【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 昭和の歌姫 美空ひばり | メイン | 実力のない者が・・・ »


2006年08月07日

『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』堤未果

『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』
報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』堤未果、海鳴社(2006)


世界一豊かな(はずの)アメリカはこんな国です。


アフガニスタンとイラクの戦争以来、アメリカ合州国もアメリカ人も大嫌いになりかけていた私(喜八)ですが、本書『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』を読んで考えが変わりました。これは素晴らしい本です。アメリカの「弱者」。すなわち未成年者・女性・マイノリティ・貧困者にこそ希望はあるのだと力強く伝えています。

著者の堤未果(つつみ・みか)さんは東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科卒業後、国連、アムネスティインターナショナルニューヨーク支局局員を経て、2001年、米国野村證券に勤務中世界金融センタービルで「9・11同時テロ」に遭遇。現在は著作家・ジャーナリスト・講演通訳として活動されています。

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で報告されているアメリカの現実のうち、私がもっとも激しい憎悪を覚えたのは米軍のリクルート(新兵募集)活動でした。「大学に進学できる」「劣悪な環境から脱出できる」「Be What You Want to Be!(なりたいものになれ!」等々、軍のリクルーターは貧困層の若者を狙い撃ちにします。

貧しい家庭、劣悪な環境に育った若者は大学に進学するのも容易ではありません。そして学歴社会のアメリカでは大学に行けなかった者は一生のあいだ時給5ドル(あるいはそれ以下)の仕事に甘んじるしかないため、リクルーターからいいことづくめの誘いを受けて軍隊に入る若者は少なくない・・・。

けれども現実は大きく異なります。兵役を勤め上げても実際に大学に進学できる者は全体のうち35パーセント、そして卒業できるのは15パーセントにすぎません。大学に入る最初の年に前金として1200ドルを払わなければならず、また近年大学の学費が急騰しているため、中途で諦めてしまう者が多いからです。

命がけで戦う一般兵士の給料は安くて、年間1万7000ドルから多くて2万ドル。そこから学資の積立金、生命保険を天引きされる。命を守るための防弾チョッキさえローンで個人購入しなければならず、除隊した後に月賦を払っている退役兵士もいます。

高校卒業(中退)したばかりの子どもたちを殺人マシンに作りかえる軍事訓練キャンプ。いきなりアフガニスタンやイラクの戦場に送られ、精神と肉体をすり減らす毎日。運が悪ければ死亡、または一生残る障害を負う。運良く生き残れても多くの者がPTSDに苦しみます。アルコール依存症・精神病・麻薬・犯罪・・・。なのにVA(Veterans Association = 退役軍人協会)の予算は削られるいっぽう。

結局のところ軍隊とは社会の縮図、貧しい若者たちを食い尽くす巨大なマシンなのです。アメリカの「新自由主義」すなわち行き過ぎた資本主義、原理主義的資本主義の下では貧しい者・持たざる者はどこまでも食い物にされる存在でしかありません。

そんなアメリカにまだ希望がある。それはなぜか?

アメリカ社会に深く組み込まれた不正と戦う「弱者」たちが存在するからです。インターネットを武器に軍のリクルート活動に反対するザック・ロンドン、タミカ・ジョンソンといった高校生たち。除隊後反戦活動を開始したマイノリティの若者イヴァン・メディナ。ブッシュ大統領に面会を要求した戦死軍人の母親シンディ・シーハン・・・。彼ら彼女らこそがアメリカに残された「希望」です。

世界最大最強の軍事力に支えられた「悪の帝国」アメリカを激しく憎むようになりかけていた私ですが、当のアメリカ市民の中にも権力者によって踏みつけにされている「弱者」が存在することを知りました。そしてその弱者たちが最後まで決して希望を捨てずに戦っている・・・。これらの事実を教えてくれた『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』著者の堤未果さんに心から「ありがとう!」とお礼を言いたいのです…。


報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』堤未果、海鳴社(2006)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年08月07日 20:06

« 昭和の歌姫 美空ひばり | メイン | 実力のない者が・・・ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/783

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』堤未果:

» NHKスペシャル:調査報告 劣化ウラン弾 from ねじれ川柳惑星
 今さらながらアメリカが軍国主義国家であることがよく分かる内容だった。兵器として威力があれば健康被害 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 21:02

» コードネーム:リトルボーイ が落ちた日 from らんきーブログ
今日は広島に人類史上初の原爆・リトルボーイ(少年)が落ちた日です。8時15分広島市に投下され上空約600mで爆発したリトルボーイは死者118,661人、負傷者8... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 21:02

» 「9.11テロ捏造」 from ピリカラ納豆・甘納豆
今、この本を読んでます。 9.11アメリカ同時多発テロはアメリカ政府による自作自演。それがこの本の結論ですが、私たちはまさかそんなことがありえないと、普通思い... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 21:46

» この10年のつけ from 再出発日記
7月31日に、朝日の一面トップの記事について書いた。「偽装請負」による現代の非正規労働者の置かれている状況を「社会の基盤さえ揺らぎかねない」と書いた。31日時点... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 21:51

» 瓦礫の中で鳴く猫 from ピリカラ納豆・甘納豆
戦争で動物も御難=レバノン 2006年 8月 7日 (月) 12:46(時事通信) 【ベイルート6日】レバノンではイスラエル軍の軍事攻勢で何十万人もの人た... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 22:01

» 競争の中の敗者 from とむ丸の夢
 毎日、せみ時雨の中で目覚めます。                   あっち [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月07日 22:21

» 広島の平和記念式典に、日本&世界の軍縮、平和を願う from 日本がアブナイ!
【7日15時半に、つづきの部分を追記】     8月6日は、広島に原爆が落とされた日である。その日から、早くも61年が過ぎた。  この日を前に、4日、... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 00:06

» 皆さん、吉田松陰が好きですね from 華氏451度
暑中お見舞い申し上げます。例年、いわゆる「盆休み時期」の前は仕事が詰まった感じになって非常に忙しい思いをします。特にここ数日は、付き合いのある方のブログを読むこ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 02:51

» 結城昌治著『軍旗はためく下に』 from 華氏451度
   8月15日が近いからだろうか。書店に戦争関連の本のコーナーが出来ていた。さまざまな種類の本が並ぶ中、結城昌治の『軍旗はためく下に』(中公文庫)を見つけた。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 03:09

» "安倍晋三公認"悪魔の非人道的大量殺戮兵器「劣化ウラン弾」 @"人権無視"も加わった次期首相候補は心を持たないお人形か? from ぬぬぬ?
この政府首脳って人は、頭おかしんじゃないですか? 安倍晋三内閣官房長官って言うんですか? 戦闘後も長くその土壌を汚染し、罪なき民間住人や近くで遊ぶ子供たちに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 06:20

» 徴兵制は絶対にしない? @"貧民志願兵"システム構築に向けたしたたかなの罠 from ぬぬぬ?
「格差社会の何が悪い!」 国会で言い放った小泉首相の一言はうわべの「チャンスをつかめるものを応援する」だけでなく、社会システム自体をまさに"構造改革"するした... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 06:21

» 格差社会の行き着く先は @小泉+竹中が目指す"コピー国家・日本"のお手本、アメリカの利権還流システム from ぬぬぬ?
小泉所信表明で「改革を加速」って言ってみたものの、年明け噴出する「その改革の歪み」が大いなる逆風 本当は自分が引退してからいろいろ出てこようがお構いなしだった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 06:22

» 「最後」までムカツく from 薫のハムニダ日記
昨日まで広島に帰っていたので、久しぶりの投稿になります。 昨日は広島に原爆が投下されてから61年目になる日でした。 広島の人間にとって、この8月6日はど... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 10:32

» ヒトラー第二の書 from 晴耕雨読
『自身が刊行を禁じた「続・わが闘争」 ヒトラー第二の書』(アドルフ・ヒトラー著/立木勝訳/テルフォード・テイラー解説/成甲書房/1800円) あっしらさんの投稿... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 11:18

» 「学童キャンプ」…3日間の共同体 from dr.stoneflyの戯れ言
 「お知らせ」です。などと、こんなマイナーなブログが書くとカッコ悪いので、何も「お知らせ」せずに週末2泊3日で家を空け「学童キャンプ」へ参加した。(留守のあいだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 13:02

» 第三次世界大戦 from 反戦老年委員会
 第三次世界大戦とか第5次中東戦争などという言葉が、これまでなんとなく不用意に使 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 14:28

» 「八百長亀田」の生きる道、反体制アスリート(3) from dr.stoneflyの戯れ言
 あるブログで紹介されていたので、つい見てしまった。亀田父とやくみつるのワイドショーでの言合いである。なんとも知性のないケンカ。とはいえ小心者のワタシはビビって... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 14:42

» お玉の望む平和記念館 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
遊就館での展示内容を直に見たことないので・・あまり偉そうなことは書けません。知っているのは、せいぜい靖国神社のサイトに載っている程度の内容ですから・・ただ不思議... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 16:57

» 靖国を国立追悼施設に・・ from お玉おばさんでもわかる政治のお話
今日の朝日新聞の一面に麻生氏が靖国を非宗教法人化して、A級戦犯分祀するまでお参りしないと言ってます。 朝日はネットに記事が出てなかったので、中日新聞より  ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 17:18

» NHKスペシャルに刮目せよ from BLOG BLUES
ブログ界の大塩平八郎、知行一致の闘うブロガー、 「ヘンリー・オーツの独り言」も驚嘆している。うれしい方に、 なんてこった!国家営放送のNHKが、国民営放送に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月08日 17:48

» ノー モア ナガサキ!!! from Some Kind of Wonderful
ノー モア ナガサキノー モア ウォーNO MORE NAGASAKINO MORE WAR61年も経ったというのに、まだ反戦を訴えなければならないとは、人類と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 01:24

» 「再チャレンジ」という言葉の大嘘 from BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」
言葉の使い方がおかしい! 「カナダde日本語」の美爾依さんが安倍の「再チャレンジ」について書いている。基本的に同じ考えなのですが私なりにちょっと違った視点... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 02:00

» ちょっと近況報告(住民投票の10年に参加してみました。) from とくらBlog
 おひさしぶりです。  家のPCがこわれて、どうにかしたいのに、対応する時間がとれず、でも、あまりにも困るので、仕事場にあまっているPCを借りてきました。TB... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 09:03

» 参院選に出馬予定のとくらさんを応援する from お玉おばさんでもわかる政治のお話
もう、一部のブログで公表されましたので、ご存じの方も多いかと思いますがとくらブログの戸倉さんが民主党から参院選に立候補することが内定しました。あの、ぽよっとかわ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 10:26

» 理想論でしかない「再チャレンジ支援策」の虚しさ from カナダde日本語
小泉政権を継承する安倍晋三が小泉改悪がもたらした格差を広げないためという建前で、「再チャレンジ」支援政策を打ち出したのはみなさまもご存知だろうが、この政策に対し... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 12:47

» 【至急回覧】国選弁護に制限、「預貯金50万円以上なら私選を」 (asahi.com,2006-0... from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
7月28日付asahi.comの記事を紹介したい.まだこのことはほとんどの国民が知らないと思う.私もヤメ蚊さんのところで始めて知った.すでにこの記事は削除されて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 13:10

» 今日の世界経済を理解するために from 晴耕雨読
マイケル・ハドソン   世界経済は純粋に経済上のものなのだろうか?   経済上の現象には暗部があり、その一連の邪悪な動機は、経済に重大な影響力を持つにもかかわ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 15:06

» 安倍の弟,無能の岸を,参院議員から追い出そう! from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 あ,どうしても我慢できずに,政治の記事になってもた(自爆)  私たちのブログのトラックバック仲間である,山口県周南市の とくらさん が,正式に民主党の参院... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 15:44

» 政府の少子化対策の稚拙さ from 関係性
 日経新聞(7月18日付け朝刊)に「人口減ニッポン 危機どう克服」の中で、堺屋太一(元経済企画庁長官)と猪口邦子(少子化・男女共同参画担当相)の議論が掲載された... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 20:40

» 攻めと守りで 自民党を引きずりおろすんじゃ 〜 二度と戦争をおこさないために! from 新党を欲する人 〜 立憲平和党本部
しっかし 自民党も 本当に あこぎっつうか ごうまんっつうか やることやってまんな なにい?! ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月09日 21:58

» すでに食糧配給制が始まっているアメリカ:二千五百六十万人,全人口の10%近くが配給プログラムに依存 from エクソダス2005《脱米救国》国民運動
私が2005年11月17日付の「去年の名残の蝋燭を立てて,今宵早めのメリークリスマス!」と題するエントリで,「これから5年以内に主食の配給制の復活が必要になるだ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月10日 07:25

» 長崎市長の怒り。 そして日本、米国に核軍縮・平和への努力を望む from 日本がアブナイ!
<TBがうまく行かず、お返しできていないところがあります。ご容赦下さい。m(__)m>  8月9日は、長崎に原爆が投下された日である。    世界で最... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月10日 15:35

» すべてはつながっている。偽装請負発労働貴族経由共謀罪 from 踊る新聞屋-。
 <呆れた! 電機連合 偽装請負報道も「違法行為はなかった」-ろーやーずくらぶ>経由、<夜明け前の独り言  水口洋介 偽装請負と大手労働組合>から。  <「製造 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月14日 00:44

» 中川昭一を称賛してみる(麻生外相も) from 奥田健次の教育改革ぶろぐろ部
すばらしい! すばらしいよ中川昭一農水相は。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月16日 20:19

» アウトソーシングのメリット・デメリット from アウトソーシング徹底活用ガイド
アウトソーシング時代に突入しました。企業は独自のコアコンピタンスを強化するためにアウトソースします。本サイトではアウトソーシングの基礎知識を分かりやすく解説しま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月17日 00:48

» 王朝転覆までは望まない日本の革命理論(3) from 日本の歴史@これがキーワード
正義感強い多くの学生が一度は議論する日本の体制批判。私も20以年以上前の学生の頃はよく熱くなっていました。でも、結局、革命運動に名を連なる者が少なかったり、いな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年06月17日 13:31

» 期間工こそ労働組合を作るべきではないだろうか? from 期間工から資格取得、社労士開業
本年度の経済財政白書では、正社員と非正社員の賃金格差拡大を指摘している。今や労働者の3分の1は非正規雇用。先に触れた「格差社会ニッポンで働くということ」(熊沢誠... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月30日 17:51

» 神様仏様アメリカ様 from ラサのブログ
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/80421http://www.iza.ne.jp/ne... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年08月31日 12:04

» 堤未果『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』と新テロ法案 from 花・髪切と思考の浮游空間
給油活動を続けていた海自の補給艦・ときわが晴海ふ頭に到着しました。これを伝えるニュースももちろんありましたが、その扱い以上に重みをもつ出来事だと思います。参院... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年11月25日 06:54