【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 鈴木邦男さんと荊軻 | メイン | 河野太郎議員の「ふざけるんじゃねえ」 »


2006年09月19日

小林興起さん! 負けるな!

『主権在米経済』小林興起

前衆議院議員小林興起さんの事務所よりメールをいただきました。

小林興起さんは昨年(2005)の「9・11」衆院選挙で、小泉・竹中政権が推し進める「郵政米営化=国民の財産を米金融資本にそっくり献上する」政策に真っ向から反対した結果、「女刺客」を送られ落選しました。現在は国政復帰を目指して、臥薪嘗胆の日々を送られています。

以前、私(喜八)は小林興起さんのことを「憎らしい感じの人だな~」と思っていました(笑)。ところが小林さんが「地盤・看板・カバン、なにもない世襲議員で、初当選は通産省を退職してから足掛け8年後、さらには落選経験4回という典型的な「叩き上げ」であることを知り、「こういう苦労人にこそ政治家であって欲しい」と考えが変わりました。

小林興起さん! 負けるな!

以下に小林興起さんからのメールを全文コピーさせていただきます。

********************************************

★引用開始★

小林興起です。Fri, 15 Sep 2006(koki@kobachan.jp

突然のメールを失礼いたします。
小林興起です。
以前、メールをいただいた方に送信させていただいております。

さわやかな秋空が美しく、日増しに秋が深まってまいりましたが、皆様におかれましてはお元気にてお過ごしのことと存じます。

昨年の衆議院総選挙から早一年が過ぎようとしています。

あたたかいメールをいただき、ご支援いただいた皆様のご期待にお応えできず、大変残念な結果となってしまいましたが、現在は、国政への復活に向けて元気に頑張っております。

小林興起の活動を、メールマガジンにてお伝えしております。
是非、ご登録いただけましたら幸いです。

選挙戦で争点となりました郵政民営化法案は、アメリカの生保業界をはじめとする金融資本に、私たちの貴重な金融財産を売り渡そうとする竹中金融政策を、小泉首相が『改革』の名の下に強力にバックアップしていたに過ぎない政策だったということが、最近になってようやく徐々にマスコミなどで取り上げられてくるようになったことは、何よりだと感じております。

私もこの5月に、『主権在米経済』(光文社ペーパーバックス)という本を執筆し、お蔭様をもちまして都内大手書店において、ベストセラーランキング入りを果たさせていただきました。
一言では語りつくせぬ真実をこの本にまとめました。
ぜひ、ご一読いただけましたら幸いです。

私の使命は、今や崖っぷちにある日本の真の状況を皆様に知っていただき、そして明日に向けてこの日本がまともな独立国家としての発展を遂げるべく、その基盤を整備していくことだと痛感しております。

私は、これまでの政治活動の中で、日本の基盤を支える中小企業の発展のために精一杯の努力を注いできたと自負しております。

しかしながら、自民党を出されたにすぎない私に対しまして、「自民党を出た」という理由から、これまで支援してくださっていた中小企業及び各種団体からことごとく支援を断ち切られるという納得しがたい状況に陥りました。

そんな中、皆様から頂きましたメールでのあたたかいお言葉に非常に励まされ、元気を頂きました。

今後は、全国を廻り、皆様のご支援を頼りに、新しい日本の創造を目指してより一層頑張ってまいる所存でございます。

全国の皆様に向けてご支援をお願いするという形で、【小林こうきネット後援会】を立ち上げました。
メールにてのお願いで大変恐縮ではございますが、少しでも多くの方にご賛同をいただき、私の政治活動をご支援いただけましたら幸甚に存じます。

何卒、ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・。・。・。・。

小林こうき著『主権在米経済~これからも貢ぎ続ける日本でいいのか?』

都内大手書店にて続々ランキング入り!

小林興起が一言で語れなかった重たい真実がここにあります。どうぞ、ご覧下さいませ。

↓こちらからもご購入いただけます。

 。:*:。  。* 。〝☆〟 ☆彡 `★、。・  ゜。:*:    ゜:*:★彡 

小林こうきの活動をメールマガジンにて配信中。

こちらからお申し込みください!


★引用終了★


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年09月19日 20:18

« 鈴木邦男さんと荊軻 | メイン | 河野太郎議員の「ふざけるんじゃねえ」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/822

このリストは、次のエントリーを参照しています: 小林興起さん! 負けるな!:

» 左翼のガサツさ from お玉おばさんでもわかる政治のお話
 週刊金曜日を友人から借りて時々読んでます・今読んでるのは9/15号・・・・・・ま、書きたいことは色々あったんだけど、もうちょっとじっくり考え... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月19日 23:11

» ボチボチ,ですね. from はじめの一歩
ちょっとサボってたつもりが,あっという間に1ヶ月もたってしまい,変な英語のTBばかりになっていました.その合間にTBいただいていた皆さん,ありがとうございます.... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月19日 23:30

» 小泉ー竹中を救った2回の選挙・・・国民の後押しが格差を拡大した 皮肉 from 日本がアブナイ!
 さて、前回の続きで、今回はピンチに陥った小泉ー竹中コンビを救った二つの選挙 の話を、竹中氏の方に重点を置いて書いてみたい。 <小泉氏に関しては、近々改めて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月19日 23:52

» ご一緒に「いくじなし宣言」しませんか from 華氏451度
〈マッチズモを嫌悪する〉  私はマッチズモが嫌い――というか感覚的に受け入れられない人間である。私が石原都知事と自分を「永遠の平行線」だと思う理由は幾つ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月20日 00:40

» リチャード=クー氏を久しぶりに見たなあ@週刊東洋経済 from ぴーひょろのぼやき
9/23号の週刊東洋経済に、リチャード=クー氏のインタビューが顔写真入りで掲載 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月20日 02:26

» 安倍総裁誕生前夜に・・・暗闇の危機感の中で、一筋の希望の光も?! from 日本がアブナイ!
次回から、元気に頑張るので、今回だけはちょっとグダグダしていいですか? <けど、最後には一筋の希望の光も見い出した話も・・・>  マジメな話、私は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月20日 06:32

» 頼りになるのは、政府より教会? from とむ丸の夢
 青空をバックに、マイクを前にした男が目隠しをされている……なにか気になる表紙 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月20日 12:35

» 扇動家? from のり市民の世界観
疲れていたのか。もしくは気を許してしまったのか?評論家等の本心がよく聞けるようになっていると同時にこの程度の人格で扇動される我々自身が情けなくとも思いました(^... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月20日 18:42

» 奪われる日本 from 大和ごころ。ときどきその他
 『拒否できない日本 』の著者、関岡英之氏の最新の新書です。文藝春秋やわしズム、テーミスなどに掲載されたものを中心に新たに書き下ろしも加え出版されました。巻... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月21日 17:27