【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 『公明党・創価学会の真実』 | メイン | 左右両思想の連携 »


2006年08月30日

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』J・K・ローリング

ネタばれなしの書評です。

ハリー・ポッターと謎のプリンス』を読む前、ストーリー展開に関して予想していたことがいくつかありました。けれども、その予想はことごとく外れてしまいました。普段はミステリ小説の「犯人当て」を得意とする私(喜八)なのですが、今回は完全にお手上げでした。

謎のプリンス
タイトルにもなっている「謎のプリンス(Half-Blood Prince)」の正体。「きっとあの人物に違いない!」と確信していたのですが・・・みごとにハズレ。

犠牲者
著者のJ・K・ローリングさんから「第6巻では重要な登場人物が死ぬ」と予告がでていることは何処かで目にしていました。この犠牲者の予想もハズレました。ちなみに「謎のプリンス」と死者は一致するとも読んでいました(いうまでもなくハズレ)。

ハリーの恋人
中国系(?)の美少女チョウ・チャンと別れたハリー・ポッター。彼の新たな恋人になるのは「彼女に違いない!」と、ある登場人物を「一点買い」。完全にハズレ。

スネイプの去就
セブルス・スネイプ先生は、ダンブルドアヴォルデモート、どちらの味方なのか? その去就が第6巻で明らかにされます。スネイプ氏の選択はまったく予想外のものでした。


以上のように見事に予想を外されっぱなしですが(汗)、懲りずに第7巻(最終巻)の予想を行なうこととします。

反ハッピーエンド
一般にイギリス作家のファンタジーはストーリーが進むごとに暗くなる傾向があります。『ナルニア』しかり『指輪物語』しかり。したがって『ハリー・ポッター』もハッピーエンドは望めないでしょう。私の予想では以下のような過程を経て「ハリー・ポッター・サーガ」は大団円を迎えます。

ロンの死
ロン・ウィーズリーが第7巻の冒頭で「戦死」。ロンがヴォルデモートとの「最終戦争」を生き延びる可能性はきわめて低いと思います。ロンだけでなく、ウィーズリー・ファミリーには複数の死者がでます(最悪の場合は全滅)。

どんでん返しの連続
ハーマイオニー・グレンジャーは「死喰い人(Death Eater)」だった!
ダンブルドアとヴォルデモートは同一人物、すなわち魔法の力によって2つの肉体に分離した二重人格者であった!
さらに「ダンブルドア=ヴォルデモート」はハリーの実の父であった!

魔王誕生
ハリーはもっとも強力な「死喰い人」であるハーマイオニーを凄絶な死闘のすえ倒す。そして実父「ダンブルドア=ヴォルデモート」との最後の戦いにも勝利を収める。だが、戦いのなかで自らの「悪」に目覚めてゆくハリー。新たな「闇の帝王(Dark Lord)」になるのが彼の宿命であった。ヴォルデモートより遥かに強大で邪悪な闇の魔法使いハリー・ポッターの出現により魔法界(およびマグル界)は大暗黒時代を迎える・・・。

最後のどんでん返し
ハリー・ポッター・シリーズは本当に第7巻で終了するのでしょうか? 作者のローリングさんは終わると明言していますが、ミスリーディング(誤導)ではないのか? と疑っています。8巻以降はセカンド・シリーズと銘打って続行。これこそ究極のどんでん返しかもしれません。

(『ハリー・ポッターと謎のプリンス』J・K・ローリング、静山社、2006)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年08月30日 20:15

« 『公明党・創価学会の真実』 | メイン | 左右両思想の連携 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/802

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』:

» 本日発売! from 日常&読んだ本log
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子 ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月30日 23:23

» 『美しくない国へ』?! from Some Kind of Wonderful
とにかくツッコミどころが満載で、どこから手をつけたらいいのやら、といった感の安部晋三氏であります。そんな彼の人に、鋭くも的確なジャッジを下していらっしゃるgoo... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月30日 23:50

» 排泄作用としての詭弁術 from とむ丸の夢
 華氏451度さんが『断腸亭日乗』をとりあげて、永井荷風が、戦時中の時局に 迎 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月31日 16:48

» ふらんす便り・続報 from 薫のハムニダ日記
先日、フランス帰りのある方からリベラシオン紙に載っていた香ばしいニュースを翻訳していただきました。このニュースは先見日記の8月29日のメールマガジンでも触れられ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月31日 16:53

» 悪政、苛政 from 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
今日、診察にこられた老婦人からいつもより多めに薬を出して下さいと言われました。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月31日 17:46

» 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 from 手当たり次第の本棚
ローリングは、実に、張った伏線を活用するのが巧みな作家に思える。 たとえば、3巻から登場し、5巻まで大いに活躍するシリウス・ブラックだが、今回改めて再読すると... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月31日 22:11

» ハリーポッター ドリーム小説 from 夢小説FAN
ハリーポッターのドリーム小説を紹介しちゃいます。 ハリーポッターは、魔法学校で魔法使いになるための勉強をする 少年少女らが繰り広げる夢と冒険のファンタジー。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月16日 21:00

» 「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」2時間半の前菜が始まった、... from soramove
「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2009年、1... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2009年07月31日 23:30