【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 官僚にもヤバイ?共謀罪 | メイン | 【転送歓迎】一億総密告社会を招く共謀罪と犯罪収益移転防止法案:海渡雄一弁護士 »


2007年01月23日

何で前原誠司氏なの?

『主権在米経済』小林興起

謎の憂国者「」さんの特別寄稿です。

*********************************************

★引用開始★

「何で前原誠司氏なの?」 -「分断統治の象徴」サンデープロジェクト(テレビ朝日)をみて-     

サンデープロジェクト(テレビ朝日)」は本当に前原誠司氏が好きですね。
言うまでもなく前原氏は「小泉竹中」両氏以上に「アメリカ大好き」でネオリベ(新自由主義者)でネオコン(新保守主義者)で国民(労働者)から遠い存在ですね。(関岡英之氏の著作によると、郵政解散総選挙後に「前原民主党(当時)」が出した、対案としての「郵政民営化法案」は小泉自民のそれより「遙に」アメリカが喜びそうな内容だったそうですね。小泉氏よりアメリカに忠誠を尽くす事によって政権奪取をしようと考えたのでしょうか?まさかそんな事はないですよね。)

「小泉安倍自民がピンチになると必ず塩を送る。」

「野党が一致団結して小泉安倍自民と対峙しようとすると、必ず『サンデープロジェクト』(テレビ朝日)や『報道2001』(フジテレビ)に出演して野党分断を図る言動を吐き、結果として小泉安倍自民に塩を送る。」

私はつくづく思います。
前原氏は…

「塩の配達人」「塩のセールスマン」

食塩メーカーさんは感謝状を授与してもいいのじゃないでしょうか?


 人気blogランキング blogランキング投票をお願いします!


そんな「素晴らしい」前原氏を全面的にバックアップする田原総一朗氏のサンデープロジェクトは本当にネオコン・ネオリベが好きなんだなあ、と思う今日この頃です。

そういった訳で、「素敵な」前原氏がどういった発言をするか、そして田原氏がどのように「共産社民」両党を誹謗中傷するか、またサンプロ常連の御用学者・御用評論家・御用ジャーナリストがどのようにネオコン・ネオリベを正当化するかを非常に期待して2007年01月21日放送のサンデープロジェクトを観てみたいと思います。

※尚、私は新聞を購読しておりません。ネットで事前に放送内容を確認しておりませんので番組内容・出演者の事は知りませんでした。
文章と時間軸に若干のズレがありますが、ご了承願います。

出演者

★司会進行は局アナ
★議論進行
田原総一朗氏(ジャーナリスト)
★コメンテーター
財部誠一氏(経済ジャーナリスト)
吉崎達彦氏(双日総研副所長主任エコノミスト)

松原聡先生(東洋大教授)と草野厚先生(慶大教授)はお忙しいのでしょうか?いらっしゃらなくて残念です。

★討論コーナーにおける出演者
茂木敏充氏(自民党:筆頭副幹事長)
高木陽介氏(公明党:広報局長)

前原誠司氏(民主党)
小池晃氏 (共産党:政策委員長)
福島瑞穂女史(社民党:党首)

※いつも思うのだけど何で「国民新党」「新党日本」「新党大地」は出演させないのだろう?与党が不利になるから?それとも野党分断に支障をきたすから?共産社民を浮かせられなくなるから?
それと何で「前原誠司」氏なのでしょう。前原氏は他の出演者と異なり現在は「無役」なのでは?(私が知らないだけ?)少なくとも前原氏は執行部に関わっていないわけであり「民主党を代表する存在」ではないはず。寧ろ前原氏は小沢執行部に批判的な存在でありその象徴的存在でもあるはずです。要するに「民主党はバラバラ」を演じさせたいのか?
そんな「下種の勘繰り」をする私が意地悪なのかな?
ついでに前原氏は「外交防衛」が専門分野であり「格差問題」「ホワイトカラーエグゼンプション」といった福祉的(厚生労働的)な問題の専門家ではない筈。(これも私が知らないだけ?)不自然ですね(笑)

で、討論本番に入ります。
前原氏は「ホワイトカラーエグゼンプション」「残業代底上げ」「過労死」の問題に関して「共産社民」両党を殆ど変わりない「自論」を展開。
うーん。「新自由主義者」「市場原理主義者」は何でもかんでも「自己責任」を突きつける筈なのになあ。不思議にも不気味…
でも新自由主義的自論を持つとしか思えない「財部誠一」氏の発言に肯定的だった。

やっぱりね。(安心しましたよ!前原さん!)

※財部氏は社民党福島瑞穂女史の提言「最低時給を1000円に底上げすべき!」に大反論しました。
財部氏は「社会主義的だ!」と一刀両断に切り捨て。
私が思うに「時給1000円ってそんなに高いの?」
で、ちょっとばかし検証します。

時給1000円
日給換算8000円(8時間労働)
月給換算16万円(20日稼動)
年収換算192万円(12ヶ月稼動)

全然高くないじゃないですか!!
時給日給月給の派遣労働や請負労働、そしてパートアルバイトが主流になりつつある昨今、こんな給料で生活できるのでしょうか!?
独身者ならまだしも妻帯者なら…
でも、保障(保証)も何もなく賞与(ボーナス等)も何も無い状況で、これが果たして高いと言えるのでしょうか?
財部先生!あなたは高給取りかも知れませんが人の身になって考えてくださいよ。

それと「共産社民」両党の小池氏と福島女史!
何で突っ込まないんですか?
論破できた筈ですよ!
不思議で不可解…

討論途中、やっぱりの「田原総一朗」氏!
いつもの「お約束」共産党攻撃が開始されました!
田原氏は「ネオリベ」を正当化して「社会主義的」なモノを一切合財否定。
いつものパターンでした。
でも、この攻撃って「共産党」の弱みを完全に衝いているのですよ。
田原氏とサンプロ常連組は必ず「社会主義は失敗した!崩壊した!」と罵声を浴びせますが、この記事をお読みの皆さんなら「釈迦に説法」ですがご存知の通り、バブル崩壊までの日本は「日本型社会主義」だったのですね。もっと拡大解釈するのなら小泉政権発足までがそうだったのです。
日米武力戦における敗戦後、日本は「社会主義的」な政策で復興したのも周知の事実。
日本の社会主義政策は「自民党」が行ったのです。
そんな訳で、小泉以前の自民党は社会主義政党だったわけで、共産社民の社会主義主張はその存在意義が極めて薄い存在でしかなかった。(但し、チェック機能としての存在意義は十二分にあったと思います。)
だから、「共産党」は唯一の「社会主義の成功例」を提示できないのです。
もし一昔前の日本を「社会主義の成功例」として提示したら、今までの主張が引っ繰り返りかねませんね。
だってそうですね。そんな事をしたら「昔の自民党」を認める事になってしまいます。
共産党は戦後ずっと「自民党」を完全否定してきたのですから。
もし仮に「共産党」が成功例として「それ」を提示したら田原氏は瞬時に「共産党」の揚げ足を取る事でしょう。

田原氏ってスゴイですね(笑)

最後は「8時だョ!全員集合」に於ける「ザ・ドリフターズ」の前半コントと同じドタバタ終了。

田原総一朗氏の「不自然」だが「用意周到」に計算された「いつもの」共産党バッシングだけが印象に残るワンパターン劇でした。

ここで疑問が…
共産党はいつも「ヒドイ目」にあってるのに何で「サンデープロジェクト」「テレビ朝日」「田原総一朗氏」に抗議しないのでしょうか?
私の素人目には明らかに「放送法」とその「精神」に違反していると思うのですが…

総合的な評価と感想

やっぱりいつもの「サンデープロジェクト」でした。
意外にも前原誠司氏は不気味なほどに静かに正論を述べていた。(但し財部誠一氏の発言に肯定的だったのは「やっぱり」だったが)
流石に「田原総一朗」氏も「財部誠一」氏も、そして「前原誠司」氏も「ホワイトカラーエグゼンプション」だけは正当化できなかったようですね。

サンデープロジェクト、「やっぱり」の番組ですね!
本当に「素晴らしい番組」です!

小林興起氏の『主権在米経済』の「マスゴミの章」を読みながらそう思いました。

★引用終了★

*********************************************

人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


関連ページ



投稿者 kihachin : 2007年01月23日 20:14

« 官僚にもヤバイ?共謀罪 | メイン | 【転送歓迎】一億総密告社会を招く共謀罪と犯罪収益移転防止法案:海渡雄一弁護士 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/993

このリストは、次のエントリーを参照しています: 何で前原誠司氏なの?:

» 『境界』&政治経済学の復権・ゾク 改訂版 from いわいわブレーク
ちょっとながめの副題。 「辻本清美」を軸に日本を世界を見れば、よ~く分かります、 『小泉劇場』の『シナリオ』 しっかも現在も進行中? ある意味『あ!大阪?』続々... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月23日 22:26

» 「影としての大きなイメージ」 & 「内在的批判+α」 ―「リベラル」考 from いわいわブレーク
水無月さんとの往復書簡的対話の続きです。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月23日 22:38

» 国際金融資本家」なる秘密結社は現実に存在するか? from 晴耕雨読
bakaさん 1.「国際金融資本家」なる秘密結社なりシンジケートは現実に存在するか? 2.存在するとすれば、その存在をあぶり出して、衆目がその存在を認めるよ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月23日 22:49

» 無関心? from のり市民の世界観
今年は選挙の年で国会も始まりますが、多くの国民にとって無関心であると私は思います(^ー^*)ゞ劇場が好きでまだまだ他人事と思っている人が多い国民と思いますから… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月23日 23:21

» 国民の最後の砦・・・立憲主義!!! from わんばらんす
今、あなたの子供達に危険がせまっています!!! やさしい立憲主義 憲法 と 法律 ・・・ 違いを知っていますか??? 平和な暮らしのために、もう... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月23日 23:35

» マグロ消費と環境(下−3) from 関係性
   (副題:地球温暖化・海水面上昇・京都議定書)  これまでマグロ問題から食の問題に拡大してきた。結局、地球温暖化問題に行き着く。そして、この克服のための個々... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月24日 09:23

» 大阪、名古屋、福岡だとかなり悲惨だな from 残業「0」はイヤずら
162 非決定性名無しさん sage 2008/04/10(木) 00:43:55 東京で30歳で月の平均残業時間が20時間程度だと 月給30万(8万円の手当て... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年06月04日 10:13