【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 植草一秀さんのメッセージ | メイン | ランキング参戦! »


2006年12月19日

カボチャ

カボチャ

わびすけさん(※女性です)から「カボチャ」の画像を送っていただきました。
いつも季節の便りをありがとうございます。

以下はわびすけさんの文章です。

喜八さんこんばんはー。
今日も暖かい日でした。
友人の家にこんな「カボチャ」の飾り物がありました。
カボチャにもこんなに沢山の種類があるのですね。

以下ふたたび喜八

カボチャの別名を「南京(なんきん)」「唐茄子(とうなす)」といいます。

それでNHK連続テレビ小説の『芋たこなんきん』は「芋・たこ・カボチャ」ということになります。この3つは女性が好む食べ物の代表格という意味なのだそうです。これはドラマ原作者田辺聖子さんのエッセイで以前に読んだことがあります。

「唐茄子」という呼び方があるのは、古典落語「唐茄子屋政談」で知りました。商家の若旦那が道楽が過ぎて勘当され、苦労人の叔父の家に居候となる。のらくら者の根性を叩きなおすため、叔父は唐茄子(カボチャ)の行商を甥にさせる。若旦那は商いに行った先で、食うや食わずの身の上の母子に出会い・・・というストーリー。非常によくできた人情話です。

 「唐茄子屋政談のあらすじ

西洋カボチャでは怪人「ジャック・オ・ランターンJack-o'-Lantern)」が有名ですね。もとは、カブをつかって悪魔を欺いたジャックという男のアイルランド民話だったそうです。その話が移民とともにアメリカに渡り、カブがカボチャとなり、10月31日のハロウィンに飾られるカボチャのロウソク立てになりました。

ひるがえって日本では「冬至にカボチャを食べると病気にならない」と言われますね。今年(2006)の冬至は12月22日。私もしっかりとカボチャを食べることにします・・・。


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします~。


投稿者 kihachin : 2006年12月19日 20:12

« 植草一秀さんのメッセージ | メイン | ランキング参戦! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/945

このリストは、次のエントリーを参照しています: カボチャ:

» 与(野)党批判の貧困・考 memo(走り書き的覚書) from いわいわブレーク
主に「公明・民主」の絡みにおける「与(野)党批判」の貧困。 または「ケインジアン(政策)が死んだ!」理由・考 序章 ≒『悪党の時代』(「さわり」だけ)。 [... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月20日 00:20

» 提案・保坂展人氏にランキング登録の勧め from あんち・アンチエイジング・メロディ
今日もランキングの話しで恐縮だが、1位になった意味を考えたい。これは、私にとって事件である(笑)と同時に、私たち真に平和で暖かい社会を願う者たちが、「仲間」をつ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月20日 13:17

» アメリカ産牛肉からダイオキシン検出 from 薫のハムニダ日記
(まめ)たぬきさん、コギトエルゴスムさんから教えていただきましたが、アメリカから韓国に輸入再開された牛肉から、今回はナント、発がん性物質でもあるダイオキシンが検... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月22日 17:17