【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 9条の会・埼玉講演会 | メイン | 05-06~05-12の運動 »


2006年05月10日

共謀罪5

究極の悪法「共謀罪」が、ここ数日中にも強行採決されてしまうのではないか、という観測が流れています。

われわれの「祖国」日本を北朝鮮や旧ソ連のような暗黒社会にしてしまう可能性が高いといわれる「共謀罪」。
こんな危険なシロモノを政府与党はいまなぜ無理やり制定する必要があるのか?

この謎を解くにはジャーナリスト斉藤貴男さんの以下の考察が参考になりそうです(『「治安国家」拒否宣言──「共謀罪」がやってくる』斉藤貴男・沢田竜夫編著、晶文社、2005より引用、21頁)。

 どうしてそこまでやりたいのか。日本がこのまま行けば日常的に戦争をする国になるからです。アメリカとまったく同じ行動原理をとる、というか、アメリカが決めたことにすべて従う国になる。アメリカがどこかと戦争を始めれば、必ずその手伝いに行く。
 構造改革路線によって、階層間格差がとてつもなく広がっていく。階層間格差が広がれば、当然、割りを喰う側、たぶん人口比で言えば八割くらいの人が「負け組」に位置づけられるはずだけども、その人たちは当然、不満の塊になります。いずれにしてもそれは社会を不安定にします。戦争をすれば、これまた当然、報復も受けます。それをテロと呼んでいいのかどうか、本来は徹底的に議論されなければならないはずですが。
 戦争と差別があたりまえの社会になり、世の中の不安定要因が増えていけば、いろいろなことが起こります。それを上から監視して統制するためのひとつの手段として共謀罪が用意されたとぼくは見ています。

つまるところアメリカ合州国に「ポチる=犬のように隷従する」ためのツールのひとつが「共謀罪」ということですね。
現在、日本の支配層は自国民の幸福を犠牲にして、「親方」アメリカに土下座しゴマをすり、自分たち(だけ)の栄達を図っているとしか思えません。

櫻井よしこさんもいわれるように「市民の自由を守るため、思想信条の違いを超えて、共謀罪成立を阻止しなければならない」局面になっています(「東京新聞」2006年05月02日「こちら特捜部」欄から引用)。

右派も左派も無党派ノンポリも「日本を守るために」共謀罪に反対しましょう!


投稿者 kihachin : 2006年05月10日 15:17

« 9条の会・埼玉講演会 | メイン | 05-06~05-12の運動 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/694

このリストは、次のエントリーを参照しています: 共謀罪5:

» 『共謀罪』、慎重な審議を望む from オギノフの肖像
【捜査当局の恣意的判断懸念 共謀罪で意見陳述】 共同通信(5/9)より http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=ST... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 16:31

» 共謀罪審議の流れは変わった! from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
1.怒れ!飢えた若者よ!政府は君たちを餓えさすことしか考えていない! みなさん熱くなってきた!とてもうれしいです。去年の9.11より重苦しい空気の中で生活... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 16:42

» グローバリゼーションの終着点?(アメリカ国債) from とくらBlog
 先週の土曜日は、西部邁さん、関岡英之さん、東谷暁さんの講演とパネル討論があった第2回九州発言者塾に行き、ちょっと恥ずかしかったけど、質問をさせていただいたので... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 18:16

» 肝心なことは知らされないのか?(2) from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記
 5月7日の記事に続いて、「キョウボウザイ」について。  5月7日の記事は「キョウボウザイ・クイズ」初級編を紹介したが、今回はその中級編を紹介する。以下をクリッ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 19:26

» 『横浜事件再審ネットニュース』第27号 from 闘うリベラルのチャンネル(移築新居建設中)
編集発行:横浜事件の再審を実現しよう!全国ネットワーク 発行日:2006年4月15日 頒価:500円(税込) 郵便振替:00130−2−118634 加入者... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 20:42

» 共謀罪 断固反対! from 闘うリベラルのチャンネル(移築新居建設中)
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=123 市民的自由を狙撃する「共謀罪」、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 20:43

» 第74号 共謀罪第2ラウンドに向けて from 帝國愁報
連休明けには、共謀罪第2ラウンドが始まる。我々はこれに負けないためにも、今回提出されている案件が更に破壊力を増している事を知り、敵以上に迅速な行動を取る事が求め... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月10日 21:59

» 「共謀罪反対」をターニングポイントにしよう from 愚樵空論
やっぱり、ブログはいい! 共謀罪について、なにか書きたいと思っていた。もちろん、共謀罪創設には大反対。一本だけ『刑法に「国家反逆罪」を創設せよ』を書いたが、後... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月11日 11:32

» 共謀罪 -最低の読売社説 そのページ、実はトイレットペイパー?- from f t v 部炉具 -言葉の装い- 
今朝の読売新聞、珍しく共謀罪をとりあげてました。しかし、これなら取り上げないほうがマシ。 大体は「与党は充分な説明が必要である」 「範囲を限定しすぎた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月11日 20:35

» 続・感性礼賛――知ろう。しかし振り回されまい。 from 華氏451度
  ?? 基本的な知識は大切だ ちょっと明るいニュースをひとつ。 ◇◇◇◇◇◇◇ 「日弁連HP、アクセス数が大幅増」(毎日新聞5月11日) 日本弁護士連合... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月12日 02:15

» 市民弾圧のための道具としての「共謀罪」−米国での歴史と現状 from 雑食系ブログ。(仮)
そもそも「共謀罪」(コンスピラシー)とは英米法の刑罰概念であり、マスコミ等では「米国等では顕示行為(オーバート・アクト)が共謀罪の構成要件とされており、市民運動... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月12日 10:04

» 国際基準の亡霊 from 反戦老年委員会
 湾岸戦争の頃、「ふつうの国」になろう、とか「国際貢献」のためという言葉がはやっ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月12日 18:36

» 「自由・人権・市場原理」と「仁義礼智信」 from 代替案
 以前投稿した共謀罪に関する記事のコメント欄で、山澤さんとChic Stoneさんからそれぞれ批判的なコメントをいただきました。山澤さんは、人間同士の横の紐帯が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月14日 11:29

» 「共謀罪」ブログには力がある from 再出発日記
連休明けから共謀罪の審議が始まった。東京新聞では「反対派『恣意的判断怖い』共謀罪で参考人質疑」という記事を書いた。中国新聞など、地方紙は軒並み書いているが、朝日... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月15日 22:56

コメント