【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« komichi さんのメッセージ | メイン | 政治家の世襲 »


2006年10月15日

赤レンガ建物

愛知県半田市の赤レンガ建物1

わびすけさん(女性です)から「愛知県半田市の赤レンガ建物」の写真を送っていただきました。
ありがとうございます!

以下はわびすけさんの文章です。

今日は天気に誘われて以前から被写体として気にしていた物をゲットしてきました。
赤レンガ、国登録有形文化財。
愛知県半田市に有る日本でもかなり古い建物です。
以前はビール工場でした。
写真は難しいですね。少し角度を変えるだけで色が・・・。

以下ふたたび喜八

恥ずかしながら「愛知県半田市の赤レンガ建物」のことは初めて知りました。
旧カブトビール工場」ですか!
なんて、正直なところ「カブトビール」なる銘柄があることも知りませんでした(無知)。

というわけで、わびすけさんから送っていただく写真は、私自身の「世間知らず」を改めて自覚する良い機会となっております。
馬齢を重ねるとともに「自分は物知りだ」なんて自惚れが生じてきますが、それは虚妄だと思い知らされる。
ありがたいことです(マジメな話)。

ところで赤レンガ建築といえば関東地方では近年「横浜赤レンガ倉庫」が脚光を浴びています。
もともとは人に知られていない地味な商業施設だったのを、横浜市が再開発した新観光地です。
なんでも「デートコースに最適」らしいのですが、私はまだ行ったことがありません・・・。

それと関東でもともと有名な赤レンガ建物は東京駅丸の内口の駅舎ですね。
「文明開化」の象徴としての東京駅。
日本経済の中心地、丸の内オフィス街。
そこから南にしばらく行くと銀座です。

もとは銀座も赤レンガ街だったそうです。
ところが大正12年(1923)の関東大震災で壊滅してしまいました。
赤レンガ街銀座の名残は、洋食屋「煉瓦亭」の店名に見ることができます。
1895年創業の煉瓦亭は有名な老舗にしては値段も安く美味、私も以前よくでかけました。

横浜赤レンガ倉庫のレストランで、煉瓦亭のポーク・カツレツを食べながら、カブトビールを飲む。
こんな「ビジネスモデル」を夢想しつつ、肝心の「資金」が乏しいので先の話となるでしょう・・・(とりあえず、言うだけ言ってみました)。

愛知県半田市の赤レンガ建物2


投稿者 kihachin : 2006年10月15日 20:12

« komichi さんのメッセージ | メイン | 政治家の世襲 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/853

このリストは、次のエントリーを参照しています: 赤レンガ建物:

» ビール from わびすけ庭
横浜赤レンガ倉庫のレストランで、煉瓦亭のポーク・カツレツを食べながら、カブトビー [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月15日 21:50

» 下請取引変化と「あきらめない」 from 関係性
 バブル崩壊以後の景気低迷は各製造企業の競争を激化させ、固定化されてきた親子の企業間関係が崩れてきた。その中身をここで見ていく。  「下請け企業」(「関係性」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月17日 14:37

» 北朝鮮核実験問題での日本の主体的行動?――NHKジャーナルより from とむ丸の夢
 9日の北朝鮮の核実験発表以来、あれよあれよという間に対応が進み、15日には、貨物検査の実施は各国の判断に委ねられるということで国連安保理で北朝鮮制裁が決議され... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月17日 15:17

» アサヒビール工場がある地域 from アサヒビール工場情報
アサヒビール工場情報のこうちゃんです。ビール工場見学!ビールの事を色々知る事ができて、しかも無料でビールが飲めるなんて、いたれり尽くせりですね。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月24日 22:20