【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 続・とくらさんを応援します | メイン | 10-07~10-13の運動記録 »


2006年10月12日

トイレを借りた話

表参道(原宿)

もう20数年も前、私(喜八)が大学生だったころの話です。

当時の遊び仲間のひとり君は東北地方の某県から出てきて、東京の私大に通っておりました。H君の生家は裕福であったとみえて、東京はJR原宿駅の近くに決して狭いとはいえないマンションを借りてH君を住まわせていました。この彼のマンションは我々悪友たちにとって、いい「アジト」となっていたのです。

あるとき、H君と私プラス女子大生2人の合計4人で、表参道(原宿駅の近く)の店でお酒を飲みました。そして「まだ飲み足りないね」ということで、H君のマンションに行くことになりました。なんて書くと、この後は「若者たちの無軌道な生態」なんて話になりそうですが、まったく違います。

H君のマンションは原宿駅竹下口を降りて、目の前の道路を左方向に行った先にあります。その日、我々がお酒を飲んだ店からは歩いて15分ほどの距離です。ところが! 飲み食いした直後に歩いたためか、私は急激な便意を催してしまったのです。とてもではないけれど、H君の家までもちそうにありません。万事休す!

けれども、これこそ「天の助け」と言いましょうか、そのとき我々4人は原宿駅近くにある某宗教団体本部建物の前に来ていました。「ここでトイレを借りよう!」。この宗教団体の名前は明記しませんが、かつて「参院のドン」といわれた元議員や「新右翼」理論家氏にゆかりの深い教団であるとだけ書いておきましょう。

某宗教団体本部建物前を数十メートルほど過ぎてから、私は「あっ! いけない。忘れ物だ。先に行ってて」と連れに断り(見栄を張ったのです)、いま来た道を駆け戻りました。そして、迷わず某宗教団体本部に入りました。夜になっても、入り口のドアは開かれていました。

正面の受付には2人の女性がいました。40代あるいは50代ほどの女性と20代に見える女性。「すみません。お腹の具合が悪いのです。トイレをお借りできないでしょうか?」。いきなりやってこられて、こんな頼みをされたら、誰だって愉快ではないでしょう。けれども、受付の(年長の)女性は嫌な顔ひとつせず、トイレの方角を手の平で示して「あちらでございます」と案内してくれました・・・。

ホッと一息。危機的状況をまぬがれて個室の中を見回すと、じつに綺麗なトイレです。建物そのものは古いようですが、トイレの床も壁も丁寧に掃除されていることが一目瞭然でした。それまでは「右翼的な教団」という印象だけがあった某宗教団体の「底力」を実感させられるトイレだったのです。

用事が済んだ後は必然的にまた受付の前を通ります。すると受付の(年長の)女性が「大丈夫でしょうか? こちらに胃腸薬もございますよ」と親切に尋ねてくれるのです。まだ若かった私は恥ずかしさで身が縮む思いでした。「い、いえ、どうもありがとうございます」とお礼を言って、あたふたとその場を去りました。

当時は「組織のモラール(士気)はトイレ掃除に現れる」「組織の『格』は受付の女性に現れる」なんていう知識はありませんでした。でも、その後いろいろな組織(役所・団体・会社)に出入りしてみて、原宿のあの宗教団体本部の受付女性とトイレはほぼ「最高点」であるということが分かってきました。世間では「一流」で通ってはいるものの、「(モデルみたいに綺麗だけれど)話の通じない受付女性」や「汚いトイレ」を備えた組織には何度も遭遇しました。

もちろん、私はこの宗教団体の関係者でもなんでもありません。ただ一度トイレを借りた恩義があるだけです(とはいえ、きわめて大きな恩義です)。そして、そのとき感銘に近い好印象を受けました。後に「新右翼」理論家S氏や「参院の天皇」M氏の言説を(それらが私の元々の指向とは異なるにもかかわらず)素直に受け止めることができたのは、あの受付女性とトイレのお陰かな、なんて思ったりもします。

ところで、あの日、H君のマンションに女子大生たちを「連れ込んだ」我々は・・・、当時ヒットしていた連続テレビドラマを4人で一緒に観ながら缶ビールを何本か飲んだだけで、平和裏に(?)解散となりました。当時もいまも私の「A Way of Life」はこんなものです。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年10月12日 17:39

« 続・とくらさんを応援します | メイン | 10-07~10-13の運動記録 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/847

このリストは、次のエントリーを参照しています: トイレを借りた話:

» ジムニ・恐るべき共産党第二事務部(1) from うみおくれクラブ
「JCP.ウォッチ」というサイトより拾ってきました。 週末、これを読んで、驚くべき恐るべき日本共産党の姿を、お楽しみください。 『日本共産党の組織防衛』 〜... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月13日 17:54

» ジムニ(2) from うみおくれクラブ
3.党専従者の「鉄の戒律」  共産党の専従者は、たとえ合法的に認められることであっても、してはならない「べからず条項」が存在する。もちろん、そんなものを文書にし... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年10月13日 17:56

» アラウーノ 2006年12月1日発売予定 from アラウーノ全自動おそうじトイレ|松下電工 使用感日記
2006年12月1日発売予定ナショナルが、こんどはトイレで新発明。(なんとお掃除機能付)その名は「アラウーノ」 A・La・Uno全自動おそうじトイレの誕生です。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月16日 09:50