【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ランキング参戦! | メイン | トラックバック不調 »


2006年12月21日

敢えて殺す″以上″

「東チモール 知事 日記」伊勢崎賢治

伊勢崎賢治東京外国語大大学院教授の「奇跡が終わったとき」(東京新聞2006年12月20日夕刊「放射線」欄より転載)。

 イラク戦のようにこちら側が戦争を仕掛けるようなものはともかく、国連平和維持活動(PKO)ぐらいなら、そもそも″中立″な存在だし、戦闘に巻き込まれることもなく、日本にもできそうだ。PKO等への参加を自衛隊の本体業務にすることが理由の一つとして挙げられている防衛庁の省昇格に当たって、関係者がこんな認識を持っているとしたら大変心許《こころもと》ない。
 対立する武装グループどうしの市街戦で立ち往生した子供たちを確保したPKO兵士が、その中に混じっていた子供兵士に背後から撃たれ殉職。停戦合意が締結され、それをもとに現場に派兵されたのに攻撃を受け部隊丸々捕虜になり、惨殺されるだけでなく″食われる″等、アフリカのPKO活動などでは、「名誉の戦死」では済まない非現実的なことが起こる。筆者が東ティモールで直接統括したPKO部隊からも二名の犠牲者を出した。その内一人の遺体は、体の一部を切り取られた格好で発見された。″中立″な存在だからこそ敢《あ》えて殺す″以上″の攻撃を仕組む。国際社会の介入を拒む為《ため》に、見せしめとして、敵に対する以上の悪意を持って″中立″に狙いを定める。
 こんなふうに自国の兵士が一人二人殉職しても、国内世論に一向に差し支えない国と、そうでない国がある。前者は途上国。派兵の見返りとしての外貨が目当てだ。だから、なるべく大型の部隊を出したがる。
 日本は途上国並みの規模の派遣を繰り返してきたが、犠牲者なし。これは奇跡と思った方がよい。奇跡が終わったとき日本の世論がどうでるか。備えよ。



関連ページ



投稿者 kihachin : 2006年12月21日 20:16

« ランキング参戦! | メイン | トラックバック不調 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/950

このリストは、次のエントリーを参照しています: 敢えて殺す″以上″:

» 人生へのスローライド from 石橋を叩いても渡らないかも?
きょうは忙しいさなかのちょっとした中休み。 貧乏ヒマなしというけれど、ヒマがあっても先立つモノが無いからヒマを持て余してしまう。でもって原稿書こうと思ったら、マ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月21日 22:26

» 「規制緩和」や「民営化」の末路は米英の歴史的経験から見えてくる from 晴耕雨読
米国は、レーガン政権のサプライドサイド政策で80年代中期に航空業界の規制緩和が実施された。 航空業界の規制緩和を受けて、竹中氏が言うように、格安航空運賃の新興航... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月21日 22:59

» 日教組の何がいけないのだろう? from お玉おばさんでもわかる政治のお話
せっかくこんなにポチの数で皆さんに応援して頂いてるのに・・ こんな話題を取上げて、周囲に刺激を与えていいんだろうか・・とちょっと悩みつつ・・でもやっぱし書かず... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月21日 23:10

» 困難にぶつかった時、真価が問われる 安倍晋三、齢52にして知ったそうだ(笑) from らんきーブログ
笑わせてくれますね。ちょっと口を開くとこの程度のレベルなのがすぐわかる人(笑)支持率低下の首相、読書で同感「難儀でござる」  「難儀でござる」。安倍首相は20... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月21日 23:36

» 民主党にモノ申す(1) + 本間税調会長ピンチ? + 石原都知事&野党対抗馬はいかに? from 日本がアブナイ!
 18日、民主党が、「政権政策の基本方針」を発表した。<*1><コチラ)> <こういうものに「政策マグナカルタ」なんて名前をつけること自体、チョットな?... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月22日 05:05

» 自衛隊の交戦規定? from 飛語宇理日記
日本国憲法第9条第2項に「国の交戦権は、これを認めない。」という有名な規定がある。 一般に軍隊や警察には交戦規定なるものがあり、いつ、どこで、いかなる相手に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 21:57

» 外国政府・メディア・市民に知られまいと日本政府が隠す目的(入管法改定案に関する国会会議録より) from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2006.12.30.01:40ころ まもなく2007年です。 2007年の11 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月30日 02:06

» 民族楽器 from 民族楽器特集
民族楽器のサイトです!ぜひこの機会に民族の楽器を見た見よう [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年09月05日 10:08