【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 統一協会の醜悪な儀式 | メイン | 06-24~06-30の運動 »


2006年06月29日

萩尾望都バトン

『ポーの一族』

手当たり次第の本棚」のとらさんから「萩尾望都バトン」を強奪してきました。

萩尾望都さんの『ポーの一族』は「創作の神様が作者に降臨したのではないか?」と思わせるほどの大傑作です!

それではサクサクと回答していきましょう。

初めて読んだ萩尾望都

トーマの心臓
高校生のころ女子の同級生に借りて読んだはずです。
ただし、誰に借りたのか記憶がさだかではありません。
たぶん現在は中学校の先生になっているTさんだと思うのですが・・・。

頭の中のモー様の容量

一番好きな作品

ポーの一族
大学生のころの恋人が第1巻を貸してくれました。あまりに素晴らしい作品であることに衝撃を受け、残りの巻(2~5)は自分で購入しました。いまも持っています。

一番好きなキャラ

11人いる!』のフロルベリチェリ・フロル。

自慢できるモー様コレクション

小学館フラワーコミックス版『ポーの一族』全5巻。

好きな台詞

『ポーの一族』の「小鳥の巣」で、孤独な少年ロビン・カーが叫ぶ「エンジェールカミング アイムヒア!」。

好きなコマ

『ポーの一族』の「エディス」でアランが消滅する場面。

つい笑っちゃうコマ

『11人いる!』でフロルベリチェリ・フロルがもろ肌脱ぎになっている場面。

似合う花

萩尾望都さんに「似合う」ということですね。
もし「モー様」に花を贈る機会に恵まれましたら、薔薇を贈らせていただきます。

似合う色

萩尾望都さんに「似合う」ということですね。
"Palevioletred "

似合う音楽

萩尾望都さんに「似合う」ということですね。
(オーソドックスですが)モーツァルト。

着たい服

萩尾望都作品登場人物の衣装のことでしょうか?
残念ながら、ありません・・・。

食べたいもの

『続・11人いる! 東の地平・西の永遠』、コモフの城のレセプション・パーティーでフロルやトマノが食べているご馳走。

作中の誰かになるとすれば、何をするか?

バンパネラになったら、ひたすらしぶとく生き延びて「この世の終わり」を見届けたい。

次にまわす人

萩尾望都ファンの方がいらっしゃいましたら、どうぞお持ちください~。

『11人いる!』


投稿者 kihachin : 2006年06月29日 20:11

« 統一協会の醜悪な儀式 | メイン | 06-24~06-30の運動 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/740

このリストは、次のエントリーを参照しています: 萩尾望都バトン:

» モーさまバトン強奪。  from 日々是げんじつ
元漫画少女の雑記帳 のもとさんチより、モーさまバトン を強奪してきました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月29日 20:51

» 萩尾望都 『ウは宇宙船のウ』 (集英社文庫・小学館文庫) from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日は萩尾望都のSFシリーズの初期作品の『ウは宇宙船のウ』(小学館文庫) です。と,言っても,上に掲げた表紙は 1978年に「週刊マーガレット」に掲載され,... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月29日 22:41

» メキシコ:自由貿易は貧困軽減に失敗 from 晴耕雨読
ちょっと古い記事ですが、農業情報研究所(WAPIC)03.3.23から  3月22日の「ワシントン・ポスト」紙が、北米自由貿易協定(NAFTA)による貿易自由... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月30日 19:37

» 萩尾望都とSF~萩尾望都バトン from 手当たり次第の本棚
少女漫画というと、未成年の頃の私にとっては、なにかこう、強烈にきらきらしたイメージで、 「しょうじょまんが」 と聞いたり言ったりするだけで、なんとなく、ドキ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月30日 22:14

» 太刀掛秀子 『花ぶらんこゆれて……』 (集英社りぼんマスコットコミックス) [再編集] from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 今日は「りぼん」乙女ちっく三人娘の一人の,太刀掛秀子の作品で,「りぼん」78年6月号から80年2月号まで約2年間もの間連載された,大長編ロマンです。コミック... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月01日 20:41

コメント