【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 女性は「産む機械、装置」 | メイン | 「あるある大事典2」問題 »


2007年01月29日

「国民投票法案」の徹底審議・廃案を求める署名運動

自由法曹団

お友だちの「華氏451度」さんからTBして頂いた情報を「ほとんどそのまま」転載させていただきます(手抜きかも? 汗)。

 人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


★転載開始★

署名運動のお知らせ

 自由法曹団が、国民投票法案の徹底審議・廃案を求める要請書(衆議院議長および参議院議長宛)への署名を呼びかけている(要請書全文は記事末に掲載)。署名用紙はこちら(PDF ファイル)にあるが、web署名も可。

 署名も意思表示手段のひとつ。小さなことでも、今できることを。国民投票法案に危機感を抱いている皆さん、ぜひ署名をし、周囲にも呼びかけましょう。


◇◇◇◇資料自由法曹団ホームページより転載)

国民投票法案」の徹底審議・廃案を求める要請書

 日本国憲法のかかげる平和、人権、民主主義の理念は、国民に広く定着しており、とりわけ第9条は現在も将来においても日本と世界の宝であります。
 与党と民主党は、この日本国憲法を改定するため「国民投票法案」を国会に提出し、今国会で成立させるべく、修正協議をすすめていますが、どのように「修正」しようとも、第9条の改憲を直接の目的とした法案であることは明らかです。
 与党と民主党の修正協議の内容は(1)国民の承認を「投票総数」(賛成・反対の合計)の2分の1超としており、これは「有効投票」の2分の1超と同じで最も少ない賛成で改憲が成立することになる(2)テレビ・ラジオなどの有料意見広告については、投票前14日間を規制しているが、それ以前は原則自由とするなど政党の資金力の多寡によって国民の投票意思を歪める危険性がある(3)本来自由であるべき国民の投票運動を公務員や教育者に限って規制する、など多くの問題点が指摘されています。
「国民投票法案」は、憲法第96条に基づく憲法改正の手続き法であり、その主体は主権者国民にあります。国民の意思を正当に反映しない法案を国民的な議論もない中で拙速に成立を急ぐことは、国会の歴史に汚点を残す大問題と言わなければなりません。
 ついては、現在審議中の「国民投票法案」は、徹底審議の上、きっぱりと廃案にされるよう要請します。

★転載終了★


以下ふたたび喜八

憲法の全面「改訂」は国家を新しくひとつ創り上げるくらい大変な作業となるだろう。
しかし、現在の政権与党にそれだけの能力があるとは思えない(まったく!)。
大変な労力を費やしたあげく現行憲法より劣った「新憲法」を捏ね上げることになるのが、「オチ」ではなかろうか。
1億2千8百万の日本人がそのような「リスクをとる」のは無意味だ。
よって私(喜八)は現実主義的愛国者として「護憲」を主張する。


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


関連ページ


投稿者 kihachin : 2007年01月29日 20:31

« 女性は「産む機械、装置」 | メイン | 「あるある大事典2」問題 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/1007

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「国民投票法案」の徹底審議・廃案を求める署名運動:

» アベと共産党の相似性 from うみおくれクラブ
 今通常国会の、アベ首相施政方針演説ほど、今までに腹が立ったものはない。    とくに、ゆみちゃんの逆鱗に触れた箇所は、  「教育再生は内閣の最重要課題です。 ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月29日 22:01

» 前振り「朝青龍」+アベシ政権、もうゴッチャゴッチャ。(その3・4)耐震偽装藤田さん告発実る。 from 晴天とら日和
凄い勢いで「朝青龍」関の八百長とやらの検索で、当ブログにおいで下さってるようですが、困ったもんだねぇ。ははは 普通に、{週刊現代}も{週刊ポスト}も読んで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月29日 23:52

» 国民投票法案のカラクリ from カナダde日本語
もうこのところ泣きっ面にハチ状態の安倍内閣だが、少子化対策の主要メンバーである柳沢厚生労働相の『女性は産む機械』発言は海外にもあっという間に広がり、日本の男尊女... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月30日 03:17

» 何度も言うが「沈黙は服従」です from オギノフの肖像
「ほっとけない」のキャッチフレーズを用い、山梨県知事選では横内氏が初当選を果たしたそうだ。 偶然にも先日放送されたみのもんたの番組も「ほっとけない!」という名前... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月30日 06:12

» 政治ブログを書く人・読む人・伝える人 from らんきーブログ
政治ブログを書くこと。 これは、やはり難しいことだ。 知識の勘違いもあったり、様々な人の立場の主義・思想を考えたり、気を使ってしまうこともあろう。南京問題、天... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月30日 10:50

» わたしもひと言。国民投票法案 from 石橋を叩いても渡らないかも?
きょうも時間がないので駆け込み記事になります。 前々回の記事の終わりに国民投票法案のことについて書きたいと記したまま終えてしまいましたが、その間に他のブロガー... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月30日 17:45

» ニッポンの恥、戒厳令投票法案 を 成立させるな from 試稿錯誤
(時事通信社 - 02月11日 13:10) ## 引用 自民党の二階俊博国対委員長は11日午前、NHKの番組に出演し、憲法改正の手続きを定める国民投票法案... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月11日 17:55