【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 12-16~12-22の運動記録 | メイン | ハリー・ポッター第7巻 悪魔的な予想 »


2006年12月23日

ぬるま湯につかる

沖縄県糸満市摩文仁の丘

ふと気づいたこと。

ぬるま湯につかる」という慣用句があります。
しげきの少ない生活に甘んじて、何の心配もなく暮らすこと」「現在の楽な状況に甘んじる」という意味だそうです。
批判的な文脈で使われることが多いようです。

ところで「ぬるま湯につかる」のが仮に「悪い」ことだとしたら、「良い」のはどのような状態なのでしょうか?
「熱湯につかる」?
「冷水につかる」?

生身の人間が熱湯につかれば即死ですよ(笑)。

冷水につかるのも時にはいいでしょう。
熱いサウナの後の冷水風呂は私(喜八)も大好きです。
でも、人間が冷水につかり続ければやっぱり死んでしまいます。
酷寒の海で船が遭難し海上に投げ出された人はせいぜい数十分しか生き延びることができないと聞きます。

となると「ぬるま湯につかる」のが一概に「悪」だとは思えなくなってくる。

そもそもヒトの「体温」は「ぬるま湯」と同じくらいではありませんか!
我々は「血液」という「ぬるま湯」につかって生きているのです。
血液が熱くなりすぎても冷たくなりすぎても、それは確実に「死」につながります。

(以下いっきに論理は飛躍します)

戦争・虐殺・拷問・暗殺・飢餓・疫病などの「熱湯」もしくは「冷水」につかるよりは、平和という「ぬるま湯」につかっているほうが大多数の人にとっては「良いこと」であろう。「ぬるま湯につかる」のは庶民の幸福なのだ。

なんてお馴染みの屁理屈を並べてみました。
お後がよろしいようで・・・。


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします(ペコペコ)。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2006年12月23日 14:00

« 12-16~12-22の運動記録 | メイン | ハリー・ポッター第7巻 悪魔的な予想 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/953

このリストは、次のエントリーを参照しています: ぬるま湯につかる:

» アベ家の資産の源泉と結果は? from とむ丸の夢
首相になってはいけない人間がなってしまった、とつくづく思います。 官房長官時代には岩国の住民投票に疑問を投げかける発言を繰り返し、その後もみえみえのパフォーマン... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 14:42

» おくればせながらNHK「ワーキング・プア〓」 from うみおくれクラブ
 リリー・フランキー氏の「東京タワー」やゆみちゃん一家の例を通して、克明に貧乏の形態の考察をした。  というのも、先週放映されたNHKの特番「ワーキング・プア〓... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 17:36

» おくればせながらNHK「ワーキング・プア〓」(2) from うみおくれクラブ
 2例:高卒18歳の女の子。家族は妹と父親。     姉妹で町立病院の調理場のパートをしている。     月額賃金一人8万円×2人で生計を立てている。     ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 17:52

» おくればせながらNHK「ワーキング・プア〓」(3) from うみおくれクラブ
 3例:既製服のアイロン仕上げ業を営む一家。     中国からの実習・研修生を安く働かせる同業者との競争のなかで、     1着の仕上げ単価が100円から50円... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 17:54

» 保守化した日本は世界から孤立しつつあるのか from 薫のハムニダ日記
早いもので、2006年も残りわずか数日となりました。毎年この時期になると思うのですが、今年は特に時間が経つのが早かったような気がします。それだけいろいろとあった... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月23日 23:54

» 確かに今の民主党は頼りにならないけど... from 秘書課村野瀬玲奈です
<小沢民主代表>4野党の党首会談開催で一致 社民と会談12月23日21時25分配信 毎日新聞 民主党の小沢一郎代表は23日、社民党の又市征治幹事長と富山市で会談... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 01:57

» きよしこの夜・・・??? from わんばらんす
今日は・・Xmasイブ。 きよしこの夜・・・♪♪♪ ん〜〜〜 今の日本は「きよく」も「美しく」もない。 救いの神子は何処に・・・??... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 14:45

» 『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のものである 〈その1〉 from 晴耕雨読
世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。 ブッシュ政権が推し進めている今回... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 17:41

» 【転載】人命は特許に優先する:危機に晒される数百万人の命 −署名のお願い− from NHK独立運動
人命は特許に優先する:危機に晒される数百万人の命  −安価な医薬品へのアクセスを守るための署名のお願い− 情報発信日 2006年12月20日 ス... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 19:47

» 継続は力なり・Christmas Massage from Melody from あんち・アンチエイジング・メロディ
Rome was not built in a day. <ローマは一日にしてならず> [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 19:52

» アタゴオルは猫の森 from 飛語宇理日記
アタゴオルは猫の森 1 (1) 劇場版3D−CGアニメ10月14日公開!だそうだ。 「きっこの日記」を読んでたら好きな漫画の中に入ってた。 「ダ・ヴィンチ」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 23:39

» 「根」と「元」と「情」と感謝報恩 from 田舎の神主の学び舎
更新できなかった間に、少し古くなってしまいましたが先月の会報の原稿をアップしたい [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月24日 23:47

» 【超お薦め!】『犯罪不安社会』を読んで、明るい2007年へ! from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2006.12.25.03:25ころ ほーほーほーほー、さんたくろーす!!! 『 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月25日 03:59

» クリスマス・イブ from ミクロネシアの小さな島・ヤップより
クリスマス・イブの夜、思い立って教会に行ってみた。といっても、わたしはクリスチャンじゃないから、午前0時から始まるミサに人が集まる直前の、ひっそりしたセント・メ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月25日 10:08

» クリスマスに死刑を執行する国、ニッポン from 薫のハムニダ日記
死刑執行:4人に 安倍政権で初 1年3カ月ぶり ◇死刑制度の維持したい法務省の強い意思  9月末に就任してからまだ日の浅い長勢甚遠法相が25日、一度に4... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月25日 14:25

» 二〇〇七年度政府予算案読む1・2 from 晴天とら日和
2006年12月25日 ホワイト・クリスマス! クリスマスの語源は、ラテン語の略で、Christ(キリスト)+mas(礼拝)=Christmasといわ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月25日 19:04

» いま一番必要なもの from 石橋を叩いても渡らないかも?
ブログって自由に自分の思いを書けるところがいいのだけれど、だれも見ない自分の日記として書いているのだろうか。なかにはそういう人もいるが、ほとんどは誰かに見てもら... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月25日 20:30

» 私は死刑制度廃止を望み、今日の死刑執行に抗議します。 from 秘書課村野瀬玲奈です
クリスマス、12月25日、世界の多くの地域では、平和の中で家族で静かに過ごす一日。この日、日本ではなんと4人もの死刑執行がありました。死刑執行がない年をつくらな... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月26日 01:54

» クリスマスに死刑執行した野蛮国は日本だけ from Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
Four hanged on Christmas Day - World - Times Online  上の題名のように,安倍内閣の長勢甚遠法務大臣は何と... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月26日 21:22

» 外国人実習生への性暴力/植草一秀氏事件から見える「適正手続」問題(入管法改定案に関する国会会議録より) from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2006.12.27.10:30ころ 外国人実習生 役員から性的暴力(2006. [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 10:50

» 目先の欲得を優先する公明党!! from 競艇場から見た風景
■ 「公明党には思想・理念はない!!」続編 浜四津は「やっぱりひまわり」(鳳書院)を出版した翌年(1998年11月17日)国会裏の星陵会館で開かれた「盗聴法」反... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 12:35