【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 01-09のトレーニング | メイン | フリーの将棋ソフト、ボナンザ »


2006年01月10日

ハングライダー

ハングライダー

わびすけさん(注:女性)からハングライダーの写真を送っていただきました。
ありがとうございます。m(__)m

喜八さんこんばんはー。
岐阜県池田山にパラグライダーとハングライダーの飛び立つ場所が有ります。
池田山の6合目あたりで、麓には温泉があるので時々出かけます。
パラグライダーの鮮やかな色彩と違いハングライダーは白が多いようです。
ここから青空へ飛び立つのを羨ましく見ています。
飛んで見たいけど高いところは苦手なんです。

(以下ふたたび喜八)
ハングライダーもパラグライダーも「見る」ことはよくありますが、「飛んだ」ことはありません。

わびすけさんと同じく私(喜八)も高いところは苦手です。以前はときどき沢登りに行きましたが、滝を直登するときはヘナヘナと膝の力が抜けそうになるのが常でした。そんなですからハングライダーなんて想像しただけで腰が抜けそうになります(汗)。

私が住む神奈川県にも丹沢山塊があり、表尾根にハングライダー・パラグライダーが飛び立つ場所があります。その滑走路(?)の端に立ってみたことがあります。それだけで眩暈(めまい)がするような体験でした。あそこから1000m 以上も下の平野まで滑降するなどは、とてもとてもできません(やってみたら面白いだろうとは思いますが)。

わびすけさんの写真の左上に見える赤いものは、もしかしたら滑走路の一部でしょうか? 見えている部分から判断すると相当に本格的な建造物のようですね。「いったい幾らくらいするものなのだろう?」と貧乏性な私はすぐそちらの方面に頭がいきます(笑)。

なにはともあれ今年もよろしくお願いします~。


投稿者 kihachin : 2006年01月10日 21:41

« 01-09のトレーニング | メイン | フリーの将棋ソフト、ボナンザ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/611

このリストは、次のエントリーを参照しています: ハングライダー:

» ハングライダー from わびすけ庭
ハングライダー・・喜八さんお疲れ様でした 飛んで見たいですよね 鳥みたいに・・私 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月11日 11:42

» 藩札発行による財政再建 由利 公正 from 晴耕雨読
地方の疲弊は甚だしく、自治体は再建の道を見失い自信を喪失している様に見えます。歳出の抑制、小さな政府の実現によっては財政再建を計ろうとしている様では有ります。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月11日 16:32

コメント

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

空を飛びたいという願望が強かった若かりし跳ねっかえりの頃
長野に1泊2日のハンググライダースクールに行ったことがあります。
その頃の機体はまだまだ性能はよくありませんでした。
特に入門者用の機体となるとそれはそれはお粗末なものでした。
うっかり何処までも飛ばれちゃったら、困りますから、程ほどの性能だったのでしょう。
斜面を数歩走っるとほんの少しだけ浮き上がって、すぐにクラッシュです。
それからまた機体をかついで斜面を登り、それの繰り返し。
へとへとになり、こんなに大変なのはもういいです!と思ったものでした。
今だったら・・・熱気球なんかに乗って見たいな~ 体力使わないし。

投稿者 Ree : 2006年01月10日 23:45

Ree さん、こんにちは~。
今年もよろしくお願いします。

Ree さんはハングライダーで飛んだことがありますか!
しかしお話を伺うかぎりでは大変な労苦であったようですね(汗)。斜面を登るのはスキーのリフトやゴルフのカートなどを使いたいところですが・・・。人力で担いで登るのは幾らなんでも不合理ではないかと思えます。

熱気球というのも高所恐怖症の私には鬼門です。
普通の旅客機に搭乗するのさえ出来るだけ避けるようにしているくらいですから・・・。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2006年01月11日 14:38

ソアリングしてみたい……。
スカイダイビングにもちょっと憧れます。
しかし、白いハングライダー、なんだか紙飛行機みたいに見えますね!

ああ、でも、ぱっとよつあしを開いて空に浮かんで(?)いる、とらって、へんだろうか。
猫は、しばしば、フライングキャットが小説などに登場するけれど。

投稿者 とら : 2006年01月12日 12:27

とらさん、こんばんは。

「ソアリング」というのは初めて聞きました。
いま検索してようやく分かりました(無知)。
私は高所恐怖症なので「空を飛びたい」という要求はないはずなのですが、ごくたまに空を飛ぶ夢を見ます。
『風の谷のナウシカ』の影響なのかもしれません?

> 猫は、しばしば、フライングキャットが小説などに登場するけれど。

アーシュラ・K. ル=グウィンの『空飛び猫たち』などがそうですね!
あれは可愛いくていいですね。(^_^)v

投稿者 喜八 : 2006年01月12日 19:45