【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『直言』 | メイン | 嫌い好き »


2006年03月06日

セントレア

中部国際空港

わびすけさん(注:女性です)から中部国際空港(セントレア)の画像を送っていただきました。
ありがとうございます!

以下はわびすけさんの文章です。

喜八さんこんにちはー。
開港一周年のセントレアに出かけてきました。
国際線と動く歩道の写真ですが・・動く歩道はすごくスピードが遅いのでこの上を歩いて来ました。
デッキは国内・国外と両方が見れます。
以前の名古屋空港は建物が離れていたので、車で移動しなければならなかったので、これは飛行機大好き人間には(我が家のおっちゃん)嬉しいですね。

(以下ふたたび喜八)
空港というのはなんだかワクワクします。
以前は羽田東京国際空港界隈をときどき散歩しました。
羽田は昔ながらの下町・港町で、天然温泉の銭湯もあり、なぜかは知らないけれど猫も多いのです。
とても散策に向いた土地柄です。

中部国際空港の愛称「セントレア」というのは英語の「central」と「air」をつなげて作った造語なのですね。
今回調べて初めて知りました。
愛知県知多郡美浜町南知多町の合併で新しく「南セントレア市」ができるかもしれないというニュースは何度も目にしていましたが、あまり興味がなかったのです。
とはいえ個人的には市町村名に「セントレア」が入るのには抵抗を覚えます。

どうも日本では商品名などはカタカナ語が好まれる傾向があるようです。
たとえば自動車の名前で日本語というのはきわめて珍しいでしょう。
カタカナ語が氾濫している中で敢えて和語を使ったら「格好いい!」と私などは思います(極少数意見?)。

将来は地名も人名も外来語・カタカナ語が当たり前になり「いっそのこと日本語を使うのはやめて英語を「国語」にしよう。英語公用語化こそ国際化の第一歩、構造改革の本丸だ!」なんて絶叫する首相が登場するのかも知れません(笑)。

万が一そうなったら私は断固として反対します。

動く歩道


投稿者 kihachin : 2006年03月06日 20:17

« 『直言』 | メイン | 嫌い好き »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/654

このリストは、次のエントリーを参照しています: セントレア:

» セントレァ from わびすけ庭
喜八さんお疲れ様 早いですね ソウソうどこやらの議員さんがやたらと大声で南セント [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月06日 21:07

» 改憲賛成65%? 冗談は休み休み言って欲しい from 華氏451度
アッテンボローさんから「毎日新聞世論調査に異議あり」のエントリをTBしていただいた。 【3月5日付毎日新聞の一面トップに「改憲賛成65%」という世論調査の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月06日 22:32

» セントレアのパーキング from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
中部国際空港(セントレア)に行ったら、駐車場の入り口で係員に車を停められた。チラ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月07日 22:55

» 旅立ちの日… from ぞうのブログの部屋
今日で2月も終わりとなりまして、いよいよ妹と赤ちゃんがハンガリーに帰る日が来ました(; ;)/^^^ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月08日 21:28

» 「すみません」を多用する日本の文化 from 中国からみた中国と日本の違い
 日本の社会でよく耳にするのは「すみません」という言葉だ。電車で、道で、人に声をかけるとき、いつもその言葉が聞こえる。それによって、日本の社会の小さないざこざを... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月29日 23:31

» 頭に春が来た,「ホワイトカラー・エグゼンプション」 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 と,言うわけで,スーパーのテナントで売ってた「チューリップの球根」の写真です。もっとも,暖房育ちのチューリップどころか,政府首脳陣の頭にも春が来ているようで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月01日 18:23

コメント

> 万が一そうなったら私は断固として反対します。

私も断固反対します……。ガイコクゴに弱いということも無論ありますが(笑)、日本画好きか嫌いか、日本語が好きか嫌いかという話は別にして、言葉や文字は民族の文化と不可分ですから。少数民族の言語なども、大切に守っていかねばならないと思います。

やたらにカタカナが好まれるのは、商品名の場合は「格好いいから」でしょうが、政治家や評論家その他のエライ人がカタカナ言葉を連発すると「ごまかしてるんじゃないか」と疑ってしまいます(笑)。

何か、変なコメントですね。すみません。

投稿者 華氏451度 : 2006年03月06日 22:30

> 万が一そうなったら私は断固として反対します。

小学校からの英語教育がはじめられていて、そうなって
いく伏線のようなものができあがっているような・・・

民放FMラジオの世界では、もう15年ぐらい前から、
英語だけの番組が多くあって、ここはどこの国じゃ・・・
という感じです。
戦時中みたいですが、完全日本語専用局や番組ができたら、
かえって新鮮なような・・・まあジョークとして。

しかし、昔の人でも漢文ばっかり読んでいた人も
多いですよね。漢字熟語ばかり使う人は、今の
カタカナ語連発に近かった気も少しするのですが。

投稿者 マーヒー : 2006年03月07日 00:44

華氏451度さん、こんにちは。
トラックバックとコメントをありがとうございます。

> やたらにカタカナが好まれるのは、商品名の場合は「格好いいから」でしょうが、政治家や評論家その他のエライ人がカタカナ言葉を連発すると「ごまかしてるんじゃないか」と疑ってしまいます(笑)。

そうですね。
「聞いている人をごまかす」と同時に「自分自身をごまかす」作用もあるのかもしれません。
なんだか分からないけど横文字(カタカナ言葉)を使うと「ああ、俺ってインテリだな」という気分になれますから(「経験者は語る」ですが(笑))。
うっかりしていると私自身が結構そういうことをやりそうです。気をつけねば・・・。(^_^;)

投稿者 喜八 : 2006年03月08日 14:04

マーヒーさん、こんにちは!
ご訪問ありがとうございます。

> しかし、昔の人でも漢文ばっかり読んでいた人も
> 多いですよね。漢字熟語ばかり使う人は、今の
> カタカナ語連発に近かった気も少しするのですが。

本居宣長ですね(笑)。
とはいえ例えば「インターネット」を「やまと言葉」で表現しようとしたら、これは難しいことになります。
いったい全体どうなるでしょうか?(^_^;)

> 戦時中みたいですが、完全日本語専用局や番組ができたら、
> かえって新鮮なような・・・まあジョークとして。

太平洋戦争中でも海軍では英語を使っていたそうです。
「言葉狩り」のようなことが始まってしまう社会はやはり困りものなので、多少の外来語・カタカナ語は許容するべきなのでしょうね・・・。

投稿者 喜八 : 2006年03月08日 14:06

南セントレア騒動、ありましたね~(^ ^;

素直に南知多市にしておけば今頃は合併していたと思うのですが、一般公募でも挙がらなかった名前を、協議会の独断で決めてしまったのですから、住民のみなさんに悪い印象を与えてしまって合併自体がお流れとなってしまった気がします。

自分は政治や行政についてはよく分からないのですが、上が決めた事には黙って従えという考え方では、一時的にはうまくいっても結果的にダメになってしまう事は一般企業や学校など、ごく身近な所にもいえるのかもしれません…

投稿者 ぞう : 2006年03月08日 21:37

ぞうさん、こんにちは。
コメント&トラックバックありがとうございます。

話題はずれますが、ぞうさんのブログでは写真のサイズが3種類も用意されているんですね。
真似してみたいのですが、どうやったらいいのか分かりません・・・。(^_^;)
なお、これは「教えてくれ」ということではありませんので、読み流しておいてください(笑)。

> 自分は政治や行政についてはよく分からないのですが、上が決めた事には黙って従えという考え方では、一時的にはうまくいっても結果的にダメになってしまう事は一般企業や学校など、ごく身近な所にもいえるのかもしれません…

その通りだと思います。
一般企業でもたいした能力がない世襲社長がカリスマ経営者のマネをして独裁者として振舞う→従業員がやる気をなくす→会社全体がダメになる、といったケースをよく聞きます。
今の時代、上から押し付けるだけのやり方はダメでしょうね。

投稿者 喜八 : 2006年03月09日 15:12

町内の行事でもそうですょ・・役員が勝手に決めたものは
途中で盛り上がらなくなります
だから実行委員の会議ではしつかり意見を出します
自分の意見が通らなくってもそうして決まった事は
しつかりまとまって強力してくれます

投稿者 わびすけ : 2006年03月09日 18:08

わびすけさん、こんにちは~。

> 町内の行事でもそうですょ・・役員が勝手に決めたものは
> 途中で盛り上がらなくなります

やはり、そうですね!
国の場合でも旧ソ連のように上から押し付けられてばかりでは、いつかは国家自体が破綻してしまいます。
どんな組織でも「しつかり意見を出」すこと、出せることが大事だと思います。

投稿者 喜八 : 2006年03月10日 13:07

インターネットを大和言葉ではどう表現していいか・・・
とりあえず中国では 国際互聯網(絡)と言うそうですね。
そこからいえば「くにをこえとりもつあみ」とでも言うの
でしょうかね。明治時代、ホテルは旅籠と訳せないので
本格的なホテルを作ってホテルとしたり、チーズを
固形醍醐などとは訳せないので輸入しちゃったりしたような
もので、やはりインターネットはインターネットですね。

おもしろいので、他の中国語をご紹介します。

インターネット・カフェ 網絡珈琲屋
エクスプローラ 資源管理器
お気に入り 我的最愛
コンピュータ・ウィルス 電脳病毒
サーチエンジン 捜索器
ニュース・グループ 新聞組
ネット・サーフィン 衝浪
バグ 臭虫
パスワード 口令
ハッカー 黒客 闖入者
ブラウザ 瀏覧器
ホームページ 主頁

投稿者 マーヒー : 2006年03月11日 00:20

マーヒーさん、こんにちは。
やはり漢語は便利ですね。

ところで太平洋戦争中は英語が「敵性語」として排除されたようですが、漢語は排除の対象にならなかったのでしょうか?
寡聞にしてそういう話は聞きません。
なんだかヘンです(笑)。

中国語のご紹介ありがとうございます。
以前、アメリカ合州国のことを中国語で「美国」と表記するのだと知り驚きました。
中国の人はアメリカびいきなんですね。

投稿者 喜八 : 2006年03月11日 15:54

私は今太極拳の練習しているのですが
ここに出てくる説明書の文字は・・中国語ですが
9割は読めないのでルビを付けています
それでも文字が形を作っている太極拳は結構面白いです

投稿者 わびすけ : 2006年03月12日 23:07

わびすけさん、こんにちは~。
太極拳は英語では「タイチー」というそうです。
知り合いの人からの受け売りですけれど。
私も将来は太極拳をやりたいと思っています。
60歳になったら始めようかなと・・・。
その頃、わびすけさんは「先生」になっているかもしれませんね!

投稿者 喜八 : 2006年03月14日 13:19

別に旧ソ連は上から押し付けた訳じゃなくて,そのような傾向が生じたのはスターリンが独裁を始めてからです。スターリンはグルジアという山国のど田舎の出身なので,とにかく都のモスクワへ出世することばかり考えてましたから,いざモスクワで「元帥」になると,横暴な独裁者になってしまったのです。これって,日本でも,西の果ての長州人や薩摩人が同じことをしているんですけど,なぜか長州の横暴と押しつけと独裁を批判してるのは会津の早乙女貢さんだけなのが不思議でたまらない(笑)

外国語に対する拒否反応というのは,私は単に「劣等感」に過ぎないと断罪しますよ。私が生まれ育ったのは,横浜市中区小港。今ではマイカルのでかいショッピングセンターに変貌してマラソンコースになってますけど,つい30年ほど前までは米海軍のキャンプでした。当然,テレビもラジオも英語だらけで,町の看板も全部英語(笑) そういう植民地都市で育ったおかげで,皆さんの外国語恐怖症にはクビをかしげるばかりです。要するに,沖縄県にばかり米軍基地を押し付けて,日本では「下層階級の生の米軍人」と出会って生のスラングを聞く機会をなくそうってことなんでしょうか(笑) それこそ,駅前英会話塾で「大卒外国人の正式な英語」を学びましょうなんていう偽善を地で行っているようなものだと,沖縄県に次いで米軍基地の多い神奈川県出身者としては,とっても不思議に思うのでした。

# ちなみに大学院で留学した先も豪州でして,白豪主義のきつい,ど田舎の研究所で,中国人の友だちと一緒にいじめられましたよ(笑) ちなみに彼はシンガポール出身なので,生まれたときから英語を話しているので,発音がとてもきれいだったんだけどね。私も日本でまともに英語教育をしようと思ったら,日本語を話すと罰金くらいにして,全部英語で洗脳するくらいの気持ちでないと,母語がぐらぐらになって,論理性が身に付かないと思います。そういう意味では,隣の韓国のように母語をしっかり身につけさせてから小3で英語を導入するというやり方が一番日本に合っているのかも知れません。こと教育に関しては,日本は後進国で,韓国に学ぶべきことが非常に多いと痛感してたり。(^^;)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月06日 08:08

もっとも,セントレアなんて訳の分からない造語はやめて欲しいですね。この手の和製英語(つまりデタラメ語)の典型に「レベルアップ」がありますが(詳しい説明は拙ブログを読まれて下さい),もともと正則英語として日本語に入った「カタカナ語」と,日本人が勝手にでっちあげた「和製英語」とは,この手の議論をする場合にはきちんと論理的に分ける必要があると思いますよ。感情論でカタカナ語はすべてダメだ,というのは言語学を無視した暴論だと私は考えます。

# 日頃,まじめな論文を書くときは全部英語だからっていう理由もあるんだけどね。

要するに,日本語に翻訳できない正則英語や外国語は,やはりそのままカタカナ語にするべきではないかというのが私の考え方でして,これは戦前に柳田國男も言われていることです(興味がある人はちくま文庫の柳田國男集を)。例えば分かりやすい例が「語尾を伸ばさない」(例:×コンピューター ○コンピュータ)とか,「主語の次に読点を入れない」(読点というのはそこで文章を切るものであって,主語に節に値する修飾語がくっつかない限り読点を入れてはならない)とか,「原語の発音を尊重する」(例:×ギリシャ ○ギリシア)なんてのが挙げられます。

皆さんもあまり感情論に走らず,こういった論理的なところから議論を深められてはいかがでしょうか?(^o^)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月06日 08:22

kaetzchen さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> 感情論でカタカナ語はすべてダメだ,というのは言語学を無視した暴論だと私は考えます。

そういう方はあまりいないのではないでしょうか?(笑)
現代の日本でカタカナ語をまったく使わないで生活できるとも思えませんから。

> 例えば分かりやすい例が「語尾を伸ばさない」(例:×コンピューター ○コンピュータ)とか,「主語の次に読点を入れない」(読点というのはそこで文章を切るものであって,主語に節に値する修飾語がくっつかない限り読点を入れてはならない)とか,「原語の発音を尊重する」(例:×ギリシャ ○ギリシア)なんてのが挙げられます。

「コンピューター」と「コンピュータ」の表記の違いというのが、よく分かりませんでした。
なんとなく後者を使っていますが・・・。
「ちくま文庫の柳田國男集」ですね。
今度読んでみます。
ご教示ありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:19