【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 辻井喬さんの憲法論 | メイン | 11-04~11-10の運動記録 »


2006年11月09日

嫌な予感 -小泉新党結成前夜?-

『奪われる日本』関岡英之

謎の憂国者「r」さんからのメッセージを全文掲載します。

********************************************

★引用開始★

嫌な予感 -小泉新党結成前夜?-

小泉純一郎氏は安倍晋三氏を潰す気ではないでしょうか?
そんな気がします。
郵政造反組の復党問題。
自民党内が割れている、と各種メディアが報道しています。
全国紙とその配下のテレビキー局は巨大広告代理店と共にアメリカによる日本植民地統治のお先棒を担ぐ為に暗躍している、と私は常々思っているのですが昨今の報道は体制側である自民党にとって耳を塞ぎたくなるようなものです。
されど「自民党内紛」報道は続いている。
今回の復党問題は壮大且つ陳腐な三文芝居だとは思っているのですが、どうにも腑に落ちない。

今まで沈黙を守ってきた「小泉前総理」は武部勤前幹事長とタッグを組んで「小泉チルドレン」の支援組織を作り、その長に治まっている。
事実上の「小泉派」の誕生のような気がします。
そして何故かこの件に関して全国紙とその配下のテレビキー局の報道が少ない。

嫌な予感がします。

最近になって民主党前代表前原誠司氏が蠢動し始めました。
テレビメディアを始めとして全国紙も前原氏を取り上げ始めました。
前原氏が小泉氏の味方であるのは暗黙の了解事項であり衆知の事実でしょう。
「永田メール問題」を始めとする民主党を崩壊させかねない数々の「事件」には前原氏、若しくはその周辺が必ずと言っていいほど関与しています。
前原氏が党を割って小泉氏と合流する、とは以前より巷間囁かれています。

今の情勢ですと来年の参院選に於いて安倍自民は「必敗」でしょう。
沖縄県知事選も全野党が結束しましたからこのままの情勢では「野党連合」の勝利はほぼ確実です。
(されど油断大敵、予断は許されません。)
米国に於いてもブッシュ共和党は惨敗の見込みです。
(されどニューヨーク平均株価が不思議な事に下落していない。ブッシュ時代は電子投票の不正操作疑惑が巷間囁かれていましたが、まさかその再現が約束されているから予定調和なのでしょうか?)

北朝鮮が起こす数々の国際問題を利用して政権の求心力を高めるやり方も通用しなくなりつつあります。
拉致問題もそうです。
小泉時代に政治利用し過ぎた為に拉致被害者家族にとっては気の毒ですが、国民感情は大分冷え込んできた感がします。

安倍政権にとっては雲行きが怪しい事が続きそうです。

そんな訳で自作自演の「ホニャララ」を起こしても(張作霖爆殺事件の現代版?)通用しない可能性は高いでしょう。
このままでは選挙戦が戦えない。

「だからこそ造反組の復党が必要だ。」

どうも腑に落ちない。

仮に安倍氏が造反組を復党させたとします。
今の調子だと全国紙とテレビ局、そして雑誌メディアはここぞとばかり叩く可能性があります。
ネット世論も2ちゃんねる、ブログを始め一斉に叩くでしょう。
小泉支持者、アンチ小泉双方がタッグを組むが如く叩きます。
アンチ安倍は言わずもがな…

そういった状況を利用するのが「小泉政権」の十八番だったのは周知の事実。

この状況を利用する可能性が非常に高いと私「r」は思うのです。
全国紙とその配下のテレビキー局が安倍晋三氏を叩いた場合、それなりの理由が必ずある。
叩く事によって誰が得をするのか、その見極めが非常に重要なのです。

結局「アメリカとその配下の小泉グループ」が得をするシナリオが用意されている気がするのです。
メディアが一斉に郵政造反組復党で安倍政権を叩いた場合、前述のように異常なまでの盛り上がりを見せると思うのです。
メディアはそれに油ならぬガソリン、いやニトログリセリンを注ぎまくるでしょう。
そんな異常な空気の中で小泉前総理が…

「このままでは改革が潰される!改革を潰してはならない!」

と絶叫しながら登場したらどうなるか?

日本中が発狂するでしょう。

大新聞とその配下のテレビキー局、そして御用雑誌メディアが煽動洗脳報道をエスカレートさせる熱狂の渦の中、組織工作員(私は宗教的な工作員が跋扈している、と思っていますが…)が2ちゃんねるやブログなどで組織的な書き込みを行い、世論の熱狂を演出するでしょう。

すかさず小泉前総理が…

「私は改革を続行させる為に、そして国家国民の為に立ち上がります!」

新党を立ち上げ、熱狂を更に過熱させる中…

「私、小泉純一郎に協力して国家国民に奉仕する若者が立ち上がりました!前原誠司君です!」

と絶叫したら、どうなるか!!!

メディアは極限状態にまで数百億年前のビッグバンさながらに熱狂するでしょう。

全てが吹っ飛んでしまう事でしょうね。
何もかも皆全て…

民放もNHKも全てのテレビメディアは特番を組み、新聞メディアは号外を出す事でしょう…

それまで地道に小泉安倍両氏を批判してきた勇気ある学者、評論家、フリー記者、そしてブロガーや心ある2ちゃんねらーは絶望の淵に追いやられるでしょう。

以上は私の「幻影」としての「嫌な予感」ですが、絶対に有り得ないとは断言出来ないと思うのです。
以前も、安倍氏のキャラの弱さを補うべく来年の参院選挙は「超劇場型選挙」になり、多数の現役大物芸人その他が構成員となりテレビメディアを発狂させる、みたいな事を書きましたが冷静に考えるとその程度じゃ「一般国民」は騙せないと思いましたので、以上のようなストーリーを考えたのです。

もう少し深く考察しますが…

前述のような状況で小泉氏が安倍氏を抵抗勢力に見立てて「立ち上がった」場合にどれだけの議員が付いて行くのか?
そして支援団体は…

・アメリカ合州国政府(理想は共和党政府でしょうが、民主党政府もありうる。)
・米国資本
・日本国内資本
・全国紙とその配下のテレビキー局
・巨大広告代理店
・非常に特殊な外国系カルト宗教団体とその派生組織

が支援団体として考えられるでしょう。
上記の「非常に特殊な外国系カルト宗教団体とその派生組織」は安倍氏の支援団体と共通しますが、組織の存続を考えれば「アメリカ」の意向は無視出来ない筈ですので小泉氏に付くと思います。

これだけの組織が背後に付いたら「政権与党である事が至上命題」の某宗教政党とその支持母体も嫌が上でも付くでしょう。

そういった状況で自民党と民主党の代議士・議員はどう動くか?

民主党代表選挙で前原氏は得票を半数近く得ました。
菅代表との得票差は確か、二票だったと思います。
要するに民主党の過半数の代議士議員は「風頼み」な訳です。
彼らは「国家公務員特別職」である事が至上命題でもあるでしょうから民主党議員の過半数は「小泉新党」に合流するでしょう。
そうなれば前原誠司氏は「小泉新党初代幹事長」に抜擢される事は間違いありません。

一方、自民党はどうなるか?
先の「郵政解散総選挙」を鑑みれば「主義主張」「思想信条」よりも代議士議員である事が「至上命題」である人々の集団に堕した感がある自民党ですから間違いなく過半数が「小泉新党」に移籍する事でしょう。

民主党から衆院約数十名
自民党から衆院約百数十名
宗教政党から…

確実に200名を越す「巨大政党」が一晩で誕生します。
ひょっとしたら衆院の過半数を超すかも知れません。

小泉新党が衆院過半数を超す超さないに関わらず小泉新党は間髪いれずに次の行動に出ます。
それは…

「安倍内閣不信任案提出」

共産党、そして社民党は本能に逆らえません。
それが自分達の政治生命の終局であろうとも本能に逆らえません。
「内閣不信任案」に賛成するでしょう。

もうここまできたら「小沢一郎氏」であろうと誰であろうともう止められません。

「郵政解散総選挙」が「張作霖爆殺事件」ならば「小泉新党誕生」と「安倍内閣不信任案可決成立」は「盧溝橋事件」と「真珠湾攻撃」を足して2で割ったものに匹敵するでしょうね。

(因みに「5.15事件」と「2.26事件」は結局不発だったので前述のようにしました。)

もう破滅は誰にも止められないのでしょうね。

そろそろこれから始まる「暗黒時代」をどう生き延びるか、そして必ず来るであろう「夜明け」たる復興でどう復活するかを考える時期がきたのではないでしょうか…

以上が私「r」の白日夢です。

★引用終了★



関連ページ



投稿者 kihachin : 2006年11月09日 12:59

« 辻井喬さんの憲法論 | メイン | 11-04~11-10の運動記録 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/896

このリストは、次のエントリーを参照しています: 嫌な予感 -小泉新党結成前夜?-:

» 中間選挙投票日の翌日に反戦ママ逮捕 from 薫のハムニダ日記
ジョージ・ブッシュ大統領所有の牧場の前で反戦デモを展開したりした“反戦ママ”シンディ・シーハンさんが8日、逮捕されたというニュースが速報で入ってきました。日本で... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月09日 15:12

» ごめんなさいを言いましょう、 from お玉おばさんでもわかる政治のお話
例えば、巨人がものすごく強くて、金に物言わせて、有力な選手を沢山囲っていた頃。例えば二子山部屋部屋がダントツに強くて、貴乃花がいつも優勝していた頃。例えばヴェル... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月09日 16:43

» 藤田社長の耐震偽装隠蔽問題に対して、報道隠蔽するマスコミ from らんきーブログ
藤田社長の日本外国特派員協会での記者会見は無事に終わったかな。 3時半から4時半と日本外国特派員協会のHPには書かれていた。 そこに日本のマスコミはいただろ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月09日 22:20

» 子どもの「規範意識」を問題にする安倍晋三の「規範意識」のなさ from 前を向いて歩こう!
担当者処分へ、他の166回調査 教育改革TMやらせ(2006年11月09日22時37分 asahi.comより転載) 03年から今年にかけて8回開かれた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月10日 00:26

» さぁ、これからアメリカの誰に追随するのかアベシ?まてよ・・・ from 晴天とら日和
暦の上では、もう、立冬を過ぎました。で、そりゃぁ〜本当に寒くなりました。が、本当に寒くなりましたなんてノンキなこと言ってられない状況に北海道はなってるようで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月10日 13:21

» インドネシア 泥炭地破壊 from 晴耕雨読
泥炭の分解や火災によって排出される大量の二酸化炭素が、インドネシアを世界第3位の温室効果ガス排出国に押し上げている。気候変動と化石燃料利用に関係する行動を議論... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月10日 20:47

» 核武装の話じゃあなくて、本当はこのことが言いたいのかな? from お玉おばさんでもわかる政治のお話
うう・・今日はもう一本記事を書いちゃうぞ〜〜〜 中川昭一くんが語りたい核の話は実は別にあるんじゃあないの?? 核武装論ったってさあ・・日本独自の核兵器を持つ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月10日 20:49

» [政治][教育基本法][雑]最近のイタイ脊髄反射にちょっと反省:教育基本法改正反対はつづく from 「や」は夫婦善哉の哉
最近は私生活でもストレスがかかっており、なおかつ「教育基本法改正案今国会成立強まる」などというミダシが(御用)マスコミ各紙をかざった影響で、なんかへんな精神状... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月10日 21:16

» 「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画 from dr.stoneflyの戯れ言
 政府という仮面を被ったエセ権力者で利権(金)の傀儡である奴らが、教育基本法を捏造してまでやりたいことは、国家という偶像を利用した支配と権力に従順なスレイブの排... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月11日 06:42

» 前門の軍需産業、後門のヘッジファンド from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
アメリカの中間選挙で予想通り下院は民主党が勝った。接戦が予想されていた上院でも民主党が過半数を獲得し、ブッシュ大統領はレイムダック化するとのもっぱらの噂である。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月11日 15:16

» 黒鳥・清水両牧師と浅見定雄先生の裁判・最終報告書 出版 from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
 統一協会との繋りが深い安倍死が一国の「総理大臣」になってしまった時に,皮肉にも「横浜T事件」 (Tさん夫妻の娘さんが統一協会の合同結婚式によって親子関係を絶... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年11月12日 20:03

» 高級ソープ通いの政務官・・・・武士の情けで匿名 from 現役雑誌記者による、ブログ日記!
  さつき、ゆかり両議員が無断欠席 党内外からブーイングの嵐  だそうだ。「問題なのは、この2人だけではない。このところ小泉チルドレンの“幼稚っぷり”も次々に露... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月01日 13:08

» 離婚したくない from 離婚したくない
★一体私達はどうやって、離婚寸前からラブラブ夫婦へ大逆転できたのか? [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月02日 02:09

» 来年は小泉純一朗が再登板!!??? from 貞子ちゃんの連れ連れ日記
こういう筋書きもありかと。 (^。^; 笑ってる場合じゃないのだけど。 激しくアグリーしたので 喜八郎ブログさんのところから 孫引き。 嫌な予感 -小泉新党... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月28日 22:29

» 民主党代表選挙 投票日特集!! from ニュースな話題
民主党代表選挙 投票日特集!! 今日も絶好調! すごいです。 130万人中1位に輝いた、トレーダー開発システム5万円から再スタートして月... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年09月10日 16:33