【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« THE NEWS | メイン | あけび »


2006年09月30日

細野豪志議員へ

平成18年(2006)元日の街頭演説

細野豪志議員へ。

私(喜八)自身「道徳の人」というわけでは(全然)ありませんから、今回の雑誌「フライデー」報道についてとやかく言おうとは思いません。
しかし、民主党政策調査会長代理という要職にある貴方としては、あまりに脇が甘かった・・・。

すでに「細野は辞職せよ!」の声があまた上がっているようですね。
が、私個人は「辞職しなくてもいい」と思っています。
その代わり来年(2006)の参議院選挙が終わるまで「死ぬ気で」戦い続けてください。

私ごときが敢えていうまでもありませんが、小沢一郎民主党代表は来たる参院選を「関ヶ原の戦い」と位置づけ、身命を賭して臨まれています。

こうなった以上、来年の参院選は貴方個人にとっても運命の分かれ目となるはずです。
もし「負け犬」となったら、細野豪志は(もっとも運がいい場合で)凡々たる一議員として終わるでしょう・・・。

細野さん、文字通り「命を賭けて」戦ってください!
正直に言って、これまでの貴方は「格好よく」生きすぎたと思います。
泥まみれ糞まみれとなって奮戦してください!

(同内容のメールを細野豪志議員に差し上げました)


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年09月30日 19:52

« THE NEWS | メイン | あけび »