【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 前原誠司氏は自民党に移籍してください | メイン | 10-21~10-27の運動記録 »


2006年10月26日

衆議院・教育基本法に関する特別委員会名簿

国会議事堂
《名簿製作者より》
教育基本法への言いがかりと教育基本法の作り替えを許しません!
文部科学委員会のメンバーを兼任する人(教育問題への関心が高い議員?)もわかるようになってます。

謎の名簿製作者さん、ありがとうございます。
さっそく名簿を利用して、議員のセンセー方に意見を伝えてゆくこととします。ところで・・・。

「いま何故、教育基本法を変えなくてはならないのか?」
そもそも、これがちっとも分かりません。
こう思うのは私(喜八)だけではないでしょう。
以下は「東京新聞」2006年10月26日朝刊から。

教育基本法改正(改悪)派の方たちの意見を聞いていると、教育基本法(および憲法)が「諸悪の根源」のように思えてきます。
憲法と教育基本法のために、日本はどん底に落ちてしまった!」彼ら彼女らはこう言いたいようなのです。

しかしですよ。
日本ってそんなに「悪い国」なんですかね?
素朴な愛国心の持ち主である私には「人間のやることだから完璧とはいかぬ。欠点は数多くある。が、いまの日本はそこそこ『いい国』だ」と思えるのですが・・・。

教育基本法改悪」「共謀罪創設」そしてトドメは「憲法改悪」。
現在これが一種の「流れ」となっています。
はっきり言えば「悪い流れ」です。

子供たちに”愛国心”ならぬ権力者への「へつらい心」を刷り込み、秘密警察が跋扈する「物言えば唇寒し」の社会を実現し、米軍の「手下」となるために「戦争ができる普通の国」を目指す。
そんな新生日本に君臨するのは「将軍様」ならぬ「大統領的首相様」(その実は凡庸な世襲政治家、あやつり人形。真の権力者は陰にいる)。

こうやって見ると、やっぱり日本を「北朝鮮化」する試みにしか思えませんなあ(笑)。
かけがえのない祖国「葦原千五百秋瑞穂国」日本を北朝鮮や旧ソ連のような暗黒社会に変貌させようとする勢力。
彼ら彼女らのことを何と呼べばよいのでしょうか?

売国奴
どう考えても、これしかありません。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年10月26日 17:17

« 前原誠司氏は自民党に移籍してください | メイン | 10-21~10-27の運動記録 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/876

このリストは、次のエントリーを参照しています: 衆議院・教育基本法に関する特別委員会名簿:

» 生まれつきの多様性を否定するのはファシズムだ from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
元生徒と学校側が和解 髪染め強要で謝罪や50万円(共同通信) - goo ニュースについて。  私は最近,花の写真をとりあげることが多い。ところが今回の花は... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 18:20

» 教育基本法改悪急ぐ政府・与党 from 花・髪切と思考の浮游空間
教育基本法が審議入りした。安倍晋三首相が23日、最優先するよう自民党・二階俊博国対委員長に指示した教育基本法改悪法案。政府・与党は「共謀罪」法案の先送りを決めて... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 19:31

» 情報の洪水に酔っちまいました from らんきーブログ
ブログやニュースサイトをあちこち見回ってたら、情報の洪水に酔ってしまいました。文字を追うことも結構疲れるんですね〜。そろそろ闇雲にネット徘徊するのをやめてある程... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 22:03

» 廃案まで気が抜けない「共謀罪」 from 競艇場から見た風景
10月22日のW補選に勝利した「自・公与党」は一気に10月24日に「共謀罪」法案の審議入り、強行採決という筋書きを放棄し、先送りするとの報道が流れたのだが・・・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月26日 23:30

» 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開催のお知らせと教育基本法改定論議 from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2006.10.26.22:50ころ 来たる11月12日(日)に、多民族共生教育 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 01:14

» 憲法二十五条[生存権]剥奪の先取り「新たなセーフティーネットの提案」 from 権力とマイノリティ
■改憲への道・国会審議のスタート  26日は衆議院憲法調査特別委員会が開催、その様子がNHKで生中継された。安倍新政権は、5年以内に「新憲法制定」を目標にして... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 01:55

» 日本共産党は自民党の補完勢力なのか? from 未来を信じ、未来に生きる。
 衆議院補欠選挙で民主党候補が敗北し、自民党候補が当選したことを受けて、日本共産党は自民党の補完勢力である、という論難が多く見られます。  そこで、「日本共産... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 03:57

» 安倍氏の悲願・教育基本法の改正が動き出す!+ 共謀罪は今後も要チェック from 日本がアブナイ!
 衆院の補選が終わり、25日に秋の臨時国会がようやく本格的に動き出す。  今回は、教育基本法改正、共謀罪のことを中心に、今国会で注目すべき法案について 書き... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 05:13

» 「正直者は馬鹿を見る社会」を推進する安倍政権 from とくらBlog
 さっき、出かけた時、ちょっとだけテレビで見たのですが、郵政民営化に反対して造反議員となった方々の復党問題をやっていて、「郵政民営化法案に反対し、自民党を離れた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 06:33

» 教育基本法改正? from 反骨心ブログ
 自民、公明両党は24日、犯罪を実行しなくても事前に合意しただけで罪に問える「共謀罪」の創設を柱とする組織犯罪処罰法改正案の今国会成立を見送る方針を固めた。安倍... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 07:28

» 小沢代表・さぁ、節操の無いアベシから政権奪取だ! from 晴天とら日和
”祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。  沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。  驕れる者久しからず、唯春の夜の夢の如し。  猛き者も遂に滅び... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 12:09

» 男と女がいるかぎり・・ from あんち・アンチエイジング・メロディ
いつもメロディのブログを訪ねて下さり、本当にありがとう。 さて、今日は,男と女のお話しから・・。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 12:10

» 損得勘定から国家破産を考える from 晴耕雨読
● 統治者の意図的破壊行為や無能の可能性 国家破産(債務不履行)の可能性は、それによってどういう損得が発生するかということを軸に考えると見えやすいと思います。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 13:27

» 当たり前かな? from のり市民の世界観
履修問題が最近取り上げられて学校が悪いや将来困るとか小泉礼賛の時と同じような人がコメントしているが私はかなり疑問に思っています。 と言うよりもおそらく多くの人... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月27日 19:16

» 姜尚中・著『愛国の作法』(朝日新書)−「国家の品格」に"感動"した「美しい国」の人達にこそ読んで欲しい一冊 from ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
昨晩、10月より刊行開始の朝日新書(朝日新聞社の新書シリーズ)の中にラインナップされている姜尚中氏の「愛国の作法」という本を読みました。 エーリッヒ・フロ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 12:46

» 安倍首相はヤッパリ「鷹」 from HOME★9(ほめく)
10月上旬に中国へ行きましたが、安倍晋三首相への評価は大変なものでした。現地の人 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 15:18

» そこまで from のり市民の世界観
情けない事に媚びてお願いして土下座しても復党したいそうです。私は復党自体は否定しませんが何故にここまでバカにされてまで復党したいのか?せめて復党の大義がいるのに... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月28日 22:38

» かなりおもしろい政治批評(1) from うみおくれクラブ
 長いですが、ご紹介いたします。 引用元は、「広島瀬戸内新聞ブログ版」です。  私は、共産党は嫌いではないです。 しかし、最近、本当に、自らの党利党略でさえ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月29日 23:57

» 檄 教育基本法改悪阻止! from みんななかよく
某筋から入手した(ってほど大げさなものではないけど)、教育基本法改悪反対運動の呼びかけ人の一人である大内和弘さんのメール文。転送歓迎と言うことなので掲載。(太字... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月30日 11:24

» 「必修科目の履修漏れ」騒ぎの陰で from HOME★9(ほめく)
突然ふって湧いたような「高校必修科目の履修漏れ」の大騒ぎって何なんでしょうね。そ [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月03日 15:54