【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« サポーター作戦 | メイン | 残業代ゼロ、法案提出の方針 »


2007年01月10日

ホワイトカラー・エグゼンプション

slaves.gif

ホワイトカラー・エグゼンプション(white collar exemption)」のことを初めて知ったとき「これは現代の奴隷制度だな」と思いました。

そもそも日本の社会にはれっきとした「奴隷労働」が存在します。たとえば「サービス残業」。残業は1ヵ月あたり「?時間」を上限として、それ以上は賃金が支給されないことになっている会社というのが結構ある。それで「?時間」以上の残業をしなければ別に問題はないのですが、実際にはタイムカードを押した後に労働が行なわれている。

働いてもその分の賃金を支払ってもらえないのですから「サービス残業」はまさしく奴隷労働です。もちろん、明白な労働基準法違反ですが、サービス残業が常態となっている職場は「当たり前」のように存在する。もはや日本の”常識”と言ってよいでしょう。「外国(特に先進諸国)にはサービス残業なんてあるのだろうか?」と前々から私は不思議に思っています。

そのほかにも「研修」の名目で行なわれる奴隷労働も最近は増えています。小売業などに多いようです。新入社員が毎日長時間の労働でヘトヘトになっている。ようやく明日は休日だというときに上司から「明日は研修だ」と宣告される。研修といっても仕事の内容は普段と同じ。それでいて賃金は「研修だから」と雀の涙程度しか支給されない。これも事実上の奴隷労働です。

アンダーグラウンド方面に目を向ければ、さらにエゲツない奴隷労働が存在します。クレ・サラ業界の隆盛とともに爆発的に激増している「多重債務者」。彼ら彼女らは「現代の奴隷業者」から見れば絶好のカモです。男性ならばタコ部屋に入れられて強制労働。女性であれば売春。女性の多重債務者が数十万円~数百万円で人身売買されることもあると聞きます。アダルトビデオ業者が女性を数百万円で「買って」、あるとあらゆる凌虐を加えたという事件も発生しています。

奴隷労働の利用は確実に儲かる「ビジネスモデル」でしょうね。たとえば、社員に対して非常に厳しいノルマを課してノルマを達成するまでは1日20時間以上も働かせる。休日は月に1~2日。それでいて月給は1万円。こんな経営をすることができれば大変な収益を上げること間違いなしでしょう。じつはこういう会社は実在します。世界的に悪名高い某カルト関連企業は上に書いたようなことを実際に行なって巨額の資金を調達しているのです(そしてそのカネを政界にばら撒いている)。

奴隷労働はまさに「打出の小槌」。ただし経営者、それも良心の欠落した経営者のみが使える打ち出の小槌だといえます。まともな経営者であったら、奴隷労働なんてものを使おうとは思わないでしょう。「現代の奴隷制度」ホワイトカラー・エグゼンプションを積極的に導入しようとする経団連のお歴々などは、良心が決定的に欠けた奴隷業者と見なされても仕方ないのではありませんか?

歴史的に見ても奴隷は巨額の富を築く源泉であったことが明らかです。大航海時代、アフリカ・ヨーロッパ・南北アメリカ大陸間でアフリカ原住民を売買した奴隷貿易業者たちは莫大な利益を上げました。しかし、奴隷貿易で儲けることは当時の人たちにとっても非常に不名誉であったため、奴隷商人の多くは秘密裏に出資し実際の業務は他者(カネのためなら何でもするゴロツキなど)に委任することが多かったようです。

現在のアメリカ合州国のいわゆる「大富豪・名家」の祖先を辿っていくと、かなりの確率で奴隷業者に行き当たると聞いたことがあります(巧妙に出自を隠していることが多い)。無数の黒人奴隷の犠牲の上に築かれた帝国、アメリカ合州国。その米国から言われて、多くの同胞を奴隷として売り渡そうとする日本の経営者・政治家・官僚とはいったい何なのでしょうね? 真の奴隷業者の手下をつとめるゴロツキ支配人といったところか。

弊ブログはホワイトカラー・エグゼンプション導入に反対します。


人気blogランキング blogランキング投票をお願いします。


投稿者 kihachin : 2007年01月10日 20:07

« サポーター作戦 | メイン | 残業代ゼロ、法案提出の方針 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/973

このリストは、次のエントリーを参照しています: ホワイトカラー・エグゼンプション:

» 再チャレンジってことよりホワイトカラー・エグゼンプションだよね! from 晴天とら日和
日テレ 北日本 荒れ模様の天候<11/12 13:57> 急速に発達している低気圧の影響で、北日本を中心に風が強まっている。北海道では12日夜にかけて非... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 20:53

» 今、日本と世界が問われていること  from 晴耕雨読
榊原氏については、今年(2002年)正月のNHK衛星1の特別番組で「9・11以降の変化は、100年に一度、いやひょっとしたら数百年に一度の一大変化かも知れないと... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 21:01

» 粗雑な「防衛省」 from 反戦老年委員会
 お目にかかったことはないが、ブログ文学の師であるtaniさまから、昨日のエント [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 21:30

» 伊吹文部科学大臣の疑惑 from 津久井進の弁護士ノート(ブログ)
 朝日新聞のスクープ記事ですが,伊吹文部科学大臣に,政治資金収支報告書に虚偽記載の疑いがあることが分かったそうです。 (→記事はこちら)  ところで,伊... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 21:43

» 安部晋三 有識者から24%の高支持率!(笑)まだ高い from らんきーブログ
自分が何をやっているかわからない人が総理大臣をやっている不思議な現政権。ホワイトカラー・エグゼンプションが少子化対策に役立つと信じ、昨年末には、「今年の漢字 」... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 22:01

» 在日米国商工会議所意見書にホワイトカラーエグゼンプションは対日投資を促進するためにと表明しています from ファミリー メンタル クリニック
ボクらはつい最近お目にかかる ホワイトカラーエグゼンプションですが,出所は在日米国商工会議所が現政権に対して意見書のようです。 やはり何でもオリジナルに当たる... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月10日 22:46

» 「戯言」 from 酔語酔吟 夢がたり
なぜか分かりませんが、自民党内では小泉再登板待望論が、出ているらしい。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 08:29

» サザエさん一家はどこにいるのか from キリスト者として今を生きる
[[attached(1,alligned)]] [[attached(2,alligned)]] ||<#ffffff'style=... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 10:35

» ホワイトカラー・エグゼンプションを巡る攻防 from zara's voice recorder
ホワイトカラー・エグゼンプション導入へ…反対押し切り結論 厚生労働相の諮問機関、労働政策審議会分科会が27日開かれた。労働時間規制を撤廃するホワイトカラー・... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 11:09

» ダルビッシュ選手と二重国籍 from 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
2007.1.11.11:40ころ ダルビッシュが22歳まで国籍選択せず(日刊ス [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:08

» 山田洋次映画批判論 from うみおくれクラブ
 正月映画といえば、笑う門には福来る、かっては「寅さん映画」でした。  当ブログで、東映、じゃない、共映映画を楽しんでいただけましたか。  渥美清は名優でした。... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:17

» 山田洋次映画批判論(2) from うみおくれクラブ
 山田映画を、個別にみていきましょう。  先に揚げました、映画の場面は、「寅次郎難波の恋」です。  昨夏、北海道からの帰りのフェリーの中、どこかのBSで放送され... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:19

» 山田洋次映画批判(3) from うみおくれクラブ
 ブスで、フリーターの私だけど、性格の良さだけが取り得、だれか私を愛して、という女性の願望の男性版が、寅次郎だと、ゆみちゃんは30代、独身、子なしの負け犬年代に... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:20

» 山田洋次映画批判論(4) from うみおくれクラブ
 「男はつらいよ フーテンの寅次郎」は、本当に庶民的で、現実感ある映画なのだろうか。寅次郎が、ハーレム的に、次から次に、美女達にもて続ける。  これは、繰り返す... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:21

» 山田洋次映画批判論の途中ですが。 from うみおくれクラブ
 民主党の鳩山氏は、アベヨンしんちゃんが進めようとしている、改憲手続きを定める「国民投票法案」の、与党との共同修正案を、通常国会に提出する意向を示した。   ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:22

» 「差別語のこと」…〝足がない〟とか〝障がい者〟とか from dr.stoneflyの戯れ言
 よく聞く言葉で、どうしても気になってしまうのが「足がない」である。  どこぞに行く時、またどこぞから帰る時など移動する「車」がないという意味で使われる、あれ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 12:31

» 「ものがたり」・・・で伝えよう♪♪♪ + 耐震偽装。 from わんばらんす
更新、頑張ってきましたが・・・ 最近、身体の調子が悪いのでブログの紹介だけにさせていただきます。 ■今日のおすすめ マイリンさんが綴った「ものがた... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 14:27

» まやかしのカタカナ語を・・・使わないようにしよう!!! from わんばらんす
今日もブログ紹介だけにさせていただきます。ごめんなさい!^^ ■今日のどこどこ ◆ 保坂展人のどこどこ日記 <「一票一揆」と「ストライキ」を考える> ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 14:27

» 安倍首相が「ホワイトカラー・・・」で、政府・与党・経団連の板ばさみに?! from 日本がアブナイ!
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 16:53

» 2大政党制とはいっても from とむ丸の夢
Liberal Democratsとは、イギリスの自由民主党。略して自民党です。 保守党、労働党の2大政党に次ぐ第3の政党。   イギリス自民党の前身はグラッド... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月11日 21:49

» 落日ブッシュの新政策 from 酔語酔吟 夢がたり
.昨年の中間選挙で、民主党に敗北したブッシュ政権。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月12日 19:10

» 「戯言」 from 酔語酔吟 夢がたり
なぜか分かりませんが、自民党内では小泉再登板待望論が、出ているらしい。 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月12日 19:16

» A君は軍神になった from 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
さらなる長時間労働、過労死を招くという反発がありますが、だいたい経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。過労死を含めて、これは自己管理だと私は思いま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月13日 00:34

» 従業員は奴隷ですか? from 私の生きる場所を探し求めて
■労働時間規制外し提言導入は見送りを■ 申し入れを行ったのは過労死で肉親を亡くした遺族ら13人で、11日、厚生労働省を訪れ要請書を提出しました。 導入が... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月14日 14:32

» 家庭力、美しい国のまやかし from のんびりまったりおばばな毎日
バラバラ事件や風見しんごさんの長女の事故死、歩道橋からの投げ落とし事件など何か子どもなどに関る事故や事件があるたびにでてくる言葉「家庭力」これが美しい国の教育の... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年01月20日 20:57

» white-collar exemptionは「和製英語」ではない。 from ★★反日ブログ監視所★★
なにやら「white-collar exemptionという語は「和製英語」だという説が政治系ブログ界隈で流布しているようなので、それがまったくのデマであること... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月01日 18:06

» ホワイトカラーエグゼンプション@中年おやじ情報屋台 from 中年おやじ情報屋台@中年おやじのネタ処
[続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年02月04日 09:04