遠慮なく訊いてください。私に分かることであればご協力しますよ!

投稿者 喜八 : 2006年01月26日 14:00

私のスイッチは子供が危険な事をしていると
切り替わります 他所の子供でも平気で大きな声で
叱ります・・「文句があったらお母さん呼んで来い」と
いまだに一人の苦情も来ない・・

投稿者 わびすけ : 2006年01月27日 22:49

わびすけさんは偉い!
という私もじつはワリとうるさいオヤジですが(笑)。
余所の子供でも当たり前に叱りつけるのが「健全な社会」だと思います。
でも最近では下手をすると警察に通報されたり親から民事訴訟を起こされかねません。
ギスギスした社会にどんどんなりつつあるようです。
こういう風潮には抵抗したいですね。

投稿者 喜八 : 2006年01月28日 08:58

キレました・・スーパーへ買い物に出かけての帰りかなりの激しい雨の為 入り口へ車を回して貰うので待っていた時
私の横に『車イス」の女性がやはり車を待って見えました
そこへお店の「カート」を整理するおっちゃんカートを沢山押して店の中へ入ろうとしていました邪魔にならないように
2-3歩横へ移動したら・・・なんと このおっちゃん
私の横にいた「車イス」のお客様に「どいてください」と
言うではありませんか・おっちゃんが4-5歩反対側へ移動すれば「どうってことない」のに
ここで私はキレました 
チョツト・・「何言ってるのですか貴方が4-5歩移動すれば
いいじゃないの」
おっちゃん・・「カートが曲がれないだろう
この雨の中「車椅子のお客様」に
どいてくださいは無いでしょう
私・貴方の名前は・「店長と話をしてきますから」と言うと
おっちゃん・・ブッブッ言いながら4-5歩横へ移動して
カートを押して中へ・・
私・・出来るじゃない・・
弱者に対しての暴言は許せない・・心の湿る一日になりました

投稿者 わびすけ : 2006年02月01日 17:49

わびすけさん、こんにちは~。

その男性は車椅子の女性に「激しい雨の中にでてください」と要求したわけですね。
うぅむ、なんともはや・・・。
一種の「暴力」といっていいかもしれません。
そこでちゃんと抗議の声をあげるわびすけさんは偉い!

暴力といえば女性の髪の毛をつかんで壁に叩きつけるなどの暴行を働いた「某大物芸能人」が早々と復帰して「活躍」しています。
きわめて不思議な現象だと私は感じています。
女性に暴力を働くのは麻薬の濫用や泥棒よりはるかに悪質な犯罪に思えるのですが・・・。
世間の人の「常識」はちょっとばかり違うようです。

投稿者 喜八 : 2006年02月02日 13:21