【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 共謀罪11 | メイン | ビバ! 東京新聞! »


2006年05月22日

共謀罪12

ある方からいただいた情報を以下にコピーします。

**********************************************
(★引用開始★)

以下、海渡(かいど)弁護士から、転送です (21日受信分)

共謀罪の行方に関心を寄せるすべての方へ (転送歓迎)

共謀罪・5月19日に起きた出来事の意味と来週の予測される展開

                       弁護士 海渡 雄一
18日法務委員会理事会

 18日午後3時からの法務委員会理事会は休憩を挟んで夕方まで継続された。ここで、与党は19日の委員会採決を提案し、これに対し、野党側は強く反発し、実質的な修正協議に入れなかった。石原伸晃委員長が職権で、19日午前の理事会と同日午後の委員会開会を決定した。

法務委員会は強行採決モード

 19日午前11時から開催された法務委員会の理事会の場では、修正協議が決裂し、質疑終局・採決という提案がなされていた。そして、この時間帯に自民党の武部幹事長は「審議には終局がなければならない。採決する」と明言した。
 午後1時から委員会が開会された時点では、すくなくとも委員会室の中は強行採決モードとなっていた。
 午後3時に採決なしで審議が終わった時点で、杉浦法務大臣は「何が起こったのかわからない」と首を傾げていたという(朝日 20日)。

この動きが止まったのはなぜか。

 当初の報道では、河野洋平衆議院議長が河野議長は19日の昼前に自民党の細田博之、民主党の渡部恒三、公明党の東順治の3国対委員長と会談し、「共謀罪は国民の一大関心事となっている。強行採決は好ましくない」として、採決の見送りを求めたこととなっている。

河野洋平衆議院議長は一体誰の意向で動いたのか。

 衆議院議長が強行採決後に国会が空転しているときに、調整に乗り出すのはよくあることである。しかし、強行採決前にこれを止めると言うのは珍しい。今朝の朝日新聞の報道がこのような異例なことが起きた謎を解き明かしてくれている。小泉首相が細田国対委員長に密かに採決をするなと指示をし、細田氏の斡旋依頼で河野議長は動いたという。「共謀罪成立を強行した首相」と言われることが、「国民の人気」を何よりも気にする小泉氏には耐え難かったと言うことだろう。だとすれば、我々市民の声が、首相までを動かしたといえる。

来週の考えられる展開

 新聞は、与党が議長を担ぎ出して強行採決を回避した以上、強行採決は不可能となったと見ており、共謀罪の会期内成立は困難となったと書き始めている。そうなれば、本当にすばらしいことである。しかし、最後の大逆転の可能性が浮上してきている。
 与党が、民主党案を丸飲みする可能性があると言うことである。
 民主党案と与党案の間のハードルは高い。
1)対象犯罪を600から300に半減する。
2)犯罪の越境性を要件に盛り込む。
3)密告奨励の自首減免制度を原則として削除する。

 これまで、与党は1)2)は条約の一部を留保しても不可能と説明してきた。そういう意味では、与党がこの民主党案を丸飲みすることはできないと見られてきたし、いまも普通の見方ではそうなるだろう。そうなると、大幅延長がない限り、今国会の会期中の成立は困難で、継続審議にしても成立のメドはないこととなる。この展開では、我々の大勝利となるのだが、そうならない展開も残されている。

 それが、与党側がこれまでの説明を突然反故にして、民主党案を丸飲みするというウルトラCが示される可能性である。そうなると、一気に国会が正常化され、修正案が成立するという事態もありうるのである。
 
やはり、共謀罪の本質的な危険性を訴えることが大切

 これまで民主党が対案を示して論戦を仕掛けてきたことは、大いに意味のあることであった。対案がなければとっくに採決されていた可能性が高いからである。しかし、昨日平岡議員は私に「国会で審議をすればするほど共謀罪というのは訳がわからなくなる」「こんな制度を持つとされるアメリカやイギリスで実際どんな使われ方をしているのか、人権侵害が起きているのではないか、十分勉強する必要がある。」と語ってくれた。

  本当にその通りだ。アメリカとイギリスはイラクに軍隊を送っている中心だ。小選挙区制度の下で、議会内での思想の多元性が失われている国でもある。戦争に向かう政府を止められないのは、共謀罪的な監視社会の中で表現の自由が抑圧されていることと関連があるのではないのか。どんなに適用対象を限定しても、犯罪の合意だけで人を処罰できるという共謀罪の本質的な問題は解消できない。このことをもう一度訴えていくことが必要だ。

国連条約の起草過程の民主制の有無を争点化していく必要性がある

 もし、万が一にも与党側が民主党案を丸のみにしてきても、共謀罪に反対する思想と論理を構築する必要がある。そのためには、国連による条約の起草過程にかかわったのが外務、法務、警察官僚の代表だけであり、市民の代表がいなかったということを問題にし、民主的正当性を持っているのかという問題も提起していく必要があるだろう。

国民世論の大勢は明らかに共謀罪法案の修正可決ではなく、廃案を求めている。

 いま、国民世論の大勢は明らかに共謀罪法案の修正可決ではなく、廃案を求めている。民主党が対案を示して闘ってきたことは反対の声を強める上で役に立ったし、その努力には深く敬意を表するものである。

 しかし、民主党内でも十分討論して、仮に与党側が民主党案を丸のみにしてきても、たとえば、時間を掛けて、アメリカやイギリスの共謀罪の適用の実態を議員の海外調査を実施して徹底した調査をしたり、条約締約国が条約5条の実施のためにどのような制度を創設しているのか、包括的な調査を行うことなどを求め、将来の禍根を残さないような慎重なうえにも慎重な審議を求め続ける姿勢を貫いて欲しい。

***************
〒160-0022
  東京都新宿区新宿1-15-9
      さわだビル5階
      東京共同法律事務所
       TEL 03-3341-3133
       FAX 03-3355-0445
mail:ay1y-kid@asahi-net.or.jp
      弁護士 海渡 雄一
***************

(★引用終了★)


投稿者 kihachin : 2006年05月22日 06:53

« 共謀罪11 | メイン | ビバ! 東京新聞! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/704

このリストは、次のエントリーを参照しています: 共謀罪12:

» 今週も国会から目が離せない! ~共謀罪、教育基本法、憲法改正などアレコレ雑感 from 日本がアブナイ!
<22日10時・教育基本法改正案の民主党対案に関する参考記事を追記>   先週は、仕事が多忙であった上、個人的にもイヤなことが多く、世の中のことでもア... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 15:03

» 共謀罪:採決先送り from ねじれ川柳惑星
 本日、河野洋平衆院議長が自民、公明の国対委員長に共謀罪の採決先送りを要請した。その結果与党は要請を [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 15:21

» 「共謀罪」の採決は見送りに from S氏の時事問題
<共謀罪>修正協議は不調に終わる 採決は見送り  犯罪を実行しなくても合意しただけで罪に問える「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、与党と民主党の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 15:27

» 白居易に近づくために…? from オギノフの肖像
Kiel vi fartas? 日中、少しの間天気が良かったので、近所をドライブ! 酒の抜け切らない身体にも心地よさが伝わるような爽快さ! 最近、やっぱり走っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 17:33

» 「共謀罪は怖くない」そんなマスコミのキャンペーンに気をつけろ from あめ男のブログ
19日の採決は見送られ、今国会での成立は困難か?という情勢になってきているようだ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 19:05

» 共謀罪 -民主党案・越境性への疑問- from f t v 部炉具 -言葉の装い- 
5月1日の記事を加筆・修正で再び掲載します。  共謀罪の民主党がしめした与党への対案として、「越境性のある犯罪」に限定するという言葉を盛り込むとか。  し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 19:39

» 共謀罪―騙されていませんか? from 日本を☆あっきーらめない~☆真実☆を探しています。
いろいろな資料を読んで賛成者の考えもだいぶ分かったと思う。 賛成者は政府を全面的に信用しているからこそ賛成できるのだろう。 コメントをくださった方のように別... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 20:20

» 臓器移植は患者を救わない? from 晴耕雨読
臓器移植に関して当ブログでは 生きたまま臓器摘出:中国での臓器移植  臓器移植医療と「脳死」判定 治療費を理由に臓器提供を要請 命を金儲けの道具としたアメリカ ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月22日 20:38

» 「共謀罪」の採決は見送りに:続報 from S氏の時事問題
<共謀罪>与党と民主党の修正協議、主張にはなお隔たり  犯罪を実行しなくても合意しただけで罪に問える「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を巡る与党と民主党... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 00:56

» 共謀罪法案の採決先送り 河野議長が要請 from 観劇レビュー&旅行記と日記
与党、共謀罪法案の採決先送り 河野議長が要請 (朝日新聞) - goo ニュース 朝日新聞Web版によると、採決回避に向けて河野衆議院議長が精力的に動かれたよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 09:33

» 共謀罪 絶対廃案に 全労連など集会・要請 from 労働相談・JMIU博多協議会
 全国労働組合総連合(全労連)、自由法曹団、日本国民救援会は十八日、共謀罪新設法案の強行採決に反対し、未決拘禁法案の廃案を求める集会を参院議員会館で開き、集会後... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 09:34

» 明治憲法に未練恋々 from とむ丸の夢
 1946年4月、戦後初の総選挙で寒村は社会党から立候補して当選。  この年の [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 10:40

» 初歩からの「フランス語入門」! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 また気管支炎(泣)ということで,今から病院に行って来ます。「税金の話その2」と「少女マンガ」は気長にお待ち下さい。(+_+)☆\ばき!(--;) # 昨日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 11:24

» 再修正案なければ共謀罪「採決を」? from 瀬戸智子の枕草子
再修正案なければ共謀罪「採決を」 杉浦法相というニュースがつい20分前に出ました [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 12:06

» 国民投票法案 国会へ? from 瀬戸智子の枕草子
ついに与党は国民投票法案を26日に国会に提出する模様。 昨日の西日本新聞のニュー [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 12:37

» 共謀罪病も、早1ケ月 from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
<div align="center"><a href="http://henrryd6.blog24.fc... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 13:29

» 一般市民の政治や共謀罪などの法律のとらえ方&メディアの役割 from 日本がアブナイ!
最初に、このブログでよく取り上げている事柄に関連するいくつかの情報を。  共謀罪の審議、採決に関しては、与党内でも扱いに困っているようだ。  23日の朝... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 17:28

» 珍しく応援してみよう。 from 薫のハムニダ日記
今日の午後、ヤフーのニューストピックで「共謀罪、採決さらに先送り」というニュースが流れたのでとりあえずまたホッとした。 でも下には「<共謀罪>今国会成立に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月23日 18:12

» 共謀罪!40日間鯉状態! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
<div align="center"><a href="http://henrryd6.blog24.fc... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月24日 09:54

» クリンゴン文庫読書ノート(2)政治家石井紘基その遺志を継ぐ:石井紘基議員追悼集刊行委員会(明石書店) from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
ゴールデンウィーク中に書きかけて止まっていた書評まがい.前便で民主党の今後の振舞いが共謀罪法案の帰趨を決すると書いた.もし,民主党に一人でも心ある人物が残ってい... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月24日 17:19

» 渡部恒三 独占お茶のみ話 from 現役雑誌記者による、ブログ日記!
TBさせていただきます。今回、渡部恒三民主党最高顧問との独占お茶のみ話です。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月23日 09:13

» さぁ、河野洋平を辞職させよう from pixie酒田市民#0619のブログ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/50111ついでにエロ拓とテロ紘一もよろしく [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年05月02日 18:51

コメント