【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« ハリー・ポッター第7巻 悪魔的な予想 | メイン | 安倍批判はお休み? »


2006年12月27日

r のお勧め書籍

『アメリカの日本改造計画』関岡英之編

謎の憂国者「r」さんからのメッセージです。

********************************************

★引用開始★) 

お勧め書籍

※これらの書籍は「右寄り」「保守的」な視点から小泉・竹中政治を分析・解析しています。
「全国紙とその配下のテレビキー局」の対米売国ぶりも斬り捲《ま》くっています。

左右両思想・中道・ノンポリの何《いず》れの思想も関係なく読み進めて頂きたいです。

ただし、一部に左派系思想の方々にとってアレルゲンとなる文章も含まれて居ます。
そこの所はどうか一つ「オトナ」の度量で寛大に受けとめてください。(お願いします!)

ありとあらゆる対立を利用して日本人を分断統治・世論誘導するのが「植民地体制政府」と「全国紙とその配下のテレビキー局」の得意技です。

(ついでですが、小泉政権下における「朝日新聞」「テレビ朝日」と「産経新聞」の論調に殆《ほとん》ど差異がないのに不思議さを覚えました。ホント、不思議不可思議不可解ですね(笑))

できましたら上記の書籍とともに「年次改革要望書」にも目を通してください。

どうぞ宜しくお願いします。

★引用終了★

関連ページ


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします!


投稿者 kihachin : 2006年12月27日 12:59

« ハリー・ポッター第7巻 悪魔的な予想 | メイン | 安倍批判はお休み? »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/956

このリストは、次のエントリーを参照しています: r のお勧め書籍:

» 昔「従軍慰安婦」、現代「労働力慰安婦」 from うみおくれクラブ
「外国人研修で性的暴行」受け入れ先企業と財団を提訴 12月26日3時10分配信 読売新聞  海外の人に日本の技術を習得してもらう「外国人研修・技能実習制度」を... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 16:05

» 「歪んだナショナリズム」再論 from 花・髪切と思考の浮游空間
喜八さんが「属国ナショナリズム」を公開されている。そこでは、まさにアメリカにひれ伏す、おかしなナショナリズムのことが書かれている。弊ブログではこれまで、そのこと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 16:43

» 日本の民主主義の成熟度を採点してみたら from とむ丸の夢
日本の民主主義成熟度テスト、みなさんの採点結果はいかがでしたか? 私は今朝、60問まとめてやってみました。そのとき、分かりにくい表現を手直ししたところが少しあり... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 16:53

» 「小泉的破壊」とは? from 晴耕雨読
質問1.「小泉的破壊」の具体的な内容は何ですか? A1: 端的には、何をさておき国民がより良き生活をおくるために糧(お金)を得る場であるはずの国民経済を、“... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 22:18

» 笹川−児玉−田中角栄−そして中曽根−小泉 from 晴耕雨読
(笹川と変わり身の早さ) 世界基督教統一心霊協会(文鮮明)はCIAの管理下にありました。 原理運動の最初の拠点は、渋谷区南平台の岸信介の自宅にありました。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月27日 22:20

» 読者の皆様へ:ここしばらくの出来事と考えたこと from 嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
 どうも、ここしばらく間を空けてしまいました。  ここしばらく、休みなしで仕事が続いた上、風邪をひいて少し体調を崩しておりました。そのため、なかなかネットにか... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月28日 06:49

» 保釈請求却下 from AAA植草一秀氏を応援するブログAAA
第二回公判のあとにも請求されていた植草一秀氏の保釈。 却下されたようです。 前回保釈を許可した『地裁』が今回保釈請求を却下しました。 地裁が許... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月28日 12:46

» 「近現代」に終わりは来るのでしょうか?~未だに続く奴隷制を支えた価値観。 from ふしぶじゑ日記
 私たちが自明だとしている価値観や正義が、実は時代的・地域的に見て数ある価値観のうちの一つでしかないことが、多くの人々の中で明らかになりつつあるように思われます... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月28日 22:19