【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『マチルダは小さな大天才』 | メイン | 在上海総領事館電信官自殺事件 »


2006年04月03日

長誓寺のしだれ桜

愛知県一宮市長誓寺1

わびすけさん(注:女性です)から「しだれ桜」の画像を送っていただきました。
ありがとうございます!
当ブログは殺風景で風流心に欠けるようです(汗)。
ですから、わびすけさんに花の写真を送っていただくのは、大変に有難いのです。

以下はわびすけさんの文章です。

喜八さんこんにちはー。
今日(03-31)で3回目、同じ所に友達を案内して来ました。
一度目や2度目は綺麗でしたが今日は少し散り気味のしだれ桜でした。
暇人なので案内役を頼まれました。
一枚は寺門の外からの写真、これもしだれ桜。
下の方に薄くピンクが見えるのが200年と言われているしだれ桜。
もう一枚が寺の中、絵を書いて見える方がありました。
愛知県一宮市の長誓寺のしだれ桜です。
こちらもソメイヨシノがソロソロ開花が始まっていますが、昨日の雪で少し持ちが良くなるでしょう。

(以下ふたたび喜八)
といえば花見
花見といえば酒(だんご?)。
さらには、ドンチャン騒ぎ、最近ではカラオケ、というのが「定跡」なのかもしれませんね。

私(喜八)もこれまで「花の宴」を数多く体験してきましたが、よくよく思い返してみると、「あれは楽しかった」という花見はそれほど多くはないようです。

楽しかった花見のひとつ。ずっと以前、沖縄民謡の先生たちと一緒に「島酒(しまざけ)」を飲みながら花見を楽しんだことがありました。民謡の先生が三線(さんしん、蛇皮線)を奏で、皆で沖縄民謡を歌ったのです。あのときは慣れぬ島酒(焼酎)に酔ってしまって、フラフラになった私でした。ほかにもツブレた人が何人もいました・・・。

当時は私もまだ若くて乱暴でしたから、空手家の友人と殴り合いながら、酒を飲んだりしていました。もちろん、本気で喧嘩をしているわけではなくて、お互いの拳をぶつけ合ったり、腹を殴ったり、板を割ったりして、じゃれているわけです(痛い楽しみ方です)。

最近ではそんな酒の飲み方をする元気もすでになく、花見も風流路線です。

聞くところによると江戸時代、上野の東叡山寛永寺の境内(現在の上野公園)の花見では酔っ払って騒ぐことや鳴り物(楽器)が禁止されていたそうです。徳川将軍家の菩提寺ですから、花見も品がよかったのかもしれません。それで、女性や子供連れの人たちは寛永寺の花見を好んだのだとか。

このごろは私も静かな花見に心惹かれるようになってきました。


関連ページ

愛知県一宮市長誓寺2

投稿者 kihachin : 2006年04月03日 20:36

« 『マチルダは小さな大天才』 | メイン | 在上海総領事館電信官自殺事件 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/672

このリストは、次のエントリーを参照しています: 長誓寺のしだれ桜:

» 春その1・桜など from 日常&読んだ本log
本日、当地はお花見日和。ようやく、青空の下で桜を撮る事が出来ました。 ピント甘いですが、枝垂れているの。 満開! 圧巻のソメイヨシノ。で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月03日 22:47

» 雨の郡山城 from 悠雅的生活
また雨になった 夫とのお出かけ   八分咲きの桜 雨に煙る古城跡も またよし…とするか 郡山城址追手門 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月05日 19:43

» 花見 ソメイヨシノ from わびすけ庭
こちらもソメイヨシノが満開となりましたので花見をして来ました 愛知県岩倉市の五条 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月07日 22:25

» しだれ桜を独り占め!満開の季節 from 夫婦生活と育児のコネタ画像大図鑑
しだれ桜の落ち着いた華やかさがとても美しいです。満開のしだれ桜でお花見 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月08日 01:18

» 実名がわかれば医師を騙るニセ医者を識別可能-厚労省が検索サイト from さまき隊的科学と環境と仕事と遊び
○厚労省が医師、歯科医師の検索サイトをつくりました。  医師等資格確認検索 http://licenseif.mhlw.go.jp/searc... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年04月07日 21:46

コメント

町内の花見は来週ですが 勿論飲み会的な物です
酒豪が揃っていますから 太鼓や盆踊りも
少し入れて賑やかに 一週間ほど前に友達と花見
こちらは懐石料理で静かに美味しい物を頂きます
明日はカタクリの花見と温泉の予定です
岐阜県まで出張します 
これから始まる染井吉野の花見はどこも場所取りが大変な
ようです 10日も前からカードに日にちと名前書いて
ぶら下げてありました

投稿者 わびすけ : 2006年04月03日 22:32

わびすけさん、こんにちは~。

花見で「太鼓や盆踊り」とは賑やかですね。
今日は「カタクリの花見と温泉」。
となると、もうすぐおでかけでしょうね。
いってらっしゃ~い。(^_^)/~

> 10日も前からカードに日にちと名前書いて
> ぶら下げてありました

カードで場所取りというのはスマートですね。
私が若いころは会社のお花見で場所取りをさせられたものでした。
ブルーシートの上にホームレスの人のように寝ながらでした・・・(笑)。

投稿者 喜八 : 2006年04月04日 05:14

シダレザクラ(動植物鉱物名はカタカナと47年文部省令で決まってますので誤解のないよう……)Prunus itosakura Sieb.は台湾在来種のエドヒガンの園芸品種ですから,当然サクランボつまり果実と種子がなります。6月頃に黒い実が成りまして,結構美味いですよ。

拙ブログにも書いたように,ソメイヨシノは人工的に作られた品種で,染色体も種なしスイカと同様,生殖ができないようになっています。だからソメイヨシノにはサクランボが成らないし,寿命も短いという性質があります。大樹に成長したソメイヨシノは一見きれいなようで,根っこが腐っていることが多いので,早めに伐採して植え直さないと事故のもとです。(^^;)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月04日 09:57

千鳥ケ淵の桜にコメント&トラックバックありがとうございました。
千鳥ケ淵の野良猫というのは知りませんでした。
また、よろしく。

投稿者 中村叶 : 2006年04月04日 11:52

kaetzchen さん、シダレザクラとソメイヨシノに関する懇切丁寧な解説をありがとうございます。
ソメイヨシノが「寿命が短い」「弱い」といわれるのには、そういう理由があったんですね!
江戸時代の末期に増えたというのは、たしか小林秀雄のエッセイで読んだことがあります。
それ以前の「和歌」等で詠まれた「花」は山桜だったと書かれていたような・・・(大昔に読んだので忘れてしまいましたが(汗))。

> 大樹に成長したソメイヨシノは一見きれいなようで,根っこが腐っていることが多いので,早めに伐採して植え直さないと事故のもとです。(^^;)

そうなんですか!
台風の時期などは気をつけないといけませんね!


投稿者 喜八 : 2006年04月04日 12:06

中村叶さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
「千鳥ケ淵の野良猫」に接したのは、もう20年近く前のことです。
もしかしたら、最近はいないのかもしれません・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月04日 12:07

喜八さん,こんにちは。病院から帰って来ました。如何にも雨が降りそうな感じです。バラ科の植物について詳しい情報を得たい場合は,http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/rosaceae/ という岡山理科大学総合情報学部生物地球システム学科のデータベースをお薦めします。(^_^)/

ヤマザクラ Prunus jamasakura Sieb. ex Koidz というのは本州から西に分布する種類でして,サクラ属の中では一番でかくなる種類で,幹は1mほどにもなります。もっとも,古代に「和歌」に詠まれた頃は,特に近畿地方は活断層がしょっちゅう大地震を起こし,火山が爆発して自然が荒れ放題だったはずですから,そういう土壌が浅くて日照条件の良いところを好むヤマザクラは多く繁茂し,貴族などのインテリに愛でられたのではないかなと想像します。

# 実は11年前の阪神淡路大震災を引き起こした「有馬-高槻-六甲断層帯」はまだ西半分しかずれていません。将来的には再び伊丹から千里を抜けて高槻にかけて,巨大地震を引き起こす可能性は否定できません。(^^;) 近畿地方にはたくさんの活断層があるのですけど,遠い昔のできごとだから「関西に地震はない」と錯覚しているんでしょうね。詳しくは丸善の「理科年表」という分厚い本を。

ソメイヨシノ Prunus ×yedoensis はオオシマザクラとエドヒガンの雑種であるため,学名の種小名(yedoensis)の先頭には雑種を意味する×印をつけます。植えて15年くらいで花がよく咲き出し,20~40年は枝を広げて盛んに花を咲かせるのですけど,50年を過ぎると急激に衰えてしまうのが特徴です。ただ,根っこを掘り出して植えると,新しい木として生まれ変わるのが面白いですよ。ただ,ウイルス病に弱いので,一部に花がつかない木があったら,根ごと掘り出して焼却処分しないと,周りの木々がみんな伝染してしまいます。

# 本当は植物は専門じゃないんだけどね(笑) とりあえず,雑学ということで。(^^;)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月04日 16:07

ついしんです。岡山理科大の url にあるように,学名は全部ラテン語です。だから,url も全部学名で書かれてますので,ラテン語になじみのない方にはちょっと辛いかも。(^^;)

# 聞いた話では,山口県の某市で新しく作られる文化会館の名前が「Rursus」で,これを「るるさす」と読むんだそうです(笑) どこの英語の先生が知ったかぶりしたのか分からないけど,ラテン語では「ルルスース」と発音します。この命名をした人にラテン語の基礎の講義をしてあげたいな(爆)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月04日 16:16

もうひとつ付け加えると,ラテン語 rursus を英語に翻訳すると rural retreat になります。rural poverty かも知れないけど。(^^;) 夏目漱石の「坊っちゃん」の世界そのものですな(笑) 山口県の人には,もっとしっかりして頂きたいものです。

投稿者 kaetzchen : 2006年04月04日 16:26

kaetzchen さん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

あれ?
ファイルの一覧が表示されてしまいますね。
↓の URL だとよいようですよ。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/rosaceae/rosaceae

貴重な情報をありがとうございます。m(__)m

> ただ,根っこを掘り出して植えると,新しい木として生まれ変わるのが面白いですよ。ただ,ウイルス病に弱いので,一部に花がつかない木があったら,根ごと掘り出して焼却処分しないと,周りの木々がみんな伝染してしまいます。

なるほど、ソメイヨシノの古木は保存すればよいというものではないのですね。
日本各地でソメイヨシノの木を切るかどうかで、行政と市民が対立するということは、よくあるようですが、事情をよく確認しないといけないのかもしれません。

> どこの英語の先生が知ったかぶりしたのか分からないけど,ラテン語では「ルルスース」と発音します。

どこで恥をかくか分かりませんね。
私もこの「喜八ログ」に間違ったことをたくさん書いているでしょう(汗)。

投稿者 喜八 : 2006年04月05日 09:43

こんにちは、今日は雨で桜の花びらもだいぶ散ってしまうでしょうね! 多摩川の土手も先日は満開で家族連れや若者で賑わっていましたよ~。ただ人出が多いとそのぶん私としては河川敷の猫達と出会いにくいのが残念です。ゴミを放置したり散らかしたまま帰る人も多くて私が猫達と触れ合っている夕方あたりの周辺はとても残念な風景に映ります。集団活動に向かない私の性格(笑)からか、私は花見をした経験がありません! ただ喜八さんのコメントにもあるように、静かに飲むことのできる仲間とだと集団生活ができると思います(笑。

投稿者 KON : 2006年04月05日 12:16

朝っぱらからコメント書いてたせいか,完全に風邪をひいてしまいました(笑) 外は雨で,早咲きしたサクラのなかまは雨に叩きつけられて散り始めてるんじゃないかしらん。

私は植物学は専門じゃないんだけど,まぁ生物学をずっとやってきたせいか,人間の自分勝手にはほとほと手を焼いていたりします。

ひどい例が,島原半島の8つの自治体が合併してできた「南島原市」http://www.city.minamishimabara.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html の,国指定史跡「日野江城跡」を,前の町長さんが勝手に重機を入れて(おいおい,文化庁に申請しないと国の史跡はいじったらだめなんだよ~!),勝手に城壁をぶっこわしてサクラ属の木々を100本近く植えまくって,サクラの丘にして一人悦に入ってたという話。合併後にこの事実が明らかになって(笑),他の7つの町村は知らんふり,元町長が自腹を切って元通りに城跡を復元するように行政処分が降りると思います。恐らく,数億円はかかるだろーな(笑)

要するに,行政と住民の対立なんていうのは,このレベルの話が結構多くて,この場合は「住民」の側に行政の長である元町長がワンマンの独自の美意識を反映させたということになります。自然科学の眼で見ると,こういう滑稽な例は意外と「環境問題」の中にも見られるのですけど(以前,何冊か啓蒙書を書いて,その手の運動家とかなりバトルやったが),人間の美意識なんて,まさにカラスの勝手なんですよ。志村けんは偉大だ(笑)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月05日 16:45

♪⌒ヽ(*'-^*)こんばんわぁ~

しだれ桜 綺麗ですね~!

わたしは 明日生徒さんたちとお花見宴会予定です
風が強いみたいですが お天気は大丈夫みたいでほっとしています
今日じゃなくてよかったです!!

投稿者 MACO : 2006年04月05日 18:58

喜八さん
こんばんは。今日はよせばいいのに雨の中、お花見して参りました・・・
巧い写真ではないですが、TBさせてくださいませ。

奈良県、郡山城址で、
まだ八分から九分咲きの染井吉野を観ながら、ぼちぼち散歩してきました。
それはそれで悪くないのですが、
そうでなくても巧い写真を撮る腕がないのに、ぼんやりした写真になってしまいました^^;

投稿者 悠雅 : 2006年04月05日 19:43

KON さん、こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

> ゴミを放置したり散らかしたまま帰る人も多くて私が猫達と触れ合っている夕方あたりの周辺はとても残念な風景に映ります。

お花見やバーベキューの後にはゴミが残りますが、と同時にお金や「まだ使えるもの」も落ちているようですね。
知り合いのホームレスの人は、人出があった翌朝早くに「目を皿にして」歩き回るそうです(笑)。

> 集団活動に向かない私の性格(笑)からか、私は花見をした経験がありません!

最近は私も大勢が集まる宴会はなるべく忌避するようにしています。私もまた「集団活動に向かない」性格なので・・・。
酒は気の合う小数の友人と飲むのがいいですね。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:15

> kaetzchen さん

> 国指定史跡「日野江城跡」を,前の町長さんが勝手に重機を入れて(おいおい,文化庁に申請しないと国の史跡はいじったらだめなんだよ~!),勝手に城壁をぶっこわしてサクラ属の木々を100本近く植えまくって,サクラの丘にして一人悦に入ってたという話

これは凄い話ですね。(@_@)
個人で弁済しなければならない、というのも凄い話です。
今後はそういう「個人責任」が問われる時代になっていくのでしょうね・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:16

MACO さん、こんにちは~。
いまごろお花見の真っ最中でしょうか。
「生徒さん」はダンスの生徒さんたちですね?
花にも負けぬ艶(あで)やかさでしょう!
来年は私もお仲間に・・・(笑)。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:16

悠雅さん、こんにちは。
トラックバック&コメントありがとうございます。
お写真はぜんぜん「ぼんやり」していませんよ~。
雨天のもとの桜花の幽玄な美しさを的確に捉えています!
・・・なんてキザな表現ですが(汗)。
長身の雨男さんに「よろしく」とお伝えください。
じつは私自身もかなりの「雨男」なのです・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 12:16

> kaetzchen さん

さきほどは書き忘れましたが・・・。(^_^;)
風邪の具合はいかがでしょうか?
「風邪の回復法」に関して本館サイトに以下のような記事があります。ご参考までに。

「風邪の回復法」
http://kihachin.net/qol/cold003.html

どうぞお大事に・・・。

投稿者 喜八 : 2006年04月06日 14:29

あいにく,正確に言いますと,気管支炎でして,単なる「風邪」じゃないんですよ。(^^;) 今日も寝てばかりで,トイレに起きた時と注射を射つ時だけ,枕元のPCに向かってたりします。今の状態をこじらせると確実に肺炎になりますので(去年も散髪に行った帰りに雨に降られて一ヶ月肺炎で入院(自爆)),まぁぼちぼちとね。今から注射を一本射って,持病の薬と睡眠薬を飲んで寝ようかなと。

# 一応,医学教育を受けたもので,民間療法は肌に合いません(笑) 漢方も副作用が強いので受け付けないんですよ。

投稿者 kaetzchen : 2006年04月06日 22:29

まぁ,医者なんてなるもんじゃないですね。所詮,使い捨ての肉体労働者ですから……。勤務医になったとしても,転職が多いと保険やなにやら色々と不利になるばかりで,成人病が出て来るととたんに保険料がバカ高くなって来る。普通の勤め人の倍もらっても,絶対割に合わない仕事です。昔の悪友が老人ケアの整形外科ステーションを開院したんだけど,この度の小泉悪政の医療費 1.6%削減のあおりをもろに食らって,病院の経営が危ないとか言って愚痴ってました。恐らく,お前が死ぬまでに借金返せないだろなー,なんて返事を返したら,冗談じゃないマジだぜーと帰ってきました。こりゃ,息子たちを跡継ぎ医者にしないとペイしないな(笑)

投稿者 kaetzchen : 2006年04月06日 22:39

kaetzchen さん、こんにちは。
昨晩からトラックバックを何度か送らせてもらっているのですが、跳ね返されてしまうようです。
インターネットはこういう不都合が多いですね。(^_^;)
また今夜に再挑戦してみます。

> 一応,医学教育を受けたもので,民間療法は肌に合いません(笑)

kaetzchen さんは医学部出身ですか。
そういえば『解析概論』を進めてくれた友人も医者の息子で、やはり医者になりました。
ただし、親の医院(内科)を継がずに精神科の研究医となってしまいました。
彼も「親不孝」なのかもしれませんね(笑)。

投稿者 喜八 : 2006年04月07日 09:07