【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 「国旗・国歌問題」都教委への緊急要請署名を | メイン | 政治家ブログ・アンテナ »


2006年09月28日

首相官邸に意見する

ぬぬぬ?さんからの呼びかけに呼応し緊急転載します。

期限は09月28日(木)午後5時ですが 「警察庁の研究会によって表現の自由が制限されるとコンテンツの振興に悪影響を与えかねない」 みたいな感じで皆で意見を送りましょう!


蛇足ながら・・・。
以下は私の意見表明です(投稿済み) 。

今後の国際社会において我が国日本が生き残るためには「人材の養成」が絶対不可欠であると考えます。
それも個々の人材の「強さ」が求められるでしょう。
かつて日本は「チームワーク」により強固な国際競争力を誇っていました。
今後もチームワークの重要性が低下するということはないと思います。
が、これからの「情報化社会」では「チーム力」と同時に「個人力」が要求されるはずです。
個々の強さを担保するものは「多様性」です。
人それぞれが「違う」ことを認め合う。
誰に対しても横並びの「単一価値観」を強制しない。
そして違うもの同士が共生して未来を築いてゆく。
これ以外には道はありません。
その意味で「言論・思想の自由」は日本社会の「生命線」と言えるのです。
万が一にも言論を抑圧し封殺するような傾向が強まったら・・・。
その後に来るのは北朝鮮のような「物言えぬ」閉塞した社会です。
日本人の誰がそのような社会を望むでしょうか?
「葦原千五百秋瑞穂国」日本の未来は「多様性」と「寛容」の先にこそある、と私は考えます。

投稿者 kihachin : 2006年09月28日 15:04

« 「国旗・国歌問題」都教委への緊急要請署名を | メイン | 政治家ブログ・アンテナ »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/832

このリストは、次のエントリーを参照しています: 首相官邸に意見する:

» 安倍新内閣が発足:サプライズ無き閣僚人事 from S氏の時事問題
衆参両院、安倍晋三氏を首相に指名  衆参両院は26日午後の本会議で、自民党の安倍晋三総裁(52)を第90代、57人目の首相に選出した。戦後生まれの首相は初めて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月28日 21:39

» ヘタレ東亜の壺売り記事・その後 from 薫のハムニダ日記
先月お知らせした、統一協会信者による東亜日報本社ビル襲撃事件の続報です。 統一協会が“ムキーッ!”となった月刊新東亜9月号がネット上でも読めるようになりま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月29日 18:52