【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« RH-AB型の血液を探しています | メイン | ありがとうございました »


2006年01月23日

ライブドア・ショック

堀江貴文(日本レコード大賞)

01月16日の東京地検特捜部によるライブドア本社および堀江貴文社長宅への強制捜査(ガサ入れ)には驚愕しました。その後もライブドア・グループ各社株の暴落、東京証券取引所の全銘柄取引停止、元ライブドア社幹部であったN氏の自殺、堀江社長を含む幹部4人の逮捕など衝撃的な報道が続いています。

「今後どうなるのか?」 ことのなりゆきを冷静に見守りたいと思っている「ゴミ投資家」喜八です。

ところで一連の騒ぎの中で少し気になることがあります。マスメディアもブロガーも「バスに乗り遅れるな!」とばかりに言いたい放題状態になっていることです。「事実に基づかない中傷誹謗を行なうと、後で堀江氏に告訴されるのでは?」なんて人ごとながら心配になってきます。いわゆる「ロス疑惑」被告人であった三浦和義氏がメディア相手の民事訴訟で連戦連勝なんて先例もありますからね。

たしかに堀江貴文という人は話題にしやすいですし、叩きやすい人材ではあります。一言いいたくなるのも分からないではありません・・・。実際のところ弊ブログにも堀江氏に関する記事は結構あります。それらのうちから主な記事を時系列に沿って順にリストアップしてみます。

ライブドアによるニッポン放送買収劇が世間を騒がせていた時期に書かれたものです。この記事の中で私は「ライブドア株を買い始める」と宣言しています。そして実際に2005年02月から08月にかけて数度にわたって買いをいれました。なお購入したライブドア株は後に数回にわけて全保有分を売却しました。

上の3つの記事もニッポン放送買収の時期に書かれたものです。私のスタンスは堀江氏に同情的です。私自身も「おカネが大好き」人間だからでしょう(「おカネが嫌い」という人は少ない・・・)。

堀江貴文氏が2005年09月11日投票の衆院選に立候補する直前に書かれた記事。ここで私は堀江氏の「出馬はない」と予測しています。いうまでもなく、この読みは完全に外れました。この頃から堀江氏の行動原理がよく分からなくなってきました。

企業買収劇を通じて有名になった堀江貴文・村上世彰・三木谷浩史の3氏に関する記事です。批判的なトーンの文章ですが、頭から彼らを否定してはいません。資本主義でやってゆくのなら、彼らのような存在もまた必要だろうと考えているからです。

つねづね「反・新自由主義」を標榜する私ではあります。けれども「新自由主義の権化」ともいえる堀江貴文氏の今回の受難を慶賀する気持ちはありません。社会全体がイデオロギーとしての新自由主義に染まるのは社会の不安定化につながりきわめて危険なのですが、個人が新自由主義的に生きるのはその人の勝手です(もちろん違法行為は厳正に咎められるべきですが)。

銭ゲバ」のごとくひっちゃきになってマーケット(市場)で戦う人と、のんびりスローライフを楽しみたいという人が、平和裏に共存していけるような社会が望ましい。どちらか一方ばかりが「正しい生き方」と決め付けられるような世の中は息苦しい・・・。

ライブドア・ショック」に関しては引き続きブログを通じて考察していく予定です(この項続く)。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年01月23日 20:08

« RH-AB型の血液を探しています | メイン | ありがとうございました »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/621

このリストは、次のエントリーを参照しています: ライブドア・ショック:

» 堀江氏、逮捕! from 映画プロデュース会社:取締役の妄想日記
ついに堀江氏が逮捕されました。 逮捕の容疑は、  ▽04年10月、LDM(当時はバリュークリックジャパン)が、情報誌... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月23日 21:13

» 「ライブドアショック」にやられた!(その3) from 蛾遊庵徒然草
 1月24日(火)    週明けの昨日は、株価は一転反騰すると思いきや、そんな甘い見通しは木っ端微塵に吹き飛ばされた。  東証1部はともかく、新興市場はめもあて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 02:19

» ホリエモンとは、もう呼ばれないのでしょうか?-小泉首相の責任を追及して。 from とくらBlog
 ホリエモンと親しみをもって呼ばれなくなったライブドア社長逮捕のニュースに、団塊ジュニアの友達が落ち込んでいるのではないかと心配で、この話題は書かないようにしよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月24日 12:55

» ライブドア堀江貴文社長逮捕/新社長に平松庚三氏 from 今話題の情報を集めています。
・ライブドア堀江貴文氏逮捕  23日夜ライブドア社長堀江貴文氏が流説流布の疑いで逮捕  粉飾決済の疑い、不正な株取引などの全容解明が待たれます [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年01月25日 23:30

» [ゴーログ]証券取引法第158条を知っていますか? from 週刊!木村剛 powered by ココログ
 皆さん、こんにちは。木村剛です。先日、日曜日昼の番組で、他界したエイチエス証券 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月02日 09:15

» ブロガーは野党なのか from 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
妖怪がBlogosphereを徘徊している−嫌マスコミという妖怪が。例えば、最近の「週刊!木村剛」は妖怪のスクツになったかのような様相を呈している――。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月04日 13:18

» あぁ,ライブドア・・・ from K-yan'sMIDIRoom別館
私が修士論文のために忙しくしている間に,世の中では様々な事件が起きていたようです.姉歯氏などによる耐震強度偽装,ライブドア・ショック,そして東横イン・・・・・.... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月10日 16:23

» ホリエモンを持ち上げていたのはどこの誰? from わたしさくらんぼ
各メディアでホリエモン叩き、堀江を利用しての自民叩きが激しいがその堀江を「時代の寵児」ともて囃していたのは他ならぬマスコミである。その中でも朝日新聞と民主党の手... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月10日 18:48

» ライブドアの整理ポスト入りが確実ですか? from 素人個人投資家の投資観察日記
今日の新聞で、上場廃止不可避かと書かれていますね。 上場廃止がきまれば、1ヶ月間は整理ポストに置かれます。 さて、今回のライブドアの場合、倒産での整理ポスト入り... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年02月20日 08:46

» 掘江貴文さん宿命 from 算命学ニュース(ブログ) - 天中殺でもウキウキ!ワクワク!! 算命学インターネット鑑定と通信講座
掘江貴文さん宿命生 生 生 日 月 年 癸 庚 壬 巳 戌 子 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 01:10

» 堀江氏逮捕とライブドア from りゅうちゃんミストラル
堀江氏とライブドアについては、多くの人が記事にしている。ここではそれらの記事がどんなものか紹介する。朝起きると大量の着信が・・・・(堀江貴文ダイアリー)渦中の堀... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月06日 14:56

» 西洋占星術でみる村上世彰さんの運勢 from ズイフー!!ブログ - 西洋占星術占い相談と占い教室と占い研究会
西洋 占星術 でみるピョートル大帝 わかりづらいところが逆に良い? お金は神様に使う? [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月29日 15:21

» 算命占星術ソフトと運命解説書の紹介 from 算命学NEWS(ブログ) - 算命学 天中殺 占い相談 運命鑑定と通信講座
算命学鑑定ソフトと算命占星術としての運命学解説書を作成しました。算命学のプロ鑑定士の方はもちろん、運命鑑定士をめざす方、現在算命学鑑定で活動している方、また、こ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月07日 03:45

» 夢の街創造委員会[2484]に当選!! from ビジネスマンの投資
当りました!!ほとんど奇跡ですね、主幹事の三菱UFJ証券で当選の電話がありました。 今ブックビルディング中の銘柄も含めて一番人気の銘柄といえるのではないでしょ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月17日 10:52

» 第2弾■7万2000円相当の無料DVD from まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!
たった今、江崎さんから連絡がありました。「○○さん、DVDのセットがやっとできました。 7万2000円の無料DVDプレゼント企画がまたできます!」 ~~~~~~... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月09日 12:48

コメント

1月24日
 
 お久しぶりです。私の記事読んでいただいたようでありがとうございました。
 書いても書いても何方からも反応が無いと言うのはさびしいものです。ゆえに喜八さんのトラックバックを見たときは本当にうれしいでした。
 そしてさらに嬉しいことは喜八さんもライブドア株に手をそめられたとのこと。しかし今は全保有株を売却されたとのこと。さすがですね。
 私は「きっこの日記」のきっこさんのいうごとく「よほどのアホ」としてドジ踏んじゃいました。

 しかし、長い人生プラスばかりで生ききれるものでしょうか。私は時にはマイナスも甘受しなければと思っております。
 人間万事塞翁が馬です。

 私もホリエモン氏には、そう腹のそこから憎めません。いたずら小僧みたいにおもえます。少なくともヒューザーのオジャマムシとは大違いだと思っております。

 炉辺酒をチビチビ楽しみながらこれを書いている失礼をお許しください。ゆえに呂律怪しいところあるかと思いますがご寛宥下さい。
 ライブドア・ショックについては(その3)まで書いておりますのでお暇のおりにでも目を通していただければ幸甚に存じます。
 ではおやすみなさい。

投稿者 蛾遊庵徒然草 : 2006年01月24日 02:17

蛾遊庵さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 人間万事塞翁が馬です。

まったく同感です。
株価だってずっと下がりっぱなしということはないでしょう(日本が滅亡でもしないかぎりは)。

以下は「憶測」にしかすぎませんが・・・。

ライブドアの上場廃止は既定のごとくに報道がされていますが、まだ分からないですよ。
また上場廃止になっても、経営陣が入れ替わった後に再上場というのは大いにありそうです。
ライブドア関連株が底値をついたときに買いあさって、将来また高値がついたときに売り抜けよう、なんて目論んでいる「ハイエナ」も多いのではないでしょうか。

なにはともあれ今回のライブドア騒動では何がでてくるか分かりません。
しっかり注目しつづけていこうと思っています。

投稿者 喜八 : 2006年01月24日 12:07