【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 細野豪志議員へ | メイン | 東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い »


2006年10月02日

あけび

アケビ

わびすけさん(注:女性です)からアケビ芋洗い器の画像を送っていただきました。
いつも、ありがとうございます~。

以下はわびすけさんの文章です。

我が家のアケビをお届けします。
10/10頃が食べごろです・・今年はこんなに豊作です。
里山を歩くと時々見かけるのですが、木に巻きついて高い所にあるので中々取れません。
そこで自宅で手の届く所(2メートル位)に実るようにヤマモモの木にツルを這わせました。
二種類有り(3枚葉と5枚葉)10/10頃と12/5頃と食べられます。
道行く人が「あらっ・・アケビだ珍しいねぇ」・・と眺めて通られます。
芋洗い器
芋洗い機械・・こんな物が昔はありました。
これは水の流れを利用しています。
いまでも沢山芋を洗う時は桶に芋と水を入れて昔の洗濯板みたいなもので左右に動かすと芋が綺麗に なります。
一度洗ってから乾燥させておくとしばらく日持ちがします

以下ふたたび喜八

アケビは中学生の部活でランニングをしているとき、ときどき見つけて食べていました。
住宅地の近くの里山ハイキング道が、我々のランニング・コースになっていたのです。

目敏い生徒(私ではありません)が「あっ! アケビだ!」と見つけ、、木登りが得意な生徒(私ではありません)が取ってきてくれました。
昔は「運動中は水を飲んではいけない」なんて無茶な”常識”がまかり通っていましたから、ランニング中のアケビは本当に美味しかった!

後年、大人になってから八百屋さんでアケビを見つけ、喜び勇んで買って食べたことがありました。
でも、それほど美味しくは感じませんでした。
それに比べると、わびすけさんのお家のアケビはいかにも美味そうです!

下の写真の芋洗い器とは違ったタイプに「芋洗い水車」なるものもあるようです。
いずれにせよ水力利用の芋洗い器があったとは、ついぞ知りませんでした。
いまは電動の芋洗い器が安価で購えるようですが、昔ながらの芋洗い器も捨てがたい味わいがありますね・・・。


投稿者 kihachin : 2006年10月02日 12:58

« 細野豪志議員へ | メイン | 東京都教育委員会に対する緊急要請への賛同のお願い »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/834

このリストは、次のエントリーを参照しています: あけび:

» アケビ from わびすけ庭
喜八さんこの写真を撮ったのは何時か忘れてしまいましたが 今日はアケビ薄紫に色づい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月03日 18:14