【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« トケイソウ | メイン | 『国家の崩壊』 »


2006年03月20日

安田好弘弁護士を応援します

弁護士の中の弁護士」ともいわれる安田好弘さんが、弁護人をつとめる裁判に欠席した件で、各方面から批判を受けているようです。
この件は宮崎学さんのブログ記事「弁護士安田好弘を擁護する」で知りました。
以下に宮崎学さんの記事の一部を引用します。

光市事件
1999年山口県光市の会社員宅で妻(当時23歳)と長女(同11か月)が殺害された事件。
当時18歳の少年の被告(現在24歳)は殺人罪等に問われ、1、2審で無期懲役の判決を受けたが、死刑を求刑していた検察が最高裁に上告。
今月、被告の弁護人2名が辞任し、安田弁護士と足立弁護士が新たな弁護人となった。上告審が14日に行われる予定だったが、安田、足立の両弁護士が欠席し口頭弁論が開けなかった。
最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)
「正当な理由に基づかない不出頭で、極めて遺憾」
検察
「欠席は裁判を遅らせるのが明らか。弁護人不在のまま弁論を行い、結審すべき」
被害者の家族
「これほどの屈辱を受けたのは初めてだ」

まず最初に被害者おふたりのご冥福を心よりお祈り申し上げます。被害者の親族には同情を禁じえません。もし私が親族男性の立場にいたとしたら、身を焦がすような怒りに我を忘れることは間違いありません。実行するかどうは別としても、自らの手で復讐することを真剣に考えるでしょう・・・。

けれども、司法関係者やマスメディアが盛大に「安田弁護士バッシング」を行なっているのには不審の念を抱かざるをえません。そもそも弁護士は被告人の弁護を行なうのが使命です。裁判官・検察官と一体化して被告人を断罪していいわけがありません。そうなったら裁判は形骸化し、法廷は「リンチの場」と堕してしまいます。

安田氏の職業倫理と弁護技術の高さには定評があります。「弱者の味方」として、ほとんど「カネ」にもならないような事件にも、全力を尽くす弁護士でもあります。安田氏自身は佐藤優氏(外務省職員・起訴休職中)との対談(『月刊現代』2005年10月号)で「弁護士になって楽しいことなんてなかったし、そもそも弁護士活動が楽しいことであるという感覚もありません」と述懐していますが、それでも刑事被告人の弁護に全身全霊をもってあたってきたのです。おそらくは強い使命感に突き動かされて。

その安田弁護士が「今月、前弁護人から引継ぎをしたばかりであり、記録を精査する必要がある。被告人からも更に事情聴取して事実究明する必要がある。そのための期間として3ヶ月は必要」と申請しています。これを「無用な裁判の引き伸ばし」として批判する向きもありますが、はたしてそうなのでしょうか?

安田好弘氏は弁護士になって以来、まともに自宅のふとんで寝る時間もなく、事務所に連日泊まりこみ、事件記録を読み続けて頭に叩き込み、法廷に臨むことを実践してきました。そんな彼が弁護を担当するには相応の準備期間が必要でしょう。弁護士の中には怠惰や無能から、形ばかりの弁護を行なう者もいるようですが、安田氏はその手の弁護士ではありません。

現在、新聞・テレビなどのメディアでは「人権派弁護士」安田好弘を揶揄するような発言が多いようです。これも不思議な話です。すべての弁護士には「基本的人権を擁護し」なければならない義務があります。それは弁護士法第1章第1条に明白に記されています。弁護士は全員が「人権派弁護士」でなくてはならない。仮に「反・人権派弁護士」がいたとしたら、彼(女)の存在そのものが違法なのです。

被害者の遺族が安田弁護士の裁判欠席に怒りを覚えるのはしかたのないことでしょう。私自身が同じ立場にあれば、同じような怒りを覚えるでしょう。けれども「安田好弘とはいかなる人物か」を知っているはずのマスメディア記者たちが、安易に「安田弁護士バッシング」を行なうのには納得がいかない。安田氏をかねてから目の敵にしてきた一部の警察・検察関係者に媚を売っているのではないか? という疑いを禁じえません。

現在、日本のマスメディアでは「弱者の味方」がさげすまれ、「権力のタイコモチ」みたいな人たちが持てはやされる奇妙な風潮がある、と私(喜八)には思えます。「メディアはなんのためにあるのか?」という素朴な疑問への回答は、少なくとも「権力者の下働きを務めるため」ではないはずですが・・・。


付記:このエントリおよび全てのコメントは私(喜八)が生きている間は保存します。私の死後も可能な限り保存し続けるようにします。コメンターの皆様は、その点、安心してください。あなたの発言は今後、少なくとも40~50年はウェブで閲覧できるように私(喜八)としては努力しますから。お互い、自分の発言には責任を持ち続けましょうね。


【スポンサードリンク】



投稿者 kihachin : 2006年03月20日 20:15

« トケイソウ | メイン | 『国家の崩壊』 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/661

このリストは、次のエントリーを参照しています: 安田好弘弁護士を応援します:

» 今国会で審議予定の「共謀罪」って,知ってますか? from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
拡大解釈、すでにしてるじゃん、政府――共謀罪 (ブログ「たまごの距離」)について。  体調を崩してて,一週間ほどお休みを頂きました。さすがにアクセス数が落ち... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月20日 22:42

» 読売新聞と公正取引委員会との癒着構造 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
「特殊指定」見直しに反対 自民の新聞販売懇話会 (共同通信) - goo ニュースについて。  まず,公正取引委員会が新聞社や販売店による値引きを禁止した独... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月20日 22:44

» 日本人はおかしくなったんじゃないか?-メール問題は、はっきりさせて! from とくらBlog
 ここのところ、お天気に気分が左右されてしまいます。すっかり春!っていう日には、るんるんで、やらなければいけなかったことも一気にかたずくのに、雨が降るとブルーに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 08:11

» 光市母子殺害事件、最高裁弁護人欠席で弁論開かれず from りゅうちゃんミストラル
7年前、山口県光市で起こった母子殺害事件。一審、二審ともに無期懲役判決。3月14日最高裁では珍しく弁論が開かれる予定だった。最高裁は通常書面だけで弁論は行わない... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 19:48

» 罪を憎んで人も憎むの?(T_T)〜山口母子陵辱殺人事件に寄せて〜 from コトバノチカラ
7年前の事件発生当初から僕は関心は持っていた 山口県光市の母子陵辱殺人事件の被害者遺族「本村洋」さん 当時18歳と30日だった未成年加害者への心情発言として... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月22日 22:57

» 安田弁護士の「究極の選択」 from 元検弁護士のつぶやき
 小倉弁護士からトラックバックをいただきました。  「究極の選択」を迫られる弁護... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月23日 18:33

» 安田好弘弁護士は、やっぱり変な人だった from きつねのすみか
安田好弘弁護士:「死刑廃止問題で日本は低能児。人権と刑事訴訟の分野でも『韓流』が [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月25日 17:52

» ニュースの怖さ from string
ニュースの怖さ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月26日 15:36

» 命のリレー from 中村叶の詩
命のリレー                         中村 叶 あなたに父と母がいました 現在もいるかもしれませんし 死別したり 生別したりしたかもしれ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月30日 15:24

» 死刑は廃止すべきか否か? from 愚樵空論
最初に断らせていただくが、死刑についての私の考えはまとまってはいない。にもかかわらず、今日このエントリーを書こうと思ったのは、「アルバイシンの丘」の昨日のエント... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月19日 21:07

» 光市の母子殺害、最高裁判決6月20日 安田好弘弁護士を擁護する from 季節
TBありがとうございます、この事について書くとアクセスが大変に増えます、対話となるような内容はほとんど無いのは分かっているので、このブログでは表示に承認制を使っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月28日 15:25

» 【マル激】第269回 ゲスト:安田好弘弁護士 from 闘うリベラルのチャンネル(上棟完了竣工近し)
http://www.videonews.com/ マル激トーク・オン・デマンド第269回 「私が重大犯罪の被告を弁護しなければならない理由」 ゲスト:... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月01日 17:21

» 感情論で死刑判決を確定させて良いのか? from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
罪重いが生きたい 山口母子殺害の元少年被告 (共同通信) - goo ニュースについて。  寝る前にこのニュースが入ってきたので,ネットウヨどもから非難を受... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月17日 05:32

» あの子が欲しい,あの子じゃ分からん♪ from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
対北朝鮮法「成立を評価」 拉致家族会が会見 (朝日新聞) - goo ニュースについて。  統一協会の下部組織「拉致家族会」の表向きのコメントはこうだろう。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月17日 05:32

» ローマ教皇庁幹部が異例のコメント「フセイン大統領の死刑反対」 from 低気温のエクスタシーbyはなゆー
イタリアの有力紙「コッリエーレ・デッラ・セーラ」によると、ローマ教皇庁(バチカン市国)の諸宗教対話評議会の幹部が「イラクのフセイン大統領の死刑は絶対反対」との呼... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月22日 08:16

» お嬢さま、死刑廃止論を考える from とりあえず
 今日も西園寺麗子とばあやは、テラスでくつろぎながら、話している。しかし、今日はなんだか二人とも憂鬱そうだ。 麗子 :なんだか、最近死刑のことが話題になっ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月23日 23:30

» 山口母子殺人事件についての安田弁護士の言い分 from 反米嫌日戦線「狼」(美ハ乱調ニ在リ)
被害者と被告人の弁護人が対立するのは、仕方ないべ。 ただ、加害者側も被害者側も法廷でめざすべき共通の目標は事実の究明だってことは確かなことだと考える。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月02日 03:49

» 安部氏ポスター表示問題でTBS謝罪入りました〜w、もう何度目だよ。 from ネット的記憶装置
以前の記事でとりあげた、サブリミナル狙いか!?731部隊のニュースに安部氏のポスター。TBSニュースhttp://pg1.seesaa.net/article/... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月26日 14:06

コメント

安田好弘弁護士について,拙ブログでも弁護をしようと思っていたら,こちらで先に書かれてしまったので,コメントの形で応援します。

私個人の意見なのですけど,本事件の被害者なる若者はあまりにも「被害者の権利」を前面に出しすぎ,被害妄想との診断を下すべきではないかとかねがね思っておりました。つまり,妻子を殺されたことで精神的に異常を来してしまった,そこへ一部の政治的な目的を持った人々がつけこむ隙を与えてしまった……というのが,この事件における特異な表面的 scenery だと思えてならないのです。

恐らく,前の弁護人は,被害者の関連する組織ないし人物によって組織的な嫌がらせを受け,その精神的苦痛に絶えられなくなったのではないかと想像できます。弁護士というのはあくまで事件を起こした「犯罪者」とされた「弱者」を代理人として弁護するのが仕事ですから,弁護士に対して嫌がらせを行うのは反対に犯罪行為だと断定しても良いでしょうね。

日本は法治国家ではなくなり,明治維新直後のテロリズム国家へと逆転しているのではないかと思うことが多いです。

投稿者 kaetzchen : 2006年03月20日 22:38

kaetzchen さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

被害者親族の男性を責めることはできない、と私は思っています。
なぜなら、私自身が彼と同じ立場にたったら、同じ行動をとる可能性が高いからです。

けれども、遺族の感情を最大限に利用して、「目の上のたんこぶ」的存在の安田弁護士を攻撃する司法関係者の姿勢には大いに疑問を抱いています。
また、「権力者の下働き」と化している一部メディアに対しては軽蔑しか覚えません。

> 恐らく,前の弁護人は,被害者の関連する組織ないし人物によって組織的な嫌がらせを受け,その精神的苦痛に絶えられなくなったのではないかと想像できます。

死刑判決が予想される事件を引き受ける弁護士というのは「皆無」に近いようですね。
安田好弘さんにしても好き好んで「光市事件」の弁護人を引き受けたわけではないでしょう。
「嫌な仕事だけれど、誰もやらないから、仕方なく自分がやる」というのが実情だと思います・・・。

投稿者 喜八 : 2006年03月21日 12:24

喜八さん,こんにちは。コメントをどうもありがとうございました。確かに安田さんは間違いなく死刑か終身刑になる犯人の弁護なんて,国からのスズメの涙ほどの弁護料しか入らないから,割に合わないと思っていると思いますよ。

ただ,大変冷たい言い方なのですけど,私個人は,被害者の男性に対して,何らかの「強い働きかけがあった」からこそ,あれだけの「行動が取れた」のではないかな,と裏読みしています。

まず,事件のあった山口県光市(山口2区)という企業城下町の特殊性を考えれば,それは一目瞭然です。山口県では県知事の強い指導のもとに半場強制的に市町村合併が行われましたけど,山口県庁知事室の Webページ http://www.pref.yamaguchi.jp/gyosei/shicho-g/gappei/index.htm を見ればお分かりの通り,光市は隣の大和町を飲み込んだものの,未だに人口5万で独立を保っています。同じことは岩国市と大竹市の間の和木町や,下松市や防府市にも言えるのですけど,とにかく企業城下町の小規模の「町」が点在しているのが山口県の特徴です(下関市は事実上,北九州市下関区となっているため,山口4区は別格として考えなければなりません)。

そうなれば,光市の中で起きたことは光市内で処理しようという「思想」を持った人々の中に企業城下町の下請け企業の経営者たちがいてもおかしくはありません。つまり,被害者男性はそれら下請け企業の経営者らまたは政治団体によって活動資金その他の援助を受けている可能性さえあるのです。

ここまで言うと非常に嫌になって来るのですけど,人間の裏の裏を知り尽くしている「経済力」が「政治力」として動いていることは明らかではないだろうかと,この光市事件をずっと追い続けていて考えていたりするのです。ちなみに,光市というと,A級戦犯の孫である安倍氏の弟の岸氏の選挙地盤でもあります。別に岸氏が裏で動いていると書いているつもりはありませんが(笑)

投稿者 kaetzchen : 2006年03月21日 17:00

kaetzchen さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

もし、私が遺族の立場であれば、あらゆる手段を使って加害者に報復したいと思うでしょう。
そういう意味では私には遺族の方を批判する資格はありません。

また、非常に素朴な言い方になりますが、愛する家族を残酷な方法で殺された遺族を批判するのは「ちょっと・・・」という気持ちがあります。

逆にこんなことも考えました。私に息子がいて、その子が殺人事件の「加害者」になってしまったら・・・。
安田好弘さんのような全身全霊で職務に当たる方に弁護を担当してもらいたいと願うでしょう。

われわれ「外野」が被害者の遺族を批判するのは、安田弁護士も望まないのではないかと思います。
「遺族対弁護士」という対立の構図ができてしまうと、今後の弁護活動にも支障が生じる可能性があります。

投稿者 喜八 : 2006年03月21日 20:08

 最近、ブログの社会もテレビと同じように片側だけの情報がどっとあふれる、というかんじがあって、少し興味を失いかけていましたが、こちらで、両面的な見方の意見を読ませていただき、安心しました。
 いつもTBが関係しないもので申し訳ないのですが、送信させていただきます。

投稿者 とくら : 2006年03月22日 08:11

とくらさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

> いつもTBが関係しないもので申し訳ないのですが、送信させていただきます。

いえ、こちらこそ何時も関係の薄いトラックバックを送らせていただいています。
誰かが以前書いていましたが、「とくらBlog」はトラックバック・センターのような存在になっていますね。

安田弁護士の件で、もっとも批判されるべきは裁判長と検察だと思います。
検察の「弁護人不在のまま弁論を行い、結審すべき」発言などは、「俺たちに自由にリンチをさせろ」としか聞こえません。
また、そんな裁判官や検察の言い分のみを垂れ流して、あまつさえ弁護士バッシングを行なう一部マスコミは、とことん腐っていると思います。

投稿者 喜八 : 2006年03月22日 12:42

恐らくは,陪審制を無理矢理「日本に定着させたい」一部の勢力が,感情論にて量刑を増減させるための,「判例作り」のために,本来無期懲役の判決を死刑にさせたいのでしょうね(笑) 反対に死刑にされるべきなのは,そういう「判例作り」の世論を巻き上げようとしている,一部週刊誌でしょう。

# あれだけ裁判で負けておいて,懲りない面々(笑)< 新潮・文春

もう一つ。これは私のブログでも書きましたけど,永山則夫の『無知の涙』(河出文庫)をよく読み直すと,現在の犯人の青年の心情の幾つかが想像できるのではないかなと思います。

投稿者 kaetzchen : 2006年03月22日 17:19

あと,私は「あまのじゃく」でして,わざと自分の信条だとか「常識」とは真反対の立場から論を立てるくせがあります。その辺は一応,ご了承のほど。m(__)m > 喜八さん,とくらさん

# そいえば,とくらさんは周南市なんですね。いつも山口県をぼろくそにけなしていてすみません。新・岩国市は旧・岩国藩が復活したような気がして感慨深いです。岩国の知り合いが岩国は道路が悪くて山口県じゃないみたいだと愚痴っております。

投稿者 kaetzchen : 2006年03月22日 17:23

私が遺族の立場であれば、あらゆる手段を使って加害者に報復したいと思うでしょう

私もそう思います 実行するかしないかだけで人の気持ちは
皆同じではないかしら

裁判官も最近は人間としてより機械的に処理を急ぐ傾向にあるのでしょうかね

投稿者 わびすけ : 2006年03月22日 18:15

kaetzchen さん、こんばんは。

死刑制度は多くの先進国で廃止されていますが、日本とアメリカでは「健在」ですね。
ある統計では日本人の約8割が死刑の存続を願っているようです。
私は「残りの2割」です。

> あと,私は「あまのじゃく」でして,わざと自分の信条だとか「常識」とは真反対の立場から論を立てるくせがあります。

偶然ですが、私も「あまのじゃく」で、人のいうことは常に「半信半疑」で聞いておりますから、どうぞご心配なく・・・(笑)。

今後ともよろしくお願いします。

投稿者 喜八 : 2006年03月22日 20:12

わびすけさん、こんばんは~。

> 裁判官も最近は人間としてより機械的に処理を急ぐ傾向にあるのでしょうかね

むむ、鋭い指摘です。
まさに実態はその通りみたいです。
裁判の短縮化というのも必要ではあるのでしょうから、難しい問題ではありますが・・・。

投稿者 喜八 : 2006年03月22日 20:15

裁判の短縮化というのは半分当たっていると思いますね。私にも裁判官と弁護士の知り合いがいて,とにかく書類の山に忙殺されている訳です。同じことは検察官も同様でしょうけれど……。

要するに,根本的に法曹の専門家が足りない。かと言って,修士課程で鍛えて,司法試験を甘くし,多浪学生を追放した所で,人生経験の足りない若者たちを一方的に権力の側へ洗脳して良いものだろうかという疑問は残ります。

昔に交際があった女性からの愚痴:あんたは理系だから博士課程修了と同時に博士号(正確には留学先で取ったので日本の博士号入れると2つ)もらえたんだろうけど,あたしゃ文系だから未だに博士論文が通らない……。(^^;) 彼女は法学ではないけど,何となく分かるような気もします。

投稿者 kaetzchen : 2006年03月22日 22:23

はじめまして。早速で恐縮ですが、一言御許し下さい。

度々「弱者」という表現を御使いになっていらっしゃいますが、一番の弱者は殺された母子ではないでしょうか。

小生は何が何でも極刑でなければならぬとは思いませんが、余りにも
「強大な国家権力VS無力な犯罪者」
というような図式に拘り過ぎると、加害者の犯した犯罪行為の重大性、非人道性が正しく認識されなくなるのではないかと些か危惧します。

「冷静さを失わない」姿勢を保持するのであれば、被害者側に対する感情移入は一概に否定されるべきではないと思います。


>安田好弘氏は弁護士になって以来、まともに自宅のふとんで寝る時間もなく、事務所に連日泊まりこみ、事件記録を読み続けて頭に叩き込み、法廷に臨むことを実践してきました。

寝食を忘れて弁護活動に打ち込む姿を高く評価されていらっしゃいますが、そのような安田氏の姿勢と、具体的・個別的な事例における弁護活動の是非・曲直とはおのずと別問題でしょう。

>死刑制度は多くの先進国で廃止されていますが

いつも不思議に思うのですが、なぜ「先進国では」と限定的な言い方をされるのでしょうか。死刑廃止に先進国も途上国も関係ないでしょう。それとも「遅れた途上国であればわからないこともないが」というような意味なのでしょうか。

死刑廃止が実現しない原因をもっぱら「非理性的な世論」や「応報感情を煽り立てる腐ったマスメディア」等の外的要素に求めるばかりで、廃止運動自体に内在する問題を直視しないのであれば、一般市民・国民の支持・共感を得ることは困難であるように思います。

投稿者 DH : 2006年03月22日 23:27

kaetzchen さん、こんにちは。
日本の司法制度が多くの問題を抱えていることは間違いないですね。
刑事裁判の有罪率が約99.8パーセントという異常な効率になっていることにも端的に現れています。
が、我々一般人は普段の生活の中で「司法」に触れることが少ないですから、「問題」も感じにくいのでしょう・・・。

投稿者 喜八 : 2006年03月23日 04:56

DH さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。m(__)m

投稿者 喜八 : 2006年03月23日 04:57

この問題は難しいですね。
私は佐藤優さんの一冊の本「やさしさは国家権力に対抗できるか」で初めて安田弁護士の存在を知りました。その後魚住昭氏の「特捜検察の闇」などで安田弁護士逮捕の経緯詳細を知りました。そういう経緯でどうしても日本の裁判制度や検察の問題点に視点が行ってしまい安田氏に肩入れしたいのですが、今回の光市事件ではそういう問題の立て方が自分の中では難しいものがあります。喜八さんの自分があの立場だったらと考えるのがまともな人間ですよね。だから私は死刑廃止の立場は完全に理解できていないのです。先日も「国家と麻原裁判」シンポを聞きましたが、死刑廃止論については佐藤さんも自分が拘置された体験で変わったと言われているように通常の感覚から湧き出る思想でもないように思えます。亀井静香さんの死刑廃止論が有名ですが、これも警察という経験から出てきた何かなのだと思います。私自身はハムラビ法典の目には目をを否定できない感情と、いろいろな非道な犯罪を見聞きするたびにやはり抑止力としての死刑制度(でなければ終身刑)を否定しがたい気持ちが正直なところなのです。むずかしいです。計画性があろうがなかろうが非道さに変わりがないですね。安田さんはこの計画性を覆そうと考えておられると思いますが。
安田弁護士が時間が欲しいと言ったときに裁判所は日程調整できなかったのでしょうかね。こうなることを見越した世論形成手順かもしれませんね。

投稿者 日暮れて途遠し : 2006年03月23日 21:33

今晩は。山口の事件、安田弁護士を巡ってケンケンがくがく、大変興味深く感じました。この事件、及び死刑廃止論議については、私も再三、私のブログで書いておりますので、ここでくどくどとは申しません。(最も、私のブログは新参者ゆえか内容の貧しさゆえかさほど来訪していただけず、このような賑やかなやりとりもなくひっそり寒としておりますが)
 私は、上記の皆様のご意見を見て、DH様に同意するものです。特に先進国云々には拍手喝さいいたします。どうして皆さん、「誰それがどう言ってる」と他人の見解や、先進国の見解に右顧左眄したりする必要があるのでしょうか?。「私はこう考える」でいいじゃあありませんか。
 所詮、人間が人間を裁こうとする裁判制度において、千年たったって公正な裁判なんて実現しえるはずがありません。大体人間の寿命が何年あるとお思いでしょうか?。高々今や少し長くなって7~80年といった所ではないでしょうか。この短い時間のなかでそんなに高邁にお利口さまになれるものでしょうか?
 「殺されたら、殺す。必ず復讐する!」それがそんなに悪いことでしょうか?。
 今の、凶悪犯罪者を見ていると、現代社会が生物本来が潜在的に有しているはずの”蛮性”を"人間性”という欺瞞におしつつんでいることをいいことに高を括って、己の欲望のままに振舞っての悪行としか、私には思えません。
 話は飛躍しますが、何故広島の原爆、長崎の原爆を落とした人間は裁判にかけられることも無く今ものうのうとこの地球を我が物顔で闊歩できるのでしょうか?。
 この一事を見ても加害者の人権だとか公正な裁判なんてのはちゃらちゃらおかしいとはお思いになりませんか?
 裁判は、合法的な”リンチ”でいいと思います。そうすれば今の生温い刑罰よりも、よほど凶悪犯罪潜在犯への威嚇・抑止力になると思います。
 もっと極論を言えば、これだけ人間が増えすぎている現代において、自己の欲望を満たすために見境も無く凶悪犯罪に及んだ輩を手間隙かけて裁判してご丁寧に生かしておく必然性がどこにあるでしょうか?。人を殺したら原則死刑!。このことを人間ものごころ付いたら教え込めば、小学5、6年生で同級生を殺すことも、母親を平然と化学の実験材料にすることも少しはなくなるのでは愚考する次第です。さて、皆様はいかがお考えでしょうか?。

投稿者 蛾遊庵徒然草 : 2006年03月24日 02:28

日暮れて途遠しさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
本当にこの問題は「重い」です。
私も好んで記事をアップしているわけではありません。
佐藤優さん、魚住昭さんという信頼している言論人が安田弁護士を擁護しているため、私自身も声を上げなければならないだろうと思ったのです。

安田好弘さんに関しては以下の資料を読んだことがあります。
ご参考までに。

『「生きる」という権利』安田好弘、講談社(2005.8)
『地獄への道はアホな正義で埋まっとる』宮崎学、大田出版(1999.2)
『特捜検察の闇』魚住昭、文芸春秋(2001.5)
安田好弘・佐藤優対談(『月刊現代』2005-10)
安田好弘・魚住昭・佐藤優鼎談(『週刊現代』2006-03-11)

投稿者 喜八 : 2006年03月24日 09:46

蛾遊庵さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

> この事件、及び死刑廃止論議については、私も再三、私のブログで書いておりますので、ここでくどくどとは申しません。

すでに私も上の記事およびコメントで書いておりますので、さらに意見を付け加えることは控えますね。
亀井静香さんの文章を以下にリンクしておきます。
気が向いたら覗いてみて下さい・・・。

「著名人メッセージ・亀井静香さん」
http://homepage2.nifty.com/shihai/message/message_kamei.html

投稿者 喜八 : 2006年03月24日 09:46

ハンムラビ法典の「目には目を、歯に歯にを」については、被害以上の報復の禁止であり報復の上限を定めたものと聞いております。

投稿者 アルファ級 : 2006年03月25日 13:15

アルファ級さん、はじめまして。

『ハンムラビ法典』のことは中学校の歴史の時間に断片的に習っただけです(きっと多くの人は同じでしょう)。
『ハンムラビ法典』に限らず、古典はちゃんと原典にあたる必要がありそうですね。
と、これはあくまで「自戒」です。(^_^;)

有益なコメントをありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年03月25日 14:09

はじめまして。
「死刑制度は多くの先進国で廃止されていますが」
という点に異議を挟んでらっしゃるかたがいるので
その点だけ。

歴史をみても現在世界に存在する政治体制をみても
死刑制度は独裁と親和性が高いことは否定しがたい
事実ですので、「先進国で廃止」という主張は、
昨今の外圧に対する抵抗感を抱く世相からすると戦略的
ではないかもしれないですが適切なものだと思います。

誠に残念ながら中国は死刑の超大国のまま先進国になり
そうですが当然中国は独裁であり、チベットやウイグル
族に対する弾圧、自国民の立ち退き抵抗運動を武器で武
装した若者によって鎮圧しようとしたりしています。

喜八さんのご意見に私も共感します。
宮崎学さんのブログに私もコメントを書いていますので
ご覧ください。


投稿者 K : 2006年03月26日 05:24

K さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。
K さんも早起きなのですね!

死刑制度について考え始めたのは、つい最近のことです。
上のコメントで紹介した亀井静香さんの文章にかなり影響を受けています。

個人的には「全知全能の神様が審判をくだし、死刑執行も行なうのなら、死刑制度に賛成する」というスタンスをとっています。
不完全すぎる人間には取り扱えない制度だと思っています。

投稿者 喜八 : 2006年03月26日 05:31

はい、早起きです。3時半に起きました。早過ぎです。

亀井さんについては何かの雑誌で読んだ「亀井静香や鈴木
宗男や野中みたいな叩き上げの政治家が自民党の中でのし
上がっていくにはいろいろ悪いこともしなくちゃならない。
だからああいうふうに悪人面になるのだ。一方、小泉や安
倍みたいな政治家は地位も地盤も名誉もあるから悪いこと
しなくてものしあがっていける。だから、シュっとした顔
しているのだ」というなんとなく納得してしまう言葉を思
い出します。

悪人面の政治家のほうが頼りになりそうな気がします。
亀井さんは警察官僚なのに死刑廃止論者。
鈴木さんは杉原千畝の名誉回復。
野中さんは知的障害者施設の理事長。
「悪人ぽいのに」という意外性が魅力かもしれませんね。

投稿者 K : 2006年03月26日 11:31

K さん、こんにちは。
お名前が挙がった亀井静香さん・鈴木宗男さん・野中広務さんのことを、現在の私は応援しています。
こうなるとは数年前なら自分でも夢にも思わなかったのですけれど・・・。
小泉政権の酷さに気がつくにつれ、亀井・鈴木・野中氏の「マトモさ」が分かるようになってきました。
とはいえ、この方たちが「聖人君子」であるとまでは主張しませんが(笑)。
3人とも意外に「話せば分かる」という印象があります(小泉さんは「話しても分からない人」だと思います)。

投稿者 喜八 : 2006年03月26日 15:08

亀井氏勝利は正しかったですね!
でも甲山町の開発状況は・・・ 現地を見て欲しいものです。
堀衛門・・・

投稿者 いかりむんむん : 2006年03月28日 23:03

いかりむんむんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

「もし亀井静香さんが落選していたら?」
後の「ライブドア・ショック」は、はたしてあっただろうか?
こう考えると、亀井さんの勝利が大きな分岐点になっているのを痛感します。

投稿者 喜八 : 2006年03月29日 12:55

安田好弘弁護士を応援します! わたしも。
論点は、こちらの書き込みでほぼでつくしていることと思います。そこから先は「哲学」の問題になるのでしょう。
「だってさ~、被害者遺族の報復感情が満たされないだろ~」というだけの、床屋政談みたいな議論の流れを、マスコミも加速させている趣が感じられます。公判前整理手続きというような、真実の、真相の究明はどうでもいい、早く処理しさえすればいいんだ、という司法当局の極北に立つ安田弁護士ですから(いままでに安田弁護士の現地調査にもとづく反論で、検事がどれだけ公判廷で恥をかいたことか)、そのなされ方については、ひたすら信頼感を持っているところです。
ところで、床屋政談の方々は、ハンムラビ法典のように目をつぶされた被害者あらば、加害者の目をつぶしてことたれりとするのでしょうか。
罪刑法定主義とか、主観主義・客観主義・目的的行為論とか、一事不再理とか、近代刑法の基本的なあり方について、マスコミ記者も含み、どれだけの知識をもち、まじめに考えているのでしょうか。
松本サリン被害者の河野義行氏の冷静かつ知的な態度をマスコミに求めるのはないものねだりというものでしょうか。
第4の権力の一翼を担っているという自覚を、マスメディアの記者たちには求めたいものです。

投稿者 中村叶 : 2006年03月30日 23:08

中村叶さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

中村さんは詩人であるだけでなく、法律にもお詳しい方のようですね。
私自身は法律のことはよく分かりませんが、自分なりに読書を重ね、日本の司法制度に問題の多いことはおぼろげに分かりました。

・容疑者の取調べに弁護士が同席できない。
・代用監獄の存在。
・保釈率の低さ(人質司法)。
・自白偏重主義。
・刑事裁判における有罪率の異常な高さ。

安田弁護士はこれらの弊害と戦っている方だと判断して、応援しています。
ああいう人が「つぶされた」ら日本はかなり危なくなるでしょうね。

投稿者 喜八 : 2006年03月31日 12:36

私が「先進国では云々」と申し上げたのは全体主義や一党独裁を擁護するためではなくて、そのような言説を何百回繰り返そうとも死刑廃止にはさほど貢献しないのではないか、という意味からです。

例えば、昨今論議を呼んでいる「集団的自衛権」について
「(それを行使することを)認めていないのは先進国では日本だけ」などと言ったところで、集団的自衛権を認めない方々にとってはほとんど意味を持たないでしょう。

亀井氏について:

闇金融からあやしげな金をもらったりしている人物が高邁な理念を説いても人の心に響かない。
他人に向かって「応報感情を乗り越えよ」と説くのであれば自らをも厳しく律しなければ誰も耳を傾けないと思います。


>「全知全能の神様が審判をくだし、死刑執行も行なうのなら、死刑制度に賛成する」というスタンスをとっています。

どのような神なのでしょう。ここまで来るともう宗教の世界ですね。ひょっとしてキリスト教信仰を御持ちなのでしょうか。
喜八さんの論理を貫徹すれば司法制度そのものの否定にもつながりかねないように思います。

我々が論じているのはあくまでも形而下の事象であって、神様を持ち出されるともはや議論にはならないのではないでしょうか(同じ信仰を共有する方々にとっては意味があるでしょうが)

投稿者 DH : 2006年04月02日 23:50

DH さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ちなみに私はキリスト教徒ではありません(イスラム教徒でもユダヤ教徒でも新興宗教の信者でもありません(笑))。
ご意見は今後の参考にさせていただきます。

投稿者 喜八 : 2006年04月03日 04:49

はじめまして。この種の議論になると、どうしても、お前が犯罪被害者やその遺族になったら被疑者被告人の人権を尊重するか?死刑廃止と言えるか?になってしまいます。でも我々はあらゆる社会問題を考える時、いつも当事者性を要求されるのでしょうか?私も
親が殺されたら、どのような言動をするかは分かりません。だからといって完全に当事者と同化しなければならないのなら、そもそも
弁護人も要らないし司法制度も必要ないのでは。確実に現行犯で殺人をした人は、その場で近所の人総動員で吊ってしまう、事件報告だけは警察に通報義務を課すとか。やっぱり、それではダメだと思うのです。それから司法統計、犯罪統計を見ますと、よく注釈で交通事故犯罪は除かれていますが、それを統計に入れたり正式起訴してしまうと要は国民全員が犯罪者、前科者になってしまうからです。だから駐車違反とか一時停止違反とかも行政罰の反則金制度に
なっているのです。違反するのを前提にしているのです。そして実際に違反する人は山ほどいます。くり返して出頭もせず刑務所に行く人も多くいます。母子殺人事件とか遺族男性が激怒するのは当然ですが彼を支援、支持している人は本当に交通違反も何も悪いことをしていないのでしょうか。飲酒運転も重大な結果が予想されるのに正直、ドライバーでやったことがない人などいないのでは?
犯罪被害者支援に賛成するのは全く良いことです。でもそれが我々は加害者になることはない、常に被害者側にいる、ということにならないでしょうか。実際には、かなりの国民が道路交通法違反という加害者側にいるのに統計と反則金制度によって守られているのも事実と言わなければなりません。
 電脳討議場 管理人 藤原欽也

投稿者 藤原欽也 : 2006年04月03日 20:31

藤原欽也さん、はじめまして。

> 実際には、かなりの国民が道路交通法違反という加害者側にいるのに統計と反則金制度によって守られているのも事実と言わなければなりません。

たしかに道交法違反というのは「法」を身近に感じるには最適の例かもしれません。
私自身もつい「スピード違反くらい」と軽くみてしまいがちですが、冷静に考えるとそれは「他者の安全・生命を著しく脅かす行為」ですからね・・・。

ご意見ありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年04月03日 20:55

喜八様、はじめまして。こちらのページはとても見やすくていいですね(^^。
私も安田弁護士を応援します。このご時世ですから、身辺の危険も予想されるように思います。それを考えると頭が下がります。
ただ、弁護士として優れているのかとなると、そのへんはちょっと疑問に感じています。
長くなるといけないので詳しくは書きませんが、安田弁護士に限らず日本の弁護士は国際的に見るとそれほど優秀ではないように思います。


藤原欽也様

> いつも当事者性を要求されるのでしょうか?

家族同然の犬や猫を殺された人も犯人を殺したいと願います。
また、娘をレイプされた父親というのも犯人を殺したいと願うと聞きます。
しかし、世間はその感情に同化して裁くことをよしとしていませんし、また、被害者側自身も「人間でないから」とか「殺されていないから」という理由で渋々納得しています。
つまり、分別する心は日本人にも十分あるということだと思います。
しかし、どちらの心にスイッチが入るかは、その時々の報道によって操作されているのだと思います。

> 彼を支援、支持している人は本当に交通違反も何も悪いことをしていないのでしょうか。

犯罪的傾向の強い者に限って重い刑罰を要求しているのではないか?との疑念とお見受けいたしました。
確かに、ネットの書き込みを読んでみると、重い刑罰を要求する側の方に強い攻撃性や他罰性を感じます。
いわゆる「荒らし」と呼ばれるネットでのマナーすら守れない人たちのこの件での態度がわかればよりはっきりするでしょう。

例の酒鬼薔薇事件の頃からでしょうか。「日本人全般的にストレスが溜まっていてサディスティックになっている。犯罪者と一般人の差は紙一重」との指摘があります。
つまり、犯罪者は犯罪でうっぷんをはらすのに対して、一般人はその犯罪者を処刑することでうっぷんをはらそうとしているのではないかというものです。
もちろん、犯罪をやらかすかどうかは大きな違いですが、抱えているものは同じではないかということです。
傾聴に値する指摘だと思います。

投稿者 TANYOON : 2006年04月06日 03:01

はじめまして。みみみと申します。通りすがりで恐縮ですが書き込ませていただきます。
まず最初に私のスタンスを明確にしておきます。
・死刑には消極的賛成。終身刑が導入されるなら廃止してもよい。現行法に規定されている以上は死刑を容認する。
・マスコミなどの感情的な「吊るしてしまえ」論には与しない。
・「法の下の平等」は国家と個人の関係においてであり、加害者と被害者との関係においては被害者の利益=人権が優先すると考える。
・一番の「弱者」は加害者ではなく被害者。

安田弁護士の情熱と無私の姿勢を高く評価するとしても、そのことと弁護士としての手法の是非は分けて考えるべきではないでしょうか? 
控訴審判決から既に2年が経過しており、弁論の実施は十分に想定できたはずです。しかも、安田弁護士が就任した時点で既に弁論の期日は明らかになっていました。まずはギリギリになって放り出した前任者を責めるべきでしょうが、安田弁護士も時間的余裕がないことは承知していたはずです。これでは「時間がないから無理」という口実で公判を先延ばしするための意図的な直前交代だと勘ぐられても仕方がないでしょう。

また、「3ヶ月の延長」という要望にしても、裁判官の退任時期を考え合わせると、上告審のリセットという意図があると思われても仕方がありません。

更に「裁判員制度のリハーサルに参加するため」という理由も論外です。裁判員制度が重要であるとしても、「本番」を指揮する裁判官は納得しないでしょうし、無駄足を踏まされた被害者側が激怒するのは当たり前です。

裁判官が次回公判について強い姿勢で臨んだのは、これらの意図が透けて見えたからでしょう。もし容認すれば、弁護士が退任と選任を繰り返して裁判を果てしなく引き延ばす戦術が有効になってしまいます。
おそらく、安田弁護士が次回も欠席するようなら、裁判官は弁護士抜きの弁論を強行するでしょう。そうなれば、「弁護士が裁判に非協力的なら欠席裁判もやむなし」という悪しき前例を作ることになり、人権派弁護士としてはかえって憂慮すべき事態になるのではないでしょうか。

私が安田弁護士の戦術が稚拙だと考えたのは上記の理由からです。結果的に検察の思う壺になるばかりか、裁判官まで敵に回りかねない状況になってしまったことについて、私は安田弁護士に責任なしとしません。

死刑賛成論の中にはたしかに「床屋政談」的な感情論もありますが、その一方でDZ氏のように冷静な視点を持つ方もおられます。私もそうありたいと思っています。一方、死刑反対論の中にも、不当に被害者を貶めたり理屈に合わない極論を展開する人がいます。
これはそう簡単に結論が出る問題ではないし、全員が完全に納得する法制度の実現は不可能でしょう。しかし、こういう場で賛成派・反対派が議論をすることは決して無駄ではないと思います。
きつい言い方かもしれませんが、賛同者同士でうなずき合うばかりでは思考が閉塞してしまいますよ。見解を異にする意見を「参考にします」で流さずにもっと「議論」をしましょうよ。
長くなりましたがご容赦ください。

投稿者 みみみ : 2006年04月06日 10:48

TANYOON さん、はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

> 長くなるといけないので詳しくは書きませんが、安田弁護士に限らず日本の弁護士は国際的に見るとそれほど優秀ではないように思います。

日本の司法制度に関する私の知識は非常に限られていますので(はっきりいえば「無知」ですので)、なんとも言えませんが・・・。
日本の刑事裁判の有罪率は99.8パーセント以上だと聞きます。
つまり、刑事裁判では弁護側が「負ける」のが普通です。
このような状況では「やる気をなくす」弁護士が仮に多かったとしても、いちがいに弁護士側を責められないように思います。
司法制度の「改正」は必要でしょうね(絶対的に)。
ただし、ウカウカしていると「改悪」されてしまうと思います。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:17

みみみさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> きつい言い方かもしれませんが、賛同者同士でうなずき合うばかりでは思考が閉塞してしまいますよ。見解を異にする意見を「参考にします」で流さずにもっと「議論」をしましょうよ。

仰る通りかと思います。

とはいえ、私はインターネット上の「議論」にはまったく期待を抱いておりません(かつては抱いていたときもありました)。
人はそれぞれの資質や体験により「確固たる意見」を持っているのが普通です。
インターネット上で「顔も分からぬ赤の他人」から、反対意見を聞かされたからといって、自分の意見を変えるということは「まず、ありえない」というのが、体験からくる私の実感です。
逆に、議論相手への反発心から従来よりの自分の意見を強化させるのが普通ではないでしょうか。

以下は皮肉でもなんでもなく真摯な意見として聞いていただきたいのですが・・・。
みみみさんは大変に理知的な人のようですし、文章能力も高いとお見受けします。
もし「議論」を望まれるのであれば、ご自分でブログなり掲示板を設けて、不特定多数の議論を誘導してみてはいかがでしょうか。

ただし、それは予想される以上に自分を消耗させてしまう可能性があることは、私からアドバイスさせていただきます。「やめておいたほうがいい」と・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:18

どうも道場破りか何かと思われてしまったようですね。「議論」という言葉が攻撃的な印象を与えたのかもしれません。私としては、普段接する機会のない死刑反対派の方がどんな見解を持っているのか意見交換できればと思っただけで、反論してやろうとか論破してやろうとかいうつもりはなかったのですが・・・。
いずれにせよ、賛成派・反対派いずれの意見も決して絶対ではないことをお互い肝に銘じておきたいものですね。

投稿者 みみみ : 2006年04月07日 08:47

みみみさん、こんにちは。

> どうも道場破りか何かと思われてしまったようですね。

いえいえ、けっしてそうではありません。(^_^;)
非常に正直に自分の考えを書いたつもりです。

> いずれにせよ、賛成派・反対派いずれの意見も決して絶対ではないことをお互い肝に銘じておきたいものですね。

その通りだと思います。

みみみさんと私(喜八)は意見が違う。
それは「ごく当たり前」のことであって、そこに手をつけるつもりはない、というのが私の方針です。

有益なコメントをありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年04月07日 09:15

喜八様、やはり、詳しく書かせていただきます(笑)。
いろいろあるのですが、今件にまつわることに限定します。
私は安田弁護士は法廷戦略には長けていても、一般の人を説得する戦略や能力には欠けているように思うんですよ。
今件で言うと、法廷をすっぽかすというのも戦略としては「あり」だと私は思います。しかし、問題は人々を説得できるかどうかです。
宮崎学さんのページに安田弁護士の主張が載っていますが、残念ながら、宮崎さんや喜八さんたちの解説や弁論がセットとなってはじめて一般の人を説得できているというのが実態ではないでしょうか。
つまり、安田弁護士は自身の弁護をちゃんとできていないように思えます。
これは、どこかヘンです。

私は日本の弁護士の言動は総じて教条主義的傾向が強いように感じています。
例えば、人権について言うと、何か、弁護士が語れば語るほど「人権」がつまらないもののように聞こえてしまうのは私だけでしょうか。
「人権があるからだめです」「憲法があるからだめです」と決め台詞のように出てくるのですが、これってこのフレーズだけを取ってみると、いったいどちらの側が言っているのかわからないですよ。
法廷の中では教条主義でOKなのかも知れません。法廷は法律を教条とする空間ですから。
しかし、法廷の外では、「では、人権が間違っているんだ」とか「では、憲法を変えればいいんだ」との反論を返されてしまうのです。実際、そう返されて弁護士が絶句するいうシーンを何度も見ました。
このへんの分別が付いていないように感じるのです。
そして、マスコミは弁護士がそういう教条主義的な答弁をすることを見込んだ上で「噛ませ犬」として活用しているのではないかとの疑念すら感じます。

そういった意味で、安田弁護士が裁判員制度の研修を欠席理由に挙げているのはなんとも皮肉なことのように思えました。
今のままでは、裁判員制度に対応できないように思います。

投稿者 TANYOON : 2006年04月08日 02:31

TANYOON さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。
私(喜八)の意見はエントリーとコメントで既に書いておりますので「屋上屋(おくじょうおく)」を建てるのは遠慮しておきますね。
戦術的な対応です(笑)。
悪しからず・・・。m(__)m

投稿者 喜八 : 2006年04月08日 09:02

何も罪の無い人の人生を数十年、そしてその数十年分の幸福を自身の勝手な欲求によって根こそぎ奪った人間には死刑を以って当たるのが妥当なのでは?
それがダメならアメリカのように懲役数百年の刑を採用すべきですね。
私個人としては江戸時代の島流しの刑を復活させて犯罪者だけで生活させるのが良いかと。

自分の子を暴虐の限りを尽くして殺した男たちが例え「本当に」改心したとしても、たった7年で出所して結婚して子供作ってマイホーム持って幸福に暮らしてたら・・・到底納得出来ません!
というか、「本当に」善良な真人間に更生したのなら自分のした事に良心が耐え切れず自殺するか鬱になるのではと思いますが・・・。

死刑反対を唱えながら被害者側を精神的に殺していませんか?
死刑反対を声高に唱えても、犯罪者の更生や被害者・遺族のフォローを完璧に行うシステムの構築を放ったらかしにしてる姿勢を見るととても応援など出来ません。
いい加減な精神鑑定や獄内での勝手な評価でケダモノを檻から出す判断をした人は、その人間が再犯をしても特に責任は問われません。
我々善良な市民は無抵抗でやられ放題ですね。

罪を憎んで人を憎まずという言葉が有りますが、私は罪を犯すのは「個人の意思」だと思っています。
殺せとまでは言いませんが、犯した罪と誰がどう見ても「等価」と思われる刑罰を受ける・・これでイーブンなのではと思います。
いきなり襲い掛かり殺してから犯す。子供が五月蝿いので叩きつけて殺す。こんな鬼畜の所業に対して等価な量刑は何でしょうか?

通りすがりでふとココを見つけて書かずにいられませんでした。
冷静な議論の中、感情論をぶちまけて申し訳ありません。

投稿者 通りすがり : 2006年04月17日 17:50

通りすがりさん、はじめまして。
真摯なコメントをありがとうございます。
感情的な部分では私も通りすがりさんのおっしゃることがよく分かります。

> 冷静な議論の中、感情論をぶちまけて申し訳ありません。

いえいえ、「感情論」とは思いません。
ご意見ありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年04月17日 20:12

明日出廷ですね

 ご無沙汰しております。議論が活発に展開してますね。でも結論にはたどり着けそうにないですね。
まあ絶対の証拠が出てくれば(現場の映像とか),安田弁護士でも死刑否定できないでしょうね(苦笑)

まあ無罪っていいはるんなら,あの犯人,モザイクなしで出てくればいいんです。おもてに出ればいい。弁護士付き添いでいいから。 オズワルドみたいに撃たれることでしょう。

 ただ,この事件について,犯人が被害者の口を押さえようとして首に手がすべったとかニュースで会見してましたが,口押さえること自体普通やらない行為ですよね。用事もないのに他人宅に踏み込んでるし。 やっぱり言い訳無用だよ。
 どうせなら「何もしてない」「侵入してない」ぐらいの嘘を言えっての。(なんか北野武のコラム調だなぁ)

 陪審員みたいなのがいるならこの事件の犯人ってやっぱ死刑って判断されるんじゃないかな。一般市民が判断するなら,ここでの世論が結構反映されそう

 法律の世界にこれをきっかけにしていい風が吹きますよう心から祈りたい。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月17日 23:21

いかりむんむんさん、こんばんは。
今日は珍しく遅くまで起きています(笑)。

ネット上の「議論」で結論に辿りつける、と私は思っていません。
ネットだけでなくリアルライフの議論でも難しいでしょうね。

このコメント欄でも「みみみ」さんに返信したように人それぞれでみな意見が違う。
それは「ごく当たり前」のことであって、そこに手をつけるつもりはない、というのが私の方針です。

投稿者 喜八 : 2006年04月17日 23:40

返信ありがとうございます

たぶん せめて 犯人の反省の弁が少しでもあれば いいんじゃないかなと思います。

どうして悪いことしてあんなでいられるんでしょう。

実はやってないとか!わたし実はいつも,世論の反対のこと期待しちゃったりします。結果が世論が正しいと怒り倍増ですが。

あの帝国大の安部だったかな?ちゃんと結論出るまで彼を信じてみたし,堀衛門もいちおう。武部幹事長もいまのところ。
我々外野は,事態に対して慎重でなくては。

早く寝ましょう!!(笑)

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 00:02

感情論と言われるかもしれませんが、もし自分の愛する家族が同じ仕打ちを受けたら死刑を望むかもしれないというのは、大きな弱みだと思いますね。妻を殺されて死刑反対論者から死刑推進派になった人もいることですし。

信条というのはいつもギリギリのところでしか、証明できないものだと思います。

死刑反対論の人の意見を読むと弱者に見方をするという正義と死刑反対とを同一視している気がします。私は社会的な弱者を少しでも救いたいと思ってそういう活動にも参加したことがあります。しかし本件は被害者の人が弱者だと思うので、応援しています。

先日安田弁護士が弁論を欠席したことについて、結局何か有益な結果を生んだかを考えてもらいたいと思います。リアリストであれば双方の立場どちらにもマイナスに働いたことは否定できないのではないかと思います。

そこに死刑にしようとする国家権力と弱者である犯罪者とそれを擁護する弁護士という対立図式はないと思いますよ。私にはゲーム的な法廷戦術という何か軽々しいものを感じられてなりません。

前回の弁論欠席の時、友人数人とこのことを話しました。みんな死刑にすべきといっていましたが、誰も本当は好き好んで死刑にしたいという感じではありませんでした。しかしやむを得ない場合があるということと、やはり自分の最愛の人が惨たらしく殺されたら死刑にしてほしいと思うだろうなという感じで話していました。

やっぱり自分の最愛の人が殺されたら、というところを通過していない死刑反対はゲームみたいなものなのかなと思わざるを得ないです。

投稿者 ちょこっとご意見 : 2006年04月18日 02:11

こんばんは。やはり、ここは見やすいですね。
よそを回ってきてここを見ると目が休まります。
ところで、また、動きがありましたね。
今日のニュースを見た感じでは、安田さんも反省、マスコミも反省といったところでしょうか。

いかりむんむん様

>たぶん せめて 犯人の反省の弁が少しでもあれば いいんじゃないかなと思います。

それについてですが、私は悪い態度の順番てこう思うんですよ。
1.やっているのに無実を訴える。
2.減刑のためにウソの謝罪や反省をする。
3.全く反省しない。
4.本当に反省する。

しかし、よその掲示板で「反省するような奴は凶悪犯罪をしない」という意見を読みまして、なるほどなと思いました。
それを考えると、4はないように思うんですよね。
つまり、マスコミはこの犯罪者が特におかしいように報道しているんですが、凶悪犯罪者の態度ってだいたいこんなものなのではないかと思ったりします。

投稿者 TANYOON : 2006年04月18日 02:17

いかりむんむんさん、ちょこっとご意見さん、TANYOON さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私自身の意見はすでに記事とコメント欄で書いたので、これ以上のコメントは差し控えます。
後は読んでいただいた方の判断にゆだねるということで・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 08:46

> 今日のニュースを見た感じでは、安田さんも反省、マスコミも反省といったところでしょうか。

そういうニュースがありましたか!
後で探してみます。
情報ありがとうございました。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 08:48

今朝のニュースで記者会見の模様を見ました。
少なくともマスコミは感情的なコメントは控えていましたね。「冷静であるべき」という点で反省はしたのでしょう。

一方の安田弁護士はどうでしょうか。
会見での安田弁護士の主張は「殺人事件は警察のでっちあげで、もともと殺意などなかった。事実関係から争いたいので、結審せず最初からやり直してほしい」という内容のようですね。奥さんが死んだのは首にかけた手が滑ったせいで、単なる「はずみ」だったそうです。お子さんについては触れませんでした。
主張そのものについてはもう何も言いません。今さら情状酌量を求めても通りそうにない現状では、徹底抗戦のポーズをとる以外にないのでしょう。

ただ、私が思わず呆然としてしまった場面がありました。
安田弁護士は持論を展開しながら、奥さんの死に顔(しかも似ている)と首に食い込んだ手をリアルに描いた絵を記者会見で高々と掲げたのです。
被害者の感情というものに対し、ここまで鈍感にならねば凶悪犯の弁護は務まらないのでしょうか。安田弁護士は「公平な裁判」を主張しているようですが、どう見ても被害者より加害者を上に置いていますね。

今日の弁論で結審するかどうか、現時点では報道されていませんが、事態が進展しているので、あらためて喜八さんの意見をうかがたいところです。

投稿者 みみみ : 2006年04月18日 17:25

浅はかな致死家で犯罪者をのばなしにするばかばっか。

投稿者 ばかばっか : 2006年04月18日 17:27

安田弁護士は「死刑制度反対」という自らの主義主張のため【だけ】に、この裁判の弁護を引き受けたようですよ。

投稿者 有末彼方 : 2006年04月18日 17:46

ヤリたいほーだい殺しほーだい
素敵な未来が待ってるよ

投稿者 m : 2006年04月18日 17:47

弁護士が裁判に欠席、それはどんな弁護でもあってはならないことです。「裁判員制度のリハーサルに参加する為」等の理由で欠席されたそうですが、他の仕事とのダブルブッキングで裁判の本番を欠席するという理由は、常識的に考えて余りにも軽率だと思います。

例えば営業職のサラリーマンがA社・B社の取引をダブルブッキングしてしまえば、それは会社にとって致命的、信用問題になるはずです。
弁護士でも同じではないでしょうか。事前に弁護のスケジュールはきちんとたてられているはずです。

この裁判は特に被告の今後にかかわる、ハッキリ言ってしまえば、死刑によって被告の生命が失われるか否かの大切な局面であるわけです。安田弁護士が死刑廃止という問題に熱心に取り組んでおられる方だけに、余りにも軽率な行動ではなかったのかと思います。
欠席という行動よりも法廷でのきちんとした弁護で示して欲しかったです。

投稿者 ぽんぽこ : 2006年04月18日 17:48

ここで安田を擁護してきた人たちへ言いたい
あんたら、昨日の安田の会見見てもまだ同じこと言うのかね
赤ちゃんをあやそうとして、首に蝶々結びで巻きつけて
誤って死なせてしまったって言ってるぞ
死刑になる可能性が高くなってきたから、急に与太話作り出して

人間のクズだね

投稿者 どいつもこいつもアホばっかり : 2006年04月18日 17:55

死刑なんて言葉じゃ手ぬるい
抹殺がふさわしいよ、福田孝行には

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 17:59

本日(2006/04/18)の上告審での安田弁護士の主張

・騒ぐ弥生さんを黙らせようと口を押さえたつもりの右手が
 たまたま喉にいった。息が絶えるまで絞め続けたが、殺意はなかった。

・性行為も弥生さんが死んだ後に行われたため強姦には当たらない。
 
・赤ん坊については泣き止ますために、首に紐で蝶々結びしようとしただけ。


これは安田氏による被害者遺族への冒涜ではないのか?
弁護を引き受けた経緯といい、彼は自らの身勝手な主張の為に弁護士という肩書を
利用しているだけだなと思った。安田氏に人権など語る資格があるのか?

投稿者 死刑廃止論者の真実の顔を見た。 : 2006年04月18日 18:05

ようするに
元少年「強姦するつもりはなかったけど死姦しちゃいましたw」
こういうわけだろ?

投稿者   : 2006年04月18日 18:17

ばかばっかさん、有末彼方さん、m さん、ぽんぽこさん、どいつもこいつもアホばっかりさん、死刑廃止論者の真実の顔を見た。さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ご意見は今後の参考にさせていただきます。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 18:28

みみみさん、こんにちは。
あくまで「法律の素人」としての個人的意見ですが・・・。
イラストの件は法廷の中だけにしておいたほうがよかったのではないかと思います。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 18:31

一審二審ともに被告側の勝利のはず
上告したのは本村さんの方
それを、裁判のやり直しをだなんて、
安田は本当に法律のプロなのか?

喜八さん、参考にとか言ってないで、
早くあなたの素の意見を言いなさいよ

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 18:36

> どいつもこいつもアホばっかりさん

私の意見はすでに記事とコメント欄で書き尽くしておりますので、これ以上のコメントは差し控えさせていただきます・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 18:42

>安田弁護士の件で、もっとも批判されるべきは裁判長と検察だと思います。

喜八さん、安田の会見見てもまだそう思ってますか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 18:43

安田って、あの弁護士だったのか。。。
確かに冤罪事件で頑張ったり、いわゆる不当逮捕されてるのは
わかるが
今回の1件はひどすぎるんじゃないのか

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 18:48

こんなやつを応援する物好きがいるんだなぁ?
結局同類だな!! 
被告人を諭していた弁護士がいたがそうゆうかけらも
ないこんな弁護士は早く辞めさせろ!!

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 21:41

 「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
 「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」
 「(検察は)被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている」

類は友を呼ぶというか、頭のおかしい人を擁護するのはやっぱり頭のおかしい人なんですね。

頭悪いくせに偉そうに語ってるのが滑稽。家族を痛めつけられないと理解できないんでしょうかね

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 21:46

安田って、思想はともかく もっと筋通す人間かと思ってたけどな
本村さんを馬鹿にしすぎだろ、これは

詐欺かなんかで逮捕された事件、ありゃやっぱり黒だったんじゃねえの?安田

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 21:53

・騒ぐ弥生さんを黙らせようと口を押さえたつもりの右手が
 たまたま喉にいった。息が絶えるまで絞め続けたが、殺意はなかった。
・性行為も弥生さんが死んだ後に行われたため強姦には当たらない。
・赤ん坊については泣き止ますために、首に紐で蝶々結びしようとしただけ。
(引用させていただきました・・・)が,読めば読むほどむかつきますね。

本村さんの敵討ちを国民全員で応援したい。
そして安田さんよ。本村さんを弁護してあげて!
本村さんは「殺意はない,半殺しにしたかっただけだった」「冷静でいられる精神状態でなかった,7年間も」「だから無罪だ」ってね。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 22:01

喜八さん、何か言ったら?
旗色が悪くなるとダンマリですか

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:04

>kaetzchen

キチガイは死ねよ

投稿者 パ : 2006年04月18日 22:08

安田弁護士に新たな動きがあった以上、それについての
新たなコメントもしたほうがいいですよ。


『安田弁護士を応援します』


なんてタイトルつけてる以上は。

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:08

なあ管理人よ。このブログの先頭に書けよ。
        ↓
「私の家族が惨殺され、なぶり殺しにされ、強姦され、
その遺体がどんなひどい状態で発見されても、
また犯人がどれほど私たち遺族を馬鹿にする発言をしても、
私は犯人の死刑には、断固反対します。

その犯人に頼まれれば、彼の更生に喜んで協力します。
犯人の弁護士さんに頼まれても、私は協力を惜しみません。」

~お前がそう宣言できないのなら、 お前の死刑反対論には何ら説得力がないぞ。

さあどうだ?お前はそう宣誓できるか?言ってみろこのクズ!


投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:14

Anonymousさん かなりカチンときちゃったみたいですね。

今日はもうちょっといかりがおさまらないので追記です。

まあこの弁護士の言い方なら精神異常者に殺されたら「そりゃあ仕方がない」みたいないいぶり。変な人は何しても許されるんだね?

私は思います。いやだなぁ
一つ 認知症の人に車でひき殺される
一つ 信仰宗教信者になにかされる
一つ 未成年者になにかされる
一つ 責任能力をはるかに超えて無茶する人(姉は?小島?)

誰が悪いって社会? そんな100%のひとが(日本)社会になじめるとは思えませんが。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 22:19

過激発言は控えましょうよ。
この状況こそが,死刑が必要であるとされる原因ですよね。

でも喜八さんも,今日の結審聞いた上でのあらたな気持ちを書いて欲しいところです。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 22:24

今回の安田氏の行動を見て、それでも貴方は彼を応援し続けるのですか?
このようなタイトルのHPを公表し、被害者家族を侮辱するような書き込みをも
取り上げている以上、新展開があった現在、貴方は改めて今の考えを述べるべき
だと思います。
私の目には、自分の身勝手な主張の為に事実さえ歪め、被害者と家族の
人権を踏みにじる彼に弁護士としての「資質」は無いと思います。
それと以前の「彼は好きで弁護を引き受けたのでは無いのでは?」との
書き込みがありましたが、報道の通りこれは誤りです。
安田氏は自身の考えを本村さんに押し付ける為に、自らの弁護士の立場を
利用して裁判に割り込んできたのです。誤解無き様願います。

投稿者 死刑廃止論者の真実の顔を見た。 : 2006年04月18日 22:29

普通の平和な家庭に押し入って2人の命を奪った挙句、
死体を姦かした時点で死刑以外の選択肢はあり得ない。人間のクズそのものでしょう、こいつは。
この安田とか言う弁護士もクズ中のクズ野郎ですね。
所謂「社会派」とかいう弁護士が如何に一般社会と乖離して害悪な存在であるか再認識させていただきました。
はっきり言ってク○野郎としか思えません。
当然こういう人間を養護できる人については私の理解の範囲を超えてますね。1回自分の文章を読み直してみられては如何ですか?

投稿者 はっきりいって : 2006年04月18日 22:29

なあ管理人よ。どうなんだ?
        ↓
「私の愛してやまない人が惨殺され、なぶり殺しにされ、強姦され、
その遺体がどんなひどい状態で発見されても、
また犯人がどれほど私たち遺族を馬鹿にする発言をしても、
私は犯人の死刑には、断固反対します。

頼まれれば、彼の更生に喜んで協力します。
犯人の弁護士に頼まれれば、私は協力を惜しみません。」

・・君はそう宣言できるかい?
  もしできるなら、君の気持ちはホンモノだ。
  宣言できないのなら、君はニセモノだ。 

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:30

まあ死刑廃止論者からすれば、亡くなった人に人権はないわけで、加害者の人権のほうが大切なんです。

そうですよね、喜八さん。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月18日 22:31

宮崎学のホームページは書き込み方がわけわからん。
この人に意見聞きたいところですが・・・。
(弁護を引き継いだばかりで,確認する時間がないから延長を求めたのに,裁判所が却下,裁判所がおかしいとか書いてた) あと,このひとみたいに今の日本が最低だとか言う人はダメだ。改善させる自信でもあるのか?神様みたいな人だね。世論を暗いほうへ持っていくマイナス思考の最低人間だ。


安田が,犯人は手が滑っただどうだと記者会見で言ってたことについて。こんな言い訳をどのようにして,良いように解釈するんでしょうか。
これも考える時間がなかったか?(笑)

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 22:33

どなたか、安田弁護士の首に
ちょうちょ結びをしてあげてくださいな。

ふふふ。

投稿者 てふてふ : 2006年04月18日 22:39

こら管理人!
「弱者の味方がさげすまれ」だと???

一度 医者に診てもらえ。
無抵抗な奥さんと赤ちゃんが惨殺されたんだぞ。
この凶悪犯こそ強者だろ!!!

弱者は殺された奥さんと子供だろが!しかも奥さんは死んでからも姦されてんだ!
奥さんは2度殺されたんだよ!

死刑にすりゃいいんだよあんな奴。
犯人には自業自得という言葉は存在する。
しかし被害者や遺族には、そんな言葉は存在しねえんだ!

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:40

てふてふさんナイスです。

被告にちょっと紐を引っ張ってもらえば,この裁判地獄から逃げて楽になれますよ,安田様

被告は引っ張らない!それぐらい被告を信頼できるんでしょ?安田様

原告をなだめにわざわざ出向いていった安田様

被告に「死んで詫びたほうがええで」って言いたいんでしょ安田様

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 22:45

忠告

今のうちに、閉鎖したほうがいいんじゃないか?
炎上するぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 22:46

喜八さん答えてくださいよ。

死者には人権はない、だから被害者への誹謗中傷は許されるんですよね。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月18日 22:46

皆さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

投稿者 喜八 : 2006年04月18日 22:56

喜八さん、答えになっていませんよ。

死者に人権はないんですよね。
加害者の人権のほうが大切なんですよね。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月18日 23:00

やっぱり裁判に動きがあると書き込みが荒れてきますね・・・

でも喜八さん 弁護士のあの言い訳にもならない今日の発言には,今更ながら,まいりましたね。
よかったら何か書き込んでくださいね。

では筑紫哲也見て寝ます。しつれいいたします

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月18日 23:00

都合が悪くなるとダンマリ。それも通用しないと、中身の無い言葉でのらりくらり。
応援はしないんですか?皆、安田弁護士の事を『糾弾』してるんですよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 23:04

そして・・・みなさん
弱者の見方、安田弁護士に
甘えて抱きつきましょう。


投稿者 てふてふ : 2006年04月18日 23:04

逃げるな卑怯者!

「私の愛してやまない人が惨殺され、なぶり殺しにされ、強姦され、
その遺体がどんなひどい状態で発見されても、
犯人がどれだけ私たち遺族を馬鹿にする発言をしても、
私は犯人の死刑には、断固反対します。

頼まれれば、彼の更生に喜んで協力します。
犯人の弁護士に頼まれれば、私は協力を惜しみません。」

そう言えないんなら こんなブログ作るなよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 23:04

通りすがりの者です。

荒らすつもりは全くありません。
喜八さんにご見解を伺いたいなと純粋に思いました。

安田氏の会見(蝶々結び云々)の内容、
どのように捉えていらっしゃるのでしょうか?

投稿者 アラン : 2006年04月18日 23:06

死者には人権がないから答える必要はないんです。

そうですよね、喜八さん。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月18日 23:11

どうしたんですか?何でまともに回答しようとしないんです?
今回の安田弁護士の発言に対して、貴方は「記事とコメント欄で
書き尽くして」などいないようですが?

盛大な「安田バッシング」に不審の念を抱いてるんじゃなかったんですか?
今、ここで行なわれてるのは明らかな「安田バッシング」ですよ。
何故安田弁護士を応援しないんですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 23:11

たびたびすみません。

色々と文章を練って、結局上記の書き込みだけしたのですが、
その間に色々な書き込みがあったようですね(苦笑)

ご回答をいただけそうにないのが残念ですが、
また後日訪問させていただきます。

投稿者 アラン : 2006年04月18日 23:14

喜八さん、貴方の今の考えが聞きたいんですが?

投稿者 死刑廃止論者の真実の顔を見た。 : 2006年04月18日 23:16

http://up.nm78.com/data/up070616.jpg
http://up.nm78.com/data/up070768.jpg

>すべての弁護士には「基本的人権を擁護し」なければならない義務があります。
それなのに,上記の画像の発言は被害者やまたその遺族を侮辱する発言ではないかと思います.確か法的には被害者が死亡した場合,その人には人権はありませんが,日本では死者に鞭を打つことは一番やっては行けない最低の人間がすることです.
弁護士に必要なのは法だけの知識だけでないと思います.

弁論の期間が短いというのならば,もっと事前に裁判官だけでなく相手側にも連絡するべきであり,本来の公判の日も裁判員制度のリハーサルなんてせず資料を読みあさるべきではないかと思います.
それに,期間が短いと言っていた割には今回の弁論は内容は延期するほどでもない内容でした.

・強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた
・騒ぐ弥生さんを黙らせようと口を押さえたつもりの右手がたまたま喉にいった 殺意はなかった
・性行為も弥生さんが死んだ後に行われたため強姦には当たらない
・赤ん坊については泣き止ますために首に紐で蝶々結びしようとしただけ
・(検察は)被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている
・よって1審、2審の無期懲役は厳しすぎる減刑すべき

これは本日の内容.これでも応援するならどうぞ.
自分のブログでもまとめることが出来たら,TBさせて貰います.
あと,まともな返答を出来ないようであれば,出来ないと言うべきですよ.それがネチケットだと思います.
安田弁護士が,事前に弁論には時間が足りなかったと言ったのと同様に.

投稿者 ケンケン : 2006年04月18日 23:16

今回の事件の加害者には当てはまらないが(事件について反省した形跡が無いので)
安田弁護士のような手法で弁護された加害者は、その過程で事件への反省すら
無くなってしまいそうな気がします。
仮に死刑を免れた場合、加害者の心に残るのは被害者への恨みと社会への憎悪では
ないでしょうか?
このような手法を使う弁護士の存在を悲しく思います。

投稿者 死刑廃止論者の真実の顔を見た。 : 2006年04月18日 23:24

この手の死刑反対論の人って、へりくだりつつも自分たちを少し上において、無知な大衆を啓蒙しようというニューアンスが伺えるよね。安田弁護士の死刑反対論を「低脳児」と呼んだ発言にもにじみ出ているように。

多分自分達以上に知性と道徳観を持った人間がいたとして、その人が自分達と違う結論を出すというのは心の深い部分では想定していないのではないかと思うよ。表面的にはそんなことないと間違いなく言うと思うけれど。

あとポイントとしては自分が加害者の親だったらどうするという部分だと思う。多分死刑反対論の人は多少事実を曲げてもひたすら擁護しようとする人達が多いんじゃないかな。色々な反対論の人の言い分を聞くとふとこう本音を漏らす瞬間がどの人にもあったように思う。

もし私が加害者の親だったら、きちんと相応の刑を受けさせようとし、自分も償いの為に人生全てを費やすよ。

喜八さんは以前Web上の議論では決して個人の考えは変わらないと書いていたけれど、私は様々な人との意見交換で理解が深まるだけでなく、意見を変えることもあったよ。

しかし予め結論ありきで、どんなに学習しても、その結論を補強する方向でしか知識を身に着けない人もいるのも事実だと思う。そういう人は、自分の一番根っこの部分、つまりはじめに結論ありき的な判断や、本当の他者からの影響を無意識に排除してしまうという自分の本質と向かい合うことから始められた方がいいのではないでしょうか?

どんなにその人が良いことを言っていても、その人がどこか極端な部分を内包していて、他者ときちんと交流できない場合は、信頼はできません。

投稿者 レスお待ちしています : 2006年04月18日 23:28

結局、死刑廃止論者って命の尊さから死刑廃止を訴えてたわけじゃ
なかったんですね。

被害者に対してあまりに不誠実なあの発言を聞いてそう思いました。

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 23:28

死者に人権はないから、安田弁護士の手法は何ら問題ないんです。

喜八さん、そう言いたいんですよね。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月18日 23:32

喜八さん、ひとつだけ教えてください。

私のような法律にうとい一般人から見ると、
オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告の裁判といい、
山口県光市の妻子殺人事件の裁判といい、
安田好弘弁護士の法廷戦術はおよそ高度とは言い難いもの
に見受けられますが、喜八さんは、
>安田氏の職業倫理と弁護技術の高さには定評があります。
とお書きになられています。

本件の場合だけで結構ですので、いったいどのあたりが
弁護技術として高いと思われる部分なのか、具体的に
お示しいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿者 タイピー : 2006年04月18日 23:41


 とにかく管理人よ、無残に殺された何の罪もない2人に、
 土 下 座 し て 謝 れ !
わびて許してもらえバチあたりが!!

投稿者 Anonymous : 2006年04月18日 23:52

喜八さん、あんた信念もって安田を応援してたんじゃないの?
これくらいの批判でダンマリですか

実際には、少しまずいと思ってるんでしょ?
あまりに安田がおかしな発言するんで

投稿者 たか : 2006年04月19日 00:10

雑人鬼の犯罪を真っ白に漂白してしまおうと

しているのが、世界最悪のこの安田弁護士。

正に、リアルキチガイ。

悲惨な人生の終わり方をすると思う。

投稿者 安田弁護士は糞虫以下 : 2006年04月19日 00:22

雑人鬼の犯罪を真っ白に漂白してしまおうと

しているのが、世界最悪のこの安田弁護士。

正に、リアルキチガイ。

悲惨な人生の終わり方をすると思う。

投稿者 安田弁護士は糞虫以下 : 2006年04月19日 00:22

喜八さん
あなた、もっと大人になって下さいよ。
確かに弁護人は被告の刑を軽くするのが仕事ですけど、バランスってのがあるのですよ。
もっと冷静になれば、加害者や安田弁護士がおかしいということがわかるでしょう。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 00:24

喜八氏、並びにその支持者。まずは精神病院に行った方がイイよ。この程度の事件に国家権力の陰謀を持ち込む妄言、妄想ぶりは滑稽以外の何ものでもない。

投稿者 真師親 : 2006年04月19日 00:25

人権の名の下に凶悪犯の保護、被害者への中傷、蝶々結びなどの放言、果ては戦争まで起こされるこの世の中じゃ

投稿者 人権(´・ω・) カワイソス : 2006年04月19日 00:28

都合の悪いコメントは一切無視w
同じキチガイ妄想を持つ仲間には真剣に答える。

生きてて恥ずかしくありませんか?いい年してこんなガキみたいなやり方

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 00:28

感情的な荒らしはやめましょう、ってか、皆さん比較的冷静ですな。
このブログに出入りしていた「安田ファン」の皆様に心から聞きたい。昨日、安田弁護士の言ったこと、どう思いますか。
管理人さんだけでないです。1か月前まで沢山居たじゃないですか。

投稿者 のほほ : 2006年04月19日 00:30

安田シンパの人たちはほかに用事があって来られないのですよ。

これは逃げたのではありません。強いて言えば戦略です。

喜八さん、違いますか?

投稿者 シャンシャン : 2006年04月19日 00:55

安田シンパの人たちはほかに用事があって来られないのですよ。

これは逃げたのではありません。強いて言えば戦略です。

喜八さん、違いますか?

投稿者 シャンシャン : 2006年04月19日 00:56

信者だけに使う手も同じなんですよね

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 00:59

死刑は廃止。その代わり「首に紐で蝶々結びしたら殺すつもりじゃ
なかったのに死んじゃった刑」が採用されます。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 01:02

昨日の安田のコメント聞いて、それでもまだ安田を応援するというのならさすがに神経を疑うがいかがなものか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 01:09

テミスが泣いてるぜ?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 01:18

テミスが泣いてるぜ?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 01:19

今回の安田弁護士の会見を見て
加害者の弁護は当然だと思いますが、もう弁護の範疇を
逸脱してるのではないでしょうか?
口を押さえてる絵も、言わばレイプシーンの再現です。
それも自己正当化の為に、
主張も、もはや聞くに堪えないものでした。
これでは弁護ではなく、ただ被害者を辱めているだけです。
自分の主張の為、法、公を著しく軽んずる行為ではないでしょうか?
私は、今まで死刑廃止論にもずっと耳を傾けていましたが、
今日は吐き気すら起しました・・
もうあらゆる死刑反対派の意見に耳を傾ける事は無いでしょう。失望しました。人間の心を失した物に法を預けるほど
国民は馬鹿ではありません。

投稿者 ずどん : 2006年04月19日 01:20

こんばんは、通りすがりですが一言書かせてください。

まず、個人的な意見としては死刑賛成です。死刑不可であれば、
懲役数百年とか(実質終身刑、もちろん恩赦無し)。

今日(もう昨日かな)の安田弁護士の会見には愕然としました。
事故とかでもないのにどうしたら人の命を二人別々に奪うことが
できるんでしょうかね。
1000歩譲って、「黙らせるつもりが…」ということだとしても、
非力といえど成人の人間を死に至るまでに手をかけておいて、
そこに殺人の意図があろうがなかろうが反論の余地なしかと。

お恥ずかしい話ですが、今回初めて安田弁護士のことを知りました。
それを踏まえて言いますが、正直言ってまともな思考の持ち主とは
思えません。
会見を見たときの印象は「何言ってんの?コイツ正気か?」でした。
安田弁護士には今回の会見での発言(過失致死)は、いち人間として
純粋にそう思ってるのか、仕事として弁護しなくてはいけないからか、
単純に「死刑はあるべきではない」という自分の信念からなのかを
是非聞きたいもんです。おそらく後者だと思いますが…

投稿者 4番のブリ : 2006年04月19日 01:24

タダの卑怯者なんですね

投稿者 アナタは : 2006年04月19日 01:25

宵越し、はじめまして。
抑止力としての『生存権剥奪』規定には主観として賛成します。更に厳格化し、その裁定運用を増やすべし。暴力団の存在を本気で解消しようとしない日本社会に強烈な法治の姿勢を印象させる重要な方法論でもあります。解釈と判例を参考にして、受刑の軽微を嘲笑し巧妙化する犯罪起草と顕現化。成人未成年別に内在する計算的故意確信の心模様。遠因に共通するのは人の欲望であり、怨嫉であり、苛虐の心象である。動機が義挙的側面のあるものは少ない。つまり一律均等な人権感覚を定着させる風潮にはその根拠の印象薄弱にして到底賛成しかねる。江戸時代は犯罪を犯すことが余りに合わないほどの厳しい刑罰があったため、今より凶悪犯罪は少なかったと聞く。確かにその前提を周知徹底させるならば、今以上には確実な抑止効果として期待出来る。盗犯も引き合わない断罪ならば躊躇は生まれ、決断を遠退かせる心理が働く。行為の結果に泣く者には必然受容事と強いれば良いのだから。刑罰の執行内容に公開制がない秘密裏の性質にも問題がありそうだ。死刑はもっと残虐見せしめの形式にしたと仮定したなら日本人性質における効果はどうかと考えるからである。
出所審理院も創設を。陪審合議の中で結審し、出獄をさせる二重制度も必要だ。凶悪犯罪を繰り返す可能性を前提既決することはなんら公益に反しないものであるし、軽微の罪を犯しやすい全ての人間に対して軽重一線感覚を浸透させることに寄与するだろう。他者殺傷=生存権剥奪の図式を国家理念として確定して欲しい。弁護士は冤罪の可能性を徹底して疑い、事実不動の作為認定の者には加害者動機に由来した状況経過の必然的尊厳の所在を明らかにするだけで良い。道義的信念や自衛が実行に至らしめる事は部分としてないわけではなし、争点は殺意の認定よりも行為の由来動機と悪辣不埒か残虐非道かどうかではなかろうか。被害者がその悪徳不埒のゆえにその前途を強制的に閉じられる経緯を経たのには、自らに因を求められるべき側面を確かに有する場合があり、その場合の遺族感情は善良な一市民と般に判じられる遭難被害とは別格に断じて説得し誘導啓蒙をして封じなければならない。そうしたケアを第一としながら、同時に義挙の要素認定の加害者家族への怨念の継続による二次被害を断ち切るための人権擁護に神経を傾注した方が実に資するし適宜かと。
犯罪の脅威を絶滅したい人にとっての客観性に疎んずべくもなしと信じております。

投稿者 鬼哭志士 : 2006年04月19日 01:26

今まで死刑廃止すべきかどうかあまり深く考えていなかったのですが、
今回の件ではっきり

「死刑制度は存続が望ましい」

と強く思うようになりました。
小難しい議論は不要。キチガイは更生できない。
よって国家権力で殺してしまって良い。周りの無関心層も一気に
死刑賛成派が急増しました。

投稿者 anti安田 : 2006年04月19日 01:41

今回の安田弁護士の発言には首を傾げるしかありません
一審二審で被告側は控訴してない
にもかかわらず、今更原審しろとは?


こんな弁護士が死刑廃止を訴えるから
全てがうさん臭く感じられる


そこまで死刑廃止を訴えたいのなら
ずさんなや証拠や法を元に公開処刑が行われている中国や北朝鮮に行って
死刑廃止を訴えたら如何でしょうか?

投稿者 orz : 2006年04月19日 01:43

投稿を全て読ませてもらいました。
喜八さん、あなたの穏やかな言葉の裡には、人間性のかけらも感じられませんでした。
このような鬼畜はさっさと死刑にしてしまえ。
今日の安田弁護士の会見を見てなおさら、そう思いました。

投稿者 さら : 2006年04月19日 01:44

今日から私も死刑賛成に回りました。
反日弁護士は日本に要りません。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 01:47

>日本のマスメディアでは「弱者の味方」がさげすまれ
真の弱者は殺された母子です。

みんなで安田弁護士に「甘え」に行こう

投稿者 れ : 2006年04月19日 01:50

頭の悪い狂信者はすぐ陰謀説を打ち立てる。
何かに毒された若造ならともかくいい大人がこれじゃな。

何をして年を重ねてきたんでしょうね

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:00

けっ!
人権派の法律屋ってこんなもんかね?
法律の素人の被害者の旦那をテレビでさらし者にして、
法学部の教授だの、法廷ゴロの似非人権派のキチガイどもに
法律用語駆使して攻撃させて、何が弱者の味方だ、笑わせるな。
所詮、自分たちに被害が及べば幾多でも前言ひっくり返す、
屑どもじゃねーか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:04

私は遠藤周作の影響を受けて、一時期死刑廃止論に傾いたことがあります。
しかし、一連のオウム事件で目が覚めました。

世の中には、命を持ってしか償えないものがあるということを。

そして、光市の事件でその考えはいっそう強固になりました。

私は司法を信じたい。犯人に鉄槌の下らんことを。

喜八さん、お休みですか。
私ももう寝ます。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月19日 02:05

けっ!
人権派の法律屋ってこんなもんかね?
法律の素人の被害者の旦那をテレビでさらし者にして、
法学部の教授だの、法廷ゴロの似非人権派のキチガイどもに
法律用語駆使して攻撃させて、何が弱者の味方だ、笑わせるな。
所詮、自分たちに被害が及べば幾多でも前言ひっくり返す、
屑どもじゃねーか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:05

死刑廃止ありきではなくて、「更生できることの証明」がまずあるべき。
安田は死刑でOK

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:08

みみみ様

>一方の安田弁護士はどうでしょうか。

私はテレビニュースで見たのですが、「前回の欠席について、安田弁護士は遺族に謝罪した」と紹介していました。
私が「反省」と指摘したのはその点です。というか、これまでは安田弁護士の弁護方針は示されていなかったので、「欠席」が議題でしたからね。

で、表明された安田弁護士の弁論については、私が見たニュースではどれも詳しく述べていませんでした。
しかし、みみみさんの紹介文を読む限りでは苦しい弁論のようですね。
やはり、安田弁護士ってそれほど優秀ではないのでしょうね。

管理人様

昨日、「見やすい」と誉めさせていただいたのですが、本日はどういうわけか書き込みラッシュで、一転して見づらくなっています(^^;。
管理人には編集権および編集責任がありますので、「荒らし」と見られる書き込みはさっさと削除された方がよいですよ。

投稿者 TANYOON : 2006年04月19日 02:15

頑張れば頑張るほど世論が死刑賛成に傾くという稀代の活動家だな

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:19

安田弁護士を応援します なんてタイトルで
事件を知っている殆どの人間を不快にさせておいて
自分の意見に賛同する人間には喜んでレスしてたくせに
批判が集まったらだんまり決め込んでトンズラって・・・

朝になったらきっちりコメントしてくれるんですよね?

まさか「レス読みました、今後の参考にさせてもらいます」
なんてコメントで逃げたりしないですよね?

安田という弁護士が、本当に応援するに値するような人間か
よく考えてみたらいかがですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:20

>>TANYOON

>>本日はどういうわけか書き込みラッシュで、

どういうわけか、って本当にわからないのか?

>>「荒らし」と見られる書き込みはさっさと削除された方がよいですよ。

「管理人の意見に賛同しない書き込みは削除」に言い直したらどうか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 02:26

また2チャンネルのネット右翼があの右傾化掲示板にこのサイトを紹介したのか。
日本の司法制度では、どんな犯罪の被告でも弁護される権利を持ち、また弁護人は依頼者の味方として最後まで守り抜く義務がある。
今回、確かに被告の元少年は、世間では絶対に許されない罪を犯したのかもしれない。だが、彼も弁護される権利を持ち、安田先生も、元少年を守り抜く義務がある。その中で安田先生が出来うる限り元少年の為に戦うのは当然のことであり、何ら非難されるべきことでは無い。

ところが、この2チャンネルユーザーという者共は、非理性的な感情に走り、安田先生への誹謗・中傷を繰り返し、あまつさえ弁護士という、司法にとって必要不可欠な存在そのものを攻撃して安っぽい正義に浸っている。
仮にここに書き込んでいる2チャンネルユーザーが望むように、弁護士という存在がなくなった司法・社会というものが、果たしてどのようなものになるのか、彼らには想像できないのだろうか。

裁判は本来公正であらねばならない。
しかし、その裁判においても、ハンディキャップを持つ方々、かつての同和地区出身者、在日外国人、そして、政府の方針へ異議を申し立てる人達は、常に弱者に成りがちという事実がある。
そのような人達の為に、安田先生の様な方は居られるのだ。
このような人権派の方々を攻撃する者共は、その弁護士の後ろに居る数多の弱者の事が分かっているのか。

昨今、この国は改革の美名のもとに強気を助け、弱気を挫く政策が採られている。国内では、ヒルズ族などという自民党政権下での勝ち組親衛隊をつくる一方で、お年寄り、しょう害者への福祉の切捨て、経済弱者への増税を強いて、外交では強国アメリカへの盲従を続けてアメリカ軍によるイラク占領へ協力する一方で、近隣諸国への不穏当な挑発外交で世界の怒りと失笑を買っている。内においても外においても、長いものには巻かれろ、弱いものは死んでしまえ、という卑しい風潮がまかり通っている。

このままでは、この国は弱肉強食・虚業資本主義・排他主義の横行する地獄と化し、アジアの中で沈没していくことになるかもしれない。

投稿者 この荒らしは2チャンネルユーザーの仕業だろう : 2006年04月19日 04:23

>依頼者の味方として最後まで守り抜く義務がある。
その通りです。
しかし不当に被害者を辱めたり、貶めたりする事は
認められていません。
>かつての同和地区出身者、在日外国人、そして~
弱者とは特定の団体、人種、カテゴリーに属する物を言うものではありません。
広く社会的に弱い立場に追い込まれた人間を指す言葉です。
ましてやたまたま弱者の弁護を続けて来た安田弁護士だけに
当てはまる物ではありません。
もっと言えば、この法廷でもっとも救わなければいけない
弱者とは、不当に家族を失った被害者家族です。
それを、そもそも殺意が無かった、レイプする意志が無かった
都合の悪い部分は目をつぶり、公共の電波でレイプ時の絵を
流すセカンドレイプに等しい無法さ。
これが弱者の味方を標榜する人間の手法なのでしょうか?
私には無法者、狼藉物の類にしか見えません。

投稿者 ずどん : 2006年04月19日 04:57

加害者の会のブログはここですかwww

投稿者 もういみふwww : 2006年04月19日 05:07

>この荒らしは2チャンネルユーザーの仕業だろう

あなたのレスの内容は非常に稚拙だ。
論理の飛躍が甚だしい。
弁護士が被疑者を弁護するのは当たり前である。
それを否定するものではない。
しかし安田氏の場合、やり方が問題なのだ。
今回の欠席にそれが顕著に現れている。
レイプ時の絵の件も人間性に疑問を抱かざるを得ない行動である。これでは批判を受けたとしても仕方がない。

投稿者 h : 2006年04月19日 05:29

弁護活動を特権化し自らの思想信条を押し付け
被害者を蹂躙するやり方は
彼等の主張する、国家による殺人行為による死刑
となんら変わらない。
死刑制度の是非を超え、先ず最初に被害者有りと言う
絶対真理を忘れ、加害者の権利の前に被害者を屈服させると
言う本末転倒とも思える権利保護のやり方の先に何があるのだろう?
狂信的とも思える善意と偽善の押し付けの上に立たつ弁護
活動で、もし私が弁護される立場になった時
果たして両者とも救われるのだろうか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 06:27

>また2チャンネルのネット右翼があの右傾化掲示板にこのサイトを紹介したのか。

2ちゃんねるで自分の主張が論破されたからって八つ当たりですか?
自称人権派というのは実は一番の差別論者ではないかと思ってしまうな。
「被害者、そんな奴のことシラネーよ」これが人権派の本音。

投稿者 クロ番長 : 2006年04月19日 08:42

人権派は基本的に、動いてる、言葉を話す
つまり、生きてる人間をさすんでしょ。

死者は、動かないし喋らないし、去ったものより
今生きているものを優先するんだよね。
ほんと、奇麗事を言う奴は、ニセモノしか居ないよな

投稿者 yyy : 2006年04月19日 08:58

おはようございます。

奥さんを殺害、陵辱されたうえ
赤ちゃんをたたきつけ首を絞め殺されています。
それでも貴方なら 許せるのですね。
ここの投稿でどなたかが書いていらっしゃいましたが、
この弁護士さんを応援されるのであれば
本村さんと同じ目にあっても
『私は死刑に反対です。犯人の更生を望みます』と
題名の後ろに付け足しされるべきではないでしょうか。

投稿者 散り桜 : 2006年04月19日 09:21

おはようございます。

奥さんを殺害、陵辱されたうえ
赤ちゃんをたたきつけ首を絞め殺されています。
それでも貴方なら 許せるのですね。
ここの投稿でどなたかが書いていらっしゃいましたが、
この弁護士さんを応援されるのであれば
本村さんと同じ目にあっても
『私は死刑に反対です。犯人の更生を望みます』と
題名の後ろに付け足しされるべきではないでしょうか。

投稿者 散り桜 : 2006年04月19日 09:21

昨日書き込みさせて頂いた時はまだニュースを見る前だったので、やんわりと書いただけでしたが、今日はかなり憤慨しています。

殺人という罪を犯した時点で、被告は自ら死刑で死ぬ覚悟・人権を失う覚悟が必要でしょう。被害者の生きる権利を奪ったのだから、加害者の権利も何らかの形で平等に奪われるべきです。
被害者・遺族の人権は無視して殺人犯の人権は守る、こんな弁護士は必要ないと思います。衝動的であれ、計画的であれ、実行してしまった殺人をあのような稚拙な言い訳で否定するとは・・・論外です。

これから先も普通に生活していたはずの親子の一生を奪っておいて、今更、口を押さえていたが誤って首を絞めてしまった? 蝶々結びしたけど首も絞めちゃった?
どれだけ誤れば殺害できるほど絞められるんでしょうか。殺意がないのに人の首を絞め、死に至らしめるとは・・・しかも偶然の殺人の後に死体損壊? 尋常な精神状態ではありませんね。

しかもそれをイラストで再現して説明するんですか?
法廷で、記者会見で、よくもこんなに被害者側の人権を無視した主張ができたものだと、被告や弁護士の人格を疑いました。これでも立派な弁護士?有り得ない。本当に有り得ない。

死刑廃止には賛成しますが・・・この弁護は完全否定します。

管理人様、自分の主張に同調しない書き込みには何もコメントされない態度、改めた方が良いと思います。安田弁護士を真に応援しているなら、この弁護手法を擁護できるなら、何かコメントをお願いします。

投稿者 ぽんぽこ : 2006年04月19日 09:59

日本弁護士会 無能 安田 で検索してたどり着きました

感情論で申し訳ないのですが
甘えたくて他人の家に勝手に押しかける人なんて厭です
正直なところ気持ち悪いと感じます
それを弁護している人も
弁護士としてはある意味有能なのかもしれないけど
今後押し込み強盗は全て「甘えたかった」と言うのかも

投稿者 よくわからないけど : 2006年04月19日 10:16

無期懲役の1審判決後、少年は友人への手紙で「被害者さんのことですやろ? 知ってま。
 ありゃ、調子づいてるとボクもね、思うとりました」、「犬がある日、かわいい犬と出会った。
 そのまま『やっちゃった』。これは罪でしょうか」とつづっていた。


これって国家権力のでっち上げですかね?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 11:16

都合の悪い意見を「荒らし」「2chのウヨ」扱いにしてまともに反論できない用語派に失笑。
だんまり決め込んでる管理人の方がまだマシなんで馬鹿は黙ってた方がいいですよ

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 11:17

もう記事ごと削除して逃亡した方がいいと思いますよ
どうせ考えなしに陰謀説妄想してただけのようだし

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 11:23

ま、死刑やろ。
日本中のまともな人間がみんな納得することになるやろ。
それでOKやろ。

投稿者 よっちゃん : 2006年04月19日 11:24

弁護士が被告の権利を守るのは判らないでもないが、やり方が汚いな!
被害者の気持ちを無視したやり方だよ、仮に自分の家族を殺されてもそいつの無罪を言えるのかね?
殺意なんてあろうがなかろうが、あの残忍さだけで死刑確定だよ!

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 11:38

「おそらくは強い使命感に突き動かされて」って管理人の主観炸裂だなw
安田さんがいかにいい人であっても欠席しちゃだめよ。
だから叩かれてるだけ。想像だけでもの言っちゃだめよ喜八サン

投稿者 通りすがりの姐さん : 2006年04月19日 11:50

聞きたいんですが
被害者を殺した後にレイプしたことについてはどう思われますか?
生後11ヶ月の子供を落とした上、首を絞めて殺したことについてはどう思いますか?

あなたは自分の妻子が同じ目に遭って、加害者側の弁護士から
口を塞いだら手が滑って首に手がいって殺してしまった。
首にちょうちょ結びをしようと思ったら力加減がわからなくて殺してしまったと言われたらどういう気持ちになりますか?

この発言が事実だと思いますか?
是非とも回答を頂きたいです。

投稿者 死刑にするべき : 2006年04月19日 11:51

安田弁護士の言動は売名行為の類にしか思えない。
他人をどれだけ踏みにじっても自分の罪だけは軽くしたい人々からは
今後も弁護依頼が続くだろう。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 12:04

私も感情的には「死刑」です。それが法的に判決としてどうかは別として。
ただ弁護士として捏造は恥ずべきことです。あいまいな表現や被告人にとって有利なものの見方はよく用いられますが、「ちょうちょう結び」は捏造以外の何物でもないでしょう。噴飯ものです。
死刑廃止の立場から弁護するのであればまだ理解できますが、目的のためには手段を選ばないのであれば、どこかの拉致をしたり偽札をつくる国家と同じ行為で、弁護士として人間として恥ずべき唾棄すべき行為です。

投稿者 法曹界の恥 : 2006年04月19日 12:11

あの(∵)は呪われてるな安田。
( ; ゚Д゚)か安田??

もうやめろ!

投稿者 あほな安田 : 2006年04月19日 12:13

弁護にも限度があるし、今回の焦点は殺意うんぬんより、刑の軽重であったはず。言うのも勝手なら、批難されるのも勝手かと。べつに、なにをしようが弁護士資格を剥奪されるわけでもないし。

自分は仮に犯罪を起こしても、安田に弁護してもらいたいとも思わないし、冤罪や減刑を望むなら、あんな手紙も出さない。
だから遠慮なーく批判させてもらう。

ま、半島や共産圏スパイとか、シリアルキラー、強姦暴行好きな人には、ありがたい弁護人でしょうけどね。

投稿者 必殺ファン : 2006年04月19日 12:36

安田応援するって連中はさ、ネットだけじゃなくて現実社会でも周囲に同じことが言えるのか?
死刑反対とか賛成とかの主義を抜きにしても安田の発言は許されないだろ。
何が「人権派」だ!
被害者の人権を踏みにじっておいて正義を気取ってんじゃねーよクズが。
守られるべき「弱者」はどう考えても被害者とその家族だろうが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 12:37

いい年して反体制気取って格好いいつもりなのかねw

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 12:39

kaetzchenさん
被害者が被害妄想?あなたは同じ被害にあって、こんな事言われたらどう思います。
通常の神経ではないようです。
言ってることも判りますが、やはり気持ちでは理解できません。
被害者の立場がわからないのでしょう、こんな人が弁護士や検事になったら、日本も終わりでしょう。
死刑反対はかまいませんが、それに変わるまたは二度とこの様な犯罪が起きないような手立てが出来ないうちは、死刑を無くすことは出来ません。
自分の家族でも殺されない限り判らないのが弁護士のようです。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 12:50

前にも言いましたが、私は「被害者の身になれ」という単純な感情論には与しません。
しかし、今回の安田弁護士の行動を踏まえたあなたの意見をうかがいたいという気持ちはあります。
「議論」をせよとは言いません。せめてブロガーとして「主張」をしてほしいのです。
無内容な罵倒を除いても、まずはあなたの見解を聞きたいという冷静なコメントが少なからず来ています。
私もその一人です。
あなたが安田弁護士に心酔しておられることはよくわかりました。では、その手法についてはどうなのか? とにもかくにも安田氏のやることだから、と無条件で賛同するのか? ならば、今回の弁論内容はどう正当化されうるのか? 
そういった疑問に、あなた自身の「主張」をもって答えてほしいのです。
ブロガーとして特定の問題を取り上げた以上、その問題に動きがあった時はフォローアップする必要がありますよ。
繰り返しますが、「議論」をしろとは言いません。
今回の弁論について、あなたの思うところを「主張」してください。

投稿者 みみみ : 2006年04月19日 13:26

>司法関係者やマスメディアが盛大に「安田弁護士バッシング」を行なって
>いるのには不審の念を抱かざるをえません。そもそも弁護士は被告人の
>弁護を行なうのが使命です。
あほか。弁護していることをバッシングしているのではなくて、
死刑廃止運動の一環として裁判を利用している。
その死刑廃止という目的のために、捏造したり、子供より程度の低い
詭弁を弄して弁護活動していることにみんな憤慨しているんだ。

人権派っていうのは殺された人のことなんかどうでもいいという
行動をとって、真の弱者を守ろうとしていないだろ。

もう一度言う。真の弱者は「殺された被害者」だ。

投稿者 キチガイ喜八 : 2006年04月19日 13:57

http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up9080.jpg

おいおい…勝手に被害者に刃物持たせちゃってるぞ…。
「刃物で抵抗してきたので首を」とかに捏造したいわけだな?

投稿者 人権弁護派 : 2006年04月19日 15:01

私はある条件に限って死刑を廃止していいと思います。
それは、死刑廃止論者が責任を持って死刑に相当する犯罪を
犯した人間を保護するという条件に限って、です。

勿論、財政上の支援は国が行いましょう。
しかしながら、仮に再犯ということになりましたら
その保護していた人間を含めて終身刑になるということで
死刑廃止とのバランスが取れるかと思われます。

そんなこと出来ない?
だったら、殺しておいた方が楽でしょw

投稿者 つーか : 2006年04月19日 15:27

最初、記事の内容と馴れ合いじみたコメント読んでて吐き気がしたが、だんだん血の通った人間が出てきて安心した。
人が殺されてんだよ。
これを『問題』だの『議論』だの、そういう言葉の上でふんぞり返って、お前らそれでも人間かと。
身内を殺されてないからそんな口が叩けるんだろうとは思うが、ここまで考える力がないものかと。

投稿者 ぽぽ : 2006年04月19日 15:40

安田弁護士はただただ死刑廃止のためなら何をしても良いという確信犯ですね。オウム裁判といい犯行の経緯なぜ防止できなかったかについては追求せず国家権力の失敗を共有している屑ですね。松本サリン事件でも公安調査庁はオウムの犯行と気づいていてアホの長野県警が被疑者としてK氏を拘束しているのにはダンマリ、神奈川犬刑の不手際、国家ぐるみのオウム隠しには追求せず同胞の犯人を庇っているだけです。
地下鉄サリン事件が防止できなかった事を追求をせずに死刑反対だけですね。キチガイ変質者が徘徊するのを見てみぬフリで事件が起きたら飯の種にしていますね。人権派なら変質者の拘束周知徹底が重要であることを主張してもらいたいものです。

投稿者 tatu99 : 2006年04月19日 15:54

まぁ今回の出来事で、最も説得力があったのは、被害者夫の
「真実がどこにあるかを知っているのは、犯人と被害者だけだ」
「殺意が芽生えたのがいつかなど、神様でもわからない」
ですね。

弁護士さんの主張も、仮説であり推測であり、可能性のひとつに過ぎません。しかし被害者が死んでいる、手にかけたのは犯人であることは、真実のようです。

犯人は事実関係を認めていた。そして無期懲役という判決に納得していた。死刑になる恐れが発生したら、殺意は無かったといい始めた。

もちろん弁護人は全ての可能性を考慮して弁護活動をなさるべきですが、それでも許容されない範囲がある。
可能性を「弁護士が作り上げる場合」です。そのようなことを行っている印象が非常に強い。死刑を実行させないことは何にも増して価値が高いと考えれば、手段選ばない・・・これは非常に理性的ですが、目的がそれであるなら、弁護を引き受けるところから、倫理に反しています。

投稿者 toiuka : 2006年04月19日 16:02

きっと、みなさん自分が被害者の遺族になったことがないから死刑廃止なんてことが言えるのかも。自分の欲望のために人の命を奪った人間は命でさえも償えないと思います。それに加えてその人間に生きて償ってもらおうなんて気持ちには毛頭なれません。
奪われたものは二度と戻らないのに、どうして奪ったものにチャンスが与えられなければならないのでしょうか。どうして守られる必要があるのでしょうか。生きていくならば人の命を自分の欲望のために奪ったというレッテルをを背負って生きればいい。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 16:21

人権派?弱者の味方?笑わせんな!
被害者やその家族を辱め、事実を歪曲することが弁護か?
違うだろ?

喜八さん
貴方は今回の安田弁護士の主張をどのように感じてらっしゃいますか?
安田弁護士は「基本的人権を擁護」し、「社会正義を実現」してますか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 16:28

冤罪の可能性、事故の可能性があるなら分かるんですけどね
赤ん坊を殺してる事、強姦(死姦)をしてる点でこの件に偶発性は有り得ない。
この弁護士は麻原も弁護してますしね。麻原にも明確な殺意はありますし。
そういう人間を恥も無く、正当な主張でなく時間稼ぎ等で裁判を冒涜して価値を狙う人間を擁護する気持ちが分からないです。

反体制気取りのガキでもない大の大人が。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 16:29

どんな犯罪者にも弁護人がつき、弁護しなければならないのは、わかります。弁護士の方の中には、誰もが嫌がる仕事を引き受け、非難される安田氏に同情的な意見を述べている人もいました。しかし、犯行の事実、犯行の経過については1審、2審で認めている被告人に対する弁護として、殺意の有無にまで戻って弁護する必要があるのでしょうか。更正の余地があるという論点ならまだしも、声を上げられたから口を塞ごうとして誤って殺したから過失致死なんて。それでは、弥生さんが悪いといっているのと同じじゃないですか。赤ちゃんが泣くから床に落とし、其れでも泣くから首を絞めてしまったら死んでしまった・・・。殺意って何ですか。二人の人間が殺された事実のほうが重いのではないですか。二人の人権、遺族の人権についてはどう説明されるのですか。弁論への当日の無断欠席への非難は当然でしょう。なんか被害者も、被告人さえも無視した法廷ゲームを勝ちにいこうとしている、弁護人さんたちに見えてしょうがない。本村さんが自分の手で犯人を、と思わなくてすむような判決が出ることをひたすら願っています。

投稿者 一般市民 : 2006年04月19日 16:32

少し勘違いされているようなので、ひとつだけ。


有罪率が99%を超える、のを不思議に思ってらっしゃるようですが、
そもそも検察は100%有罪、という場合にしか立件しないでしょう。

有罪の可能性があるかもわからないが、証拠不十分な場合は立件しない、
というのが通例です。

つまり、犯罪を犯した事実はあるのに、立件されていない事件が多々ある
という事。
疑わしきは罰せず、という事ですよ。

もちろん、無理に立件したものがない、といってるわけではありません。
間違った立件がなかったというわけでもありません。
しかし、他方犯罪を犯したものをまったくの無罪放免で世に放っている
可能性も高いという事も言えるはずです。

しかし、有罪率は立件され、裁判がなされなければ結果が出ません。
立件率がいかほどか、という事をもう一度よくお調べ下さい。

投稿者 通りすがりです。 : 2006年04月19日 16:35

今朝もう1人の弁護士、足立さんがテレビ出演している番組を見て弁護士会に苦情を言いたくて検索中このサイトを見つけましたが読んでいて悲しくて泣きました。
私は今、妊娠3ヶ月です。この1ヶ月半の間に3回流産しかけて今もお腹の中で赤ちゃんが元気でいてくれるかわかりません。母親は10ヶ月の間、無事に赤ちゃんが生まれて来てくれるか不安と戦いながら出産を迎えるんです。生まれてきた我が子が母親にとってどれだけ愛しいか、あなたにわかりますか?愛しい愛しい我が子を欲望の為に、たった11ヶ月で殺されてしまったお母さんの無念さが喜八さん、あなたはわかってこのブログを書かれたんですか?
喜八さんに同調された方々にも問いたいです。
大切な妻と子供を殺され7年も戦ってこられたご主人を批判し弁護士を名乗る資格もない安田を応援するあなた方がもしある日突然、家族全員を不当な理由で殺されても同じように正論者ぶって死刑反対とのんきな事を言っていられますか?
この犯人が刑務所から出てきて、あなたの家族を殺しても同じように言えますか?
死刑がすべて正しい訳では決してないけれど刑を執行しなければいけない事もあると思います。
もし私の主人と子供が理不尽な理由で殺されたら私は7年も待たずに犯人を殺しに行くでしょう。
本村さんは司法の場という正当な方法で長い年月戦って来られました。本当はどんなに自分の手で仇を討ちたいか・・・
長く苦しい毎日だと思います。
ブログを書くのなら、他人事ではなく、もっと加害者とその家族の気持ちを考えてから意見を言ってください。そして始めたのなら批判が高まったからといって逃げずに1人1人にコメントをその都度書くべきです。それが出来ないのなら、こんな理論者ぶったサイトは閉鎖すべきです。

投稿者 もうすぐお母さん : 2006年04月19日 18:06

「もうすぐお母さん」さんへ
プレッシャーになるかもしれませんが、生まれてくれればいいですね。お祈りしています。

私は未婚ですが、今年結婚する予定です。もし彼女が同じような目に会ったら本村さんと同じく極刑以外求めないでしょうね。私の彼女は子供を生めない体かもしれないと怯えていて、だから結婚してくれなくてもいいと言うようなやさしい子ですから。私はそれでも全く構わないんですけどね。

喜八さんは感情論というものを軽んじていると思うことがあります。朝日新聞のCMでも「言葉は感情的で」と蔑まれた感じで表現されているように。

でも感情にはとても神聖な一面があって、今回の本村さんの言動にあらためて思い知らされた人も多いと思います。

喜八さんに「抽象という病」という言葉を贈らせて頂きます。ソ連時代の多くの人を虐殺した独裁者も人権派の弁護士でした。彼の人生でもきっとどこかで誤った道への分岐点があったのではないかと思います。

死刑反対と主張する権利は尊重します。
ただ喜八さんの他人と議論をしても自分を変えられないというある意味傲慢な思い込みについて、これは誤った道への第一歩ではないかと一度疑われてみてはいかがでしょうか。その結果の死刑反対であればそれは賛同はできなくても尊重は致します。

投稿者 もうすぐ夫 : 2006年04月19日 18:39

「もうすぐお母さん」さんへ
プレッシャーになるかもしれませんが、生まれてくれればいいですね。お祈りしています。

私は未婚ですが、今年結婚する予定です。もし彼女が同じような目に会ったら本村さんと同じく極刑以外求めないでしょうね。私の彼女は子供を生めない体かもしれないと怯えていて、だから結婚してくれなくてもいいと言うようなやさしい子ですから。私はそれでも全く構わないんですけどね。

喜八さんは感情論というものを軽んじていると思うことがあります。朝日新聞のCMでも「言葉は感情的で」と蔑まれた感じで表現されているように。

でも感情にはとても神聖な一面があって、今回の本村さんの言動にあらためて思い知らされた人も多いと思います。

喜八さんに「抽象という病」という言葉を贈らせて頂きます。ソ連時代の多くの人を虐殺した独裁者も人権派の弁護士でした。彼の人生でもきっとどこかで誤った道への分岐点があったのではないかと思います。

死刑反対と主張する権利は尊重します。
ただ喜八さんの他人と議論をしても自分を変えられないというある意味傲慢な思い込みについて、これは誤った道への第一歩ではないかと一度疑われてみてはいかがでしょうか。その結果の死刑反対であればそれは賛同はできなくても尊重は致します。

投稿者 もうすぐ夫 : 2006年04月19日 18:40

日本は安心して暮らせる法治国家です。あまりにも感情的な意見が散見していますね。
被害者だって人権はもちろんあります、が、加害者にも人権はあります。
たしかに加害者少年の犯したことは許されるべきではありませんが、
死刑には相当しません。 なぜなら、罪を償うことで罪を許される、それが人権だからです。
ただ必死になって感情的に、殺せ殺せとあおる荒らしたちにも人権はありますがね。。。
管理人が言いたいことは、「人権を尊重する」という単純なことを守り抜くこと。
この希望の光、それが安田弁護士だということです。
そこでまともに考えてください。 例えばもし冤罪とはいかなくても事実関係に捏造があったら?
これをしかたなく矛盾点はつくでしょう。それが被害者に対する侮辱ですか?違います。
事実をいっているだけです。 安田弁護士の本日の弁論は、正当であり侮辱ではありません。

投稿者 KAGAMI : 2006年04月19日 18:41

>TANYOON 氏
>残念ながら、宮崎さんや喜八さんたちの解説や弁論がセットとなって
>はじめて一般の人を説得できているというのが実態ではないでしょうか。
皮肉なことに喜八氏の言葉を読めば読むほど「安田とその仲間」はキチガイ
という認識が深まります。

っていうか「一般の人を説得」っていう自分たちを高見において
教えてやるという態度がどうも気に入りませんな。
弁護士に必要なのは一般常識と一般人の感覚をもつこと。
自分たちが偉いという差別意識を持っている限り、大勢はついてきません。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 18:45

>希望の光、それが安田弁護士だということです。

反吐が出る。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 18:52

>KAGAMI氏

下記のURLの左上のイラストを見てください。
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up9080.jpg

安田・足立両弁護士が事実の説明の為に書いたという例のイラストです。
被害者の右手に握られているのは何ですか?
「被害者が刃物を持って抵抗した」などという事実があったんですか?
今回の弁論で、被告側弁護士からそういう主張があったのですか?
これは、安田・足立両弁護士による事実の捏造と印象操作だとしか思えないのですが?
こういう手法も貴方は正当な行為として評価するんですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 18:58

安田弁護士の言い分が通れば、弁護士を換えれば換えるだけ審議の引き延ばしを出来ることになりますね。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:01

喜八さん、お見えになりませんね。
きっとトレーニングで手が離せないのでしょう。

見かねたお友達があなたの意見を代弁されています。
麗しき友情、やはり持つべきは友ですね。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月19日 19:04

そういえば、救済のためなら凡夫には嘘をついても構わない、って新興宗教団体があったな。
なんだか地下鉄で毒ガスまいて無差別殺人したらしいが・・・・・・

それと同じ思考回路なのかもな。

投稿者 のほほ : 2006年04月19日 19:05

連投スマソ
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up9080.jpg
見ましたよ。被害者の弥生さん、右手に刃物を持ってますね。
凄い新事実ですね。こりゃ、正当防衛で被告は無罪決定ですね。

でも後のイラストで「わざとらしく右上を折り返してる」のは何故かな?
ちょうど弥生さんが被告を刺そうとしている刃物がある筈の位置なのに。

安田ファンの皆さん、何とか言って下さいよ。

投稿者 のほほ : 2006年04月19日 19:10

安田が希望の光だとすれば
それは事件の被害者などの弱者にとっての光ではなく
死刑を免れない極悪非道な犯罪者にとっての光なんだろう

犯罪者を救うためなら被害者や遺族の感情を踏みにじってもかまわないってことだろ?

そんな「希望の光」クソ食らえだ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:12

>「被害者が刃物を持って抵抗した」などという事実があったんですか?
>今回の弁論で、被告側弁護士からそういう主張があったのですか?
>これは、安田・足立両弁護士による事実の捏造と印象操作だとしか思えないのですが?
>こういう手法も貴方は正当な行為として評価するんですか?

この加工技法になんの問題があるのですか?
今障害となっている問題は被害者が刃物を持っているかどうか?
第三者からみたらそんなことは何の問題も関係もありません。
ただの絵にそこまで想像力を働かせるのは右翼的な思想を持った人だけですよ。
その餓えた考えは自分を滅ぼすだけですよ。
君は鬼の目にも涙ということわざくらいわかりますよね?
ついに今真相を暴こうとしている安田先生は、心を鬼にして事実を示そうとしています。
窒息死にいたってしまった、故意ではない、そこを強調するテクニックに、何が問題ですか。
それを無視してただいたずらに侮辱侮辱いうのは、どうですか?

投稿者 KAGAMI : 2006年04月19日 19:13

敵対する人間はすぐ「右」と決め付けるその短絡思考が本気で恐ろしい。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:17

>KAGAMIさんとやらへ
私はある条件に限って死刑を廃止していいと思います。
それは、死刑廃止論者が責任を持って死刑に相当する犯罪を犯した
人間を保護するという条件に限って、です。

勿論、財政上の支援は国が行いましょう。
しかしながら、仮に再犯ということになりましたら
その保護していた人間を含めて終身刑になるということで
死刑廃止とのバランスが取れるかと思われます。

もし、それだけの覚悟があるのなら、あなたたちの言葉に耳を傾けますが、
如何ですか?

投稿者 つーか : 2006年04月19日 19:19

”強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた”
”泣き止ますために首に蝶々結びしただけ”


これがまともな考えなのか?
これで犯罪が正当化されるなら、この世は闇だ

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:20

>KAGAMIさんとやらへ
私はある条件に限って死刑を廃止していいと思います。
それは、死刑廃止論者が責任を持って死刑に相当する犯罪を犯した
人間を保護するという条件に限って、です。

勿論、財政上の支援は国が行いましょう。
しかしながら、仮に再犯ということになりましたら
その保護していた人間を含めて終身刑になるということで
死刑廃止とのバランスが取れるかと思われます。

もし、それだけの覚悟があるのなら、あなたたちの言葉に耳を傾けますが、
如何ですか?

投稿者 つーか : 2006年04月19日 19:20

KAGAMIさん。貴方、事件の内容をご存じないようなので、
訳も解らず喚き散らす前に少し事件について調べてきたほうが
良いですよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:21

当の被害者である本村さんが「死刑以外ありえない」と言ってるのに何の関係もない人が「死刑はありえない」と言うのはおかしい

投稿者 ニャロメ : 2006年04月19日 19:21

>KAGAMI

お前はウヨサヨでしか物事を見れない馬鹿なんですね。
納得しました。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:22

>>KAGAMI
あれが希望の光?
自虐趣味でもお持ちですか?

事実と断言できる根拠は?
それに捏造は無いのでしょうか?

>>kaetzchen
空想は自分の頭の中だけでやって下さい。

現在の犯人の青年の心情って何?
反省している態度を示していれば、それでOK?
再犯の連中の事はどう説明する訳?

投稿者 passer : 2006年04月19日 19:22

弁護士法第1章第1条
>第1条 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。

「被害者が刃物を持って抵抗した」と捏造してまで、殺人犯を擁護すること、
それにより罪のない新たな犠牲者が出てしまっても、それでもそれは
「社会正義」なのでしょうか?

反省させること
反省させることができないなら潔く罪を償わせること
それも弁護士の役割じゃないの?

本当に冤罪ならそれを争点に争えばいい。
しかし誰の目にも「うっかり殺しちゃったw」って感じの主張って
おかしいでしょ。死姦しといて、二人も殺しておいて。

投稿者 安田大サーカスファン : 2006年04月19日 19:23

>窒息死にいたってしまった、故意ではない、そこを強調するテクニックに、何が問題ですか。

この意見にびっくりした。
う~ん、こういうのを許容する精神構造というのは、まともじゃないと思う。というより、誰もこの人を説得できない気がする。きっとどんなに話しても分かってもらえないだろうと思わざるを得ないと思う。

この発言を生む精神構造が恐ろしいと思う。
この人はきっと誰も幸せにできないんだろうなと思う。

被害者の本村さんのつらさは、ある意味死刑制度以上に残酷だと言っても間違いなく通じないだろう。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:25

>犯罪者を救うためなら被害者や遺族の感情を踏みにじってもかまわないってことだろ?

どこでそんな最低なことを思いつくのですか?
遺族の感情は高潔なものであり、誰にも犯すことはできません。
しかしそれは裁かれる側ならないがしろにしてもいいとは言っていないのです。
人間の理性には無限の可能性があります。
死刑制度の上空、もっと高尚な位置にはもっと守られるべき権利がある、
人の意見には気もかけずに犯人を殺せと喚くだけでは空を飛べません。
お願いだから読者を惑わすのはやめてください。このブログを荒らさないで。
皆さんもひょんなことから冤罪に巻き込まれ
荒唐無稽な罪で罰せられる可能性もあります。それが死刑だったら・・・?
当然みんな必死で弁護をするはず。「そういうつもりはなかった、それは事実と違う。」
人権があって刑罰が存在するのです。
でたらめに死を叫ばないでください。
私のご意見は下らないかもしれませんが、この気持ちは大切にしたいのです。
被害者の方にせよ、加害者の方にせよ、人間という星をもっています。

投稿者 KAGAMI : 2006年04月19日 19:26

>どこでそんな最低なことを思いつくのですか?

今まさに安田が行ってることだろ

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:27

>窒息死にいたってしまった、故意ではない、そこを強調するテクニックに、何が問題ですか。

これも見る者を惑わす最低なことだな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:31

>勿論、財政上の支援は国が行いましょう。
>しかしながら、仮に再犯ということになりましたら
>その保護していた人間を含めて終身刑になるということで
>死刑廃止とのバランスが取れるかと思われます。
>もし、それだけの覚悟があるのなら、あなたたちの言葉に耳を傾けますが、
>如何ですか?

死をもって罪を償う矛盾を示しているだけであり、論点がずれています。
刑罰を受けるのは犯罪者であり、なぜ弁護側まで刑を受けるのですか?
はっきりいって連帯責任の意味を取り違えています。
必ず更生する、再犯は犯さないと保障はしませんよ。
要は、反省する機会すら奪う死刑は、人権蹂躙もはなはだしいといいたいだけです。

投稿者 KAGAMI : 2006年04月19日 19:31

あら、メールアドレス欄がおかしくなった

投稿者 KAGAMI : 2006年04月19日 19:33

安田弁護士は弁護士の鑑です。安
田さんは真実を追究しているに過ぎません。
はじめから死刑ありきの議論はファシズムの始まりです。
死に至ってしまったのは故意であるかは疑問の余地があります。
刑は権力のために存在するのでありません。
だからみんな冷静に考えてください。

投稿者 みよてた : 2006年04月19日 19:33

はっきり言って、死刑反対とか賛成とかそういうことはすでに問題ではなくなってる
ここ数日で書き込みが増えた原因はただ一つ
安田という人間の発言に異常な面を見出した人間が多いからだと思う。
昨日の安田発言をうけて、それでも安田を妄信してる人間が少なからず居るということに恐怖を抱く
あの説明を聞いて、なんの違和感も感じないのか?

蝶々結びにしてるから殺意は無い
黙らそうと思ったらつい手が滑って死んじゃった
死姦だから死体損壊にしかならない
そもそも殺人事件でもない

本当にこの説明で納得してるのか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:35

>死をもって罪を償う矛盾を示しているだけであり、論点がずれています。
死でもってしか償えない罪があるということに賛同出来ないと?

>必ず更生する、再犯は犯さないと保障はしませんよ。
更生するかどうかもわからないのに、犯人の命を保障するんですか?

>要は、反省する機会すら奪う死刑は、人権蹂躙もはなはだしいといいたいだけです。
反省しました。再犯しました。貴方の家族がその犠牲になりました。
それでも、納得するんだ?

投稿者 つーか : 2006年04月19日 19:37

判決次第。

誰が納得しようがしまいが関係無い。
サイバンチョらが納得するかどうか。

でも、この説明で納得する人って居るのかねwww

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:38

判決次第。

誰が納得しようがしまいが関係無い。
サイバンチョらが納得するかどうか。

でも、この説明で納得する人って居るのかねwww

投稿者 ああああ : 2006年04月19日 19:39

皆冷静だと思うが?
安田擁護の連中は違うようだが。

死刑ありきではなく、結果に対しての責任。
殺意が無くて二人も死ぬ訳ですか?
内一人は赤ん坊ですが?

投稿者 passer : 2006年04月19日 19:40

KAGAMIさん、はじめまして。
喜八さんに安田先生の技術的な部分でお伺いしましたが、
レスをまだ頂戴しておりません。で、いくつか書き込みで
お伺いしたいのですが、宜しいでしょうか?

>なぜなら、罪を償うことで罪を許される、それが人権だからです。
これは、どんな法律のどの条文によって保証されたものですか?

>例えばもし冤罪とはいかなくても事実関係に捏造があったら?
>これをしかたなく矛盾点はつくでしょう。
>それが被害者に対する侮辱ですか?違います。
ここまでは仰せのとおりです。
が、
>事実をいっているだけです。
と安田先生が事実をいっていると何故お考えですか?

>故意ではない、そこを強調するテクニックに、何が問題ですか。
検察官が被告を残虐に見せるテクニックについては、
どうお考えですか?

投稿者 タイピー : 2006年04月19日 19:41

安田擁護の連中も同罪だ。おまいらがおだてて持ち上げるから
「誰が見ても原審はおかしい」なんて言い出すんだ。

「誰が見ても」だと? 「誰が見ても」だと?

自分たちだけの閉じた世界で考え、暮らしてることを思わず白状したんだな。

投稿者 のほほ : 2006年04月19日 19:42

ここに来ているやつら、2ちゃんねらーじゃないだろ少なくとも。KAGAMIってやつの書き込みの縦に気づかずマジレスのオンパレードかよ。。。メールアドレス欄にもヒント書いてあるんだし、気づけよ。

投稿者 あのさー : 2006年04月19日 19:44

>要は、反省する機会すら奪う死刑は、人権蹂躙もはなはだしいといいたいだけです。
事件発生から7年、裁判も三審制で反省するに
十分な時間が与えられたと思いますが、
被告が原告に手紙を書いたのがこの公判の前に一度きりのようです。
反省するのにどれくらいの時間を与えるのが妥当だとお考えですか?

投稿者 タイピー : 2006年04月19日 19:46

死刑の是非はこの裁判で問うべきではないでしょう。

この裁判で問われているのは犯人が犯した罪であり、
この犯人が犯した罪が、
日本国における最高の刑罰に値するということじゃないでしょうか。

投稿者 通りすがり : 2006年04月19日 19:47

死刑反対の人って死んだ人には人権がないから、生きている人の人権を守ろうという主張だよね。

でも死んだ人には人権はないが、尊厳がある。被害者にも人権がある。それでも加害者の人権を尊重したいと言っても誰も信用しないよ。

妻に暴力をふるって、子供に暴力はいけないよと教える人みたいだね。

KAGAMI氏は冤罪を例に出しているけれど、本人も2人を殺したことは否定していない。冤罪ではないでしょう。

>日本は安心して暮らせる法治国家です。

という発言されていますが、犯罪者の刑務所の待遇を改善して、犯罪を起こしても決して死刑にならないことが保障され、すぐに釈放されていては何が「安心して暮らせる法治国家」かと思います。

死刑制度が犯罪の発生率に影響を及ばさないことはみんな知っているけど、そんなの自慢げに語られても困るんだ。みんな死刑前提で犯罪を計画する訳ではないから当たり前だよね。もっと衝動的だったり、本人の歪みから必然的に犯罪を犯すものだからね。でもそういう人はきちんと法律で裁かれると思うことが、みんなの安心感となる部分は確実にある。

死刑がなく、ガンガン恩赦で出所させている韓国の犯罪発生率がいかほどのものか一度調べてからものを言ってはいかがか。再犯率もね。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:49

>ここに来ているやつら、2ちゃんねらーじゃないだろ少なくとも。KAGAMIってやつの書き込みの縦に気づかずマジレスのオンパレードかよ。。。メールアドレス欄にもヒント書いてあるんだし、気づけよ。


ここは2ちゃんねるの出張所ではありません。
「縦読み」などして遊びたいなら2ちゃんねるでやってください。
まじめな意見を書き込んでいる人たちに対する侮辱です。
安田弁護士のやってることと大差ないのでは?


「メールアドレス欄にもヒント書いてあるんだし、気づけよ」
ここはクイズブログではありません。
出て行ってくださぃ。

投稿者 りんりん : 2006年04月19日 19:57

>ここに来ているやつら、2ちゃんねらーじゃないだろ少なくとも。KAGAMIってやつの書き込みの縦に気づかずマジレスのオンパレードかよ。。。メールアドレス欄にもヒント書いてあるんだし、気づけよ。


ここは2ちゃんねるの出張所ではありません。
「縦読み」などして遊びたいなら2ちゃんねるでやってください。
まじめな意見を書き込んでいる人たちに対する侮辱です。
安田弁護士のやってることと大差ないのでは?


「メールアドレス欄にもヒント書いてあるんだし、気づけよ」
ここはクイズブログではありません。
出て行ってください。

投稿者 りんりん : 2006年04月19日 19:57

>はっきり言って、死刑反対とか賛成とかそういうこと>はすでに問題ではなくなってる
>ここ数日で書き込みが増えた原因はただ一つ
>安田という人間の発言に異常な面を見出した人間が多>いからだと思う。
>昨日の安田発言をうけて、それでも安田を妄信してる>人間が少なからず居るということに恐怖を抱く
>あの説明を聞いて、なんの違和感も感じないのか?

本当にそう思う。
目的の為には多少の矛盾や事実の歪曲には目をつぶるというのは、カルト宗教や共産主義と共通点を感じる。
問題は既にそこに移っていると思う。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 19:59

>心を鬼にして事実を示そうとしています、
とはどういうことでしょうか?
つまり被害者は包丁を持って抵抗したということが事実だったということですか?
あなたは安田の描いた包丁の絵について「テクニック」といっていますが、仮に描かれていたものがショットガンだったり天空の剣でも、それは捏造ではなく、テクニックだから第三者には問題も関係も無いことなのですか?
関係ないはず無いでしょう。私達の国の刑法なんです。関係無い、なんて考えられるはずないでしょう。日本人ならね。


投稿者 炉鳥語 : 2006年04月19日 19:59

KAGAMIさん失礼いたしました。
あなたは喜八さんのお友達ではなかったのですね。

投稿者 シャンシャン : 2006年04月19日 20:00

内容はともかく喜八さんはすくなくとも「自分の本音」を書いているのに、KAGAMIさんをはじめ縦読みなどしている人たちは、遊びのために思ってもいないことを書き込んでいたずらに場を混乱させていますね。

KAGAMIさんたちと、自分の「死刑阻止記録」のためだけに被害者とその遺族の尊厳を踏みにじる発言をした安田弁護士と、どこが違うんですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 20:10

安田・足立両弁護士の弁護手法にどうしても合理性を見出せない。
というよりも、本気で加害者を弁護する気があるんだろうか?

あのイラスト会見、殺意の否認、ちょうちょ結び、TV等での暴言・・・
ただただ、本村さんに対して嫌がらせを行っているようにしか思えない。

裁判を利用して、加害者そっちのけで、横浜での論争で負けた事への
仕返しを行っているだけではないのか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 20:11

皆さん、コメントありがとうございます。
ただし、ごく一部の方の表現に問題があるようですね。
法律に触れる可能性のある表現だけは差し控えたほうがよいかと思います・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月19日 20:11

管理人さん、大変な状況の中、ご苦労様です。
あえて言って下さい。お願いします。
「安田弁護士の業績や思想には今でも共感するが、今回の発言と行動に関しては、常軌を逸しているので賛同できない。」と。

言えませんか? 言えないんですか?

投稿者 のほほ : 2006年04月19日 20:21

このようなタイトルをつけたために
アクセス数が増えておめでとうございます。

たぶん「安田弁護士を応援しません」のタイトルだったら
こんなにアクセスはなかっただろうからね


いいSEO対策ですね

投稿者 SEO : 2006年04月19日 20:26

>ごく一部の方の表現に問題があるようですね。
被害者の手に包丁を持たせたイラストで本村さんの神経を逆撫でした、
「弁護士の中の弁護士」
「職業倫理と弁護技術の高さには定評」
「弱者の味方」
と貴方が応援する安田のことですね。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 20:49

喜八さん、あんた「法律に触れる」云々と言ってますけど、
この事件の犯人についてはどうなんですか?

あんたも認めている通り、冤罪の問題じゃないでしょうが!

そして両弁護士については?

被害者への貶しに終始しているでしょうが!

その言葉で冷静に振舞っているつもりかい?
逃げている癖に。
と言う訳で是非とも両弁護士に「差し控え」を求めて欲しい。

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月19日 20:49

あれ?「はい。そうです」と即答するかと思ってたんですが。
まあいいや、もう一回書こう。

>ごく一部の方の表現に問題があるようですね。
被害者の手に包丁を持たせたイラストで本村さんの神経を逆撫でした、
「弁護士の中の弁護士」
「職業倫理と弁護技術の高さには定評」
「弱者の味方」
と貴方が応援する安田のことですね。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 20:56

私は喜八さんみたいに頭が良い訳ではないので、法律の事や裁判の仕組みなんてものは分かりません。

でも一人の人間として、また被害者と同じ女性として、この加害者のした行為は吐き気がするほど気持ち悪く、怖い。
喜八さんが男性なのか女性なのか分かりませんし知りたくもないですが、私は同じ女性として加害者をとても許せないし、死刑も納得‥というか死刑にして欲しい!!と、どうしても思ってしまいます。

しかし喜八さんや優秀な安田弁護士さん、そして聡明な安田さん信者の方々の考えからだと私のこのような考えは理解出来ないようですね‥。

このブログを読んで今まで興味すら抱かなかった死刑廃止論ですが、強い反感を覚えましたし犯罪者を擁護するような思想を持つ人間が世の中にいるというその事実にとてもショックを受けました。

なんて、なんて怖い世の中なんでしょう!

死刑廃止論を唱えそれを主張するのは構いませんし、どうぞご勝手に。
でもこのようなブログをつくって、恥ずかしくはないんですか?
前半のログをざっと見ましたがインテリを気取った方々との素晴らしいコメントのやり取りに鳥肌が立って仕方ありません。
今まで勉強ばかりして生きてきた為に、人間らしいまともな考えが出来ず脳みそがどうにかなってしまったのではないかと心配です。

あと、最後にひとつ。
例えば実際に死刑という制度が廃止になったとしてそれで国民に何かメリットがあるものなのですか?
日本の治安がとても良くなるとか、凶悪犯罪がものすごく減るとか??

私には、どうせ死刑にならないし‥という犯罪者のずる賢い思惑が働いて凶悪犯罪が今まで以上に増えそうに思えて仕方ないのですが‥。


その辺りどうなんでしょう?頭が悪い私にはよく分からないので、喜八さん是非教えて下さい。

投稿者 コウ : 2006年04月19日 20:57

Anonymousさん、私はあなたと殆ど同じ表現を同時にしてしまいました。
管理人の表現に違和感を感じたからとはいえ余計なことでした。ごめんなさい。

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月19日 21:16

喜八さん、こんばんは。

http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_0b51.html

弁護士の方で喜八さんと似た意見の方のブログです。
ご参考となれば。

投稿者 タイピー : 2006年04月19日 21:17

なぜお隣の大きな国から犯罪を犯しに日本にやってくるのか?


それは日本がその国より豊かということもあるが、
それよりも大きな理由と思われるのは
その大きな国では殺人以外の罪でも死刑になる可能性があるし、しかもすぐに執行されること。

以前テレビで実際に犯罪を犯したその国の人が
「日本ではよほどのことをしない限り死刑にならないので」
と日本で犯罪を犯す理由を発言してたのを見ました。


犯罪者が怖いのは、
警察でもなく、
裁判官でもなく、
検事でもなく、
懲役でもなく、死刑なのだ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 21:29

安田弁護士の言動にどうにも納得できず、ここに辿り着きました。留守中に申し訳ありませんが、僕の憤り分も少し、書き込ませて下さい。

・激しく抵抗する弥生さんの首を絞め、死後性交。
安田氏らはこの『死後』に拘り、死体損壊と主張しているが、判例では生前・死後関係なく強姦目的の殺人は強姦致死に該当する。現行社会にそぐわない判例ならば主張の意義もあろうが、この判例は極めて妥当と感じる。また、ついはずみで殺してしまった(傷害致死)とも述べているが、成人を縊死させるには最低3分間は相当な力で首を締め続ける必要がある。それだけ継続した行動を、何故『はずみ』と主張できるのかが理解できない。

・泣いて遺体にすがる夕夏ちゃんを持ち上げ、何度も床に叩きつけるが泣き止まず、弥生さんの遺体に這い寄っていくので持参したヒモで絞め殺す。
※安田氏らは泣き止まないので、首をちょうちょう結びにしたのだけだと主張。しかし怯えきった乳幼児を泣き止ますことが目的である以上、首のちょうちょう結びの目的が泣き声を止める=呼吸を止めると同義であることは明らか。安田氏らの主張は、『呼吸を止めようとしただけで、殺意はなかった』と言っているのに等しい。

・弥生さんの遺体を押し入れに入れて布団で隠し、夕夏ちゃんの遺体は天袋へ放り込む。

・財布を奪って逃走。奪った金等で、カードゲームなどを買って遊んだ。
※この行動は、被告人が動揺していた証拠(現実逃避行動)とも取れるが、既にこの時点で被告人が自己正当化に成功していたと見なすことも可能。以下が、そう推測した根拠である一審後、拘置所内で友人となった人物へ宛てた手紙(抜粋)。

『終始笑うは悪なのが今の世だ。
ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君。
オイラは、一人の弁ちゃんで、 最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。
そして、勝って修行、出て頭を下げる。
そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ。
男は女を求める、女は男を求める。コレ自然の摂理。
犬がある日かわいい犬と出合った。
…そのまま「やっちゃった」…これは罪でしょうか。
無期はほぼキマリでして、7年そこそこで地表にひょっこり芽を出すからよろしく。
選ばれし人間は、人類のため、社会のため悪さができる。
裁判官、サツ(警察)、弁護士、検事。
私を裁けるものはこの世におらず。
キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

この手紙を書いた被告人の、子供でも首を傾げる新供述を元に、詭弁を弄し犠牲者や遺族の人権まで蔑ろにして(あの『絵』のことです)まで命を救おうとする弁護士……。

喜八様。本当に安田氏は、応援に足る人物なんでしょうか?

投稿者 寝太朗 : 2006年04月19日 21:44

安田弁護士の言動にどうにも納得できず、ここに辿り着きました。留守中に申し訳ありませんが、僕の憤り分も少し、書き込ませて下さい。

・激しく抵抗する弥生さんの首を絞め、死後性交。
安田氏らはこの『死後』に拘り、死体損壊と主張しているが、判例では生前・死後関係なく強姦目的の殺人は強姦致死に該当する。現行社会にそぐわない判例ならば主張の意義もあろうが、この判例は極めて妥当と感じる。また、ついはずみで殺してしまった(傷害致死)とも述べているが、成人を縊死させるには最低3分間は相当な力で首を締め続ける必要がある。それだけ継続した行動を、何故『はずみ』と主張できるのかが理解できない。

・泣いて遺体にすがる夕夏ちゃんを持ち上げ、何度も床に叩きつけるが泣き止まず、弥生さんの遺体に這い寄っていくので持参したヒモで絞め殺す。
※安田氏らは泣き止まないので、首をちょうちょう結びにしたのだけだと主張。しかし怯えきった乳幼児を泣き止ますことが目的である以上、首のちょうちょう結びの目的が泣き声を止める=呼吸を止めると同義であることは明らか。安田氏らの主張は、『呼吸を止めようとしただけで、殺意はなかった』と言っているのに等しい。

・弥生さんの遺体を押し入れに入れて布団で隠し、夕夏ちゃんの遺体は天袋へ放り込む。

・財布を奪って逃走。奪った金等で、カードゲームなどを買って遊んだ。
※この行動は、被告人が動揺していた証拠(現実逃避行動)とも取れるが、既にこの時点で被告人が自己正当化に成功していたと見なすことも可能。以下が、そう推測した根拠である一審後、拘置所内で友人となった人物へ宛てた手紙(抜粋)。

『終始笑うは悪なのが今の世だ。
ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君。
オイラは、一人の弁ちゃんで、 最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。
そして、勝って修行、出て頭を下げる。
そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ。
男は女を求める、女は男を求める。コレ自然の摂理。
犬がある日かわいい犬と出合った。
…そのまま「やっちゃった」…これは罪でしょうか。
無期はほぼキマリでして、7年そこそこで地表にひょっこり芽を出すからよろしく。
選ばれし人間は、人類のため、社会のため悪さができる。
裁判官、サツ(警察)、弁護士、検事。
私を裁けるものはこの世におらず。
キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』

この手紙を書いた被告人の、子供でも首を傾げる新供述を元に、詭弁を弄し犠牲者や遺族の人権まで蔑ろにして(あの『絵』のことです)まで命を救おうとする弁護士……。

喜八様。本当に安田氏は、応援に足る人物なんでしょうか?

投稿者 寝太朗 : 2006年04月19日 21:45

ここの管理人は、崇拝している安田弁護士と同じタイプの人間ですので、
自分に同調してもらえれば喜んで個別レスいたしますが、
都合の悪い事があると、適当な予定を立ててトンズラいたします。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:01

あるブログの意見にこんな事が書いてありました。
穿った見方をすると、安田、足立両弁護士ともに
自らの死刑廃止運動を維持するためには、
是非とも被告に死刑になってもらわなければ困る。
そのための法廷戦術なのでは?

私も少なからずそう思えて他ならない・・
昨日の会見を見て、一般多数の人間は不快感を覚え反吐を吐く
思いだろう。世論は間違いなく死刑方向に傾いただろう。
もし安田弁護士が本心から死刑回避を思い実行したのなら、
かれは単なる狂人で弁護士を辞めた方が良い。
他者の弁護活動まで支障をきたす、そんな次元の低俗な
会見だった・・
少なくとも、被害者より世論より余程俗物的で感情的で
失笑を買うような恥ずかしい絵がそこにあった。
この反省は、一体誰がしていくのだろうか?
弁護士会の皆さんは猛省し、一定の決断を下さなければ
失われた信頼を回復するには難しいと思います。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:07

これを機会に喜八さんのブログを色々と読ませて頂きました。
その感想ですが、私には貴方が単に反体制側に同調したいが為に
「安田弁護士を擁護する」なんて発言をしたとしか思えないのです。

別に貴方が体制側、反体制側のどちらに共感を持とうが構いません。
もはや貴方が死刑そのものに反対か賛成か。これすらどうでもいい事なんです。

この件がこれ程の注目を世間から集めた理由は、安田・足立両弁護士の
異常としか思えない被害者とその遺族に対する攻撃にあると思います。
もはや死刑廃止論の是非では無く、彼等弁護士の弁護手法に対して世間が
拒否反応を起こしている訳なのです。

どうか安易に「反体制側に共感を覚える=安田氏擁護」などというつまらない
考えからご自分を解放して下さい。犯罪被害者の人権をウヨサヨなどという
クダラナイ価値観で判断しないで下さい。
例えば今回の両弁護士の言動に対して死刑廃止論者が反発しても、私はそれを
不思議とは思いません。むしろ人の心からくる自然な事だと思います。

死刑廃止論と犯罪被害者の人権は互いに相反するものなのでしょうか?
喜八さんの意見を聞かせて頂きたく思います。

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月19日 22:18

人の心を持たない生き物は獣に過ぎない。
被告の例の手紙等を読む限り、彼に人の心はない。
だがそれ以上に、弁護のためなら何をしても構わない、
例えそれが被害者を貶めることになろうとも、という弁護士に
人の心はもはや、ない。
本当の弱者とは誰なのか?
本件の場合、被害者である弥生さんと夕夏ちゃんではないのでしょうか?

弁護士の倫理は人の倫理を超えてもよいのでしょうか?
今回の安田弁護士の言動は人の倫理を踏み外しています。
いかなる理屈を述べようとも、人の倫理を踏み外しているという一点で
安田弁護士を弁護することは無理があると思います。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:20

何で安田弁護士が持ち出したイラストでは、被害者が刃物持ってるんです?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:29

ほんと困ったもんだ

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:29

 引き続き燃え上がってますね。昨日は違う意見を書こうとしてわけがわからなくなった気がします。きょうは単純に。

 犯人が書いた手紙です。この内容が本心でしょう。彼は死にたがってます。世の中に失望してるかどうだかしりませんが。
 宮崎勤の態度と似てると思います。彼は無期懲役でしたっけ?

 まあ死を恐れない人間ほど恐い危ないものはありません。自爆テロみたいなものです。

 死刑を敢えて支持しません。でも二度と世の中に出てきてはならない人間です。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月19日 22:33

困った困った

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:34

いずれにせよ、判決は死刑です。

投稿者 通りすがりの者 : 2006年04月19日 22:38

Anonymousさん もし無期懲役で済んでしまったら,この怒りどうしたらいいんですかね?

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月19日 22:39

またコメントする事をお許し下さい。
私も応報的な死刑には反対です、しかし命の重み生きる権利
と言うのは、一定の踏み越えてはならない線を引き
そこを超えたものにはその重さと等価に近い罰を下さなければ
守れないのではないでしょうか?
被害者の犠牲の上に立つ権利に重みはありません。
私見ですが、人権とは神に与えられた物でも超常的な物でも
無いと考えます。
人々の合意、共通認識の上に始めて成り立つ物と考えます。
従って、もし安田氏の理想的な死刑廃止的な状況になり
彼等の思う権利が守られたとしても、
大勢の人間は、それで人権が守られたとは思わないどころか
「人権を踏みにじられた」と感じるでしょう。
もはや彼等の主張は宗教の域に達しているのでしょうか?
宗教のそれは信仰しない人間にとって救いはありません。

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:43

甘えたくて抱きついただけで強姦目的じゃない、とか言ってましたね。
死体をレイプしたのは甘えたかったからなんですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:49

夜8時に、つまんない書き込みしてる割には
誰にも答えようとしないねえ 喜八さんよ

投稿者 Anonymous : 2006年04月19日 22:53

再掲するが、例のイラスト
http://sund1.sakura.ne.jp/uploader/source/up9080.jpg
左上のイラストの被害者の右手に刃物らしき物が描かれている件。

このようなイラストを法廷内でもTVでも自慢気に発表する
安田・足立の両弁護士の意図が通常の感覚では理解出来ない。
今回の弁論において「被害者が刃物を振り回して抵抗し・・・」
などという被告側主張があったとは聞いていない。
ならば何故この弁護士共はこのようなイラストを自慢気に公表したのか?

横浜での「死刑執行停止と犯罪被害者」をテーマとしたフォーラムにおいて
本村さんが、周囲の雰囲気に飲まれる事なく堂々と自分の心情を述べた事への
私怨からくる意趣返しによる「嫌がらせ」としか思えません。


これが喜八さんの心酔する?安田弁護士の今回の活動に対する私の感想です。
彼を擁護すべきところがあれば擁護して下さい。反論すべきところがあれば反論願います。
「参考にさせて頂きます。」などと言う、杓子定規な機械的回答は結構です。

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月19日 23:00

刃物で抵抗の件。
そんなものまで証拠みたくもってきましたか。

どんどん酷くなりますね。

そろそろ「参考にした結果」を書いていただいて,ここはもうおひらき(いったん書き込み中止)にしては?

なんかここは死刑支持者が発言する場ではないようなきがしてしました。

投稿者 いかりむんむん : 2006年04月19日 23:22

どうしても擁護なり反論なり、喜八さんの発言は頂けませんか?
ほとぼりが醒めるまで放置ですか?機会を探って全削除=「無かった事にする」ですか?
お仲間のどなたかにアドバイスされた通り「頭を低くしてやり過ごす」おつもりですか?
その「お仲間」は「放って置けばそのうちおさまるから、そのタイミングで全削除w」
なんて言ってませんでしたか?

もし、そうだとすれば貴方はあまりに「無責任」が過ぎます。貴方の主張は無いんですか?
貴方は「お仲間」のアドバイスに従い、我を殺し息を潜めこのまま気になりつつ放置し、
大衆がこの件から別件に興味を移した隙を狙い、今までの意見を「無かった事」にするんですか?

貴方には自分のブログと取り上げた意見について解答する義務があると考えます。いい機会です。

もし貴方が単純なウヨサヨ思想から安田氏を弁護するのなら、あまりに幼稚です。
広く意見を聞き、自身の考えを改める良い機会かと思います。

もし貴方の意見が「死刑廃止論」によるものであれば、死刑廃止論と犯罪被害者の人権について
問いたいと思います。

もし貴方がそれ以外の意見をお持ちなら、是非ともお聞かせ頂く思います。
犯罪被害者についての過失があるのなら、ご意見をお聞かせ下さい。

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月19日 23:47

こら喜八、たたみに頭こすりつけて、被害者の方角に向かって、
土下座してあやまれ!

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 00:03


  死者にわびろ管理人!罰当たりが!

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 00:08

喜八さんのレスをずっと待ってるんですが、何の音沙汰も無いようですね‥‥。

死刑廃止制度によって日本国民が得るメリットや、それによってこの国がどのように良く変わっていくのか、それだけは喜八さんにきっちりと教えて欲しいんですが。

なんか、喜八さんがこのまま何のレスもせず逃げちゃいそうで嫌だな‥。
そんなズルくて嫌な人間じゃないと思いたいけど。

投稿者 コウ : 2006年04月20日 00:16

どうやら喜八さんには自身の意見なんて無いみたいですね。
身近な安田擁護派に洗脳でもされているのでしょうか?

予め申し上げておきますが、いくら喜八さんが、この件について「無かった事」
にしたいと思っても、判決のある夏までは持ちませんよ。
まあ夏までの間、恐らくはGW中での全削除を狙っているんでしょうが、
それが図星ならば、私の「この」書き込みにより、4月時点世論に相当する
「盛り上がり」を何が何でも再現します。あらゆる合法的手段を用いて。

別に「反体制」はいいんです。そういう抑止力が無ければ国は傾きます。
「死刑廃止論」についても理解できる面はあります。但し死刑と無期の間を埋める
刑罰が必要ですが。(よく死刑廃止論者が日本と比較する「他国」には既存しますね。)

ただ、今の日本の刑罰では「死刑」か「無期懲役(少年なら10年以内に)」のどちらかを
選択するしかありません。ちなみに「無期」の実質刑期が短いのは安田氏を始めとする
方々の圧力と意向によるものです。


ところで喜八さん?意見はありませんか?

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 00:17

昨日弁護士やっている友人に電話していろいろ話したけど、弁護士の世界も色々と大変らしい。

刑事事件自体が敬遠される傾向にあり、こうした凶悪な事件なら尚更皆やりたがらないから、引き受けたこと自体は評価している人は多いみたい。

でも安田弁護士の人望があるかというと、冷ややかにみている向きも多いらしい。なんでも友人が先輩弁護士に聞かされた話では、かつては人権派弁護士が猛威を振るっていた時代もあったそうだけど、このところ人権派弁護士が担当した事件で死刑判決の出るケースが増え、その手法に内部からも批判が出始めてきているらしいね。

今回のケースは被告が犯行時18歳を過ぎたばかりという年齢が非常に大きい要素で、今後更生を軸に弁護する場合の基準が変わることが興味深いらしいね。

あと面白いことを言っていたよ。人権派弁護士に限らず左翼系の人や団体にとって、インターネットの普及が最大の衰退要因じゃないかってね。インターネットで様々な情報が集まるから、朝日新聞や筑紫哲也の番組みたいなテレビ報道や新聞は基本的には左寄りだから、インターネットでみんながその違和感を確認し合うのは、旧ソ連時代のペレストロイカみたいな感じなんじゃないかと言っていた。

あと一応フォローとして弁護士というのは検察からのプレッシャーにさいなまれていて、常に気が抜けないんだそう。だから国家権力というものについて、普通の人よりそのへんは敏感なんだってね。

投稿者 弁護士の友人 : 2006年04月20日 00:26

>弁護士の友人さん
結構面興味深い話ですね。
彼等も焦ってるんでしょうね・・
確かにインターネットの普及で、短絡的攻撃、感情的意見が
爆発的に増えたのは事実でしょう。
しかし真っ当な反論が出来るようになったのも事実です。
そういった真っ当な反論まで、自分達の活動を認めない意見だとかそんな感じで耳を塞いでしまった結果、今回のように
非常に独りよがりで傲慢な弁護の仕方になったようにも思えます。
これは滑稽な顛末で、一番感情的になってしまってるのが
人権は弁護士と言うお粗末な結果では無いでしょうか?
彼等も自分達の理想を解って貰うには、借りてきた論拠や
壊れたスピーカーのような自説の繰り返しではなく
歩み寄りが必要じゃないでしょうか?
そうでなければ、無視されさらに過激になりやがて社会から
消えていくでしょう・・
そうなってしまうと不幸です。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 00:41

安田って、単に検察が憎いだけじゃないのか

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 00:41

どうしても、喜八氏からのご返答は頂けない見たいですね。
「ここからは、喜八氏があまりにスルーするので、敢えてタブーを超え突っ込みます。」

まず私が以前から発言している、「死刑廃止論と犯罪被害者」についての記述ですが、
貴方はこれが相反する根本的問題だと信じて疑い無いのですね。
つまり本村氏は犯罪被害者を装った衆愚テロだと?
被害者の奥さんと愛娘への犯罪は、加害者の「死姦趣味の範囲内」で問題ない、と。

安田・足立弁護士による「事実を再現したイラスト」の通り
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_0b51.html
被害者が加害者である犯人に対し、刃物を振り回す等の抵抗を行った為、やむなく殺人に至った、と。

生後11ヶ月の赤ちゃんが、被告人によって母親を殺害されたのを理解できず、なおかつ母親に近づいた
件に対しては、赤ちゃんの不注意であり、被告の気持ちを鑑みれば赤ちゃんは母親に近づくべきでは無かったと。


喜八様のご意見・ご反論をお待ちしております。

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 00:54

喜八はもう、まともな書き込みしないでしょ
馴れ合いの仲間も逃げたしな

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 00:57

まあ、どうせ「全削除」で逃げるんでしょうけどw
でも、逃げる前に反論の一つでも如何?
それでも「喜八」には無理かな?単なる「サヨ」で自身の考えなんて無いしwww

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 00:58

死刑反対派=人間のクズ!

自己満足で善人ぶりやがって人間のクズ野郎が!


貴様や貴様の家族も殺されてみろ!

投稿者 死んじまえ!  人間のクズ : 2006年04月20日 01:02

人一人の命は地球より重いらしいので、それを二つもしかも故意に消したのなら当然その報いは自らの命で贖うことになる(それでも一つ足りないが)。もちろんそうするからにはその審理過程は厳密にしなければならないが、安田弁護士の論は反論になっていない戯れ言に過ぎない。
このまま「死刑になるかも??」という不安と地獄をなるべく長く犯人に味わってもらうため安田弁護士には精一杯抵抗して欲しいな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 01:07

そう言う書き込みは辞めましょうよ・・
反論したくても反論できない雰囲気になります。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 01:07

正直、こういうサヨまがいの勘違い君には速攻この世から消えて欲しいんですよ。
あえて「君」と書いたのは皆様のご想像の通り。

さあ、この局面で反論を述べられるのは「喜八氏」のみだ。
まあ、喜八の心情察すると「被害者への暴言はこっちにも影響するから控えろ」
だろうねw

こっちがどっちかは知らんけど wでも、こっち側に安田的犯罪者
が居れば告発しますよ。自身の良心に近って。

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 01:11

ブログ主の記事は実に正論だと思う。
被害者の感情には非常に共感できるし、
犯人に対する怒りも感じるが、
弁護士の役割とは区別して考えるべき。
被害者の代弁者は証拠や組織力の点で圧倒的に
優位な立場にある検察であって、
弁護士までが被害者に有利な行動をとらないからといって
批判されるいわれはない。
弁護士は単に加害者の味方というわけではなく、
裁判所、検察、弁護士の三者ではじめて
公正な司法というシステムを作っているのだから
自らの職責を果たしてる弁護士に
感情的な非難を浴びせるのは恥ずべき愚行だ。

ただ、準備ができていないからといって
期日に出席しないという強引な手法は
許されるべきではないと思うが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 01:20

明日の朝には何事も無かったようにコメント全削除・最悪ページ全部を削除して逃亡する可能性大だから、各人保存しておいた方がいいぞ。

この手のサヨク・人権派ブログで管理人が冷静に議論したりレスを返したのを見た試しが無い。
どうせ被害者意識に凝り固まって「2ちゃんねるからやってきたネットウヨクの荒らしにページを潰された」程度の事しか考えないんだから。

50年近くも生きていて情けない人生だよな。バカ丸出し。
尊敬する人物にフェミナチのメスカマキリ上野千鶴子、中共の工作員で元祖捏造記者の本多勝一を挙げている時点で薄汚い反日思想に染まりきっている事が丸解りだもんなw

投稿者 記念真紀子 : 2006年04月20日 01:23

近って=>「誓って」ですね。申し訳ありません。
しかし、例の加害者発表のイラスト
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_0b51.html

については多々の疑問を挟まざるを得ません
被害者が刃物を持って加害者に抵抗したという仮説は、少なくとも
原告も「被告も」主張していません。
まあ、被告側弁護士{安田&足立}はイラスト内で主張してるんでしょうが

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 01:26

しかし被害者宅にレイプする為に上がりこんで
甘えただけとか、抵抗されたから押さえつけただけで
殺意は無かった、しかも死後陵辱を死体損壊だとか・・
女性の立場から見てどうなんでしょうか?
私は男性でフェミニストでもありませんが、男性の立場から見ても女性蔑視的ではないでしょうか?
女性はこう言う場合抵抗せずに蹂躙されろと言うのでしょうか?事後論ですが、この残虐性・・
抵抗しなくても命の保障など全く感じません。
女性の方の意見を聞きたいです。こんな主張がまかり通って
しまうと男性としても今後偏見等浴びるのではないかと心配です。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 01:39

あのー、これってSEO対策ですよね。
だとしたらやり方が汚いですよ。
マジだとしたらさらに痛いですね。

投稿者 被告は死刑の方向で : 2006年04月20日 01:51

自分のイデオロギーのための、死刑廃絶運動の寸劇の練習のために欠席か。妻子を殺された人の裁判をほっといて・・・
もはや人間性のかけらもない。

投稿者 アンチ人権派弁護士 : 2006年04月20日 01:56

>投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 01:20

>自らの職責を果たしてる弁護士に
>感情的な非難を浴びせるのは恥ずべき愚行だ。

非難するのは自由だと思うけどね。
弁護士の責務が法によって保障されているのなら、我々は言論の自由が憲法によって保障されている。

それでも口をつぐめと?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:00

近って=>「誓って」ですね。申し訳ありません。
しかし、例の加害者発表のイラスト
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_0b51.html

については多々の疑問を挟まざるを得ません
被害者が刃物を持って加害者に抵抗したという仮説は、少なくとも
原告も「被告も」主張していません。
まあ、被告側弁護士{安田&足立}はイラスト内で主張してるんでしょうが。

ところで喜八様、貴方の心酔する「サヨ」さんの勢いがめっきり消滅した件について。
もはや何の意見もありませんか?そうですかw
まあサヨ厨は、鉄パイプでも全力で捻っていればいいと思うよ。
もし違うんなら反論よろ。熊本市内での案件としてなら、いくらでも引き受けますが?

投稿者 死刑廃止論と犯罪被害者の人権 : 2006年04月20日 02:02

感情論を排して法理でやり合うのが文明的あらまほしき姿、とな?

 ところがぎっちょん人間は感情の生き物。
感情を無視した死刑廃止運動など何の意味がありましょうや。このコメントの沸き具合がその証左。
情と理におちる死刑廃止論を組み立てられる論客はいないもんか。

安田某みたいなカツドウカさんはもとより論外としても。

あと、個人的には鬼畜殺人犯なんか、別に更生なんぞさせんでええとおもう。更生して誰が喜ぶね?なんかいいことあるのかね?
もっというと生きようが死のうがどうでもええ。どうせそんなクズが死んだところで償いきれるもんでもあるまい。ただ野放しにしとくわけにもいかんから地下牢につないでおくか、めんどくせーから処分するか、の違いでしかないような気がする<死刑廃止賛否

投稿者 無名氏@泥酔寸前 : 2006年04月20日 02:04

喜八さん、偉そうなことを書いていた割には
見事な逃げっぷりですな。
どうせ無知で馬鹿な一般大衆は理解できないとでも
思っているのでしょうね。

かつてオウム真理教に坂本弁護士一家が惨殺され、
その坂本一家のご遺体が掘り出され時、
沿道には多くの人々が詰め掛け彼らの死を悼んで
手を合わせていた。

それを見てカルトの信仰と一般民衆の素朴な信仰の
違いはここにあるのだなって思った。
人の尊厳を簡単に踏みにじるカルトな人たちと、
見知らぬ人の死を悼み、その無念を思って
手を合わせる姿。

この安田弁護士をはじめとする死刑廃止論者は、
民衆が持つ一般的な価値観から乖離しつつある。
カルトと同じ匂いがしてきているように思う。
弁護士である前に人間として
もっと民衆の素朴な憤り、悲しみを真摯に受け止めるべき。
死者や被害者を冒涜するのは加害者の弁護の為とはいえ、
人として許されることではない。
被害者の苦しみが分からない安田弁護士もここの管理人も、
もはや共犯者にしか見えない。

投稿者 カルトと死刑廃止論者 : 2006年04月20日 02:09

喜八さん?結局すべてスルーですか?
その戦法は心酔するサヨさん直伝ですか?w

まあ、直伝と違って「飽きる」事無く責めますんで、よろしくね。

異論・反論あればどうぞ何時でも。貴方方と違っていつでも意見は
聞きますし、不正無き様、全て記録として残しますので。

投稿者 死刑廃止カルト(危険思想集団)と : 2006年04月20日 02:18

口を押さえる力くらいで首を押さえて窒息させられるんだ…。
強姦するつもりはないけど死姦はするんだ…。
ちょうちょ結びで人が殺せるんだ…。
ちょうちょ結びする為に赤子を床に叩きつけるんだ…。

これを捏造といわないで何を捏造というのか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:22

しかし、安田はいいこともしていってくれたじゃないか。
死姦だと強姦より罪が軽くなる、ってのは大問題だ。同じ量刑にするように刑法改良しなきゃ。
あ、もちろんこの犯人は死刑な。話はそれからだ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:27

この安田という人権派弁護士のおかげで、死刑廃止論者がだんだん悪役になってきた。だってあれほど苦しんでる被害者ほっといて、延期した理由が、人権派弁護士仲間での死刑廃止の寸劇の練習だよ・・・

投稿者 人権派弁護士はすばらしい! : 2006年04月20日 02:28

話題性のあるネタで反体制気取ってみたものの
あまりの反響の大きさに対応に苦慮しているってとこかな?

俺は管理人が死刑賛成でも反対でもかまわんよ。
どんな主義もってようが個人の自由だしな。

さて、俺が一番問いたいのは、今回の安田弁護士の発言を聞いた上で
それでも「安田弁護士を援護します」と言えるのかどうかってこと。
あの支離滅裂としか感じられないような、
被害者の人権を蹂躙し、貶めるような発言を聞いて
それでもはっきりと「安田弁護士を援護します」と言い切れるのかな?

もしそれでも援護するというのなら、その根拠を聞かせてもらいたい所なんだが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:28

自分の子供の命と、貞操を守ろうとしたかみさんに向かって
「甘えて抱きついた、口をふさごうとしただけなのに抵抗した女が悪い」
これが弁護だろうか。被告の証言を基にした絵まで描いて。

死者を冒涜するのも甚だしい。弱者の人権を守ることかこれが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:32

みんなマトモだね・・・
なんかちょっと安心しました

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:33

あの弁護士、本当に反吐が出る。
言うに事欠いて、なんだよ、あの荒唐無稽な言い訳。
どこの世界の母親が、いきなりの不法侵入者に驚いて、
抱いていた子供をそいつに投げつけるんだよ。
あの絵の包丁なんだよ。
殺す気がなくて、なんで二人も人間が死ぬんだ?

常軌を逸している。この弁護士の精神鑑定が必要。

投稿者 喜八逃げんなよ : 2006年04月20日 02:36

よく死刑の声を感情論と切り捨て、感情的展開は論理性が無いと言う言葉を聞きます。
しかし発展性の無い、論理展開は単なる空論で言葉遊びでは無いでしょうか?
死刑の是非などそうは結論など出ないでしょう。
しかし問題は、廃止した先にあるビジョンです。
廃止しました、しかし何も変わりませんでした、被害者も救われませんでした、では単なる空論で感情論以上に論理性の欠片もありません。
まぁ感情で動く人間から感情を省く空論に最初から論理性があるとは思えませんが、法律論とは違い社会は人間が居て動いてます。
そこで安田弁護士の欠席と会見です。
彼の発言から見て取れるのは、不当捜査の危険性でも
死刑を廃止するメリットも、先のビジョンも見えません。
皆が感じ取ったのは、意味の無い空論、被害者への挑発、侮辱とも思える言葉の数々、心の無い絵・・
皆はアレを見、失望し、先に見える暗き社会のビジョンを垣間見ました。
皆は、安田さんを見て司法に疑問を抱き、社会に対する不満を増大させるでしょう。これは一種のテロリズムに通じる物があり、過激な理想主義者が数々齎してきた結末と非常に良く似ています。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:36

管理人出て来いよ。
カッコ悪いよ(*^▽^*)

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:37

サヨクは被害者、たとえ被害者が女、子供であっても・・・

人権という美しい言葉に従い、常に加害者の人権を優先する。

投稿者 加害者の人権ばかり : 2006年04月20日 02:40

「これほどの屈辱を受けたのは初めてだ」

投稿者 管理人 : 2006年04月20日 02:44

管理人みたいな考えの人がいるって思うと
本当に怖いです・・・
隣で寝てる子供の顔を見てると、なんだか
涙が出てきます・・・

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:45

死刑は確かによくないねー
安田弁護士がんばってー
管理人もがんばってー
死刑反対!!

とでも書かないとレスもしてくれないのですか?ここの管理人さんは。
見事な位みんなの書き込みがスルーされていますね。

死刑反対とか反体制とか言う前に、自分の言動に責任を持つことから始めなければならないのでは?

ネットをやっていながら自分の意見を言いたいだけ言うだけで他人の意見は無視。
ウヨとかサヨとか、体制とか反体制とか偉そうな事言う資格がまったくないですね。

管理人さん、実は中学生?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 02:51

もう寝てるんだよ。で、明日の朝、消すんだよ。それだけ。

投稿者 人権派 : 2006年04月20日 03:00

「甘えて」殺されて、「蝶結び」されて殺されて。
そんな論法で死刑廃止を求める弁護士がいるかぎり、死刑廃止に反射的に反対する人間多いだろうな。
俺もその一人だし。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:01

>みんなマトモだね・・・
>なんかちょっと安心しました

マトモか?このコメント欄が。
今ここには世論の中でも特にヒステリックな類のが押し寄せていると思うぞ?

投稿者 FRISKMONSTER : 2006年04月20日 03:03

一連の騒動の発端は安田弁護士と人権派と称される
人達の動きが全て発端になっています。
ここだけではなく、それらの運動に係り応援してる人も
何らかの見解を示さないと収拾がつかないのではないでしょうか?
少し外れますが嘗て拉致被害が浮上した時、同じように被害者救済を求めた人達が居ました。
その時はまさに被害者側が弾圧され誹謗中傷を受け、加害者側
の権利、主張のみが正当化され、事もあろうに被害者は不当な暴力と圧力に屈しました。
そしてそれを言説で後押ししていた人達は、一切自分の行動に
責任を取らず、素知らぬ顔をし厚かましくも被害者面する人間すらいます。今の世論の盛り上がりはその反動でしょう・・
今はその時と状況が違い、ネットと言う新しいメディアが醸成
されつつつあります。
見解を示さず、責任を放棄する姿勢を取り続けると、その反動は凄まじい物となり、他所にまで飛び火する恐れがあります。
ここは一つ管理人殿の見解を示し有る程度の沈静化を見るのが
勤めだと思います。
応援を続けるならば、反省すべき所は反省しサポートし
明らかな間違いがあるのなら指摘する姿勢は大切だと思います。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:11

ここを見ていて死刑反対論者はいわゆるサヨクであると確認できた。そうでなければ単なる浅はかな思考のまま大人になったのか・・・。
個人的には囚人は刑罰を受けるものであって、刑務所で人権的な扱いの保障を求める権利はないと考える。ここの管理人が言うように、先進国の刑務所を見習って更生のための刑務所に、厳しく刑罰を受けるという要素を少しは取り入れてほしい。刑務所はホテルじゃないんだよ。

投稿者 死刑賛成者 : 2006年04月20日 03:12

死刑廃止賛成派が減ったのは確かだろう。
死刑廃止論を語る時に不利な武器を作ったのは事実。
安田氏が死刑廃止論をどれだけ語っても
今回の言動を知った人は、安田氏が表に出る限り
そう簡単に死刑廃止賛成には回らなくなった。

法は守っても人として信じられない以上、
言動主張を信じる事など一般人には到底出来ない。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:21

人の命をなんだと思ってるんだ?

クソ安田

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:21

私は死刑大賛成、被告には死刑を、と考えている者です。

今回のような場合、少数意見の人は
発言すると一斉に反論、攻撃されるので
発言を躊躇してしまいますが(こう考えるのは私だけかもしれませんが・・)
喜八さんは勇気を持って発言されていて
その点ではすばらしいと思います。


記事は読ませていただきましたが
喜八さんは死刑廃止論者ではないですよね?
ただマスコミによる安田弁護士への
異常なバッシングはダメだ!ということですよね?

しかしこのようなタイトルのブログを公開することは・・
喜八さんの奥さま、ご家族が殺害され強姦されても
自分の家族を殺した被告人の弁護士の応援をしますよ!
というような考え、覚悟があるということだと思われますよ。


あと「被告」=「弱者」ではありません!
「被害者」=「弱者」の場合のほうが多いんではないでしょうか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:28

>マトモか?このコメント欄が。
>今ここには世論の中でも特にヒステリックな類のが押し寄せていると思うぞ?

私が見る限り、個人なりに冷静に事件を考えた結果
そうとしか言わざるを得ない意見が多い気がするんですがどうでしょう?
なぜそう思ったかを書かないで数だけで判断して感情論言ってるあなたの方が
ヒステリックに見えます。

というわけで私も「みんなマトモで安心しました」

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:29

死刑は必要ですよ。
今回の一件で再確認した。
死をもってしか償えないものがある。
死んでも償いきれない事がある。
本村氏は私刑をもじさない覚悟をもっている。
それを行った際の責任を取る覚悟がある。
彼の家族を奪った被告には、命を懸けて償う気があるのか?
安田弁護士は命がけで弁護する覚悟があるのか?
自信の存在の全てをかけて挑んでる本村氏に対しあまりに無礼。
礼には礼を、命がけの覚悟をした人間にはそれなりの態度で臨むことが必要なんだよ。

投稿者 bigzam : 2006年04月20日 03:35

死刑は必要ですよ。
今回の一件で再確認した。
死をもってしか償えないものがある。
死んでも償いきれない事がある。
本村氏は私刑をもじさない覚悟をもっている。
それを行った際の責任を取る覚悟がある。
彼の家族を奪った被告には、命を懸けて償う気があるのか?
安田弁護士は命がけで弁護する覚悟があるのか?
自信の存在の全てをかけて挑んでる本村氏に対しあまりに無礼。
礼には礼を、命がけの覚悟をした人間にはそれなりの態度で臨むことが必要なんだよ。

投稿者 bigzam : 2006年04月20日 03:35

加害者と弁護士と、あと宮崎氏でしたっけ?

私は加害者もきちんと弁護されるべきだと思ってます。
もちろん法の下に、ルールに則って、加害者の真実を弁護する人間は必要だとは思います。

でもそれ以外の感情、思想は入れるべきではないですよね。
ましてや逆恨みの類いであったり、同胞を庇う類いであったりすると
世論からは一切支持されませんよ。理屈が明らかに狂人理論になりますから。
自分がその立場だったら…とか言っとけば、その後の意見の免罪符になるとでも思ったら大間違いです。

私達はもっと深くこの事件を見てます。「自分であったら」という感情移入だけで憤怒してます。
管理人さんのような意見を持つ人が「自分がその立場」云々いうこと自体に憤りを覚えます。

あなたは嘘つきだ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 03:45

「遺族対弁護士」という対立の構図も必要です。まして被害者側が弁護士に嫌がらせなどの妄想発言。それこそ言葉を選びなさい。もはや犯罪ですよ。神のみぞ真実を知るでしょうが、真実を曲げてまで法廷で争おうという人たちに天罰が下ることを心から願っています。

投稿者 aria : 2006年04月20日 03:55

はいはい、みなさん。プロフィールを注目。
http://kihachin.net/profile.html
>重度の活字中毒者です。
上野千鶴子、本多勝一に心酔している時点で
重度のサヨクですw

本多勝一は南京大虐殺、百人斬りなどの捏造で有名な反日を商売にしている売国奴
上野千鶴子も負けず劣らず文化破壊思想を振りまいているフェミニスト。

反体制を格好いいと思って始めたサヨク思想が、社会を敵に回す反日が
目的となって一般庶民には到底受け入れられない偏向思想になってます。

フェミニズム思想の危険性をよくご存じでない方は
こちらを参考にどうぞ。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/rindou/femi.html

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 04:04

福田も安田もここの管理人も、
この世からいなくなって欲しい。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 04:07

喜八と言う人は失敗しちゃったみたいだねぇ。
人前でものを言うことがどういうことかいい勉強になったでしょう。
人間、主張を変えるのは抵抗があるだろうけど、
素直になったほうがいいかもね。
成長したって誰も文句は言わないよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 04:58

このブログを読んで、安田弁護士が死刑廃止という信念をもって、弁護活動を続けている方だということがわかりました。
自分の信念のもと、おそらく誰も引き受け手のないであろう今回の弁護をお引き受けになったことは、弁護士として職務に忠実な行動だとおもいます。加害者の味方をする人は、現在というか、ここ2、3日で安田さんたち一派だけになってまってしまったでしょうから、最後の一人になっても、安田さんが犯人の側に立つことは、弁護人としてのあるべき姿だと理解できます。
それに比べて、犯人の前任弁護士たちは途中でこの事件を放り出すなんて、法律が許しても、わたしは納得できません。本村氏は、現実的には犯人とではなく犯人の弁護士と戦っているわけで、途中で相手が変わるのは、やりきれない思いがするはずです。事件が起こった当初、失礼ですが少年のような風貌だった本村氏は、この7年で20年も歳を重ねてきたようにご立派になられたが、やはり疲れ果てていらっしゃる。こんな本村氏と最後まで法廷で戦うことを放棄して、あろうことか、あんなエキセントリックな際物弁護士に後を任せたら、裁判がおかしな方向に進んでしまうことが容易に想像できただろうに、あっさりと、交代したことに嫌悪感を覚えます。本村さんは逃げないのだから、弁護士も途中で逃げるなといいたい。

それから、安田弁護士の素っ頓狂な弁明は、場合によってはドラマチックに判決を覆すこともあるのでしょうが、今回のはお恥ずかしすぎました。安田弁護士の登場で、犯人に多少は残されていた、社会復帰への道は完全に閉ざされたも同然です。もう社会的には死んだんです。その意味であの弁護はどうだったのか。犯人の反省している様子だけを前面に弁護したほうが、まだ、理解してくれた人はいたとおもいます。これこそが更正への道ではないでしょうか。

それとこれは個人的な感情かもしれませんが、例の「絵」が怖いです。とくに被害者が犯人に馬乗りにされて、首を絞められ下肢をだらりとさせている絵が、本当に怖くてたまりません。こんな絵を、被害者家族も目にする記者会見の場で、公に披露する安田弁護士の神経は、やっぱり怖いです。

投稿者 なおなお : 2006年04月20日 05:01

>はいはい、みなさん。プロフィールを注目。
>http://kihachin.net/profile.html
>>重度の活字中毒者です。
>上野千鶴子、本多勝一に心酔している時点で
>重度のサヨクですw

プロフィールで、喜八さんが著書を濫読して
いるといっている人(宮本常一、網野善彦、
野口悠紀雄、上野千鶴子、神野直彦、鐸木能光、
西澤保彦、奥園壽子、魚柄仁之助、本多勝一)
の名前と「朝日」でググッたら
見事にヒットしましたw

喜八さんは朝日新聞関係者なんですか?

安田弁護士の行動は、非難されて当然と思われますが
今でも応援されているのですか?

投稿者 安田は人間失格 : 2006年04月20日 05:18

>安田は人間失格

うーん、サヨは左翼でもいろいろあるみたいよ。
今回の件でのテレ麻と東京新聞での扱いを見ればわかること。
実は、テレ麻と安田氏の間には一悶着あったらしい。
一方、東京新聞では何事も無かったかのような扱い。

結果として、テロ麻では被害者遺族の立場に立った、えらくGJ!な報道が
なされた一方、東京新聞及び、東海地方での影響が大きいイオン新聞での
扱いは、まるでTBSニュースでの筑紫氏のように極小だった件。
喜八氏は筑紫氏寄りなのかねw。どっちにしてもそろそろ自身の見解を聞きたい
所なんだけど・・・

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 05:38

死刑の是非と本件の極刑の是非は別

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 06:27

コメント冒頭のkaetzchen氏と喜八氏の妄想力の限りを尽くした暴論に、反吐が出そうになりました。

もう少しまともな本を読み、実際にいろんな人と会って話をし、人間らしい正常な感覚を見にまといましょう。

裏読みが過ぎて不愉快です。
素人Blogとはいえど、道路に落ちた糞を間違えて踏んでしまったって感じ・・・いやぁ朝から気分は最低です。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 09:02

喜八殿
犯罪者が、更生するプロセスについて、貴殿は明確なビジョンをお持ちの様だ。この下衆が更生するプロセスを是非、示されたい。

投稿者 あやなみ : 2006年04月20日 09:24

安田人権派弁護士のせいで、是非がよく解らなかった多くの人々が死刑必要派になったと思う。結果的にこの人が、欠席理由にした死刑反対弁護士会での寸劇事件が多くの人から怒りを買った。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 09:28

 殺人犯に対して弁護する必要はないと思っている俺だけど、あの記者会見のコメント聞いてると、釣られてるって思うのは俺だけ?
 ただ今回は、被害者の方々が居られるから、冗談じゃ済まないから、やっぱり本気に思ってるんだろうねぇ?
 あんなコメントが通るなら、学校で怒られる餓鬼ゃあ一人もいなくなるよ!
 「学校に行こうと思ったけど、足がもつれてゲーセンで遊んでしまいました・・・」
 「宿題をやろうと思ってシャーペンを持ったつもりで、シャブ打ちました・・・」
 ってどんどん飛躍できるだろうがぁ!
 餓鬼でも言い訳するときは、嘘っぽくないかとか、ばれないかなぁとか気にしながら言い訳するんだけどねぇ、それを越えて嘘と現実の区別がなくなったら、そりゃ病気だよね?

投稿者 あのなぁ : 2006年04月20日 10:46

いずれにせよ、安田弁護士のおかげで、死刑も仕方ないと思う人が増えたことだけは間違いない。結果的には逆の事をしてるね・・・この人

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 11:28

ページごと削除するなよ、管理人・・・(笑
安田は死人に口無しだと言わんかのごとく、犠牲者を誹謗しまくった。「・・・わが身を守るために子供を投げつけた・・・」などは、その最たる証拠。どうやってその事実を証明するつもりだったのか?・・・っていうより証明するつもりは無く、この凶悪な容疑者の死刑回避のためなら、どんな暴言でも正当化するキチガイだったってことよ。そんなキチガイにオマエは賛同している。自己客観視が欠落しているね。自己正義心の狂信に陥った人間の典型的な見本だな。

投稿者 < : 2006年04月20日 11:42

 あの人を馬鹿にするような弁護士を応援するやつっているんだ。
 被害者遺族を精神異常者扱いしてるのもいるし、本当に死刑反対に与するものっていうのは理解しがたいな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 11:43

>逆にこんなことも考えました。私に息子がいて、その子が殺人事件の「加害者」になってしまったら・・・。
>安田好弘さんのような全身全霊で職務に当たる方に弁護を担当してもらいたいと願うでしょう。

>投稿者 喜八 : 2006年03月21日 20:08


人として親として何か違うと思うんですけど~
こりゃ、ブログ炎上してもしかたないですな。
ダメだこりゃ(笑

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 11:57

燃え上がってるなーw
ま、自業自得だが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 12:01

喜八さんのコメントはまだですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 12:06

こういう左翼寄りの人はこういう順で変化するよ。
歴史に学ぶとね。

1.理想に燃えて左翼となる。

2.左翼の理想と現実で著しい矛盾点が出てくる
 例えば貧富の差をなくそうと言いつつ貧富が拡大する中国
 例えば人権を守ろうと言いつつ被害者人権を軽視する

3.それでも理想は正しいと言い張り、自分の矛盾を受け入れられなくなる。猛烈に学習するが全て自分の考えを補強する方向でのみ。
 例えば検察の捏造は大問題だが、人権派弁護士である程度の捏造は許されるというダブルスタンダード

4.自分と同じ思想の仲間のみで固まり、それ以外の人には理解は求めない方針となる。自分達の考えは死んでも変わることはない。(ここが左翼的ポイントオブノーリターン)

5.孤立が深まり、左翼同士でも更に分裂が進む。一部は先鋭化し正しい目的の為ならある程度の暴力もやむを得ないと考える集団が現れる。

投稿者 左翼の歴史 : 2006年04月20日 12:11

売国党主福島のプログから来ました、

テレビを見て必ず涙が出るシーンは本村さんが雪が降る中で、
「死刑の判決を得られず、二人に申し訳ない」と嗚咽をする場面です、
人間なら誰しも共感をするものだ。
冷酷非道エセ安田、足立弁護人を応援する管理人達には人として血が流れているのか?

馬乗りになったイラストを自慢げにテレビで振りかざすヤツに、
人間性のかけらも見出せない。
あんなやつが弁護士か・・・
まったく、社民党の主張とそっくりだ、
死んだ人の人権を認めず冷酷非道の犯人の利益を追求する!!

投稿者 クロ : 2006年04月20日 12:25

死刑反対論者の人に一度聞いてみたいと思ってたんだけど、
現在、刑事罰として死刑を採用していない多くの国は「冤罪の
可能性」をその一番の理由に挙げています。

実際、人間のすることだから間違いを犯す、その可能性は否定
できないんですが、たとえば複数の罪なき人を殺し、現行犯で
逮捕された場合でも死刑にすべきではないという考えなのでし
ょうか? たとえば大阪の池田小事件の故宅間氏のようなケー
スは?

私は「個々の事件について死刑にすべきかどうかは熟慮される
必要があるが、システムとしての死刑は廃止すべきではない」
と考えます。通り一遍等に「全部廃止!」ってのはそれはそれ
で問題があると思いますが?

投稿者 福岡人 : 2006年04月20日 12:31

喜八さんの考えを聞きたいですね。

逃げましたか?
貴方のような人は何時もそうです。
多分あなたも朝○人なんですよね。

投稿者 やだ : 2006年04月20日 12:46

http://www.makani.to/junk/
こちらでもバトル開始。

盛り上がって参りました。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 12:48

喜八さん
まず最初に申し上げておきます。私は貴方の心酔する安田弁護士の人間性やこれまでの功績には全く興味がございません。

さて貴方がこの安田弁護士応援ブログを立ち上げたきっかけであるマスコミの安田弁護士バッシングに対する批判、これ今でもそう思っていらっしゃるのでしょうか?貴方は安田弁護士の人物論を掲げてバッシングを非難されていますが、私には到底理解いたしかねます。

欠席当日日弁連の裁判リハーサルがあったようですが、裁判とリハーサル、さてどちらを優先すべきものだったのでしょうか?弁護人就任して間もないため公判までの時間が足りなかったとのことですが、時間が足りないことは弁護人就任を打診された時点でわかっていることでは?これらは裁判を欠席する正当な事由といえるでしょうか?プロであるならば何とか間に合わせるべきでは?間に合わないとしても、欠席せずに法廷で「被告人から新たな申し立てがあった。もう少し時間が必要だ。」と陳述すればよかったのでは?裁判欠席を裁判手法として認められる発言をされている方もいらっしゃるようですが、弁護士ならば欠席などせず法廷で弁護技術を発揮させるべきでは?貴方の主張するところから考えると、法廷が「リンチの場」とならないために弁護士がいるのでしょう?その弁護士がなぜ欠席するのでしょうか?

そして今回の会見時の主張。安田弁護士はこの1ヶ月間何をしていたのでしょう?極刑になりたくない被告人と極刑にしたくない弁護士、この両者の利益のためにこの1ヶ月があったのでしょうか?そもそも一審二審ともに殺意の有無について争われたことがあったのでしょうか?それを今になって殺意を否認?しかもあんな子供騙しの荒唐無稽な主張で?被害者はお亡くなりになってから何度陵辱されればよいのでしょうか?しかも貴方の嫌悪するマスコミを利用して。少なくとも私の目には、貴方やその同調者の心酔する安田弁護士に貴方の言う人間性は感じられませんでしたし、正当性も見出すことはできませんでした。安田弁護士自らが被害者家族を批判してらっしゃいますよね。あの言動は何を意図したものだったのでしょうか?あんな主張が通るならばそれこそ司法制度の崩壊だと私は考えます。

弁護人が被告人を弁護すること、これは当然のことでしょう。重罪人を弁護することの是非について私のような者が述べることはございません。ただ安田弁護士の今回の一連の行動、いかがでしょうか?弁護士としての職業倫理に則った行動として評価すべきでしょうか?真実を明らかにしようとした行動として評価すべきでしょうか?私は「否」です。どのように贔屓目に見ても安田弁護士を応援する理由がどこにも見当たりません。

私もマスコミによるバッシング自体には賛成しませんが、ただ批難されるには批難されるだけの行為が存在するのではないでしょうか?そもそも今回の件については安田弁護士が弁護をすることを批難されているのではなく、安田弁護士の一連の言動について批難されているのでは?貴方は世論をあおるようなマスコミの報道を「安易」なバッシングとして批難してらっしゃいますが、貴方は安田弁護士を応援するジャーナリスト等が応援を表明しているからというような理由で「安易」に安田弁護士を応援してはいませんか?私は、貴方が「安易」にこの問題を取り上げたことやこのブログで「同調者」には反吐のでるようなやり取りを繰り返し、「反論者」には何も答えない点において貴方はマスコミと何ら変わらない、そう考えます。(というか貴方よりは「安易」に考えていないだけマスコミのほうがずっとマシ?)

貴方の真摯なコメントがいただきたいのですが?

投稿者 揶揄? : 2006年04月20日 13:06

喜八さん
まず最初に申し上げておきます。私は貴方の心酔する安田弁護士の人間性やこれまでの功績には全く興味がございません。

さて貴方がこの安田弁護士応援ブログを立ち上げたきっかけであるマスコミの安田弁護士バッシングに対する批判、これ今でもそう思っていらっしゃるのでしょうか?貴方は安田弁護士の人物論を掲げてバッシングを非難されていますが、私には到底理解いたしかねます。

欠席当日日弁連の裁判リハーサルがあったようですが、裁判とリハーサル、さてどちらを優先すべきものだったのでしょうか?弁護人就任して間もないため公判までの時間が足りなかったとのことですが、時間が足りないことは弁護人就任を打診された時点でわかっていることでは?これらは裁判を欠席する正当な事由といえるでしょうか?プロであるならば何とか間に合わせるべきでは?間に合わないとしても、欠席せずに法廷で「被告人から新たな申し立てがあった。もう少し時間が必要だ。」と陳述すればよかったのでは?裁判欠席を裁判手法として認められる発言をされている方もいらっしゃるようですが、弁護士ならば欠席などせず法廷で弁護技術を発揮させるべきでは?貴方の主張するところから考えると、法廷が「リンチの場」とならないために弁護士がいるのでしょう?その弁護士がなぜ欠席するのでしょうか?

そして今回の会見時の主張。安田弁護士はこの1ヶ月間何をしていたのでしょう?極刑になりたくない被告人と極刑にしたくない弁護士、この両者の利益のためにこの1ヶ月があったのでしょうか?そもそも一審二審ともに殺意の有無について争われたことがあったのでしょうか?それを今になって殺意を否認?しかもあんな子供騙しの荒唐無稽な主張で?被害者はお亡くなりになってから何度陵辱されればよいのでしょうか?しかも貴方の嫌悪するマスコミを利用して。少なくとも私の目には、貴方やその同調者の心酔する安田弁護士に貴方の言う人間性は感じられませんでしたし、正当性も見出すことはできませんでした。安田弁護士自らが被害者家族を批判してらっしゃいますよね。あの言動は何を意図したものだったのでしょうか?あんな主張が通るならばそれこそ司法制度の崩壊だと私は考えます。

弁護人が被告人を弁護すること、これは当然のことでしょう。重罪人を弁護することの是非について私のような者が述べることはございません。ただ安田弁護士の今回の一連の行動、いかがでしょうか?弁護士としての職業倫理に則った行動として評価すべきでしょうか?真実を明らかにしようとした行動として評価すべきでしょうか?私は「否」です。どのように贔屓目に見ても安田弁護士を応援する理由がどこにも見当たりません。

私もマスコミによるバッシング自体には賛成しませんが、ただ批難されるには批難されるだけの行為が存在するのではないでしょうか?そもそも今回の件については安田弁護士が弁護をすることを批難されているのではなく、安田弁護士の一連の言動について批難されているのでは?貴方は世論をあおるようなマスコミの報道を「安易」なバッシングとして批難してらっしゃいますが、貴方は安田弁護士を応援するジャーナリスト等が応援を表明しているからというような理由で「安易」に安田弁護士を応援してはいませんか?私は、貴方が「安易」にこの問題を取り上げたことやこのブログで「同調者」には反吐のでるようなやり取りを繰り返し、「反論者」には何も答えない点において貴方はマスコミと何ら変わらない、そう考えます。(というか貴方よりは「安易」に考えていないだけマスコミのほうがずっとマシ?)

貴方の真摯なコメントがいただきたいのですが?

投稿者 揶揄? : 2006年04月20日 13:07

惨殺された被害者を揶揄する弁護士とそのサポーターか・・・
まったく変な世の中になったもんだ。
中国なら公開銃殺なのに、こういう連中に限って中国の行動
には賛同するんだな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 13:19

社民党福島党首は、犯罪者にも人権があるから警察官はたとえ相手が武器を持っていても、丸腰で立ち向かうべきとテレビで言ったらしいね。
それで警察官が殺されても、それは仕事だから仕方ないって言っていたようだけど。

今回の件といい、こうした発言といい、本当に分からないよ。

明らかに治安が悪化するよね。現実より自分の理想が大切ってことか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 13:26

こらっ!出て来い忘八

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 13:44

喜八さん、何か言ってくださいよ。
状況が悪化したからって逃げるなんて卑怯ですよ。

投稿者 芋 : 2006年04月20日 15:51

佐木隆三さんがテレビで言ってたけど、70年代にこの手の裁判引き伸ばしが横行してて「弁護人抜き法案」とかいうものが作られそうになってたのを日弁連が責任をもって国選弁護人をつけるということで折り合いがついたんだそうな
つまり足立弁護士は自分で自分の首をチョウチョ結びしてるようなものですね
宮崎学も偉そうな事書いてたけどそれに乗っかって喜んでた人達ってある意味かわいそうですね
喜八さんが今、この件についてどう考えてるのかは是非聞きたいのですが
被害者の遺族をを「被害妄想」とかふざけた事を言ってた人は家族がいるのかな?
人間なら同じ思いをせずとも想像できる話だと思うんだけど

投稿者 ras : 2006年04月20日 16:07

喜八さん、こんにちは。
また情報提供です。

死刑廃止を目標とするグループが、今回の件について
安田弁護士を応援する姿勢を表明しています。
http://share.dip.jp/soba/

投稿者 タイピー : 2006年04月20日 16:37

喜八さん、ずいぶんとスルースキルの高い方ですね。
自分でまいた種なのですから尻拭いぐらいしたらどうですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 16:53

>喜八さん
なぜ発言されないのでしょうか?
何も大声で喜八さんの言論を封殺しようと待ち構えているわけではないんです。
永田議員が形勢不利とみるや、逃げ回っていたのと同じ怒りを感じます。
あの騒動でも逃げずに出てきて自分の知っていることを話してくれたら、みんな永田議員を追い回さなくなったことですし。

確かにただ怒りをぶつけているだけの人もいて、それは喜八さんが滑稽な陰謀論による死刑反対の人を疎ましく思うように、私も残念に思うところはあります。

しかしこれまでの書き込みを見るに、後半は全体的に叩く目的より議論したいという人の方が多いのではないでしょうか。私もそうです。

喜八さんは死刑反対論者の中でもきちんと話ができる人という印象を受けました。私は怒りをぶちかましだけの死刑賛成論より、冷静に論理を組み立てられる死刑反対論者の意見を尊重したいと思っています。

途中で誰か書き込んでいたように、議論しても何も始まらないとする態度は、非常に危ういのではないかと思います。逆に国家権力の側がこういう態度だったら、どう思われますか?

自らを貶めるような発言をする死刑反対論者が跋扈するならば、あなたのようなきちんと話のできる人が発言しなければ、一抹の心理を含んでいるかもしれないことも全て水泡に帰してしまいます。私はそれを良しとしたくありません。

ある野球の名監督はどんなに自分の采配が悪かったと思われる試合の後でも、きちんと対応するようにしていたそうです。そうしたフェアーな精神と勇気に同調して頂けるなら、ぜひとも発言をお願い致します。

投稿者 議論求む! : 2006年04月20日 16:54

結局、喜八様の中では、ここのコメント等は一切存在しないことになってるようです。
もう怖くて見られないんでしょう。
スルーというより、ただ単に、来てないと思います。
まぁ、全削除をしなかったところは認めてやりますが。

投稿者 喜八は卑怯者 : 2006年04月20日 17:55

上記コメントの投稿者欄、訂正します。
言い過ぎました。
どうもこの事件の話になると、熱くなりすぎてしまいます。
失礼しました。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 18:21

ニュー速+からきますた

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:11

死刑反対論を唱えている人は、私が知る限りでは育ちがよく高学歴の方です。
恐ろしい人間というものを見たことがないのでしょう。

私もどちらかと言えば恵まれた環境で育ちましたが、20の頃、諸事情あって、いわゆる”社会の底辺”で日雇いをしなければならないことになってしまいました。

30前後の先輩が「俺は人が人を殺すところを見たことあるんだぜ」と誇らしげに語ります。
それより少し下くらいの先輩が「族の頃レイプしたことある。監察ついてた」と笑いながら語ります。

当然犯罪者も人間ですから、後悔し、反省します。
しかしそれは「罪を犯したこと」に反省しているのではなく「捕まってしまったこと」を反省しているのです。

1ヶ月でいいので履歴書が必要ないようなところで働いてみてください。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:16

喜八みたいな人とこの国の中でどう共生していったらいいのか?安田とは?足立とは?宮崎学とは?
想像力なき者たちと同じ国で過ごさねばならない現実を考えさせられる毎日です。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:23

毎日考えてるんだ(笑)ヒマだね。

社会の底辺事情のレポートも笑ったけど。
履歴書のないところで働いてみろとか

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:38

毎日考えてるんだ(笑)ヒマだね。

社会の底辺事情のレポートも笑ったけど。
履歴書のないところで働いてみろとか

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:38

喜八さんはお忙しいとか事情があって返事が出来ないのかと思っていましたが、
ブログの最新記事の方にのほほんとコメント入れているところを見ると
こちらのことは無視することに決めたんですかね?
だとしたら残念なことですが。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:40

被害者に対しては
「体制側=悪のレッテル」でも根拠は妄想
加害者に関しては
「困難な立場だから尊い」でも行っている行為自体は評価行わず

逆でも成立する(と言うか結論は問われない論理展開)ですので

 結 論 あ り き の 寝 言

何冊本を読んでも知性は身につかなかったと見えますな

ま 管理人さんは次の人生でがんばりなさい
氏ななきゃなおらないから今回の人生は諦めな

投稿者 頭が悪い管理人ですね : 2006年04月20日 20:41

あのー、喜八さん?
ここは無視ですか?殆どの人は真面目に書いているのに?
他の日のコメントにはしっかり自分で意見を述べているのに?

このままなら都合が悪くなると耳を塞ぐお子ちゃまだと自認していることになるよ。どんなに格好つけてもね。了見を改めない限り耳に痛い忠告に怒り出すか無視する喜八ような人の意見なぞ聞かなくていいと自ら表明するつもりですか?

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月20日 20:49

この人は知っていることを聞かれると機嫌よく教えるが、知らないことを聞かれると機嫌が悪くなる種類の人とみた。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:55

別に討論で考えを改める必要なんてないだろ。
なぜそんなに管理人に考え方を変えて欲しいのか
わからん。

俺だったら「考え直してください」と土下座でも
されたら少し考えるけど。

あ、でもやっぱり「お前とは考えが違うからヤダ」
っていうだろうな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 20:55

自分達と思想や意見の違う人のサイトに大挙して押し寄せて数の暴力で押し潰す。
こういうやり方、貴方達は恥ずかしいと思わないんですか。これじゃまるでヤクザの脅しです。
本当に議論がしたいんならここでしましょう。
ここでちゃんと論破して上げますよ。
http://yy31.kakiko.com/x51pace/

投稿者 ネット右翼は卑怯者 : 2006年04月20日 20:56

http://shomon.net/seikei/yasuda.htm

ここにも安田弁護士応援の人がいました。

投稿者 なが : 2006年04月20日 20:57

ちょっと訂正します。すみません。

「了見を改めない限り」の代りに「知恵が無くて」、「喜八ような」は「喜八のような」です。

しかし、無駄に年をとった人なんだろうか、喜八さんって。
(まあ、本多・上野を真に受けるようでは仕方ないか)

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月20日 20:59

ちょっと訂正します。すみません。

「了見を改めない限り」の代りに「知恵が無くて」、「喜八ような」は「喜八のような」です。

しかし、無駄に年をとった人なんだろうか、喜八さんって。
(まあ、本多・上野を真に受けるようでは仕方ないか)

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月20日 21:03

知恵がある人ってどんな人?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 21:08

二重投稿してしまい度々すみません。しかし・・・

>ネット右翼は卑怯者

極論から先に言いたい。
どうして自分の陣営の人を「被害者」の聖域に逃がそうまたはそこに逃げ込もうとするのです?しかも率直な意見や議論まで「数の暴力」と断定するのは何か根拠あってのことですか?

それともブログはただの翼賛用のページだとでも?

投稿者 死刑反対の反対 : 2006年04月20日 21:16

いずれにしても被害者が一番かわいそう。死刑反対論者は
加害者が「国家権力」に裁かれるから気に入らないんだろう。
ただそれだけ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 21:29

「ネット右翼は卑怯者」さんへ

いやあ、これまた香ばしい人が現れたね。
ネット右翼か。
こんなに大勢の人が組織的に動いているとでも言うのかな。普通の人が率直に自分の意見を述べているだけだと思うんだけどね。

左翼の人は自分と違う思想の人をカテゴリー化して批判するのが好きだからね。またこれも陰謀論ということなのかな。いやあ無知な大衆ですいませんねえ。でもこんなコテコテの人が出てくるとは面白いね。

喜八さんへ

喜八さんが発言しないから、こんな人がしゃしゃり出てきて、みんな勘違いしてしまうんだよ。

考えがまとまってからでいいので、きちんとこの件を「総括」してください。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 21:34

は? ネット右翼ってなに? ほとんどが惨殺された被害者の事を思う普通の人間の書き込みだろ? 被害者の心情を察して書き込む者は右翼となるのか? 被害者の心を蹂躙した安田弁護士の反論者は、簡単に右翼とかたづけられちゃうのか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:04

確かに喜八さんだったら「ネット右翼」なんて言葉使わないよな。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:11

その喜八さんの意見を変に叩くのは筋違いだと思うんです。
喜八さんはただ自分の意見を述べているだけだから。
喜八さんの方も何かしらの見解を示した方が良いと思います。
しかし昨今、ブログを立ち上げる人の中にはインターネット
の性質を知らずして勘違いして気軽に情報発信をしている人が居ると思う。
インターネット上で自分の意見を発表するという事は、全世界
にどんな小さな事でも自分の意志を打ち立てるのと同義です。
何かのきっかけで、質問、議論、攻撃の対象になるのは回避出来ません。
しかしやった以上は答える義務が生じます。
これは新聞と同じで、インターネットの持つ公とメディアの
部分です。
データも残るので、意にそぐわないから放置、撤退と言う手段を取るのなら、始めから立ち上げない事をお勧めします。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:14

あのね~ 街宣車でギャーギャーやってる右翼だけどね、みんな知ってると思うけど、大抵が暴力団とか在日連中がやってるんだろ。ここで英雄扱いされてる宮崎学も街宣右翼とかと繋がってるんだろ。極左とも繋がってるし。右も左もわけ分かんないよ。

投稿者 右翼の真実 : 2006年04月20日 22:14

安田が非道と思う人間が右翼なら、ほとんどの日本人が右翼だな・・・へーおれも右翼か?知らなかった・・・

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:20

死刑制度廃止論者の方々にひとつ質問なんですが、"更正の可能性"は"再犯の可能性"でもあると私は思います。
そしてそれを実行した忌むべき人間が世の中に少なからずいることについてはどのようなお考えをお持ちなんでしょうか。
その人間に更正の余地がないなんてことは本人以外の(もしかしたら本人にも)誰にもわからないことは重々承知のうえですが、個人的には自分が同様の事件で被害者遺族となった場合、死刑以外は望まないと思います。下手をしたら、自分で手を下すことも考えるかもしれません。
その結果、人ひとりの命とその人間のこれからの可能性や機会を奪ってしまったという事実を一生受け止めて生きていかなくてはならなくてもです。
やむを得ず死刑制度が廃止になるならば、終身刑の導入は必須であると考えます。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:32

上の人も書いている通り叩く目的だけの人はよくないよ。
冷静な対話をする機会を失うだけだからね。

落としどころとしては、一度きちんと喜八さんがコメントをして、少々やりとりがあって終了というところじゃない。

別に喜八さんの考えを変える必要はないと思うからね。
意見の違う人も敵ながら天晴れとなるかもしれないし。

但し「今後の参考にさせていただきます。」というのはなしね。あれはお前らとは話する気ないよってことだから、慇懃無礼で印象悪いよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:39

しかし削除しないだけ喜八氏は偉いと思うよ。都合が悪かったり自分と違う意見があれば、器量の狭い奴なら即削除するはず。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 22:59

私もそう思います。
どう言う形であれ喜八氏はこう言う場を設けているのだから。
だからこそ、見解を示すのが望ましいと思います。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 23:01

右とか左とか、死刑賛成だ反対だとかはどうでもいい。

とにかく今回の安田弁護士の発言を踏まえて
それでもこの弁護士を応援するのか?と聞いている。

どうせお仲間から「ネットウヨが暴れてるようだけどほっとけばいいよ」
とでも言われたんだろ?

同じ主義の人間だけと馴れ合いたいなら会員制のHPにでもしとけよ。
誰にでも閲覧できる&コメントが書き込める状況を作っておいて、
叩かれたからトンズラ決め込んでるってどういうことだ?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 23:04

そうだよ。右も左もない。冒頭に、「まず最初に被害者おふたりのご冥福を心よりお祈り申し上げます。」ときれい事を言っときながら、結果的に遺族を苦しめる行動に出てる。究極の弱い者イジメだ。たぶん正義を貫いてると信じてのことだろうから始末に悪い。

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 23:14

人権弁護士と言う言葉がまるで嘘なんだよ。気に入らない意見の人間を皆殺しにしても、そいつの命だけは奪うことができない。そういう世界が人権を守る世界なら糞食らえじゃないのか?人類皆平等のはずの共産主義のはずが実際できたことは気に入らない奴を皆殺しにすることだった。理念が空論に過ぎないとわかった時に理念だけ語ってたバカは発狂するんだよ。理想を目指す過程こそ人間の営みなのに、いきなり理想世界を現実化を計るとすれば、歩調が合わない奴を皆殺しにするしかないんだよ。

投稿者 俺は残虐な刑罰支援者か? : 2006年04月20日 23:43

>自分達と思想や意見の違う人のサイトに大挙して押し寄せて数の暴力で押し潰す。
>こういうやり方、貴方達は恥ずかしいと思わないんですか。


自分達と思想や意見の違う人の発言には耳を貸さずに、身内の意見にだけレスをする。
こういうやり方、貴方達は恥ずかしいと思わないんですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 23:55

>現在、日本のマスメディアでは「弱者の味方」がさげすまれ、「権力のタイコモチ」みたいな人たちが持てはやされる奇妙な風潮がある、と私(喜八)には思えます。
>「メディアはなんのためにあるのか?」という素朴な疑問への回答は、少なくとも「権力者の下働きを務めるため」ではないはずですが・・・。

人を二人なぶりころした人が弱者ですかwwww
頭は大丈夫ですか?

投稿者 Anonymous : 2006年04月20日 23:58

いやいやいや
ここで喜八さんを批判している人も皆社会的弱者なんだよ

だからきっと喜八は根拠も伴わず我々批判者を擁護してくれるさw
その上できっと喜八氏は「喜八さんって言い過ぎ。国家権力と裏で繋がってる感じがする」などと社会的弱者の敵を中傷してくれるさ

殺人の被害者と遺族にすらそこまで出来る人間性なのだから
自分自身を中傷するぐらい当然やるでしょうよ

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 00:30

逆にヤスーダは死刑廃止の立場に立って道化を演じることで、結果的に死刑廃止側をつぶそうとしてるのではと思えてきた。
どちらにせよ、俺はヤスーダを批判し続けるよ。
表立ってヤスーダがおかしなことをし続ける限り、どういう意図があろうとね。

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 00:40

今回の事例について、裁判の引き延ばしを狙っていないと宮崎学のサイトを読んで確信しているらしいけど、昔から引き延ばしは人権派弁護士御用達であってきたことをどう説明するのかな。

仮に今回のことが引き延ばしの意図がないにしても、オウムの事件で引き延ばしに失敗して、無用に死刑にしてしまったことをどう思うのか。

オウム事件以前からずっと引き延ばし手法を多用してきた歴史があり、それがだめとみるや何でもかんでも精神鑑定にするということは、弁護士会でも批判されているじゃないか。

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 00:53

喜八などとわざと日本人らしい名前を使い、
日本人を装っているが、あなたは日本人ですか?この鬼畜キチガイ安田、足立を応援している、とても日本人とは思えません!!こんなむごたらしい目をそむける悲惨な事件を、
わざわざ、イラストに描き(あれは安田が描いたのか?)
テレビで自慢げに説明する・・・ホントに人権派弁護士なのか?
どんな顔をしながらイラストを描いたのか~想像するだに恐ろしい・・・・

シナ、朝鮮人、イラク人の人権を追求しながらキンブタに拉致された我が同胞の生命、人権に頬かぶり!!
弁護士バッジってナンだ?
社民党売国党首福島とまったく同じ思想の持ち主と言う事が、
はっきりしました、
だから土井たかこから花束が届いたのだ・・・
納得・納得。。

投稿者 クロ : 2006年04月21日 00:53

死んだ被害者や、その家族には人権は無いんだね。ヤスダの頭には。
朝鮮人・支那人には人権が有って、日本人には人権は無いんだね。>人権屋弁護士。

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 00:58

土井たか子といえば、阪神大震災の時に自衛隊による救助に反対して復興が遅れさせたらしいし、辛光洙の釈放運動したりというトンデモ歴史がある人か。

国家権力の横暴を許さないって、一体どっちのことよ。

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 00:59

これからは害八って呼びますね^^^^^^^^^^

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 01:00

今日の夜8時には、トップでコメント書いてるのにね。。。
こっちは無視なんだ

投稿者 Anonymous : 2006年04月21日 01:47

いやはや、反日売国奴で北朝鮮工作員の疑いのある土井たか子さんの愉快なお仲間である弁護士さんは流石ですね、素晴らしい脳味噌をお持ちだ。そこまで本村さんと虐殺された奥さんと子供さんを侮辱できるとはね。
弁護士は依頼人の利益を守るのが仕事でしょうが今回は支離滅裂な事をやりすぎましたね、世間一般と同じく私もこの腐れ弁護士を許せません、こいつはとっとと自分の素晴らしい故郷にでも帰って隠居するべきです。

人間として許せない。

投稿者 名無しさん : 2006年04月21日 02:36

喜八さん、こんばんは。
また情報提供です。

本村氏の発言は問題で、麻原彰晃を死刑に処すことは
社会的損失だ、とおっしゃる方のブログです。
ご参考までに。
http://blog.e-otegami.net/butch/archives/2006/04/post_47.html

投稿者 タイピー : 2006年04月21日 02:53